紀平 梨花 カナダ 大会。 紀平が首位、本田10位/スケートカナダSP詳細

紀平が首位、本田10位/スケートカナダSP詳細

紀平 梨花 カナダ 大会

Contents• 女子シングル 総合結果 ショート3位のアレクサンドラ・トルソワ選手が予定していた4本の4回転ジャンプのうち、3本を着氷させ、フリーで166. 52点、SPとの合計で241. 02点とし、最高記録を更新しして見事にグランプリデビュー初戦で逆転優勝を飾りました。 ショート首位の紀平梨花選手は、冒頭のトリプルアクセルで着氷が乱れ合計230. 33点で2位となりました。 2位となった紀平梨花選手は合計230点を超えてのV逸に「新時代だなって」と笑みを見せて答えました。 ショート2位の韓国の新星、劉永(ユ・ヨン)は合計217. 49点で3位となりました。 女子シングルSP結果 スコア詳細は すぐ下にあります。 女子シングルSP結果 スコア詳細 昨季GPファイナル女王の紀平梨花選手がトリプルアクセルも決め81. 35点で首位発進しました。 ユ・ヨン選手(韓国)もトリプルアクセルを決め78. 22点で2位、3種類の4回転を操るアレクサンドラ・トルソワ選手(ロシア)は74. 40点で3位、平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ選手(ロシア)はジャンプミスが目立ち62. 89点で6位、22日に現地で交通事故に遭った本田真凜選手は59. 20点で10位という結果でした。 SP1位 紀平梨花選手(日本) 冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)はGOE(出来栄え点)で2. 86点の加点を引き出す完璧なジャンプでした。 続くフリップ-トゥループの2連続3回転、後半の3回転ループも着氷し、納得のジャンプでした。 引用;産経デジタル 撮影:門井聡 SP2位 ユ・ヨン選手(韓国) 韓国選手権で3度優勝してキム・ヨナの後継者とも言われる15歳の劉永(ユ・ヨン)が78. 22点でショートプログラム(SP)2位発進となりました。 韓国女子シングル選手として史上初となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を国際スケート連盟公認大会で成功させました。 フリーの滑りにも注目ですね。 SP3位 アレクサンドラ・トルソワ選手(ロシア) 冒頭の2回転半、3回転フリップ、ルッツ-ループの2連続3回転を完璧に決めましたが4回転が無いショートでは3位という結果でした。 フリーの4回転ジャンプ3種類で巻き返しを期待します。 今年復活を目指す本田真凜選手は、非公式練習後にホテルへ戻る途中に交通事故に巻き込まれました。 乗車していたタクシーが前方の車両に衝突し、後方の車両からも追突を受ける事故でした。 本田選手は右すねを打撲し額も打ち、救急車で運ばれたましたが、診察の結果から出場すること決断しました。 冒頭のループートゥループの2連続3回転はトゥループで回転不足となりました。 続く3回転フリップは2回転になり、後半の2回転半は成功させましたが59. 20点で10位となりました。 女子シングルFS結果 スコア詳細 ショート3位の注目の15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がフリー、合計ともに世界最高記録を更新する166. 52点、241. 02点で見事に逆転優勝しました。 ショート1位の紀平梨花選手は合計230. 33点でしたが、残念ながら逆転を許し2位となりました。 FS1位 アレクサンドラ・トルソワ選手(ロシア) 冒頭の4回転サルコーは転倒しましたが、その他のジャンプはすべて着氷しました。 フリーは4回転4本の高難度構成ですが、4回転を3本着氷させ、合計241. 02点でショート3位から見事に逆転優勝しました。 引用;ISU Figure Skating Twitter FS2位 紀平梨花選手(日本) フリーに組み込んだ冒頭のトリプルアクセルで着氷が乱れ単独ジャンプになりましたが、2本目のトリプルアクセルをコンビネーションジャンプにして、その後は大きなミスなく滑りました。 合計で230点を超えるハイスコアですが、3種類の4回転ジャンプを4本組み込んだ高難度のプログラムで攻めるトゥルソワ選手に圧倒され、2位という結果でした。 FS3位 エフゲニア・メドベージェワ選手(ロシア) ジャンプミスが続きショート6位に沈んだメドベージェワ選手ですが、フリーでは元世界女王の意地を見せて冒頭の3回転ルッツでは減点があったものの、その後はミスなく持ち前の演技力を駆使しながら146. 73点の3位でした。 FS4位 ユ・ヨン選手(韓国) 韓国の新星、ショート2位のユ・ヨン選手は、冒頭のトリプルアクセルでミスがありましたが、その後は大きなミスはなくフリーは139. 27で4位、合計では217. 49点で見事に3位表彰台です。 実は、ここ2週間で2度も救急車で運ばれた本田真凜選手は、バスで出発する30分前までフリーの棄権も考えていたそうです。 フリーは120. 06点と自己ベストに近い得点をマークし、合計179. 26で6位となりました。 「棄権を選択する勇気がなかった。 心から試合に出てよかった」と結果的には高得点をマークし、安堵感の笑みを浮かべています。 関連記事 フィギュア2019カナダ大会男子シングル速報スコア詳細羽生圧巻の今季最高点で首位は フィギュア2019グランプリシリーズ開幕。 気になる出場者と放送スケジュールは フィギュア2019アメリカ大会男子シングル速報スコア詳細ネイサン・チェン余裕の3連覇は フィギュアグランプリ2019アメリカ大会女子シングル速報スコア詳細シェルバコワ逆転V は.

