あん スタ アンデッド。 あんスタ手芸部がインスタで話題!みんなのかわいい手作りあんスタグッズまとめ

あんスタ手芸部がインスタで話題!みんなのかわいい手作りあんスタグッズまとめ

あん スタ アンデッド

この記事にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 ( 2017年11月) アンデッド(: Undead)は、かつて生命体であったものが、すでに生命が失われているにもかかわらず活動する、超自然的な存在の総称。 Living dead または Living Dead(生ける屍)とも。 死にきっていない(でも生者でもない)者たち。 やなどが該当する。 多くの文化で伝説や伝承にアンデッドが見られるほか、やには特に多く登場する。 「アンデッド」の語は、の小説『』に "The Un-Dead" として初めて使われた。 ファンタジーを題材とするやでは代表的なとして定着しており、「アンデッド・モンスター」とも呼ばれ、日本語では「不死の怪物」や「不死者」などの訳もよく使われている。 それ以外の日本語表記では「亡者」や「死霊」などがある。 アンデッドとされる存在は多種あるが、その多くはに弱いとされており、夜間に活動したり、などに現れたりすることが多い。 生者を襲い、犠牲者を同種のアンデッドや従僕(しもべ)とするとされるものもいる(例:)。 や聖餅を弱点とするものもある。 近年の小説やゲームでは、これらのを秘術によって生み出して操ることを Necromancy 、そのような術を行使する者を Necromancer と呼ぶことが多いが、いずれも本来の意味とは異なる。 種類 [ ] 以下では、主にファンタジー作品に登場するモンスターとしてのアンデッドについて解説する。 死体を元にしているもの [ ] 人間をはじめとする生物のを、何らかの呪いや魔術で動かしているものはアンデッド・モンスターの中でも最も頻繁に現れる。 ・を持たずもないため、傷を受けようとも構わず襲ってくるとして描かれる。 なお、の中には生物の死骸や肉片を素材とする「フレッシュゴーレム」、骨を素材とする「ボーンゴーレム」(『』、『』など)といったものがあるが、あくまでも死体を素材としたゴーレムであり、アンデッドとは区別される。 が朽ち果て、の進行した死体が何らかの要因によって活動を再開したもの(本来の意味でのゾンビとは異なる)。 主に墓地など、を保有するの死体が多くある場所で登場する。 何らかのやを持つモンスターとしてデザインされることが多い。 人間以外の生物もゾンビ化することがあり、ドラゴンがゾンビ化した「ドラゴンゾンビ」や巨人がゾンビ化した「ジャイアントゾンビ」などは強力なモンスターとして扱われる。 「コープス」(本来は死体を意味する)や「リビングデッド」などと呼称する場合もある。 腐敗の進行によって有機物が分解され、した死体()が骨格のみで活動するもの(骨に肉片や腱の残滓が付着している場合もある)。 肉がなく骨のみであるため、刺突攻撃の効果が薄いとされる事が多い(その場合逆に打撃には弱いとされる)。 ゾンビよりも弱い下級モンスターとして扱われる場合と、倒してもすぐさま再生復元する手強い敵として描かれる場合がある。 作品によっては高度な剣術や魔法を使うもの、剣などの武器を手にしているもの、ゾンビが燃やされてスケルトンへ変貌するものなども見られる。 を除いて生前の状態を保った、比較的新しい死体が活動するもの。 古代風の世界観を持つ作品や場所の場合は、ゾンビや吸血鬼に似た位置づけで登場することがある。 中国の伝説では元は人だが犬のような顔になっている人食いの怪物であり、力をつけると飛天夜叉などより上位の怪物に変化するといわれる。 「食屍鬼」と訳される。 アラブ社会の伝承上の怪物で本来は生物であるが日本ではアンデッドして扱われている。 単に死体を食べるゾンビであったり、死体を食べる人間が怪物化したもの(『』『』など。 クトゥルフ神話はアンデッドではない)であったりと、位置づけは様々である。 