謹んで ご 冥福 を お祈り 申し上げ ます。 「ご冥福をお祈りします」を使ってはいけない場面や正しい意味を徹底解説!

「謹んで」の意味と使い方は?お悔やみの言葉と例文も教えて?

謹んで ご 冥福 を お祈り 申し上げ ます

「お悔やみ申し上げます」の意味は死者に対して悲しみや悼みの気持ち まず「お悔やみ申し上げます」の意味を理解しましょう。 「悔やみ」とは、人の死を弔うことであり、弔う言葉です。 また、「弔う」には人の死を悲しみ悼む意味があり、葬儀・供養・法要を営むことも含みます。 このことから、「お悔やみ申し上げます」には死者に対して悲しみや悼みの気持ちをご遺族に対して申し上げるという意味になります。 「お悔やみ申し上げます」はキリスト教においては避けたほうがいい どの宗教であっても「お悔やみ申し上げます」は使える言葉のように思えますが、キリスト教においては避けたほうがいいでしょう。 キリスト教の死生観は天国に行って、神様の元で永遠の安らぎを得るという考えです。 人が死ぬことは悲しむべき出来事ではないので、悼みの気持ちを伝えるような「お悔やみ申し上げます」といった言葉はそぐわないのです。 「ご冥福をお祈り致します」は仏教や道教などで使われる 次に「ご冥福をお祈り致します」の意味を理解しましょう。 「冥福」とは仏教や道教などで使われる宗教用語で、死後の世界である『冥界』での幸福を表わします。 つまり「ご冥福をお祈り致します」という言葉には、死後の世界で幸福になりますように、お祈りしていますという意味になります。 ただし、この『冥界』という思想はキリスト教などの他宗教にはありません。 また、浄土真宗は臨終即往生という考えから冥界を彷徨ったり心乱れることは在り得ないとされています。 「ご冥福をお祈り致します」は他宗教では使えない 「冥福」は仏教思想から派生している言葉なので、キリスト教などの他宗教では使えません。 また、仏教の中でも浄土真宗は教義の違いにより「冥福」という言葉を使いません。 したがって、亡くなった人の宗教がわからない場合はもちろんのこと、宗教が分かったとしても使えるのは浄土真宗を除く仏教徒のみとなります。 そのため、「ご冥福をお祈り致します」はお悔やみの言葉として広く使うことができないのです。 「お悔やみ」と「ご冥福を」の使い方とは それでは、ご遺族に失礼のないように留意して、正しく「お悔やみ申し上げます」と「ご冥福をお祈り致します」という言葉を使うにはどのようにすればいいのでしょうか。 また、「お悔やみ申し上げます」と「ご冥福をお祈り致します」のどちらかを使ってはいけない場合、どのような言葉に置き換えれば問題ないのでしょうか。 それぞれ確認しましょう。 ご遺族への心遣いを大事にして使う 「お悔やみ申し上げます」はキリスト教以外で使うことができ、ご遺族への挨拶だけでなく弔電の文中でも使うことができます。 それ以外の表現を使うならば、弔電の文中で「哀悼の意を表します」としたり、ご遺族に「ご愁傷様でございます」と挨拶するといいでしょう。 一方、「ご冥福をお祈り致します」を用いてご遺族に挨拶するならば、「この度は急なことで驚いております。 故人のご冥福を心からお祈り申し上げます」と、あくまでも故人に対する冥福の祈りを伝えることが、ご遺族への心遣いです。 「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈り致します」は宗教によって使い分けてご遺族への心遣いが必要 「お悔やみ申し上げます」と「ご冥福をお祈り致します」の意味と使い方について紹介しました。 このように、「お悔やみ申し上げます」と「ご冥福をお祈り致します」がご遺族によって失礼になる場合があります。 ただ、マナーばかり気にして形式的な言葉を使うと、逆に不自然になりかねません。 だから、あまりとらわれすぎずに自然な言葉でご遺族に哀悼の意を伝えるべきです。 弔問はお悔やみの気持ちを伝えに行くものですから、何の言葉をかければいいのか迷ったときなどは、無難に「この度はご愁傷様でございます」の一言だけを伝えるように心がけましょう。

