アルミニウム 元素 記号。 青銅の種類|すず青銅、りん青銅、アルミニウム青銅

アルミニウム合金の種類

アルミニウム 元素 記号

JISアルミ合金番号(記号)の意味・アルミ材質と種類 JISアルミ合金番号(記号)の意味 現在、生活の様々な場所で使われているアルミですが、単にアルミと言っても様々な種類があります。 正確には99%以上がアルミである純アルミとアルミに様々な金属元素を添加して、性質を変化させたアルミ合金とがあります。 一般に使われている「アルミ」はアルミ合金であることがほとんどです。 JIS規格において、アルミニウム及びアルミニウム合金に下記のような分類表示を用いています。 表示例: A 5 0 5 2 T D - O A5052アルミ合金製、引抜管、焼き鈍し材という意味です。 以下に詳しく説明します。 アルファベット1文字から3文字で表されます。 : アルミ合金は冷間加工や熱処理等を施すことによって、材料強度を調整したり、やわらかくして伸び率を増やしたりすることが出来ます。 これによって、アルミを使用する用途によって性質を変えることが出来ます。 このように、ある処理を施すことによってアルミの性質を変化させることを調質をいいます。 調質には様々な種類がありますが、これらを質別と呼びます。 A = Aluminium(アルミニウム)を表す「A」 5 = 合金の種類を表す。 1= 2= 3= 4= 5= 6= 7= 8= 上記以外の系統のアルミニウム合金 9= 予備 0 = 制定順位、合金の改良型を表す。 0= 基本合金 1〜9= 合金の改良型 N= 日本独自の合金 52 = 合金の種類が1の場合(純アルミニウムの場合)はアルミ純度小数点以下2桁を表す。 (例)A1070= 純度99. 70%のアルミニウム 合金の種類が1以外の場合は改良合金を含めた合金の識別を表す。 TD = 材料の形状を表す。 記号 意味 記号 意味 P 板、条、円板 TD 引抜管 PC 合わせ板 TE 押出管 BD 引抜棒 TW 溶接管 BE 押出棒 TWA アーク溶接管 W 引抜線 FD 型打鍛造品 S 押出形材 FH 自由鍛造品 O = 質別を表す。 ( 記号) 調質記号 意味 F 製造のままのもの。 押出のままで調質を与えない材料。 H 加工硬化により強さを増加したもの。 H14 冷間加工を行い加工硬化させたもの。 H18 冷間加工後、加工硬化させたもの。 H112 展伸材においては積極的な加工硬化を加えず、製造状態で機械的性質の保証されたもの。 O 焼き鈍しにより最も軟らかい状態になったもの。 完全に再結晶化した状態。 T3 焼き入れを行い、冷間加工したもの。 T5 高温加工から急冷し、焼き戻しをしたもの。 T6 焼き入れ後、焼き戻しをしたもの。 T8 焼き入れ後、冷間加工を行い、焼き戻ししたもの。 T351 溶体化処理後、強度を与える為に冷間加工を行い、1. 5%以上〜3%以下の永久歪を与える引張加工により、残留応力を除去し、自然時効させたもの。 T451 溶体化処理後、1. 5%以上〜3%以下の永久ひずみを与える引張加工により残留応力を除去し、 自然時効させたもの。 T651 溶体化処理後1. 5%以上〜3%以下の永久歪を与える引張加工によって残留応力を除去し、さらに 人工時効硬化処理をしたもの。 H記号 非熱処理合金に対して用いられる記号で、材料にあたえる冷間加工の度合いで機械的性質を調整する場合に付けられる。 T記号 熱処理を示す質別の場合に付けられる記号で、Tの後に1つ以上の数字を付けて表される。 〒371-0214 群馬県前橋市粕川町女渕577-20 有限会社アルミテック TEL 027-280-9177 FAX 027-285-6417 Copyright C 2009 Alumi Tech Co. ,Ltd. All rights reserved.

次の

「アルミニウム」と「ステンレス」の違いは?

