頭 と 尻尾 は くれ て やれ。 なぜ、頭と尻尾はくれてやらねばならないのか?

頭と尻尾はくれてやればいいのか?

頭 と 尻尾 は くれ て やれ

株式投資の格言で『頭と尻尾はくれてやれ』というものを聞いたことがあります。 株式投資の極意は「安く買って高く売る」ことですが、この格言では、 「最安値で買って最高値で売る」ことの難しさを表現していると思われます。 尻尾はくれてやればいいのか? 尻尾(直近の安値)を取るためには、株価が下落している必要があります。 株価が下落中であればあるほど尻尾の先っちょを買える可能性もあるわけですが、その代わりさらに下がるリスクがあることを考えると、やはり最安値で買うことは難しい。 これは、もう一つの格言『落ちてくるナイフはつかむな』でも言われていることであります。 【落ちてくるナイフはつかむな】 急落時の投資は落ちてくるナイフをつかむようなもので、どんなに魅力的な銘柄でもナイフが床に落ちてから、つまり底を打ったのを確認してから投資すべきという相場格言。 また、最安値を追い求めるあまり、下降トレンドにまきこまれていては、資産を増やすチャンスを逃すことになりますし、 最安値で買えなければ儲からないような銘柄を買っているようでは、資産を大きく増やすことはできないでしょう。 尻尾を追い求めるより、しっかりとトレンドが買い転換に変わるまで待つことの方が大事かと思います。 ということで、 尻尾はくれてやるぞ! 頭はくれてやればいいのか? 人間は欲張りな生き物ですから、「もっと上がるはず」と持ち続けた結果、最高値はとうの昔に付けており、既に下降トレンドになっていたということもあるかと思います。 そこで、頭はくれてやるつもりで早めに利確せよと言いたいのかと思いますが、それでは大きく資産を増やすことはできません。 むしろ、 微益はくれてやれという気持ちで自分の納得のいくところまで上昇するのを待つ方が攻撃的な投資家には向いていると思います。 ということで、 頭はくれてやらないぞ! ***ひにょゆきの楽しい株式投資*** fucccho.

次の

FX頭と尻尾はくれてやれ!格言の頭と尻尾は必要経費と考える | FXスキャルピングとデイトレで月2000万稼ぐ!

