年賀状 コメント。 年賀状の一言コメント文例!【上司・ビジネス・親戚など目上の方へ】

年賀状の一言添え書き。大切な友達へ贈るメッセージ例文

年賀状 コメント

・疎遠の親戚にご無沙汰の年賀状一言メッセージ文例。 ・健康についての一言や闘病中の親戚に送る年賀状メッセージ文例。 ・結婚式に出席した親戚に年賀状一言メッセージ文例。 2年目以降は? ・出産報告を親戚へ伝える年賀状一言メッセージ文例。 ・自分や親戚の子供について年賀状一言メッセージ文例。 子供が結婚する場合は? 皆さんの参考にしていただければうれしいです。 Sponsored Link 疎遠の親戚にご無沙汰の年賀状一言メッセージ文例。 離れたところに住んでいる親戚の方とはなかなか会えず、用事がないとあまり電話もしないという親戚の方もいらっしゃると思います。 そんな親戚の方に一言を書くのはなかなか難しいものです。 その時はまず ご無沙汰をしていることへのお詫びをして、親戚の方の健康に気遣いの言葉を添えると良いでしょう。 【例文】 今年は6月に娘が嫁ぐことが決まりました。 とても良い方に巡り会えて、親としてほっとするとともに少し寂しさも感じております。 叔父ご夫妻には小さい頃よりかわいがっていただいてとても感謝しております。 できましたら娘の晴れの姿をご覧いただけましたら、娘共々嬉しく思います。 親戚宛ての年賀状になると、言葉遣いなど気を使わなければならないところも出てくるかと思いますが、 大事なのは心の思うままに書いていくことが良いかと思います。 相手のことを気遣い、思って書く一言は相手にも伝わります。 またこちらで書かせていただいた文例も参考になれば幸いです。

次の

ビジネス年賀状の一言コメントやメッセージ、挨拶文の例文10選

年賀状 コメント

定番の挨拶編での年賀状の面白い一言2つ目は、友達に対して感謝の気持ちを入れることです。 友達に感謝している気持ちを年賀状に一言添えるのもおすすめです。 特別面白い一言というわけではありませんが、なんだか笑みが溢れるような年賀状にすることができますよ。 仕事の同僚に対して日頃思っている感謝の気持ちや、激励の気持ちを取り入れるのも、特別面白いというわけではありませんが、もらった相手も嬉しい気持ちになるはずです。 今年も共に頑張りましょう• 本年も新たな気持ちで頑張りましょう• 充実した一年になりますように• 共に飛躍の年にしましょう• いつも助けてくれてありがとうございます• 近状報告も笑える一言を添えると、年賀状も面白くすることができます。 楽しい雰囲気になるような年賀状に仕上げることができるのでおすすめです。 赤い糸がまだみつかりません。 目標体重が年々遠ざかっています• どうしましょう。 三十路です。 最近娘が構ってくれません。 なんだか体重が増える一方です。 ボチボチ幸せです。 歳だけじゃなく白髪も増えました。 あっ、シワも... 嫁が年々強くなる一方の我が家です。 よくテレビ番組などで見ることも多いと思いますが、文章の一番左の一文字だけを縦に読むことで、年賀状の挨拶を作ることができます。 なぞなぞを取り入れることでなんだか面白い年賀状になるはずです。 今年は良い一年でありますように• 年が明けたらお互い受験だね• もうやり残したことは何もない• よく寝てよく勉強して互いに• ろう人生活打破しよう!• しんぱいしてないよ• くいずの問題を解くように、すらすらセンター試験も解けるはず!• こちらの例文は、正月にちなんだなぞかけを添えているものです。 なぞかけのお題は正月や年賀状はもちろんのこと、お年玉や初日の出、うさぎなど正月に関係するものなんでも問題ありません。 小さな娘のカルタ取りとかけて小さな息子が餅焼きするとときます。 その心は?「手を焼いています」• お節料理とかけてドーナッツとときます。 その心は?「わです」• 自前のおせちを食べるとかけまして消防士とときます。 その心は?「命懸けです」• 初詣とかけまして人気の政治家、または因縁の格闘家とときます。 その心は?「さいせんします」• お正月とかけて五輪の日本選手とときます。 その心は?「謹賀新年 金が信念 」• オニがある動物をのみこんで化けるお正月の食べ物は?「お雑煮」• 友達に対してさりげなく文章の中におもしろコメントを入れることで、ダジャレのような面白い年賀状にすることができますよ。 今年もよろしくお願いしマウス!• モー初詣には出掛けた?• 虎が笑っトラ!• ぴょんぴょん飛躍の1年になりますように!• 今年は何事もなくウマくいきますように!• あけましておメェ~でとう!• ウッキッキーな1年にするでござる!• 今年こそ羽ばたきます!コケコッコー!• 今年もワンダフルに頑張ります!• 年賀状のおもしろコメントとして、干支の語呂合わせを年賀状に取り入れるのもおすすめです。 洒落をきかせつつもしっかりと抱負を伝えるのもおすすめですよ。 私も本年は「チキン」と物事を進めたいと思います。 私も今年は「イケメンドリ」放題の年になるようにしたいです。 私の家もいつも息子と娘でにぎわっとります。 今年は努力を重ねて「OKgood! コケコッコー! 」といわれるようにしていきたいと思います。 昨年はお世話になりました。 もうサル年は振り返らずに、今年は大トリを目指して1年間を駆け抜けます。 どうぞよろしくお願いいたします。 旧年中は大変お世話になりました。 今年はチーム一丸となり、トリのように一糸乱れぬ結束力で望んでいきます。 今年もよろしくお願いいたします。 年賀状に面白い一言を入れてみよう! いかがでしたでしょうか。 今回は年賀状の面白い一言についてご紹介しました。 年賀状に面白い一言を添えるだけで華やかの年賀状にできるのでおすすめです。 ぜひこの機会に面白い一言を添えてみてくださいね。 またこちらの記事では年賀状の一言コメント文例についてご紹介しているので、是非こちらもご覧ください。

