ジョアン フェリックス 背 番号。 謎の背番号を付けていた10名の名選手

ジョアン・フェリックスはイケメン!プレースタイルやポジションは?

ジョアン フェリックス 背 番号

アトレティコ・マドリーに加入したジョアン・フェリックス【写真:Getty Images】 エースとしてチームを牽引してきたアントワーヌ・グリーズマンが去ったアトレティコ・マドリー。 グリーズマンの他にも、ガビ、フェルナンド・トーレス、ディエゴ・ゴディン、フィリペ・ルイスらベテランが続々とチームを去る中で、2019年夏に19歳のジョアン・フェリックスはやってきた。 ポルトガル北部のビセウで生まれ育ったフェリックスは、FCポルトの下部組織で7年間プレー。 しかし、ポルトでは大成することなく15歳のとき放出されてしまう。 華奢な体つきが理由だったという。 ポルトを退団後、ベンフィカに籍を移したフェリックスは、2016年9月17日、16歳にしてセカンドチームの一員としてデビュー。 UEFAユースリーグでは6得点を挙げる活躍でチームの準優勝に貢献した。 トップチームデビューとなった第2節ボアビスタ戦、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ1stレグ・PAOK戦、第3節スポルティング戦に3戦連続で途中出場を果たすと、このスポルティング戦で国内の注目を一気に集めることになる。 すると86分、右サイドからのクロスを中央で待ち構えていたのがフェリックスだ。 181cm70kgの細身の体をしならせて頭を振り抜くと、ボールはゴールへと吸い込まれ、試合は同点となった。 デビュー3戦目にして、チームにとって貴重な同点弾を決めたフェリックスは、徐々に出場機会を伸ばす。 すると、それと比例するように得点を量産し、後半戦17試合で11ゴール8アシストをマーク。 大きなインパクトを残したフェリックスは年間ベストイレブンと年間最優秀若手選手賞に選出された。 オフには獲得を巡って、レアル・マドリー、マンチェスター・シティなどが手を挙げていると報じられる中、アトレティコがフェリックスを獲得。 移籍金はアトレティコ史上最高額の1億2720万ユーロ(約154億7000万円)と報じられ、2026年6月までの7年契約を結んだ。 しかし、サイドに張って、爆発的なスピードや、シザーズやエラシコなどを巧みに使って相手を翻弄するドリブラーだった若き日のロナウドと、フェリックスのプレースタイルは似ているとは言い難い。 センターフォワードとしてボックス内でフィニッシャーとして覚醒した近年のロナウドとも異なる。 利き足を除けば、どちらかというとアトレティコでのグリーズマンのプレーに近い。 プレシーズンでは5試合で4得点3アシストをマーク。 加入直後にも関わらずアトレティコで結果を残すことに成功。 特に圧巻だったのは、8月10日のユベントス戦、本家ロナウドとの対決だった。 24分に新加入のキーラン・トリッピアーが右サイドからクロスをあげると、フェリックスはファーサイドでDFの背後からDFの前に忍び込み、右足で豪快にボレーシュートを決めた。 さらに同点追い付かれた後、33分にはフェリックスがDFラインとGKの間に落ちたボールをショートバウンドで右足に当てて、ダイレクトでゴールに流し込んだ。 ほぼ背後からのボールに走り込みながらボレーを放つという、空間認知的に非常に高度なプレーだった。 ウインガーというよりはセカンドトップ。 シュート技術が高いのは言わずもがな、中央でもボールを失わない身のこなしに加えて、ラストパスを通す能力にも秀でる。 サイドハーフとしてプレーする際も、常にサイドに張らず、中央でボールでも積極的にボールに絡む。 昨季はポルトガル1部でリーグ戦26試合に出場し、1735分で15得点9アシストをマーク。 約72分に1度のペースで得点かアシストを記録する驚異的な数字を残している。 フェリックスの活躍は新生アトレティコの浮沈にも大きく影響する。 アトレティコはプレシーズンで4-3-3を試し、18日のラ・リーガ開幕節のヘタフェ戦では中盤がダイヤモンド型の4-4-2を採用するなど、複数のフォーメーションを使い分ける。 センターフォワード、サイドハーフ、ウイングと、布陣によって求められる様々な役割に適応できるかどうかが今後の活躍の鍵を握ることになるだろう。 (文:編集部) 【了】.

