ポツン と 一軒家 福井。 福井県大野市下打波の切り立った山の中に建つポツンと一軒家の場所はどこ?

ポツンと一軒家:人気の理由は「予定不調和」 NHK大河、「イッテQ!」の日曜夜8時に“風穴”

ポツン と 一軒家 福井

7月7日「ポツンと一軒家」で紹介されるのは福井県大野市の一軒家。 巨大な落石が転がる険しい山道の先に目的の家が存在してるんだそう。 衛星写真では民家のすぐそばに道が確認できるので簡単そうですが 最寄りの集落から7kmの山道はいつものように危険がいっぱいとか。 大野市の観光ガイドを見ると豊富な観光資源があり魅力ある街ですね。 公式ホームページ 場所はどこ? 今回の一軒家は大野市の下打波という地域にあり南には谷山川が流れ 半径数キロ圏内には見渡す限り民家らしきものはなくポツンと感満載。 一軒家まではクネクネとした細い道が続いていて車で行けそうですが 近年の豪雨などの影響で倒木や落石でかなりワイルドな道のようです。 人が滅多に入らず手付かずの自然が残されてて空気が美味しそうです。 清流が道路沿いにあるらしく渓流釣りファンには堪らない場所ですね。 意外な植物栽培? 山奥に暮らすには理由があるはずですが住人の職業が気になります。 家と土地はそれほど大きくありませんがここ何かの植物を栽培とか。 予告編で意外なものとあったので希少な植物でも栽培中でしょうか? これまで登場したパターンでは長崎県の花卉栽培農家がありました。 榊(さかき)柴(しば)樒(しきみ)などを栽培している農家さん? あるはロケーション的にワサビ農家の可能性もありそうな予感です。 まとめ 番組視聴率はこのところ安定期に入りさらに上昇傾向のようですね。 ゲストの真野さんも番組を見ててマイホームを持ちたくなったとか。 どこにマイホームを持つかが問題ですが一軒家は魅力的のようです。 ここで生活をしながら という で使われる薬草を栽培しているそうです。 代々繋いでいきたい黄連畑。 お孫さんは興味があるようで少し安心した様子でした。 大きな家は「出作り」と呼ばれる山作業用の小屋なんだそう。 6ヘクタールの土地で栽培するのは漢方薬の黄連という植物で 根っこをキレイにしてから各製薬会社に納品してるんだとか。 孫が家業を継ぎたいと意欲的でしたが収入的には厳しいそう。 美しい黄連畑がこれからも代々受け継がれてほしいものです。

次の

「ポツンと一軒家」出ます

ポツン と 一軒家 福井

衛星写真を拡大すると見えてくる、 山奥にポツンと建つ一軒家に スポットを当てる番組。 東部の山中に2棟 道路も確認できる 衛星写真で見つけた福井県の ポツンと一軒家を目指し 7km離れた集落から捜索開始。 まずは情報を得るため 地元の人を探してみると、 正面に歩いている 男性。 ポツンと一軒家で来ている事を その男性に話すと 男性から、 ここまで? またよくこんな場所へ よく観てますよと返答が。 男性に衛星写真を見て貰うと、 7㎞離れた先の ポツンと一軒家 を知っていた。 詳しい事はわからないが、 ポツンと一軒家には カトウさんという方が 住んでいるらしい。 そこに行くには、険しい山道があり、 崩れやすい所があるという。 捜索再開し、教えて貰った 通りに進むと道が狭くなる。 落石なのか石が多く転がっていて、 男性の言う通りだった。 そして大きな石を2人で20㎝程 移動させた。 川沿いにのびる渓谷の細い山道 の先を進んで行く。 クネクネした山道を進み 家に到着。 小高い山の中腹に、森を切り拓いた 広い土地に赤い屋根の大きな一軒家。 青い屋根の小さな建物が建っていた。 Sponsored Links 訪ねようとすると、家の中から 音楽が聞こえる。 それは、小さい建物のひさしに スピーカーが取り付けられていて、 誰もいない外に向けて クラシック音楽が流れている。 すると後ろから軽トラックで 誰かがやって来た。 タイミング良く帰って来られたのは、 ポツンと一軒家の 主である カトウヨシアキさん70歳で この番組の事も知っていた。 今まで山の上で すす竹という タケノコを採っていたそうだ。 流れて来た音楽は、 寂しさしのぎと獣除けで ラジオを流したりしていた。 冬場、雪深い地域などに昔からある 出作りと呼ばれる生活形態があり、 山で農業や林業を行う人は 麓の家とは別に山にも家を持ち、 夏から秋にかけて山の出作り小屋に 住んで仕事に励んでいたそうです。 