法事 お盆。 お盆・盆・初盆・新盆》準備・挨拶・法要・法事・お布施・香典・金額・服装

お盆に渡すお布施はいくら?相場と渡し方のマナーを解説

法事 お盆

仏教の盂蘭盆とは、飢えに苦しむ先祖を供養する孝行説法の一つでした。 盂蘭盆はインド・中国をわたって日本に伝来したといわれています。 仏教ではきちんと親や先祖を供養し、尽くすことがよいとされてを用意したり、盛大に先祖供養します。 同じように神道では、祖先崇拝の考えをもっています。 お盆の時期にはに行ったり、の前で手を合わせて、先祖への感謝を伝えるでしょう。 また、祖先の霊が私たちに影響をあたえると信じ、また祖先の霊はいつか昇華して神になる、と信仰されています(徳川家康を神格化した日光東照宮など)。 先祖供養・祖先崇拝だけでなく、お盆は一年間不幸のなかった家や両親が健在な家で「めでたい盆」として両親の長寿と健康を祝う行事でもあります。 神道では先祖の御霊を祀るために、お盆の時期には祖霊舎を清めたり、季節の果物やお酒をお供えしたりします。 やをして、先祖の御霊を迎え入れます。 photo:お供えするの例 () 仏式における・を神式では「新盆祭・新御霊祭(あらみたままつり)」と呼びます。 十日祭や・と同じで、御霊の安定を祈るための大切な行事です。 新盆・新御霊祭は、御霊が家族や子孫を守護する祖霊となるように丁重に執り行われます。 儀式としては、さんを呼んで奏上を行ってもらい、集まった方々でをします。 そのあとに会食をすることが一般的です。 神道の法事・法要について詳しくは「」をご参照ください。 お盆は、宗旨宗派にとらわれず、先祖を大切に思う日本の文化がつまっているようですね。 [PR] 「家の解体を考えているのだけど、どこに相談すればいいの?」 「解体業者を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「解体業者ってどうやって探せばいいの?」... [PR企画] 一年中お花の絶えない江戸川区の永代供養墓「久遠廟」 妙泉寺 永代供養墓「久遠廟」... 「ずっと家にいて終活が進まない」 「そろそろ納骨したいのに見学ができない」 そんなお悩みを少しでも解決すべく、青山霊廟 東京都港区北青山2-12-9・外苑前徒歩2... 【PR】不安定な世情の中、終末期について意識させられ、ご不安に思われる方も増えてきています。 エンパークでは、こんな世情だからこそ、心配されている方が増えている「葬儀・... [PR] 葬儀を終えて納骨先を探そうと調べてみると、想像以上に選択肢が多くて悩むことも少なくありません。 墓地や霊園だけでなく、屋内の納骨堂や永代供養墓、樹木... [PR] 「はじめての喪主、、、どこに相談すればいいの?」 「葬儀社を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「どうやって葬儀社を探せばいいの?」... あわせて読みたい 2019. 27 2020. 2 2019. 3 2020. 17 2013. 11 2020. クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 解体サポート 解体に関する記事の監修者• 敬食ライター ライター・レポーター• せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• 株式会社HOWL ライター・ディレクター• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者 あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の

初盆・新盆の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

法事 お盆

見出し• 法事・法要とは? 仏教では、逝去してから四十九日の間を「中陰」と言います。 中陰の間は、閻魔大王による裁きが七日おきに実施され、極楽浄土へ旅立てるか否かの判定が下されるのが四十九日目にあたり、この日が忌明けになります。 遺族は、七日おきの裁きに合わせて法要を営み、故人の冥福を祈ります。 日取り決めの際、法要を行なう予定の日が平日となる場合には、直前の土曜日もしくは日曜日にずらすのが通例です。 通常、忌明けとは四十九日を指します(地域によっては、五七日が忌明けとなる場所もあります)。 この日以降は、年忌法要になります。 忌日法要 【時期】7日目(葬儀当日に行なわれることが多い) 遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席します。 読経の後、全員で焼香やお斎を行ないます。 現在では、葬儀の後に、初七日を続けて行い、式中初七日が増えてきています。

