シャーク ん イラスト。 ハンマーヘッドシャーク・(シュモクザメ)イラスト。 adobe Ai,psdあり。あとりえポルカドッツ

#2 緑さんが一時的にワイテの前からいなくなる話

シャーク ん イラスト

ホオジロザメは、地球上で最大の捕食魚だ。 オスの中には体長が7メートル以上、体重が2トン以上になるものもいる。 世界中の海に生息していて、特にオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカでは、沖合だけでなく海岸近くにもいるため、人間が海で泳ぐ時には注意が必要だ。 およそ水深250メートルくらいのところを泳いでいることが多いが、深さ1,200メートルを超える真っ暗な深海でも泳げるサメだ。 背中と体の側面に黒いしま模様があることで、名前に「イタチ」が付いている。 でも、このしま模様は成長とともにうすくなってしまう。 大きいものは、全長が6メートルを超え、体重も約800キロになるものもいる。 おもに熱帯の海岸近くで発見されているが、日本近海で泳いでいることもある!• ノコギリエイはノコギリザメとは全くの別の種だが、体形はそっくりだ。 見分け方はノコギリ状の吻とよばれる長い鼻の部分の下に2本のひげが有るか無いかと、体の大きさだ。 ノコギリエイはひげが無く、体長は6メートルにも達する。 対してノコギリザメはひげが有り、体長は2メートルくらいにしかならない。 インド洋から太平洋にかけて、温暖な海に生息している。 アオザメは、とても美しい体形のサメだ。 体長4メートル、体重500キロと重たい体にもかかわらず、水面から6メートルも飛び上がることができる!おもに熱帯と亜熱帯の海で、海岸から離れた沖の方に生息しているが、まれに海岸の近くで泳いでいることもある。 みごとな尾ヒレ!まさにミスター・オナガ(尾長)だ。 敵を打ちのめすのに、こんなに便利なものはない! このマオナガの性格はずるがしこいため、学名にキツネを意味するVULPINUSという名前が入っている。 熱帯の海では、海岸線に沿って浅瀬を単独で泳いでいるが、その気になれば350メートルの深さまで急潜水できる。 ツマグロはジャンプできるサメの一種で、力強い筋肉の尾ヒレを使って、海面から空中に飛びあがれる。 垂直に飛べるサメは少ないが、ツマグロは周囲で何が起きているかを調べるために水の上に頭を出す(クジラも同じだ。 この行動をスパイホッピングという)。 おもにインド洋や太平洋のサンゴ礁がある浅い海に生息している。 ラブカはウナギやヘビと比較されることが多い。 ぞっとするような外見だが、首まわりにフリルのようなエラがついていることから、フリルのついたサメという英語の名前になっている。 ほかにもトカゲザメ、ゴンドラザメともよばれている。 地中海以外の世界中の海で水深500~1,000メートルくらいの場所で発見されている。 オニカマスは、引きしまった体、よく動くアゴ、そして素早い泳ぎが特徴だ。 それで全長2メートルの体は海の脅威だ。 熱帯や亜熱帯の海を泳ぎまわっているが、時にはマングローブやサンゴ礁の間にいることもある。 海岸のそばや、港の中にも現れる。 大型のサメではないが、巨大な群れを作って攻撃してくるため、危険な魚にかわりない。 ふだんは陸から離れた沖合にいるが、時にはサンゴ礁の近くまでやって来ることもある。 以前は大西洋にしかいなかったが、最近では地中海などの温暖な海でもよく見つかっている。 大型のサメで、全長は大きなもので約2. 5メートルある。 だが最初に目に入るのは、背中にある背ビレだ。 高くくっきりと三角形にそびえている。 水面近くで泳ぐときには、三角形のヒレが海面に出ているので遠くからでも確認できる。 世界中のほぼすべての海に住んでいて、海岸近くにも現れる。 ポート・ジャクソン・ネコザメにはブルヘッド(雄牛の頭)という別名がある。 その名のとおり頭の横幅が広くて牛の頭みたいだからだ。 オーストラリアの海岸沿いに生息しているが、北から南へと最大800キロメートルも一度に続けて泳ぐこともある。 見かけは牛だが、かなり活動的なサメだ!• たくましい体型のヨゴレザメは全長3メートルにまで成長し、メスはオスより大きい。 このサメの特長は、ヒレの先端が白いことだ!温暖な海ならどこでも生息しているが、最近では生息数がへってきている。 フカヒレスープの材料として、乱獲されてしまったからだ。 美しい流線型の体をしている。 皮膚はメタリック調で、ロボットのサメのようにも見える。 あまり重くないが、全長は3. 5メートルにもなる。 スリムな体は水中をすいすと泳ぐのに適していて、1日に60キロも泳げるサメだ。 最大の移動距離は1,350キロメートルにもなる。 ふだんは海岸から離れたところにいるが、海辺によって来ることもある。 オオメジロザメは体格がよく、力強く、凶暴だ。 ほかのサメとはちがって、海水だけでなく淡水の中でも生息している。 アフリカの川にもいることから、その川の名前をとってザンベジとか、ザンビとも呼ばれることがある。 アマゾン川、太平洋、大西洋でも見つかっている。 サメの中でも、もっとも奇妙な形のサメの一種だ。 全長は6メートルで体重600キロに達する。 背中には高く先のとがった背びれがある。 何より忘れてはならないのは、頭の形がハンマーそっくりだということ。 頭の横幅が全長の4分の1もある!だが、頭以外はまったく普通のサメだ。 暖かい海に好んで生息し、サンゴ礁と砂浜がある場所で泳ぎを楽しんでいる。 巨大な口、12メートルもの全長、10トンを超す体重という巨体なのに、性格がとても大人しいだなんて信じられないが本当だ!攻撃するどころか、他のサメに食べられてしまうこともある。 ウバザメは世界中のすべての温帯の海で発見される。 生まれたばかりの赤ちゃんウバザメでも全長が1. 5メートルもある大きさだ!.

