イオン 株価予想。 イオンの株価が大幅に下落!優待目的で買い時か、危険なのか?|投資の達人

イオン(8267)の株価分析|全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!

イオン 株価予想

毎日のお買い物がお得に済ませられちゃう夢のような株主優待ですね! ただ、いい面だけを見て買っちゃダメです。 以下のデメリット、注意点も読んでくださいね。 注意すべきポイント!• 信用取引の売り残は845,200株、買い残は1,367,700株、 将来の売り圧力が優勢です。 予想PERは67. 42倍、予想PBRは1. PERとPBRが割高を示しているので 押し目を待つ展開になりそう。 イオン 8267 株主優待の概要と利回り 「 イオン」の 株主優待の概要や 利回りを詳しく紹介。 損しないように概要をしっかり確認しておきましょう。 イオンの株主優待は種類豊富 それでは早速、「 イオン」の 株主優待を詳しくみていきましょう。 イオンの株主優待の概要 保有枚数に応じた株主優待制度• 1,000株以上~2,000株未満:イオンギフトカード2,000円• 2,000株以上~3,000株未満:イオンギフトカード4,000円• 3,000株以上~5,000株未満:イオンギフトカード6,000円• 5,000株以上:イオンギフトカード10,000円 参照: 100株以上の保有で 株主優待を年に2回受けられます。 3年以上かつ1,000株以上保有すると優待内容が追加されます。 保有枚数によって4パターンの優待内容があります。 四日市岡田家の初代岡田惣左衛門が、四日市久六町(現在の三重県四日市市)で創業した太物・小間物商「篠原屋」を起源としており、 六代目の岡田惣一郎が呉服商「岡田屋呉服店」に業態転換、 さらにその息子である七代目の岡田卓也(現・名誉会長)が岡田屋・フタギ(兵庫県姫路市)・シロ(大阪府豊中市)による共同仕入会社としてジャスコを設立したのが実質的な創業となっている。 現在の代表(取締役兼代表執行役社長)は卓也の長男である岡田元也が引き継いでいる。 衆議院議員で第143-144代外務大臣を務めた岡田克也は卓也の次男である。 岡田卓也の「狸や狐の出る場所に出店せよ」との言葉どおり、郊外型の大型ショッピングセンターを中心に出店。 駅前や中心街に多くの店を構えるダイエーが業績悪化する中、ライバルのイトーヨーカ堂とともに小売業界を牽引している。 1980年代までは『連邦制経営』を標榜し、提携先とは比較的少額の資本提携のレベルにとどめて、実際の運営は各社の自主的判断に任せる形をとっていたが、 バブル崩壊以降は中央集権的なトップマネジメントの強化へと方針の転換がおこなわれた。 本州地区では2000年までにジャスコを運営する地域子会社の本社への統合を完了。 2000年代初頭の計画では2010年頃までに九州ジャスコ及び琉球ジャスコ(社名は当時の名称)のイオン本体への統合も模索した時期があった が、 地域密着の方針に完全に転換したこともありにより現在では地域子会社を維持している。 1997年(平成9年)に会社更生法適用を申請した「ヤオハンジャパン」(現:マックスバリュ東海)や、 2001年(平成13年)にやはり会社更生法適用を申請した「マイカル」(2011年(平成23年)にイオンリテールに合併)、 そして2004年(平成16年)に産業再生法適用を申請した「ダイエー」の再建に携わったり、地場スーパーマーケットやドラッグストアなどとの提携を盛んに行ったりと、事業の拡大が続いている。 なお、社名が似ている英会話教室のイーオン AEON、かつてはイオン同様、合字を用いたロゴタイプを使用していた 、化粧品会社のイオン化粧品、かつて存在した業態名と同一であるニチイ学館とは資本関係・人的関係ともにない。 横浜岡田屋も、創業者が同姓だったため旧称が同じで、前身もたまたま同じ業種(呉服店)だったというだけである。 イオンの株主優待が不要なら金券ショップやヤフオクへ もしイオンの株主優待が不要なら 金券ショップやヤフオクで売ることをおすすめします! 使わない株主優待は少しでも現金にした方がお得ですもんね! 金券、商品券の取扱には以下の法律があります。 古物営業法 第二条 この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び 商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。 )で政令で定めるものを除く。 以下同じ。 )若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。 第三条 前条第二項第一号に掲げる営業を営もうとする者は、営業所(営業所のない者にあつては、住所又は居所をいう。 以下同じ。 )が所在する都道府県ごとに 都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。 )の許可を受けなければならない。 引用: つまり 許可を得ている金券ショップであれば株主優待も売買可能というわけですね! イオンの株主優待はメルカリに出品してもOK? メルカリで株主優待券の出品は禁止されていますので注意! トラブルに巻き込まれないためにも購入も控えた方がいいですね。 メルカリガイドの中に 株主優待の出品が禁止されていることが明記されています。 現行流通している国内外の貨幣、通貨、仮想通貨• チャージ済みのプリペイドカード類 Suica、楽天Edy、nanaco、WAONなど• オンラインギフト券 iTunesカード、Amazonギフト券など• 商品券、ギフト券、 株主優待券• 航空券、乗車券、旅行券 クレジットカード、キャッシュカード• 債券、小切手、未使用の切手 円 、収入印紙、登記印紙• 宝くじ、勝馬投票券• 図書カード、テレホンカード、QUOカード• 貴金属の地金 インゴット• その他、金銭と同じ意味を持つもの 引用:• 株価は昨年2,800円まで強い上昇見せましたが、その後は2,000円を割るまで下落• 現在は2,000円前後をもみ合っている状況• 長期、中期、短期のすべての移動平均線は下向きに• 3本の移動平均線の乖離は進んでる• 移動平均線の乖離が進んできたので、一度反発するか注目 イオンの株式情報!株価、配当、利回り、買い売り残などの株式指標から分析 下落が続いている「イオン」の 株価は今買い時なのでしょうか?株式指標から分析していきましょう! 現在の予想PERは67. 42倍、予想PBRは1. 54倍となっています。 PERはかなりの割高な数値、PBRは割高な数値を示しています。 株価は大きく下落していますが、まだ割高ですね。 上回れば割高、下回れば割安と考えます。 PBR=1株純資産:優良な会社であれば1倍以上になるはずですので、1倍以下は割安と考えます。 現在の予想1株配当金は36円、予想配当利回りは1. 80%となっています。 配当利回りの1. 80%は良くも悪くもない数値です。 優待利回りは算出できませんでしたが、頻繁にイオンで買い物する方にとっては総利回りが高くなってお得になるでしょう。 株主優待生活で有名な「桐谷さん」は、配当利回り+優待利回り=4%以上を選択基準としています。 参照: 配当利回りは普通でしたね! 現在の信用取引の売り残は845,200株、買い残は1,367,700株となっています。 信用買い残の方が多く、信用倍率は1. 62倍。 将来の売り圧力が優勢なことが読み取れます。 下落の勢いはまだ衰えていないことが分かりますね。 売り残:まだ未決済の売り注文の信用取引株です。 多いほど将来の買い圧力が強くなります。 買い残:まだ未決済の買い注文の信用取引株です。 多いほど将来の売り圧力が強くなります。 1より小さいと将来の買い圧力が強いので株価は上がりやすくなります。 株主優待を始めるならGMOクリック証券がおすすめ! 管理人は「GMOクリック証券」で株主優待を実践中です。