次の

紀平萌絵の大学は?Nissyのダンサーで活躍!カナダ留学経験も!|PLEASANT ZONE

紀平 梨花 カナダ 大会

紀平のカナダ行きはメドベージェワの事例と並べて語ることのできる類のことなのか。 メドベージェワがトゥトベリーゼ氏から去り、オーサー・コーチの元に移ったのは(18)に比べて劣ってしまった技術の差異を埋めるのが最大の目的だったからだ。 ところが紀平の場合、持ち技のレンジはものすごく広い。 (とはいえ、ロシアの(15)、コストルナヤ(16)、シェルバコワ(16)を紀平はまだ打ち負かしてはいない)。 「ライバル争いが害になることは決してありません。 競争によって選手は引き締められ、刺激され、筋肉を緊張した状態に保つことができるからです。 だから強い選手に交じって練習することはプラスにしかならないのです。 強豪と鎬を削る競争で選手は自分に打ち勝ち、より難解なエレメンツ(技術要素)をものにしていく。 ですからメドベージェワがトゥトベリーゼ氏から出たのは、おそらく別の理由があったはずで、そのことについて本当のことを語れるのは彼女自身しかいません。 メドベージェワはまだ望む結果を出していない。 女子シングルの難解度は今、ぎりぎりの限界にまで達していますからね。 でもメドベージェワは闘士です。 絶対にあきらめはしない。 」 紀平選手がオーサー氏のもとへ移ったというニュースは、ゴンチャレンコ氏には意外だったという。 「昨シーズンのこの選手(紀平)はとてもよかったですね。 自分のスケーティングのスタイルを確立していますし、演出も奇抜でオリジナリティに富んでいます。 紀平の姿をシーズンを通して追うのは面白かったですね。 これはつまりこの選手は印象に残る、特異な存在だったということです。 プラスして紀平は高度な技をこなし、両プログラム(SP、FS)ともにトリプル・アクセルを入れていましたし、他の最難関のエレメンツ(4回転ジャンプ)を習得しようとするところも私は見てきました。 4回転ジャンプは彼女にとってはまだトリプル・アクセルにような得意技ではありませんが、習得に向かって進んでいます。 紀平はシーズンを通して右肩上がりに上がっていき、目に見える成長を遂げました。 ですからここでコーチを替えるというのは、コーチの側にしてみてもそうでしょうが、私にも理にかなったことに思えないのです。 」 本当の理由はメドベージェワのケースと同じく、この場合も紀平本人の口からしか知る由もない。 メドベージェワは五輪でザギトワに悔しい負けを期した後、の元を去った。 メドベージェワはこのページを閉じ、オーサー氏と一緒になって自分の目の前に野心的な新たな目的を立てたかったのだろう。 紀平がオーサー氏との連携作業で狙うのは五輪のメダルに他ならない。 それに紀平は今まで師事してきた浜田コーチとの連携を断ち切るわけではない。 オーサー・コーチは彼女にとってはあくまで第2の師匠となる。 ゴンチャレンコ氏はこの状況から、断定はできないものの、紀平がオーサー・コーチの元でトレーニングするのは夏季研修としてであって、完全な協力関係ではないのではないかと読んでいる。 エフゲニア・メドベージェワ選手とブライアン・オーサー氏 話がどうであれ、紀平はオーサー氏にとってはものすごくバリューの高い大物だ。 なぜなら今年、来年の世界選手権、北京五輪への出場権獲得の可能性はカナダ行きの前の時点ですでに極めて高かったからだ。 メドベージェワは自分自身を、そしてファンをウルトラCのエレメンツであっと言わせるには相当のことをやり遂げねばならない。 昨シーズンのロシア代表のライバルたちはGPファイナル、欧州選手権で勝利を飾り、ますます自己ポジションを固めているからだ。 選手生活でそんなむしゃくしゃした気持ちでいるところにさらに加わったのが五輪にターゲットをしぼった紀平という存在。 メドベージェワの公式的な代表者らは、「キヒラについて、また彼女がブライアン・オーサー氏と行う作業についての情報を我々は有していない。 これについてはブライアンとは話し合ってはいない。 このため、この状況はエフゲニアとは何の関係もない」とコメントしている。 メドベージェワ自身からのコメントは表されてはいない。 このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクのをご覧ください。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

