年金 手帳 お金 借りる。 国からお金借りる方法

年金受給者がお金を借りる2つの方法

年金 手帳 お金 借りる

年金受給者です。 仕事を引退後、悠々自適に生活を送ろうと仕事をせずに毎日が日曜日気分で過ごしていましたが、若いころから借金生活をしていたこともあり、貯金がほとんどなく、その上思っていたほど年金がもらえておらずそろそろ何か働きに出ようかと思っています。 しかし、働くに出るにしても雇ってもらえるところもないだろうと不安が募り、シルバー派遣へ登録も考えてはいるのですが、ひとまず即金を作ろうと思いサラ金での借り入れを考えています。 どこのサラ金でも借り入れることはできないでしょう。 もし、年金でも借り入れができるところがあれば、それはになるので気を付けて下さい。 ただ、唯一年金を担保にお金を借り入れることができる方法があります。 それは独立行政法人福祉医療機構が行っている「年金担保融資制度」というものです。 これは国が認めた唯一の年金を担保にお金を借り入れできる合法な融資制度になります。 年金担保融資制度は、国民年金、厚生年金、船員保険年金、労働者災害補償保険年金を受給している方が対象となっています。 条件としては、「保健医療」、「介護・福祉」、「住宅改修等」、「教育」、「冠婚葬祭」、「事業維持」、「債務等の一括整理」を使途目的として10万円~250万円の範囲内(ただし、それ以外を目的としている場合は「臨時生活資金」として100万円が限度額)で、受給している年金の年額の範囲内、そして、1回あたりの返済額の15倍以内(融資金額の元金相当額をおよそ2年6カ月以内でご返済)の3つの要件を満たすこと。 返済は最低1万円とする1万円単位で借主返済額をすることができます。 利率は年率1.6%で労働者災害補償保険年金の方は0.9%となります。 返済方法としては、借主が直接福祉医療機構に返済するのではなく、受給する年金が一旦全額福祉医療機構に支払われ、借主が指定した返済を差し引いた年金の残額を福祉医療機構から借主である年金受給者に支払われるという形になります。 と思っておらっるならば、この方法しかありませんので、ご検討してみて下さい。 一般的には保険証や運転免許証で本人確認が行われますが、その両方を持ち合わせていない場合は年金手帳を利用する場合もあります。 この年金手帳が本人確認になる理由は、年金手帳は大切に保管するものであり、持っているのは本人だと信じているからです。 もし、年金手帳を悪用されてお金を借りられたとしても、本人には返済義務は生じません。 会社勤めの場合は年金手帳を会社が管理する場合もあるので、悪用されないか心配になることもあります。 そんな時には自分で管理することを告げて返却してもらうことが大切です。 必ずしも企業が保管する訳ではなく、保管には本人の同意が必要です。 つまり、本人に返却を求められたら速やかに返却しなければなりません。 返却してほしいと考える理由は多く存在します。 前述したようにサラ金を利用する際の本人確認として提出する為や、市役所などで公的文書を発行してもらう際に必要になる本人確認に利用するなどが挙げられます。 資金繰りに困っている会社に勤めている場合には、そういった本人確認となる書類を預けておくことは非常に不安に感じることもあります。 勝手にサラ金からお金を借りたりされないか心配であれば、返却を求めることが大切です。 もし、仮になりすまして借金をされたとしても、返済義務が無い上に会社が訴えられる結果になります。 保管する際には、免許証や保険証と同じ扱いをして、紛失した場合には即座に紛失届けを出して無効化することが大切です。 実際にどこかに置き忘れて、悪用されて後日に借金の請求が来ることは起こっています。 公的文書や証明書類は必ず身につけて、万が一にもどこかに置き忘れるようなことがないように、必要な時以外は普段は見ないような場所に保管しておくことが大切です。

次の

年金を借りる?