上記のアンデッド達と異なり、低い知性を持っている場合がある。 マミー(男) 全身に包帯を巻かれ、乾燥保存された死体が活動するもの。 や古代遺跡など、古代風の世界観を持つ作品や場所で登場することが多い。 舞台が古代遺跡の場合、王の財宝の守護者として登場することがある。 病気・呪いといった特別な力を持ってることが多い。 乾燥しているために燃えやすく、火炎に弱いモンスターとしてデザインされる場合もある。 知性を有しており生前の能力次第で弱い者から、後述のリッチに近いものまで力の差がとても大きい。 () 元々は人間を意味する言葉で、の伝承では人の姿をした悪霊。 モンスターとしてのワイトは『』に登場する「」 が元になっており、王族など高貴な人物の死体に悪霊が取り憑いたもので、触れた者を昏倒させるなどの力を備えている。 また、エナジードレインというレベルを吸収する能力を持つことが多く、ワイトに殺された者はワイトになって蘇るとされている。 () 霊体や動く死体であったりする。 Revenantという言葉は「戻ってくる」を意味するのreveniens(もしくはのrevenir)から来ている。 レヴァナントはのや周辺で人気の物語で誕生し、物語の中で故人の復讐などの目的で復活した。 内容はなどと共通する話が多い。 中世の物語の中で共通するのは、死に戻る人間は犯罪者で、邪悪・虚栄心・不信心者として記述され、病気と関連付けられた。 適切な対応として、遺体を掘り起こし頭断・焼却・心臓を取り除くなどが行われた。 () の「妖怪、幽霊」、の「前兆、流星」の両方から来ている。 一般的に黒く腫れた死体の姿で、超人的な力を発揮し、体を巨大化させ重量も増加させる事が出来、物を腐らせる悪臭を放つ。 やの神話のいくつかでアンデッドとして記述され、表面上知性が残っている。 宝物を守り、生き物に損害をもたらし、彼らを不当に扱う物を苦しめる。 霊体 [ ] 無実体の類もまた多く登場する。 実体がないため、破邪の金属とされる銀製の武器などの特別な武器や魔法によってしか傷つかないとする作品が多い。 いずれも(その他、、、、など)を指す語であるが、ゲームではモンスターの強さや特殊な能力などに応じて別々の名を付けることが多い。 ゴーストは比較的下級、レイスは比較的上級のモンスターとして扱われる傾向がある。 これらを総合して「ホーント」と呼ぶ作品もある。 肉体と魂が分離した生霊に近い存在。 魔術師が幽体離脱に失敗した結果、変化した姿であるとも称されている。 指輪物語に登場する指輪の幽鬼「」が多くの場合元になっている。 元々は高潔で有能な王だったが、指輪に囚われて生きたまま不死の怪物と化した存在である。 影のような姿だったり、武装した人型だったりと作品によって姿は一定しない。 ファントム 地縛霊とも。 強力だが幽霊屋敷など場所に縛られた存在として登場することが多い。 その他 [ ] 伝承では男性であるが(女性説あり)、モンスターとして登場するデュラハンは首なしの騎士(多くの場合、首は脇に抱えている)として描かれることがある。 この首なしの騎士は、首なしの馬や、それに引かれた(チャリオット)を従えている場合が多い。 本来はの一種であり、アンデッドではないが、作品によっては「首なし」という性質からアンデッドに分類されることがある。 本来の伝承では妖精だが、作品によってはデュラハンと同様にアンデッドとされることもある。 () 本来は単に古代英語で「死体」を意味する言葉だった。 作品上は生前強力な魔法使いや王だった人物のアンデッドと見なされる例が多い。 小説ではの『魔術師の帝国』に登場する不死の魔術師がリッチの初出とされ、その他、『』に登場する魔術師やコナンに剣を授ける古代王の屍もリッチとされる。 スケルトンやマミーに類似しているが別物とわかる存在であり、同時に霊体でもあるため普通の武器では傷一つつけられない。 作品によっては見ただけ、近寄っただけで弱い人間は命を落とす。 いずれの場合も、黒い衣を纏った姿が一般的である。 