次の

ハンマーヘッドシャーク・(シュモクザメ)イラスト。 adobe Ai,psdあり。あとりえポルカドッツ

シャーク ん イラスト

・この話はフィクションです。 ご本人とは一切関係ありません。 ・腐向けではありません ・モブがちょっとだけ出てきます。 ・今回も1時間クオリティです。 ・誹謗中傷はやめてください。 作者は豆腐メンタルです。 それではどうぞ! [newpage] シャ「…こうしてここにいるの、いつからだっけ。 」 シャークんはワイテルズの皆に恨みを持つ奴に監禁されていた。 恨みというよりも妬みに近いかもしれない。 毎日言われるのは『お前が自分からワイテルズの前から姿を消すなら解放する。 それが一番あいつらには辛いはずだからな』ということ。 もちろん断固拒否しているが、もうそろそろ精神的に限界だ。 このままだとOKしてしまうかもしれない。 だが、シャークん自身には恨みは無いらしく、いっさい危害は加えられていない。 ただ、扉とベッドと小さい窓しかない部屋に閉じ込められ続けている。 窓が小さいせいで、窓から光は少ししか入ってこない。 トイレもシャワーもあるので、全く外に出るチャンスは無い。 シャ「…………皆に会いたいな。 皆とまた笑いたい。 ゲームしたりして、わいわいしたい。 」 シャ「誰でもいい…。 」 [newpage] ~なかむ side~ シャークんが行方不明になって2ヵ月がたった。 必死でシャークんを探しているが、手掛かりすら見つからない。 ワイテルズのメンバーは焦りがつのっていた。 ………………そんな中、Tつぐさんから連絡が来た。 電話に出てみると、それはなかむがずっと待ち望んでいた知らせだった。 なか「Tつぐさんどうしました?」 T「なんとなく目についた家が怪しいと思ってなんか数日観察してたら、二人暮らしのはずなのに沢山の食材買った奴が、シャークんの着てたパーカーっぽいの持って出てきた。 ゴミ捨て場にパーカー捨ててったからすぐにKCに回収してもらって、まっちゃんに頼んで付いてた髪の毛のDNA解析してもらった。 」 なか「っ結果は!?」 T「そのことでNakamuに頼みがあるんだけど、そっちにシャークんの髪とかあるなら持ってきてくれない?解析するから。 」 なか「わかりました!どこ行けばいいですか?」 T「シャークん探すために、結構近くのアパート一時的にKCと借りてるからそこ来て。 まっちゃんとケイタもここに居るし。 あ、住所は送ったよ。 」 ・・・ ・・ ・ なか「シャークんが髪切ったときのが残ってました。 これ使えますか?」 T「まっちゃんどう?」 まっ「余裕で結果出た。 パーカーについてたDNAと完全に一致したよ。 」 KC「ってことは、やっぱシャークんはあそこにいるってことか。 」 T「KC予想してたの!?」 KC「そりゃーね。 二人暮らしとは思えない量の食材買ってるし、洗濯物も多いし種類あるし。 周囲を警戒してるのバレバレだし。 …まあ、一つだけ不自然に小さい窓の部屋あるし、確実にあの部屋だろうな。 シャークんいるの。 」 なか「じゃあすぐ乗り込まないと!」 KC「…まあ俺の指示で、もうケイタとMくんとてんてんが乗り込んでるんだけどな。 」 なか・T・まっ「「「いつの間に!?」」」 KC「Nakamu来る前に待機させてた。 それで鑑定の結果わかってすぐ電話して乗り込ませた。 警察も呼んどいたから、もし犯人だったら捕まるはすだぞ。 てか、そろそろ帰ってくるんじゃない?」 ケイ「ただいまー。 」 M「ただいまー。 」 てん「ただいまー。 」 シャ「えっと………おじゃまします。 」 なか「シャークんの声した!」ダッシュ! そしてなかむは玄関にいるシャークんの姿を見るなり、思いっきり抱きついた。 なか「シャークん!!!!」 シャ「うおっ!?」 シャ「…なか、む?」 なか「怪我はない!?