年金 手帳 お金 借りる

この年金手帳、個人の身分証明として結構な範囲で使えるということだけあって、万能なものだと思っている人も多いようです。 しかしここで知っておかなくてはならないのが、決して万能ではないということ。 あくまで「結構強い証明書になる」という程度の認識が正解です。 身分証明書には様々なものがありますね。 代表的なものが自動車の運転免許証。 次に健康保険証があげられます。 お勤めの人の中には社員証を使う人もいるかもしれません。 これは勤務先と社会的身分を証明するのに簡単で便利ですね。 隠れた便利アイテムと言えるでしょう。 年金手帳は補助的な身分証!ただし保証は国家のもの! 他にも世帯主なら公共料金の証明書(二枚以上がベストとされます)、住基カードもあります。 様々な種類の身分証明書がありますが、これだけあれば年金手帳は必要ないのでは?と思ってしまいそうですよね。 なるほど、確かにその通りかもしれません。 ただ、どうしても身分証明をしなくてはいけない時、人生にはたまにそんなこともあります。 そんな時、あなたは確実に「自分」を証明できるものを持っているでしょうか?持っているようで持っていないということも…… たとえば先に挙げた運転免許証や保険証ですが、何らかの事情で持っていない人もいますよね。 運転免許証は自発的に取りに行かないと入手できませんし、人生で不要な人もいます。 保険証なら何かの際に手続きを忘れて失効しているかもしれません。 ではこんな時、年金手帳がどう役に立つの?と思うことでしょう。 実際のところ、年金手帳だけでパーフェクトな身分証明ができるかと言うと、少々難しいというのが実状です。 やはり先に例として挙げた種類のものが証明書としては利用しやすい、というのが社会の実状です。 しかし年金手帳が「特定の個人」を証明する一助になることは間違いありません。 何しろ国家が発行している公的な記録の証明書になるわけです。 「この手帳は本人のものです」と、日本政府ががっつりと証明しているもの。 これ以上心強い保証人(?)は存在しませんよね。 他の証明書と併用がベター!後押しのようなもの! 年金手帳の使いどころとしては、たとえば、顔写真が入っていない証明書を使う時です。 運転免許証ならまず問題ありませんが、健康保険証や写真なしの住基カード、または公共料金の支払い証明書(領収書)だけの場合はちょっと難しい局面があるかもしれませんよね。 特にお金を借りる時にはしっかりした身分証明書が必要とされます。 銀行はもちろんのこと、消費者金融などでもその傾向が強くあります。 お金が必要で借りに行ったのに、身分証明として弱かったがために融資を受けられなかった……となると、悔やんでも悔やみ切れませんね。 そんな時に年金手帳を利用することができる場合があります。 年金手帳だけでは効力が弱いのは仕方ありません。 健康保険証や写真なしの住基カード、公共料金の領収書とと同様、本人かどうかが分かるような証明写真がついていないからです。 ここは諦めるしかありませんよね。 しかし「他の身分証明書と一緒に」年金手帳を出すことは大変有効です。 先にも言った通り、年金手帳はその本人だけに対して国家が発行する、保証された公的な手帳だからです。 保険庁という公的な場所でそれぞれの番号が管理されていますので、偽造やなりすましは不可能です。 こうやって見てみると、年金手帳の心強さというものが実感できます。 年金手帳単体ではどうにも心許ないような気もしてしまいますが、使いどころのポイントをしっかり抑えていれば、いざという時に驚くほど役に立つということが分かりますよね。 悪用されることは?危険性はかなり低いので安心! 人によっては年金手帳を会社に預けているかもしれません。 大きな会社よりも中小企業に多いようです。 就職の時に預けて、在職期間中は経理の人が年金納付に関する記入をしてくれるということが多いと言われています。 もちろん退職の時にはしっかり返してもらえますよ。 そもそも年金手帳そのものには、身分証明書としてとても強い力があるわけではないということは説明しました。 しかし補助的な力がある、と分かったとすると、勤めている会社とはいえ、他人に預けているのは(自分の手元にないのは)ちょっと不安かもしれません。 不安感を煽るわけではありませんが、よく寄せられる心配の質問として、「会社の経営が危なくなった時、年金手帳を元に勝手にお金を自分名義で借りられてしまうのではないか」というものです。 身分を証明するものが他人の手元にあるということはそれくらい不安になりますよね。 年金手帳だけではお金は借りられない! その不安に関してお答えすると、「その心配はまずあり得ない」ということに尽きます。 再三言っているように、年金手帳だけではお金を借りることはできません。 他の身分証も本人以外が鮮やかに準備できるものではありません。 社員証にしても中小企業ならそうそうないでしょう。 もしも年金手帳だけで、あなただと偽ってお金を借りられたとしても、どうせまともな金融機関ではありません。 後ろぐらい人しか相手にしていないような、いわゆる闇金や違法業者が関の山です。 取立が来るまで気づかないかもしれませんが、警察に相談すればすぐ解決です。 何しろ違法な状態でお金を借りられたわけですから(しかも違法な業者に)、法治国家の日本でそんな話がまかり通るはずもありません。 今時の警察は違法の金融業者に厳しい態度でのぞむことがほとんどですし、こんな不正があったら絶対に許さないで対応してくれます。 それでも不安だと言う場合は、年金手帳を会社から返してもらいましょう。 長年の慣習で預かっている会社では中々言い出しにくいかもしれませんが、お金に関しての不安は少しでも拭っておきたいものですからね。 奥さんがうるさくて・・なんて口実はいかがでしょう? 万が一紛失したら再発行を!いつ使うか分かりません! 普段は気にもしない年金手帳ですが、気にしないからこそたまには思い出してあげて下さい。 大抵の人が大切なものを入れるスペースにしまってあるとは思いますが、引っ越しや模様替えの時についうっかり紛失してしまうことも多々あります。 もしも紛失に気がついたら、一刻も早く再発行してもらうことをおすすめします。 年金の納付額を毎月記入している人は別ですが、大抵の人は紛失に気づきにくいものです。 しかし年金手帳はいつ必要になるか分かりません。 お金を借りる以外でも、身分証が必要な時はありますよね。

