もらってください 敬語。 電話対応の敬語はこれで完璧!シーンごとの例文つき

「見てもらう」の敬語表現と例文|謙譲語/丁寧語/尊敬語

もらってください 敬語

ビジネスシーンにおいて、やはり 「もらう」行為というものはつきものです。 お茶の接待や差し入れを「もらう」こともあれば、仕事を「もらう」こともあります。 【敬語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? まず「もらう」には 「くださる」「いただく」など、さまざまな敬語があります。 もちろん、それぞれの言葉は、相手とその関係、相手と自分たちのビジネス上の状況などを踏まえて、適切な言葉を使う必要があります。 早速ですが「もらう」の敬語について、詳しく見ていくことにしましょう。 1.「もらう」の敬語で一般的なのは「お受け取りになる」「いただく」など 「もらう」という言葉をビジネスシーンで敬語として使用する場合、一般的な敬語としては「お受取りになる」や「お納めになる」となることが多いです。 例えば、先方の企業に資料などを送った場合は、「資料をお送りしましたのでお受取りになってください」というように使うのが一般的です。 一方、先方の企業から資料が届くときには、「いただく」や「頂戴する」といった 謙譲語を含む敬語と使用すると良いでしょうす。 例えば、「新商品のご提案をいただきまして、ありがとうございます」のように使用することをおすすめします。 スポンサーリンク 2.電子メールに使われる「ご査収」は敬語になるのか? 「もらう」の敬語には、「お受取りになる」や「いただく」以外にも、さまざまな敬語があります。 例えば、電子メールなどで見る機会の多い「ご査収」という言葉も敬語にあたります。 「ご査収」には、書類などをよく調べて受け取るという意味があります。 実際に使うときには「資料を添付しておりますので、よろしくご査収ください」というように、先方に送った資料などを読んでもらいたい、そのことを伝えるために使うことが多いです。 この時に注意が必要なのは、既に確定した資料などを見てもらうときです。 ここで「ご査収」といってしまうと、既にすりあわせ済みの案件をまた見て欲しいという意味になり、相手に 二度手間をかけてしまうことになるので、作業や商談の進み具合によっては「ご査収」という言葉を使わない方がいいでしょう。 【尊敬語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? 敬語は行動の主体が誰かによって、使い方が変わります。 特に「相手の行動や相手の物を敬った表現」を敬語表現を尊敬語と言い、基本的に「お~になる」「お~られる」「お~くださる」という使い方をします。 この章では、もらうの「尊敬語」について詳しくご紹介します。 1.「もらう」の尊敬語は「お受け取りになる」または「お納めになる」が基本 もらうといえば、相手から自分に対して何かを「もらう」ことが一般的です。 自分から相手に対して何かを贈る場合は「あげる」ですので、自分があくまで 受身になっていることを忘れないようにしましょう。 スポンサーリンク ですので、自分がどのような立場の人から、なにをもらうのかによって、敬語も変わってくるというわけです。 実際、「もらう」の尊敬語は 「お受け取りになる」または 「お納めになる」のいずれかが望ましいでしょう。 例えば、上司が誰かから贈り物をもらうとき、自分は部下として上司に贈り物をするのですが、あくまで目上の上司に贈り物をするのですので、そこで「もらってください」とか「おもらいください」では、失礼極まりないです。 その時に「贈り物ですがお受け取りください」というようにすれば、尊敬語を十分に活用できているといえます。 2.「もらう」の尊敬語をビジネスシーンで使うときの例文は? それでは、実際に「もらう」の尊敬語を、実際に使うときの例文をいくつかご紹介したいと思います。 先ほども紹介しましたが、目上の人に対して何らかの贈り物をする時に、どのような言葉を使うと 失礼に当たらないか、それを考慮しながら例文を見てください。 ここで紹介したいのは 「お納めください」という尊敬語です。 別の言い方をすれば「ご査収ください」とも言い換えることができるのですが、目上の人に対して何かを報告する、金額を提示するときには、それらに関する資料を「お納めください」と尊敬語で渡すことも可能です。 お納めくださいとは、平たく言えば「納入」のことです。 納入するという行為を、尊敬語で先方に伝えると「お納めください」となる、その仕組みだけは覚えておいてください。 3.第三者の立場で「もらう」行為を表現するときには「もらわれる」で十分 ビジネスシーンにおいては、自分以外の誰かが「もらう」行為を行い、そのことを自分が伝えなくてはならないこともあります。 