簡単 栽培。 コンパクトに庭で栽培できる果樹5選は?初心者にも簡単に育てられる!

長ネギ(下仁田ネギ) 栽培・育て方のコツ(土寄せ・育苗・病害虫など)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

簡単 栽培

家庭菜園野菜一覧 家庭菜園向け野菜の育て方一覧 野菜栽培士が家庭菜園で人気の野菜の育て方をご紹介します。 野菜を育てるには環境に合った種類を選び育て方を知っておくことが無事に収穫までたどり着くポイントになります。 野菜は「果菜類」「葉菜類」「根菜類」の3つに分類することができ、その分類ごとに、栽培の仕方や栽培管理など収穫までプロセスや育て方は違います。 どの野菜作りにも共通することは、正しい栽培方法で育てればちゃんと収穫までたどり着けるということ。 各野菜の種まき・植え付け・水やり・追肥・病気対策・害虫対策などを紹介! 栽培が容易な野菜の育て方はもちろん、栽培の難しい野菜の育て方も掲載しています。 、それぞれの野菜には難易度があるため、自分のレベルに合った野菜を見つけることも大切です。 各画像をクリックするとそれぞれの分類ごとの野菜の育て方一覧ページに移動することが出来るので、自分にぴったりの野菜を見つけましょう。 葉菜類(葉野菜) 根菜類(根野菜) キャベツのように葉の部分を食べる野菜を葉菜類と言います。 葉菜類は初心者に向いているとても育てやすい野菜です。 根菜類は土の中で成長する野菜でニンジンや大根などのことです。 根菜類は間引きして葉や菜を食べられる根菜類もあります。 果菜類 ハーブ類 果菜類とは、トマト、ピーマン、ナスなどの果実部分を食べる野菜の事を言います。 簡単に育つ果菜類もあり初心者でも簡単です。 ハーブティや料理のトッピング、スパイス、調味料としても楽しめるハーブ類の育て方一覧。 苗も出回っているので気軽に栽培できます。 野菜には種から育てるのが難しいものと簡単なものがあります。 慣れないうちは苗から育てられる種類を選ぶことが失敗を減らせるコツです。 野菜には種蒔く時期と苗を植え付ける時期が数か月も違う種類もあります。 各野菜の種蒔きと植え付け時期を確認して適期を逃さないようにしましょう。