次の

ジョアンフェリックスが着用しているスパイクのメーカーは?ベンフィカのユニフォーム販売状況も

ジョアン フェリックス 背 番号

この表はテンプレートを用いて表示しています。 編集方法はを参照してください。 ニックネームは「 キャット」。 経歴 にと契約。 にデビュー。 にに移籍、同年のにも出場した。 では実働12年間、中心選手として活躍した。 に、本拠地をへ移転させた大洋ホエールズ(現:)に入団し、来日。 同年にに移籍したに代わってとして定着した。 には、怪我で出場試合数が少なかったものの. 346をマークし球団史上初のに輝き、にも選ばれた。 36歳での首位打者獲得は、それまで、が持っていたでの最高齢記録を塗り替えるもので、現在も破られていない。 1980年に退団し、翌1981年にで1年間プレーし現役を引退した。 バットを水平に寝かせて構える独特のバッティングでを量産した。 も極めて少ない打者であった。 詳細情報 年度別打撃成績 球 団 37 93 91 20 25 6 0 0 31 5 3 1 0 0 2 2 0 6 3. 275. 290. 341. 631 41 144 136 13 32 3 3 2 47 6 0 3 1 1 4 1 2 10 3. 235. 266. 346. 611 149 615 570 49 165 22 2 1 194 33 6 6 14 3 22 7 6 26 17. 289. 321. 340. 661 162 708 652 98 174 23 5 6 225 57 14 3 11 3 34 5 8 35 17. 267. 310. 345. 655 142 642 590 100 183 25 5 2 224 37 16 5 9 3 35 2 5 23 15. 310. 352. 380. 732 143 635 577 65 167 20 8 2 209 45 11 7 11 7 37 7 3 22 12. 289. 332. 362. 694 125 534 498 46 128 19 3 1 156 38 6 4 7 3 23 1 3 28 7. 257. 292. 313. 605 153 699 638 82 185 23 4 3 225 37 2 2 18 2 35 3 6 22 20. 290. 332. 353. 685 136 585 518 50 139 15 2 1 161 33 5 1 24 4 31 2 8 14 12. 268. 317. 311. 628 162 743 676 81 191 37 2 1 235 56 1 6 17 2 36 2 12 28 17. 283. 329. 348. 677 139 587 531 55 150 25 2 1 182 35 2 4 6 2 41 5 7 19 15. 282. 341. 343. 684 91 340 314 40 78 11 2 2 99 21 1 1 3 2 18 3 3 9 8. 248. 294. 315. 609 120 485 443 63 127 17 3 2 156 31 1 0 14 0 25 1 3 20 13. 287. 329. 352. 681 98 407 364 61 126 23 2 6 171 41 2 2 14 2 24 1 3 20 6. 346. 389. 470. 859 107 365 332 38 95 8 1 4 117 20 10 10 11 1 21 3 0 12 5. 286. 328. 352. 680 :12年 1480 6325 5791 699 1617 229 38 22 1988 403 67 43 121 32 318 40 63 242 146. 279. 322. 343. 665 :3年 325 1257 1139 162 348 48 6 12 444 92 13 12 39 3 70 5 6 52 24. 306. 348. 390. 738• 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル NPB• :1回 (1979年) 表彰 MLB• :2回 (二塁手:1969年、1972年) NPB• :1回 (1979年) 記録 MLB• 出場:3回 (1969年 - 1971年) NPB• 初出場・初先発出場:1978年4月1日、対1回戦()、2番・として先発出場• 初安打・初打点:同上、3回表にから中前適時打• 初本塁打:1978年5月23日、対5回戦()、4回裏にから左越満塁本塁打 背番号• 11 (1966年 - 1967年)• 17 (1968年 - 1972年、1973年途中 - 1977年)• 16 (1973年 - 同年途中、1978年 - 1980年) 関連項目• - リリースの『V2』の6番の歌詞で登場する(当時、がミヤーンのようなバッティングフォームだったことから)。 - ペンネームの由来がミヤーンである。 外部リンク• 選手の通算成績と情報 、、、、.

