釣りよか 児玉さん。 釣りよかでしょうメンバー完全調査!本名・年齢・収入も紹介!【よーらい,むねお,きむ,はた,ゆーぴー,たつき,とくちゃん,くわはら,もんP】

釣りよかの児玉さん何者なの?wikiプロフィールや結婚について!

釣りよか 児玉さん

Contents• 釣りよかと釣りいろはの関係は? 佐賀県内で同じ釣りYouTuberとして活動している釣りよか、釣りいろは。 両社とも同じ県内なのでコラボがしやすいという事と、同じ釣りカテゴリーで活動していることもあり、 良きYouTuber仲間のような存在なのではないかと思われます。 釣り以外でも、過去には一緒にバトミントン大会を行ったりと、仲が良い様子が見受けられます。 三チャンネル大集合バドミントン! — よーらい yoraaai 同じカテゴリーではありますが、 ・【ワイワイひたすら楽しみながら田舎で遊ぶことを重視している釣りよか】 ・【テキパキと釣りも料理も解説しながら非常に勉強になる動画を投稿する釣りいろは】 は 全く色の違う2つのチャンネルだからこそ、コラボをしたり交流しているのを姿を見るのは視聴者としては面白いのではないでしょうか? 釣りよかでしょうではいつもリーダーとしての立ち回りをするよーらいさんも、釣りいろはのトクさんには年下として甘えてしまう場面もしばしば。 二人の掛け合いもとても面白くコラボは見どころ満載です。 スポンサーリンク 釣りよかと釣りいろはがコラボしなくなった理由は不仲なの? 頻繁にコラボしていた釣りよかと釣りいろはですが、2017年10月以降コラボをしなくなった事で不仲説が流れ始めました。 「あれ程頻繁にコラボをしていたチャンネルが何故コラボをしなくなったのか?」 「喧嘩でもしたんじゃないか?」と不安になるのは自然な流れかもしれません。 それは、釣りよか、釣りいろはが好きだからこその不安感ですよね、、 我々視聴者はスクリーン上でしか彼らの姿を追うことはできませんから、余計に噂が回り、真実が分かり辛くなってしまったわけです。 そんな不仲説の噂内容としては、 【釣りよかと釣りいろはの再生回数の差】 【釣りよかが売れた事により有名YouTuberだけとつるむ様になった】 など色々です。 釣りいろはは再生回数を気にしていましたから、堤防で鯛を釣り上げてから人気になっていった釣りよかと仲違いする可能性は否定はできませんよね。 そんな噂がリスナー内で回っている中よーらいさんのTwitterではこんなツーショット写真が上げられました。 こちらが不仲説が流れてる2人です、見てわかる通り不仲です。 — よーらい yoraaai 「見てわかる通り不仲です。 」 不仲説を茶化している様に見えるくらい仲が良さそうな様子の写真と文章ですね(笑) ファンの皆さんはこの画像だけで、「俺たちは不仲なんかじゃない」と言っているのが分かると思います。 黒い噂をかき消してくれて良かったと一安心した瞬間でした! 有名になればなる程いろんな説が流れてくるのは仕方が無いことですが、 それに怒るのではなく笑い飛ばしてる よーらいさん、トクさんは素晴らしいです! コラボをしなくなった理由としては、お互い大人数すぎるので、コラボしたとしたら大変だということも考えられます。 それに、何より多忙なYouTuber、コラボの日程を決めるのも容易ではないのでしょう。 その他に脱退者が両チャンネルで出ていることもあり、カバーするのに忙しいのではないでしょうか? だけれど、ファンとしてはコラボ動画は見たいですね…。 よーらいさんとトクさんとの掛け合いが面白いと思うファンが沢山いることも確かですしね。 両チャンネルの交流は頻繁ではないですが、あるらしくお食事に行っている様子もTwitterでは確認できます。 とくさんと久々飯きた! — よーらい yoraaai 変わらず仲が良い様子ですね! また落ち着いてきたならコラボを始めることがあるかもしれませんから、今後も両チャンネルに注目ですね! まとめ 釣りよかと釣りいろはの関係について見ていきました。 コラボが減ったことで、一時期不仲説もでましたが、そんな心配は無さそうです! これからも二つのチャンネルにはアウトドア、フィッシング系のジャンルをこれからどんどん盛り上げていってほしいです!.

