宝くじ 当たり やすい 買い方。 宝くじが良く当たるイニシャルランキング!(過去8年から算出)

当たりやすい宝くじを確率から調べてみたらまさかの・・・

宝くじ 当たり やすい 買い方

Contents• 「宝くじ」当たる買い方を一挙紹介! 大きな夢にチャレンジしたい、と考える方に向け、今回は宝くじの当たる買い方をお話しします。 基本は「連番」と「バラ」。 期待が高まる「縦バラ」にも注目 ここからは「宝くじ」を例に取り、いくつかの「当たる買い方」と、それぞれの長所・短所をお伝えします。 初心者の定番、「連番」で「10枚1セット」 宝くじは、1枚(! 宝くじには、「68組 193808番」のように、それぞれ「組」と「番号」が表示されています。 最初に取り上げる買い方は、「連番」です。 「連番」は「同じ組」で「連続した番号」の10枚1セットです。 番号は、上から5けた目まで同一です。 末尾6けた目の番号(下1けた、一番右側の数字)が「0」~「9」まで10枚続く形です。 「連番」(例)「70組 112340番」~「70組 112349番」 「同じ組」で「連続した番号」の10枚セットですから、下1けたの数字で末等1枚(「年末ジャンボ」の場合、6等300円)は必ず当たります。 「連番」 【長所】「1等」と「1等の前後賞」、両方当選する可能性が高まる。 【短所】「組」が同じため、抽選日には「組」を見ただけで「はずれ」が分かってしまう。 前後賞は狙えないけれど、当たる買い方?「バラ」 次に、「バラ」と呼ばれる買い方をご紹介します。 「バラ」の場合、1枚1枚が違う「組」です。 「連番」とは異なり、「番号」は上から5けた目まで1枚ずつ異なります。 下1けた(一番右側の数字)の「番号」は、「0」~「9」まで10枚揃っています。 ですから、「連番」同様、下1けたの数字で「末等」1枚(「年末ジャンボ」の場合、6等300円)は必ず当たります。 「バラ」(例)「15組 135160」、「26組 184372」・・・「38組 124739」 「バラ」 【長所】組が異なるので、1枚ずつ当落を確かめる楽しみがある 【短所】連続した番号ではないため、「1等」と「1等の前後賞」の両方が当たる可能性はゼロに近い 「バラ」は、前後賞がない「ミニくじ」(併売宝くじの「年末ジャンボミニ1億円」など)でお薦めの買い方と言えます。 「連番」と「バラ」ではどちらが当たる買い方? 宝くじが当たる確率としては「連番」「バラ」、ほぼ同じと言われています。 「連番」の場合、抽選日に「組」を見ただけで結果が分かってしまう短所があります。 ですから、「1枚1枚に可能性を持たせたい」と「バラ」を選ぶ方もいるようです。 狙いたい高額当選のパターンにより、当たる買い方は分かれます。 【1等+前後賞】「連番」 【1等だけ】「連番」でも「バラ」でも確率は変わりません。 お好きな方を。 【1等または前後賞】「バラ」 実は「10枚1セット」単位の場合、「1等」または「1等の前後賞」に当たる確率は、「バラ」のほうが「連番」の2. 5倍と言う説があります。 意外に感じられるかもしれませんが、バラでは10枚の中に10通りの組を持つため、「1等」「1等の前後賞」を別々に狙う、という条件に限定すれば、当たる買い方になると言う訳です。 初めて宝くじ売り場へ。 さて、何と言えばいい? 初めて宝くじを購入する場合、売り場の窓口に行って何と言えばいいのか、伝え方を確認しておきましょう。 (例)「年末ジャンボを連番(もしくはバラ)で10枚(1セット)ください」 と言うだけです。 購入金額は1枚300円ですから、10枚で3,000円です。 (以下、同枚数であれば同金額) 少額からスタートしたい方には、お手頃な金額と言えるのではないでしょうか。 「バラ」でも10億円が狙える?30枚「縦バラ」に注目! 続いては、前述の「バラ」を進化させた、当たる買い方を紹介します。 通常「バラを30枚」購入した場合、「1等」と「1等の前後賞」の両方が当たる可能性はゼロに近いと言えます。 その理由は、30枚の「組」番号がすべて異なるからです。 しかし、「バラ」の考え方に沿いつつ、「1等+1等の前後賞」合わせて10億円(2016年「年末ジャンボ」の場合)を狙える、当たる買い方が最近注目されています。 それが、「縦バラ」(タテバラ)です。 売り場では「縦バラで30枚ください」と言います。 すると、 ・「バラ」でありながら ・「連番」が3枚ずつ、10セットの組み合わせ(3セットのクジ番号を縦に見ると連番) の、当たる買い方が可能になるのです。 下記は「縦バラ」の例です。 1セット単位で横に見ると「組」は異なっていますが、縦に視線を動かすと「3連番」になっています。 【短所】・30枚、9,000円以上が必要。 ・多くの売り場で購入できるが、対応していない売り場もあること。 当選番号の照合が楽しみになる「縦バラ」。 今、熱い注目が集まっています。 当たる確率をもう少しでも高めたい!連続番号に特化した「縦連」「ぶっ通し」 「縦連」とは?「連番」とはどのように違う? 宝くじには他にも当たる買い方があり、「縦連」(タテ連)もその一つです。 「縦連」とは、連番10枚と、その続き番号10枚以上を購入する方法です。 実は、「連番」を数口購入したいと申し出ると、2セット目(11枚目~)からは、「異なる組」で「連続した番号」の10枚が渡されます。 そこで、「縦連」の登場です。 売り場で「縦連」と指定すると、2セット目からも「同じ組」で「連続した番号」の宝くじを購入することができます。 30枚「縦連」(「30枚通し」とも言う)が、よく知られた当たる買い方です。 例 「縦連(通し)」30枚 1セット目: 80組 106320~80組 106329 2セット目: 80組 106330~80組 106339 3セット目: 80組 106340~80組 106349 【長所】「同じ組」かつ「連続した番号」に特化した当たる買い方で、「1等+1等の前後賞」の可能性が高まる。 