海外の反応「宝石のよう」紀平梨花GPスケートカナダ2019SP首位

紀平 梨花 カナダ 大会

人物 卒業。 在籍中 で、KFSCに所属している。 3歳のときに母親と姉とともにアイスリンクに行きスケートと出会い、5歳のときにスケート教室に入った。 当初はお稽古事の1つとしてスケートがあり、この他バレエ、体操、ピアノなども習っていた。 経歴 ノービス時代 2015-16シーズン Aクラスで優勝。 初出場となったでは11位となった。 のノービスクラスでも優勝する。 ジュニア時代 2016-17シーズン のフィギュアスケート強化選手に初めて選ばれた。 に初参戦し、初戦ので2位、次戦のではで女子では史上7人目となる3回転に成功、同時に女子史上初となる6種類8個の3回転ジャンプを成功させ優勝し、進出を決めた。 2度目の出場となった全日本ジュニア選手権ではケガの影響で精彩を欠き11位、初出場となったJGPファイナルでは4位に終わった。 2017-18シーズン ジュニア2年目を迎えた。 ジュニアグランプリシリーズでは3回転アクセルで転倒が相次ぎ、では2位、続くでは3位。 ロシア勢に遅れをとり優勝こそならなかったものの、2年連続の進出を決めた。 3度目の出場となった全日本ジュニア選手権ではショートでミスがあり6位と大きく出遅れるが、フリーで3回転アクセルを2度成功させ逆転で優勝した。 自身初のと出場を決めた。 JGPファイナルではフリーで女子史上初の3回転アクセル-3回転トゥループに成功する。 だが、2回目の3回転アクセルが回転が解けて1回転になってしまい得点が伸びず、総合では2年連続の4位に留まった。 全日本選手権では、フリーで僅かなミスがあったもののショート・フリー合わせて3本の3回転アクセルを決め3位で表彰台に登った。 大会後、第86回全日本選手権大会新人賞を受賞した。 2018年1月に左手薬指を骨折。 初出場のでは、ショートの連続ジャンプで回転不足と転倒による減点が響き4位発進と出遅れる。 しかし巻き返しを狙ったフリーでも予定していた3回転アクセルが2本とも抜けるなどミスが相次ぎ、総合8位まで順位を落とした。 試合後、「試合間隔が空いて感覚が染みついていなかったです」と肩を落とした。 シニア移行後 2018-19シーズン で行われたがシニア初参戦となった。 SPは転倒がありながらも70. 79点で1位に立つと、FSは冒頭に大技の3回転アクセル-3回転トーループ、さらに単発の3回転アクセルを成功させ、1位の147. 37点をマーク、SPとの合計218. 16点でシニアデビュー戦を優勝で飾った。 FSは今季世界最高、合計は今季世界2位の高得点となった(いずれも当時)。 グランプリシリーズデビュー戦となるでは、SPの冒頭の3回転アクセルで転倒があったものの自己ベストに迫る69. 59点の5位に付け、FSで2本の3回転アクセルを決めるなど一つのマイナスも無い完璧な演技を見せ、日本女子歴代最高点の154. 72点を記録、SPとの合計でこちらも日本女子歴代最高点を更新する224. 31点で、日本勢として初めてグランプリシリーズデビュー戦での初優勝を決めた。 続くのSPも3回転アクセルの回転が抜けるミスがあり、2位に発進した。 FSは1本目の3回転アクセルが単独になるミスがあったものの、その後のジャンプ構成を変更するなどの冷静さを見せ、フリートップの138. 28を記録。 総合でも205. 92で逆転優勝して初めてのグランプリシリーズを連勝で終え、進出も決めた。 グランプリファイナルのSPは3番目に登場し冒頭の3回転アクセルを決め完璧な演技を披露。 2位で金メダリストのロシアのに4. 58点差をつけるルール改正後の世界最高得点となる82. 51点をマークし首位に立つ。 そしてザギトワと一騎打ちとなったFSでは最初の3回転アクセルで手をついてしまいダウングレード判定となってしまうも、続く3回転アクセルからのコンビネーションを2回転トーループに変更し落ち着いて着氷。 後半の3回転ルッツに3回転トゥループを付け冷静にリカバリーし、安定した演技で230点超えとなる233. 12点をマーク。 以来13年振りとなる日本人シニア1年目にしてグランプリファイナル制覇を達成した。 