次の

野菜の簡単プランター栽培【おすすめ野菜12種と時期や育て方ポイントを紹介】

簡単 栽培

コンパクトに栽培できる果樹5選は? お勧めしたい果樹5選は、 ブルーべリー、 ユスラウメ、 アロニア、 スグリ・フサスグリ、 金柑です。 以下、順に紹介いたします。 お勧め1 ブルーベリー ブルーベリーは、北アメリカが原産のツツジ科の落葉果樹です。 春には白く可愛らしい花、夏には美味しい果実、そして秋には紅葉など1年を通して楽しめます。 主に寒さに強く夏には冷涼な気候に適したハイブッシュ系と寒さに弱く温暖な気候に適したラビット系の2つの系統があります。 住んでいる場所に適した品種を選びます。 栽培には弱酸性の土壌を好むのでピートモスを用土に混ぜるなどします。 ハイブッシュ系は1本でも実をつけますが、ラビットアイ系は自分の花粉では実をつけないので同系統の別の品種を近くに植えます。 果実は枝にたわわに実ります。 完熟すると甘酸っぱくて爽やかな味わいです。 収穫した果実はすぐに生食するか、ジャム、果実酒などに加工するなどします。 病害虫にも強く初心者でも比較的簡単に育てられます。 園芸分類 果樹 (ツツジ科) 形態・樹高 低木 ・ 1. 5~3m 結実までの目安 庭植え 2~3年 、鉢植え 2年 栽培適地 ハイブッシュ系:関東地方以北、中部地方の高冷地、ラビットアイ系:関東地方以西の地域 耐寒性 ハイブッシュ系 強い、ラビットアイ系 弱い 耐暑性 ハイブッシュ系 強い、ラビットアイ系 弱い 耐陰性 やや強い 受粉樹 必要 特性・難易度 落葉性・初心者でも育てやすい 【関連記事】 お勧め2 ユスラウメ ユスラウメは、中国原産のバラ科の落葉果樹です。 春にはウメに似た花が枝いっぱいに咲いて楽しませてくれます。 品種は淡い紅色の花が咲いて赤い実がなる赤実種、白い花が咲いて白い実がなる白実種があります。 赤実種のほうが一般的です。 白実種は赤実種よりも実が大きく、やや結実しにくいのが特徴です。 サクランボのような透明感のある果実は甘酸っぱい味がして美味しいです。 生食のほか、ジャムや果樹酒としても楽しめます。 ユスラウメは自家結実性があり、1品種だけでも実がつきます。 暑さや寒さにも強く、病害虫も特には心配ありません。 園芸分類 果樹 (バラ科) 形態・樹高 低木 ・ 2~3m 結実まで 庭植え 2~3年 、鉢植え 2~3年 栽培適地 日本全国 耐寒性 強い 耐暑性 強い 受粉樹 不要 耐陰性 弱い 特性・難易度 落葉性・初心者でも育てやすい 【関連記事】 お勧め3 アロニア アロニアは北アメリカが原産の果樹です。 日本には1970年代半ばに伝わりました。 初心者にも育てやすく、花、実、紅葉が楽しめる庭木としても人気があります。 アロニアの花は、春にナシの花に似た白か淡い紅色の花を咲かせます。 アロニアは別名チョークベリー(Chokeberry)とも呼ばれます。 これはブルーベリーのような美味しそうな見た目なので、つい口に入れてしまうと苦みがあり、choke(むせる)ことに由来します。 実は生食には向きませんが、ジャムやシロップ漬け、果実酒などに利用します。 アロニアの実にはポリフェノールがブルーベリーの2倍以上も含まれ健康食品としても優れています。 病気や害虫にも強く頑丈なので、初心者の方でも比較的簡単に栽培できます。 風通しが悪くなると病気や害虫が発生することがあるので気をつけます。 アロニアは自家結実性があり、1品種だけでも実がつきます。 園芸分類 果樹 (バラ科) 形態・樹高 低木 ・2~3m 結実まで 庭植え 2年 、 鉢植え 2年 栽培適地 日本各地で栽培可能 耐寒性 強い 耐暑性 強い 耐陰性 やや強い 受粉樹 不要 特性・難易度 落葉性・初心者でも簡単に栽培できる 【関連記事】 お勧め4 スグリ、フサスグリ スグリ、フサスグリはともにスグリ科の落葉果樹です。 春には可憐な小さな花が咲き、夏には透明感のある美しい果実がたわわに実ります。 ・スグリ スグリには、アメリカ系のアメリカスグリ、ヨーロッパ系のオオスグリの2系統があります。 アメリカスグリは暑さに強く病害虫にも強いので暖地でも栽培しやすく、ヨーロッパ系のオオスグリは暑さには強くないですが、味が良く生食に向きます。 ・フサスグリ フサスグリには美しい赤い果実の赤フサスグリ(レッドカーラント)、白く水晶のような果実の白実フサスグリ(ホワイトカーラント)、黒い果実の黒フサスグリ(ブラックカーラント)があります。 スグリ、フサスグリは1本でも実がなり、日陰でも育ちコンパクトで栽培も容易なのが特徴です。 耐寒性は強いですが、暑さには弱いので夏の西日が当たらない、風通しの良い場所が適しています。 半日陰の場所でも育てられるのでそういった場所があればいかがでしょうか。 果実は生食の他、ジャムやジュース、シロップなどにして加工すると大変美味しくなります。 フサスグリにはトゲはありませんが、スグリにはトゲがあるので注意します。 病気はうどんこ病、害虫はカイガラムシに気をつけます。 園芸分類 果樹 (ユキノシタ科) 形態・樹高 小低木 ・ 1〜1. 5m 結実まで 庭植え 3~4年 、鉢植え 3年 栽培適地 中部地方以北の地域 耐寒性 非常に強い 耐暑性 弱い 耐陰性 強い 受粉樹 不要 特性・難易度 落緑性・初心者でも育てやすい 【関連記事】 お勧め5 金柑 金柑の原産地は中国の長江中流域です。 温州ミカンと同じミカン科の常緑果樹です。 金柑の花は、5月、8月、10月と年3回小さな小さな白い花を咲かせます。 1本で実がなるので受粉樹は必要ありません。 果実は11月下旬頃から黄色く色づきはじめるので熟したものから収穫します。 果実は10~20gと小さく、果皮ごと食べられます。 ビタミンCを多く含むことから風邪予防など健康にも良いとされます。 果実は生食の他に甘露煮、ジャムや果実酒などに利用します。 金柑は柑橘類の中では耐寒性があり、病気や害虫にも強く育てやすいですが、アゲハ類の幼虫には注意します。 また、刈り込み剪定にも耐えるので生け垣にすることも出来ます。 園芸分類 果樹 (ミカン科) 形態・樹高 低木 ・ 1~1. 5m 結実まで 庭植え 3~4年 、鉢植え 2~3年 栽培適地 関東以西の地域。 耐寒性 ふつう 耐暑性 ふつう 受粉樹 不要 特性・難易度 常緑性・初心者でも育てやすい 【関連記事】 まとめ 庭でコンパクトに栽培できて初心者にも簡単な果樹ということでブルーべリー、ユスラウメ、アロニア、スグリ・フサスグリ、金柑の5つを紹介しました。 いずれも庭に地植えしてもコンパクトに育てられ、病気や害虫にも強く育てやすいものです。 庭に果樹があると春に花が咲き、夏にかけて葉が伸びて成長し、その後、果実が段々と大きくなり、熟していく姿を見守り、そして新鮮な果実を味わうことができます。 果樹を世話することでリフレッシュしたり、癒されたりもします。 時には害虫がついて駆除することもありますが、手をかけて世話をすると果樹もそれに応えてくれるかのように美味しい果実を実らせてくれます。 どの果樹も栽培は難しくありませんので、ご興味を持たれた方は、是非とも栽培を始められてはいかがでしょうか。 【関連記事】.