【短所】・30枚、9,000円以上が必要。 購入予定の宝くじ売り場で「縦連」の設定があるか、要事前確認。 ・「年末ジャンボ」でも前後賞のない「ミニ」「プチ」には「縦連」の設定がない。 さて、「もう少し投資してもよい」と思われる方には、「縦連」の一つに「100枚ぶっ通し(100連)」と呼ばれる、10セット100枚の当たる買い方があります。 「縦連」の進化形「100枚ぶっ通し」とは? 「100枚ぶっ通し(100連・100枚通し)」とは、その名の通り、「同じ組」かつ「連続した番号」の宝くじを100枚購入する方法です(「縦連」を100枚購入と同義)。 過去に「何番か違いで1等を逃してしまった」経験のある方には、ぜひ考慮に入れていただきたい、当たる買い方と言えます。 (例)「100枚ぶっ通し」 「15組125700」~「15組125799」 「100枚ぶっ通し」の最大の利点は、最低限受け取れる当選金額です。 仮に「バラ」や「連番」で「年末ジャンボ」を100枚購入した場合、確実に当選する合計金額は10%の3,000円です。 しかし、「100枚ぶっ通し」で購入すれば、最低でも20%の6,000円が受け取れる計算になります。 購入時には必ずご確認ください) 【長所】・「1等+1等の前後賞」当選確率が高まる(連番のため)。 ・最低でも購入金額の20%、6,000円が当選金として手元に戻る。 【短所】100枚 30,000円の購入資金が必要。 ・「100枚ぶっ通し」を購入できる宝くじ売り場が限定される(販売枚数の多い売り場で購入するのが確実)。 悲しいかな、高額当選する確率より外れる確率が圧倒的に多いのが、宝くじの現実です。 ですから、最低限戻ってくる金額を高くして、買い続ける資金に充当し、いつかは高額当選を狙う戦略もあります。 大きな夢にもう少し金額を投じたい!購入資金に余裕がある方におすすめの当たる買い方 「縦バラ」「縦連」より当たる買い方?「特バラ」 「特バラ」とは、「縦バラ」「縦連(100枚ぶっ通し)」の性質を併せ持った、当たる買い方です。 上記2種同様、100枚で30,000円が必要です。 「特バラ」で購入すると、 組番号が1枚1枚異なり、「01組」から「100組」まで各組が1枚ずつ、 番号の下2桁も「00」 から「99」まで、1枚ずつ100種類がすべて入っています。 (例)100枚セット 01組 123400 02組 195601・・・100組 129199 【長所】「バラ」10セット100枚との違い・・・下2けた「00」から「99」までの100通り、番号が重なることなく、すべてを揃えることができる 「縦連(100枚ぶっ通し)」との違い・・・組番号が1枚1枚異なり、100通りあるので、当選番号を1枚1枚調べる楽しみがある 最低でも購入金額の20%、6,000円が当選金として手元に戻る(「100枚ぶっ通し」等と同様) 【短所】100枚 30,000円の購入資金が必要。 「特バラ」購入に対応した宝くじ売り場は限定される(販売枚数の多い売り場で購入するのが確実)。 10種類分の連番が楽しめる、当たる買い方「特連」 特連(とくれん)とは、連番に特化した当たる買い方ですが、「縦連(100枚ぶっ通し)」とは若干異なります。 ・「組」は「10種類」 ・下2けた番号は「00」から「99」まで揃った、10種類分の連番宝くじと言えます。 高額当選が期待できる当たる買い方。 「特バラ」との違い・・・組番号は10種類、しかし 「連番」のため「1等+1等の前後賞」の両方を狙える。 【短所】100枚分 30,000円の購入資金が必要。 「特連」購入に対応した宝くじ売り場は限定される(販売枚数の多い売り場で購入するのが確実)。 「特連」をさらに豪華に!グループで当たる買い方をするなら「特連スペシャル」 「特連スペシャル」とは、異なる組番号「特連」の特徴に加え、 番号の下3けたも「000」~「999」まで、すべてを網羅する当たる買い方です。 ただし、「特連スペシャル」を購入するには、1,000枚セットで300,000円が必要です。 「特連スペシャル」では、「01組~100組」すべての組、番号の下3桁「000~999」がすべて揃います。 例)「特連スペシャル」 10枚1セット目 01組 01組 156000~156009 10枚100セット目 100組 100組 156990~156999 【長所】・1,000枚購入で、高額当選の可能性が高まる。 ・組が「01組」~「100組」まで網羅されているため、どの宝くじにも高額当選の可能性がある安心感がある。 ・限られた売り場(大阪駅前第4ビル特設売場)でしか購入できない。 「特連スペシャル」は夢が大きい分、必要金額も300,000円と大きいので、何人かでグループ購入を行うことをお勧めします。 購入する時は、当選時の条件をグループ内で決めておくことも大切ですね。 また、「特連スペシャル」に挑戦したいけれど遠方で難しい、と言う方は、購入代行サービスも検討してみてはいかがでしょうか ここまで、宝くじ初心者から、経験者、グループまでいくつかの「当たる買い方」を紹介してきました。 自身で当選確率を上げるのは難しい、と思われがちな宝くじですが、さまざまな購入方法の中から、ご自身に合った「当たる買い方」を選んで挑戦してみてはいかがでしょうか。 最後に、これらはあくまで「当選確率を高める買い方」のご紹介です。 最後は運を天に任せましょう。 当たる買い方で高額当選を期待しつつ、ワクワクしながら抽選日をお待ちください。 当たる秘けつは?宝くじ高額当選者が実践する10の方法 目下、絶賛発売中の2016年「年末ジャンボ宝くじ」(以下、年末ジャンボ)の当選金額は、「1等」「1等の前後賞」合わせて10億円。 