頭 と 尻尾 は くれ て やれ

こんにちは、インテク事務局です。 みなさんは、相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉をご存知でしょうか? 株式投資をしている方は「安く買って、高く売る」もしくは「高く売って安く買い戻す」ということを念頭に置いて、日々トレードをされていることと思います。 買いのポジションで言えば、1番理想的なのは「底値(最安値)で買って、天井(最高値)で売る」ことですよね。 しかし、なかなかこのようなトレードを実現することは難しいといえるでしょう。 相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」は、このような欲張った(底値と天井だけを狙った)トレードを戒めています。 一体どのような意味や教訓があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。 この記事でわかること• 「頭と尻尾はくれてやれ」の発言者• 意味と教訓• 格言を活かすシチュエーション 格言の出典 相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」は、相場の神様と呼ばれ江戸時代に米相場で大きく儲けた本間宗久氏が生んだ言葉です。 百戦百勝したといわれる彼の残した言葉は、現在に至るまで相場格言として引き継がれています。 格言の意味とその教訓 相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」の意味ですが、まずここでの「頭」とは株価の最高値(天井)のことで、「尻尾」とは株価の最安値(底)のことをいいます。 株式投資においてトレーダーが意識しているのは、株式を「安く買って、高く売る」ということですよね。 つまり、もし「底値で購入して天井で売る」ということができれば、これは株式投資における理想形で最大限利益を得ることができます。 ただし底値と天井の両方を見極めて売買をすることは、どれだけ経験豊富なトレーダーであっても難しく、完全にできる人はいないといってもいいでしょう。 というのも、年初来安値・年初来高値をつけた売買はほとんど存在していません。 なので、株式投資において利益を得るにはあくまでも「安く買って、高く売る」もしくは「高く売って(空売り)安く買い戻す」ことができればいいのです。 つまり、初めから底値(尻尾)と天井(頭)はだれかにくれてやる気持ちで上下に少し余裕を持って、確実に利益を確保できる価格で売買をすることが必要です。 もし底値と天井を狙いすぎると、ずっとチャート画面の前に張り付いておかなければなりませんし、転換点が過ぎてしまって逆に損をしたり利益額を減らしてしまうということになりかねません。 まとめると、この相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」は、株式投資で最大限の利益を得ようと欲張りすぎずに「腹八分目ぐらいまで得られれば構わない」というような気持ちでトレードするべきだ、ということを教えてくれています。 格言を活かすべきシチュエーション では、実際にこの相場格言を活かすべきシチュエーションを紹介します。 相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」を活用して、買い逃しや売り逃しのないように気を付けることが必要です。 株価が下落傾向にあるとき 株価がどんどん下がっているのを見たとき、みなさんはどのようにして買いのタイミングを見つけますか? 多くの人が、下落中に「ここが底だろう!」と判断しているのではないでしょうか。 ただし、相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」を活かすなら下落中に買い注文を出すのは禁物です。 というのも、もし底値で買えたとしてもなかなか底値圏から抜け出せなかったり、底値ではなくまだまだ下落が続いたりというリスクがあるからです。 「こうなればいい」という根拠のない判断をもとにエントリーしてしまうのはとても危険といえるでしょう。 1番安全なのは、株価が底値をついたのをしっかり確認して、株価が上昇に転じて値上がりしてきたところで買い注文を出すことです。 買い注文を出す際もいきなり大きく建玉をするのではなく、もし株価が反転してもすぐに対応できるように、最小単元で売買することをおすすめします。 特に、初心者の方の場合はいきなり大きく建玉をして株価が反転した場合、同様して冷静な判断がしにくくなってしまうことでしょう。 こうしたことを防ぐためにも、しっかりと売買シグナルを確認した上でエントリーをするようにしましょう。 この場合、底値での購入を逃しているので利益の幅が減ったことにがっかりする方もいるかもしれません。 ですが、「底値から注文を出すまでの値上がり幅はくれてやる」というような気持ちで取引をした方が、値下がりリスクが小さくなったと考えられますよね。 つまり、安全性と引き換えに底値(尻尾)をくれてやるという少し放棄的な姿勢が大切です。 株価が上昇傾向にあるとき 株価がどんどん上がっているときも同様です。 ただし、相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」を生かすなら、天井がどこかはまだ確認できていなくても売り時を見つけて早めに売り注文を出しておくことが大切です。 この場合、株を売ったあとにまだ株価が値上がりして、天井で売れなかったことが分かると、利益の幅が減ったことにがっかりする方もいるかもしれません。 ですが、「注文価格から天井までの値上がり幅はくれてやる」というような気持ちで取引をした方が、天井を狙いすぎて逆に損をするリスクが小さくなったと考えられますよね。 つまり、安全性と引き換えに天井(頭)をくれてやるという少し放棄的な姿勢が大切です。 また、エグジットのタイミングを見極める方法として、当サイトの監修者である株歴37年以上のプロトレーダー「相場師朗(あいばしろう)」先生の「9の法則」が役立ちます。 9の法則については、の記事で解説しているので、合わせてご覧ください。 利益を狙いすぎてトレードの精度が低くならないように注意しましょう。 まとめ.

次の

頭と尻尾はくれてやれとは(頭と尻尾はくれてやれ)