アルミニウム 元素 記号

元素の周期表 The periodic table of the elements 1A 2A 3A 4A 5A 6A 7A 8 1B 2B 3B 4B 5B 6B 7B 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 1 1 水素 2 ヘリウム 2 3 リチウム 4 ベリリウム 5 ホウ素 6 炭素 7 窒素 8 酸素 9 フッ素 10 ネオン 3 11 ナトリウム 12 マグネシウム 13 アルミニウム 14 ケイ素 15 リン 16 硫黄 17 塩素 18 アルゴン 4 19 カリウム 20 カルシウム 21 スカンジウム 22 チタン 23 バナジウム 24 クロム 25 マンガン 26 鉄 27 コバルト 28 ニッケル 29 銅 30 亜鉛 31 ガリウム 32 ゲルマニウム 33 ヒ素 34 セレン 35 臭素 36 クリプトン 5 37 ルビジウム 38 ストロンチウム 39 イットリウム 40 ジルコニウム 41 ニオブ 42 モリブデン 43 テクネチウム 44 ルテニウム 45 ロジウム 46 パラジウム 47 銀 48 カドミウム 49 インジウム 50 スズ 51 アンチモン 52 テルル 53 ヨウ素 54 キセノン 6 55 セシウム 56 バリウム L ランタノイド 72 ハフニウム 73 タンタル 74 タングステン 75 レニウム 76 オスミウム 77 イリジウム 78 白金 79 金 80 水銀 81 タリウム 82 鉛 83 ビスマス 84 ポロニウム 85 アスタチン 86 ラドン 7 87 フランシウム 88 ラジウム A アクチノイド 104 ラザホージウム 105 ドブニウム 106 シーボーギウム 107 ボーリウム 108 ハッシウム 109 マイトネリウム 110 ダームスタチウム 111 レントゲニウム 112 コペルニシウム 113 ニホニウム 114 フレロビウム 115 モスコビウム 116 リバモリウム 117 テネシン 118 オガネソン アルカリ金属 アルカリ土類金属 希土類 チタン族 土酸金属 クロム族 マンガン族 鉄 族(上3元素) 白金族(中6元素) 銅族 亜鉛族 アルミ ニウム族 炭素族 窒素族 酸素族 ハロゲン 不活性ガス L ランタノイド 57 ランタン 58 セリウム 59 プラセオジム 60 ネオジム 61 プロメチウム 62 サマリウム 63 ユーロピウム 64 ガドリニウム 65 テルビウム 66 ジスプロジウム 67 ホルミウム 68 エルビウム 69 ツリウム 70 イッテルビウム 71 ルテチウム A アクチノイド 89 アクチニウム 90 トリウム 91 プロトアクチニウム 92 ウラン 93 ネプツニウム 94 プルトニウム 95 アメリシウム 96 キュリウム 97 バークリウム 98 カリホルニウム 99 アインスタニウム 100 フェルミウム 101 メンデレビウム 102 ノーベリウム 103 ローレンシウム 1 H 水素 原子番号 元素記号 元素名 番号 元素を記号で表したもの 元素の名前 周期律表は、性質や特徴を考慮して元素を並べたものです。 それぞれの記号は 元素記号と呼ばれおり、それぞれの元素を表現しやすく記号にしたものです。 原子番号は、元素を順番に並べたものを左上から数字をつけたものです。 表の縦の列である族番号が同じ元素は性質が似ているといった特徴があります。 周期番号 族番号 A, B 族番号 非正式 典型金属元素 典型非金属元素 遷移金属元素 超ウラン元素 未発見 原子 原子は、中心に正の電荷を持つ原子核とその周りを飛び回っており負の電荷を持つ電子からできています。 原子核は正の電荷を持った陽子と電荷を持たない中性子からできています。 その、原子核中の陽子数を原子番号といいます。 原子核の周りを回る電子の道筋(正確には電子の動き回るところ)を電子軌道と呼びます。 電子は、軌道が平面ではなく球状で立体的なのでその軌道を殻(電子殻)とも呼んでいます。 周期番号 電子の軌道(電子殻)は、大きい区分として内側から順に、K殻、L殻、M殻... と層状になっています。 これを、主殻といいます。 周期番号は、この電子殻の数をあらわしています。 同周期の原子では、原子番号が大きくなるほど原子核の電荷が大きくなって電子が強く引きつけられるため原子半径は少し小さくなります。 ボーアの原子モデル 電子殻名 K殻 L殻 M殻 N殻... 電子の収容数 2 8 18 32 2n 2 電子配置 電子殻は、さらに s,p,d,fなどといった軌道があります。 K殻は 1s軌道、L殻は 2s,2p軌道、M殻は 3s,3p,3d軌道に細分されます。 これを、副殻といいます。 この軌道は、軌道の形態によって分類されており、s軌道は対称な球形(1種類)、p軌道はxyzの各軸方向へ伸びた形(px、py、pzの3種類)をしています。 1s、2sなどの数字は、内側からの順番につけたもので、1がK殻、2がL殻にあることを表しています。 これらの軌道には、それぞれ2個の電子を収容できます。 以前、典型元素にAと遷移元素にBをつけて区別していたが、1989年に国際純正応用化学連合会(IUPAC)の無機化学命名法の改訂にともなって周期表の族の名称,番号の表記方法が1〜18族に改められられた。 アメリカでは今でも区別している。 同族の原子では、周期が大きくなるほど外側の電子殻に電子が入るため原子半径は大きくなります。 典型金属元素 金属元素のうち、遷移金属の系列にない物です。 典型元素は、電子が最外殻に配置されていきます。 つまり、電子が最外殻の軌道 s軌道,p軌道 に順次配置され金属としての特有の性質を持します。 典型非金属元素 非金属とは、その名の通り「金属ではない」という意味です。 したがって、ここに分類される元素は金属結合を行わず金属に特有の性質を持ちません。 単体では、気体である物が半分ぐらいあり電導性を持ちません。 (炭素などの例外はある)典型元素は、電子が最外殻に配置されていきます。 遷移金属元素 遷移元素は全て金属元素です。 遷移元素は、電子が最外殻に配置されずに内側の軌道 d軌道,f軌道 配置されていきます。 遷移元素のうち、電子が 4f軌道に配置されていくものをランタノイド、5f軌道に配置されていくものをアクチノイドといいます。