宝くじ史上最高の当選金額となれば、購入前から期待が大きく膨らみますね。 そこで、ふと考えました。 宝くじの高額当選を果たした方々は、購入から抽選日までの間や日々の生活で、何か特別なことを行っていたのでしょうか? そこで今回は、高額当選者が実践していた10の方法を厳選してお伝えします。 同じ宝くじ売場で買い続ける 高額当選者は、宝くじの「売り場」に強いこだわりを持っている方が多いようです。 あちこち浮気せず、「いつもの売り場」を大切にするのが、当選の秘けつなのかもしれません。 宝くじには一つの傾向があります。 それは「高額当選した売り場から、再び高額当選が出る」というものです。 これも、同じ売り場で買い続けることの大切さの現れと言えましょう。 高額当選者がよく出る「当たる」宝くじ売り場で買う 同じ売り場で買い続けることに加え、「よく当たる」と有名な売り場で購入することも、多くの高額当選者が実践していることです。 高額当選が頻出することで有名な宝くじ売場の代表格と言えば、東の「東京西銀座チャンスセンター」、西の「大阪駅前第4ビル特設売り場」ですね。 極論になりますが、宝くじを当てるための唯一の方法は、「より多くの枚数を買う」ことです。 「日本一当たる」と言われる売り場は、「日本一買われている」から、結果的に「日本一当たる」ことになるのです。 これを利用しない手はないですね。 雰囲気がよい宝くじ売り場で買う 日本では「笑う門には福来たる」(いつもにこやかに笑っている人の家には、自然に幸福がやって来る)と古くからよく言われています。 宝くじでも同様で、売り場の雰囲気がよく、その中でも笑顔であふれている販売員から買うことが大切です。 行列のできるような人気の売り場だとしても、無愛想な販売員からは間違っても買ってはいけません。 笑いには、さまざまな効用があると言われています。 あなた自身も、周囲の人が笑えること、楽しくなることを考えてみましょう。 「もし宝くじが当たったら何をしよう?何に使おう?」というワクワク感は、宝くじの醍醐味でもあります。 それを考えながら日々過ごすのもいいですね。 「当たる買い方」を考えて買う 「宝くじ公式サイト」では、毎年「宝くじ長者白書」を掲載しています。 これは、1年間に宝くじで1,000万円以上の当選金を受け取った高額当選者(数字選択式宝くじでの当選者を除く)を対象にアンケートを行い、回答をまとめたものです。 平成27年度の「宝くじ長者白書」(以下データはすべて同年度、回答者934人)によると、 「日ごろ、宝くじを何枚ぐらい買っているのか」の質問に対し、 購入枚数は、男性は「30枚」(138人・22. 7%)、女性は「10枚」(83人・25. 5%)が、それぞれ最も多くなっています。 その結果から、高額当選者と言えども、1回で購入する宝くじの枚数は10~30枚が一番多いこと、やみくもに大量購入するのではなく、当たる買い方を自身で考えて購入していることが分かります。 「当たる日」「自分にとって縁起のよい日」に買う 高額当選者には、宝くじを購入するのにふさわしい「当たる日」(開運日)がありますが、その日を逃さず購入した方も多いことが分かっています。 同時に、「自分にとって縁起の良い日に買う」という観点も見逃せません。 「自分に縁の深い数字の付く日に、縁の深い枚数を購入」した高額当選者、 「銀婚式となる結婚記念日に、長年連れ添った妻にプレゼントを贈りたい」と宝くじを100枚購入し、うち1枚が1億円当選、と言う高額当選者も実際におられるそうです。 結婚、出産や新築など人生の節目と言えるタイミングで、宝くじ購入にチャレンジしてみるのも一興ですね。 「売り場の方角」を考えて買う 宝くじを買う場所は、一般的に、自宅から西か南の方角に位置する宝くじ売り場が吉、と言われています。 風水では、西は金運アップ、南は発展運や直感力アップの方位とされているからです。 「宝くじ長者白書」でも、「購入の際にこだわったこと」(複数回答)として、「売り場の方角」と答えた方が39人(4. 2%)おられました。 一般的には西が金運アップの向きと言えますので、 1 窓口が西に向いている宝くじ売り場 2 自宅から見て、西の方角にある宝くじ売り場 を考えてみてはいかがでしょうか。 また、方位学には運気を高めてくれる「吉方位」(きちほうい・きっぽうい)があり、吉方に位置する売り場を調べて購入した方もおられます。 よいことがあった時に宝くじを買う 「宝くじ長者白書」によると、当選した宝くじを購入した際に、何らかのゲン担ぎをした高額当選者は76%と、高確率に上ります。 最も多かったのは意外とも言える、「よいことがあった時に購入」した方でした(128人、13. 7%)。 中には、懸賞で立て続けに当選を経験し、「今、宝くじを買うと大当たりするのでは」と感じ、発売中だった「ドリームジャンボ宝くじ」を購入したところ、そのうち1枚が1億円に当選、と言う方もおられました。 幸運が舞い込む予兆を見逃さないようにするのは難しいことかもしれませんが、運をつかむためには大切なことだと言えます。 金運を左右するトイレ、幸運が舞い込む玄関や窓、カーテンはきれいに保つ 「宝くじ長者白書」によると、宝くじを購入後、ゲン担ぎとして「トイレや部屋の掃除」に励まれた方は63人(6. 7%)。 堂々の上位にランクインしています。 特に重要なのは、トイレと玄関をきれいに保つことです。 日本の家相や風水では、「トイレは金運を左右するポイント」と言われているのをご存知ですか? 掃除以外に気をつけたいのは、トイレのフタを閉めることです。 常に水が溜められている水洗トイレは、便器の底に溜まった水からどんよりとした「気」が発生すると言われています。 ですから、トイレのフタを必ず閉め、トイレの「気」を清浄しましょう。 この行為が金運アップにつながります。 