行政書士 勉強 サイト。 行政書士 独学合格プログラム|行政書士試験を最短で突破する勉強法はコレだ!

行政書士 独学勉強法

行政書士 勉強 サイト

独学の費用はどれくらい? ここで言う独学とは予備校や通信講座を利用するのではなく、市販のテキストなどを購入し自分ひとりで勉強していく方法のことを言います。 まずは最初に行政書士試験を独学で勉強する場合の費用について見ていきましょう。 基本書のテキスト 3,000円• 過去問題集 4,000円• 一問一答の問題集 2,000円• 判例集 3,000円• 六法 4,000円• 一般知識対策本 2,000〜13,000円• 模試 20,000〜30,000円 上記の教材を揃える場合、最低でも約38,000円ほどかかります。 独学の主な費用はテキストや問題集などの書籍代です。 これらの費用は必ずかかるものではなく、抑えようと思えばコストカットできるところもあります。 テキストや問題集を用意しよう 行政書士試験対策としてテキストや問題集は色々と出版されています。 すべての科目がまとめられたテキストがあり、その1冊だけで受験勉強されている方もいるかもしれませんが、それはあまりおすすめできません。 テキスト以外にも問題集や判例集、六法などが必要となってきます。 初めて行政書士試験の勉強をするという人は基本書となるテキストを必ず購入しましょう。 テキストはすべての科目がまとまったもので構いません。 出来れば科目ごとに個別で用意したいところですが、そうするとかなりのボリュームとなるので初学者は1冊にまとまったテキストで良いと思います。 問題集は一般的にオリジナル問題集と過去問題集に分かれます。 過去問題集は購入するかと思いますが、できればオリジナル問題集も用意しておきましょう。 というのも過去問だけでは演習量が足りないからです。 行政書士試験の過去問は合格道場というサイトで無料で問題と解説を見ることができます。 なので過去問題集はいらないように思えます。 しかし、一問一答式の過去問題集も用意しておくことをおすすめします。 というのも合格道場の無料で見られる過去問は、そのまま掲載しているので通常通り5肢択一式となっています。 5肢択一式だと他の選択肢から予想して解答を導き出すことが可能な場合があり学習の効果が低下してしまうため問題集は一問一答式をおすすめしています。 また解説を読んでも理解できないということがあるので、色々な解説が読めるというのは大きなメリットです。 判例集は絶対に用意しなければならないものではありません。 テキストや過去問でも判例が掲載されているので、ある程度は学習することができます。 判例集を用意しなくても合格したという人もいるでしょう。 しかし、個人的には用意したほうが良いと思います。 判例からの出題に対応するには、その判例を知っているかどうかが鍵となります。 そのため出来るだけ多くの判例に触れておく必要があるのです。 多くの判例に触れるためには判例集を使うと便利です。 六法については用意するか意見がわかれるところだと思います。 今はネットでも法律を確認できるのでいらないという意見もあります。 個人的には、ないよりあったほうがいいとは思います。 六法は行政書士試験用のものが出版されており、条文だけでなく判例や過去問なども掲載されているので条文に関連付けて知識の幅を拡げることができるからです。 また、すぐに調べられるというメリットもあります。 学習の補助的な役割を果たすものなので、ネットで検索するほうが面倒だ、という人は購入すると良いでしょう。 一般知識の対策本も必ず必要なものではありません。 苦手だという人は用意してください。 一般知識の対策本を用意する際は、一般知識が全体的に苦手な人は総合テキストを、一部の科目が苦手な人は対象の科目専用のテキストを用意しましょう。 【独学で用意すべき教材一覧】• 基本書のテキスト• 過去問題集• 一問一答の問題集• 判例集• 一般知識対策本 独学のスケジュールとは? 