ドラゴンクエスト ユア ストーリー 動画。 ドラゴンクエスト ユア・ストーリー : 作品情報

【ネタバレ酷評】『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』山崎貴のイオナズンに映画ファンは燃え尽きるチェ・ブンブンのティーマ

ドラゴンクエスト ユア ストーリー 動画

アイコン表示を Check! 動画リンクを Check! 最高のサービスはこれ! みんなが愛してやまない人気の強いコンテンツを映画化した作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠ですし、見ごたえもじゅうぶんすぎるほど。 そんなパワフルで思わずアツくなってしまう映画をフル動画でお得に見るなら、さまざまな手段はあれど、やはり動画配信サービスは大きな方法の道です。 劇場級のクオリティとまではいかなくても、画質はすでに格段に上。 圧倒的な映像美を堪能できます。 「無料」ですよ!タダ! 「利用は料金が発生するし…」と考えても冷静に思案してみてください。 これ以上のお得さは無いです。 なぜなら無料お試しがあるのです。 「空腹ならぬ金欠状態で映画を食べ歩きたくても手が出せない…」そんなジレンマはこれで解消しましょう。 初回に限ってのトライアル・チケットはあなたの数少ないチャンス・ターンです。 「無料で見られるのは旧作に限定されるの?」との懸念は確かにありそうです。 でも実際は登録時のポイントでの準新作もバッチリ視聴可能なので、配信されたばかりの話題作もカバーできます。 これは危険! 違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。 それで「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の再生はダメです。 リターンさえあれば利用したくなるかもしれませんが、利益どころか骨の髄まで害を与える、マイナス100%の有害性です。 あまりそれで損害を受けたという体験談を聞かないかもしれませんが、それは人には言えないためであり、実際は発生しています。 被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。 ベストチョイスはどれか? 満を持して公開されて映画館を賑わせたあの熱狂作も、いつの日かはネット配信でお目にかかれ、VODの出番です。 一方のデメリットほどではないにせよ、無料動画と浮かれることはできないのが、配信サービスの特定をしないとそもそも動画にはたどり着けないという問題であり、これは不可避です。 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。 このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。 情報は基本的に記事更新日の状況が反映され、最新情報に近い更新頻度になるように心がけています。 1日1回の更新とはいきませんが、他サイトよりははるかに頻繁な情報アップデートで、動画へのアクセスを促進しています。 「やっぱり映画はスクリーンがベストだね!」という人は、鑑賞料金の割引につながったり、チケット入手を支援するVODを最優先にすると良いです。 家族にバレない? VODはどの媒体でも使えるので誰でも見れてしまうのはメリットですが、その代わり「これ、見られたくないな…」という映画に関してどうするかという問題が発生します。 アダルト系や残酷系というコンテンツもあり、それを回避できる安全策がしっかり用意されているのが嬉しいところ。 キッズバージョンに切り替えればそうした映画はフィルタリングできます。 また家族別でアカウントを切り替えることで他人に私的な視聴履歴を見られないようにもできます。 これでプライベートを確保して、みんなでワイワイと満喫可能。 動画はフルの方がいい 映画はそれなりの上映時間があり、1~2時間、長いものだと3時間を超えることもあります。 しかし、長すぎるゆえにテレビ放送などでは編集されて部分的にカットされたバージョンになっていることも。 これではフル動画は見れません。 そこでVODの出番です。 ネット配信には時間の制約はないので、初めから終わりまで作品の完全版を堪能し、隅々までしゃぶりつくせます。 