また、福の神は玄関からやって来ますので、玄関が汚いと、神様は家に入らずに帰ってしまいます。 幸運が舞い込む入り口である玄関や窓、カーテンをきれいに保つことも、幸運を呼び込むことにつながります。 購入した宝くじを丁寧に保管する 「宝くじ長者白書」によれば、高額当選者の「宝くじ券の保管場所」として最多だったのは「神棚・仏壇」(229人・24. 高額当選者の方々は、保管する際も決して雑には扱いません。 黄色の布で包み、神棚に供え、毎日お参りを欠かさないなどの工夫をされています。 毎日、神社に参拝に行くのは難しい方でも、自宅に神社と同じパワーを持つ「神棚」があれば、手軽にお参りすることができますね。 「継続は力なり」宝くじをコツコツと買い続ける 原点に戻るようですが、「10の方法」の最後に、高額当選を果たした方の多くは、「宝くじが大好きで、長年宝くじを買い続けている」方であることをお伝えしておきます。 「宝くじ長者白書」によれば、高額当選者の宝くじ購入歴は「10年以上」との回答が618人(66. 宝くじは「一攫千金」と言われますが、「いつか必ず当選する」と思いながら、自分なりの習慣を続けることが、高額当選への近道なのかもしれません。 2016年「年末ジャンボ」の販売期間は12月23日(金・祝)までです。 宝くじを購入された方は、幸運を呼び込めるよう、身の回りを少しずつきれいにしながら、いつかやってくるかもしれない高額当選の日に備えてワクワクしながら待ちましょう。

次の

宝くじが当たる方法は3つ!当たる人の買い方・風水・保管場所

宝くじ 当たり やすい 買い方

もくじ• 年末ジャンボの当たりやすい買い方のコツ! 年末ジャンボには当たりやすい買い方のコツがあります。 年末ジャンボを機会に、初めて宝くじを購入してみようかなと思う人は結構多いと思います。 でも、初めてだと「いつ」「どこで」「どのように」「何を」買えばいいのか、買い方がわからないですよね。 でも、年末ジャンボ宝くじを購入することは簡単で特に難しいことはありません。 まず、年末ジャンボ宝くじを購入するには、その発売日を知っておかなくてはいけません。 販売期間は毎年少しだけズレますが、だいたいは11月下旬~12月下旬まで行われていて、TVなどでもCMがかなり多くされると思います。 スポンサードリンク 年末ジャンボの売り場 年末ジャンボ宝くじが購入できる場所は、町の中にある全国の宝くじ売り場です。 あなたの街のスーパーに併設されていたり、駅構内にあったり、お店が構えられていたりなど様々ですが、少し調べればいくらでも出てきます。 例えばこういったお店を見たことはないですか? 全国の宝くじ売り場は、宝くじ公式サイトからも検索ができます。 位置情報を利用して現在地から近くのすることができます。 ここを利用して、あなたが購入したい宝くじ売り場や営業時間をチェックしておきましょう。 年末ジャンボとミニとプチの違い 年末ジャンボ宝くじは年末に発売される宝くじですが、この他にも「年末ジャンボミニ」「年末ジャンボプチ」と合わせて3種類の宝くじが同時発売されます。 *2019年は年末ジャンボプチの発売はありません。 どれも「年末ジャンボ」という名前がついているので、どれを買えばいいのかわかりにくいですよね。 それぞれの特徴を簡単にいうと、• 年末ジャンボ宝くじは1等〇億円という賞金がゲットできるが当選確率が非常に低い。 年末ジャンボミニは1等賞金〇千万ほどだが、当選確率が年末ジャンボに比べて高い。 年末ジャンボプチは1等賞金1千万前後だが、当選確率がかなり高い。 このような特徴を持っています。 賞金額なのか?当選確率なのか? どちらを重視するかで選ぶ種類が変わってきますが、毎年少しずつ変化しているので、今年の傾向はどうなっているのか知りたい方はこちらも読んでみてください。 スポンサードリンク 年末ジャンボの買い方:連番 年末ジャンボの 「バラ」「連番」がいったい何のことだかよくわからないという人もいると思いますが、バラや連番というのは宝くじの買い方の話です。 まず、年末ジャンボ宝くじの購入ですが、こちらは1枚からでも購入ができます。 年末ジャンボ宝くじを購入すると、このような券が渡され、 ここに書かれている組数と番号が、見事抽選番号と一致すれば当選するといった流れですね。 ただ、1枚で購入する人はそれほど多くなく、10枚単位で購入する人が多いので、そこでその10枚の構成を「連番」と「バラ」というようにセットにすることで販売をしやすくしたわけです。 連番というのは、組数が同じで番号がひと続きの10枚を購入するものです。 実際には、例えば 43組181440 43組181441 43組181442 43組181443 43組181444 43組181445 43組181446 43組181447 43組181448 43組181449 というように、下一桁が0~9で続きとなっている10枚組が連番です。 ですので、1口の値段が300円だから連番で購入すると3000円になります。 普通、宝くじ売り場で「連番ください」というと、この10枚1セット3000円分が袋入りで販売されるでしょう。 ただ、「連番で3枚ください」と言って買うこともできます。 しかし「連番」というのは、一般的にひと続きの10枚1組のセットのことを指します。 下一桁は0~9まで揃っているので、 必ず末等の300円が当たる仕組みです。 連番のメリットとデメリット この連番にはメリットとデメリットがあります。 まずメリットは、1等と前後賞が同時に当選する可能性があります。 年末ジャンボや年末ジャンボミニは1等と1等前後賞があるのですが、何のことなのか少し説明しますね。 1等前後賞とは 1等前後賞とは、例えば、この宝くじが1等に当選しているとします。 「198組 168096」の宝くじです。 