麓の町で 長男家族と暮らす 加藤さんは、 今も100年以上前に 祖父が建てた 出作り用の家に山仕事の時期になると 住んで代々受け継いだ家業を守っている。 元々、県の職員として働いていた カトウさんが家業の胃腸薬などに 配合される生薬の一種、 黄連の栽培を 57歳の時 父親から継承。 同時に山での出作り小屋も引き継いでいた。 Sponsored Links 出作り小屋の中は、 薪ストーブがあり、 昔は囲炉裏だったそうだが、 床が酷くなり、断熱材を入れて、 サッシも取り替えてあった。 以前、県が運営する地元の 発電所で電気設備のメンテナンスを 行う部署だった カトウさんは30年前、 知り合いから廃棄バッテリーを50個 貰って自作した太陽光発電の 蓄電装置を作る。 今も電気は通っていないが、 外にある沢山のソーラーパネルで 照明も家電製品も使用可能。 黄連栽培の場所は1㎞離れた畑で、 たまに熊にあう事も…。 そのため、熊除けの鈴をつけた 籠を腰に巻いて行く。 約40haの山を 親戚と共同所有している カトウさんは、そのうちの6haで 栽培している。 収穫した黄連の根は2、3日 天日乾燥させた後、 ひげ根を焼く「毛焼き」作業を行い、 毛焼きした根を研磨し、天日乾燥させ、 製薬会社などに出荷されている。 毎日山に登って黄連を育て、 自分の世話もしてくれた 両親のためにも仕事を 早期退職して跡を継いだ。 だが黄連の1㎏の販売価格は、 2,018年時、13,000円。 安い中国産の輸入で価格が暴落、 家族を養う収入を得るのは困難。 心配していた後継者問題、 この先どうなるかはわからないが、 孫がやる気で少しホッとしている。 Sponsored Links.

次の

【ポツンと一軒家】岩手県の番組初谷間の家!福井県家業の植物栽培

ポツン と 一軒家 福井

レギュラー初回は2時間半スペシャル(18:30 - 19:00・19:00 - 20:54)を放送。 『 ポツンと一軒家』(ポツンといっけんや)は、(ABCテレビ) の制作で、でから毎週の19時58分 - 20時56分()に放送されているである。 通称「 ポツン」または「 ポツンと」。 概要 [ ] から同年まで同じ日曜20時台で放送されていた『』の一企画扱いであったものを派生した番組であり 、同番組終了後の2017年10月22日から2018年8月19日まで不定期特番として放送された後、2018年10月7日よりレギュラー化することが決定した。 日本各地の離れた場所に存在する一軒家に暮らしている人物がどのような理由で暮らしているのかについて、のみを手がかりにした上でその場所に行き、地元の情報に基づいてその一軒家を調査するという内容である。 年1〜2回は過去に番組で訪れた一軒家のその後を取材したものを放送。 2020年5月24日以降はの影響で新しい一軒家を取材することが困難なため、「あの家は今?」と題し、過去に訪れた一軒家のでの影響などを番組スタッフがリモートで取材したものを放送している。 番組の流れ [ ] 予告映像とナレーションベースで『日本全国大捜索 ポツンと一軒家』とタイトルコールした後、スタジオの映像となり、MCの所が「全国『ポッツン』ファンの皆さまおまたせをいたしました『ポツンと一軒家』のお時間でございます」などと挨拶し、2名のゲストにポツンと一軒家についてどう思うかを問い掛ける。 そして所が「それでは見ていきましょうか」などと語り掛けると、パネリストの林がの映像を紹介する。 対象の一軒家が所在する都道府県の全景からズームインし、最大拡大率にてポツンと一軒家の画像をアップにし、そこから読み取れる情報を林が解説した後、4人でどんな家なのかの推測を話し合った後、VTRが始まる。 Google Earthの映像が対象のポツンと一軒家からその近くにある集落へと移り、「〇〇県のポツンと一軒家を目指し、最寄りの集落から捜索開始」とナレーションされた後、その集落にスタッフの運転する車が到着するところからVTRが始まる。 地域住民に話を聴いて、場所や住人について情報収集し、目的地へと近づいていく。 地域住民の厚意により直接先導して案内してくれることもある。 場合によっては、目的地では無い家・住人にクローズアップすることもある(聴き込みの過程で訪れたポツンと一軒家ではない家あるいは目的地を誤って到着した別のポツンと一軒家)。 