次の

野菜の簡単プランター栽培【おすすめ野菜12種と時期や育て方ポイントを紹介】

簡単 栽培

プランターで野菜を育てる準備 画像出典: 育てる野菜の種類によって、必要な日照条件は異なりますので、まず プランターを置く場所の日照時間を考慮し、育てる野菜を選定することが大事です。 例えば、実を食べるトマトなどは、1日6時間以上の日照時間が必要ですが、そこまで、日照時間が望めない場合は、葉もの野菜のレタス・ホウレン草などを選定して育てます。 【土選び】 農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てるには、赤玉土に腐葉土や堆肥など配合した、微生物が豊富で通気性が高いフカフカの土が理想です。 しかし、このような土を自分で配合して準備するのは大変ですので、市販の 有機栽培用の培用土がおすすめです。 【プランター選び】 野菜が根をしっかり伸ばして生長できるように、十分な大きさと深さのあるプランターがおすすめです。 大きなプランターなら、水切れもしにくく、栽培の成功率が高くなります。 材質は木製、テラコッタ、プラスチックなど、どれでもOKですが、 深さ25cm 以上のものがおすすめです。 【置き場所】 日当たりは重要ですので、日照条件のよい場所を選んでください。 ベランダに置く場合など、季節によって、日の入り方が違う場合は、状況に合わせて台に乗せるなどの工夫が必要です。 また、プランターや鉢をぎっしり並べると、風通しが悪くなるので、できるだけシンプルにスッキリした感じで置くようにしてください。 Sponsored Link プランター野菜おすすめ12選:紹介 ミニトマト栽培のポイント 画像出典: 花が咲き始めた頃の苗を購入してください。 大きめのプランターに植えれば、夏中収穫できます。 【植え付け】= 苗の植えつけは5月上旬。 苗は株間25~30㎝あけて植えつけます。 トマトは茎が高く伸びるので、深めのプランターを利用してください。 【支柱立て】=茎のそばに1本まっすぐ支柱を立てて、茎と支柱を紐で8の字に結んでください。 【わき芽かき】=主枝と本葉の間からわき芽が出るので、すべてのわき芽を取り、主枝を伸ばします。 わき芽は次々に出るので小さいうちに取ってください。 【摘 芯】=花房が5~6房つき、主枝が支柱の高さに達する頃、摘芯します。 実がつきはじめたら月2回ほど追肥します。 【収 穫】= 収穫は6月~9月。 実が赤く熟したものから、1個ずつ収穫します。 トウガラシ栽培のポイント 画像出典: 苗を植えつければ、ほとんど失敗なく栽培できます。 夏に実がつき、秋には真っ赤に熟します。 【植え付け】= 苗の植えつけは5月。 本場4~5枚くらいの苗を、株間を20cm程度あけてプランターに植え付けます。 【支柱立て】=茎のわきに1本、まっすぐに支柱を立て、紐で茎を結びつけます。 【わき芽かき】=主枝とわき芽1本の2本仕立てにして、他のわき芽はかきます。 【収 穫】= 収穫は7月~10月。 白い花が咲き、花の後に実がつきます。 実の青いうちに青唐辛子でも利用できます。 実が赤くなったらヘタ部分を切って収穫しますが、茎から長めに切って吊るし、乾燥させて利用するとよいです。 ただし、タネを取り出すときは目など擦らないように注意してください。 ナス栽培のポイント 画像出典: ナスは夏から秋まで、次々と実をつけます。 収穫期が長いので、追肥と水やりをしっかり行ってください。 【植え付け】= 苗の植えつけは5月上旬。 本葉が4~5枚まで育っている苗を、株間25~30㎝あけて植えつけます。 【支柱立て】=株のそばに1本まっすぐ立てて、支柱を紐で結びます。 【わき芽かき】=主枝と最初の花のすぐ下とその下のわき芽を残して3本仕立てにするとよいです。 他のわき芽は、すべて取り除いてください。 【追 肥】=開花後は、肥料を2週間1度与えてください。 【収 穫】= 収穫は6月下旬~10月。 