次の

はじめてのお盆の法事 初盆の常識とマナーを徹底解説

法事 お盆

故人が亡くなってから、四十九日、一周忌、三回忌などの法事が行われますが、そのなかに初盆(新盆)があります。 初盆は、他の法事と違い、準備するもの、供養する期間などとは少し違う法事、供養を行います。 初盆の法事は亡くなってから一度だけ行なわれるので、初盆の法事を理解している人は少なくありません。 「初盆は亡くなった年にするの?それとも次の年?」 「初盆の法事では何を準備すればいいの?」 「初盆の法事ではどんな服装をすればいいの?」 など、初盆についてこんな疑問があるのではないでしょうか。 ここからは、初盆(新盆)とは、初盆(新盆)の法事をする時期、初盆(新盆)の法事で準備するもの、初盆の法事の流れ、お盆の法事で気をつけたいマナーと注意点など、初盆(新盆)についてみていきます。 故人の霊がはじめて家に帰ってくるので、普段のお盆よりは丁寧に迎えることになります。 四十九日が終わる前にお盆がきてしまったときは、次の年のお盆が初盆(新盆)になります。 また、地域によっては初盆(はつぼん)とは呼ばずに、新盆(にいぼん、しんぼん)と呼ばれることもありますが、どちらも同じ意味になります。 お盆の時期がなぜ2つあるのかというと、明治時代以前に使われていた旧暦では、お盆が7月13日から16日までになり、明治時代以後に使われている新暦では、8月13日から16日までが、お盆の時期になっていて、旧暦の風習が残った地域も少なくないからです。 ここからは、準備するそれぞれのものについてみていきます。 ・お布施 初盆(新盆)の法事で準備するものにお布施などのお金を準備する必要があります。 お布施は初盆の法事で読経をしてくれる僧侶に対してお礼の意味を込めて渡すもので、一般的には 10,000円から20,000円が相場になります。 お布施とは別に お車代、 御膳料も用意するのが一般的で、それぞれの相場は お車代が5,000円から10,000円くらいで、 御膳料も5,000円から10,000円くらいになります。 お車代は法事を行なう会場までの交通費になり、御膳料は読経が終わった後に参列者をもてなす料理の席に同席していただくためのものになります。 なので、 お布施などすべて含めて用意する金額は、20,000円から30,000円が相場になります。 ・会食 初盆(新盆)の法事で準備するものに会食があり、この会食は初盆の法事に参列していただいた人へのお礼の意味があります。 初盆の法事で準備する会食ですが、自宅で法事を行う場合は自分たちで用意をしたり、ケータリング料理や宅配弁当などを利用することもあります。 また、会食だけを別な場所で行うこともあり、例えば懐石料理や日本料理のお店で食事をしたり、葬儀会館で法事を行う場合は葬儀会館で法事用の精進料理も用意することがあります。 ・返礼品 初盆(新盆)の法事で準備するものに返礼品があります。 初盆の法事に参列する場合、ほとんどの人が香典を持参されるのですが、香典をいただいた人へはお返しとして返礼品を渡す必要があります。 ただ、法事に参列してくださった人へは、法事後に会食で料理を振舞っているので、それがお返しの意味になるのですが、食事とは別に1,500円から3,000円くらいの引き出物を用意して、食事後に持って帰っていただくのが一般的になります。 ・精霊棚、盆提灯などの用具 初盆(新盆)の法事で準備するものに精霊棚(しょうりゅうだな)と盆提灯(ぼんちょうちん)などの用具があります。 精霊棚 精霊棚は 盆棚(ぼんだな)とも呼ばれ、先祖の霊を迎えるための祭壇になります。 精霊棚に供えられるものには、その年に収穫されたナスビやキュウリなどの野菜に割りばしや爪楊枝(つまようじ)を使って、馬や牛の形に作ったものを供えるのが一般的です。 近年では、仏具店などでお盆飾り用として、真菰(まこも)やおがら(麻がら)、ハスの葉や牛馬がセットになったものが売られています。 飾り付け方は、位牌を仏壇から精霊棚の真ん中に移動させて、真菰を棚の上に敷いて、牛馬を飾り、ハスの葉には野菜や果物をのせ、おがらはお供え物に添えるお箸して一緒にお供えします。 また、地域によっては、ほおずきや栗の葉、枝豆やサトイモ、お米などを供えたりしているところもあります。 盆提灯 盆提灯は、先祖や故人の霊が家に戻ってくるときに迷わないように、目印になるように灯される提灯のことです。 