次の

イオン(8267)の株価予想は?今後どうなるかや買い時を徹底解説!

イオン 株価予想

カタログギフト優待は自分の生活にあわせて必要なものを頼めるので嬉しいですね! ところでカーボンオフセットとは何でしょうか? カーボンオフセットとは温室効果ガスの排出権の購入に使われます。 しかし最低でも10単元、1,000株以上の保有が必要なのがネックですね。 端株保有と1,000株クロスで獲得するのが安全重視ならいいかもしれません。 端株はSBIネオモバイル証券で手数料を安く購入が可能です。 どうやら確認されるのは株主番号だけのようです。 現在のイオンモールの株価1,973円で優待利回りは1. イオンモールの株主優待はいつ届くのでしょうか? 通常の株主優待は例年6月中旬頃に優待選択に関する知らせ届きます。 参照:SBI証券 イオンモールの株価チャートより イオンモールの株価は2018年初頭に2400円超えを達成した以降は不調が続いていました…。 2019年後半から株価は切り返して徐々に上昇しています! 現在の株価は節目の2000円前後まで回復しています。 優待権利月の2月が近いのは無関係ではないでしょう。 3倍、PBRは1. 2倍程です。 これからイオンモールの株式を購入する場合は利回りと業績を注視して決めたいですね。 続いて配当利回りを確認します。 イオンモールの予想1株配当は40円、予想年間配当利回りは2. 大幅な増配はないでしょうが長期で優待と配当を貰う分には適正な株価かと思われます。 長期で保有するならば継続して業績が堅調な企業を選びたいものですね。 爆発的ではありませんが着実な成長を感じる業績ですね! オリンピックイヤーが終われば日本企業は業績が悪化する企業もあるでしょう。 濡れ手に粟…実績がまだ出ていない企業を期待で買うのは危険な時期と考えています。 最近挑戦しているのは端株による分散投資です! 単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。 一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。 株式の高値掴みを避けるにも有効な手段ですね。 最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。 Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。 端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト 関連記事>>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の