は靴の不調もありSPで3回転アクセルを転倒。 さらに3回転のコンビネーションジャンプで2つ目が2回転に抜けてしまうミスがあったが、68. 75で5位に踏みとどまる。 1日開けたFSで冒頭2本の3回転アクセルを完璧に成功。 一方で終盤の3連続ジャンプの1本目でバランスを崩してステップアウトになりかけたが、それをオイラージャンプに変更し2回転サルコウをつけて3連続ジャンプにするという冷静さを見せた。 SP・FS共に2位でミスのない演技で優勝した最終滑走の坂本花織に及ばなかったものの、FS1位となる155. 01点をマークし合計223. 76点で2位まで順位を上げた。 は靴の調整が間に合わず左足だけサブシューズを投入したり 、公式練習中に転倒し左手薬指を亜脱臼するなどアクシデントに見舞われながら参戦。 SPは冒頭の3回転アクセルがパンクし5位発進となるも、FSでは3回転アクセルを1本成功させ、その後もミスなく滑り切り逆転優勝を飾った。 世界選手権の調整のために出場したチャレンジカップのSPでトリプルアクセルが2回転となり、さらにコンビネーションの回転不足やスピンで体勢を崩すなどミスが相次ぎ2位。 FSはトリプルアクセルを着氷し優勝した。 優勝を期待されたは苦手としていたSPで3回転アクセルがパンクしてしまい70. 90点で7位。 首位に立ったライバルのザギトワに11点以上の大差を付けられ優勝は絶望的となった。 巻き返しを狙ったFSでも、冒頭の3回転アクセルの連続ジャンプは決めるも2本目の3回転アクセルで転倒してしまい、表彰台にすら届かない4位。 国際試合連勝記録は7連勝でストップした。 その後のに女子シングル代表としてと共に初出場を果たす。 SPで3回転アクセルを成功すると全ての3回転ジャンプをクリーンに着氷する等完璧な演舞を披露し、2年前のでが付けた80. 85点を大幅に超える83. 97点を叩き出して世界記録を塗り替えた。 しかし、FSは最初の3回転アクセルと後半のコンビネーションが回転不足となって転倒する等、本来の出来とは言えずに138. 37点の5位に終わり、チームも対抗戦連覇を逃した。 2019-20シーズン シーズン初戦はから始動し、SPは最後の3回転ルッツこそ着氷で堪えるもその前までは安定した着氷で首位発進。 FSも3回転アクセル2本を着氷する等しっかりとした攻めでライバルの1人であるメドベージェワに競り勝って今季初戦を制した。 グランプリシリーズ1戦目はに出場。 ショートは3回転アクセルを着氷しルッツを外した構成ながら、81. 35点を記録する。 フリーでは、3回転アクセルで着氷ミスがあったがその他はほぼノーミスの演技で、148. 98点をマークするものの、4回転ジャンプを3本決めたトゥルソワには及ばず、230. 33点で2位となった。 2020-21シーズン 2020年6月24日、2020-21シーズンに於ける日本スケート連盟登録所属先を『』とすることが発表された。 技術・演技 を含む6種類の3回転ジャンプを跳ぶことができる。 3回転アクセル-3回転のコンビネーションジャンプを女子選手として世界で初めて公式戦で成功させた。 その他にもリカバリーでFS演技後半に 最後から4番目のジャンプであり、基礎点1. 1倍にはならなかったものの 3回転ルッツ-3回転トウループを跳ぶなど、ジャンプ能力の高さには定評がある。 尚、練習では4回転トウループや4回転、両手を上げて飛ぶタノジャンプの着氷にも成功している。 2016年JGPリュブリャナ杯のFSでは、女子選手として史上初めて6種類8本の3回転ジャンプを回転不足・エッジエラー無しで完璧に成功させた。 一方で、紀平のコーチでもあるも課題として「何でも平均的にできるけれど、後は度胸。 ちょっと気が弱いから、大事な時に気持ちが引けてしまう」ところに挙げ、紀平も試合後に「緊張しました」「のカシャカシャっていう音が気になるんです」などと苦悩を漏らしていたが 、シニア以降はメンタル面で大きな成長を見せている。 また、濱田はもう1点の課題として「試合前の準備」を挙げており、計画性がなく行き当たりばったりになっていることを指摘している。 