受験勉強においてはスケジュールか大切です。 特に独学の場合は、セルフコントロールが大事になるので、きちんとスケジュールを立てて管理していきましょう。 具体的には年間スケジュールを立てます。 いつまでに何の科目を終わらせるかという感じに決めていきます。 ただ決めるのではなく、 達成可能なスケジュールなのかを考えてください。 例えば、年間スケジュールを立てた際に行政法のテキスト勉強を1ヶ月で終わらせる必要があるとします。 テキストが400ページとすると単純に1日13ページほどすすめていく計算となります。 勉強できない日を考慮すると1日15ページほどになるでしょう。 これが実現可能かどうかを考えて計画に落とし込んでいきます。 スケジュールを立てるポイントは 細かく決め過ぎないこととフリーの日を設けることです。 細か過ぎると窮屈になってしまいますし、実行するのも大変です。 フリーの日を入れる理由は、イレギュラーな予定変更を修正するためです。 病気や付き合いなどで勉強できないときもあります。 そういったイレギュラーなことを吸収できる日を設けておくとスケジュールがずれません。 またスケジュールを立てて満足してはいけません。 そのスケジュールを実際に実行してこそ意味があるのですから。 独学のおすすめ勉強法 独学の勉強法について解説していきます。 独学の勉強法は基礎的なことはテキストで学び、その知識をもとに問題集などでアウトプットしていきます。 基本的には、この繰り返しです。 これにプラスして判例集を利用して学習したり、模試を受験して、より合格への確率を上げていきます。 行政法と民法に力を入れる 行政書士試験は行政法と民法からの出題が最も多いです。 従ってこの2つを中心に勉強していきます。 行政法と民法だけは個別にテキストを用意しても良いと思います。 それだけ重要な科目です。 この2つの成績が行政書士試験の合否を分けることになるでしょう。 同じ教材を繰り返す 人は繰り返し勉強することで理解が深まり、記憶に定着します。 従って、あれこれ手を出すのではなく同じ教材を繰り返し勉強しましょう。 繰り返せば繰り返すほど、理解が深まり力がついてきます。 問題集は一問一答 上記でも述べましたが問題集は一問一答式がおすすめです。 過去問は5肢択一式なので他の選択肢から答えを予想できたり、消去法から答えを導き出すこともできます。 これでは勉強効果が低下してしまうので、一問一答式の問題集を使います。 一問一答式はその問題そのものの正誤を判断するため、純粋に問題に向き合うことができます。 学習的には、こちらのほうが効果的と言えるでしょう。 過去問で勉強 行政書士試験では過去問を中心に勉強していくスタイルが一般的です。 過去問では知識を得るだけでなく 解き方も勉強しましょう。 過去問題集には解法テクニックを掲載しているものが多いので解き方を学ぶことができます。 また過去問ではインプットよりもアウトプットに力を入れてください。 過去問でインプットし過ぎてしてしまうと答えを覚えてしまう可能性があります。 インプットも大事ですがアウトプットも同じくらい大事です。 過去問では持っている知識を引き出す練習をしましょう。 勉強場所 独学は主に自宅で勉強することになりますが、必ず自宅で勉強しなければならないというわけではありません。 勉強場所は自宅以外にも沢山あります。 どこで勉強するかは自由です。 それが独学のメリットとも言えるでしょう。 自宅は意外と誘惑が多いので、自宅以外の勉強場所も確保しておくと良いと思います。 隙間時間を利用する 行政書士試験の受験生は社会人が多いです。 社会人の場合、まとまった勉強時間がとりにくいものです。 その場合、隙間時間を利用して勉強していく必要があります。 通勤時間や昼休みなどなど。 まとまった勉強時間がとれなくても、隙間時間を利用することで意外と勉強時間が取れるものです。 