紆余曲折を経て、目的地と思われる家に到着するとGoogle Earthの写真とドローンの映像を比較して確認する(最近は目的地の場合はカットされ、誤った場所に到着した際に活用する)。 その住民と会話し、家や人生のエピソードを紹介する。 また、目的地が空き家や取材許可を取得するのが困難な団体施設等の場合は、再び集落に戻ったり、先導してくれた人などに聴いて、別のポツンと一軒家を紹介してもらい目的地を変更する(空き家であっても元住民と速やかに連絡がつく場合、企業等団体施設や別荘などでも取材許可が降りればそのまま紹介する)。 VTRの最後にはポツンと一軒家で住人が生活している様子を映しながら家から遠ざかるドローンの映像とまとめのナレーションで締めくくられる。 視聴率 [ ] 特番時代から、日曜夜という視聴率激戦区において高視聴率を記録し、レギュラー放送となってからは裏番組『』との視聴率競争も話題になっている。 レギュラー放送視聴率 初回視聴率: 14. - の色は黄色。 レギュラーパネリスト• - 字幕の色は水色。 放送リスト [ ] 不定期特番 [ ] 回 放送日 ゲスト 備考 1 2017年10月22日(日) 、 18:00 - 19:57 に放送。 2 2018年 01月14日(日) 、 18:30 - 19:00・19:00 - 21:00に放送。 3 2018年 03月25日(日) ()、 18:30 - 19:00・19:00 - 20:54に放送。 4 2018年 05月27日(日) 、 19:58 - 20:54に放送。 5 2018年 06月 03日(日) 、 18:30 - 19:00・19:00 - 19:58に放送。 6 2018年 07月 01日(日) 、 18:57 - 20:54に放送。 7 2018年 07月22日(日) 尾上松也、 18:57 - 19:58に放送。 8 2018年 08月19日(日) 、 18:57 - 20:54に放送。 レギュラー放送 [ ]• 放送日が2段になっているものについては、上段が制作局での放送日、下段が制作局以外のテレビ朝日をはじめとする大半のテレビ朝日系列フルネット局での放送日。 放送日時が通常時間となっていない放送日に関しては、注記を行い、具体的な放送時間も明示。 回 放送日 ゲスト 備考 視聴率 1 2018年 10月 07日 、 初回2時間半SP(18:30 - 19:00・19:00 - 20:54に放送) 14. 0% 2 10月14日 、 11. 8% 3 10月21日 、 12. 8% 4 10月28日 、 13. 7% 5 11月 04日 、 14. 4% 6 11月11日 、 2時間半SP(18:30 - 19:00・19:00 - 20:54に放送) 15. 4% 7 11月25日 、 15. 0% 8 12月 09日 、 14. 1% 9 12月16日 、 14. 8% 10 2019年 01月 06日 、 2時間半SP(18:30 - 19:00・19:00 - 21:00に放送) 15. 4% 11 01月20日 、 14. 2% 12 01月27日 、 14. 9% 13 02月 03日 、 13. 8% 14 02月10日 、 15. 2% 15 02月24日 、 16. 4% 16 03月 03日 、 15. 9% 17 03月10日 、 17. 0% 18 03月24日 、 16. 1% 19 03月31日 、 2時間半SP(18:30 - 19:00・19:00 - 20:54に放送) 16. 8% 20 04月 07日 、 17. 6% 21 04月14日 、 16. 6% 22 04月21日 、 17. 2% 23 05月 05日 、 17. 7% 24 05月12日 、() 17. 7% 25 05月19日 、 19. 8% 26 05月26日 、 6分延長(19:58 - 21:00に放送) 19. 0% 27 06月 02日 、 19. 2% 28 06月 09日 ()、 20. 3% 29 06月23日 、 20. 7% 30 06月30日 、 20. 7% 31 07月 07日 、 20. 6% 32 07月14日 、 19. 3% 33 07月28日 、 18. 3% 34 08月 04日 、 17. 8% 35 08月11日 、 19. 4% 36 08月18日 、 20. 7% 37 08月25日 (特別編) スタジオパートは無し(全編VTRで放送) 14. 