苗字 ルーツ 調べ方。 戸籍調査 〜家系図作成からルーツ調べ

先祖が武士だった家系は、名字で簡単に分かる!?

苗字 ルーツ 調べ方

家紋とは、自らの家系や家柄、地位を表す日本固有の紋章です。 もともとは平安時代の公家・西園寺実季(さいおんじさねすえ)が、家の印として巴紋(写真)を使い始めたのが最初だと言われています。 当時は自家の牛車や手回り品など、他家と区別するためなどの理由で使用されるようになりました。 家紋は鎌倉時代の武家に定着するようになり、明治時代には平民にも使われるようになりました。 その数は、現在では約2万種類ほどが確認されており、9割が日本古来の文様を、残りの1割は中国やエジプトから伝わった絵柄をモチーフに作られています。 その多様な文様は、下記の7種類のカテゴリーに分けられています。 家紋のカテゴリー一覧 自然紋 太陽や月、星など自然現象や自然にあるものをモチーフにしています 植物紋 花や草、木、葉など植物をモチーフにした紋章。 植物紋が一番数が多いとされています 動物紋 鷹や鶴、蝶、雁などの動物が由来の家紋です。 最も多いのは鳥で、魚は鯉が使われています 建築紋 鳥居や庵、井桁など構造的にデザインされた建物をモチーフにした家紋です 器物紋 道具や楽器など、日常にある様々なものが図案化されています。 名前の通り「ヘビの目」に似ているということが由来であり、武士としての力強さや、ヘビの神秘的なイメージを表していると言われています。 シンプルな丸型のデザインながら、ヘビの目のように強い印象を与える家紋です。 家紋の調べ方やおすすめ家紋一覧サイトを見て自分の家紋を調べてみよう 今回は家紋の調べ方やおすすめ一覧サイトを紹介しました。 「今まで興味がなかったけど調べてみると楽しい」「自分のルーツを知るきっかけになった」という人も多いのではないでしょうか。 家紋は先祖から受け継がれてきた大切な日本文化です。 自分の持ち物に家紋を入れたり、家紋を身近に取り入れるのも楽しそうです。

次の

家系図作成33,000円から|ルーツを探す時間旅行へでかけよう!