「が死霊魔術に長じて変化したもの」「無限の知識を求める魔道士が永遠の命を目指したなれの果て」などの設定もたびたび見られる。 ゲームや小説では『』のフィスタンダンティラスや、「ノベル」のドラッケンフェルズがリッチである。 後述の「ノーライフキング」の原型。 また、 がリッチの変種と解釈されることも稀にある。 詳細は「」を参照 ヴァンパイア() 最も有名なアンデッドのひとつ。 人間と同等以上の知性を持ち、血を吸った人間を下級のヴァンパイアに変え、下僕として従える。 聖なる神の聖印(神の名や種類を問わず、十字印)により弱体化する。 なお、作品によってはアンデッドではなくなどの一種とされているものもある。 なお『』のは設定やビジュアルこそ異なる 霊体型に近い が、血ではなく魂を啜るという点や、また吸魂された者は後にディメンターになるという当たり、ヴァンパイアに近いかもしれない。 ノーライフキング ヴァンパイアの頂点とされる、究極のヴァンパイア。 の同名小説『』から転用された語。 この他、や地獄の使者といったモンスターは生命が失われているにもかかわらず活動するものではないが、類似性やゲームバランスの都合によりアンデッドとして扱われる場合がある。 出典 [ ]• 『リーダーズ英和辞典-第2版』 研究社。 参考文献 [ ]• ()『モンスター・コレクション ファンタジーRPGの世界』〈〉1986年,• 安田均(グループSNE)『モンスター・コレクション 改訂版〈上〉』富士見書房〈富士見ドラゴンブック〉1996年,• 安田均(グループSNE)『モンスター・コレクション 改訂版〈中〉』富士見書房〈富士見ドラゴンブック〉1996年,• 安田均(グループSNE)『モンスター・コレクション 改訂版〈下〉』富士見書房〈富士見ドラゴンブック〉1996年,.

次の

あんスタ手芸部がインスタで話題!みんなのかわいい手作りあんスタグッズまとめ

あん スタ アンデッド

ストーリー 【イベント予告】31日15時よりイベント『対決!華麗なる怪盗VS探偵団』を開始予定です。 と思ったら友也に事件発生…!? 探偵役と怪盗役に分かれてパフォーマンスを行い、探偵役が怪盗役から出題された謎を解き隠された宝を見つければステージのメインが代わるという新しい形で催すことに。 その裏では 演劇部である真白友也が同じく 演劇部部長である日々樹渉との間でいろいろなことが起こり、常々渉からちょっかいを出されていた真白が 過労で倒れてしまう。 そのことに責任を感じいつになく雰囲気の違う渉に真白は気がかりになる。 日々樹渉推しでない人も号泣必至です。。 そして真白友也くんの男前さに惚れること間違い無し・・・。 後輩の成長のために先輩が動いてはいるけれど、後輩にもまた助けられているこの関係性がなんともいえずまた涙を誘います。 Knightsのメンバーとして認めてもらえるようにと奮起する 朱桜司と、そんな ユニットの末っ子を見守る 瀬名泉、鳴上嵐、朔間凛月。 それがここへきてユニットの解散の危機にぶちあたり、今まで 誰も口にしてこなかったユニットへの思いを知ることが出来る。 散々個人主義を謳い馴れ合わないといったスタンスでいたKnightsが心の中ではKnightsを大切に思い、自分の居場所だと認識して守りたいと思っていることがわかりその瞬間 KnightsPである筆者の両目からは大量の涙が。 これ電車で読んじゃいけません。 彼氏に振られて傷心している女みたいなくらい電車の中で泣きました。 3位:開演 ダークナイトハロウィン ストーリー 【イベント予告】31日15時よりイベント『開演 ダークナイトハロウィン』を開始予定です。 アプリ内にも予告を掲載しました! 日中に起きるようになった凛月。 アイドルも客も仮装してお菓子を配ってファンサービスをして練り歩く・・・という試みにアイドル達も準備に追われていた。 そんな中 朔間凛月は ジャッジメント以降昼夜逆転していた生活を戻しつつあった。 そのこともあり日中の活動が増え体調に支障が出始めていた。 凛月は昼夜逆転の生活で生き続けてきていたが、それでは 周囲の人間と同じ時を過ごせない。 