例えば、上司が取引先の企業から資料を提供されていた、そのことを「もらう」の尊敬語を使って表現するならば、次のような言葉になります。 スポンサーリンク 一般的には「もらわれる」という言葉を使うのが、ビジネスシーンにおいては常識といえます。 最後の例文の「おもらいになる」という言葉でも、使って問題があるわけではありません。 ですが、めったに聴かない言葉であることと、聞き間違えると「おもらし」など、汚らしい言葉に聞き取れることもあるので、できることなら「もらわれる」とか「受け取られる」など、 シンプルで 意味がわかりやすい敬語を使うことをお勧めします。 【謙譲語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? 次に「もらう」の謙譲語を見ていきましょう。 謙譲語の場合は、目上の人から自分に対して何かを頂戴すること、そのことを へりくだって表現することで、相手に対する経緯を表現する必要があります。 「もらう」の謙譲語についても、例文を踏まえて詳しくご紹介しましょう。 1.「もらう」の謙譲語としては「いただく」でも十分活用できる そもそも、謙譲語は 自分側をへりくだる表現です。 謙譲語は、基本的に自分の行為または自分側の人の行為を指して使うのが基本です。 例文としては、次のような例があります。 ・A社の部長様からご連絡を頂戴しました ・B社のご担当者様からご提案をいただきました ・C社との業務提携の話で、お話をくださいました ここで 「くださる」という言葉を例示しましたが、この「くださる」も十分謙譲語として使えます。 一般的に「くださる」は、自分たちよりも目上にあたる人々が、自分たちのためにアクションを起こしてくれた時などに、使うことのできる謙譲語ですので、活用してもいいでしょう。 【丁寧語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? 次に「もらう」の丁寧語を見ていきましょう。 丁寧語は一般的に 「です・ます」を動詞や形容詞に付け加えるだけで活用できるとされていますが、「もらう」の場合には、なかなか難しい場合があります。 「もらう」の丁寧語は、単純に言えば 「もらいます」になってしまいますので、これでは物をもらうだけなのか、何かをしていただくことなのか、正直言ってわかりにくいのです。 そのことを踏まえて、これから例示する内容について確認してみてください。 1.「もらう」の丁寧語は「です・ます」ではなく「えます」で代用する 丁寧語は、日常的に幅広く使える丁寧な言葉であり、「です・ます調」を使うだけなので、非常にシンプルに丁寧さを表現することができます。 しかし、 目上の人とのコミュニケーションの際には、尊敬語や謙譲語と組み合わせて使うことが望ましいです。 「もらう」の丁寧語は単純にです・ます調に直すと「もらいます」になることは、先ほどご紹介しましたが、もともと「もらう」という行為が相手にお願いをする意味があります。 それが「もらいます」と言い切ってしまえば、まるで行為を 強制するニュアンスになってしまうので、このまま使うと高圧的な印象を与えてしまいます。 ですので、「もらいます」ではなく、むしろ「もらえます?」と疑問形にして使う方が、相手への高圧的な印象を少しは和らげることができます。 2.「もらう」と「くれる」の意外な意味の違いにも注目しよう 「もらう」と同じ意味合いの言葉といえば 「くれる」という言葉があります。 ・上司の許可もあって、弊社にいいご提案を差し上げることができました。 ・同僚の協力で、弊社のご提案を実現させていただく目処が立ちました。 このように、丁寧語を使って立てるべきは「弊社」であることを、日ごろから忘れないでください。 何気なく使っている会話文の中で、これらの丁寧語の言い間違いに気づく人はいないかもしれませんが、むしろ気づく人がいれば、あなたの 気遣いに気づくことになるでしょうから、きっとあなたの株が上がることは間違いないでしょう。 まとめ 今回は「もらう」という言葉の敬語について、詳しくご紹介しました。 「もらう」という言葉には、相手から受けた恩恵に対する 敬意が込められています。 その恩恵に対して、もちろん「ありがとうございます」という言葉を発することは必要ですが、いただいた恩恵に関して、十分に敬意を払った接し方をすることも重要です。 もちろん、その時には自分の立場をへりくだって相手に伝えるということは、どんな敬語を使うときでも変わりはありません。 特に「もらう」という言葉には、「いただく」「頂戴する」「お受け取りになる」など、さまざまな敬語があるということは、さまざまな感謝の表し方が必要であったという証ともいえます。 ビジネスでは、どのような出来事が、いつ起こるかわかりません。 そんな「いつかの出来事」の時に、過去の振る舞いが失礼になっていて、親身に対応をしてもらえなくなるようなことがないように、日ごろからしっかりと敬意を払った接し方を心がけましょう。