あと酷いこととかされたりしてない!?何か言われたりとか…!」 シャ「何もされてない。 ただ部屋からずっと出してもらえなかっただけだ。 幸い、俺には恨み無かったらしいからな。 飯ももらえたし、シャワーもあったから大丈夫だ。 薄暗いとこに閉じ込められてるせいで精神的にはきつかったけど。 」 ミナツド「「「 監禁にしては結構快適そうだな。 精神的には辛そうだけど。 」」」 なか「ならいいけど…。 でもほんとよかったぁ…!」 シャ「俺どれくらいいなかった?いまいちわかんなくて…。 」 T「2ヵ月だよ。 」 シャ「そんなにですか!?どうりで…精神的にまいると思った。 あの申し出をOKしなくて本当によかった…。 」 KC「なんか言われたの?」 シャ「毎日毎日『お前が自分からワイテルズの前から姿を消すなら解放する。 それが一番あいつらには辛いはずだからな』って言われてました。 」 なか「うわ、そいつら俺たちのことよくわかってるな。 シャークんいなくなるとか絶対嫌だもん。 現に今みんな暗いし。 あまりしゃべんなくなってきてるし。 」 シャ「……そっか。 」 そう呟いたシャークんはどこか嬉しそうだった。 ……シャークんは皆に必要とされてるのが嬉しかったのだ。 まあ、心配させてることの申し訳なさも半分あったのだが。 だが、それでも嬉しかった。 シャークんはワイテルズが大好きだったから。 ・・・・・・ ・・・・・ ・・・・ ・・・ ・・ ・ 上機嫌で帰ってきたなかむに、きりやんは疑問符を浮かべた。 シャークんが見つからないせいで、最近みんな暗かったからだ。 なか「ただいま!」 きり「おかえりなかむ。 」 なか「……入ってきていいよー!」 ガチャッ シャ「…えっと…ただいま。 」 きり「シャークん!?!?!?なんで…連絡もつかなかったのに!?」 ぶる「きりやん!今シャークんって……シャークん!シャークんだ!!」 ぶるっくはシャークんに勢いよく抱きつく。 シャークんは久しぶりに感じるあったかさに頬が緩んだ。 そんな2人を見ながら、スマイルときんときは安心したように座り込んだ。 きりやんはぶるっくに羨ましそうな視線を送っていて、なかむはニコニコしながらシャークんとぶるっくのことを見ている。 スマ「…無事でよかった…!」 きん「ほんとにな…!シャークん今までどこ行ってたの!?」 シャ「なんかずっと薄暗い部屋に監禁されてた。 シャワーもトイレもあったから逃げるチャンスもなかったし…携帯もとっくに充電なんか無かったし…。 だから連絡できなかった。 心配かけてごめんな。 」 ぶる「ほんとだよ~。 でも無事でよかった。 」 きり「ぶるっくいつまで抱きついてんの。 ずるい。 」 ぶる「ああ、ごめんごめんwきりやんどーぞ。 」 きり「…生きててくれてありがとな。 正直、お前がいないのきつかった。 お前がいないとつまんないよ。 」 そう言ってきりやんはシャークんを抱きしめた。 きん「……きりやんずるい。 …無事でよかった。 最近はみんな心配すぎてしゃべんなくなってきたんだ。 だから帰ってきてくれて、ほんとによかった。 」 今度はきんときがシャークんを抱きしめた。 きん「スマイルはやる?」 スマ「ああ。 」 最後にスマイルにシャークんは優しく抱きしめられる。 それがあまりに優しくて、シャークんは張りつめていたものが弾けてしまった。 シャ「っ……ごめんスマイル。 肩かして。 」 スマ「おう。 」 次から次へとシャークんの頬に涙がつたっていく。 シャ「…………ごめん。 ほんとは大丈夫なんかじゃなかった。 何もされてないのは本当だけど…。 ほんとは辛かった。 閉じ込められてるのもそうだけど、皆と会えないのが何より辛かった…!」 スマ「そうか。 頑張ったな。 」ナデナデ シャ「ありがとスマイル…。 」 スマ「どーいたしまして。 」ナデナデ シャ「 本当に帰ってこれたんだなぁ。