次の

アルミニウム(アルミ)とアルミナ(酸化アルミニウム)の違いは?

アルミニウム 元素 記号

元素名(元素記号)の由来 原子番号 元素 英語 記号 由来 水素 Hydrogen H 「hydro」は「水」、「gen」は「〜を生じるもの」 ヘリウム Helium He ギリシャ語の太陽「helios」 リチウム Lithium Li ギリシャ語で「石」を意味する「lithos」 ベリリウム Beryllium Be 鉱物「ベリル」から命名。 ギリシャ語で「緑柱石」の成分 ホウ素 Boron B ペルシャ語で「白い」を意味する「borak」 炭素 Carbon C ラテン語の木炭「carbo」に由来 窒素 Nitrogen N 窒素が硝石(硝酸カリウム)(nitrum、ラテン語)からできることに由来 酸素 Oxygen O ラボアジエが酸の素と誤解して命名。 ドイツ語の「ソーダ石」 マグネシウム Magnesium Mg ギリシャのマグネシア地方でマグネシウム鉱石が産出 アルミニウム Aluminium Al 古代ギリシャ時代、ローマ時代にアルミニウムの塩である 「ミョウバン」を「alumen」と呼んでいたことに由来 ケイ素 Silicon Si ラテン語で「火打石」を意味する「silex」 リン Phosphorus P ギリシャ語で「光をもたらすもの」を意味する「phosphoros」 硫黄 Sulfur S ラテン語で硫黄を意味する「sulpur」に由来 塩素 Chlorine Cl 塩素の気体が黄緑色であることからラテン語で黄緑色を意味する「chlorus」 アルゴン Argon Ar 「はたらく」を意味する「ergon」と否定語anから作った造語。 「不活性な」という意味 カリウム Potassium K アラビア語で「植物の灰」を意味する「kaljan」 カルシウム Calcium Ca ラテン語で「石」を意味する「calx」 スカンジウム Scandium Sc ラテン語の「南部スカンジナビア半島 Scandia 」 チタン Titanium Ti ギリシャ神話の巨神族「ティターン」 バナジウム Vanadium V スカンジナビアの「愛の女神 Vanadis 」 クロム Chromium Cr ギリシャ語の「色 chroma 」 マンガン Manganese Mn ギリシャ語の「きれいにする manganizo 」 鉄 Iron Fe ギリシャ語の「強い ieros 」ラテン語の「鉄 ferrum 」 コバルト Chobalt Co ギリシャ語の「山の化け物 kobalos 」。 アトムの弟 ニッケル Nickel Ni スエーデンのクロンステットがNickelと呼んだ。 スペイン語で「妖精 銅 Copper Cu ラテン名 Cuprum。 Cuprumは東地中海のキプロス島(kypros)に由来 亜鉛 Zinc Zn 2説あり、「白い鉱床」を意味するラテン語からという説と、「とがったもの」を意味するドイツ語 ガリウム Gallium Ga 発見者ボアボードランの母国フランスの古名「Gallia」。 エカアルミニウム ゲルマニウム Germanium Ge 発見者ウィンクラーの母国ドイツの古名「ゲルマニア」より命名。 エカケイ素 ヒ素 Arsenic As ギリシャ語で黄色の顔料を意味する「arsenikon」 セレン Selenium Se ギリシャ語で月を意味する「selene」に由来 臭素 Bromine Br ギリシャ語で刺激臭、悪臭を意味する「bromos」 クリプトン Krypton Kr ギリシャ語で「隠れた」を意味する「kriptos」 ルビジウム Rubidium Rb ラテン語で「赤」を意味する「rubidus」 ストロンチウム Strontium Sr スコットランドのストロンチアン地方でとれる「ストロンチアン石」に含まれている イットリウム Yttrium Y スウェーデンの地名「イッテルビー Ytterby 」 ジルコニウム Zirconium Zr アラビア語の「金 