琵琶湖競艇 リプレイ。 ボートレースからつ Official Site

本日のレース|BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

琵琶湖競艇 リプレイ

4370 山口達也(岡山支部)• 4445 宮地元輝(佐賀支部)• 3256 三角哲男(東京支部)• 4759 今泉友吾(東京支部) 上位陣は伯仲ムードの顔触れだが、その中でV候補の筆頭に挙がるのは山口達也だ。 前期はF2で90日のF休みを消化したが、戦線復帰直後の地元・児島ではきっちりファイナル進出(3着)。 G1戦でも活躍の多いびわこで今回こそは初V奪取といくか。 宮地元輝は今年ここまでV3をマーク。 現在は3連続優出中の当地でこちらは2回目となるVを狙う。 三角哲男、野澤大二、さらに大のびわこ巧者として知られる山室展弘らもSG覇者の手腕を発揮してV争いに加わってくる。 渡邉睦広も先月の前回戦こそ準優敗退に終わったが、当地はそれまで3連続優出(V1)と好相性を誇る水面。 そのシリーズで準Vと活躍した今泉友吾をはじめ高橋正男、小坂尚哉、松崎祐太郎らA1ランカーの面々もV戦線を盛り上げそうだ。

次の

競艇場(ボートレース)ライブ

琵琶湖競艇 リプレイ

今まで展示の見方のお話をしてきましたが、カメラで撮ることをお勧 めしてきました。 しかし、ボートレース場によってはインターネットで展示をリプレイ にていつでも確認できるようになっています。 こちらで何回も確認してみてもよいと思います。 展示リプレイをいつでも見れるようにしているのは以下のボートレース 場になります。 桐生、蒲郡、津、琵琶湖、徳山、丸亀、芦屋、唐津 今や家でも外でもネットの時代ですので、どこでボートレース観戦を行 っていようとも御確認頂けると思います。 あと、ボートレース場によってはバックストレートの展示タイム以外にも 1週ラップタイム、半周ラップタイム、まわり足ラップタイムなどオリジ ナルなタイムを公開しているところもあるのでぜひご参考にして下さい。 しかし、3年くらい前にスカパーを契約して以来JLCしかみてなかったの で久しぶりに各ボートレース場のホームページを見ました。 とても新しく、見やすくなっていていいかんじですね。 3年前はやる気あるのかなー?というボートレース場すらあったのですが すべて変わってましたね。 全場インターネットでただで見れるのはボートレースだけなので、(今は 違ったりします?)もっとたくさんの人に見て頂きたいですね。 次回もご訪問頂けるととても嬉しく思います。 当サイトはランキングに参加しています。 記事内容がすこしでもお役に立てたならば下記リンクをクリックして頂 けると大変やる気がでます。 モチベーション維持にご協力いただけると大変嬉しいです。

次の

琵琶湖競艇場の特徴や予想・オッズ情報、ライブ動画やレース結果

琵琶湖競艇 リプレイ

4002 古結宏 『テレしずサマーカップ』は7月23日(祝)から27日(月)までの5日間開催。 経験豊富なベテランからデビューしたての126期の若手まで幅広いメンバー構成です。 ダントツの優勝候補は、今年ここまでV2としている中澤和志選手。 3月の津と7月の戸田で優勝を飾っています。 現勝率も7. 35で高水準。 3連対率75. 型にはまらない柔軟な調整やレースぶりがもたらす自然体のレースに注目したいものです。 この中澤和志選手に次ぐのが、古結宏選手。 現勝率を7. 15としています。 圧巻なのはその2連対率。 中澤選手をしのぐ57. そのレースぶりは中澤選手同様、自在戦。 インの信頼度はもとより、まくりも差しもまくり差しも状況に応じて繰り出してきます。 さらに、マスターズ世代の大澤普司選手にも注目。 今年はまだ優勝こそないものの、ベテランのさばきで連に絡んできます。 特に2着が多いのが特徴。 覚えておいていいでしょう。 そのさばきの背景にあるのは、レースができることへの感謝の気持ち。 一戦入魂の精神で戦いに挑んできます。 さらに、息子の大澤風葵選手が126期でデビューしました。 現在フライング休みに入っている息子の分までやってほしいものです。 そのほか… 決して派手な印象はないものの、外連味のない競走スタイルで確実に舟券に絡む尾嶋一広選手 愛知の精鋭として期待が集まるのは、そのポテンシャルの高さゆえ。 浜名湖は一昨年11月に優勝を飾っている本多宏和選手 自然体で力みなくレースに臨み、流れの中で混戦を抜け出してくる大阪の雄・鶴本崇文選手 鶴本選手と同じ大阪支部。 堅実なレース運びでファンの期待に応える濱本優一選手と藤山翔大選手 地元静岡から参戦するメンバーのリーダー役となる魂の男・石田章央選手と時に意外性を発揮する芹澤克彦選手 現在A2ながら、持てる実力は完全なA1、記念級。 調整が合えば、毎回「勝利にリーチ」してくる作間章選手 伸びを中心とした独特な舟足があるのは、自ら考案した調整方法があるから。 仕上がれば連戦連勝の勢いでぶっちぎる佐藤大佑選手 さらに、126期としてデビューし、現在研鑽の道を歩きはじめた堀越雄貴選手と大場恒季選手など、多士済々です。 7月23日(祝)から27日(月)まで開催の『テレしずサマーカップ』に、どうぞご期待ください。

次の