動画がフルなのは保証できます。 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。 SNSで映画を語ろう 多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。 映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の視聴で「楽しかったな~」と自己満足に浸るのも良いです。 でもどうせならその満足感を他人にも分けてみませんか。 おカネを稼ぐことはできませんし、無料視聴のお裾分けということでもないですが、鑑賞仲間を増やすのはやりがいがあります。 SNSでの拡散を活用すると、あまり注目されていなかった映画に光があたるかもしれません。 Twitterでも何でもOKです。 10回でも100回でも 映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を連続視聴するなんて愚かですか? いいえ、それは賢いコアな楽しみ方です。 人によっては応援するようにせっせと映画館に顔を出す人もいますが、何もそこまでせずとも、ネット動画ならば容易く実現可能。 それに何の意味があるかと言えば、新発見の期待です。 「へ~ここは伏線になっていたのか」「解説を読むとここの意味がわかる」そういう深いエンジョイができるのも醍醐味であり、さらに作品が好きになる大きな架け橋になるのでいかがでしょうか。 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のエグゼクティブプロデューサーは阿部秀司、臼井央、伊藤響。 少年リュカはゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母マーサを取り戻すため、父パパスと様々な困難が待ち受ける旅を続けていた。 いつしか平穏な日々が戻ると信じて。 しかし、道中での魔物たちとの激闘により、必死にこの旅を共にして支えとなっていたパパスはリュカの目の前で非業の死を遂げてしまう。 それはリュカの心を大きく傷つけ、冒険への気持ちを消失させてしまった。 それから10年後、故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」と書かれた父の日記を発見。 かつての後悔と向き合いながらパパスの遺志を受け継ぎ、勇気と覚悟を胸に未知なる冒険へと旅立つ。 「冒険の書じゃなくて冒涜の書」「映画観る時間があるならゲームをやれ」などと、ネタ的な遊びも含んだ批判もSNSでは相次いだ。 ・原作であるゲーム「ドラゴンクエストV」のノベライズ版の作者である小説家の久美沙織氏が、小説のキャラクターの名前(主人公の略称「リュカ」)が無断で使用されたなどとして、映画のクレジットに自身の名前の掲載などを求めて民事訴訟を起こした。 映画com Y! FM 2. もちろん汚点の方ではあるが。 誰もがこれはやってはダメだと思ってしまうような失敗の数々、思いつきだけのエンディング、これらを含めてどう考えても製作陣の自己満足になっているのは避けようがない。 観客に媚びる必要はないが、せめて作品愛を商品にするのはやめるべきだった。 どんなオチでも全く「YOUR」ではない。 見事な世界観クラッシャー。 破滅の呪文にかかってしまった。 終わり方の賛否両論の落差は激しいが、ドラクエの映画ではないと開き直ればいい。 ただそれだといよいよ別に何のゲームでもいいのではないかという…。 ゲームだったら昔であればカセットをぶん投げている。 プレイしたことない人が観てもこの映画を楽しむどころか話を理解することすら難しいくらいのテンポの強引さ、加えてゲームを知ってる人を怒らせるトリック。 全方向に喧嘩を売るという、なかなかないことをやってみせた。 猛烈なエンディング・インパクトで観客の頭を沸騰させた本作は、さすがに強敵だった。 まさに真の敵はそこにいたのかという感じだ。 これは他の映画でも同様のオチがよくあるので、二番煎じ以前の話なのだが、どうしてこうなったかというよりも、それまでのわりと平凡でベターな作りだった作品を吹き飛ばすような決断をした張本人の度胸に心底震えてしまう。