イオン株価予想、2020年、 2021年、2022年

イオン 株価予想

イオン 8267 の株価予想!今後どうなるか? ・小売業のイメージが強いイオンですが、実際には小売業以外の事業も展開しており、その事業が金融事業とディベロッパー事業です。 ・また、積極的な海外展開を図っている為、マーケットが縮小傾向になる日本国内では大きな成長を見込むことは難しいと思われますが、海外事業での売上拡大が期待できます。 ・実際にイオンの売上は、ここ数年は右肩上がりに増加しています。 例えば2020年2月期の売上は8,604,207百万円となっており、2017年の8,210,145百万円から大幅に上昇しております。 ・売上に伴って営業利益も上昇しており、2020年2月期が215,530百万円で2017年の184,739百万円から大きく上昇してます。 この要因が「 総合金融事業」、「ヘルス&ウエルネス事業」と「ディベロッパー事業」の好調です。 以上のことから今後も成長の余地が見込まれており、イオンの業績をけん引していくことが期待できることから株価も安定した推移が見込まれます。 イオン 8267 株の買い時 ・リーマンショックの時のように 市場全体の株価下落局面では絶好の買い時と言えます。 理由は個別企業の業績に関わらず株式市場全体が弱気ムードになると大半の株が下がる傾向にあるからです。 ・株式市場全体が下がっているときは売られ過ぎになることも多いことからイオンのような長期保有に向いた株は特に買い時と言えるでしょう。 ・リーマンショックのような大きなインパクトのある出来事は数年に一度ですが、1年を通しても何度か大きく下がる局面があります。 購入を焦らずに じっくりと待ちの姿勢で下落局面を狙って購入することがオススメです。 イオン 8267 の株の分析【2020年5月11日現在】 配当金はいくら?配当利回り• 20年以上、減配なしの優良銘柄 株価指標 目安 配当金 36円 配当利回り 1. 6% 配当性向 112. ・配当金は連続増配とはいきませんが、減配することなく維持あるいは増配を行ってきており、 20年以上減配はありませんので優良銘柄と言えます。 分かりやく言いますと、メインの事業(スーパー等)が苦戦している一方で子会社の金融事業やディベロッパー事業が好調ということからグループでは伸びているが、親会社は利益が伸び悩んでいるということです。 株主優待の内容• 株価指標• イオンの株価は買い時なのかを株価指標で見てみます。 株価指数 目安 PER 69. 33倍 PBR 1. 04倍 ROE 2. 5 自己資本比率 9. 4% ・イオンのPERは日本国内株の平均と比較すると高めとなっております。 PERは会社の利益と株価の関係を表しており、割安性を図る指標となりますが、株価がもう少し下がったところでの購入がオススメと思われます。 ・自己資本比率が低い傾向にありますが、これは借金が多いということでマイナスなイメージと捉えられるかもしれませんが、積極的に事業拡大を図っているような企業で見られる傾向です。 その為、一概に投資基準を満たさないとはならず、 しっかりと利益が出ているので問題ない水準と思われます。 同業種の銘柄と比較 小売業1位のイオンと並んで日本を代表する小売業がセブン&アイ・ホールディングス(以下7&iHD)です。 この両社の特徴と言えば、イオンがGMS(スーパー等)事業を中心としているのに対してセブン&アイ・ホールディングスはCVS(コンビニ)事業をメインとしている点です。 両社の直近の状況を比較してみます。 株価は2020年5月15日時点でイオンが2,210円、7&iHDが3,476円となっております。 この時期はコロナウィルスの影響により全体的に株価が下落しているのですが、直近での下落率を見るとイオンは影響が少なく、7&iHDは下落幅が大きく顕著に影響が出ている様子です。 そんな7&iHDの株式投資の際の配当状況や株主優待制度を確認します。 ・配当は20年度で95円を予定しており、利回りは2. 73%(2020年5月15日時点)でイオンと比較しますと高い傾向です。 これはコロナウィルスの影響により株価が下落していることで利回りが上昇していることも要因です。 ・株主優待は特に実施されておりません。 