渋野 日向子 動画 youtube。 渋野日向子

【動画】渋野日向子が1打差2位タイと好スタート! AIG全英女子オープン初日ハイライト

渋野 日向子 動画 youtube

2019年、女子ゴルフ界最大のニュースと言えば、渋野日向子の全英女子オープン制覇だろう。 全英女子オープンを制した渋野日向子 2019年8月、AIG全英女子オープンの最終日、最終組、最終18番ホール。 入れば優勝、外したらプレーオフという約5mのバーディーパットを、渋野日向子さんは強気でねじ込んで、日本人として樋口久子さん以来、42年ぶりとなる海外メジャー制覇を成し遂げました。 これまで、全英女子オープンや全米女子オープンなど、海外メジャーのラウンドレポーターを何度も経験させていただきました。 そのなかで、日本人選手が勝ちそうな大会もいくつかありましたが、なかなか優勝することはできませんでした。 私がラウンドレポーターを務めたなかで、最も優勝に近づいたと思うのは、2008年の全英女子オープンでしょうか。 3日目を終えて、不動裕理さんが首位に立って最終日を迎えました。 1打差の2位には申ジエさん。 そのふたりが最終日、最終組で回ったんですが、お互いに優勝を意識し合ってか、ともにパットが決まらず、最終日はスタートホールから非常に空気が重かったことを覚えています。 そして、最終的には申ジエさんが逆転優勝。 その時に海外メジャーを勝つことの難しさを、あらためて痛感させられました。 そうやって、日本人選手が悔しい思いをしてきたシーンを何度も見てきたので、渋野さんには申し訳ないのですが、今回も最終日を前にして、少なからず彼女の優勝に半信半疑な部分はあったと思います。 でも、2008年の全英女子オープンの時とはまるで違って、今年の全英女子オープンの最終日、最終組からは、重苦しい空気が一切伝わってきませんでした。 渋野さんが、メジャー優勝への重圧を感じている様子もなく、明るく、ハツラツとプレー。 ニコニコしながらメジャーを勝った選手は今まで見たことがなく、他の選手や関係者に、いい影響を与えたと思いますね。

次の

予言者アン・シネ!?渋野日向子の全英優勝に「驚きはなかった」

渋野 日向子 動画 youtube

2日目(2018. 2日目(2018. 2日目(2018. (2018. (2018. (2018. 真夏の兵庫県で晴れて女子プロゴルファーの「正会員」資格をモノにしたのは20位タイまでの21人。 トップ合格のエイミー・コガがトータル20アンダーまで伸ばし、スコアデータの残る1996年以降では、最多アンダーパー記録(2014年までは3日間競技、昨年トップはトータル11アンダー)を樹立した。 2ケタアンダーが18人、4日間トータルで8アンダーが合格の必須条件という伸ばしあいとなった。 【写真】合格おめでとう! 21人の笑顔がはじける4日間スコアを伸ばし続けなければプロの称号を手に入れることができない過酷なサバイバルレースを勝ち抜いた選手たちのデータを見ると、最年長は92年生まれのシェー・ユーリン(台湾)で26歳。 全員が20代以下という結果に終わった。 22歳のエイミー・コガが通算20アンダーでトップ通過した。 米国ハワイ州出身のエイミーは今季レギュラーツアーに11試合出場。 トップ合格による資格で、ツアー後半戦(一部競技を除く)の出場権を獲得した。 プロテスト受験者の中で唯一レギュラーツアーシード選手の三ヶ島かなは通算14アンダーの7位に入り、3年ぶり2度目の挑戦で通過した。 今季下部ステップアップツアー2勝の原英莉花は通算11アンダーの10位タイで、昨年に続く2度目の挑戦で合格した。 レギュラーツアー1勝のポラニ・チュティチャイ(タイ)は通算4アンダーの32位タイ、松森杏佳は通算4オーバーの69位タイで不合格になった。 完全優勝、スタップ初勝利に王手をかけている。 今大会で優勝を果たせば、今季では原英莉花に続くルーキーによるステップV達成となる。 トータル5アンダー・首位タイに「64」の猛チャージを見せたイ・ナリ(韓国)。 1打差3位にルーキーの渋野日向子が続いている。 ステップ初優勝を狙う川崎志穂はスコアを1つ落とし、トータル1アンダー・5位タイに後退。 今季ステップ4戦目のセキ・ユウティン(中国)は、トータル3オーバー・35位タイで予選ラウンドを通過。 youtube. youtube. xn--ictt74f94a.

次の

【渋野日向子の激闘プレーバック:アネッサレディス編】首位とは4打差「もう行くしかない」からの逆転劇

渋野 日向子 動画 youtube

2日目(2018. 2日目(2018. 2日目(2018. (2018. (2018. (2018. 真夏の兵庫県で晴れて女子プロゴルファーの「正会員」資格をモノにしたのは20位タイまでの21人。 トップ合格のエイミー・コガがトータル20アンダーまで伸ばし、スコアデータの残る1996年以降では、最多アンダーパー記録(2014年までは3日間競技、昨年トップはトータル11アンダー)を樹立した。 2ケタアンダーが18人、4日間トータルで8アンダーが合格の必須条件という伸ばしあいとなった。 【写真】合格おめでとう! 21人の笑顔がはじける4日間スコアを伸ばし続けなければプロの称号を手に入れることができない過酷なサバイバルレースを勝ち抜いた選手たちのデータを見ると、最年長は92年生まれのシェー・ユーリン(台湾)で26歳。 全員が20代以下という結果に終わった。 22歳のエイミー・コガが通算20アンダーでトップ通過した。 米国ハワイ州出身のエイミーは今季レギュラーツアーに11試合出場。 トップ合格による資格で、ツアー後半戦(一部競技を除く)の出場権を獲得した。 プロテスト受験者の中で唯一レギュラーツアーシード選手の三ヶ島かなは通算14アンダーの7位に入り、3年ぶり2度目の挑戦で通過した。 今季下部ステップアップツアー2勝の原英莉花は通算11アンダーの10位タイで、昨年に続く2度目の挑戦で合格した。 レギュラーツアー1勝のポラニ・チュティチャイ(タイ)は通算4アンダーの32位タイ、松森杏佳は通算4オーバーの69位タイで不合格になった。 完全優勝、スタップ初勝利に王手をかけている。 今大会で優勝を果たせば、今季では原英莉花に続くルーキーによるステップV達成となる。 トータル5アンダー・首位タイに「64」の猛チャージを見せたイ・ナリ(韓国)。 1打差3位にルーキーの渋野日向子が続いている。 ステップ初優勝を狙う川崎志穂はスコアを1つ落とし、トータル1アンダー・5位タイに後退。 今季ステップ4戦目のセキ・ユウティン(中国)は、トータル3オーバー・35位タイで予選ラウンドを通過。 youtube. youtube. xn--ictt74f94a.

次の