品種にもよりますが、開花後20~25日くらいから収穫できます。 ピーマン栽培のポイント 画像出典: 暑さに強い夏野菜なので、日当たりのよい場所で育ててください。 1株が大きくなるので、大きめのプランターで1本植えるのが、おすすめです。 【植え付け】= 苗の植えつけは5月上旬。 本葉7~8枚まで育った苗を、プランターに植え、たっぷり水やりしてください。 【支柱立て】=実がたくさんつくので、重みを支えるためにも支柱が必要です。 株の回りに3本の支柱を立てて、支柱の上で結びます。 主枝を支柱に誘引して紐で結びます。 【わき芽かき】=主枝とわき芽1本の2本仕立てにして、他のわき芽はかきます。 花がついてきたら、月2回ほど追肥します。 【収 穫】= 収穫は6月下旬~10月。 実の大きさを見て、開花から15日くらいで収穫できます。 キュウリ栽培のポイント 画像出典:• 【植え付け】= 苗の植えつけは4月下旬~5月上旬。 春にキュウリの苗が出回るので、茎が太く本葉が4~5枚出ているものを選びます。 2株以上の場合は、株間を30㎝とります。 苗を植えたらたっぷり水やりしてください。 【わき芽かき】=下から5節めまでの、わき芽はかきます。 【支柱立て】=ツルが出たら支柱を立てて誘引します。 (ネットを立ててもOK)支柱の高さまで伸びたら先端を摘芯します。 月に2回ほど追肥します。 【開 花】=実がつくのは雌花です。 キュウリは受粉しなくても実が大きくなる単為結果の植物です。 【収 穫】= 収穫は6月~8月。 ほどよい大きさで収穫してください。 ゴーヤ栽培のポイント 画像出典: 高い支柱ネットを張って葉を誘引すれば、葉が茂って、夏の暑さをしのぐグリーンカーテンにもなります。 Sponsored Link• 【タネ蒔き】= タネ蒔き は4月。 タネは、ポットに一粒ずつ蒔きますが、蒔く前に、とがっている方の先端を爪切りなどで1~2㎜切ってから一晩水につけると、発芽率が高くなります。 【植え付け】= 苗の植えつけは5月。 苗は本葉が3~4枚出たものを植え付けますが、ツルが伸びて大きく広がるので、40~50㎝程度のプランターなら1株でよいです。 【支柱立て】=支柱を立ててネットを張り、ツルを這わせます。 月に2回ほど追肥します。 【人工授粉】=雌花が咲いたら雄花を摘んで、雌しべに雄しべの花粉を付けて人工授粉させます。 【収 穫】= 収穫は7月~9月。 雌花の後に実がなり、大きくなったら収穫です。 シソ栽培のポイント 画像出典: 初夏から苗が出回るので、そのまま植えつければ秋まで収穫できます。 晩夏は花がつき穂ジソも楽しめます。 半日陰でも栽培できます。 【タネ蒔き】= タネ蒔き は4月。 タネから育てるなら、ビニールポットに2粒ずつ蒔き、発芽して育ちがよいほうを残して1本に間引きます。 【植え付け】= 苗の植えつけは5月。 苗は本葉が4~5枚出たものを植え付けます。 株は大きくなるので、20~30㎝径の鉢なら1株で十分です。 【摘 芯】=先端を切ると、その下のわき芽が伸びて葉が増えます。 葉が混み合ってきたら、伸ばしたい芽を決め、伸ばす芽のすぐ上を切ります。 【収 穫】= 収穫は7月~10月。 葉を1枚ずつ切って収穫します。 追肥して秋まで管理すると、花穂や穂ジソも収穫できます。 ホウレンソウ栽培のポイント 画像出典: ホウレンソウは冬の寒さにあたったほうが、味も栄養価も増すので、本来の旬である冬に育てるのがおすすめです。 プランターでつくって新鮮なうちに収穫すると、葉がやわらかく美味しく食べられます。 【タネ蒔き】= タネ蒔き は9月~10月。 土に深さ1㎝の蒔き溝をつけて、たっぷり水を含ませ、タネを1列にスジ蒔きします。 軽く土をかけて押さえ、水やりします。 【間引き】=双葉が出そろったら、葉が重ならないように少しずつ間引いてください。 【土寄せ】=草丈が10㎝近くになった頃、周りの土を軽く耕すように中耕して、土寄せをします。 このとき、追肥をするとよいです。 