4% 38 09月 08日 09月 01日 、 朝日放送テレビ(当番組の制作局)と広島ホームテレビ は各局ローカルのプロ野球中継を優先するため、テレビ朝日をはじめとする同系列フルネット22局では、本来の放送日時に制作局からの先行裏送りネットを実施した。 4% 39 09月 08日 、 20. 7% 40 09月15日 、 17. 8% 41 09月22日 、 ) 18. 0% 42 09月29日 、 20. 8% 43 10月 06日 、 この回から放送時間が2分拡大し20:56までになる。 9% 44 10月13日 、 2時間半SP(18:30 - 20:56に放送) 16. 4% 45 10月27日 、 20. 7% 46 11月 03日 、 18. 3% 47 11月10日 、 18. 1% 48 11月24日 、AYA 19. 7% 49 12月 01日 、 17. 7% 50 12月 08日 、 18. 5% 51 12月15日 、 19. 1% 52 12月29日 ゲスト無し 2時間SP(19:58 - 22:00に放送) 15. 4% 53 2020年 01月 05日 、 19. 5% 54 01月19日 、 16. 1% 55 02月 02日 、 18. 8% 56 02月 09日 、 17. 5% 57 02月16日 高橋克典、 18. 4% 58 02月23日 、 18. 1% 59 03月 01日 坂口健太郎、() 18. 8% 60 03月 08日 、 3分短縮(19:58 - 20:53に放送) 20. 4% 61 03月15日 、 22. 2% 62 04月 05日 、 19. 7% 63 04月19日 間宮祥太朗、 20. 0% 64 04月26日 、 22. 9% 65 05月10日 ゲスト無し 21. 9% 66 05月17日 新型コロナの影響で、所と林のみの出演で、セットの無いスタジオで、所と林の席の距離をあけて収録された。 構成:、、むらこし豪昭• ブレーン:谷口秀一(インガルス) 〈技術〉• CAM:杉山紀行、佐藤文、檜山忠(週替り)• VE:楠部達也• VTR:徳永一馬、善方光一、中村寿昌、熊倉智大(週替り)• MIX:伊藤璃子• LD:稗田晋一 〈ロケ技術〉• ドローン:櫻井優一、稲田悠樹、三橋孝裕、藤本拓磨、矢尾板亨、岡野進司、植松正行、境哲也、鈴木修二、薮内楽、松花澤健一、森哲也、新立翔、大貫晶、広瀬和久、森下智文(週替り)• MA:浦辺裕太• 音効:篠原光、東由美• 技術協力:、Bluebox Studio、、、DOME、(スタジオ)、Shaluck! 、Soyb CooE(毎週)、、空創技研プロペラ、コマンドディ、みさる屋、OCEAN CROSS、アルファーミングル、そらパチ! 、メディアリース、Agrid、プレサイド、プロダクションナップ、スズキシューティングサービス、、、AVC放送開発、TSU-TEC、プレサイド(週替り)[ロケ] 〈美術〉• プロデューサー:木村文洋• デザイン:• 美術進行:小山千香子• 大道具製作:卜部徹夫• 大道具操作:大坪信昭• アクリル装飾:松浦由佳• マルチ:伊藤拓也• 装置:藤生由紀• 電飾:熊田裕衣子• ヘアメイク:武部千里• タイトルCG:早瀬 川 瑠璃• 美術協力:、、、、マルチバックス• 編成:鈴鹿相哉(朝日放送テレビ、2019年6月23日 -)• 営業:多喜澪(朝日放送テレビ)、長嶋亮(朝日放送テレビ、2019年11月10日 -)• 番組宣伝:市川貴裕(朝日放送テレビ)、衣川淳子(朝日放送テレビ、2019年3月10日 -)• キャスティング:田村力(ビーオネスト)• 制作補:磯田今日子(JUMP)、小嶋悠介(2019年7月14日 -)• 制作デスク:沢口恵美(JUMP)• 番組デスク:松原幹(朝日放送テレビ)• ディレクター:早川多祐(GUTS)、小原斎(JUMP)、黒川和樹(JUMP)、黒河内隼仁(JUMP)(毎週)、佐藤哲士(NEXTEP)、佐藤一輝(GUTS)、水上雄一郎(GUTS)、今村拓実()、池田浩士(NEXTEP)、高橋行広(NEXTEP)、須藤潤、加藤翔輝、岡島友孝(週替り)• 演出:古原幸一(JUMP)、古賀謙一(JUMP)• 総合演出:(CHAPTER)• プロデューサー:一丸拓之(JUMP)、青山速己、武川和美(共にAo,inc. )、廣中ゆかり(GUTS)• チーフプロデューサー:植田貴之(朝日放送テレビ)• 制作協力:TV CLUB、、、Ao,inc. 