次の

アトレティコの“背番号7”ユニがバカ売れ!西紙「ファンはすぐにグリエーズマンを忘れるだろう」

ジョアン フェリックス 背 番号

若干19歳でポルトガルのベンフィカからアトレティコ・マドリードに移籍した ジョアン・フェリックスと言う若手の選手をご存知ですか。 アトレティコ・マドリードへ移籍した際の移籍金は約150億円と言われています。 19歳でこの金額の移籍金はすごいですね!! そんな ジョアン・フェリックスですがアトレティコ・マドリードの 背番号が7番に決定しました。 アトレティコ・マドリードの 7番と言えば、同年にバルセロナへ移籍した グリーズマンが背負っていましたね。 グリーズマンはスター選手の一人で、彼の付けていた 7番を背負うことはかなりのプレッシャーです。 ではなぜ背番号は7番になったのでしょうか? 今回は ジョアン・フェリックスの背番号が7番に決定!7番を選んだ訳は?について解説していきます。 ジョアン・フェリックスはなぜ7番を選んだのか? ジョアン・フェリックスはベンフィカ時代に背負っていた番号は 79番でした。 サッカー選手で 79番は珍しいですね!! そんな ジョアン・フェリックスですが、なぜ 7番を選んだのでしょうか? ジョアン・フェリックスがなぜ 7番を選んだのか調べてみました。 当初は、母国の英雄でもある C・ロナウドや ルイス・フィーゴが背負っていた番号が 7番だったので、憧れで 7番を選んだのかなって思っていましたが、違うようです。 実は 7番は ジョアン・フェリックスが選んだ番号ではなく、 アトレティコ・マドリードが用意した番号だったんです。 ジョアン・フェリックスに対しての期待の表れだと思いますが、若干19歳の若者に グリーズマンの背負っていた7番は荷が重いですね。 しかし、移籍後の ジョアン・フェリックスのパフォーマンスは期待している以上の活躍を見せてくれています。 この活躍ならグリーズマンが背負っていた番号を与えても納得がいきます。 これからも ジョアン・フェリックスの活躍には目が離せません。 ポルトガル代表の背番号はなぜ23番なのか? 2019年のUEFAネーションズリーグの準決勝、スイス戦でA代表デビューを飾っている ジョアン・フェリックスは、ポルトガル代表では 23番を背負っています。 ジョアン・フェリックスにとって 23番は特別な番号ではないので、チームが用意した番号をそのまま背負っているだけのようです。 ポルトガル代表のエースナンバーといえば7番と言う印象が強くあります。 なぜならポルトガル代表で 7番をつけている選手は、今現在 C・ロナウドでその前が ルイス・フィーゴだからです。 どちらの選手も 世界のスーパースター選手ですね!! このまま ジョアン・フェリックスが活躍していくと、 ポルトガル代表の7番はジョアン・フェリックスが背負う 事になるでしょう。 しかし C・ロナウドの選手生命は長そうなので、彼を超えない限りポルトガル代表での 7番はまだ先の話になります。 今後の活躍次第にはなりますが、今現在での C・ロナウドの後継者はジョアン・フェリックスが有力です。 まとめ 今回は ジョアン・フェリックスの背番号が7番に決定!7番を選んだ訳は? について解説していきました。 ジョアン・フェリックスはなぜ7番を選んだのか?• ポルトガル代表の背番号はなぜ23番なのか? ジョアン・フェリックスは、これからのサッカー界を引っ張っていく選手なのは間違えないです。 アトレティコ・マドリードのシメオネ監督の下で成長していってもらいたいですね。

次の