モチベーションをコントロール 勉強にとって一番大事なのは、モチベーションです。 モチベーションが高いときは学習の効果も高いですが、逆に低い場合、同じ勉強をしても効果は低下してしまいます。 勉強するときにモチベーションを上げておけば効果を高めることができるのです。 そこで勉強に入る前にモチベーションを上げておきましょう。 モチベーションの上げ方は人それぞれです。 音楽や映画、先人の言葉。 モチベーションを上げる方法は自分で見つけるしかありません。 過去にどんなことでモチベーションが上がったか思い出してみましょう。 オリジナルの勉強法を見つける 独学の勉強法は色々とありますが、自分のオリジナル勉強法を確立することが大事です。 独学で合格する人は自分の勉強法を持っています。 オリジナル勉強法は学習の効果を最大限引き出してくれます。 しかしオリジナル勉強法は、どんな勉強法が自分に合っているか、どんな勉強法が自分に効果があるのかを自分で見つけていく必要があります。 そのために勉強しながら常に考え、工夫し続けましょう。 そうすると次第に勉強の効率を上げていく方法が見えてきます。 模試を受ける 各予備校では模試を実施しています。 独学の場合でも模試を受けておきましょう。 模試には様々なメリットがあります。 1つは自己分析です。 模試を受けることによって何が得意なのか、何が苦手なのかが客観的に判断できます。 模試で判明した苦手分野を重点的に勉強していきましょう。 もうひとつのメリットが試験の雰囲気を感じることができる点です。 行政書士試験は1問あたり2分ほどで解かなければなりません。 試験時間は3時間もありますが、意外と時間が足りず、時間との戦いとも言えます。 試験の雰囲気を感じることで本試験の対策を立てることができます。 また模試は予想問題としても利用できます。 模試は過去の試験や試験委員などを研究し、受験生に提供しています。 模試で出題された問題が本試験でも出題されることがあるので独学の人でも予備校の模試を受けておくことをおすすめします。 独学の注意点とは? 独学にはメリットもありますがデメリットもあります。 質問ができない 予備校や通信講座ではわからないところを質問することができます。 しかし独学では質問する相手がいません。 自分で調べるしかないので時間がかかるというデメリットがあります。 独学の人で質問する相手がいない場合は、合格道場の掲示板を利用すると良いでしょう。 合格道場は無料で過去問の利用ができるサイトです。 合格道場では掲示板があるので、そこで質問をしてみましょう。 挫折しやすい 独学は勉強するもしないも自分次第です。 そのためモチベーションを維持するのが意外と大変です。 モチベーションが低下すると学習効率が低下するどころか最悪、挫折する可能性もあります。 また、勉強方法の研究やスケジュール管理なども自分でしなければならず、挫折しやすいポイントが数多くあります。 予備校や通信講座ではその点を補ってくれますが、独学ではすべて自分で行わなければなりません。 手を広げ過ぎない 独学で勉強していると、勉強方法やテキストについてなどに不安を募らせていくことがあります。 すると新しいテキストや問題集を購入したり、手を広げてしまいます。 時期的に間に合えば良いですが、新しいテキストに手を広げることはタブーとされています。 その理由としては新しいことに取り組むより、今までの勉強を続けるほうが効果が期待できることにあります。 【まとめ】独学はオリジナル勉強法を見つけた人の勝ち 合格体験記などを読んでみるとわかると思いますが、合格者の勉強方法は人それぞれ違います。 合格した人は皆「これだ!」というオリジナルの勉強法があります。 独学の場合は特にそのことが言えるでしょう。 どんな勉強のスタイルや方法が自分に適しているかは実際にやってみないとわかりません。 なので最初は色々と試してみることをおすすめします。 試行錯誤しながら自分なりのオリジナル勉強法を見つけましょう。