一人で夜の学校でピアノを弾いているのは寂しかったという。 だからこそ 昼にみんなと生活したくて昼に起きて活動していたが 身体が限界を迎えていた。 そんな 凛月の兄朔間零は弟の身体を心配していた。 同じユニットで同じ部活の後輩である大神晃牙に凛月をハロウィンライブまで休ませ、そのまままた昼夜逆転の生活に戻してやってくれと頼んだ。 それを頼まれた晃牙は転校生の手も借り凛月を寝かしつけることに成功。 転校生は凛月用の衣装を新たに準備し、ライブ本番での朔間兄弟の仲を取り持とうと計画。 ライブ本番になり2winkとUNDEADの歌うステージに参加した凛月。 転校生に背中を後押しされ、ステージ上で 零に心配かけたことへの謝罪と感謝の言葉を口にする。 コメント ギャグ泣きばっかり実装される朔間零くん — かに denebbbbb 兄弟仲がそんなによくない(凛月の一方的な反抗心)朔間兄弟にスポットがあてられたハロウィンイベント。 調子が悪いという凛月から今まで凛月が思っていたことを聴くことが出来ます。 みんなと一緒にいることが楽しくて、ユニットも部活も学校も全部が楽しくてみんなといたかったという凛月のシーンでは もうわけがわからないくらい泣きました。 事前に泣くとだろうとわかっていたため今回は部屋で読みました。 ティッシュもたくさん用意しておいてよかったです…。 ここで 今まで凛月は一人で夜にピアノを弾いていること(これは以前怪談イベントでも出てきましたが)、 その場所に朔間零が棺桶のベットをおいていた事が発覚します。 怪談イベントの時葵兄弟に 怪談を教え夜の学校にけしかけたのは零であり、凛月がピアノを弾いていることも知っていて自身も側の棺桶で良く眠る零は恐らく 凛月が夜寂しくないようにと怪談話を持ち掛けたことがここで推測できます。 めっちゃいいお兄ちゃん。 兄弟愛に涙が止まりません。 そんな ひなたが勝手に行動しているように見えたゆうたはクリスマス前に当日のユニットの宣伝も兼ねたバイトがないかと探す。 お互いがお互いを思いやりながらも距離を置いていたためギクシャクしてしまう。 一方 流星隊ではオフの日にも関わらず 噴水に浮かんでいた深海奏汰を温めるために体育館に集まっていた。 ゆうたの手伝いをしている 仙石忍と、ひなたの手伝いをしている 南雲鉄虎以外の 守沢千秋、高峯翠が転校生と共に奏汰を温めていた。 奏汰がこれ以上危険な行動をしないようにと千秋はクリスマスイブイブライブに参加を決定。 先刻まで喧嘩していた2winkを見かねて、彼らもステージに上がるように伝えるよう一年生三人に頼む。 後輩の気遣いも忘れない千秋は奏汰と共に一年生が戻ってくるときのためにステージを盛り上げる。 気遣いがあったこともありゆうたとひなたはお互いの思いをぶつけることで和解。 ひなたは 実の父親にも気持ちが悪いと言われるほどの自分たちを愛しながらも別々の存在になろうとしていた事を明かし、 好みや性格まで変えたと吐露。 そんなひなたに対しゆうたは別々の存在でありながらも自分たちは双子であり、二人で一つだとし流星隊の待つステージへ向かった。 明るくふるまっている2winkの家庭の事情も見え隠れする中お互いが今まで思ってきたことが暴露され、少し関係が悪くなりかけていた二人がまた心を通わせたシーンでは 2winkPでない筆者も大泣きです。 知り合いの2winkPは墓を建ててました。 それだけでなく守沢千秋が鉄虎に赤を着るかと勧めたりと 三年生の卒業という文字が脳内をよぎり我々転校生の立場でありながらなかなか涙が止まりませんでした。 返礼祭は仰々しい名前だと口にするアイドルもいたが、この返礼祭は 三年生が卒業を前にして下級生たちが主体となってライブを企画し準備するというものだった。 UNDEADは 朔間零と 羽風薫が連絡が取れず、 乙狩アドニスと大神晃牙の二人で参加することに。 一日を通しての総合ポイントの高いものが最終的に最後のライブに参加できる制度の中 二人は力不足を感じながらも周りの協力もあり最後のライブに参加できることに。 