サブ ノーティカ シーモス。 乗物

subnautica(サブノーティカ)の乗り物概要一覧!シーモス・ブラウンスーツ・サイクロプス・脱出ロケットなど

サブ ノーティカ シーモス

乗物の作成は携帯型乗物建造ベイ Mobile Vehicle Bay から行えます。 乗物は乗っている間酸素ゲージの消費はなくなります。 乗物は個別の耐久値を持っています。 乗っている間はプレイヤーにダメージはなくなります。 耐久値はリペアツールで回復できます。 乗物はパワーセル Power Sell の電力で動作しており、電力が尽きたらパワーセルを交換することで再稼働可能です。 ムーンプール Moonpool やサイクロプスにドッキングすることで充電することも可能です。 乗物からはビーコン信号が発信されており、所在地にアイコンが表示されます。 サイクロプスはハル 船体耐久度 にダメージが入る100m手前から警告がされます。 サイクロプスは船内のコンソールから、シーモスはムーンプールのコンソールから色と名前を変更出来ます。 画像 船体名 説明 必要素材 シーモス Seamoth 一人乗りの小型潜水艇。 潜水可能深度は初期200m。 最高900m 耐久力が低く、あまり深く潜れないのが難点だが、移動の自由度が高く操作方法も素潜りと大差ないので非常に扱いやすい ・チタニウムインゴット ・パワーセル ・ガラスx2 ・潤滑油 ・鉛 サイクロプス Cyclops 一人で運用可能な大型潜水艦。 潜水可能深度は初期500m。 最高1700m ビルダーで設備を船内に設置できます クリーチャーデコイの装填&発射が可能です 他の乗物を1機ドッキングして運搬が可能です。 ドッキング中の乗物に対してコンソールからアップグレードモジュールやストレージにアクセスできます 最初から3x6のロッカーが5つあります エンジンの速度が速いほど騒音が大きく、広範囲の敵性生物に気づかれる。 エンジンを停止しないと静止中でも徐々に電力を消費する。 静音航行モードは電力を激しく消耗する。 ライトは電力を消費しない。 ・プラスチールインゴットx3 ・エナメルガラスx3 ・潤滑油 ・高度配線キット ・鉛x3 プラウンスーツ P. Suit 正式名称 Pressure Re-Active Waterproof Nanosuit Mk. III 俗に言うパワードスーツです。 愛称エビ 潜水可能深度は初期900m。 最高1700m ストレージ6x4を最初から持っています 左クリックで左アーム、右クリックで右アームをそれぞれ操作。 左右のアームにモジュールを取り付けていない時はパンチ・物の掴み取りが可能。 掴み取りで拾ったアイテムはスーツのストレージに収納される。 海底を歩行するのが基本だが鈍足、ジャンプ・上昇も短距離しかできないので深い海底からは自力で上がってこれない事もある。 ジャンプジェットとグラップリングアームを追加すると移動の助けになる。 どういう訳かシーモスとは違ってムーンプールに係留中はアップグレードモジュール、ストレージにアクセスできない。 以前のバージョンではExosuitという名前だったが、現在のバージョンでも改造ステーションに「強化外骨格のアップグレード」という項目名が残っている。 ・プラスチールインゴットx2 ・エアロゲルx2 ・エナメルガラス ・ダイヤモンドx2 ・鉛x2• シーモス&プラウンスーツのどちらにも使用可能なアップグレードモジュールです。 作成はムーンプール Moonpool 内に設置可能な乗物改造端末 Vehicle Upgrade Console にて行なえます。 シーモス専用アップグレードモジュールです。 作成はムーンプール Moonpool 内に設置可能な乗物改造端末 Vehicle Upgrade Console のファブリケーターから行なえます。 深度モジュールは改造ステーションでMK2やMK3にアップグレードできます。 ・銅線 ・磁鉄鉱x2• PRAWNスーツ専用アップグレードモジュールです。 作成はムーンプール Moonpool 内に設置可能な乗物改造端末設 Vehicle Upgrade Consoles にて行なえます。 深度モジュールは改造ステーションでMK2にアップグレードできます。 Load Toolボタン デフォルトだとFキー を押すとストレージ内のアイテムを取り出して持つことが可能です クラッシュフィッシュやアシッドマッシュルームなどを飛ばして魚雷代わりに使うことも可能です ・コンピューターチップ ・チタニウムx5 ・磁鉄鉱x2 ・リチウム• 作成はムーンプール Moonpool 内に設置可能な乗物改造端末 Vehicle Upgrade Consoles にて行えます• 魚雷システムを搭載した乗物に手動で装填します• 装填箇所はシーモスなら前面側、プラウンスーツなら上腕側にあります 弾種 説明 必要素材 水流魚雷 Vortex Torpedo 着弾地点に渦を発生させて対象を引き寄せる非殺傷性の魚雷です 一回のクラフトで2個できます ・チタニウム ・磁鉄鉱 ガス魚雷 Gas Torpedo 着弾地点にガスポッド Gosopod の毒ガスをばらまく殺傷性の魚雷です こいつで危険生物たちへの日頃の恨みを晴らそう 一回のクラフトで2個できます ・チタニウム ・ガスポッド Gaspod• サイクロプス船内にあるサイクロプスのアップグレード製造機で作成可能です• 場所はエンジン室右舷側の壁です• 深度モジュールは改造ステーションでMK2やMK3にアップグレードできます。 2020-06-28• by 名無し ID:kZENzDJTgg• 2020-06-24• 2020-06-22• by 名無し ID:eVaESZg7kw• 2020-06-18• 2020-06-17• by 誠• 2020-06-16• by をいをい• 2020-06-15• 2020-06-14• by 名無し ID:sDDci0wAEg• 2020-06-10• by 名無し ID:pRenBvQNYQ.