次の

教えてもらってください、を敬語で

もらってください 敬語

公開日: 2018. 11 更新日: 2019. 07 「お電話」のビジネスの使い方、「お電話差し上げる」は正しい?適切な敬語を解説! ビジネスシーンにおいて、大変なのが電話対応です。 会社には上司宛であったり、取引先やお客様からなどいろいろな人から電話がかかってきます。 そんな電話対応の中で、難しいのが敬語の使い方です。 電話をかけてくれた相手に対して、失礼であってはいけませんよね。 ですが、そもそも「お電話」という表現は正しいのか、「お電話差し上げる」は目上の人に使っていいのかと迷ってしまいますよね。 そこで今回は「お電話」の正しい使い方、「お電話」とともに使われる敬語について解説していきます。 適切な敬語表現を知って、上手く使いこなせるようにしましょう。 「お電話」は正しい敬語 「お電話」の「お」は敬語の接頭辞 「お」は敬語の接頭語です。 「お電話」は正しい敬語で、尊敬語にも謙譲語にも丁寧語にも美化語にもなりえます。 「お電話」の後に続く言葉が尊敬語か謙譲語かによって、「お電話」も尊敬語か謙譲語となります。 ですので、自分の動作に「お」をつけるのはおかしいのではと疑問に思っているかもしれませんが、 「お電話」は相手の動作に対しても自分の動作に対しても使えます。 例えば、「お電話ありがとうございます」といった場合は相手を高める尊敬語になります。 一方で「お電話いたします」とした場合は相手に敬意を表しているため謙譲語に当たります。 「お電話」は美化語でもある また、「お電話」は美化語にも当たります。 接頭語「お」はとても汎用性が高く、様々な範囲で使われます。 尊敬語か謙譲語か区別するのは難しいですが、文脈によってしっかり分類できるようにしましょう。 外来語にこの表現は使わないので注意しましょう。 「お電話差し上げる」の意味と使い方 「お電話差し上げる」の意味は「電話をしてあげる」の謙譲語 「差し上げる」の意味は、 「やる」「与える」の謙譲語となります。 「差し上げる」は「奉仕の気持ちをもって捧げる」というニュアンスが含まれます。 「花を差し上げる」といったように「与える」という意味としてだけでなく、「ご説明して差し上げます」といったように「やる」という行為をするといった意味でも使うことができます。 「お電話差し上げる」は自分が電話するときにのみ使う 「差し上げる」は謙譲語です。 自分を謙って相手を立てる言葉なので、相手の動作に「差し上げる」を使うと失礼に当たります。 「お電話差し上げる」は上から目線に感じられることがある 「差し上げる」は「〜してあげる」の謙譲語なので、「お電話差し上げる」というフレーズは自分を謙り相手を立てていることには間違いありません。 ですが そもそもの「してあげる」というニュアンスが相手に上から目線に聞こえてしまい不快感を与えてしまう可能性があります。 相手にとって利益やメリットがある内容でないと偉そうで厚かましい響きになってしまうので注意してください。 例えば、頼んでもいないのに「教えて差し上げる」と言われたらどう思うでしょうか。 「教えてやる」と上から目線のように感じ、不快感を持ってしまいます。 こういった場合は「教えて差し上げる」ではなく、「必要であればご説明します」「良ければご案内します」と言い換えた方が適切になります。 目上の相手には「お電話差し上げる」「メールを差し上げる」は使わないのがベスト 「お電話差し上げます」や「メールを差し上げる」は相手がこちらからの電話やメールを望んでいる場合にのみ使うことができます。 例えば、取引先や顧客様から電話があった際に担当者が不在で、戻り次第こちらから電話をすることを伝える場合に「担当者が戻り次第、折返しお電話差し上げます」と使います。 ただ何度も説明しているように目上の相手に対して、いくら相手が電話を望んでいるとはいえ「電話をしてあげる」といったニュアンスが含まれる表現です。 