軽音部内でも 2winkが周囲への感謝を振りまきながら 朔間零へ、 お互いしか居場所がなかった自分たちを抱き寄せ愛し守ってくれたと今までの感謝を述べる。 イブイブライブを経て、 本当に最近は甘いものが好きになってきたという 葵ひなたやひなたと和解して二人別々に行動しながらも前よりもいい関係になれたという 葵ゆうたは自分たちのアピールも欠かさないながらもUNDEADに全面協力することに。 卒業後の事を真剣に考え始めた 薫は今までの人間関係を整理し、後輩である アドニスと晃牙のために 零とともに デッドマンズというユニットを臨時で組む。 三年生卒業後に一人になる 神崎颯馬がいる 紅月の三年生、 蓮実敬人と鬼龍紅郎もそのユニットに参加した。 颯馬が 独り立ちしようと個人で返礼祭に参加していたこと、 アドニスと晃牙が 先輩二人の思いを知ったうえで勝ち残り戦いに来たことを知る三年生たち。 零と薫はそれに満足し2winkが見守る中ステージ上で最後のぶつかり合いを見せ、UNDEADも紅月も最終ライブではそれぞれがそれぞれのユニットとして最後のパフォーマンスを披露した。 コメント あと39日! 思い還しの返礼祭!(当時は)夢にも腐にも優しいストーリーだなって……このイベストが出来すぎて返礼祭の価値が上がったと思ってるし、なんか振られたし次の年も振られた毎年振られてる — chima otsucurime ベスト・オブ・みんなが卒業をにおわせてくるイベント。 あまり印象のよくなかったチャラい羽風薫ですら卒業をにおわせてくるものだからつい私は画面越しに 「寂しいじゃねえか!」と叫んでしまいました。 零さんに関しても立つ鳥後を濁さずという言葉の通り、後輩に向けての準備を始めるものだから私は 全編通してティッシュが手放せませんでした。 きっとこの返礼祭のKnightsストーリーがあったら私は恐らくここで息をしていないだろうと思いましたがそもそも Knightsの三年生と言えばもう アイドルとしては引退した気でいる月永レオと ツンデレ貴公子の瀬名泉 だったので、こんなにきれいな話になるわけがありませんね。 それはそれで良かった…。 最後に いかがだったでしょうか。 あんスタのイベントストーリーには涙なしには見れないものがたくさんありますが、皆さんはどのイベントがお気に入りでしょうか。 ぜひこの記事も参考にしながらマイベストストーリーを探してみてください。

次の

♪ユニット紹介

あん スタ アンデッド

この記事にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 ( 2017年11月) アンデッド(: Undead)は、かつて生命体であったものが、すでに生命が失われているにもかかわらず活動する、超自然的な存在の総称。 Living dead または Living Dead(生ける屍)とも。 死にきっていない(でも生者でもない)者たち。 やなどが該当する。 多くの文化で伝説や伝承にアンデッドが見られるほか、やには特に多く登場する。 「アンデッド」の語は、の小説『』に "The Un-Dead" として初めて使われた。 ファンタジーを題材とするやでは代表的なとして定着しており、「アンデッド・モンスター」とも呼ばれ、日本語では「不死の怪物」や「不死者」などの訳もよく使われている。 それ以外の日本語表記では「亡者」や「死霊」などがある。 アンデッドとされる存在は多種あるが、その多くはに弱いとされており、夜間に活動したり、などに現れたりすることが多い。 生者を襲い、犠牲者を同種のアンデッドや従僕(しもべ)とするとされるものもいる(例:)。 や聖餅を弱点とするものもある。 近年の小説やゲームでは、これらのを秘術によって生み出して操ることを Necromancy 、そのような術を行使する者を Necromancer と呼ぶことが多いが、いずれも本来の意味とは異なる。 種類 [ ] 以下では、主にファンタジー作品に登場するモンスターとしてのアンデッドについて解説する。 