加藤 エージェント 契約。 加藤浩次「残留」ではない エージェント契約を説明

【加藤浩次】加藤浩次“エージェント契約”後 初のCMキャラクターに就任|日刊ゲンダイDIGITAL

加藤 エージェント 契約

吉本興業が社内改革に向け、外部の第三者を委員に迎えた設置した「経営アドバイザリー委員会」。 その初会合が8月8日に行われ、同社が日本の芸能事務所では初となる「専属エージェント契約」を導入することなどが明らかになっていた。 MCをつとめる日本テレビ系「スッキリ」で明かしたのだ。 加藤といえば吉本のお家騒動を受け、上層部の退陣を要求。 それがかなわない場合、自身が退社することを示唆。 その後の展開が注目されていた。 そしえ9日の同番組で加藤は、海外の芸能界などでは一般的な同契約についてダウンタウンの松本人志(55)らに相談したことを告白。 また同制度を導入した場合は会社に残る意志があることを、今月6日に大崎洋会長(66)と会談した際に伝えたという。 それらが受け入れられたため、加藤は残留を宣言。 「『加藤浩次、言ったことを実行しないのか』と思う方もいると思います。 そういった方たちに謝罪したいと思います。 本当にすみませんでした」と頭を下げた。 「エージェント契約に移行した場合、ギャラの取り分は以前よりもはるかに増えるでしょう。 やりたくない仕事は極力こなさなくてもよくなるでしょう。 しかし今後、より芸人の実力勝負になるということでもあります。 たとえば加藤さんの枠に吉本が通常マネジメント契約のタレントをプッシュした場合、テレビ各局が忖度するはず。

次の

エージェント契約の加藤浩次・芸人・吉本興業が話題

加藤 エージェント 契約

お笑い芸人たちの闇営業問題が発端で、所属事務所『吉本興業』の大崎洋会長と話し合いを行い、契約形態を専属マネジメント契約から自身発案の「専属エージェント契約」に変更した極楽とんぼ・加藤浩次さん(かとう・こうじ 50歳)が、個人事務所として新たに 『有限会社加藤タクシー』を設立していたことが明らかになりました。 加藤浩次さんは13日放送のレギュラーネット番組『極楽とんぼのタイムリミット』(AbemaTV)に出演し、 「10月1日から、私はもう大手事務所じゃないですから。 有限会社加藤タクシーの社長兼タレントです」と自身の事務所を設立したことを初告白しました。 タクシーは一切やってないです。 うちの会社の名前が『有限会社加藤タクシー』なだけ」と答えていました。 加藤浩次さんは7月に、闇営業問題で吉本興業から契約解消(後に撤回)された雨上がり決死隊・宮迫博之さん、ロンドンブーツ1号2号・田村亮さんの会見後、司会を務める情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)の中で吉本興業の経営陣に対して怒りをあらわにし、「今の社長、会長体制が続くのなら俺は吉本興業を辞める」などと宣言し、大崎洋会長と今後についての話し合いを行いました。 その後、加藤浩次さんは自身が発案した「専属エージェント契約」を結ぶ方向を表明し、10月1日付で専属マネジメント契約から専属エージェント契約に変更となりました。 この契約変更によって、今後は自らが雇用した代理人を通して取ってきた仕事(直営業)が可能となり、吉本興業側は営業活動は行う一方で、スケジュール管理や送迎、マネージャー業務などは行わずに仕事獲得の窓口のみを担当するため、加藤浩次さんはこれから自身の責任のもとでマネージメントを行っていくことになります。 なお、現時点でエージェント契約に変更したのは加藤浩次さんのみで、周囲の芸人たちはとりあえず様子見をしているようです。 そして、加藤浩次さんの個人事務所設立、エージェント契約への変更に対してネット上では、• さんまさんとかと同じ感じになるという事かな?良いと思います。 こういうやり方。 叩く人も居るだろうけど、吉本のアクを出し、後輩等の意見も言える機会を作り、悪者になっても良いからちゃんと動いたという事。 むしろこれをきっかけにエージェント契約増えていけばいいと思う。 吉本主導の好き勝手なやり方は蔓延しすぎてて縛られるのは良くないと思う、時代にそぐわない• エージェント契約でやっていけるのは ごく一部だと、加藤みたいに名が売れて仕事がちゃんと出来る人しか無理だろうな。 1発やみたいなぽっと出の芸人では吉本所属でないとと思う。 若手芸人には個人事務所は設立できません。 結局、自分だけなのね。 最初の勢いはどこ行っちゃったのか。 元々 節税対策として個人事務所持ってたんでしょ。 今までは 吉本の専属下請け会社だったけど フリーですよって言いたいんだろう• もともと個人事務所をお持ちになっていたのでしょう。 吉本興業が取ってきた今のレギュラー番組は今まで通り吉本を通して、これから自分にくる仕事のギャラは、すべて自分のギャラになったってことだと思います。 吉本の看板なしでどこまで自分に声をかけてくれる番組があるのか、これからが楽しみですね。 などのコメントが寄せられています。 2006年5月に有限会社法は廃止となり、これによって有限会社を新たに設立することはできなくなり、もともとあった有限会社は株式会社(特例有限会社)として存続する形となっており、これによって有限会社法が廃止後も商号に「有限会社」の文字を用いることができています。 加藤浩次さんが今回明らかにした個人事務所『有限会社加藤タクシー』も、2006年以前に恐らく税金対策などで設立した事務所とみられ、会社の所在地は東京都世田谷区内にある加藤さんの自宅となっていました。 』(フジテレビ系)などにもたまに登場していた義父・深野正一さん(2015年死去)は、生前タクシー運転手をしていました。 同じく吉本興業に所属する明石家さんまさんも、税金対策やマネージメントを目的とした個人事務所『オフィス事務所』を設立しており、この事務所にはさんまさんと親交が深い村上ショージさん、ラサール石井さん、松尾伴内さん等が、それぞれ所属する事務所とは別に所属しているそうで、ここに宮迫博之さんも加わるのではないかと囁かれています。 加藤浩次さんは今後、自らが雇用した代理人や自身で取ってきた仕事をすることも可能となり、これによって仕事の幅が広がりそうですが、前例が無いだけに今後どのような展開を迎えるかは分からず、加藤さんの仕事にどういった変化があるのか引き続き注目していきたいですね。