次の

【行政書士試験の勉強法】Web講座が注目される理由

行政書士 勉強 サイト

行政書士試験に挑戦するために、どうやって勉強しようか、どんな勉強方法で試験対策を始めようかと考え始めたときに、まず気になるのは、「コスト」と「手軽さ」ではないでしょうか。 コストが最も安くつき、なおかつ手軽にできるのは、やはり「独学」です。 逆に、 コストが最も高くつき、手軽さが最も低いのは「 通学講座」です。 そして、その 中間とでもいうべき、良いとこ取りをしたものが、「 通信講座」ということになるかと思います。 もちろん、「コスト」と「手軽さ」のほかに、どの勉強方法が行政書士試験の合格への近道なのか、ということも考慮しないといけませんが、この点については、はっきり言って、どの勉強方法でも、しっかりとこなすことができれば合格できます。 その勉強方法が自分に合ったもので、最後までやり遂げることができれば、行政書士に合格できるんです! ということで、最後までやり遂げることができる勉強方法、つまり、あなたに最適な行政書士試験の勉強方法の選び方について、考えていきたいと思います。 「独学」なのか、「通信講座」なのか、それとも「通学講座」なのか、 あなたに合った勉強方法を導き出すお手伝いをさせていただければと思います。 なお、上述のとおり、「コスト」と「手軽さ」の面から、「独学」がもっとも有利な勉強方法になりますので、このページでは、 独学が可能な人にとっては、「独学」がベストな勉強方法として位置づけています。 一方、 「独学」が難しい人は「通信講座」、それも難しい人は「通学講座」という順序で判定していくこととします。 ただし、通学講座は、立地条件の面でハードルが高くなるため、通学講座が最適と判定された場合であっても、通信講座でなんとか頑張っていただくという形になろうかと思います。 最適な行政書士試験の勉強方法を導く要素 その1 時間的な要素(通学する時間が確保できるか) まず一つ目は、時間的な要素です。 これは、それほど考えずに答えることができると思います。 もし通学講座に通うとなれば、週に1〜2日程度、3時間程度のまとまった時間を確保する必要があります。 曜日・時間帯は、平日の夜か、土日の昼間か、平日の昼間か、といった形で複数のコースが設定されている場合が多いと思います。 また、教室で講義を受けるのではなく、個別ブースでビデオ講義を受けるという受講形態もありますので、この場合は、決められた時間帯に左右されずに、自分のペースで通学することも可能です。 しかし、いずれにしても、わざわざ通学するわけですから、それなりにまとまった時間を確保したうえで、通学する必要があることに変わりはありません。 したがって、このような まとまった時間を確保できない場合や、 時間自体はあるけれども夜遅くの時間しかないというような場合は、必然的に、通学講座は不可能ということになり、「独学」か「通信講座」かのいずれかに選択肢が絞られてきます。 このような方は、 へ進んでください。 (リンクをクリックすると、該当箇所にジャンプします。 ) 一方、 まとまった時間が確保できるという場合は、まだ「独学」、「通信講座」、「通学講座」のいずれも選択肢が残っているという状態です。 このような方は、次のへ進んでください。 最適な行政書士試験の勉強方法を導く要素 その2 学習環境の要素 (ひとりで勉強できるか) 次は、学習環境の要素です。 これは、みなさんの勉強体質のようなものに関係してきます。 自宅でひとりの環境で勉強ができるかどうかの問題です。 自宅にいると、だらけてしまって勉強ができない。 ひとりでは気持ちが続かない。 心が折れてしまいそう。 机に向かうことが苦手。 そもそも勉強が苦手。 家の外に出て、周りの眼がないと集中できない。 というように、 自宅でひとりで勉強ができない方は、勉強体質がないため、「 通学講座」を選択した方がよいということになります。 このような方は、へ進んでください。 (リンクをクリックすると、該当箇所にジャンプします。 ) 逆に、自宅で ひとりの環境で勉強ができるという勉強体質のある方は、「独学」か「通信講座」かで勉強ができるということになります。 このような方は、次のへ進んでください。 最適な行政書士試験の勉強方法を導く要素 その3 勉強方法の要素(テキストで勉強できるか) 最後は、勉強方法の要素です。 これは、自分でテキストを読み進める勉強ができるかどうかの問題です。 人から教えてもらわないとわからない。 テキストを読んでいたら眠くなる。 わからなくて挫折した経験がある。 