次の

「お悔やみメール」お悔やみの言葉や挨拶の文例!返信例文も紹介

謹んで ご 冥福 を お祈り 申し上げ ます

通夜や葬式の場面で、「ご冥福をお祈りします」というお悔やみの言葉をよく耳にしませんか? 実は、場面や宗教によっては「ご冥福をお祈りします」という言葉は使わない場合もあります。 意味を知らずにお悔やみの言葉を発することで、ご遺族や周りの方々に不愉快な思いをさせてしまう可能性もあります。 通夜や葬式の場では、 身近な人を亡くし、気を落とされている方への気遣いとして、お悔やみの言葉は、適切な言葉を使うということがとても大切です。 本記事では、「ご冥福をお祈りします」の使い方の例文、「冥福」という言葉を使わない方が良い具体的な宗教・宗派について紹介します。 いざという時にきちんと対応できるよう、マナーとしてきちんと理解しておきましょう。 「ご冥福」の意味 ご冥福の「冥」の意味は「冥土(人が死んだ後に行く世界のこと)」を、「福」は「幸せ」や「福を招く」という意味を持っています。 いわゆる、「ご冥福をお祈りいたします」とは、 「死後の幸福をお祈りいたします」もしくは「死後の世界に無事に行けますように」という意味を持った言葉になります。 そのため「ご冥福をお祈りいたします」というお悔やみの言葉は、遺族に対して使われる言葉ではなく、故人に対して使う言葉になります。 本来、お悔やみの言葉というのは、遺族に対して発する言葉になりますので、もし、遺族に対して述べる場合は、故人に対して述べていることが分かるように伝えることが大切です。 詳しくは、以下の「ご冥福の使い方やマナー」でご紹介していますのでご覧ください。 ご冥福の使い方やマナー 「ご冥福」という言葉は、使い方のポイントをおさえておくことが大切になってきます。 こちらでは使う場面について詳しくご紹介します。 また、例文を掲載していますので、ぜひ、参考にしてください。 「ご冥福をお祈りします」を使う場面 まず、「ご冥福をお祈りします」を使うのは、通夜もしくは葬儀の場面となります。 しかし、言葉の意味から宗教・宗派によってはご遺族の方を傷つけてしまったり、無神経な人だと勘違いされてしまいます。 「ご冥福をお祈りします」を使う際に気を付けること マナーとして、事前に故人の宗教や宗派を確認してから参列するように心がけましょう。 「ご冥福をお祈りします」というお悔やみの言葉は、「浄土真宗」「神道」「キリスト教」での通夜や葬儀では、ふさわしくありませんので使わないように気をつけましょう。 これは、宗教・宗派として「冥福」という考え方がないためとなります。 もし故人の宗教や宗派が分からない場合は、「ご冥福をお祈りします」の言葉を使うことは控えておく方が無難です。 ただし、使い方として「(故人の名前)のご冥福をお祈りします」のように、必ず故人の名前を頭に付けるようにしましょう。 「ご冥福をお祈りします」の例文 では、実際の言い回しについて例文をご紹介します。 ご不幸は突然やってくるものです。 たとえ、病床にあったとしてもまさか今だとは思っていなかったというのが、ご遺族の本音です。 いざという時にこそ慌てず、相手を気遣った言葉をかけたいものです。 ご親戚、友人・知人、ビジネスそれぞれの場面に適した例文となっています。 適切な言葉を選んで、故人やご遺族の方に言葉をかけるようにしましょう。 対面の場合 対面の場合は、ご遺族の方の気持ちを考慮し、短めにお悔やみの言葉をお伝えしましょう。 友人などで親しい場合は、お手伝いなど力になりたい意思を一言添えると良いでしょう。 (ビジネスシーン) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、 心から(故人の名前)様のご冥福をお祈りいたします 「お悔やみ申し上げます」等の類語との違い お悔やみの言葉は「ご冥福をお祈りします」以外にもあります。 その中でも、一般的によく使われているお悔やみの言葉についてご紹介します。 お悔やみの言葉は使える場面が決まっていることが少なくありません。 それぞれの意味をきちんと理解した上で、場面に合わせて使い分けることができれば良いですね。 お悔やみ申し上げます 「お悔やみ」というのは「人の死を悲しみ、弔うこと」「後から残念がっている言葉」「残された人にかける慰めの言葉」という意味が有ります。 「お悔やみ申し上げます」というのは 「故人の死を悲しんでいます。 とても残念です」という意味が込められています。 故人を失った親族の悲しみは深いため、下手に励ましたり、私も貴方と同じくらい悲しいという意味の言葉を発してしまうことで、同じ意味を持ったお悔やみの言葉でも、相手を傷つけたり、怒らせてしまったりする場合があります。 そのため、お葬式の場では自分の言葉を素直に伝えることよりも「お悔やみ申し上げます」とオブラートに包んだ言葉を使われると良いでしょう。 追悼の意を表します 「追悼の意を表します」の「表します」は、『あらわします』ではなく、『ひょうします』と言います。 「哀」は、「哀しい(かなしい)」とも読むことができます。 哀しいとは、一緒にいることができなくて切なく胸が痛むという意味になります。 「悼」は、「いたむ」とも読み「痛む」という字と語源が一緒です。 「人が亡くなったとき心を痛める」という意味になります。 二つの言葉を繋げると「哀悼の意を表します」は、 「亡くなった方のことを思うと悲しくて胸を痛めています」という意味になります。 しかし、 「哀悼の意を表します」は書き言葉であって、話し言葉ではありません。 そのため、通夜や葬式の場でお悔やみの言葉としては使えませんので気をつけましょう。 なお、電報もしくはお手紙やメールに書くときには、「謹んで」の一言を「哀悼の意を表します」の頭につけることを忘れないようにしましょう。 ご愁傷様です 「ご愁傷様です」というお悔やみの言葉も、通夜や葬儀で良く聞かれるお悔やみの言葉のうちの一つです。 不幸にあい、 悲しんでいる人に対して「同情」や「慰め」、「お気の毒です」といった意味が込められています。 日常の会話では、冗談や皮肉を言うときにも使われる言葉です。 そのため、通夜や葬儀で使うことを躊躇される方もいらっしゃいます。 しかし、本来は励ましの意味を込めた言葉となりますので、お悔やみの言葉として使うことに問題はありません。 話し言葉、書き言葉の両方で使うことができますが、誤解を招かないように注意が必要です。 日常会話で「ご愁傷様」と言うことがありますが、通夜や葬儀ではどんなに親しい間柄であっても、「ご愁傷様でした」と必ず「でした」を付けるようにしましょう。 宗教・宗派によっては「冥福」という言葉は使わない 「ご冥福」という言葉は、 「キリスト教」「神道」「浄土真宗」では使わない言葉となります。 これは、死後に対しての考え方の違いによるものとなります。 こちらでは、それぞれの死後の捉え方について説明していきます。 併せて、適切なお悔やみの言葉の例文をご紹介します。 キリスト教 キリスト教の考えは、死後は神様のお側に行けると言うことで、死は祝福するべきことになります。 言い換えると、誰もが天国にいけるのです。 そのため、キリスト教ではお悔やみの言葉はありません。 キリスト教の通夜や葬儀に参列される場合、遺族にかける言葉としては、以下の言葉をかけると良いでしょう。