制作:朝日放送テレビ 過去のスタッフ [ ]• 構成:ビル坂恵• TP:別府忠久• 音効:明田悠依• アクリル装飾:松本健• 電飾:福田隆正• 編成:石橋義史(朝日放送テレビ、番組開始時 - 2019年10月27日)• 営業:伊地智厚太(朝日放送テレビ)• 番組宣伝:藤田高一郎(朝日放送テレビ)• 制作補:沖津一洋(Ao,inc. )(週替り)• プロデューサー:山下浩司(朝日放送テレビ、2018年12月9日 - 2019年10月27日)、花苑博康(NEXTEP)• 制作協力:TWS 不定期特番 [ ]• ナレーション:キートン山田、小山茉美• 構成:中野俊成、伊藤正宏、むらこし豪昭 〈技術〉• TP:別府忠久• TD:山田洋和• CAM:杉山紀行• VE:楠部達也• VTR:吉岡辰沖(第8弾)• MIX:伊藤璃子• LD:稗田晋一 〈ロケ技術〉• CAM:岡田栄(第1-6,8弾)、田端優一(第7,8弾)、安藤亘(第8弾)、小田裕貴(第1,6,8弾)• ドローン:櫻井優一(第2-6,8弾)、鈴木修二(第1,3,8弾)、川内達也(第2,8弾)• 編集:滝嶋秀臣(第8弾)• MA:浦辺裕太(第8弾)• TK:伊藤梓見• 音効:篠原光、東由美(共に第1,3弾-)、明田悠依(第3-5,7弾-)• プロデューサー:木村文洋• デザイン:別所晃吉• 美術進行:小山千香子• 大道具製作:卜部徹夫• 大道具操作:大坪信昭• アクリル装飾:松本健(第5弾までは美術進行)• マルチ:伊藤拓也• 装置:藤生由紀• 電飾:福田隆正(第3弾-)• ヘアメイク:武部千里• タイトルCG:早川瑠璃(第3弾-)• 美術協力:フジアール、東宝舞台、ヤマモリ、テルミック、マルチバックス• 編成:石橋義史(朝日放送テレビ)• 営業:伊地智厚太・多喜澪(朝日放送テレビ)• 番組デスク:松原幹(朝日放送テレビ)• キャスティング:田村力(ビーオネスト)• 制作補:磯田今日子(JUMP)• 制作デスク:沢口恵美(JUMP)• 演出補:上坂和也(第1弾-)、山本康二(第8弾)、フレッド彰史(第4弾-)、村椿智美(第3弾-)、大塚未結(第6弾-)• ディレクター:古賀謙一、早川多祐(GUTS)、佐藤哲士、小原斎、熊田明弘(JUMP、第5,8弾、他回は演出)• 演出:古原幸一(JUMP)• 総合演出:高橋章良(CHAPTER)• プロデューサー:一丸拓之(JUMP)、花苑博康(NEXTEP)• チーフプロデューサー:植田貴之(朝日放送テレビ、第4弾まではプロデューサー)• 制作:朝日放送テレビ、ジャンプコーポレーション 過去のスタッフ(不定期特番) [ ] 〈技術〉• VTR:徳永一馬(第1,2,4-7弾)、善方光一(第3弾) 〈ロケ技術〉• CAM:河合輝久(第1弾)、黒田椎子(第2弾)、海渡敬介(第3,5,6弾)、竹本真也(第3,4弾)、松浦覚(第5弾)、金子直太郎、橋本俊令(第6弾)、高野清隆(第7弾まで)• VE:斉藤弘一(第2弾まで)• ドローン:福澤健二、高橋伸明、小野寺亨(全員第1弾)、薮内楽、桑野師一(全員第2弾)、筒井康友、大村孝徳(全員第3弾)、藤井豊(第3,4弾)、中西竜太(第5,6弾)、杉浦航也(第6弾)、伊藤公智、稲田悠樹(全員第7弾)• 水中撮影(第2弾):速形豪• 編集:伊藤和幸、安川修平、鈴木大知(全員第7弾まで)• MA:柴田敏幸(第6弾)、伊藤慎吾(第7弾まで)• 音効:藤原大介(第1弾)、堺慶史郎(第2,6弾)• 技術協力:スズキシューティングサービス、Sky shot、fmt、cool shooting(共に第1弾)、(第7弾まで)、インサイド・シケット、スカイスフィーダ、ジー・オーシャン(共に第2弾)、(第2,6弾)、べーシステム山口(第3,4弾)、AVC放送開発(第5弾)、Web CHayana(第5,6弾)、ヒートワン、キュー(第6弾)、Raye project、コマンドティー(共に第7弾)• 電飾:熊田裕衣子(第2弾まで)• 美術協力:テレサイト(第1弾)• 撮影協力:、片浜荘(共に第2弾)• 映像協力:(第2,3弾)• 協力:ヤマトリフォーム(第3弾)• 番組宣伝:田中彰(第3弾まで、朝日放送テレビ)• 