ややこしい 類語。 「ややこしい」とは?意味や使い方!例文や解釈

ややこしいの類語・言い換え

ややこしい 類語

「難しい」の類語は? では、「難しい」の類語を紹介します。 実現や実行するにあたって、 問題がある事で簡単にはいかない 場合などに使います。 「難しい」よりも 文語的な表現として捉えられます。 例えば、 「この怪我から復帰する事は、 非常に困難です。 」 などと使います。 こまごまとしていたり 複雑だったりする事で、 その行為を行う事が 煩わしい場合などに使います。 例えば、 「行政の手続きは、 いつも厄介なものばかりだ。 」 などと使います。 物事が簡単にいかない事で、 達成する見込みがない場合などに使います。 「難しい」よりも、実現できるか できないかという事に重点をおいています。 例えば、 「このままでは第一志望の合格は厳しい。 」 などと使います。 「難しい」のように幅広い意味を持っていて、 便利に使われている言葉は 類語に置き換える事はあまりありません。 そのために、類語を把握していなくて、 いざ類語を使おうとした時に 戸惑ってしまう事もあるかもしれません。 少しでも気になった時に学んでおいて、 いつでも正しく使う事ができると良いですね。

次の

「ややこしい」に関連した英語例文の一覧と使い方

ややこしい 類語

1 「煩わしい」は、事柄が込み入っていて、解決するのに手間がかかりそうな状態についていう。 [英] 2 「面倒臭い」は、「煩わしい」とほとんど同意で使われ、面倒でいやだと思う気持ち、避けたいと思う気持ちが含まれている。 非常に口語的な語。 3 「ややこしい」は、「煩わしい」と同じく、事柄が込み入っている状態にいうが、手間がかかるのでいやだというより、分かりにくいので敬遠する気持ちの方が強いときにいう。 [英] 4 「うるさい」「やかましい」は、騒音についての意味から転じて、煩わしく、いやだと思う意を表わす。 また、厳しくとがめる意、盛んに言い立てる意を表わす。 「食べ物にうるさい やかましい 人」は、好みが難しく、いろいろ注文をつける人の意。 苛立ち、または不快感を引き起こすさま の意• 小にくらしい• 心気臭い• 派手さまたは明るい色によって注意を引きつけるさま の意• 対処するのが難しい の意• めんどう臭い• 煩しい• 特に詳細についてきちょうめんな の意• 小うるさい 大きくて音楽的でないな音で満ちている、または、大きくて音楽的でないな音に特徴づけられる の意• 喧々たる• 騒然たる• 囂囂たる• 喧喧たる• 囂然たる• 囂々たる• 目立って、そして、攻撃的に大きい; 激しい抗議に与えられる の意• 喧々たる• 騒然たる• 囂囂たる• 騒しい• 喧喧たる• 囂然たる• 囂々たる•

次の

「難しい」の6つの類語とは?その使い分けも紹介!

ややこしい 類語

記事の目次• よく理解できない。 説明がわかりずらくて理解できないから、違う方法で説明してほしいときにはこの英語フレーズで使いましょう。 直訳すると「私は理解できてるかどうかちょっとわからない」となります。 遠回しにわからないということを伝えていますね。 (どういうことかわからないよ。 ) Oh, sorry. (ああ、ごめん。 俺の説明分かりにくかったね。 ) My mind is still a little foggy. まだ少し曖昧です。 全く分からないわけじゃないんだけど、ところどころ分かりずらいところがあって「ややこしい」と思ったらこの表現。 直訳で「霧がかかったように自分の心がぼんやりしている、見通しが悪い」となり、相手の話がよくわからないということを伝えられます。 A: Did you understand my explanation about the next project? (次のプロジェクトのことわかったかな?) B: Well, my mind is still a little foggy. (ええと、まだちょっと曖昧ですね。 ) What do you mean? どういう意味? 相手の言ってる意味が分からない!ということをストレートに伝えるフレーズです。 とてもシンプルで便利な英語表現ですが、言い方によっては「どういう意味なのよ?」と怒ってるように聞こえてしまうので、使うときには気をつけましょう。 A: And you can do this and you can do that and… (それでこれやって、で、あれをやって、それで・・・) B: Sorry, what do you mean? Can you explain it more clearly? (ごめん、どういう意味?もうちょっとわかりやすく言って。 ) スポンサーリンク 話の内容が難しい! 相手はすごく丁寧に説明してくれてるんだけど、そもそも話の内容自体が自分には難しくてややこしい!専門用語がたくさんでてきてよく内容がわからない!そんなときに使える便利な英語フレーズはこちらです! Can you slow down a bit? もう少しゆっくり言ってくれる? 難しい内容もゆっくり言ってもらえればわかるかもしれない。 そんなときにはこの表現を使ってみましょう。 これを言うことで、相手は話をゆっくりしてくれるだけでなく、内容の説明の仕方を変えてくれる可能性もあります。 A: Can you slow down a bit? The context is a little difficult to understand. (もう少しゆっくり言ってくれる?内容がちょっと難しいんだ。 ) B: Oh, I see. Have I used a lot of business terminology? (ああ、わかった。 言ってることがよくわかりません。 内容の複雑さに自分がついていけてないときにはこのフレーズがおススメです。 」となり、話の内容についていけなくて、理解できていないことを伝えられます。 (言ってることがよくわからないんだ。 ラグビーのことよく知らないから。 ) B: Okay. Do the rugby rules sound complicated to you? (そっか。 ラグビーのルールはややこしいかな?) It is so complicated. これはすごくややこしいね。 話が複雑で、頭が混乱してしまいそうなときにはこの表現を使いましょう。 A: Are you listening to me? (私の話、聞いてる?) B: Yes, but it is so complicated. (うん、でもすごくややこしいことだね。 まったく理解できる気がしない。

次の