新型 コロナ ウイルス 薬 アビガン。 富士フイルム、新型コロナに対する「アビガン」の治験の詳細が明らかに:日経バイオテクONLINE

特例承認された新型コロナ治療薬「レムデシビル」とは? 「アビガン」見送りはどうして?

新型 コロナ ウイルス 薬 アビガン

新型コロナウイルス感染症に効くと期待されている薬の一つが「アビガン」です。 感染した著名人に使用されたり、早期承認を目指すと安倍首相がコメントしたりで、ニュースなどでよく取り上げられ、ご存じの方も多いでしょう。 アビガンはもちろん抗生物質ではなく抗ウイルス薬です。 それも、もともとはインフルエンザに対する薬です。 抗インフルエンザ薬だったら、他にもタミフルやリレンザがあります。 これらも抗ウイルス薬です。 しかし、タミフルが新型コロナウイルス感染症に効くかもしれない、という話はほとんど聞こえてきません。 アビガンとタミフル、どちらも抗ウイルス薬なのに、いったいなぜアビガンは期待され、タミフルはそうでもないのでしょうか。 それは薬が効く仕組み(作用機序)にあります。 タミフルがインフルエンザに効く仕組みは、インフルエンザウイルスに感染した細胞からウイルスが放出されるのを邪魔することです。 より詳しく言えばノイラミニダーゼという、細胞の表面とウイルスを切断する酵素を阻害します。 リレンザ、イナビル、ラピアクタといった薬も同じ仕組みで効き、ノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれています。 新型コロナウイルスはノイラミニダーゼを持っていません。 よって、タミフルをはじめとしたノイラミニダーゼ阻害薬は新型コロナウイルスに効かないと考えられます。 アビガンが効く仕組みは、ウイルスのRNAが複製されるときに働く酵素であるRNAポリメラーゼを邪魔することです。 新型コロナウイルスは、インフルエンザウイルスと同じくRNAウイルスであり、増殖するときにRNAポリメラーゼが働きます。 よって、RNAポリメラーゼを邪魔するアビガンは新型コロナウイルスに効くことが理論上は期待できます。 あくまでも理論上ですから、臨床試験を行って本当に効果があるのかどうかを検証する必要はあります。 副作用についても、効く仕組みからある程度は推測できます。 アビガンには副作用として催奇形性、つまり胎児の成長に異常をもたらすリスクがあります。 妊娠している女性には使用できませんし、男性もアビガンを使ったら一定期間は避妊しなければなりません。 日常診療においてインフルエンザにアビガンが使われていなかった理由の一つは、この副作用です。 アビガンはウイルスのRNA合成を特に阻害するように工夫はしてありますが、それでも人のDNAやRNA合成への悪影響はゼロではありません。 細胞分裂が活発な胎児においてはその影響は無視できないものになります。 一方で、効く仕組みが異なる薬があるのは利点です。 アビガンは日常診療では使えませんでしたが、新型インフルエンザに備えて備蓄はされていました。 タミフルに耐性を持つウイルスが現れたとしても、効く仕組みが異なるアビガンは効果を期待できます。 今回の新型コロナウイルスの流行は想定外でしたが、結果的には備蓄が役に立つかもしれません。 現在、新型コロナウイルス感染症に対するアビガンの臨床試験が複数、進行中です。 アビガンが効くのかどうか、効くとしたらどれぐらい効くのか、注目しています。 別ウインドウで開きます <アピタル:内科医・酒井健司の医心電信>.

