絹 さや。 ごはんがすすむ!絹さやの卵とじのレシピ/作り方:白ごはん.com

絹さや(きぬさや)とスナップエンドウ(サヤエンドウ):旬の野菜百科

絹 さや

エンドウと果実 () : 階級なし : 階級なし : 階級なし : 階級なし : 階級なし : : : : : : エンドウ P. sativum Pisum sativum エンドウ 英名 pea エンドウ( 豌豆、学名: Pisum sativum L. )は、の一・二年草。 広く栽培され、食用となっている。 一般に、 エンドウマメとも。 別名(古名)に ノラマメ。 実エンドウ・ (未熟の種子を食用とする場合の呼び方)、(莢豌豆・絹莢、未熟の莢を食用とする場合の呼び方)、 ヨサクマメ(の一部地域での呼び方)など。 日本での栽培種には、ウスイエンドウ( うすい豆) 、キヌサヤエンドウ、オランダエンドウなどがある。 変遷 [ ] 古代地方や地方で麦作農耕の発祥とともに栽培化されたで、原産地域であるからに伝来した際に、フェルガナの中国名が 大宛国であることから 豌豆(えんどう=宛の豆)と名付けられたことが名の由来となっている。 原種は近東地方に今日でも野生している P. humile Boiss. と推察されている。 もともとはの間でとして生えてきたこの原種の野生植物を、種実を食用にしたり、による土の肥沃化に効果があるなどの利用価値を発見することで、麦類とともに混ぜ植え栽培するようになり、次第に栽培植物として品種改良が進んだと考えられている。 この地域では農耕開始期に、もエンドウと同時に同様の利用が行われ始めたが、こちらの栽培利用はその後断絶し、今日ではとみなされている。 また、同じ地域に起源を持つマメ科作物としては、、、が挙げられる。 麦作農耕とともに各地に広まり、に伝わったのは、へは-には伝わった。 また、が実験材料としたことでも知られている。 特徴 [ ] 完熟した硬莢種 さやの硬さにより、硬莢種(こうきょうしゅ) P. sativum subsp. arvense と軟莢種(なんきょうしゅ) P. sativum subsp. hortense がある。 硬莢種はその名の通り莢(さや)が固く、主として完熟して乾燥した豆を収穫して利用する。 花は紅色(紫色)または白色である。 軟莢種は莢が柔らかく、未熟な莢をとして利用したり、成長を終えて乾燥前の生の豆をとして利用する。 花は白いものが多い。 は軟莢種の中でも豆が大きく成長しても莢が柔らかく、豆と莢の両方を野菜として利用できる品種である。 原産地が冬に雨が多いの地方であるため、夏の高温期は成長適期ではなく、麦類と同様に基本的には秋まきして翌春収穫する。 冬の寒さの厳しい東北北部や北海道では春まきして初夏に収穫する。 に弱く、一度栽培した土地では数年間栽培が困難となる。 また、原産地がになどが多い乾燥地帯であることから想像できるように、にも弱い。 発芽に際しては同じマメ科ののようにが伸張して地上でを双葉として展開するのではなく、だけが伸張して地上に本葉だけを展開し、子葉は地中に残る。 食品として [ ] えんどう(全粒、青えんどう、乾) 100 gあたりの栄養価 1,473 kJ 352 kcal• エンドウ(100g中)の主なの種類 項目 分量 g 0. 4 0. 071 16:0() 0. 064 18:0() 0. 007 0. 035 18:1() 0. 035 0. 