清少納言 評価。 【FGO】清少納言の評価と再臨素材

【モンスト】清少納言(獣神化)の評価と適正のわくわくの実!|ゲームエイト

清少納言 評価

スポンサードリンク 性格や本名・作品の評価など清少納言のプロフィールは? 清少納言の性格を掘り下げてご紹介する前に、 彼女のプロフィールをwiki的にご紹介しておきましょう。 清少納言の「清」は、苗字の「清原」からとられたもので、「 少納言」は官職名ですが、多くは男性親族の官職が付けられます。 しかし、清少納言の場合、 「少納言」の由来は諸説あり、実際のところ分かっていません。 藤原定子の女房として仕えていたときの経験を基に書かれた代表作「枕草子」は、 日本を代表する随筆分として高い評価を得ています。 スポンサードリンク 代表作品から分かる清少納言の性格は? 清少納言が残した和歌や代表作の「枕草子」からうかがえる性格をエピソードも交えご紹介しておきましょう。 作品から分かる清少納言の性格1:明るい 清少納言について、多くの専門家が口をそろえるのが 明るい性格ということです。 「枕草子」には、清少納言が、一条天皇妃である藤原定子に仕えていたときの 楽しく華やかな宮廷生活のシーンが多々登場します。 リズム感のある軽快な文章で書かれたエピソードは、 端的にすっきりまとめられていて非常に論理的。 「これは好き、あれは嫌い」という風に、 はっきり言い切る明るく知的な性格が清少納言の書いた文章全体からうかがえます。 作品から分かる清少納言の性格2:感性豊か 清少納言の代表作「枕草子」といえば 「春はあけぼの…」で始まる第一段が小学校の教科書にも登場するほど有名です。 春の朝の情景の描写からは、1000年以上前に書かれた作品とは思えない フレッシュな感性が伝わってきますよね。 第一段は「夏は夜、秋は夕暮れ、冬はつとめて 早朝 」と四季折々の情緒がつづられ、 色彩豊かで瑞々しい文章は時を超えて共感を得るクオリティーの高さです。 「枕草子」の第一段は。 平安時代の美的概念がベースになっているものの、 清少納言独自の深い洞察力や豊かな表現力が光っています。 「枕草子」から分かる清少納言の性格3:勝気 平安時代、漢文は男性の教養でしたが、 清少納言は漢文の知識があることを隠さず、機転のきいたやりとりを男性とかわしています。 夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも 世に逢坂の 関はゆるさじ 【現代語訳】 夜が明けないうちに、鶏の鳴きまねをして私をだまそうとしても、この逢坂の関所は決して開きませんよ。 上記は、清少納言がボーイフレンドの一人である藤原行成に贈った歌ですが、 彼女の勝気な性格がうかがえるエピソードが。 行成はプレイボーイとして知られていた人物で、ある夜、清少納言を訪れ少し話をしたのち、 夜明けを待たず帰ってしまいました。 翌朝、夜明けを告げる鳥が鳴いたのでとの言い訳の和歌を送った行成に対し、私は騙されませんよと返答したのが上記の和歌。 清少納言の返歌は、関所を早く開くため夜明けの鳥の鳴きまねをした中国の史記にある 「函谷関 かんこくかん の故事」が元ネタになっています。 「故事では役人をだまし関所を開けることに成功したけれど、 私はだまされないわよ」という清少納言の勝気で機転に富んだ性格がうかがい知れるエピソードですね。 