チョコ 手作り。 バレンタインチョコ手作り!子供向けの失敗なしレシピ5選

今年のバレンタインチョコ、手作りする?しない?

チョコ 手作り

バレンタインデーにはやっぱり手作りチョコをプレゼントしたいと考えている方も多いのでは? そのまま食べても美味しい型抜きチョコやカップチョコは大量生産もできますし、高級感あるトリュフや生チョコなどは本命用プレゼントにぴったりです。 出来上がった手作りチョコを保存するときに気になるのが、どのくらい日持ちするのかということ。 また、保存方法が適切でないとせっかく作ったチョコスイーツが傷んでしまい、美味しく食べられなくなってしまう場合もあります。 そこで今回は、手作りチョコがどのくらい日持ちするのかといった賞味期限や保存方法をご紹介します。 これからチョコスイーツを手作りしようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。 手作りチョコの日持ち(賞味期限) チョコレートをベースにして作るシンプルな生チョコやトリュフ、カップチョコに、チョコを溶かして固めた型抜きチョコ…。 手作りチョコは 材料や作り方によって、それぞれ日持ちする日数が異なります。 手作りチョコをプレゼントとして贈る場合は日持ちする日数を計算し、渡す日に賞味期限を超えないタイミングで作る必要があります。 生チョコやトリュフの日持ち 生チョコやトリュフなど材料に生クリームを使った手作りチョコの賞味期限は、2~4日が目安です。 シンプルな型抜きチョコの日持ち チョコレートを溶かして固めた手作り型抜きチョコの賞味期限は、4~5日が一般的です。 レシピが簡単なだけでなく日持ちしやすいので、子どもと一緒にスイーツ作りを楽しみたいときや、作ってからプレゼントする日まで日数が空いてしまうときにおすすめ。 型抜きチョコにカットフルーツなどを入れた場合は賞味期限が早まってしまうため、プレゼントとして渡すときは注意する必要があります。 手作りのチョコ系焼き菓子の日持ち(賞味期限) 子どもから大人まで大人気のチョコ系焼き菓子は、一度にたくさんの量を作りやすいのが特徴です。 クッキーやマフィン、パウンドケーキなどの生地に溶かしたチョコレートなどを混ぜるだけで、簡単にチョコレート風味に仕上げることができます。 チョコ系焼き菓子は火を通して作るだけでなく、 バターや砂糖が材料に使われているため日持ちしやすいのも魅力的。 クッキー・マフィンの日持ち チョコレートを材料に使ったクッキーの賞味期限は、3~4日が目安です。 日数が経ちすぎてしまうと油がベタベタしてきたり、サクサクとした食感が失われてしまったりするためご注意を! マフィンの賞味期限の目安も3日程度。 ただし、トッピングにクリームを絞ったときは日持ちする日数がさらに縮まります。 