次の

SUBNAUTICA(サブノーティカ)攻略情報2

サブ ノーティカ シーモス

主人公は脱出ポッドに乗って、未知の惑星に不時着したものの、そこは陸地がほとんどない水の惑星! 幸い脱出ポッドには、さまざまな素材を分解・再構成する装置が備え付けられていたため、これを使って自給自足の生活をすることになります。 もちろん地球ではなく未知の惑星ですから、生息する生物は見たことのないものばかり。 不時着した場所こそ穏やかな浅瀬ですが、海は広く、場所によってはかなり深く潜れる場所も存在します。 さらに、巨大なリヴァイアサン級の生物が回遊しているなど、危険も少なくありません。 そんな環境下で素材を集めて命を繋ぎ、なんとかこの惑星から脱出する手段を探すことがゲームの目的となっています。 いっぽうで、美しいだけではないのが海という世界。 光も届かないような深海には、人智を超えた生物がいるかもしれない……そういった想像をしたことがある人もいるのではないでしょうか。 そうした恐怖感を再現したものこそ、『サブノーティカ』の海なのです。 海中に響く、不気味な生物の鳴き声を聞いたときに感じる不安や焦燥感、巨大でどう猛なリーパーリヴァイアサンの生息地を進むときの緊張感などは、「これはホラーゲームなのでは?」と感じるほど。 本作は敵を倒すための武器がほぼ存在しないため、プレイヤーにできるのは隠れるか逃げるかのみ。 だからこそ、いかに身の安全を確保しつつ素材を集めるのかプランを練ることが、醍醐味でもあります。 最初の拠点となる脱出ポッドから離れ、海底基地を建設することもできます。 モジュールと呼ばれる区画をつなげていく建設方式のため、プレイヤーが自由に基地のレイアウトを設計することが可能です。 まるで積み木を組み合わせるかのように簡単に作れるので、快適な基地作りに精を出してしまう人も多いかもしれません。 解体するときは、使用した素材がすべて戻ってくるため、気軽に建設できるのもうれしいところ。 なお、基地を稼働させるには電力が必要で、発電施設を設置しなければなりません。 太陽光発電なら光が当たる場所に、地熱発電なら温度が高い場所にというようにと、発電システムごとの長短があるのにもこだわりを感じます。 簡易的ですが水圧の概念もあり、水深の深い場所では基地の壁を補強しないと水漏れが発生することもあるため、便利かつ管理しやすい立地を探すのも、基地作りの楽しみの1つでしょう。 しかし、それゆえにゲーム開始時に何をしたらいいのかわからなくなってしまうプレイヤーも多く、プレイのハードルが高いとも言えます。 『サブノーティカ』の魅力は、スタート直後の自由度の高さを損なわずに、ある程度の段階を踏まえて、自然に探索領域を広げていく工夫がされています。 また、浅く広くの探索はスタート直後から自由に可能ですが、縦方向……深海への移動は相応の装備を必要とするため、序盤で進入することは困難です。 「深いところにある素材が欲しいけど、そのためには対応した装備を作らなければ……」というように、自分で考え、試してみるというプロセスを、プレイヤーが自然に取れるような導線の引き方がとても丁寧なのも、本作の魅力といえるでしょう。 なお、12月12日にYoutubeの電撃オンラインchで配信された電撃PS Liveでは、本作を先行プレイしています。 アーカイブ化もされているので、プレイ感を見てみたいという方は、ぜひそちらをチェックしてみてください。 そんなさまざまな魅力を持つ『サブノーティカ』ですが、初回特典として"初心者必携サバイバルガイド"が付属。 序盤のサバイバルの流れの解説や、バイオーム紹介、エリア解説など、プレイに役立つ情報が詰め込まれているため、サバイバルアクション初心者でも戸惑わずにサバイバルの基本を体得できます。 確実に特典を入手したい方は、急ぎの……いや今週末くらいまでの予約がオススメです! C Unknown Worlds Entertainment, Inc. All rights reserved. And Gearbox Publishing Licensed to and published by Active Gaming Media, Inc. Subnautica is developed by Unknown Worlds Entertainment, Inc. and Panic Button, LLC. CYCLOPS R is a registered trademark of OceanGate, Inc. and is used under license.