次の

ご冥福をお祈りいたします。実はマナー違反なのか?浄土真宗的解釈

謹んで ご 冥福 を お祈り 申し上げ ます

「謹んで」の使い方 「謹んで」は、相手に対して敬意や感謝の気持ちを表すときに使う言葉です。 「謹んで」はお祝い、お悔やみ、お詫び、参加を申し込むとき、新年の挨拶などで使うことができる便利な言葉です。 「謹んで」はあくまでもかしこまって何かをするときに使用する言葉ですが、日常生活やビジネスシーンでも用いることができます。 「謹んで」を使ったフレーズの例を紹介します。 ・謹んで新年のお慶びを申し上げます ・謹んでお詫び申し上げます ・謹んでお受けいたします ・謹んで年始のご挨拶を申し述べます ・謹んで哀悼の意を表します ・謹んで参加いたします ・謹んでお悔やみ申し上げます ・謹んで新年のご挨拶を申し上げます ・謹んでご冥福をお祈り申し上げます ・謹んで新春のご挨拶を申し上げます ・謹んで承ります ・謹んでお祝い申し上げます ・謹んでお断り申し上げます ・謹んで年頭のご祝詞を申し上げます ・新春を寿ぎ謹んでお喜びを申し上げます 謹んでお礼申し上げます 「謹んでお礼申し上げます」は、ビジネスシーンで使われる感謝の気持ちを表す言葉です。 取引先や目上の人に「日頃は格別のご協力を賜り、謹んで御礼申し上げます」と使うと良いでしょう。 また冠婚葬祭では、集まってくれた人たちに対する感謝の言葉として使います。 謹んでお詫び申し上げます 「謹んでお詫び申し上げます」は、企業が不祥事を起こした場合の記者会見だったり、文書などで見かけることが多いフレーズです。 謝罪の言葉として「申し訳ありません」や「ご迷惑をおかけしました」などがありますが、より丁寧にした表現が「謹んでお詫び申し上げます」になります。 深く反省し、謙虚に謝るという意味が込められています。 謹んでお悔やみ申し上げます 「謹んでお悔やみ申しあげます」は、葬儀の際に使われる言葉で、謙虚に申し上げるという意味を含んでいます。 遺族に向けて言う場合の他に、弔電でも使用できる言葉です。 「心よりお悔やみ申し上げます」と言い換えることもできます。 謹んで哀悼の意を表します 読み方は 「あいとうのいをひょうします」で、 意味は 「亡くなった方のことを思うと悲しくて心が痛みます」になります。 「謹んで哀悼の意を表します」は葬儀の際に使われ、 弔電で使用するのが通例です。 この言葉を口頭で使うと違和感を与えてしまうため、 話す際は「謹んでお悔やみ申し上げます」が適切になります。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします」 と使うことができます。 謹んで新年のお慶びを申し上げます 年賀状でよく目にするのが「謹んで新年のお慶びを申し上げます」という挨拶の言葉です。 これは新年の慶びを謙譲語で表した表現です。 相手に対して、へりくだって挨拶をするときに使います。 謹賀新年 年賀状でよく使われる言葉に「謹賀新年」と「恭賀新年」があります。 「謹賀新年」は「謹んで新年のお祝いを申し上げます」で、 「恭賀新年」は「うやうやしく新年のお祝いを申し上げます」という意味になります。 2つとも意味は同じですが、 「謹」は「相手を尊んで」、「恭」は「自分がへりくだって」という意味合いが強くなります。 相手によって使い分けるのが良いでしょう。 謹んで参加させていただきます 「謹んで参加させていただきます」は、結婚式などに参加する場合の返事になります。 親しい相手や同僚などにも多用できますが、特に目上の相手に使うのが良いでしょう。 結婚式の招待状の返信の例としては、 「この度はご結婚おめでとうございます。 謹んで参加させていただきます。 当日はお二人の晴れ姿を楽しみにしております」となります。 その他にもビジネスシーンで用いられます。 会社説明会や他社から招待を受けたときなどに、「私もご一緒させていただきます」という意味合いで使うことができます。 「謹んで参加させていただきます」は、 「謹んで出席させていただきます」と言い換えることもできます。 謹んでお受けいたします 取引先や顧客から仕事の依頼があったときに「ご依頼の件、承りました」と言う場合もありますが、同じ意味で「謹んでお受けいたします」と使うことができます。 「謹んでお受けいたします」は、 「謹んで承ります」とも言い換えられます。 