プレゼントとして渡す場合はあらかじめマフィン生地を焼いておき、当日や前日にトッピングを施すなど作り方を工夫するのがおすすめ。 ガトーショコラ・ブラウニー・シフォンケーキの日持ち 油分が多めのガトーショコラやブラウニーの賞味期限は、4~5日が一般的。 作りたてよりも時間が経ったほうが生地が馴染んでいるため、1~2日置くとより美味しく食べられます。 ふわふわとした食感が贅沢なシフォンケーキの賞味期限も、4日が目安。 日持ちしやすいガトーショコラやブラウニー、シフォンケーキもトッピングに生クリームやフルーツを使うと賞味期限が早まるため、あらかじめ日数を計算してから作ると良いでしょう。 パウンドケーキの日持ち パウンドケーキはバターや砂糖がたっぷり入っているので、賞味期限が7日と日持ちしやすいのが大きな特徴。 誤った方法で保存すると、劣化が早まったり見た目が崩れてしまったりとさまざまなトラブルに繋がります。 こだわりの手作りチョコを美味しく食べるためにも、 スイーツに適した保存方法をきちんと把握しておきましょう! 常温保存でOKのお菓子 常温保存が適しているお菓子は、クッキー・マフィン・パウンドケーキなどのチョコ系焼き菓子。 クッキーは湿気に弱くサクサクとした食感が失われやすいので、乾燥材を一緒に入れたり密封容器に保存したりなどの工夫をします。 逆にマフィンやパウンドケーキは乾燥してしまうとボソボソした食感に変わってしまうため、きちんとラップをして水分を飛ばさないように気を付けましょう。 冷蔵保存がおすすめのお菓子 生チョコ・トリュフ・カップチョコ・ガトーショコラのほか、型抜きチョコやシフォンケーキは冷蔵庫での保存方法が適しています。 生クリームが入っていると常温でも溶けやすく、劣化してしまうのを防ぐためです。 型抜きチョコには生クリームは入っていませんが、部屋が暖かい場合溶けたりやわらかくなったりしてしまうのできちんと冷蔵保存するのがおすすめ。 ただし、冷蔵庫内の温度やチョコレートの状態によっては、脂肪分や糖分、結露によって表面が白く変わるブルーム現象が起きてしまう場合があります。 心配であれば、直射日光や暖房が当たらない涼しい場所で常温保存するなどの工夫をしましょう。 また、シフォンケーキの保存方法はラップでしっかりと包み、乾燥しないように注意します。 おわりに 自宅で楽しむのはもちろん、バレンタインデーなどのプレゼントにもぴったりな手作りチョコは簡単に作れて美味しい、魅力的なスイーツ。 適切な保存方法で管理すれば、賞味期限まで美味しい風味をしっかりと保てます。 ただし、今回ご紹介した賞味期限や保存方法はあくまでも目安です。 手作りのお菓子の日持ちは、使用する材料や気温・室温などの状態によって変動するのでご注意ください。 お菓子の特性に合わせて保存し、できるだけ早めに食べ切るのがベストです。