1等前後賞というのは「組が同じで、下一桁の数字がその前後の番号の宝くじ」という事なんですね。 つまり、この場合でいうと• 198組 168095• 198組 168097 この2枚になりますね。 もし、この3枚がすべてあなたの手の中にあれば、1等とその前後賞すべて手にすることができるわけです。 連番の場合、組は同じで下一桁が続き数字なので1等が当たれば前後賞に当たる可能性もかなり高くなります。 バラでは1等と前後賞を同時に狙うことはできません。 一方のデメリットは、すぐにハズレかどうかわかってしまい面白みに欠けること。 最初の一枚をパッと見て、それが続きの番号になっているのだから連番だとすぐに当たりかハズレかわかってしまいますよね。 スポンサードリンク 年末ジャンボの買い方:バラ 年末ジャンボのバラとは、こちらも一般的には10枚1組で値段が3000円のセットを言います。 宝くじ売り場で「年末ジャンボバラでください」と言うと、このような袋に入って10枚1組で出てくると思います。 こちらももちろん「バラで5枚ください」などの買い方もできますが、一般的には10枚1組です。 このバラというのは連番とは違い、組も番号もバラバラです。 例えば、 43組163870 99組154001 21組196382 105組174693 02組156214 76組100355 198組129566 11組130937 69組141428 30組186349 などというように、統一性のない10枚ですね。 しかし下一桁の番号は0~9が各一枚ずつ入っており、 必ず末等の300円が当たる仕組みです。 ですので、10枚1組の連番やバラを購入すれば3000円分ですが、必ず300円が当たるようになっているのです。 年末ジャンボのバラのメリットとデメリット 年末ジャンボのバラのメリットは、連番とは違い番号を一つずつ確かめる楽しみが増えます。 すべてバラバラなので、一個一個調べる必要があるため、宝くじ初心者にも楽しめやすいです。 また年末ジャンボの場合、連番よりもバラの方が 1等、もしくは前後賞に当たる確率が2. 5倍になります。 デメリットは、1等と前後賞が同時に当たることが無いことです。 ですので、• 大きく1等も前後賞も当てたい!というのであれば「連番」で。 1等でも前後賞でもどっちでもいいから、とにかく「億」という金額を手にしたい!というのであれば「バラ」で。 このような感覚で購入するといいんじゃないでしょうか。 スポンサードリンク 年末ジャンボの買い方:3連バラ(縦バラ) 初めての年末ジャンボ宝くじの買い方では、連番やバラだけ知っていれば十分だと思います。 ただ、宝くじの買い方には応用を利かした他の買い方もあり、より高い確率で当てようと試行錯誤された買い方があります。 その中の内の一つが 3連バラ(縦バラ)と呼ばれるもので、バラの3セットが1組になったものを言います。 しかし、ただのバラの3セットではなくて、各セットで組が同じで3つ連続の番号が連なっているセットなんです。 わかりやすくどのようなものか表にしてみました。 1セットで見るとバラバラですが、3セット合わせるとセットの隣で番号が連続しています。 バラのデメリットの部分を少し補ったのが3連バラなんです。 福バラ100とは、バラ10枚の100セットです。 10枚組のバラは下1桁0~9でしたが、福バラ100は下2桁00~99まであり組は100種類あります。 こちらも福連100と同じく末等の300円の当たりが必ず10枚あり、下2桁で当選が決まる等級の3,000円も必ず1枚当たるので、計6,000円は必ず当たります。 ただし福連100のように1等と前後賞は同時に狙えません。 下2桁が00~99番と続いていますが、組が全て違うので同時当選は無理ですね。 3連バラや福連100、福バラ100の買い方について これらは少し特殊な買い方で、2018年のサマージャンボ宝くじから正式に宝くじの買い方として登場しました。 それまでは、3連バラは「縦バラ」、福連100は「特連」、福バラ100は「特バラ」という形で、大きな宝くじ売り場でしか対応していませんでした。 これからはジャンボ宝くじなどの時は、この3つの買い方が全国的に買えるようになります(*扱っていない店舗もあります。 ) また、ジャンボだけでミニには対応していない店舗は多くあるので、購入する店舗で確認してください。 スポンサードリンク 年末ジャンボが当たりやすい買い方とは? 年末ジャンボが当たりやすい買い方では、1等もしくは前後賞という「〇億円の的中」という事に限れば、連番よりもバラで購入するほうが確率は高いです。 ある程度購入をするつもりであれば、福連100や福バラ100で6000円確定させると 2割は必ず返ってくるという事もあっていいかもしれません。 当然、お金をかけてたくさん購入すればするほど当たりやすいわけですが、ただ、100万円分購入してもそんな簡単には当たらないです。 017%しか当選確率がありません。 あまり無理してたくさん購入してもショックが大きくなるだけなので、年末ジャンボで買いすぎることだけはやめましょう。 年末ジャンボが当たりやすい買い方は売り場! そして、年末ジャンボが当たりやすい買い方で絶対に覚えておきたいのは、• 常にお客さんが買っている売り場• 高額当選がたくさん出ている有名な売り場 コチラで買うことをオススメします。 これはオカルトでもなんでもなくて、当たりやすい買い方のテクニックの一つです。 説明すると、年末ジャンボ宝くじというのは1ユニット2000万枚で構成されています。 この1ユニットの中に、1等が1枚入っているのです。 たとえば2018年で言えば、発売総数は24ユニットで24枚しか1等はありません。 でも全国に売り場は何百とあるため、1等が入っていない店の方が圧倒的に多いワケです。 