次の

#2 緑さんが一時的にワイテの前からいなくなる話

シャーク ん イラスト

題名:ハンマーヘッドシャーク デフォルメ画 魚イラスト・ハンマーヘッドシャーク。 デフォルメ画です。 和名シュモクザメ。 ハンマーヘッドのイラストは一般的にはコワモテなものが多く私もかつて手がけたことがありますが、 今回はイルカのような愛くるしさをプラスしたデフォルメにしてみました。 Adobe Illustrator10以降対応、ベクターAI形式。 バブル模様はphotoshopのものを付け足しています。 サメなので、海水浴場において出没が報告されると遊泳禁止・客減など関係者には大打撃。 間接的に害魚です。 一方でダイビングではハンマーヘッドの群れを観察できるスポットは人気が高い。 そして錬製品としては美味なほう。 ホオジロザメやイタチザメのように完全なる「恐怖の対象」になるわけでもない、不思議な存在。 そしてなんといっても、その愛嬌のある特徴的な頭。 私自身自然界でハンマーヘッドシャークに遭遇したとはありませんが、漁港で猟られて陸揚げされたものは見たことがあります。 このときは小学生で、さすがに恐怖な存在でした。 今回描いたハンマーヘッドシャークは、おそろしさをみじんも出さないようなデフォルメ・イラストです。 前々からハンマーヘッドシャークのデフォルメ・キャライラストを描くときには頭はひらべったくせず丸みをもたせるようにしていました。 どうやらここが丸いと愛嬌度が上がるようです。 今回はややまるさを控えましたが、丸くしました。 サメにつきものの鋭利な歯は、鋭利じゃない歯に。 そして、口内全面ではなく部分的な表記により凶暴さを減らしました。 背中の色の青と、腹の白は、グラデーションをやめて、境界のある色分けにしています。 これにより、イルカを連想しやすくしてサメという印象を緩和させようとしています。 作品はAdobe Illustratorで作成。 のちにPhotoshop向けにpsd変換し、カラーモードをRGBにしたものも用意しました。 このハンマーヘッドシャーク イラストを利用したい方へ 提供先 直営 AI形式 ストックフォト AI,jpg jpgのみ 背景無し、泡模様、 C 表記なし 専用にオリジナル作品をご希望の方へ 二次販売対応の作品を多数製作・納品させていただいております。 まずはお問い合わせくださいませ。

次の