次の

日本発「アビガン」、世界中でコロナ治療の治験が急ピッチ…副作用がことさら強調され過ぎ

新型 コロナ ウイルス 薬 アビガン

当初は新型インフル向け アビガンをめぐっては、藤田医科大学が進めている特定臨床研究が中間解析の結果、有効性を示せなかったとする記事を一部報道機関が流した。 藤田医大はこの件について20日、Zoomで会見を開き「中間解析は有効性を評価するものではない」とし、現段階では判断できないと説明した。 安倍首相はこれまで、会見などで「3千例近い投与が行われ、効果があるという報告も受けている」「効果があるという成果が出れば、月内の承認を目指したい」と、いった発言を繰り返してきた。 アビガンは、新型インフルエンザの薬として2014年に承認された。 タミフルなどのインフル治療薬は細胞内でのウイルス増殖を抑えないものが大半だが、アビガンは増殖そのものをブロックする。 ウイルスに耐性ができるなどほかの治療薬が効かなくなった事態を想定し、国が必要と判断した場合にのみ患者に使うことを検討する、という前提だった。 このため、新型インフル発生時の「切り札」というイメージを持たれているが、現実は、そもそも効果があるのかどうかさえはっきりしていない。 アビガンについて、医薬品医療機器総合機構の審査報告書にはこうある。 「本剤の季節性のA型またはB型インフルエンザウイルス感染症に対する有効性はいまだ検証されたとは言えず、米国において臨床での有効性が示唆された段階に過ぎない」 厚生労働省新型インフルエンザ関連の小委員会作業班メンバーとして、アビガンの有用性について検討したことがある倭(やまと)正也・りんくう総合医療センター感染症センター長(大阪府)は「アビガンに新型コロナへの治療効果があるのかどうかは、まだ証明されていない」と話す。 りんくう総合医療センターでも、人道的な見地から未承認薬を使う制度を利用し、10人ほどの患者で使ったという。 しかし、効果があったかどうかは判断できていないという。 「自然経過で治る場合もあるだろうし、逆にプラセボ効果といって、アビガンを飲んでいるというだけで患者が何らかの安心感を得られる場合もある」。 患者をアビガンをのんだグループとのんでいないグループに分けて比較試験をしないと、見極めが難しいという。 アビガンはコロナに効く? それでは、アビガンの効果を裏付ける試験はどういう状況にあるのか。 国内では、開発したメーカーの富士フイルム富山化学が96例を目標にアビガンを使った場合と使わなかった場合とに分けて効果を比較する前向きの臨床試験を進めている。 藤田医科大学は特定臨床研究のほか、アビガンを使った患者の経過を観察する研究にも取り組んでいる。 臨床研究に詳しい植田真一郎・琉球大教授(臨床薬理学)は「国内でも患者に使う観察研究が進んでいるが、これは人道的な見地からアビガンを使い、経過を記録しているに過ぎない。 自然に治る患者さんが多いため、病状の改善がアビガンによるものか、自然経過なのかまったくわからず、何千例積み上げても効果を評価できない。 効果をみるには、アビガンを使った患者と使わなかった患者を比較して効果を確かめる臨床試験が必要だ」と話す。 そのうえで、臨床試験の難しさも指摘する。 このため、臨床試験によって薬の効果を致死率の違いで比べることは難しく、症状が続く期間など評価が難しい指標で比べざるを得なくなる」 先日、新型コロナに対して米国….