そこで比較したいのが、• 宝くじがメチャメチャ売れる宝くじ売り場• 全然人気のない売り場 この2つを比較すると、当然売れる人気の宝くじ売り場の方が分母が大きくなり、必然的に1等の当たりクジが存在する確率が高くなります。 当たりクジのない売り場で何百万円分購入しようが当たるわけがないという事です。 もちろん、そういう店にも1等が存在する可能性はありますが、それは誰にもわからないので、最初から人気店で購入するほうが 1等が入っている可能性が高いのではないか? そういった考えがあるので、人気店で購入するほうがいいのです。 現に大当たりがたくさん出ている店は、相乗効果でたくさんの人が購入しに来るので、また高額当選が出るという好循環が生まれています。 ですので、できれば人気店で購入するようにしましょう。 縁起の良いことを試してみる買い方 縁起の良いことを試してみる買い方や保管方法などが、当たりやすい方法としてよく情報で入ってきますよね。 宝くじ売り場でも「今日は大安吉日!」みたいなPOPが貼ってあったりして、縁起の良い日だから買ってみてはどうですか?と促してくるわけです。 このあたりは信じるか信じないかですが、たとえば、• 大安や一粒万倍日、天赦日などの縁起の良い日に買う。 自分の家よりも西側にある宝くじ売り場で買う。 高額当選する夢を見た。 黄色い財布に保管する。 良いことが続いたので買ってみる などなど、宝くじ高額当選者がやったことを真似ることで自分も当たりそうだと思っちゃいますよね。 あとがき 年末ジャンボの買い方のコツや、初めての人のための連番やバラについてのメリットデメリット。 そして3連バラや福連100、福バラ100なども含めてまとめてみました。 いろいろと言いましたが、初めて年末ジャンボを購入する人はあまり難しく考えすぎず、連番かバラで購入するのが良いと思います。 もちろん枚数は自由なので1枚からでもいいですが、10枚1組だと必ず300円は当たるので、払い戻しなどもどうするのかが経験できます。 年末ジャンボの買い方のコツは、とにかく自分が楽しめるような余裕のある買い方をしてくださいね。 1等を当てたいなら西銀座チャンスセンターが人気! 宝くじと聞くと真っ先に思い浮かぶ 「ジャンボ宝くじ」 そんな宝くじで毎回高額当選がでて、常にニュースなどでも話題に上るのが 西銀座チャンスセンター ここで購入されている方も多いのではないでしょうか。 でも、西銀座チャンスセンターで購入してみたいけど、いろんな理由で購入できない人もたくさんいると思います。 例えば、• 大安とかの日に買いたいけど時間が合わない。 東京が遠すぎて、地方に住む自分には関係ない事だと思っていた。 並んで買う気にならないからあきらめていた。 こういう人って多いと思うんですよね。 でも、こんな 面倒なことをあなたの代わりに全部引き受けてくれる 「宝くじ購入代行サービス」というものがあります。 もし「西銀座チャンスセンター」で一攫千金を狙ってみたかったけど、いろんな理由で断念していた人はこちらのページをぜひご覧になって下さい。

次の

成功率100%!宝くじが確実に当せんする買い方のコツ

宝くじ 当たり やすい 買い方

「一度でいいから、宝くじに当たってみたい!」「宝くじの当選確率って何パーセントくらいなんだろう?」このように感じたことはありませんか?誰しも一度でいいから宝くじにあたってみたい…そう思うのは自然なことです。 では、宝くじの当選確率は一体どれくらいなのでしょうか?今回は、スクラッチの当選確率、宝くじの当選確率の計算、宝くじが当たる売り場、当選確率が高い買い方なども合わせて解説していきます。 宝くじの当選確率って何%? 宝くじは、毎年当選金や本数が変動します。 2018年の年末ジャンボ宝くじの1等当選確率は、なんと2000万分の1! パーセンテージに直すと、0. 000005%なのです。 隕石に当たる確率や、交通事故にあって死ぬ確率よりも圧倒的に高いということになります。 (ちなみに、前者の場合2万分の1の確率、後者の場合は1万分の1くらいの確率です) つまり、よほど強運でなければ1等を取るのは難しいということです。 大量の宝くじを購入したとしても、当たる確率はかなり低いので、運次第といったところですね。 【宝くじ】スクラッチの当選確率 では、スクラッチの宝くじの場合、当選確率はどれくらいなのでしょうか? スクラッチは、販売所や都道府県によって当選確率が異なってきます。 1等の本数、当選金額、スクラッチの種類などが異なってくるので、ものすごく当選確率が低いときや逆に当選確率が高いということは結構あります。 当選金が1000万円のスクラッチの場合は、100万分の1の確率です。 宝くじと比べると、スクラッチの方が当たりやすい気もしますが、地域によって当選確率などは異なってくるのでそう簡単に当たるとは限らないみたいですね。 宝くじの当選確率の計算方法 では、宝くじの当選確率はどのような計算方法で行われているのでしょうか?詳しく解説していきます。 この「ユニット」とは、簡単に説明すると「宝くじのセット」のようなものです。 宝くじは、3桁の「組」と6桁の「番号」で構成されています。 組は001~200まで、番号は100000~199999まで割り振られており、これらを総称して「1組」とくくります。 1組あたり10万枚セットされており、なおかつ「組」は全部で200あるので、それをさらにくくって1ユニット数と呼びます。 要は1ユニット=2000万枚ということです。 000115%」になります。 宝くじの種類によって、当選確率は異なってきますので、興味のある方は上記の計算方法を用いて試してみてください。 宝くじが当たる人の特徴とは? では、宝くじが当たる人とはそもそもどんな人なのでしょうか? ここではその特徴をご紹介していきます。 ・財布を定期的にきれいにしている 宝くじが当たる人で共通しているのが、「財布を定期的にきれいにしている」ところです。 レシートや小銭を無駄に溜め込まず、さっとお金が出せるような財布にしているため、宝くじが当たりやすいのだとか。 昔から財布の中に無駄なものを入れることを「貧乏財布」と呼びます。 整理整頓しない財布を持っている人には、金運がアップせず、いつまでも無駄にお金を浪費してしまいがちです。 宝くじに当たりたいと思うなら、一度財布をきれいにしてみるのもいいですね。 ・身の回りを整理整頓している 自分の部屋やデスクの中、キッチンやリビングなどを定期的に掃除している人は宝くじに当たりやすいという特徴があります。 身の回りを整理整頓することで、金運をアップさせることができ、宝くじに当選するといったラッキーな出来事に遭遇しやすくなるのです。 ・宝くじを丁寧に保管している 宝くじが当たる人で共通しているのが、購入した宝くじを丁寧に保管している点です。 その辺にぽいっと捨てず、きちんと引き出しの中にしまったり、中には布で丁寧に保管しているといった人もいます。 モノを丁寧に扱う人には、いいことが起こりやすいと言われています。 宝くじに当たるのも納得ですね。 ・ゲン担ぎしている 宝くじが当たる人の多くは、ゲン担ぎをしているという特徴があります。 「今日はいい夢を見たから、宝くじ当たるかもしれない」 「いいことをして何だか気分がいい。 ついでに宝くじも買っておこう」 「夢の中にご先祖様が出てきて何か話してた。 もしかしたら宝くじとか買ったほうがいいかな?」 このように神頼みではなく、「いいことがあった=宝くじ当たるかもしれない」というポジティブシンキングで宝くじを購入し、当たったという人もいます。 ゲン担ぎというと何だか胡散臭く感じますが、実際にそれで宝くじを当てている人もいるのであながち嘘ではないみたいですね。 ・基本的に無欲 宝くじが当たる人で総じて共通するのが、「無欲」というところです。 お金に関しては特に執着もなく、欲自体がほとんどない人が当たりやすいと言われています。 昔から、欲の強い人よりも無欲の人の方がいいことが起こりやすいと言われています。 そう考えたらすごいですね。 では、宝くじが当たる人は基本的にどこの売り場で宝くじを購入しているのでしょうか? また、宝くじが当たる場所は一体どこなのでしょうか? 宝くじが当たる場所とは? 宝くじが当たる人は、場所を選んで購入しています。 その場所とは、いつも宝くじを購入している売り場です。 駅の近くや商店街、いつも仕事やプライベートで行くときについでにそこで購入して当選している人は多いです。 宝くじに当選する人の多くが、同じ宝くじ売り場で買っているという統計も出ています。 ですので宝くじが当たる場所=いつも宝くじを購入している売り場と思っていいでしょう。 宝くじが当たる売り場はどこ? ただ、中には「田舎だから、そもそも宝くじ売り場がない」「基本的には車通勤だから、駅前によらない」という人もいるでしょう。 ここでは、そんな人達のために宝くじが当たる売り場について解説していきます。 関東で一番宝くじが当たりやすいと言われており、毎年多くの人が宝くじを求めて買いに来る有名スポットでもあります。 金運上昇のパワースポットも近くにあるため、宝くじを当てたい人はそちらとセットで行ってみるのもいいですね。 あの有名なハチ公口の近くにある宝くじ売り場です。 こちらの売り場で宝くじを購入し、実際に当選したという人はいます。 先程ご紹介した宝くじ売り場と比べると、やや規模は小さいですが、それでも高額当選の実績を叩き出している、いわゆる「宝くじが当たる売り場」なのです。 旅行や買い物がてらに購入していく人も多いので、興味のある方はぜひ購入してみてくださいね。 名古屋地区の中でも圧倒的に「当たる」と評判の宝くじ売り場です。 過去には、1等5億円の宝くじが当選したという実績もあります。 名鉄百貨店本館の方にありますので、お買い物ついでに購入してみてはいかがでしょうか? 宝くじで当たる気がすると思ったら、買ったほうがいい? 普通に生活をしているときに、「あ、今日なんか宝くじに当たる気がする」と思うことってありませんか? 買ったらいいか迷ってしまい、結果として買わない…という人も多いかと思います。 宝くじで当たる気がする…というのは、一種の直感です。 その直感が強いほど、宝くじに当たる確率が高くなるというデータもあります。 実際に、「宝くじで当たる気がする」という直感に従って宝くじを購入し、見事当選したという人もいます。 運試しで購入してみてはいかがでしょうか? では、宝くじにより確実に当たるにはどういった方法を取ればいいのでしょうか? 詳しく解説していきます。 宝くじに当たる方法とは? 宝くじで当たる方法と言うと、「風水やおまじないを使って宝くじを当てれるようにする」といった記事を多く見かけます。 しかし、風水やおまじないはあくまでおまけ程度です。 そのまま真面目にやっても当たる確率は変わらないので、より効果的に宝くじを当てれるよう行動する必要があります。 その方法は、以下の通りです。 1.10年以上宝くじを購入し続ける 2.枚数は30枚以下で買う(大量に買っても意味がないため) 上記は、実際に宝くじで高額当選した人たちがやっていた方法です。 まず、宝くじで当たりたいなら「すぐに当たるかもしれない」という希望を捨てましょう。 当選確率自体が2000万分の1なので、よほど強運でない限りすぐに当選するといったことはありません。 期待を抱いて宝くじを何百枚も購入しても、全部外れてしまったらお金と時間の労力の無駄になってしまいます。 そういったことを防ぐためにも、10年以上宝くじを購入し続けましょう。 今すぐではなくとも、10年以上購入し続けることで、はじめて宝くじを買う人より34倍の確率で当選しやすくなります。 ぜひ試してみてくださいね。 