zar +色 qun 」 ニオブ Niobium Nb ギリシャ神話のタンタロスの娘 Niobe モリブデン Molybdenum Mo ギリシャ語の「鉛 molybdos 」 テクネチウム Technetium Tc ギリシャ語の「人工の technetos 」 ルテニウム Ruthenium Ru ラテン語の「ロシア Ruthenia 」 ロジウム Rhodium Rh ギリシャ語の「バラ色 rodeos 」 パラジウム Palladium Pd アテネの女神 Pallas 銀 Silver Ag ギリシャ語の「輝いた argyros 」 カドミウム Cadmium Cd フェニキアの伝説の王子「カドムス」、ギリシャ語の「土 kadmeia 」 インジウム Indium In インジウムの輝線スペクトルがインジゴ色であることから スズ Tin Sn ラテン語でスズを表す「stanum」 アンチモン Antimony Sb アンチモンがとれる輝安鉱をラテン語で「stibium」と呼ぶことに由来 テルル Tellurium Te ラテン語で地球を意味する「tellus」に由来 ヨウ素 Iodine I ギリシャ語ですみれ色を意味する「iodes」 キセノン Xenon Xe ギリシャ語で「なじみにくいもの」を意味する「xenos」 セシウム Caesium Cs ラテン語で「青空色」を意味する「caesius」 バリウム Barium Ba ギリシャ語で「重い」を意味する「barys」 ランタン Lanthanum La ギリシャ語の「隠れている」 セリウム Cerium Ce 小惑星「セレス」 プラセオジム Praseodymium Pr ギリシャ語の「青みがかった緑 prasaios 」ニラ色 ネオジム Neodymium Nd 「新しいジジム」(ジジムはギリシャ語の「双子」から) プロメチウム Promethium Pm 「プロメテウス」 サマリウム Samarium Sm 鉱石 ユウロピウム Europium Eu ヨーロッパ ガドリニウム Gadolinium Gd フィンランドの化学者ガドリン。 ガドリン石 テルビウム Terbium Tb スウェーデンの地名「イッテルビー」 ジスプロシウム Dysprosium Dy ギリシャ語の「近寄りにくい dysprositos 」 ホルミウム Holmium Ho ストックホルムの古名「ホルミア」 エルビウム Erbium Er ツリウム Thulium Tm スウェーデンの町「ツーレ」 イッテルビウム Ytterbium Yb スウェーデンの地名「イッテルビー」 ルテチウム Lutetium Lu パリの古名「ルテチア」 ハフニウム Hafnium Hf コペンハーゲンの古名「ハフニア Hafnia 」 タンタル Tantalum Ta ギリシャ神話のタンタロス Tantalos タングステン Tangsten W 「重い tung +石 sten 」「ウルフラマイト wolframite 」 レニウム Rhenium Re ライン河 Rhein オスミウム Osmium Os ギリシャ語の「くさい osme 」 イリジウム Iridium Ir アヤメ iris。 ギリシャ神話の虹の女神イリス 白金 Platinium Pt スペイン語の「銀 plata +縮小辞 in 」 金 Gold Au インドヨーロッパ語の「黄金 ghel 」ラテン語の「金 aurum 」 水銀 Mercury Hg 神の使者「メルクニウス」、ラテン語の水銀「hydrargyrum」(水のような銀)に由来 タリウム Thallium Tl 輝線スペクトルが新緑色から、ラテン語で「新緑の小枝」を意味する「thallos] 鉛 Lead Pb ラテン語で鉛を表す「plumbum」 ビスマス Bismuth Bi アラビア語の「wissmaja」(容易に溶ける金属)。 蒼鉛 ポロニウム Polonium Po マリー・キュリーの国名の「ポーランド」にちなんで名付けられた。

次の