次の

アビガンとタミフル、同じ抗ウイルス薬でなぜ期待に違い:朝日新聞デジタル

新型 コロナ ウイルス 薬 アビガン

新型コロナウイルス肺炎に 抗HIV薬、抗エボラ薬が試用され、 一部では治療効果が報告され始めた。 だが、本命は間違いなく、 富士フィルムのアビガン。 開発者の白木教授が、 テレビ番組で新型コロナウイルスに効くと明言。 「すべてのRNAウイルスに効く。 」とも。 だからこそ、邪魔が入る。 アビガンが、 新型コロナにもエボラにもSARSにも 鳥インフルにもC型肝炎にも 効いてしまっては、 世界中の薬品会社が困る。 安倍政権は、 背後のDeepStateに脅されて、 アビガンの封印に走るであろう。 安倍一味を倒して、 アビガンを世界に! 世界に福音を! 2020年2月 7日 金 白木教授:「新型コロナウイルスにはアビガンが効く。 アビガンはすべてのRNAウイルスに効きますので。 ただ、日本ではまだ重症例がないので、 重症になったら この薬が日本では一つの選択になると思います。 すべてのRNAウイルスに効きますから、 エボラにも使われたように。 ただインフルエンザで使ったのは 一日3グラムでしたけれど、 エボラでは6-9グラム使ってますので。 それぐらい使わないといけないけど効くんだろうと。 アビガンのことも白木先生のこともわかっていない ドシロウト集団の愚かな番組、 腹が立ちますね。 白木先生の上記の発言がどれほど重要であるか、 この連中にはわからない。 それとも、無視するように指示が出ていますか? 備考: インフル用で一日3グラム。 新型コロナなら6~9グラムとなると、 備蓄200万人分は100万人分以下と思ったほうが 良さそうですね。 2020年2月 7日 金 アビガン模造品を中国で探してください! (richardkoshimizu のブログ) 現状では、 富士フィルム富山化学の「アビガン」が 新型コロナウイルスの特効薬として、 最も有力と思われます。 開発者の白木教授も、 アビガンで治ると テレビではっきりと示唆しています。 だが、問題があります。 厚生労働省は、 この薬を特効薬と認めず、 隠蔽するでしょう。 理由があるからです。 アビガンは、 もともと抗インフルエンザ薬として 開発されたものですが、 「同一細胞内でのウイルスの複写を阻害する」 という新しい機序で働く新薬です。 そして、原則として すべてのRNAウイルスに効果がある。 実際に、エボラ出血熱患者に投与されて 成果を出しているし、 SARSにも効果ありとわかっています。 SARSは、 新型コロナウイルスと同じコロナウイルスの一種で、 遺伝子配列の8割は共通です。 他のRNAウイルスである HIVウイルスやC型肝炎にも使えるようです。 つまり、ほとんどすべてのメジャーなウイルスに効力がある。 そんな夢のような薬が世に出れば、 世界の製薬業界、医療界には大打撃です。 既存の高価な薬が売れなくなります。 医療利権が崩壊します。 よって、世界の「影の政府」に隷属する 安倍政権・厚生労働省は、 アビガンを 「備蓄はするけれど、 政府が管理し政府の決定なしには表に出ない」ように 封印してしまった。 結果、200万人分が備蓄されているが、 医療現場には一切出てきていない。 よって、新型コロナウイルス騒ぎが拡大しても、 厚労省も安倍政権も動かない。 アビガンに声は掛からない。 富士フィルムは、 政府の要請を待っているというのに。 グズグズしているうちに、 毎日70人以上が死んでいく。 その数は、今後も桁違いで増えていく。 そこで、中国にいる日本人諸君に提案です。 中国は、特許侵害のお得意な野蛮な国です。 よって、アビガンも人民解放軍がコピーして 模造薬を開発し、 民間に製造させています。 大手の四環医薬の製造するJK-05が、 アビガンの模造薬です。 中国にいる日本人諸君、 このJK-05をなんとかして手に入れて、 今にも死にそうな重症患者に投与してみてはいかがか? ほかに手立てのない重症患者を 最後の最後に救うことができれば、 法律も特許も知ったことではない。 ただし、JK-05が使えるとわかったとしても、 必要量が中国で手に入るとは思えません。 そこで、日本にある200万人分のアビガンの備蓄が 役に立ちます。 200万人分はインフル用ですが、 そのまま使える模様です。 アビガンが使えるとわかれば、 中国政府は日本政府に提供を強く求めるはずです。 安倍政権も世論に押されて断りきれなくなる。 これで、世界に広がった新型コロナウイルス感染症は、 撲滅できる。 ウイルス戦争を仕掛けた連中に対抗できる。 人類の危機を回避するために、 行動できる立場にあるみなさんが行動してください。 リチャード・コシミズ 中国企業が「アビガン模造薬」生産か 富士フイルム、特許侵害なら提訴の構え 富士フイルムホールディングスが 2008年に買収した富山化学工業。 同社のインフルエンザ治療薬が、 エボラ出血熱への効果を期待されている エボラ出血熱の治療薬として期待されている 富士フイルムホールディングス(HD)グループの 「アビガン(一般名・ファビピラビル)」の模造薬を、 中国企業が生産しているとして、 富士フイルム側が中国企業に調査を求めている。 同社は2004年から13年にかけて 中国でアビガンの関連特許を取得済みで、 公開された特許情報を見て製造された疑いがあるという。 特許侵害ならば提訴を辞さない構えをみせているが、 中国では研究開発段階の医薬品に関し 特許侵害に当たらないとする判決事例も多く、 問題が深刻化する可能性もはらんでいる。 「同じ成分」で疑惑 中国では、 偽ブランド品などによる 知的財産権の侵害が相次いでいるが、 発売前の先端医療品にまで 被害が広がっている可能性が出てきた。 アビガンの模造薬とみられているのは、 中国大手製薬会社「四環医薬」が保有する 「JK-05」と呼ばれる薬品。 世界保健機関(WHO)の担当者が アビガンと「成分が同じだ」と 指摘している。

次の