次の

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー : 作品情報

ドラゴンクエスト ユア ストーリー 動画

アニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の配役が発表された。 8月2日から全国東宝系で公開される同作は、RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの初となるフル3DCGアニメーション映画。 1992年に発売された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が原案となり、主人公・リュカ役を佐藤健、ビアンカ役を有村架純、フローラ役を波瑠、王子・ヘンリー役を坂口健太郎、パパス役を山田孝之が演じる。 今回配役が発表されたのは、既に出演が明かされていた古田新太、吉田鋼太郎、井浦新。 古田はフローラが住む町サラボナの平和を脅かしている3つの目を持つ巨大なモンスター・ブオーン、吉田はリュカの母マーサをさらい、父パパスの命を奪ったモンスターのボス・ゲマ、井浦は最恐の魔王・ミルドラースの声をそれぞれ演じる。 今回の発表とあわせて様々なモンスターの画像が公開。 古田は「そいつが現れたのは大学の時だった。 4回生の先輩の部屋にしか、それは無かった。 ファミコンだ、そしてソフトは当然『ドラゴンクエスト』だ。 何せそこにしかないものだから、みんな入り浸った。 何人もが来て、勝手にプレイしてセーブしていく。 『ふっかつのじゅもん』だ。 みんながメモに書いて壁に貼っていく。 無数の『ふっかつのじゅもん』がびっしりと貼られた壁、すぐにどれが自分のかわからなくなった。 今でもおいらたちは栄養ドリンクのことを「聖水」と呼んでいる」とコメント。 また吉田は「ドラゴンクエストとは青年時代からの長い付き合いで、まさか自分が登場人物になれるとは思っていなかったので、今作へ参加することが出来て幸せです」、井浦は「高3の時に夢中になってプレイしたDQVの世界を下敷きにし、つくられたこの作品に、参加させていただき、自分の声が吹き込まれたキャラクターが動き出すなんて、直撃世代としては言葉で表しきれないほどの幸せを感じています」と述べている。 古田新太のコメント そいつが現れたのは大学の時だった。 4回生の先輩の部屋にしか、それは無かった。 ファミコンだ、そしてソフトは当然「ドラゴンクエスト」だ。 何せそこにしかないものだから、みんな入り浸った。 何人もが来て、勝手にプレイしてセーブしていく。 「ふっかつのじゅもん」だ。 みんながメモに書いて壁に貼っていく。 無数の「ふっかつのじゅもん」がびっしりと貼られた壁、すぐにどれが自分のかわからなくなった。 今でもおいらたちは栄養ドリンクのことを「聖水」と呼んでいる。 吉田鋼太郎のコメント ドラゴンクエストの思い出と言えば、やはり初期の作品ですね。 復活の呪文の一文字の写し間違いで復活できなかった辛さは筆舌に尽くしがたいです。 ドラゴンクエストとは青年時代からの長い付き合いで、まさか自分が登場人物になれるとは思っていなかったので、今作へ参加することが出来て幸せです。 重要なボスキャラ・ゲマ役なのでプレッシャーが凄かったです。 今でもああすれば良かった、こうすれば良かったと後悔しきりです。 井浦新のコメント 小学生の頃、DQIから始まった大冒険。 シリーズを重ねるごとに毎回魅了されてきました。 高3の時に夢中になってプレイしたDQVの世界を下敷きにし、つくられたこの作品に、参加させていただき、自分の声が吹き込まれたキャラクターが動き出すなんて、直撃世代としては言葉で表しきれないほどの幸せを感じています。 ユア・ストーリーが、DQの真骨頂である勇気と好奇心を、どのような表現で魅せてくれるのか、演じたキャラクターはいったいどんな仕上がりになっているのか、DQファンのひとりとして映画館で楽しみたいと思っています。

次の

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」予告①

ドラゴンクエスト ユア ストーリー 動画

主人公・リュカは、行方不明になった母親・マーサを探し出す為、父・パパスと共に冒険に出発。 彼は旅の途中で父・パパスを失い、敵に捕らわれてしまいます。 それから10年の時が経ち、リュカは敵のアジトから脱出し、パパスが残した日記に記されている天空の剣と勇者を探しに冒険の旅に出かけます。 リュカを演じたのは、俳優の佐藤健。 彼自身は「ドラクエ」経験者で、自身の一部分であると語っています。 本作のキャスティングは、あらかじめ作成していたパイロット版の映像に、佐藤健の別作品の声を仮で入れ込んだことがきっかけでした。 その結果、山崎貴総監督を始め多くのスタッフが、リュカそのものであると絶賛し、佐藤健を声優に起用すると満場一致したそうです。 2014年に公開され、興行収入84億の大ヒットを博した3Dアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』のスタッフが結集した本作は、山崎貴が総監督と脚本を務め、監督を八木竜一と花房真が務めました。 さらにゲーム「ドラゴンクエスト」に携わってきた堀井雄二が原作と監修、すぎやまこういちが音楽を担当するなど、最強の布陣で製作された点も大きな見どころでしょう。 さらに本作を彩るキャストには、主人公のリュカの声を務めた佐藤健の他、豪華声優陣が集結! 本作は世代を超えて描かれていく冒険物語の世界観が凝縮された一本となっており、ゲーム未経験者でも十分に楽しむことができる作品です。 またゲーム経験者は、前知識を持って臨場感のある映像世界を堪能できること間違いなし!.

次の