美濃市 観光。 明智光秀 生誕の地 多羅城|大垣・西美濃観光ポータル「水都旅(すいとりっぷ)」

明智光秀 生誕の地 多羅城|大垣・西美濃観光ポータル「水都旅(すいとりっぷ)」

美濃市 観光

旅に出ると、ただ道を歩いているだけでも懐かしい気持ちになることがあります。 和紙とうだつで有名な岐阜県・美濃市もそんな場所。 歴史ある建物が並ぶ通りには、江戸時代の風が吹いているような気さえします。 今回は美濃市デビューの方に、うだつの上がる町並みの散策とお土産探し、そして本格的な和紙の手すき体験までが1日で楽しめるプランをご紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 写真:凜風 杏花 野口五郎さんの歌碑からさらに10分ほど歩くと「うだつの上がる町並み」に到着。 「うだつ」とは、江戸時代に火事の類焼を防ぐために屋根の両端に作られた防火壁で、後に装飾が施され、その家の裕福さを物語る象徴となったことから、美濃の豪商たちは、その富と粋を競い合うように意匠を凝らした「うだつ」を設けるようになっていきました。 東西2筋と南北4筋からなる「目の字通り」と呼ばれる町並みは、江戸時代からの歴史的景観が保たれていることから「重要伝統的建造物群保存地区」にも選定されています。 いまにも角を曲がってお侍さんが歩いて来そうな風景ですね。 「旧今井家住宅・美濃史料館」で三つのポイントを探せ! 写真:凜風 杏花 そして、もうひとつはハートマーク。 このハートは猪の目と言われており、猪は火災などの災害に敏感なため、至る所にこのマークを記して、家を災害から守っているとの事。 縁起物とも言われるこのマーク、たくさん見つけてくださいね。 さらに、ここにいらっしゃる名物館長は、美濃の歴史や美濃和紙などについても詳しい美濃の生き字引のような方。 お会いできるだけでもラッキーとのうわさですよ。 江戸の雰囲気を残す風情ある美濃市の町、きっとまた訪ねてみたくなりますよ。 2019年11月現在の情報です。 最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。 取材協力:岐阜県.

次の

岐阜県美濃市のおすすめ観光スポット7選!自然と歴史の街歩きを楽しもう

美濃市 観光

旅に出ると、ただ道を歩いているだけでも懐かしい気持ちになることがあります。 和紙とうだつで有名な岐阜県・美濃市もそんな場所。 歴史ある建物が並ぶ通りには、江戸時代の風が吹いているような気さえします。 今回は美濃市デビューの方に、うだつの上がる町並みの散策とお土産探し、そして本格的な和紙の手すき体験までが1日で楽しめるプランをご紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 写真:凜風 杏花 野口五郎さんの歌碑からさらに10分ほど歩くと「うだつの上がる町並み」に到着。 「うだつ」とは、江戸時代に火事の類焼を防ぐために屋根の両端に作られた防火壁で、後に装飾が施され、その家の裕福さを物語る象徴となったことから、美濃の豪商たちは、その富と粋を競い合うように意匠を凝らした「うだつ」を設けるようになっていきました。 東西2筋と南北4筋からなる「目の字通り」と呼ばれる町並みは、江戸時代からの歴史的景観が保たれていることから「重要伝統的建造物群保存地区」にも選定されています。 いまにも角を曲がってお侍さんが歩いて来そうな風景ですね。 「旧今井家住宅・美濃史料館」で三つのポイントを探せ! 写真:凜風 杏花 そして、もうひとつはハートマーク。 このハートは猪の目と言われており、猪は火災などの災害に敏感なため、至る所にこのマークを記して、家を災害から守っているとの事。 縁起物とも言われるこのマーク、たくさん見つけてくださいね。 さらに、ここにいらっしゃる名物館長は、美濃の歴史や美濃和紙などについても詳しい美濃の生き字引のような方。 お会いできるだけでもラッキーとのうわさですよ。 江戸の雰囲気を残す風情ある美濃市の町、きっとまた訪ねてみたくなりますよ。 2019年11月現在の情報です。 最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。 取材協力:岐阜県.

次の

美濃観光ヤナ

美濃市 観光

1.知る人ぞ知る絶景「片知渓谷」 見るものを圧倒する大自然と綺麗な水に育まれた壮大な山々。 これこそ岐阜県の魅力ですが、美濃市にある「瓢ヶ岳(1,163m)」の片知渓谷もそんな観光地のひとつです。 奥長良川県立自然公園に指定された名所で、美濃市街地から北へ車で40分くらいで到着します。 清らかな水と滝の風景が素晴らしい渓谷で、水量がグッと減る時期になっても涸れません。 反対に増水期には濁ることがなく、奇跡的に美しい水を有します。 渓谷沿いに遊歩道が整備されていて、千畳岩や「かやの滝」といった奇岩・怪岩・滝を観光可能。 大自然に気軽に観光できます。 特に紅葉の時期がおすすめ。 ため息が漏れるほど美しく色づきます。 なお雨天時は足元が悪くなり観光には適さないので、天気は事前に確認しましょう。 mino-city. html 2.現存の中では最古の吊り橋「美濃橋」 橋長113m・支間116m・幅員3. 建築当時は国内で最大級だったこのつり橋は、岐阜の水源「長良川」に架かっています。 今でも見られる国内最古のつり橋となり、平成13年には、土木学会選奨土木遺産を受賞。 翌々年、平成15年には国の重要文化財に指定されています。 なお、徒歩および自転車専用のつり橋なので車は通れませんのでご注意を。 目の前には美濃市の観光人気スポット小倉公園。 園内の展望広場からは町を見渡せます。 公園内を散策・散歩しつつ長良川に架かる美濃橋を上からも観光しましょう。 3.美濃市自慢の清流で遊ぶ「長良川ラフティング」 美濃市内にある株式会社スピリットでは、長良川の急な流れを筏で下るラフティングを案内しています。 HPで案内予約を行っているので、体験したい方は確認してみてください。 美濃市ならではの自然を満喫しましょう。 基本は中学生以上からですが、小学生でも参加可能なファミリープランも用意してます。 時間帯は午前中だけ・午後から・丸1日と利用時間が選べます。 四季折々の景色を眺めながらワイルドなラフティングを楽しめますよ。 写真撮影などの特典もあって観光旅行の思い出も残せます。 ゴールの後は温泉へご案内。 「日本まん真ん中温泉 子宝の湯」に浸かりましょう。 参加料金(税別)は写真付きでおひとり4,800円くらいですが、随時お得なキャンペーンも。 HPをチェックしてみてください。

次の