187 18:2() 0. 152 18:3() 0. 035 硬莢種は古くから乾燥種実として利用されており、日本ではアオエンドウは煎り豆、煮豆、(鶯餡)などに加工され、アカエンドウはやゆで豆として利用される。 ヨーロッパでは煮込んでなどとして利用されてきた。 しかし、今日、世界中で最も大量に消費されているのは乾燥していない未熟の莢や種実を野菜として利用する軟莢種である。 東アジアでは未熟な莢を利用するサヤエンドウとして、インドから西では完熟直前の種実を利用するとして、主に消費されている。 両者の性質を兼ね備えたのがで、グリーンピースと同様に種実が完熟寸前まで大きく成長したものを収穫するが、莢もサヤエンドウと同様に柔らかく、果実全体が食べられる。 には、によりエンドウのタンパクを用いたが開発され、新たな食品を生み出す素材として注目を浴びた。 では大豆・のアレルギーにより醤油を利用できない顧客向けとして、エンドウで濃口醤油の味を再現した製品を販売している。 種実以外の利用もあり、若い苗や蔓の先の柔らかい茎葉も野菜として利用される。 中国ではこれを(トウミョウ)と呼ぶ。 メンデルの実験材料として [ ] はの研究を行い、現在はとして知られる法則を発見し、の歴史に大きな足跡を残した。 特に1遺伝子雑種と2遺伝子雑種の研究が有名である。 1遺伝子雑種の研究について• エンドウの種子には丸型としわ型がある。 純系の丸型としわ型を自家受精させたものの種子を調べると全て丸型であった。 これは丸型の形質がしわ型の形質に対して優性であることを示している。 メンデルはこれを『 優性の法則』と呼んだ。 また、• 生まれてきた丸型の種子を自家受精させると、丸型:しわ型=3:1の比率で種子ができた。 これは体細胞で対になっている対立遺伝子は形成の第一分裂の際、二手に分かれそれぞれ別の配偶子に入ることを示していた。 メンデルはこれを『 分離の法則』と呼んだ。 メンデルがエンドウを材料に使った理由は、そのころすでに数人の研究者によって、遺伝実験の材料として使われたことがあったためと思われる。 エンドウは自家受粉が可能で、多くの品種があり、このことも遺伝の実験には好都合だったと見られる。 栽培 [ ] 特性 [ ] エンドウは、最も一般的には緑色で、時には黄金色、またはまれに紫色のさや型をした野菜で、涼しい季節の野菜作物として広く栽培されている。 この作物は温帯の夏の暑さのもとや低地の熱帯気候のもとでは成長しないが、涼しくて、標高が高い、熱帯地域ではよく成長する。 多くの栽培用品種では、播種後約60日で収穫期に到達する。 エンドウの栽培品種には、丈の低い品種とつる性品種がある。 つる性品種には、葉から巻きひげが生えており、利用可能ならどんな支柱の周りにも巻きついて、1〜2 メートルの高さまで登ることができる。 エンドウを支える伝統的な方法は、木や他の木質植物から切り取った枝を土の中に直立させ、エンドウがよじ登れるように格子状にて沿わせることである。 このやり法で使用される枝は、"エンドウ・ブラシ"と呼ばれることもある。 金属製のフェンス、ひもやフレームで支えた網も同じ目的で使用される。 密集した植栽では、エンドウはお互いに支え合うことで生育する。 エンドウは自家受粉を行なうことができる。 栽培法 [ ] 株間 矮性 20-30cm 高性 30-40cm 播種 1株3-4粒、のち2本に間引く。 脚注 [ ].