次の

2020年(子年)年賀状 一言メッセージ

年賀状 コメント

Sponsored Link お正月の楽しみの一つといえば、 年賀状ですよね。 子供の頃からの楽しみでしたが、大人になるとまた違った楽しみ方があります。 それは、 添え書き。 友人や親戚なら親しみのこもった楽しい添え書き。 職場の上司ならまた違った良い言葉を贈りたいですね。 今回はそんな 年賀状の添え書きで、気の利いた言葉や一言を下記の順番に紹介していきたいと思います。 ・年賀状の添え書きを書く前の注意点は? ・友達や仕事の同僚に送る年賀状の一言添え書きは? ・疎遠の友人に年賀状の一言を添えるなら? ・親戚への年賀状で一言コメントを書きたい場合は? ・先生や先輩など、目上の人へ送る場合の文例は? ・上司に送る年賀状に一言添える場合の文例は? ・お客様や取引先への添え書きの文例は? Sponsored Link 年賀状の添え書きを書く前の注意点は? 年賀状を書く上で、実はちょっとした 注意が必要です。 友人など気心が知れた相手なら笑って許してくれるかもしれません。 しかし、社会人となり目上の方に送る場合もありますので、いくつかこちらに記述します。 賀詞について 賀詞とは、 賀正、謹賀新年(恭賀新年)、迎春、寿など、いろいろな言葉があります。 一文字のものや二文字のものは友人や後輩には大丈夫ですが、目上の方には失礼に当たりますのでご注意ください。 目上の方には四文字が良いですね。 昨年(去年)お世話になった方へのお礼 「去年」という言葉を使っていた方もいると思います。 しかし、去年の去は去るという 「忌み言葉」になります。 したがって、 去年という言葉は年賀状には適しません。 句読点について ついつい、添え書きに 「、」や「。 」の句読点を使う方は多いのではないでしょうか? 実はこちらは 付けないのがマナーですので注意しましょう。 ただし、必ずしも付けてはいけないわけではないので、相手との関係性や会社の雰囲気をみて対応してもいいでしょう。 友達や仕事の同僚に送る年賀状の一言添え書きは? 仲の良い友人や同僚に添える一言なら、あまり気兼ねせず親しみのこもった言葉が良いですね。 親しい友人への一言添え書き例 「最近忙しくて なかなか会えないね また遊びに行こう」 「ご無沙汰しています 今年こそ会えますように」 「お元気ですか?また久しぶりに会って話でもしましょう」 「お仕事は順調ですか?身体を壊さないように気をつけてね」 「今年はみんなで会えるといいね」 「同窓会で会えるのを楽しみにしています」 親戚への年賀状で一言コメントを書きたい場合は? 親戚へ一言添えるとすれば、交流関係なども重要になってきます。 交流があまりなければ、接点を見つけづらいですね。 そのため無難な書き方として、親戚への添え書きは、 自分の家族の近況を報告したり相手の家族を気遣う言葉を添えるのが望ましいと思われます。 基本としては、取引先やお客様となると、 さら に丁寧な言葉づかいを心がけるべきです。 誤字脱字にも注意しましょう。 友人への年賀状には言葉に悩むことはなくとも、上司や目上の人へ送る際には、何を書けばいいか悩むこともあると思います。 そんな方に今回の記事が手助けとなれば幸いです。 プリンターで印刷してしまい、添え書きを書かない方も多いようですが、やはり 手書きの文字は暖かみがあります。 きっと喜んでもらえることでしょう。 今年年賀状を送る際には、ぜひ 手書きで挑戦してみませんか。 ほかの年賀状よりも存在感が光りますよ。 こんばんは。 コメントありがとうございます。 年賀状の送付を欠礼する場合の文例を 3つほどご紹介致しますので、ご参考下さい。 【例文1】 「おかげさまで〇〇歳を迎えました。 今年を持ちまして賀状を控えさせていただきたいと思います。 長年のご厚誼を感謝申し上げますと共に、 御一家さまのますますのご繁栄をお祈り申し上げます。 」 【文例2】 「謹んで新春のお慶びを申し上げます。 旧年中はひとかたならぬお世話になり、誠にありがとうございました。 永きに渡り皆様にはあたたかい賀状を賜り、誠にありがとうございました。 心より御礼申し上げます。 皆様のご多幸とご健康を祈念申し上げます。 」 【文例3】 「毎年頂いておりました年始のご挨拶でございますが、 寄る年波を感じるに至り、誠に勝手ながら本年を持ちまして 年頭年始のご挨拶を控えさせていただきたく存じます。 どうか悪しからず御了承のほど、よろしくお願い申し上げます。 御一家の皆様のますますの御繁栄を祈り上げます。 」 以上が年賀状の送付を欠礼する場合の文例となります。 ご参考頂ければ幸いです。 こらからますます寒い時期となりますので、 お身体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

次の