頭 と 尻尾 は くれ て やれ

こんにちは、インテク事務局です。 みなさんは、相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉をご存知でしょうか? 株式投資をしている方は「安く買って、高く売る」もしくは「高く売って安く買い戻す」ということを念頭に置いて、日々トレードをされていることと思います。 買いのポジションで言えば、1番理想的なのは「底値(最安値)で買って、天井(最高値)で売る」ことですよね。 しかし、なかなかこのようなトレードを実現することは難しいといえるでしょう。 相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」は、このような欲張った(底値と天井だけを狙った)トレードを戒めています。 一体どのような意味や教訓があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。 この記事でわかること• 「頭と尻尾はくれてやれ」の発言者• 意味と教訓• 格言を活かすシチュエーション 格言の出典 相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」は、相場の神様と呼ばれ江戸時代に米相場で大きく儲けた本間宗久氏が生んだ言葉です。 百戦百勝したといわれる彼の残した言葉は、現在に至るまで相場格言として引き継がれています。 格言の意味とその教訓 相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」の意味ですが、まずここでの「頭」とは株価の最高値(天井)のことで、「尻尾」とは株価の最安値(底)のことをいいます。 株式投資においてトレーダーが意識しているのは、株式を「安く買って、高く売る」ということですよね。 つまり、もし「底値で購入して天井で売る」ということができれば、これは株式投資における理想形で最大限利益を得ることができます。 ただし底値と天井の両方を見極めて売買をすることは、どれだけ経験豊富なトレーダーであっても難しく、完全にできる人はいないといってもいいでしょう。 というのも、年初来安値・年初来高値をつけた売買はほとんど存在していません。 なので、株式投資において利益を得るにはあくまでも「安く買って、高く売る」もしくは「高く売って(空売り)安く買い戻す」ことができればいいのです。 つまり、初めから底値(尻尾)と天井(頭)はだれかにくれてやる気持ちで上下に少し余裕を持って、確実に利益を確保できる価格で売買をすることが必要です。 もし底値と天井を狙いすぎると、ずっとチャート画面の前に張り付いておかなければなりませんし、転換点が過ぎてしまって逆に損をしたり利益額を減らしてしまうということになりかねません。 まとめると、この相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」は、株式投資で最大限の利益を得ようと欲張りすぎずに「腹八分目ぐらいまで得られれば構わない」というような気持ちでトレードするべきだ、ということを教えてくれています。 格言を活かすべきシチュエーション では、実際にこの相場格言を活かすべきシチュエーションを紹介します。 相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」を活用して、買い逃しや売り逃しのないように気を付けることが必要です。 株価が下落傾向にあるとき 株価がどんどん下がっているのを見たとき、みなさんはどのようにして買いのタイミングを見つけますか? 多くの人が、下落中に「ここが底だろう!」と判断しているのではないでしょうか。 ただし、相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」を活かすなら下落中に買い注文を出すのは禁物です。 というのも、もし底値で買えたとしてもなかなか底値圏から抜け出せなかったり、底値ではなくまだまだ下落が続いたりというリスクがあるからです。 「こうなればいい」という根拠のない判断をもとにエントリーしてしまうのはとても危険といえるでしょう。 1番安全なのは、株価が底値をついたのをしっかり確認して、株価が上昇に転じて値上がりしてきたところで買い注文を出すことです。 買い注文を出す際もいきなり大きく建玉をするのではなく、もし株価が反転してもすぐに対応できるように、最小単元で売買することをおすすめします。 特に、初心者の方の場合はいきなり大きく建玉をして株価が反転した場合、同様して冷静な判断がしにくくなってしまうことでしょう。 こうしたことを防ぐためにも、しっかりと売買シグナルを確認した上でエントリーをするようにしましょう。 この場合、底値での購入を逃しているので利益の幅が減ったことにがっかりする方もいるかもしれません。 ですが、「底値から注文を出すまでの値上がり幅はくれてやる」というような気持ちで取引をした方が、値下がりリスクが小さくなったと考えられますよね。 つまり、安全性と引き換えに底値(尻尾)をくれてやるという少し放棄的な姿勢が大切です。 株価が上昇傾向にあるとき 株価がどんどん上がっているときも同様です。 ただし、相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」を生かすなら、天井がどこかはまだ確認できていなくても売り時を見つけて早めに売り注文を出しておくことが大切です。 この場合、株を売ったあとにまだ株価が値上がりして、天井で売れなかったことが分かると、利益の幅が減ったことにがっかりする方もいるかもしれません。 ですが、「注文価格から天井までの値上がり幅はくれてやる」というような気持ちで取引をした方が、天井を狙いすぎて逆に損をするリスクが小さくなったと考えられますよね。 つまり、安全性と引き換えに天井(頭)をくれてやるという少し放棄的な姿勢が大切です。 また、エグジットのタイミングを見極める方法として、当サイトの監修者である株歴37年以上のプロトレーダー「相場師朗(あいばしろう)」先生の「9の法則」が役立ちます。 9の法則については、の記事で解説しているので、合わせてご覧ください。 利益を狙いすぎてトレードの精度が低くならないように注意しましょう。 まとめ.

次の