女子シングル初の8トリプルジャンプ成功• 女子シングル初の1プログラム全6種類トリプルジャンプ成功• 女子シングル史上最年少3回転アクセル成功(14歳65日)• 女子シングル初の3回転アクセル-3回転トゥループ成功• 日本人初の初出場で優勝• 日本人2人目の初出場で優勝(1人目は、2005年)• 女子シングルショートプログラム世界最高得点(83. 97、、2019年にが更新)• A - Aクラス ノービスの、11歳~12歳• N - ノービスクラス 12歳以下• J - ジュニアクラス 13歳~19歳 詳細 2019-2020 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2020年3月16日-22日 () TBD 2020年2月20日-23日 () 1 74. 27 1 156. 38 1 230. 65 2020年2月4日-9日 () 1 81. 18 1 151. 16 1 232. 34 2019年12月19日-22日 () 1 73. 98 1 155. 22 1 229. 20 2019年12月5日-8日 () 6 70. 71 4 145. 76 4 216. 47 2019年11月22日-24日 () 2 79. 89 2 151. 95 2 231. 84 2019年10月25日-27日 () 1 81. 35 2 148. 98 2 230. 33 2019年9月12日-14日 () 1 78. 18 1 145. 98 1 224. 16 2018-2019 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2019年4月11日-14日 () 1 83. 97 5 138. 37 2 団体 (222. 34) 2019年3月18日-24日 () 7 70. 90 2 152. 59 4 223. 49 2019年2月21日-24日 () 2 66. 44 1 141. 90 1 208. 34 2019年2月4日-10日 () 5 68. 85 1 153. 14 1 221. 99 2018年12月20日-24日 () 5 68. 75 1 155. 01 2 223. 76 2018年12月6日-9日 () 1 82. 51 1 150. 61 1 233. 12 2018年11月23日-25日 () 2 67. 64 1 138. 28 1 205. 92 2018年11月8日-11日 () 5 69. 59 1 154. 72 1 224. 31 2018年9月19日-22日 () 1 70. 79 1 147. 37 1 218. 16 2017-2018 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2018年3月5日-11日 () 4 63. 74 9 111. 51 8 175. 25 2017年12月20日-24日 () 5 66. 74 2 141. 29 3 208. 03 2016年12月8日-11日 () 4 66. 82 4 125. 63 4 192. 45 2017年11月24日-26日 第86回() 6 57. 89 1 135. 57 1 193. 72 3 119. 09 3 185. 81 2017年9月6日-9日 () 6 55. 05 1 125. 41 2 180. 46 2017年8月2日-5日 ジュニアクラス() 1 60. 26 1 122. 80 1 183. 06 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2016年12月8日-11日 () 5 54. 78 3 120. 38 4 175. 16 2016年11月18日-20日 第85回() 4 58. 86 14 94. 87 11 153. 73 2016年9月21日-24日 () 2 65. 93 1 128. 31 1 194. 24 2016年8月31日-9月3日 () 1 66. 78 2 118. 73 2 185. 51 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2016年3月23日-27日 ノービスクラス() 5 27. 