「慎んで」の使い方 「慎んで」は自分自身について使う言葉です。 「慎んで」は空気を読まずに調子に乗りすぎてないようにする、自分自身の行動を律するための言葉です。 相手の気持ちや立場を尊重してかしこまる場合に使い、相手に失礼のないように行動や言動を抑制する場合に使います。 例としては、 「口を慎んで」や「身を慎んで」といった使い方をします。 「つつましい」と「つましい」 「慎む」の形容詞は「慎ましい(つつましい)」になります。 「慎ましい」の意味は「遠慮深い・気恥ずかしく感じられる」になり、「慎ましい暮らし」や「慎ましい食事」といったように使われます。 ただ似たように「つましい暮らし」や「つましい食事」と言うこともできます。 その場合に使われる「つましい」は「慎しい」ではなく「倹しい」という字が充てられ、「生活ぶりなどが贅沢でない・地味で質素である」という意味になります。 「つつましい」と「つましい」では意味が違うので、使う際には注意が必要です。 「謹んで」と「慎んで」の違い 「つつしんで」という読みが同じでも、「慎んで」と「慎んで」では意味や使われる場面が変わってきます。 《1》意味の違い 「謹んで」は「かしこまる」「礼を尽くす」「おごそかな態度で振る舞う」という意味で、相手への敬意や感謝の気持ちを表すときに使います。 「謹んで」を使うシチュエーションとしては、お礼やおめでたい場合だけでなく、謝罪やお悔やみなどの場合も含まれます。 「謹んでお詫び申し上げる」など、自分に対して使うことはなく、相手への丁寧な挨拶の一つとして使われることが多いです。 一方、 「慎んで」は「抑制する」「控えめにする」「叱られないよう注意深く行動する」という意味で、自分自身について使います。 「慎んで」を使うシチュエーションとしては、行動や言動を控えるときなど、自分または相手を律する必要がある場合になります。 「口を慎む」「身を慎む」など、自分が出過ぎた真似をしないようにする、というへりくだった気持ちを表す言葉です。 「謹んで」と「慎んで」の使い方の違いとしては、 相手に対する敬意なのか、自身または相手に対する注意なのかという点です。 敬意を払うべき相手に対する挨拶では、「謹んで」を使用するのが一般的です。 《2》文法の違い 「謹んで」は「謹む」の 副詞です。 「謹んで」は副詞になるので、形が変わることはありません。 「謹んでお詫び申し上げる」ならば、動詞「申し上げる」を「謹んで」が修飾していることになります。 一方で「慎んで」は「言葉は言葉を慎んで」といったように 動詞として使います。 「謹んで」と「慎んで」の例文 「謹んで」と「慎んで」の例文を紹介します。 ・突然のご逝去の知らせを受け、誠に驚いております。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 ・この度は突然の訃報に接し、悲しみは如何ばかりかと拝察いたします。 弊社一同、謹んでお悔やみを申し上げます。 ・ここに生前のご厚誼に対し深く感謝するとともに、お別れの会を下記の通り執り行いますので謹んでお知らせいたします。 ・謹んでお祝いの言葉を申し述べさせていただきます。 ・お世話になった先生からのお言葉を、謹んで承りました。 ・お忙しいところ誠に恐縮ですが、ご出席賜りますよう謹んでお願い申し上げます。 ・新規取引の件について、誠にありがとうございました。 謹んでお受けしたいと存じますのでお知らせ申し上げます。 ・この度は祝賀パーティへのお招きに預かりまして、誠に光栄に存じます。 謹んで参加させていただきます。 今後は言葉を慎んで参りたいと存じます。 ・どんなに立場が偉くなったとしても、身を慎んでください。 ・お客様から接客に関しての苦情が多々届いております。 くれぐれも軽率な行動や言動は慎んでください。 ・最近注意されたばかりなので、慎んで行動する。 ・改まった会議の場面では、口を慎むべきである。 ・酔いすぎないためにも、お酒を慎んでください。 ・観劇中の私語は慎んでください。 大切な場面で使われる言葉なのできちんと理解して、使い分けられるようにしましょう。 敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍 敬語の使い方が面白いほど身につく本 元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の