スポンサードリンク 作品から分かる清少納言の性格4:コンプレックスも 清少納言というと知的でユーモアのセンスもある自信満々な性格と思われがちですが、 くせ毛がコンプレックスだったのだそうです。 真っ直ぐな黒髪が女性の美のシンボルだった平安時代なので、 くせ毛に対するコンプレックスは「枕草子」の中でも言及されています。 宮中に出仕後間もない清少納言が、部屋が明るく 自分のくせ毛が主の藤原定子にはっきり見えてしまうのが恥ずかしいと嘆く一幕も。 清少納言は不美人ではなかったと伝わりますが、 自分の容姿にはあまり自信がなかったとも言われています。 作品から分かる清少納言の性格5:芯が強い 清少納言は「枕草子」の中で、宮中の華やかなエピソードを数多く記しています。 しかし、彼女が「枕草子」を書き始めたのは、 主の定子がひどい逆境に立たされていた時期でした。 天皇の寵愛 ちょうあい を受けていた定子ですが、父の藤原道隆がこの世を去り後ろ盾が弱くなった 一族は没落の一途をたどることに。 やがて、定子自身も難産が原因で 24歳の若さで父の後を追うようにこの世を去りました。 しかし、清少納言は、女主人が見舞われた 大変な不運には一切触れず、華やかで楽しい思い出を書きつづることに徹しました。 「枕草子」は、部分的に定子亡き後に書かれており、 定子が最も輝いていた時代の回顧録的な存在でもあります。 恨み言ではなく、あえて明るく楽しいエッセイを仕上げたところに 清少納言の芯の強さとプライドをうかがい知ることができます。 清少納言の性格からみた紫式部との関係は? 紫式部は、定子より遅れて一条天皇の妃になった 藤原道長の娘 彰子に女房として仕えた女性で「源氏物語」の作者として有名です。 清少納言と紫式部は共に女房として宮中に出仕していた平安時代の女流作家で、 ライバルだったという説もあります。 しかし、実際は 二人が宮中に出仕していた時期が異なることから直接的なライバル関係ではなかったというのが定説です。 今風にいうと清少納言が 陽キャラ、 紫式部は陰キャラとされているため、性格的には合わなかったかもしれません。 とはいえ、後世でいわれている、清少納言VS紫式部の 直接的なライバル関係は実際はなかったと思われます。 紫式部の方は、 「紫式部日記」の中で清少納言の批判もしているので、直接関係はなくても好感は抱いていなかったようですね。 スポンサードリンク 清少納言の性格からみた藤原定子との関係は? 清少納言が宮廷で定子付きの女房として仕えたのはわずか7年の期間でしたが、 清少納言の生涯で最も輝いていた時期でした。 「枕草子」の中にも 定子の美貌や聡明さを称賛する記述がそこかしこに見られ、 清少納言が定子を深く敬愛していたことが分かります。 実際、 定子はとても美しく魅力的な女性だったようで、彼女の一族が没落した後も一条天皇の愛情は変わりませんでした。 父の逝去後、一度は出家した 定子を説得し還俗 げんぞく させていることからも、一条天皇の深い愛情が分かります。 しかし、皮肉なことに天皇の寵愛があだとなり、権力者だった 藤原道長に一層目をつけられる不幸に見舞われました。 清少納言は、定子亡き後、彼女の数奇な運命より、 美しく聡明だった魅力的な女主人像を後世に伝えたかったのかもしれませんね。 清少納言の性格をより深く理解するなら? 清少納言をより深く理解できるおすすめアイテム1も.