死体を元にしているもの [ ] 人間をはじめとする生物のを、何らかの呪いや魔術で動かしているものはアンデッド・モンスターの中でも最も頻繁に現れる。 ・を持たずもないため、傷を受けようとも構わず襲ってくるとして描かれる。 なお、の中には生物の死骸や肉片を素材とする「フレッシュゴーレム」、骨を素材とする「ボーンゴーレム」(『』、『』など)といったものがあるが、あくまでも死体を素材としたゴーレムであり、アンデッドとは区別される。 が朽ち果て、の進行した死体が何らかの要因によって活動を再開したもの(本来の意味でのゾンビとは異なる)。 主に墓地など、を保有するの死体が多くある場所で登場する。 何らかのやを持つモンスターとしてデザインされることが多い。 人間以外の生物もゾンビ化することがあり、ドラゴンがゾンビ化した「ドラゴンゾンビ」や巨人がゾンビ化した「ジャイアントゾンビ」などは強力なモンスターとして扱われる。 「コープス」(本来は死体を意味する)や「リビングデッド」などと呼称する場合もある。 腐敗の進行によって有機物が分解され、した死体()が骨格のみで活動するもの(骨に肉片や腱の残滓が付着している場合もある)。 肉がなく骨のみであるため、刺突攻撃の効果が薄いとされる事が多い(その場合逆に打撃には弱いとされる)。 ゾンビよりも弱い下級モンスターとして扱われる場合と、倒してもすぐさま再生復元する手強い敵として描かれる場合がある。 作品によっては高度な剣術や魔法を使うもの、剣などの武器を手にしているもの、ゾンビが燃やされてスケルトンへ変貌するものなども見られる。 を除いて生前の状態を保った、比較的新しい死体が活動するもの。 古代風の世界観を持つ作品や場所の場合は、ゾンビや吸血鬼に似た位置づけで登場することがある。 中国の伝説では元は人だが犬のような顔になっている人食いの怪物であり、力をつけると飛天夜叉などより上位の怪物に変化するといわれる。 「食屍鬼」と訳される。 アラブ社会の伝承上の怪物で本来は生物であるが日本ではアンデッドして扱われている。 単に死体を食べるゾンビであったり、死体を食べる人間が怪物化したもの(『』『』など。 クトゥルフ神話はアンデッドではない)であったりと、位置づけは様々である。 上記のアンデッド達と異なり、低い知性を持っている場合がある。 マミー(男) 全身に包帯を巻かれ、乾燥保存された死体が活動するもの。 や古代遺跡など、古代風の世界観を持つ作品や場所で登場することが多い。 舞台が古代遺跡の場合、王の財宝の守護者として登場することがある。 病気・呪いといった特別な力を持ってることが多い。 乾燥しているために燃えやすく、火炎に弱いモンスターとしてデザインされる場合もある。 知性を有しており生前の能力次第で弱い者から、後述のリッチに近いものまで力の差がとても大きい。 () 元々は人間を意味する言葉で、の伝承では人の姿をした悪霊。 モンスターとしてのワイトは『』に登場する「」 が元になっており、王族など高貴な人物の死体に悪霊が取り憑いたもので、触れた者を昏倒させるなどの力を備えている。 また、エナジードレインというレベルを吸収する能力を持つことが多く、ワイトに殺された者はワイトになって蘇るとされている。 () 霊体や動く死体であったりする。 Revenantという言葉は「戻ってくる」を意味するのreveniens(もしくはのrevenir)から来ている。 レヴァナントはのや周辺で人気の物語で誕生し、物語の中で故人の復讐などの目的で復活した。 内容はなどと共通する話が多い。 中世の物語の中で共通するのは、死に戻る人間は犯罪者で、邪悪・虚栄心・不信心者として記述され、病気と関連付けられた。 適切な対応として、遺体を掘り起こし頭断・焼却・心臓を取り除くなどが行われた。 () の「妖怪、幽霊」、の「前兆、流星」の両方から来ている。 一般的に黒く腫れた死体の姿で、超人的な力を発揮し、体を巨大化させ重量も増加させる事が出来、物を腐らせる悪臭を放つ。 やの神話のいくつかでアンデッドとして記述され、表面上知性が残っている。 