次の

【専門家監修】サヤエンドウ(絹さや)の栽培!育て方のコツや収穫、保存の方法は?

絹 さや

さやえんどう、絹さやの名前が違う理由は? 気になる名称についてです。 絹さやとさやえんどうと 呼び名が違う理由です。 これは 関東では絹さや 関西ではさやえんどう と呼ばれているからです。 混乱しますが、同じ商品であることに 変わりありません。 地域や文化の違いでしょうか。 さやえんどう(絹さや)の賞味期限は? さやえんどうはサイズも小ぶりな為、 痛み始めた場合は直ぐに 広がってしまう恐れがあります。 しかし、 保存方法は難しくはありませんし、 余計な手入れもありません。 スーパーなどでは 常温に置く店もあれば、 冷蔵で置く店もあるため 融通が効くことが一つ利点と言えます。 そのままのさやえんどうを ビニール袋に入れて 冷蔵庫で保存しましょう。 茹でる必要も、干す必要もありません。 使う際にはそのまま取り出して、 直ぐに使いましょう。 賞味期限は 2、3日保存可能です。 熱湯におよそ10秒程度くぐらせば十分です。 その後は水で直ぐに冷やして、 水気を切って暫く常温に置きましょう。 ここまでは、 一連の流れでスムーズに行いましょう。 そして、そのままのやり方と 同じようにビニール袋で冷蔵保存できます。 こうすることで、 賞味期限は 3,4日保存可能です。 さやえんどう(絹さや)の保存方法は? 先ほどの流れで説明したので、おさらいです。 そのままの場合は、 ビニール袋に直接入れて冷蔵庫保存が可能です。 茹でた場合には、 固めに茹でて、冷やして水気を切った後に ビニール袋で保存しましょう。 さやえんどう(絹さや)の冷凍保存方法は? 冷凍保存は茹でて 保存する必要があります。 固めに茹でて水気を切るところまでは 冷蔵保存と同様です。 冷凍庫内では重ならないように バットに並べて冷凍庫内へいれます。 直ぐに袋に入れてしまうと くっ付いてしまうためです。 30分ほどしたらバットから外して、 袋に入れて大丈夫です。 一つ手間がかかりますが、 しっかり行いましょう。 この場合、 2か月程度は保存可能ですので 大量にある場合は面倒くさい と思わずに頑張って下さい。 茹でた際には固めに茹で、 水で冷やして、熱を抑えてから保存する。 さやえんどうは細かい作業をせずに 保存できるためとても便利です。 茹でる作業を経る場合でも短時間で可能です。 冷凍保存時にはくっ付き防止のために 一時的にバット保存を必ず行いましょうね。

次の

商品情報|紗:日本のプレミアムごほうびおやつ

絹 さや

絹さやとさやえんどうの違いは? 結論から言いますと、 絹さやとさやえんどうは同じものです。 単に呼び方が違うだけで、正式な呼び方である、 絹さやえんどうを それぞれ省略したものだったんです! 地方で呼び方が違うの? 呼び方が違うってことは、 地方によって違うのかな? とおおよその察しはつくと思います。 そうなんです! 絹さやえんどうは、主に 関東で絹さやと呼び、 関西ではさやえんどうと呼ばれているんですよ。 では、 他の地域ではどうなんでしょうか? 下の表にまとめてみました! 絹さやえんどうの別名 別名 呼ばれている地域 ぶんず 埼玉・千葉 ぶんこ 広島 きぬざや 各地 さやぶどう 栃木・群馬 さやまめ 茨城 さんどまめ 福島・新潟 同じ豆でも、これだけ多くの呼び方があると、 さすがに ややこしいですよね! なので、これ以降の説明は、 絹さやえんどうと呼ぶことにします。 絹さやの名前の由来は? ところで、この 絹さやえんどうという名前には、 なぜ「絹」がついてるの?って思いませんか? この絹さやえんどうの 名前の由来は、江戸時代にありました。 日本で、絹さやえんどうが食べられるようになったのは、 江戸時代と言われています。 当時、庶民は着物を着ることが普通で、 夜の秘め事などで、着物と着物がこすれ合う音を 「衣(絹)ずれ」と言いました。 また、さやえんどうを収穫する時に、 さや同士がこすれ合う音が、 衣ずれの音に似ているところから、 絹さやと呼ばれるようになったんですよ! 絹さやえんどうとスナップえんどうの違いは? 絹さやと、さやえんどうが 同じものであることがわかりました。 具体的に言うと、中の豆が、• 未成熟のうちに収穫するものが、 絹さやえんどう• 成熟しかかっているうちに収穫し、豆だけ食べるものが、 グリーンピース• 完全に成熟してから収穫するものが、 えんどうまめ なのです。 では、 主婦が一番気になる、それぞれの 使い道について、 見て行きましょう! それぞれの 用途の違いは・・・• 絹さやえんどう:彩りを良くするために使われる。 刻んでちらし寿司などに。 また卵との相性が抜群で、 味噌汁や卵とじが定番。 スナップエンドウ:パリっとした食感と甘みの強さを楽しむなら、 やはり、 サラダが一番!マヨネーズとよく合う。

次の