コンビニで1位の7&iHDとイオンでは同じ小売業でも得意としている業態が違いますので、一概にどちらの銘柄が有利ということは言えませんが、イオンは生活に密着した優待制度が充実していることから、 長期保有での優待目的の投資先としてはイオンに軍配が上がりそうです。 イオン 8267 株のまわりの予想 買い予想の声 ・コロナウィルスで下落しているので、株主優待を目的とした長期保有であれば、今が買いを検討しても良い水準だと思います。 ・グループ全体の業績が底堅く今後も安定すると思われますので、買いを検討して良いと思います。 ・コロナウィルスの影響で多くの業種が厳しくなる中、スーパー業態の強さが見られたので買っても良いと思います。 売り予想の声 ・人口の減少により国内のマーケットが広がらないと思われるので、今後株価が伸びないと思います。 今が売りだと思います。 ・株価が長期的に伸びていない。 今後もスーパー事業は回復が難しいと思うので売っておくべきだと思います。 ・本業のスーパーの改善が見られないと買いづらく、今は売りです。 イオン 8267 の総合評価• イオンを投資先として総合的には買いなのかを見てみましょう。 ・GMS・MS事業による広範囲な店舗網を活用することで金融事業が好調です。 今後も、この傾向は見込まれる為、イオンの業績を引っ張っていくことが期待できます。 ・ 本業のMS事業が回復するかが今後の課題となる。 ここが回復すれば更なる株価の上昇が期待できます。 配当金目当ての投資 ・配当銘柄としては、やや物足りなさがありますが、安定的な配当推移で投資先としては安心できる銘柄です。 ・今後も安定的な業績が見込まれますので、増配若しくは維持の継続が期待できます。 ・20年以上減配がないことから減配のリスクが比較的低い銘柄であり、 長期的な保有にメリットのある銘柄と言えます。 優待目当ての投資 ・毎日のお買物がお得になる キャッシュバック制度は生活に密着したメリットの高い優待と言えます。 ・イオンシネマや対象レストランでの割引制度が充実しており、オーナーズカードを使いこなせば家族や友人とのお買物、レジャーでもお得に使えます。 ・長期保有特典でもらえるイオンギフトカードもお買い物に使えて便利です。 以上のことから優待目当ての投資先としては、申し分のないメリットを持った投資先と言えます。 割安かどうか ・PERの観点から言いますと割高ではあると思いますが、普段からイオン系列のお店を利用されているという方にとっては優待でのメリットが上回ると思います。 ・直近ではコロナウィルスの影響により、SM事業が回復傾向と思われますので、この先株価が上がってくる可能性を考えれば、決して割高ではないと思われます。 ・理想としては 株式市場全体が下がる局面で購入できるのがベストです。 同業種との比較 ・コンビニ首位の7&iHDと比較すると財務面ではイオンが劣ると思われます。 一方でコンビニは市場飽和と言われるようになって、直近は店舗数も増加しておらず、今後の成長が見込みにくいところが課題となります。 ・イオンについては、MS(スーパー)事業が徐々に回復傾向であることと、他の事業(ディベロッパー、金融)が好調であることが強みと言えます。 将来性はあるか ・本業のGMS、MS事業においては人口減少と共に国内のマーケットが広がることは見込めないことから将来に向かって大きく成長できる余地は無いと言えます。 ・一方で積極的な海外展開によるディベロッパー事業においては今後も成長が見込まれます。 直近での 海外での営業利益構成比は15. 7%となっており年々増加の傾向です。 ・以上のことから本業においては大きな成長は見込めないですが、金融事業やディベロッパー事業、今後の海外展開においての事業で成長が見込めれることから総合的には成長性が見込める企業と思われます。 買いを検討してる人へアドバイス ・イオン株を投資先とする場合に値上がり益を狙うのであれば、本業のスーパー事業の回復を見極めてからの購入が良いと思います。 ・配当金、株主優待を目当てとして 長期保有を前提としているのであれば、十分に買いを検討して良いと思います。 ・イオン株は株主優待のメリットが非常に高い銘柄となりますので、イオン系列のお店を普段利用されていない方は、優待のメリットを受けれないため、オススメできない銘柄かもしれません。 まとめ.

次の