演出補:市川頌子、脇田悠哉(共に第1弾)、市川良太(第2弾)、岡本佳和、藤田剛(第3弾)、余謀師(第4-6弾)、渡辺拓真(第6,7弾)• FD:小川剛(第1弾)• ディレクター:木下大輔(第1弾)、水上雄一郎 朗 (第4-7弾、第1,2弾は演出補)• プロデューサー:田村雄一(朝日放送テレビ、第1弾)• チーフプロデューサー:(朝日放送テレビ、第4弾まで) ネット局と放送時間 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ (ABC TV) 日曜 19:58 - 20:56 制作局 (HTB) 同時ネット (ABA) (IAT) (KHB) (AAB) (YTS) (KFB) 関東広域圏 (EX) (abn) (UX) (SATV) (HAB) 中京広域圏 (NBN) (HOME) (yab) (KSB) (eat) (KBC) (ncc) (KAB) (OAB) (KKB) (QAB) (UMK) テレビ朝日系列 土曜 10:30 - 11:30 遅れネット (FBC) 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 不定期 (TSK) 日曜午後 不定期 BBT 土曜 12:55 - 13:58 遅れネット• 制作局の朝日放送テレビがプロ野球主催試合の中継をでのとせず自社で放送する場合 は、自社では他日に臨時枠移動とするが、テレビ朝日をはじめとする大半の系列局には本来の放送日時に制作局からの先行ネットとする(朝日放送テレビで9月8日〈日〉15:25 - 16:25に、テレビ朝日他22局で9月1日〈日〉に放送の、レギュラー第38回が最初の実例となった)。 なお、自社制作の阪神戦が中止の場合には、自社でも通常通り本来の放送日時での放送となる(当初予定より放送日程繰り上げとなり、臨時枠移動を行わない)ため、系列局向けの放送は先行裏送りネットという形にならない。 一部のネット局は不定期に再放送がある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2018年3月25日(不定期特番第3回)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、。 名目上はパネリストだが、進行役も担っている。 本来は同日18:57 - 20:54に放送予定であったが、『』(第1部…19:57 - 翌0:30・第2部…翌0:30 - 4:00)放送のため、57分繰り上げ。 ビデオリサーチ調べ• 広島ホームテレビはプロ野球「広島対阪神」を放送するため、8月10日(土曜)13:00 - 14:00に放送(字幕放送なし。 本来同枠で放送の自社制作番組『』は休止)。 15:25 - 16:25に放送(制作局ではこの日1回目の放送)。 広島ホームテレビはプロ野球「広島対DeNA」を放送するため、9月7日(土曜)15:00 - 16:00に放送(字幕放送なし)。 制作局をはじめとするテレビ朝日系列フルネット全24局で19:58 - 20:54に放送(制作局では同日に2回目の放送を行った)。 先行ネット局での前回放送分の予告では、『』で日本代表が決勝戦に進出した際に地上波中継を行う可能性があったことから、放送日が変更する場合がある旨が告知されていたが、日本代表が予選で敗退したことから、当初の予定通りでの放送となった。 広島ホームテレビはプロ野球「広島対」を放送するため、後日に放送予定だったが、台風17号接近に伴う中止により同時ネットとなった。 2019年10月より日曜10:00 - 11:00に再放送。 2019年10月から日曜12:00 - 12:55に自社送出で再放送(広島東洋カープ戦中継による遅れネット時と異なり字幕放送も実施。 『字幕』のテロップがひよこのイラストが入ったテレビ朝日仕様)。 このため、本来同枠で放送の『』(テレビ朝日制作)は毎週火曜0:55 - 1:55(月曜深夜)にで放送している。 毎月最終土曜は自社製作の教育番組『のびよ! みやざきっ子』 10:30 - 11:00 放送のため休止。 11:00 - 11:30の間は『』など不定期放送の30分番組で埋める。 複数話の連続放送あるいは放送休止 別番組の放送 をする場合あり。 KBS京都では編成によりリレー中継の有無が異なる)とすることがある。 朝日放送テレビ(阪神対巨人。 