次の

バレンタインチョコ手作り!子供向けの失敗なしレシピ5選

チョコ 手作り

2月14日と言えば、気になる人や好きな人に告白の気持ちを伝える【バレンタイン】ですよね! また、普段お世話になっている人には義理チョコを渡して感謝の気持ちを伝える日でもあります。 ですが、最近の若い人は特に甘いものが苦手な人が多いようでバレンタインチョコレートさえも、実は、貰ってもあまり嬉しくないと思っているようなんです! もちろん、それだけではなくて、 手作りのチョコは何かと気持ち悪いので 食べれない人も一定数います。 私はチョコレートは大好きなので良く食べるのですが、確かに手作りで貰ったチョコの場合、衛生面や賞味期限などを気にしちゃいますね。 できれば、手作りのチョコレートは 焼きチョコの方が嬉しいかもです。 今回は、バレンタインチョコの手作りは気持ち悪いのかや賞味期限・焼きチョコについて皆さんにご紹介していきます。 バレンタインチョコの手作りは気持ち悪い? バレンタインチョコの手作りは気持ち悪いという意見も多いので調べてみました。 確かに、自分の嫌いな人やあまりよく知らない異性から、いきなり手作りのチョコを貰ったら私は警戒してしまいます 笑 そして、礼儀やマナーに厳しい日本人ですから、どの道ホワイトデーにお返ししなくてはいけないですよね・・・ それを考えると、ちょっと面倒くさいな~という気持ちもあります。 では、バレンタインチョコの手作りは 何が気持ち悪いという意見が多いのでしょうか。 バレンタインの手作りチョコが嫌・気持ち悪いという意見• 手作りより市販のチョコレートの方が美味しい• 市販のチョコの方が賞味期限 日もち が長い• 甘いものやチョコレートが苦手• 衛生面が気になる• 中身に何が入っているかわからない怖さ• 生なので火が通っていないと怖い• 手作りのバレンタインチョコは気持ちが重い などなどの意見が多いようで、バレンタインチョコの手作りはちょっと気持ち悪いと思っている理由になります。 一番は、 どういう環境で作っていたのかがわからないので 衛生面を気にしている異性が多いですね。 確かに、市販されているチョコは企業が作業者にマスクや消毒をさせて異物や菌が入らないように作らせているので、それに比べたら手作りチョコはラフな格好で作っているでしょうし、作った本人がきちんと手を洗ったり消毒しているのかさえ危ういですよね・・・ バレンタインチョコの手作りの賞味期限は? バレンタインチョコの手作りの賞味期限を調べてみました。 なかには、手作りのチョコは気持ち悪いだけではなく、 賞味期限がかなり短いから、別の物を貰った方が良いという人もいます。 貰ったチョコは、もう自分の物になるのでどう扱っても良いと思いますが自分は食べたくないけど、 捨てるのはもったいないと思う人もいると思います。 そんな方は、知り合いや友達に渡す事を考えると思いますが賞味期限が短いと渡す事も困難になってきますよね。 手作りバレンタインチョコの賞味期限 バレンタインチョコは、焼きチョコだったらけっこう長い賞味期限があるのですが、• 生チョコ・トリュフなどは、 冷蔵庫で【3日~4日】位の保管が限度 で食べるのが目安になっています。 もし、どうしてもバレンタインの手作りの賞味期限をある程度伸ばしたかったら、溶かしたチョコレートをシリコン型に流し込んで作る 【型抜きチョコ】であれば、冬の時期には 常温でも1週間位は日もちしますのでおすすめです。 手作りのバレンタイン焼きチョコの賞味期限 バレンタインチョコの手作りの焼きチョコについてや賞味期限を調べてみました。 焼きチョコのメリットは、 常温でも保存ができるという点がありますよね! 普通のチョコレートではなく• 【カップケーキ・ブラウニー・チョコクッキー】 などの 焼き菓子を、意中の相手に渡すのもありだと思います。 焼きチョコの賞味期限 焼きチョコを手作りした後は、ジップロックに入れて冷蔵庫に入れておけば 何週間も賞味期限がありますし、 常温でも1週間程度保存できます。 ただ、バレンタインのチョコの手作りで焼きチョコや焼き菓子をつくったら湿気を乾燥させてしまうと、味が不味くなりますので注意してください。 手作りバレンタインチョコが気持ち悪い?賞味期限|まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は手作りバレンタインチョコが嫌?気持ち悪い?という意見のご紹介と賞味期限についてご紹介しました。 今回の記事をまとめておくと・・・• バレンタインチョコの手作りは、貰う側は主に【衛生面】が気になるので気持ち悪いと思う人が多いようです。 生チョコの賞味期限は、冷蔵庫に入れても【3日~4日】位しか日もちしないので注意しましょう。 焼きチョコの手作りは、焼いているので生チョコレートよりも衛生面も良いですし賞味期限も長いのでおすすめです。 最後まで読んでいただきましてありがとうございました。 あわせて読みたい:.