苗字 ルーツ 調べ方

> 苗字・名字から自分のルーツを探る 名字(苗字)の日本地図〜あなたのルーツが見えてくる! より大きな地図で を表示 日本の名字 苗字 のほとんどは地名を基に成立しています。 つまり、日本各地に名字を生んだ土地が存在し、その地名は現在も残っています。 そこでGoogleマップを利用して『名字の地図帳』を作成してみました。 (現在も追加中) 各名字の発祥地からご自身のルーツを実感していただけるかと思います。 (すべての名字が掲載されている訳ではありません。 順次、名字の発祥地を追加しています) 私(丸山学)からの家系調査アドバイス まず自分の名字(苗字)と同じ地名を探すと、だいぶ自家の出自にあたりを付けることが出来ます。 そして、地名の中でも 「小字(こあざ)」に注目するとよいでしょう。 小字として残っている地名が、あなたの名字(苗字)の発祥の元である可能性が極めて高いといえます。 苗字・名字から自分のルーツを探る 現在は誰でも苗字(名字)を持っていますが、これも明治8年の 「平民苗字必称義務令」以降のことです。 江戸時代は農・工・商は苗字を名乗ることが許されていませんでした。 しかし、実際に江戸時代の農・工・商といった庶民(つまり、武士などの特権階級以外の人々ですね)は、まったく苗字を持っていなかったのかというと、そういう訳でもありません。 お寺の過去帳や寄進帳には農民の方々の苗字がかなり記載されています。 つまり、 公に名乗ることが許されなかったということですね。 ですから、苗字から自分のルーツが生活していたであろう地域(苗字は地域性を表す場合が多くあります)を推測したり、職業を感じることが出来る訳です。 例えば、 「剣持」(けんもつ)さんなどは、古代の役人で出納係(当時は監物と書く)をやっていたのかな〜という想像もつきます。 たとえば『鈴木』という苗字の場合、一般的には紀伊国(現在の和歌山県、三重県)を拠点とした紀伊鈴木氏が自分のルーツかな〜などと考えたりもするのですが、実はそんなものとまったく関係なく上記の『平民苗字必称義務令』の際に、もうまったく自家の本来の苗字が分からなくなってしまったので(でも、何か名乗らないといけないので)、「カッコいいので鈴木にしよう」などという理由で付けられている場合もあるのです。 ですから苗字からルーツを探ろうという場合には、江戸時代以前の本当の古い苗字を探らなければならないことになります。 また、家紋と合わせて考えることで「今のこの苗字は新たに作られたもので古くからのものではない」と見当が付けられたり、 「家紋が『俵紋』で苗字が長谷川であれば藤原氏秀郷流の長谷川氏ではないか」 と、考えることができるようになります。 地名との関係でいえば苗字というのは元々、地名から付けられたものがほとんどです。 ですから、まず自分の苗字と同じ地名を探すとだいぶ自家の出自に中りを付けることが出来ます。 そして、地名の中でも 「小字」に注目するとよいでしょう。 小字として残っている地名が、あなたの苗字の発祥の元である可能性は極めて高いといえます。 但し、小字の地名も時代とともにどんどん消滅していっています。 この 苗字というのは非常に奥が深いものです。 苗字研究の第一人者である 丹羽基二氏や 森岡浩氏の著作を読んで、自分のルーツ探しの一端としたいところです。 「家系図」「苗字」「お墓」についての第一人者と呼んで間違いはないと思います。 この書籍は、これから自分のルーツ探しを行なうという人向けに話ことばで書かれた非常に読みやすい入門書になっています。 「系図」「墓」「姓氏」「家紋」「自分史」という5部構成になっています。 約300ページの本なのですが、私の場合、2日間でスラッと読めてしまいました。 新書ですので非常に簡潔にルーツ探しの基本ノウハウ(苗字・家紋・家系図・お墓・位牌・戸籍)と実践事例が描かれています。 丹羽基二氏の持つ基本知識が低価格で得られますのでお買い得の1冊です。 その本の厚さに圧倒されますが、6000の名字について由来や発祥地・分布を解説してあります。 自分の名字や関連・関心のある名字についてすぐに調べられる優れものです。 ルーツ探しに興味のある方は1冊持っていたいところです。 明治時代に名字を適当に付けた家は本当に多いのか? よく質問されるのですが、江戸時代中の庶民(武士以外の農民、商人)は名字(苗字)を持っていなかったと勘違いされる事が多いのですが、「持っていなかったのではなく、公に名乗れなかっただけ」ということです。 但し、実際に明治時代になり名字(苗字)を強制的に名乗らされるようになった時に先祖伝来の名字が分からず、適当に付けたという事があったのは事実です。 しかし、その割合は極めて少なく例外的であったと考えられます。 私(丸山学)が実際に調査した「200年たどるコース」案件のことです。 山陰地方のとある地域では、郷土史などにはその地域では明治時代になって地元の著名な戦国武将の名字を勝手に付けた〜というような事が記載されていました。 郷土史に書かれているくらいですから、その地域では明治時代になり名字を名乗れるようになった際に、そのように本来とは異なる名字を適当に付けたのだろうと思っていたのですが、お寺の過去帳を見ると、そうではない事が分かりました。 過去帳などの私文書では、江戸時代のものであっても時として庶民の名字が記載されているものがあります。 今回見た過去帳もそうでした(宗門人別帳のような公文書では絶対に記載されませんが)。 それにより、郷土史で「適当に付けた」と書かれているその名字も、村の家々が実は江戸時代中から既に持っていたものであることが分かりました。 これまで調査してきた多くの案件でも、明治時代のその村の戸籍と江戸期の宗門人別帳を突き合わせてみると、同じ名字の家々は江戸時代中に分家している同族である事が確認できるケースも多く、決して明治時代になって適当に付けたようには思われません。 一見、適当に付けたり、地主から名字(苗字)を貰ったかのように見えても、江戸期の史料で確認すれば「貰った」のではなく元は同族であり江戸時代中に分家している事が確認できるケースも多々あるのです。 どうしてもイメージで「適当に付けた」「貰った」と思われがちですが、現在みなさんが名乗られている名字は先祖伝来の由緒あるものであるケースの方が多いといえそうです。 家系図作成サービス | | | | | | | Copyright C 2008 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.

次の

家系図作成33,000円から|ルーツを探す時間旅行へでかけよう!