次の

年金手帳でお金を借りることができる?手段を徹底検証します!

年金 手帳 お金 借りる

借金返済の為、年金手帳をとり上げられた 身内の事でお恥ずかしいのですが、御意見をお聞かせ下さい。 私の、二人の叔母(姉妹)の事なのですが、30年位前に、金銭の貸し借りが有りまして、殆ど返済をしていなかったそうです。 貸した方の叔母(A)は、今迄、ずっと催促してたらしいのですが、なかなか返して貰えないので、2年位前から、 毎日電話したり、借りた方の叔母(B)の家の前に行き、大声で怒鳴ったり、Bが家に居ないと、テレビで観るような 玄関や家の周りの、塀や電柱に張り紙を何枚も貼ったそうです。 1年位前に、BはAに年金手帳(通帳等も)を取り上げられたそうです。 (二人とも70歳くらい) 二人に聞いたのですが、当時、お金を借したときに、借用書等は書かなかったそうです。 もちろん、借りたお金は、返さないと、いけないのですが、年金手帳を取り上げることは、法律上問題ないのですか? Bは、しょうがないと諦めていますが、A、Bの子供たちは戸惑っています。 ご意見お聞かせ下さい。 他の回答者は根本的に間違ってるんだけど、年金(手帳)を担保にとっても全く違法じゃない。 その貸してる方の「叔母さん」っていうのが、貸金業登録をしていて、「業として」お金を貸してるなら「貸金業法違反」だけど違うでしょ? 個人間しかもこの場合「親戚どうし」のお金の貸し借りなんだから基本的に当事者どうしが納得してれば問題ない。 借りてる方は「返してない自分が悪いんだから仕方ない」と納得してるんでしょ?ならなにも問題ない。 >sam67476さんへ 質問者さんが勘違いするとまずいから余計なことは言わないほうがいい。 「合法とされることは無い」というのと「違法」というのは全然意味が違う。 あなたの「違法行為」に対する解釈は法律論としては間違っている。 「違法」の反対は「合法」ではない。 「適法」である。 もちろん今回のケースでも大声や張り紙は違法であり(親告罪なので現状は違法ではない)、「本人が納得していないのに」年金手帳を持っていったら違法。 「しょうがない」と思っているのであれば少なくとも行為を追認していると考えられる。 また、国民年金法24条では「年金を受ける権利」は担保にできないと定められているが、手帳そのものや支給後の年金に関しては触れられていない。 年金は原則として、お金を借りる際の担保にはなりませんし 貸金業法や国民年金法により違法行為になります。 しかし年金手帳を取り上げたって何の意味も持たないと言うことを そのAは知らないようですね。 年金手帳はその人の年金番号を証明してるだけのものであって なくしたらなくしたで再発行可能なものです。 まあ恐らく年金手帳を取り上げれば年金を押さえたとでも思っていて それにより借金を返す気にでもなると、浅はかな考えがあるのでしょうね。 しかしいくら姉妹間とはいえ、証書のない金の貸し借りをするとは。 踏み倒されても仕方のないことをまずAは理解しなければなりません。 また行き過ぎた行為は下手をすれば犯罪行為になる可能性だって 否定できません。 まずは下の方も書いているように、ABの間にその子供達が入り 分割返済でも代物返済でもいいから、何とか話をつけるべきかと思います。

次の