2019年9月1日の阪神対巨人はでは放送なし(『 日本対アメリカ』を放送したため)。 も別番組を編成したため、衛星波では(制作)のみの放送となった。 出典 [ ]• ニフティニュース 2018年7月6日. 2018年8月25日閲覧。 ニフティニュース 2018年8月22日. 2018年8月25日閲覧。 マイナビニュース 2018年8月17日. 2018年8月25日閲覧。 朝日新聞デジタル 2018年8月17日. 2018年8月25日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年5月7日. 2019年5月7日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年6月10日. 2019年6月10日閲覧。 Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年9月30日. 2019年9月30日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年10月12日. 2019年10月12日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020年4月27日. 2020年4月27日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020年4月27日. 2020年4月27日閲覧。 ザテレビジョン. 2018年11月12日. 2020年5月13日閲覧。 まんたんウェブ. 2019年4月1日. 2020年5月13日閲覧。 2019年10月15日. 2020年5月13日閲覧。 日刊サイゾー. 2020年3月10日. 2020年5月13日閲覧。 2020年4月28日閲覧。 まんたんウェブ. 2020年5月11日. 2020年5月13日閲覧。 スポーツ報知. 2020年5月11日. 2020年5月13日閲覧。 MANTANWEB. 2020年5月18日. 2020年5月24日閲覧。 スポーツ報知. 2020年5月25日. 2020年5月31日閲覧。 MANTANWEB. 2020年6月1日. 2020年6月7日閲覧。 MANTANWEB. 2020年6月8日. 2020年6月14日閲覧。 MANTANWEB. 2020年6月15日. 2020年6月15日閲覧。 関連項目 [ ]• 『』 - 当番組を一企画として放送していた親番組。 『』 - 朝日放送テレビ制作で当時間帯に放送されていた番組。 当番組と制作会社(JUMP・CHAPTER)や制作スタッフ、MC(所)が同じでありドキュメンタリーバラエティという点でも類似している。 改編期には特番が当時間帯で放送される。 ポツンと一軒家として取材した家主が、元々ビフォーアフター担当だったディレクターにリフォームの検討を話したことをきっかけとして、2020年3月29日にコラボ扱いにて、ビフォーアフターの特番が放送された。 外部リンク [ ]• - - 寿司屋 生鮮魚介類小片付握飯量販店 - ほんとうにいい気持ち - ご心配なく - 正男という名で小学生 - 君と二人で - まったくやる気がございません - 銀座アンノン娘 - - 私の名前で出ています - - - 恋のバックファイヤー - LAST NUMBER - 白いTシャツ - ブルーライトチャイナタウン - 故郷 - 世田谷のアラブ人 - 春一番の前 - 真っ暗な夜に - ラクダの商人 - 僕の犬 - 東京BIG CITY - わかんない2 - - トンカチ - - - アルバム ジョージ・ファースト 現金に手を出せ!! - ジョージのセロリ・パセリ - 成りさがり 大学ぐらいは出たかった - LIVE 追跡 - REVENGE OF HONG KONG 〜ホング・コングの逆襲 - みんな不良少年だった - FUEL ALBUM - PILE DRIVER - FROM TOKOROZAWA WITH LOVE 〜所沢より愛をこめて - BLUE LIGHT CHINATOWN - HEAVY LIGHT - NIGHT OF COYOTE 〜コヨーテの夜 - ホテル・チャイナタウン - 僕の犬 - ブタとダイヤモンド - - - - 本物 - 安全第二 - コケコッコゥ!! 〜七色の声色〜 - ハーレーの唄 関連項目.

次の