宝物を守り、生き物に損害をもたらし、彼らを不当に扱う物を苦しめる。 霊体 [ ] 無実体の類もまた多く登場する。 実体がないため、破邪の金属とされる銀製の武器などの特別な武器や魔法によってしか傷つかないとする作品が多い。 いずれも(その他、、、、など)を指す語であるが、ゲームではモンスターの強さや特殊な能力などに応じて別々の名を付けることが多い。 ゴーストは比較的下級、レイスは比較的上級のモンスターとして扱われる傾向がある。 これらを総合して「ホーント」と呼ぶ作品もある。 肉体と魂が分離した生霊に近い存在。 魔術師が幽体離脱に失敗した結果、変化した姿であるとも称されている。 指輪物語に登場する指輪の幽鬼「」が多くの場合元になっている。 元々は高潔で有能な王だったが、指輪に囚われて生きたまま不死の怪物と化した存在である。 影のような姿だったり、武装した人型だったりと作品によって姿は一定しない。 ファントム 地縛霊とも。 強力だが幽霊屋敷など場所に縛られた存在として登場することが多い。 その他 [ ] 伝承では男性であるが(女性説あり)、モンスターとして登場するデュラハンは首なしの騎士(多くの場合、首は脇に抱えている)として描かれることがある。 この首なしの騎士は、首なしの馬や、それに引かれた(チャリオット)を従えている場合が多い。 本来はの一種であり、アンデッドではないが、作品によっては「首なし」という性質からアンデッドに分類されることがある。 本来の伝承では妖精だが、作品によってはデュラハンと同様にアンデッドとされることもある。 () 本来は単に古代英語で「死体」を意味する言葉だった。 作品上は生前強力な魔法使いや王だった人物のアンデッドと見なされる例が多い。 小説ではの『魔術師の帝国』に登場する不死の魔術師がリッチの初出とされ、その他、『』に登場する魔術師やコナンに剣を授ける古代王の屍もリッチとされる。 スケルトンやマミーに類似しているが別物とわかる存在であり、同時に霊体でもあるため普通の武器では傷一つつけられない。 作品によっては見ただけ、近寄っただけで弱い人間は命を落とす。 いずれの場合も、黒い衣を纏った姿が一般的である。 「が死霊魔術に長じて変化したもの」「無限の知識を求める魔道士が永遠の命を目指したなれの果て」などの設定もたびたび見られる。 ゲームや小説では『』のフィスタンダンティラスや、「ノベル」のドラッケンフェルズがリッチである。 後述の「ノーライフキング」の原型。 また、 がリッチの変種と解釈されることも稀にある。 詳細は「」を参照 ヴァンパイア() 最も有名なアンデッドのひとつ。 人間と同等以上の知性を持ち、血を吸った人間を下級のヴァンパイアに変え、下僕として従える。 聖なる神の聖印(神の名や種類を問わず、十字印)により弱体化する。 なお、作品によってはアンデッドではなくなどの一種とされているものもある。 なお『』のは設定やビジュアルこそ異なる 霊体型に近い が、血ではなく魂を啜るという点や、また吸魂された者は後にディメンターになるという当たり、ヴァンパイアに近いかもしれない。 ノーライフキング ヴァンパイアの頂点とされる、究極のヴァンパイア。 の同名小説『』から転用された語。 この他、や地獄の使者といったモンスターは生命が失われているにもかかわらず活動するものではないが、類似性やゲームバランスの都合によりアンデッドとして扱われる場合がある。 出典 [ ]• 『リーダーズ英和辞典-第2版』 研究社。 参考文献 [ ]• ()『モンスター・コレクション ファンタジーRPGの世界』〈〉1986年,• 安田均(グループSNE)『モンスター・コレクション 改訂版〈上〉』富士見書房〈富士見ドラゴンブック〉1996年,• 安田均(グループSNE)『モンスター・コレクション 改訂版〈中〉』富士見書房〈富士見ドラゴンブック〉1996年,• 安田均(グループSNE)『モンスター・コレクション 改訂版〈下〉』富士見書房〈富士見ドラゴンブック〉1996年,.

次の