また、宝くじを購入する際は30枚以下におさえるようにしましょう。 100枚、200枚と買っても当選確率は低いですし、何よりお金の無駄になってしまいます。 お金も労力も無駄になってしまいますので、宝くじを購入する場合は30枚以下におさえましょう。 こうすることで、金銭的リスクも低くすることができます。 その他、宝くじに当たる方法は以下の通りです。 ・宝くじをきちんと保管する ・金運アップの神社を巡る ・宝くじが当たる日をチョイスして購入する 先程もご紹介しましたが、宝くじに当たりたいなら、購入した宝くじは捨てずに仏壇や机の引き出し、アルバム、箱の中など誰にも見られない場所に丁寧に保管をしておきましょう。 宝くじを丁寧に保管することで、当たる確率を高くできます。 乱雑に扱ってしまうと、金運も低下してしまうので注意してくださいね。 あとは、ゲン担ぎをして宝くじが当たる日をチョイスして購入する、金運アップの神社を巡り直感が働いたときに購入してみるのもいいでしょう。 宝くじに当たる方法は、色々とあります。 自分がやりやすいと思った方法を試してみるといいでしょう。 さて、先程「宝くじが当たる日をチョイスして購入する」と書きましたが、そもそも宝くじが当たる日っていつなのでしょうか? 宝くじが当たる日っていつ? 「宝くじが当たる日について知りたい!」 「何が何でも宝くじに当たりたい!」 このように考えている人もいるでしょう。 ここでは、そんな人向けに宝くじが当たると言われている日について解説していきます。 一般的に、宝くじが当たりやすいと言われている日は「一粒万倍日」「天赦日」です。 「そんな言葉聞いたことがない」という人向けに簡単に説明すると「一年の中で最高の開運日」です。 つまり、一粒万倍日か天赦日を狙って宝くじを購入すれば、当たる確率もかなり高くなるということです。 ですので、より確実に宝くじに当たりたいなら、一粒万倍日か天赦日を狙ってみるといいでしょう。 ただし、宝くじが当たる日だからと無理して気張る必要はありません。 「その日に買えたらいいな」レベルでいいのです。 宝くじに当たる日だからといって、無理をしたり、他人からお金を借りてまで宝くじを買おうとした場合逆に運気が下がってしまうこともあります。 気張らずに、ゲーム感覚で宝くじを購入しましょう。 それでは、当選確率の高い宝くじはどうやって購入すればいいのでしょうか? 当選確率が高い宝くじの買い方 基本的に、宝くじを買う場合、「バラ」か「連番」と呼ばれる買い方があります。 それぞれの意味を見ていきましょう。 ・バラ バラとは、組や番号関係なくランダムで選ばれた10枚を一括で買うことです。 連番と違ってバラバラなので、一つ一つの番号を確認出来るのが醍醐味です。 ただ、その分前後賞になる確率は低めなのが特徴的です。 ・連番 連番とは、同じ組・番号が連続しており、それらを10枚1口で買うことです。 連続した宝くじなので、前後賞になる可能性もありますが、その分希望した当選金額には当選しづらいといったデメリットもあります。 では、当選確率の高い宝くじを買うなら、どちらの買い方がいいのでしょうか? 結論から言うと…どちらも当選確率は一緒です。 ただ、連番の場合前後賞で当たる可能性がバラより高いのが特徴的です。 堅実に当選金を狙うなら、連番で購入したほうがいいですね。 余談:宝くじが当たる夢は予知夢? よく「宝くじが当たる夢を見たけど、もしかしたら予知夢?」という声をちらほら聞きます。 宝くじを購入する前にこのような夢を見たりすると、大抵の人は予知夢だと思いますよね。 しかし、宝くじが当たる夢は良い夢とはいえません。 一見縁起の良さそうな夢に見えますが、このような夢は「逆夢」と呼ばれているため、現実では何かしら悪いことが起きやすいことを暗示しています。 残念ながら予知夢ではないみたいですね。 もし宝くじを当てる夢を見たら、慎重に行動していきましょう。 逆に、「白蛇が夢の中に出てきた」「ご先祖様が夢の中に出てきた」「自宅が火事になった」という夢の場合は宝くじが当たりやすいと言われています。 白蛇は、存在自体が珍しいため、夢占いの世界において吉兆の動物として扱われています。 ご先祖様が出てくる夢は、「なにかいいことを告知してくれる」という意味を持っています。 埋蔵金を掘り当てる、身近で何か嬉しいことが起きる・宝くじに当たるといったラッキーなことが起こりやすくなると言われています。 その他、自宅が火事になった・糞に関する夢も宝くじが当たる夢と言われています。 上記の夢は、夢占いにおいて「いいことが起きる前兆」という意味を持っています。 このような夢を見たら、宝くじに当たる可能性が高いと思っていいでしょう。 宝くじが当たる前兆の夢は、他にもまだまだあります。 ・宝くじ売り場の夢 ・宝くじが火事で燃える夢 ・宝くじを忘れる夢 などなど…。 宝くじが当たる前に、このような夢を見たら一度運試しで宝くじを購入してみてはいかがでしょうか? 最後に 今回は、宝くじの当選確率について解説していきました。 交通事故で死亡する確率よりも高いので、よほどの強運がなければ当選することはないです。 宝くじよりもスクラッチの方が、当選確率的には低いですが地域によって本数や当選金は異なってくるのでどっちつかずです。 どうしても宝くじを当てたいという場合は、高額当選者達が実践していたことを試してみるといいでしょう。 「身の回りを綺麗にする」「購入した宝くじを大事に保管する」「直感がはたらいたときに購入する」「毎日同じ宝くじ売り場で購入する(もし近くにない場合は、当たりやすいと評判の売り場で購入する)」「宝くじが当たる日を狙って購入する」などなど…。 ただ、これらすべてをやったとしても宝くじに確実に当たる…というわけではありません。 「当たったらいいな」」ぐらいの軽い気持ちで宝くじを購入してみるといいでしょう。

次の