28 1 82. 53 1 109. 81 2015年11月21日-23日 第84回() 8 53. 38 15 89. 53 11 142. 91 2015年10月23日-25日 第19回 Aクラス() 1 100. 53 1 100. 53 2015年8月5日-8日 ノービスクラス() 8 29. 57 4 70. 33 5 99. 90 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2014年10月24日-26日 第18回 Aクラス() 12 72. 21 12 72. 振付: 2016-2017 作曲: 振付:ジェフリー・バトル 作曲: 振付:トム・ディクソン 作曲: 2015-2016 『』 作曲: 作曲: オペレッタ『こうもり』 作曲:ヨハン・シュトラウス2世 脚注 []• 神戸新聞NEXT 2018年12月10日• 日刊スポーツ2018年4月1日• フジテレビ2017年12月25日• 産経ニュース2018年3月10日• サンスポ2018年3月11日• 共同通信2018年9月23日• 日本スケート連盟2018年9月24日• ライブドアニュース2018年11月11日• 産経ニュース. 産業経済新聞社. 2020-06-24. 2020年6月24日閲覧。 サンスポ2017年12月9日• 日刊スポーツ2017年7月2日• 日刊スポーツ2017年11月11日• スポニチ2017年12月9日• スポーツナビ 2019年3月23日• スポーツ報知 報知新聞社. 2019年5月24日. 2019年6月27日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2019年6月29日. 2019年7月1日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2018年7月6日. 2018年7月7日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 rikaskate0721 -• (英語)• - N高等学校 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984-1985:• 1986-1987:• 1988-1991:• 1992-1993:• 1994-1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012-2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 1988:• 1989-1990:• 1991:• 1992-1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998-2001:• 2002-2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012-2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 1933:• 34:• 35:• 36:• 37-38:• 39:• 40-46: 中止• 47:• 48: 中止• 49:• 50-51:• 52:• 1953:• 1954:• 55:• 56:• 57:• 58:• 59:• 60:• 61-62:• 63:• 64:• 65:• 66:• 67:• 68:• 69:• 70:• 71:• 72:• 73:• 74:• 75:• 76:• 77:• 78:• 79:• 80:• 81:• 82:• 83:• 84:• 85:• 86:• 87:• 88-89:• 90:• 91:• 92:• 93:• 94-96:• 97:• 98-99:• 2000:• 01-03:• 04:• 05:• 06:• 07:• 08:• 09:• 10:• 11-12:• 13:• 14-15:• 16:• 17:• 18:• 19:• 開催年は年度• 女子S この項目は、に関連した です。

次の