盆提灯には、白提灯と絵柄の入った提灯の2種類があります。 白提灯は初盆専用の提灯で、玄関先や縁側の軒先などに飾られ、お盆が終わった後は、送り火と一緒に燃やしてしまうので、一度きりの盆提灯になります。 絵柄の入った盆提灯は、仏壇もしくは精霊棚の左右に飾るのが正式になり、一対で用意するのが一般的になります。 最近ではデザイン性が高く、インテリアとも合うような創作提灯も多く、提灯に家紋をつけることもあります。 絵柄の入った提灯は白提灯と違い、お盆が終わってから燃やすことはなく、きれいに掃除をして来年のお盆に使うのでそれまで保管をします。 ここからは、初盆の法事の流れを順を追ってみていきますが、ここでは全国的にお盆と認識されている8月13日から16日までの時期を例にしてお伝えしていきます。 事前準備として、8月12日までに精霊棚やお飾り用のセット品、盆提灯を購入するなどの準備をしてください。 ・迎え盆(お迎えする日) 8月13日は、先祖や故人の霊をお迎えする日になり、 迎え盆とも呼ばれます。 まずは、精霊棚を用意して、位牌を仏壇から精霊棚の真ん中に移動させ、お飾り用の真菰(まこも)やおがら(麻がら)、ハスの葉や牛馬を飾り、野菜や果物などをお供えします。 また、地域によってはお墓まいりをして、霊を迎えに行くという風習があるところもあります。 夕方には、初盆専用の白提灯を玄関先や縁側の軒先などに飾り、白提灯に迎え火を灯し、先祖や故人の霊をお迎えします。 ・お盆の法事 お盆の法事は8月14日から15日のどちらかで法事を行います。 どちらの日のするかは、参列していただける人、僧侶の都合に合わせて決めるようにしてください。 法事では参列していただいたお礼に会食をすることが多いのですが、どうしても会食を行えないときがあります。 会食を行えないときは、折詰めのお弁当、日本酒などが入った小瓶を会食の代わりのお礼として、参列者にお渡しするようにしてください。 また、お盆の期間中はできることなら家族そろってお墓参りをするようにしましょう。 ・送り盆(お送りする日) 8月16日は先祖や故人の霊をお送りする日になり、 送り盆とも呼ばれます。 迎え盆で迎え火を灯した場所と同じ場所で、送り火を灯します。 この日は先祖や故人の霊が家で過ごす最後の日になるので、お送りする時間はできるだけ遅い時間にするようにしてください。 また、地域によっては灯篭流し(とうろうながし)、精霊流し(しょうろうながし)をするところもありますが、これらも送り火の一つになります。 まずは、法事に限らず一般的なマナーとして、時間に遅れないということ、当日にキャンセルをしないということがあります。 一般的なマナー以外にも、法事の会食がはじまる時に献杯が行われるのですが、献杯はお祝い事で行なわれる乾杯とは違い、グラスを当てて音を出してはいけないなど、気をつけたいマナーや注意点があります。 ここでは、お盆の法事の服装やお盆の法事を毎年するのかなどについてみていきます。 ・お盆の法事の服装 初盆の法事の服装は、地域などの風習や慣例によって違いはありますが、一般的には喪を表現する喪服を着用します。 男性は、黒や紺のスーツに白いワイシャツ、黒などの地味な柄のネクタイを合わせます。 女性も黒や紺のスーツやワンピースなどに、黒などの地味なストッキングを履くようにしてください。 男性、女性ともに、派手なアクセサリーや時計の着用は避け、靴も黒いものを選ぶようにしましょう。 一周忌をすぎると、喪の表現を軽くしていく傾向にあるので、初盆以降のお盆の法事を行うときは、服の色も薄く、簡略していっても問題はありません。 ・お盆の法事は毎年するの? 一年に一度は必ずお盆の時期はやってきますが、お盆の法事は毎年するの?と思われることがあると思いますが、結論から言いますと、仏壇に位牌がある限り、お盆の供養に終わりはありません。 とはいえ、お盆の法事は亡くなった年しかしない、一年おきに法事をする、毎年法事をするなど、地域やお寺によって考えや風習により異なることがあります。 ですので、お盆の法事を毎年するのか同課については、親戚の人、同じお寺の檀家さんなどに相談することをおすすめします。 初盆を含め、お盆の時期に行う法事、供養では準備するものなどが一周忌や三回忌などの法事と違うので、戸惑うことがあるかもしれませんが、お盆の時期に家族や親族が集まり法事を行うことは、先祖、故人の供養にもなりますので、できる限り行うようにしてください。

次の