そのためなるべく「お電話差し上げる」「メールを差し上げる」といった表現は避け 「折返しお電話いたします」「ご連絡します」と言い換える方が良いでしょう。 「お電話差し上げる」の例文 例文 ・こちらの方で準備が整いましたらお電話差し上げます。 ・それでは、また後ほど折り返し電話差し上げます。 実はこの表現は誤りです。 「頂戴」は「もらう」の謙譲語で、物をもらうときに使う表現なので、電話番号だったり名前を聞くときに使用するのは間違いになります。 電話番号を聞くときは「お伺いしてもよろしいでしょうか」「お名前をお教えいただけますでしょうか」などを使います。 「お電話させていただく」の意味と使い方 「お電話させていただく」は「電話をさせてもらう」の謙譲語 「させていただく」は、 使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 そのため「お電話させていただく」は謙譲語となります。 「お電話させて頂く」と漢字で書くのは誤用 「させて頂く」は誤りで、正しくは「させていただく」と表記します。 「頂く」と漢字表記にする場合は、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 逆に「いただく」を「頂く」と漢字表記ではなく、平仮名表記にしなくてはいけない場合があります。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、 補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、 「何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。 「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 「お電話させていただく」場合は相手や第三者からの許可を受けて行う 「させていただく」は、 使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 不適切な場面で「お電話させていただく」を使うと、こちらが許可したようなニュアンスになり、違和感を持つという人もいます。 「電話差し上げる」は電話する自分を低め、動作の向かう先である相手を高めるということになるのに対して、 「電話させていただく」は許可を受け自分が電話をすることによって、(自分が)ありがたく思うことを伝える言い回しになります。 「お電話させていただく」の例文 例文 ・よろしければ終わり次第、お電話させていただきます。 ・準備が整いましたら、こちらからお電話させていただきます。 「お電話いただく」の意味と使い方 「お電話いただく」は「電話をかけてもらう」ことの謙譲語 「いただく」は 「もらう」の謙譲語です。 「お電話いただく」は「電話をかけてもらう」という意味になります。 「私はあなたに〜(して)もらったことを(私にとってメリットになることであると感じ)ありがたく思う」というニュアンスです。 「お電話いただけると幸いです」はとても丁寧な表現 相手に対して電話をかけてもらうことを頼む場合は、 「お電話をいただけますか」「お電話いただいてもよろしいでしょうか」を使います。 また 「お電話いただけると幸いです」も丁寧な表現です。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 電話をかけてもらったことに対してお礼を述べる場合は、「お電話いただきまして、ありがとうございます」ということができます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

ご捺印やご押印お願いする際の敬語の使い方とは!