次の

友チョコ大量生産!バレンタインの手作り大量簡単レシピ12選 [簡単お菓子レシピ] All About

チョコ 手作り

バレンタインデーにはやっぱり手作りチョコをプレゼントしたいと考えている方も多いのでは? そのまま食べても美味しい型抜きチョコやカップチョコは大量生産もできますし、高級感あるトリュフや生チョコなどは本命用プレゼントにぴったりです。 出来上がった手作りチョコを保存するときに気になるのが、どのくらい日持ちするのかということ。 また、保存方法が適切でないとせっかく作ったチョコスイーツが傷んでしまい、美味しく食べられなくなってしまう場合もあります。 そこで今回は、手作りチョコがどのくらい日持ちするのかといった賞味期限や保存方法をご紹介します。 これからチョコスイーツを手作りしようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。 手作りチョコの日持ち(賞味期限) チョコレートをベースにして作るシンプルな生チョコやトリュフ、カップチョコに、チョコを溶かして固めた型抜きチョコ…。 手作りチョコは 材料や作り方によって、それぞれ日持ちする日数が異なります。 手作りチョコをプレゼントとして贈る場合は日持ちする日数を計算し、渡す日に賞味期限を超えないタイミングで作る必要があります。 生チョコやトリュフの日持ち 生チョコやトリュフなど材料に生クリームを使った手作りチョコの賞味期限は、2~4日が目安です。 シンプルな型抜きチョコの日持ち チョコレートを溶かして固めた手作り型抜きチョコの賞味期限は、4~5日が一般的です。 レシピが簡単なだけでなく日持ちしやすいので、子どもと一緒にスイーツ作りを楽しみたいときや、作ってからプレゼントする日まで日数が空いてしまうときにおすすめ。 型抜きチョコにカットフルーツなどを入れた場合は賞味期限が早まってしまうため、プレゼントとして渡すときは注意する必要があります。 手作りのチョコ系焼き菓子の日持ち(賞味期限) 子どもから大人まで大人気のチョコ系焼き菓子は、一度にたくさんの量を作りやすいのが特徴です。 クッキーやマフィン、パウンドケーキなどの生地に溶かしたチョコレートなどを混ぜるだけで、簡単にチョコレート風味に仕上げることができます。 チョコ系焼き菓子は火を通して作るだけでなく、 バターや砂糖が材料に使われているため日持ちしやすいのも魅力的。 クッキー・マフィンの日持ち チョコレートを材料に使ったクッキーの賞味期限は、3~4日が目安です。 日数が経ちすぎてしまうと油がベタベタしてきたり、サクサクとした食感が失われてしまったりするためご注意を! マフィンの賞味期限の目安も3日程度。 ただし、トッピングにクリームを絞ったときは日持ちする日数がさらに縮まります。 プレゼントとして渡す場合はあらかじめマフィン生地を焼いておき、当日や前日にトッピングを施すなど作り方を工夫するのがおすすめ。 ガトーショコラ・ブラウニー・シフォンケーキの日持ち 油分が多めのガトーショコラやブラウニーの賞味期限は、4~5日が一般的。 作りたてよりも時間が経ったほうが生地が馴染んでいるため、1~2日置くとより美味しく食べられます。 ふわふわとした食感が贅沢なシフォンケーキの賞味期限も、4日が目安。 日持ちしやすいガトーショコラやブラウニー、シフォンケーキもトッピングに生クリームやフルーツを使うと賞味期限が早まるため、あらかじめ日数を計算してから作ると良いでしょう。 パウンドケーキの日持ち パウンドケーキはバターや砂糖がたっぷり入っているので、賞味期限が7日と日持ちしやすいのが大きな特徴。 誤った方法で保存すると、劣化が早まったり見た目が崩れてしまったりとさまざまなトラブルに繋がります。 こだわりの手作りチョコを美味しく食べるためにも、 スイーツに適した保存方法をきちんと把握しておきましょう! 常温保存でOKのお菓子 常温保存が適しているお菓子は、クッキー・マフィン・パウンドケーキなどのチョコ系焼き菓子。 クッキーは湿気に弱くサクサクとした食感が失われやすいので、乾燥材を一緒に入れたり密封容器に保存したりなどの工夫をします。 逆にマフィンやパウンドケーキは乾燥してしまうとボソボソした食感に変わってしまうため、きちんとラップをして水分を飛ばさないように気を付けましょう。 冷蔵保存がおすすめのお菓子 生チョコ・トリュフ・カップチョコ・ガトーショコラのほか、型抜きチョコやシフォンケーキは冷蔵庫での保存方法が適しています。 生クリームが入っていると常温でも溶けやすく、劣化してしまうのを防ぐためです。 型抜きチョコには生クリームは入っていませんが、部屋が暖かい場合溶けたりやわらかくなったりしてしまうのできちんと冷蔵保存するのがおすすめ。 ただし、冷蔵庫内の温度やチョコレートの状態によっては、脂肪分や糖分、結露によって表面が白く変わるブルーム現象が起きてしまう場合があります。 心配であれば、直射日光や暖房が当たらない涼しい場所で常温保存するなどの工夫をしましょう。 また、シフォンケーキの保存方法はラップでしっかりと包み、乾燥しないように注意します。 おわりに 自宅で楽しむのはもちろん、バレンタインデーなどのプレゼントにもぴったりな手作りチョコは簡単に作れて美味しい、魅力的なスイーツ。 適切な保存方法で管理すれば、賞味期限まで美味しい風味をしっかりと保てます。 ただし、今回ご紹介した賞味期限や保存方法はあくまでも目安です。 手作りのお菓子の日持ちは、使用する材料や気温・室温などの状態によって変動するのでご注意ください。 お菓子の特性に合わせて保存し、できるだけ早めに食べ切るのがベストです。

次の