次の

【モンスト】清少納言(獣神化)の最新評価!適正神殿とわくわくの実

清少納言 評価

平安時代の1008年秋から1010年正月までのおよそ1年半の間、紫式部が宮中での様子を中心に書いた日記を『紫式部日記』といいます。 紫式部が仕えた中宮彰子の皇子出産や、その祝賀の様子、貴族や宮中の人々の人間関係などを活き活きと描いているのが特徴です。 残念ながら原本は残っておらず、宮内庁書陵部が所蔵する写本「黒川本」がもっともよい状態だとされています。 ちなみに写本の表紙には「紫日記」と記されてあり、いつから『紫式部日記』と呼ばれるようになったのかは定かではありません。 構成は全2巻で、1巻は記録的内容、2巻は手紙と記録的内容。 『源氏物語』の作者が紫式部であるというのは通説ですが、その論拠として『紫式部日記』内の1008年11月1日の欄に、歴史上初めて『源氏物語』が登場するのです。 紫式部は平安時代中期の女性作家、歌人として活躍した人物です。 同時代の清少納言、和泉式部、赤染衛門(あかぞめえもん)とともに、国風文化を代表する「四才女」と呼ばれています。 父親は藤原為時(ためとき)。 下級貴族でありながら花山天皇に漢学を教えるなど、高い学識を有した人物でした。 紫式部の「式部」は、為時が務めた官位「式部丞」に由来しています。 998年、紫式部は藤原宣孝(のぶたか)に嫁ぎ、一女をもうけます。 しかし結婚後わずか3年ほどで宣孝が病気で亡くなってしまい、その辛い現実から逃れるために『源氏物語』を書き始めたそうです。 彼女が夫の死にともない詠んだ「見し人の けぶりとなりし 夕べより 名ぞむつましき 塩釜の浦」という歌からも、期間は短いながらも夫を愛していたことがうかがえるでしょう。 『源氏物語』は当初、仲間うちで読んで楽しむ程度のものでした。 しかししだいに評判となり、時の権力者である藤原道長の目に留まることとなります。 そして道長は紫式部に、自身の娘である彰子の家庭教師を務めることを要請するのです。 当時の彰子は、一条天皇の中宮。 紫式部は宮仕えをしながら、藤原道長の庇護のもとで『源氏物語』を書き続け、完成させることとなります。 そして宮仕えの時期に記していたのが、『紫式部日記』なのです。 『紫式部日記』からわかる、清少納言と和泉式部、赤染衛門の評価とは 本作には、宮中生活の愚痴や偏見、思い出などが書かれていて、とても『源氏物語』を書いた人と同一人物とは思えないほどの生活感が滲み出ています。 たびたび記される、紫式部の周りにいた先輩や後輩、ライバル、男性らの名前やその人物評は「消息文」と呼ばれ、彼女が同僚に送った手紙だと考えられています。 面と向かって口にするのではなく、仲間内で手紙を送りあっていわゆる「陰口」を言う様子は、平安時代の女官も現代とそう変わらないのかもしれません。 そんな人物評のなかから、紫式部のライバルといわれていた清少納言、後輩の和泉式部、そして先輩の赤染衛門に関するものを現代語にしてご紹介しましょう。 まずはライバルの清少納言です。 「清少納言は偉そうに定子に仕えていた人。 頭がいい風を装って漢字を書きまくっているけれども、よく見たら幼稚な間違いもしている。 男性の前ではちょっと頭が悪い感じに見せた方がいいのに、清少納言が私ならわかると得意気にしているのを見ると腹が立ってしょうがない。 自分は特別だと思ってるのかもしれないけれど、そういう人に限って偽の教養しかもちあわせていないもの。 いつも気取っていて、あんな薄っぺらい態度をとるような人がいい人生を送れるだろうか、いや送れるはずがない。 」 酷評をしていることがわかるでしょう。 一方の清少納言も著書『枕草子』のなかで、紫式部の夫である藤原宣孝について、「質素な服で行くべき場所に豪華な服を着ていくものだから、みんな呆れている」「歌の読み合わせで、歌が思いつかずに冷や汗をだらだらかいて、なんて情けない男」とけなしています。 続いて、後輩の和泉式部に対する評価です。 「和泉式部と私は親しい仲だ。 和泉式部はおしゃれな手紙を書くし、歌もさりげない言葉の美しさが目に止まる。 ただ、男癖が悪い。 おしゃれな歌を詠むけれど、知識や理論はあまりわかっていなそうなので、本物の歌人とはいえない。 とにかく口任せに歌を詠んでいるようで、言葉自体が美しいので素晴らしく聞こえるけれど、立派な歌人ではない。 」 仲がいいとして褒めておきながらも、後半はずっと悪口です。 最後に、先輩にあたる赤染衛門に対する人物評です。 「夫の大江匡衡と仲のよいおしどり夫婦で、中宮様や道長様からは「匡衡衛門」なんてあだ名をつけられている。 格調高い歌風で、歌を詠み散らかしたりすることはない。 私が知っている限りでは、ちょっとした時に詠んだ歌こそ、素晴らしい詠みっぷりだ。 」 さすがの紫式部も周囲の人物全員を酷評していたわけではなく、お世話になった先輩に対しては高い評価をしています。 「紫式部日記絵巻」ってどんなもの? 『紫式部日記』が書かれてから約200年後の鎌倉時代初期に、本書をもとにした「紫式部日記絵巻」が作成されました。 人物評を除くほぼ全文を適宜分割して絵画化し、説明文である詞書が添えられています。 もともとは絵と詞書がそれぞれ50~60段、全10巻程度の大作だったとされていますが、現在残っているのは絵24段、詞書24段の4巻分だけで、『紫式部日記』の25%ほどだそうです。 蜂須賀家本、藤田家本、旧森川家本、旧久松家本が伝来していて、そのいずれもが国の重要文化財や国宝に指定されています。 制作者が誰なのかは明らかになっていませんが、鎌倉幕府4代将軍だった藤原頼経の父、九条道家の依頼で作られたと考えられています。 「ビギナーズ・クラシックス」シリーズは、原文に加えて、話し言葉のように流麗でわかりやすい現代語訳やコラム、解説がついていて、あまり古典に馴染みのない人でも読みやすいのが特徴です。 夫を失い、寂しくて孤独な未亡人生活を送っていた紫式部。 中宮彰子に使えることになり、宮中に入って生活は一変しました。 なかなか周囲に馴染めないなかで、彼女はどんなことを感じていたのでしょうか。 『紫式部日記』はを執筆していた当時、紫式部は30代だったと考えられています。 現代に生きる私たちと似た感覚もちあわせていたこともわかり、他の古典よりも親しみを感じながら読むことができるでしょう。 初心者におすすめの一冊です。 『紫式部日記』をマンガで読もう.