もらってください 敬語

現代日本人は「いただく」が大好きである。 しかし、無闇に使っては敬意を表す気持ちが失われてしまって本末転倒だ。 ここでは、よく使われているわりに誤用の多い「いただく」について解説する。 「いただく」 「いただく」という敬語が、正しく使われているとは言いがたい。 スーパーの食品売り場からもおかしな「いただく」が聞こえてきた。 「どうぞー。 お味見もいただいておりますよー」 この文言は、「味見ももらっている」と言っているのである。 これは日本語として通用しない。 言いたいのは「味見してみてください」ということだろうが、それならばわざわざ「いただく」を使う必要はない。 「どうぞ召し上がってみてください」「ご試食、いかがですか」など、他の表現はたくさんある。 「いただく」さえ使っていれば上品だということはないのである。 「~していただいてもよろしいですか」 最近は「~していただく」という言葉もよく聞く。 「~していただきました」(~したのは目上であるあなた)とはすなわち、「私はあなたに~してもらった」であり、これが意味するのは「あなたが~した。 私はうれしかった」ということだ。 「~してもらえないか」と言えば、人に何かを依頼したり、命令したりできる。 しかし、最近では「~してもらってもいいですか」を「~してください」の意味で使う人が増えた。 聞き手に対して「~してほしい」と言いたいときに「~してもらっていいですか」と言うようになったのである。 これは依頼の表現「~してください」の敬意の度合いが下がって、命令のようにも聞こえるということで、使いづらくなったためだろう。 不思議な現象だ。 「先生がご説明いただいた」 「~してもらう」と「~していただく」の違いは敬語かどうかということだけだが、「~してもらう」を使った文にはまず見られない文法上の誤りが、なぜか敬語の「~していただく」のときには頻繁に表れるようになった。 それは助詞の間違いである。 「先ほど先生がこのことをご説明いただいたんですけど」 もちろんこの文の場合、「先生が」ではなく「先生に」が正しい。 「~してもらう」「~してくれる」を使った文では「が」と「に」を混同する人はいないと思うが、敬語の「いただく」「くださる」になると混同する人が出てくる。 「くださる」と「いただく」がほとんど同じように使われる場面もある。 デパートやスーパーなどでよく聞かれるアナウンスがそれだ。 「本日は、ご来店くださいまして、まことにありがとうございます」 「本日は、ご来店いただきまして、まことにありがとうございます」 アナウンスでは「誰が」「誰に」が表れていないため、いざ助詞が必要になったときによくわからなくなる。 助詞の誤用の元となったのが、このようなアナウンスであると言える。 「買ってきてもらってありがとう」 「もらう」と「くれる」の違いだが、「くれる」のほうが与えた人の意志性や親切心がよりはっきりと出る。 「友達がお弁当を買ってきてくれた」なら「友達が私の分までお弁当を買ってきた。 私はうれしかった」となり、「友達にお弁当を買ってきてもらった」だと「私が友達に頼んだ結果、友達が私のためにお弁当を買ってきた。 私は友達に感謝している」ということになる。 「買ってきてくれてありがとう」は言えるが、「買ってきてもらってありがとう」は不自然だ。 しかし、「くれる」と「もらう」のそれぞれの敬語を使ったアナウンスになると、その差はほとんど感じられない。 「ご来店くださいまして、ありがとうございます」と「ご来店いただきまして、ありがとうございます」とでは前者のほうが本来は自然な日本語であったのだろうが、現在は後者を不自然だと見なす人はいない。 『明鏡国語辞典』を真似て書くと、「もらった側を主語にとる『いただく』のほうが、私たちの喜びや感謝の気持ちがよりはっきりと出る」と感じる人が多くなっているのだろう。 「お名前様をちょうだいしても よろしいでしょうか」 相手の名前を尋ねる際にも、おかしな「いただく」が使われている。 「お名前様をちょうだいしてもよろしいでしょうか」これはシンプルな敬体に直すと「名前をもらってもいいですか」となる。 「お名前様」は過剰敬語というより完全な誤用である。 「お名前」だけで目の前の相手はもちろん、目上の第三者の名前のことにもなる。 「ご職業を教えていただけますか」の代わりに「ご職業様をちょうだいできますか」などと言う人はいない。 「ちょうだいしてもよろしいでしょうか」、すなわち「もらってもいいですか」を「教えてください」の代わりに使うことはできないのである。 へりくだって丁重に話すときに重宝される「いただく」であるが、用いる際には元の「もらう」の意味を思い出して、適切に使っているか注意を払ったほうがよいだろう。 謙虚な気持ちから使った「いただく」が、その機能を果たさないどころか、逆効果になってしまう。 『』 コンテンツ提供元:光文社.

次の