苗字 ルーツ 調べ方

家系の調べ方 自分のルーツを探る方法には、戸籍の追跡や菩提寺の過去帳の閲覧、先祖累代の墓碑の調査などいくつかあります。 そのなかで最も一般的かつ確実性が高いのが、 戸籍の収集です。 戸籍は、国民一人一人の出生から死亡までの法的な身分の変遷を明らかにする公文書 で、明治時代に制度化されました。 現在入手可能な最も古い戸籍は「明治19年式戸籍」です。 明治19年に存命だった人について調査されたものですが、そのときの戸主の親に関する情報も記載されているため、江戸時代後期程度までは遡ることができます。 自分の名前が入っている戸籍については、役所で取得 できます。 入っていないものについても、自身とのつながり(直系の親族かどうか)を証明できれば入手可能です。 しかし、多数の戸籍を収集し、家系図に仕上げるのは容易ではありません。 その理由として、まず、 戸籍は住民票と異なり、居住地ではなく本籍地の役所でなければ取得できない ことが挙げられます。 時代が古くなればなるほど、市町村合併や地名変更などにより本籍の所在もわかりにくくなります。 また古い戸籍の文字には癖があったり、かすれて読めなくなっている部分があったりします。 こうした 文字や欠字の解読には、知識と経験が必要です。 さらに、 旧戸籍は「家」単位、現在の戸籍は家族単位で記載されています。 そこに記されている人物同士の関係や出来事については、法律上の知識や行政用語に慣れていないと、読み間違いをする恐れがあります。 家系図作成はどこに依頼すればいい? 家系図の作成は専門家に依頼することも可能です。 依頼先は、大きく2つに分けられます。 1つは、 行政書士事務所 です。 行政書士の主な仕事は公官庁への提出書類の作成及び手続きですが、兼業として家系図作成を積極的に行っているところも少なくありません。 もう1つは、 家系図の調査・作成を専門に行っている業者 です。 家系図をメインに扱う法人ということから、個人事務所よりも専門性が高く、人的資源やノウハウも、より多く保有しています。 家系図の装丁や仕上がりまで、きちんとプラン化されているのも利点です。 家系図作成にかかる費用 費用については、最も安いものでだいたい5万円前後が相場です。 ただしこれは、自身の父方ないし母方どちらか1系統のみの家系図を作成した場合になります。 両親の2系統や、さらに祖父母の4系統と増やしていけば、その分だけ費用も高額になります。 また調べ方においても、戸籍を役所から取り寄せるだけでなく、墓 碑や菩提寺、郷土資料などに当たっての現地調査まで行うコースを設けている業者もあります。 ここまで徹底すると、費用は100万円を超えることもあり、また期間も1年以上の長期に及びます。 作成依頼先の選び方 家系図の作成は自身のルーツに関わるものですから、きちんとしたところに頼みたいものです。 では、家系図の作成依頼先選びではどのような点に注意すればよいでしょう。 まずは、 行政文書の専門家である行政書士がいるかどうかを確認しましょう。 前述のとおり、戸籍の収集自体は無資格の個人でも可能です。 ただ、集められた戸籍同士の関係をミスなくまとめるには、やはり専門の資格をもつ行政書士がいるかどうかが大きなポイントとなります。 次に、 家系譜(または系譜)を作成してくれるか が重要です。 家系譜とは、基本的に名前と続柄のみが記載される家系図に対して、それ以外の個々人の細かい情報を記載したもの です。 家系譜は家系図よりも多くの情報を整理しなければならないので、より専門性が求められることになります。 つまり、家系譜の作成に前向きかどうかは、きちんと調査してもらえるかどうかの指標の1つとなるのです。 また、家系図や家系譜に載せられる事柄は、当然ながら重要な個人情報です。 HPや請求資料などに情報の扱いに関する記述がない、あるいは曖昧な業者には注意しましょう。 行政書士が携わっていれば、士業には守秘義務があるので、ある程度の安心感はあります。 それでも実際に接してみて、個人情報の扱いに対する考え方に疑いが生じたら、いったん依頼を留保した方がよいでしょう。 まとめ 近年、核家族化や地域のつながりの希薄化がますます進んでいます。 そうした世相の裏返しか、自らのルーツを知りたいという人が増えています。 先祖を知ることは、また自分を知ることにもつながります。 また、最近ではエンディングノートに家系図を記載できるものも登場しています。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の