テキストを読むのが苦手 というように、 自分でテキストを読み進める勉強ができない方は、「 通信講座」を選択した方がよいということになります。 このような方は、へ進んでください。 (リンクをクリックすると、該当箇所にジャンプします。 逆に、• テキストだけで理解できる自信がある。 テキストを読んでいても眠くならない。 受験勉強も苦にならなかった。 というふうに、 自分でテキストを読み進める勉強ができる方は、「独学」による学習が可能となりますので「 独学」を選択することができることになります。 このような方は、へ進んでください。 (リンクをクリックすると、該当箇所にジャンプします。 ) あなたに最適な行政書士試験の勉強方法 以上の3つの要因(質問)により、「独学」、「通信講座」、「通学講座」のいずれがあなたに最適な行政書士試験の勉強方法なのか導かれたかと思います。 では次は、それぞれの行政書士試験の勉強方法について、解説していきたいと思います。 「独学」で行政書士試験にチャレンジ! では、独学で行政書士試験の勉強をすることに決まったら、まずはテキスト選びから始めましょう。 そして、そのテキストに対応した問題集も併せて選びます。 独学の場合、最低限、テキストと問題集がそれぞれ一冊ずつあれば、合格できる人は合格できます! 行政書士の市販テキストは、様々な出版社から各種のテキストが数多く出版されている状態です。 当サイトでは、各社のテキストを実際に購入して読み比べたうえで、おすすめのテキストや問題集をご紹介していますので、下記のページを参考にしてください。 テキストと問題集が決まったら、自宅などで時間を確保して、テキストを読んでインプット学習をし、問題集を解いてアウトプット学習をするという形で勉強を進めていくことになります。 また、スキマ時間を使ってテキストを読んだりすることもできますね。 初学者が行政書士試験に合格するためには、トータルで500時間程度の学習時間が必要と言われています。 1日に確保できる勉強時間や予備知識がどれだけあるかなど違いがありますので、500時間というのはあくまでも目安となりますが、例えば、1日に3時間の勉強時間が確保できる方であれば、半年程度の期間になりますし、1日に1時間しか勉強時間が確保できない方であれば、1年半程度の期間が必要になると考えていただければよいかと思います。 なお、テキスト1冊と問題集1冊のほか、もし時間的に余裕があれば、「要点整理テキスト」といわれるテキストを使って総整理すれば、知識の漏れを防ぎ、頭がスッキリと整理されますので、より効果的かと思います。 (当サイトの下記のページを参考にしてください。 ここまでやれば、完璧ですね! ただし、ここまでやらなくても、「テキスト」と「問題集」、この2つの組み合わせだけを、しっかりと丁寧に取り組めば、それだけでも合格できるはずですので、あくまでも余裕があればの話として、あまり無理をして手を広げないように注意してください。 「通信講座」で行政書士試験にチャレンジ! では、通信講座で行政書士試験の勉強をすることが決まったら、まずは講座選びから始めましょう。 行政書士の通信講座についても、多くの資格学校・資格予備校から、様々な講座が提供されています。 当サイトでは、各社の通信講座について、実際に体験したり、資料請求をして調査したうえで、おすすめの通信講座をランキング形式でご紹介していますので、下記のページを参考にご覧ください。 学習は、自宅で机に座って、パソコンなどで講義を受講するというのが基本形になりますが、多くの通信講座ではスマホにも対応していますので、スキマ時間を使って学習することも可能となっています。 カリキュラムは、初学者向けの通信講座なら、テキストを使いながらインプット講義を受け、問題集を使いながらアウトプット講義を受け、最後の仕上げに模擬試験を受ける、というのが基本的なパターンになっています。 なお、テキストも問題集もすべてオンライン化され、すべてスマホで受講できるという講座もありますので、スキマ時間だけで勉強したいという方は、そのような講座が最適ですね! 「通学講座」で行政書士試験にチャレンジ! では、通学講座に通って、行政書士試験の勉強をすることに決まったら、自宅から通える範囲に行政書士の通学講座(予備校・スクール)があるか探してみましょう。 それほど多くの選択肢はないかと思いますが、当サイトでは、下記のページで、行政書士試験の代表的な資格予備校について、都道府県ごとに整理してご紹介していますので参考にご覧いただき、近所に通学講座がないか探してみていただければと思います。