【収 穫】= 収穫は12月~2月上旬。 15㎝以上になったら、根の上で切って収穫してください。 リーフレタス栽培のポイント 画像出典: 葉がやわらかく、巻かないタイプのレタスです。 プランターでも簡単に栽培できるので、初心者にもおすすめです。 【タネ蒔き】= 春 蒔き は2月下旬~3月上旬・秋蒔きは8月上旬。 春蒔き・秋蒔きの年2回の栽培ができます。 タネ蒔きはビニールポットに5~6粒ずつ蒔き、覆土は薄くして、たっぷり水やりします。 発芽したら、よい芽だけを育てて苗にします。 【植え付け】= 春 蒔き は 4月・秋蒔きは9月。 何株か並べて植えるなら、株間を10~15㎝程度とって植えつけます。 【収 穫】= 春 蒔き は5月~6月・秋蒔きは10月下旬~11月上旬。 株が大きくなってきたら、使う分だけ葉を収穫します。 株の外側から1枚ずつ切り取るようにすると、いつでも新鮮な葉が収穫できます。 ワケギ栽培のポイント 画像出典: 細い青ネギの一種で、球根のような種球を植えて育てます。 発芽しやすく、虫もつきにくいので手軽に栽培できます。 【植え付け】= 植えつけは8月~9月上旬。 種球を1個ずつに分けて、5㎝間隔に2~3個ずつ、とがったほうが見える程度に浅めに植えつけ、たっぷり水やりします。 【収 穫】= 収穫は10月~11月。 葉が伸びてきたら、分岐している上の部分を切って収穫します。 収穫後に追肥しておけば、何度か収穫できます。 ミニ・ニンジン栽培のポイント 画像出典: プランターでは短いミニニンジンがおすすめです。 タネは乾燥に弱いので、タネ蒔き後に水切れさせないようにしてください。 【タネ蒔き】= 春蒔きの場合は3月・夏蒔きの場合は7月~8月上旬。 深さ1㎝の蒔き溝に、たっぷり水を含ませ、一直線にスジ蒔きします。 指先でごく薄く土をかけ、手でおさえて土とタネを密着させます。 タネが流れないよう、ハス口を付けたジョウロで水やりし、発芽までは水切れしないように注意してください。 【間引き】=発芽して本葉2枚の頃、株間が2㎝くらいになるように間引きます。 葉が20cmくらいになったら2回目の間引きで、株間5㎝くらいにします。 【収 穫】= 春蒔きの場合は7月~8月上旬・夏蒔きの場合は10月下旬~3月。 間引きして大きさをチェックし、大きくなったところで収穫します。 ラディッシュ栽培のポイント 画像出典: 『二十日ダイコン』とも呼ばれる小さな赤いダイコンで、生でサラダに最適です。 栽培期間が短く、大きくならないので、小さめのプランターでも育てられます。 【タネ蒔き】= 春蒔きの場合は3月上旬~5月・秋蒔きの場合は9月~11月。 深さ1㎝の蒔き溝をつけ、1列にスジ蒔きします。 軽く土をかけ手でおさえて、ハス口を付けたジョウロで、静かに水やりしてください。 約1週間で発芽します。 【間引き】=双葉が出たら、間引きして株間を1㎝にします。 生長に合わせて、混み合っているところから間引きしていきます。 【収 穫】= 春蒔きの場合は4月下旬~6月・秋蒔きの場合は10月~11月。 適度な大きさになったら割れないうちに収穫してください。 野菜の簡単プランター栽培 【おすすめ野菜12種と時期や育て方ポイントを紹介】のまとめ 自宅で野菜なんて、経験が無ければ、やりたいなぁ~と思うだけで、なかなか行動できないものです。 しかし、ひとたび重い腰を上げて、野菜づくりに挑戦すると、これがなかなか面白くて、一生懸命になる人も多いようです。 自分で育てて、食べることの楽しさを是非とも味わっていただきたいです。 注意しなければならないのは、栽培途中で辞めてしまうことです。 プランターに植え付けて、そのまま放置すると、見苦しくなり片づけるのも嫌になります。 プランターや用土など、費用も掛かりますので、よく検討してから始めてください。 また、個人的な見解・解釈もありますので、栽培方法や生態については事前によく調べる必要があります。 参考:はじめてのコンテナガーデン《成美堂出版》 関連記事.

次の