次の

釣りよかでしょう。

釣りよか 児玉さん

ヤマメ、アマゴはいますが、イワナは基本的にはいないと言われていますが、南九州のごく一部にいます。 九州は基本的にアマゴではなくヤマメのいる地域ですが、大分県はもとからヤマメとアマゴが同じ河川にいるという珍しい地域です。 大分県ではヤマメとアマゴは区別せずにエノハと呼ばれてきました。 なんか、エノハについて混乱されそうですが、ヤマメの亜種でもヤマメの方言でもありませんよ。 私はエノハとひとまとめにする呼び名は九州人のおおらかさが出ているのでとても好きです。 大分には幻の魚と言われる、イワメもいます。 イワナとヤマメの合いの子だとか諸説様々ですが、今のところはエノハの突然変異(模様が無くなったエノハ)というのが正しいと言われています。 九州の他の県でも見つかっているそうです。 九州は宮崎など一部を除き、小さい渓流が多く、ダムや砂防ダムで遮られている河川がほとんどです。 ヤマメは降海することが不可能なのでダムで銀毛化して、それをサクラマスと呼んだりしていましたが、正確にはサクラマスではありませんね。 釣り方は、源流釣りがほとんどです。 広い河川が少ないので、フライはやりにくい所が多いですが、フライをやる人もいます。 エサ釣りは5m以下の短い竿を使う場合がほとんどです。 地域によっては3. 5m以下の竿だけを使う人も多いです。 TVなどでは宮崎の耳川や五ヶ瀬川など一部で7m以上の竿で本流釣りをやっていたりしますが、それができる場所は少ないです。 暖かい地域で雑魚が多いので、ゼロ釣法では雑魚しか釣れないのであまり好まれません。 7号ぐらいの針を使う人が多いです。 渓流釣りも人気が無いわけではないですが、他の地域と比べると小河川ばかりで地味な感じになりますね。 逆に、海釣りはおそらく、かなり恵まれている地域だと思います。 長崎方面や鹿児島方面が特に釣りに恵まれています。 何が人気があると言われても、たくさんありすぎて答えられないです。 全国でも人気があるルアーフィッシングやエギング、チヌ、グレなどは同様にとても人気だし良く釣れます。 でも、渓流釣りは出来ますし、九州独特の味がある釣りを楽しめるので、持って行った方がいいですよ。 宮崎県民です。 渓流餌師一年目です。 それまでは渓流ルアーをやっておりました。 九州にも名だたる河川がいくつもあります。 当方の近所の五ヶ瀬川にもシマノの細山長司氏が本流釣りで来られたりと、メディアにも取り上げられております。 当方のメインフィールドの耳川は源流ヤマメの子孫を放流しており、ヒレピン個体が多くてきれいです。 ルアーもフライも結構見かけます。 特に今からの時期はハッチが増えてくるので、スピナーかメイフライが強いでしょう。 九州で出来ない釣りを先に挙げます。 それはへらです。 一応各地に放流されているのですが、あまりに競技人口が少なく、専門店は無いに等しいです。 それ以外は海でも川でも何でも楽しめます。 宮崎県民です。 九州のどちらなのかはわかりませんが、九州山地を源流とする河川はほとんどヤマメ釣りができる河川です。 います。 各内水面漁協が毎年、稚魚・成魚を放流してます。 放流個体が年魚となる場合もあり、山間部のダム湖では銀毛も狙うことができます。 ただし、ヤマメ(&サクラマス)が主体でアマゴとニジマスがわずかに混ざる程度。 イワナは生息しておりません。 他に、サーフから投げるミノーイングで冬のオオニベ。