次の

加藤浩次「あとはサインだけ」の一方、宮迫・亮の気になる “現在地”

加藤 エージェント 契約

スポンサードリンク 加藤浩次の新事務所が話題 加藤浩次がエージェント契約 お笑い芸人の加藤浩次さんが吉本興業とエージェント契約をかわし、今後は自分の個人事務所に所属して活動すると報告しました。 出典: エージェント契約ってのは吉本興業のタレントではなくなり、個人事務所をかまえて吉本興業をエージェントとして仕事の契約を結ぶというものですね。 これはこれでいろいろと問題がある契約っちゃ契約なんですが、まぁ今回は細かいところの説明は省きますw 社名は有限会社加藤タクシー んで、加藤浩次さんが所属する事務所ってのが個人で立ち上げた「有限会社加藤タクシー」という会社。 これ、なんだか不思議な社名ですよね。 加藤浩次さん本人も「極楽とんぼのタイムリミット」の中で、相方の山本圭壱さんから「タクシー会社をやっているわけじゃないですよね?」と尋ねられ、「タクシーは一切やってないです。 会社の名前が有限会社加藤タクシーなだけ」と答えています。 この説ってどうなんですかね? 義父の苗字や名前(義父は深野さんといいます)とかを使っているならまだしも、義父の職業を自社名に入れますかねぇ? でもまぁ社名決めるのって難しいですよね。 書店とかにも社名の決め方的な本が並んでますが、わかりやすくかつ何やってる会社かがちゃんと伝わらないといけないわけですからね。 会社側の好みだけでつけるとわけわからないことに…なんて話も知人が会社作ったときによく聞きましたw 特に横文字が問題で、友人の場合はやたらとスペイン語だかフランス語だかにこだわりすぎてて、カタカナ表記すぎて長すぎるし意味わかんない状態でしかなかったんですよねw スポンサードリンク 「有限会社」に違和感 ちょっと話が脱線しかけたので、本題に引き戻しまして。 そもそもぼくはこの社名「有限会社加藤タクシー」を耳にしたとき、すごく違和感があったんですよね。 違和感てなんだろう?と考えてみたところ… 「有限会社」…これです。 有限会社ってたしかに会社形態として存在したけど、それは過去の話。 2006年の会社法施行により、有限会社は設立できなくなってるんですよね。 なのに加藤浩次さんの新会社が「有限会社」というのはこれいかに?ってことですよ。 加藤タクシーの設立時期は? 自然に考えると、有限会社として登記されているなら、 有限会社加藤タクシーはずっと以前から存在してたってことなんですよね。 あくまで推測の域なので、なにかその証拠っぽいものないかな?と探していたら、こんなの見つけました。 なるほど、有限会社加藤タクシー自体は18年前に作ってあったのね。 — PM君 officepm やはり過去に作ってあった会社ですね、そうだと思いました。 これ、「新しく作りました!」って感じで発言すんのはどうなんでしょうね? 個人事務所はかなり前から作ってあったとか、 「狂犬」の名とは裏腹に超絶したたかな感じがしませんか?ww 加藤タクシーに対する世間の反応は? 話題になっている加藤浩次さんの有限会社加藤タクシー。 これにたいする世間の反応はどうなっていますかね? めちゃイケがあれば 加藤タクシー設立まで密着ドキュメント72時間の ザ・ノンフィクションをオマージュだな。 これからは自営業者ですから自分達でお客を取って稼がなければなりません。 多分吉本さんは乗らないと思うしこれからが大変ですね。 でも加藤さんなら乗車拒否して自力で会社を成長させるでしょう。 応援しています。 — きしよしここ geyNuL7TcDaPnOf やはり新設したと思われますよねw でも皮肉たっぷりのツイートに拍手ですww 加藤タクシーって深野さんのことがあるのかなって思ってたらみんな同じこと考えてる。 やっぱりそうなんだろうな — ちゅー nomkuchenff 絶対忘れない会社名ですね… 加藤浩次、「社長はカオリ」 個人事務所設立の報告に相方は苦笑 — 【公式】fumumu(フムム) fumumunet とまぁこんな感じの感想がツイッター上には出揃っていますねw まとめ 加藤浩次さんが吉本興業とエージェント契約を結び、個人事務所「有限会社加藤タクシー」所属となりました。 有限会社加藤タクシーは今回のために新設された会社ではなく、ずっと以前からあったわけですね。 加藤さんのしたたかさに「スッキリ」しましたwwww では今回はこのあたりで。 最後までご覧になっていただきありがとうございました。

次の