次の

現実世界に戻れない?海底サバイバル|Subnautica・サブノーティカ

サブ ノーティカ シーモス

スーツも作ったし、サイクロプスとコレで新しく実装された溶岩洞窟バイオームを目指します! このパワードスーツ、なかなか乗り心地は悪くありません。 ちょっと歩く度にガタガタ揺れますが海底を「歩く」感じは新鮮ですし、乗ったまま物を壊したり掴んだり出来るのはとても有り難いです! アップグレードでインベントリを付けていれば、ものを回収した時にそのまま直接乗り物に付いてる方のインベントリに入れてくれますし!オマケにシーモスよりもインベントリが若干広いです! アップグレード前に深海サンゴ礁で溶岩洞窟への入り口を発見してたんですが、テストゾーンだったしちょっと行けなさそうな気がしたので、 今回はこのキノコバイオームに隣接した怪しい大穴から。 此処から新しいバイオームに行けるらしいんですが、先が確認出来ないと不安になりますね~。 パワードスーツのジャンプ力じゃ上まで届かないような穴に嵌ってしまったらそのまま餓死を待つしか無いので、 でかくて小回りが全く利かないサイクロプスで大穴に突入です。 溶岩らしきものを発見しました!道はあってたようですw 無事溶岩洞窟に到着しました。 それにしてもめちゃくちゃ広い! サイクロプスにヒルのような生物が沢山付着してきてます。 どうもコイツらはサイクロプスの電力を吸収してるっぽく、電力がえげつないくらいに秒単位で減っていきます! 船外に出てナイフで切り落としても結局またくっついてきちゃうんで余り意味がない...。 ここらで拠点を構えたい所ですが資材を持って来てない上にこいつらが電気ドロボーしそうなので硫黄を取るだけ取って退散します。 (残念ながら新しい生物はまだスキャン出来ないようです) 方向感覚狂い、来た道を戻れず。 いつもコンパスを付けてても感覚派な私にとって余り役に立たないので、至る所にビーコンで目印を付けまくってるんですけどね。 違う横穴から脱出しようとしたら深海サンゴ礁に出ました!やっぱり繋がってたんですね! サブノーティカの世界を感覚的に捉えて視覚化した2D図。 電線を地表に引くと結構目立つしカッコワルイから溶岩洞窟やジュリーシュルーム洞窟を通しても良さそうですね。 非常にマゾい作業になりそうですが。 ウーン、それにしても溶岩洞窟は電気を食うヒルが居るので厄介です。 拠点を構えたい所ですが今んとこ地熱発電で利用出来る熱がありそうな活性溶岩洞窟も見つけてません。 次潜る時は拠点を作成出来るだけの資材とバッテリーを沢山持っていって色々攻略方法を練りたいトコロ。 余談ですが、やっとリーパーリヴァイアサンを事典に追加する事が出来ました! ステイシスライフルってこういう時に大活躍するんですね!動いたままだとなかなかスキャン完了出来ませんし。 いつもキャノンで吹き飛ばすほうが好きだったので使い道が無いな~コレと全然使ってなかったのですが、暫く重宝しそうです。 死ななかったものの、泳いでる隙にAMX-004と名付けたシーモスがバラバラにされてしまいましたw 後日全く同じ設備とカラーリングのシーモスを作り直しました。 AMX-004、Zガンダムに登場するMSキュベレイの型式番号です。 魚雷ではなく電気ショックを与えるタイプ。 魚雷が付いてるほうはRX-139、ハンブラビ。 魚雷は余り使わないので持ち腐れになってしまってますw パワードスーツはPMX-001、パラス・アテネ。 全てZガンダムのMSの名前にしましたw サイクロプスだけは自分の好みの色にしていますが、この際アーガマやドゴス・ギアのカラーリングにしてもいいかもしれませんw.

次の