次の

釣りよかでしょうメンバーの最新2019プロフィール!年齢ほか仕事や収入も

釣りよか 児玉さん

ウェア シャツ他 の感覚にしても、20年以上昔の山好きが沢に降り立ったまま時が止まっておりますので、時間的な脳内修正も施しつつ読み進めてください。 さてさて、「アウトドアやスポーツは外見から入る!」これ大事かもです。 どんなものでも慣れてくると、現場に対応できる自分の好みがファッションにも反映されますよね、ウェア類だけでなく携行品や小道具にも。 まずはこんな感じでやっている人がいるよという参考にしていただいて、自分なりのファッションもアレンジするのも渓流釣りの楽しみです。 ウェア(シャツ)を選ぶ 基本登山で使うことも頭に入れて、渓流釣りのウェアも選びます、最も山のほうは最近さっぱりですが。 モンベルで選ぶなら薄手~中厚手くらいが使いやすく、除湿・保温・耐久性を考慮に入れてください。 チョイ釣りや暑さで半袖を着て釣るとき・場面は確かにありますが、時期、場所はあまり考慮しすぎずにとにかく長袖が基本かつ安心できます。 虫、小枝などちょっとした怪我からも身を守れますので、結局集中を切らさずに釣ることができます。 日帰りの渓流釣りかつ短い距離の場合でも、突然の雨、水没、汗など着替えが必要なことが出ますので、下着を含めてシャツ・ズボン類の換え(車内置きで大丈夫)は常に持っていきましょう。 参考画像: 上写真は一時期王道となったラグジャーですね、ええ山ですw あちこちの登山口や山頂にて早慶戦や早明戦が開催されてました。 もちろん渓流釣りでも使えます、なにせ強いですし。 参考画像: 標高は低いけれど距離が長いときには薄手のシャツ(上記のような)を選んでいます。 テン泊などを別としても、速乾性の素材が非常に便利で快適に過ごせます。 レインウェアで最もオススメは… ちょっと格好良くいやクールに呼んでみましたが、ただの雨合羽です。 問答無用かな、ゴアテックス製が安心かつ厚着も考えれば防寒にも使えます。 参考画像: 「合羽に…。 いや、高いですよね…」 「ですよねぇ…」 山行中心なら、命を買うものと思ってゴアテックス製薦めるのでしょうが、たかがって場面の方が多いのが渓流釣りかもしれません。 しかもポンチョにしろ安いものでもかさ張るので、携行にはザック等が必要となってきます。 使い捨てを考えて100均の雨合羽を選ぶ手もありますが、筆者がベストでも手軽に携行できる便利なアイテムをご紹介。 わかりますよね、ビニール袋です。 作り方は簡単、ビニール袋の底に首の入る穴を1箇所、側面下部に2カ所腕を入れる穴をあければ完成です。 45L以上で後はご自分の体型を考慮して購入です。 即席でかぶれる上に、保温効果も高いのが有難いところ。 ウェダーとの着こなしでばっちりです。 お子さんを連れたアウトドア時にも便利なので、ぜひ覚えておいてください。 初心者は釣りってことにこだわり過ぎずにいきましょう ウェーダーも含めウェア類に関しては、渓流釣りだからと「釣具メーカーで全てを揃えるってのはちょっとねぇ」なんて思ってます。 釣りの速報やポイント情報を除けば、山岳系のショップや量販のアウトドアショップの方が、ウェア類の実体験に遡行やキャンプの知識が豊富(どころかすっげ~山岳家もw)な店員さんが揃ってます。 筆者の実例でいえば、 「渓流釣りで使える30L位のザックでいいのありますか?」 「そうですね、シャワーや泳ぎもするんですか?」 とか 「バーナーって、どれがいいですか?」 「ボンベなどが高度・気温にもよりますが、どんな場面でのご使用をお考えですか?」 なんて風に、まぁ盛ってますがw。 渓流釣りはポイントまで自分の足でひいこらと距離を稼ぐ場面が多々出てきますので、防寒、汗、疲労などには気を使ってないと危険なこともあります。 ネット情報も色々詳しく出ていますが、特に山遊びの経験が少なくて入門を希望するような初心者が行くべきは釣り具屋よりアウトドアショップでの情報収集かと思います。

次の