次の

紫式部の女房批評③~清少納言~

清少納言 評価

清少納言: 一条天皇の中宮、定子・藤原道隆の娘、 993年頃〜1000年頃 紫式部:一条天皇の中宮、彰子・藤原道長の娘、 1006年頃〜1012年頃 あれ?と思った方がいらっしゃるかもしれません。 清少納言と紫式部は、宮中にいた期間が重なっていません。 つまり、宮中で顔を合わせることはなかったのです。 清少納言が仕えた定子は藤原道隆の娘ですが、関白の藤原道隆が亡くなると、定子の兄、弟が左遷されます。 そして権力は道隆の系統から藤原道長の手に渡ります。 後ろ盾を失った定子は宮中での力を失い、権力を握った道長は娘彰子を中宮として宮中に送り込みます。 ですので、 清少納言と紫式部の宮中在籍期間にズレがあるのです。 2人はライバルではない?性格の違いなど 宮中で才女2人がバチバチとライバル心を燃やす、という状況ではありませんでした。 となると、この2人の関係はどうなのでしょうか?ライバル関係は後世の創作なのでしょうか? 紫式部は手厳しい 紫式部については、他の女流作家への批評を書き記したものが紫式部日記に残っています。 和泉式部に対して: 素行は良くないのですが、歌はすばらしい。 当時、漢字は主に公文書に使われており、男性が使う文字でした。 女性は仮名を使っていたのです。 「 こんな人の行く末に、いったい良いことがあるのでしょうか。 」漢字については、主に歌を作る家の出身である清少納言に対して、漢文などを主とする家出身の紫式部が噛みついた、ととることもできます。 とにかくひどいですね、酷評です。 「あんな人、大したことありませんわ。 」という気持ちだったのでしょう。 清少納言の紫式部評 それでは清少納言は紫式部をどう思っていたのでしょうか?紫式部を直接評価した文章は見つかっていません。 やはり清少納言のほうが一歩先にメジャーな舞台にデビューしたので、紫式部という名前を聞いたとしても問題にしなかったのかもしれません。 しかし、紫式部の夫である藤原宣孝、紫式部の従兄弟である藤原信経を揶揄するような文章は枕草子にあるので、何かの思いはあったという可能性はあります。 宮中を退いてからは謎 そして、2人に共通なこととして、宮中を退いてからはどちらの生涯も正確にはわかっていない、という点があります。 清少納言は退いてから、再婚相手の藤原棟世の任地である摂津国(現在の大阪北部と兵庫南部)に行き、晩年は和泉式部、赤染衛門と交流があったという事くらいしかわかっていません。 清少納言の没年は不明です。 また墓所が各地にあり、どこで亡くなったのかも不明です。 紫式部の没年も不明です。 最近の研究でも、1014年説から1031年説まで、かなり幅があります。 まとめ 宮中にいた期間以外がなかなかはっきりわからない2人です。 しかし、それが逆に宮中での2人の活動を際立たせる結果になっているのかもしれません。 約10年くらいの間に現れ、枕草子と源氏物語という不朽の名作を書き上げて消えていった2人だからこそ、いろいろな想像ができるのではないでしょうか?史実的には2人は宮中で顔を合わせなかったでしょう。 しかし、作家は顔を合わせなくても、作品さえ読めば、ライバル心を燃やすには十分な理由になります。 少なくとも紫式部は清少納言に思うところはあったようです。 清少納言はどうだったんでしょうか。 そういう想像をするのも歴史の楽しみ方ではないでしょうか。

次の