次の

行政書士、勉強法

行政書士 勉強 サイト

物権における物は例えば、家や土地もしくは洋服などのことを言ったり、債権における「契約」は人と人の約束事についてのことを言ったりします。 つまり、民法というのは私たちの生活に最も身近なことを規定している法律です。 行政書士試験の民法の配点 まずは、試験全体に占める民法の配点から解説します。 行政書士試験は300点満点ですが、民法の配点はそのうち76点となります【5択:36点、記述式:40点】 全科目の中では、行政法の112点の次に配点が高い科目となります。 次に、民法の【5択:36点】の中の配点ですが、例年下記のような出題となっています。 ここから1つずつ深掘りしていきます。 民法が規定している内容が実際の裁判でどのような解釈をされて、どのように適用されたのかを知る必要があります。 なぜなら、過去の出題を振り返った場合、 条文の暗記で解ける問題だけでなく判例を知らないと解答にたどり着けない問題が多くあります。 例えば、実際に平成30年度に出題された物権に関する過去問の1つの選択肢を見てみましょう。 問:抵当権の効力に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。 解説:抵当権の対抗要件があれば、原則として、抵当権をつけた不動産(宅地)にある従物(例:灯篭・庭石)にも、抵当権の効力があることを第三者に主張できる、という判例(最判昭44.3.28)があります。 上記の理由から、民法の条文に加えて関連判例を覚えなければ解けない問題もあるため、しっかりと判例も読み込むようにしましょう。 なぜなら、民法は、選択肢の文章が長いため、関係図を書かないと選択肢をしっかり頭に入れた状態で回答できません。 たとえば下記のような登場人物が複数いる問題が債権分野ではよく出題されます。 (平成30年 問33) 問:Aに雇われているBの運転する車が、Aの事業の執行中に、Cの車と衝突して歩行者Dを負傷させた場合に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。 なお、Aには使用者責任、BおよびCには共同不法行為責任が成立するものとする。 解答については省略しますが、こういった登場人物が複数いる場合には関係図を可視化しないと文章が非常に読みづらくなります。 ですので、しっかりテキストでも問題を解くときでも、 関係図を書くようにしましょう。 筆者はこれを意識してから、民法が得意分野に変わりました。 出題される相手(問題)が分からない状態でやみくもにテキストだけを読んでも、ゴールがないマラソンをしているようなものです。 ですので、まずは問題集でどのような問題が出るのかを把握し、実際に解いてみた後に解説を読みながらテキストも読んでいくようにしましょう。 行政書士試験 民法にかける勉強時間について 民法は行政書士試験の中で最も時間をかけるべき科目です。 なぜなら、行政書士試験は民法と行政法が満点であれば合格点の180点を超える試験です。 行政書士と民法が不得意では合格が難しいのです。 行政法は暗記が中心となり、実力をつけるために民法ほど時間はかかりません。 一方で、 民法は得点力をつけるために時間が非常にかかります。 得点力の伸び方としては最初が伸びづらく、あるとき急に得意科目に変わっていくイメージです。 ですので、行政書士試験の中では 民法はできる限り早めに勉強を着手して理解を深めることが重要です。 何度も言いますが、民法は得点が伸びて安定するまでに時間がかかります。 早い時期から理解を積み上げていくことでしっかりと本番で得点できるようにしましょう。 今回は勉強法について話しましたが、勉強のおすすめ教材については下記の記事にまとめていますので参考にしてみてください。 なお、通信講座のおすすめを知りたい方は下記記事をどうぞ。

次の