バンドリssオリ主。 緋弾のアリア・AAのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

緋弾のアリア・AAのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

バンドリssオリ主

吸血鬼として血を欲していたリサを助けたのはいいものの貧血を起こしリサの家に泊まることになったおれはまだ動けず仕舞いの状態だった。 いま俺はリビングのソファーでリサと手を繋ぎ座っている。 なぜか恋人繋ぎで、、 俺が動けないと言うのもあれば、リサが離れたくないと言ったため手を繋ぎ側にいてあげると言う意味もある。 リサ「ねぇ、真琴。 体は大丈夫?」 「頭がまだボーっとはしているけど大丈夫そうだ」 リサ「ごめんね、アタシ、加減がわからなくて血を貰いすぎちゃって」 「仕方ないことさ。 人間でも吸血鬼でも理性がなくなれば加減もわからなくなるものだからな」 リサ「でも、アタシがちゃんとしてれば、、」 「リサ、俺は謝罪よりも聞きたい言葉があるけど、」 リサ「そう、だね。 どういたしまして」 リサは嬉しいそうな笑顔を浮かべる。 やっぱり彼女は暗い顔よりも明るい笑顔の方が似合うし可愛い。 それはいいんだが、、 さっきから右腕にリサが抱きついている訳だ。 柔らかい身体や、女性のほのかに甘い香りが鼻腔をくすぐっているため心臓に悪い。 というか腕が幸せな気分。 「あ、あのリサさん?」 リサ「ん、なーに?」 「腕に抱きつくのは、その、なんというか」 リサ「落ち着くんだけどな〜。 あっ、腕がダメなら真琴に抱きつけばいいのかな〜?」 悪戯っ子のような笑みを浮かべている。 あんまり女性とのスキンシップに耐性がないのをわかっていてやっているのだろう。 「そういう問題じゃなくて!」 リサ「じゃあ、抱きしめてってお願いしたら抱きしめてくれるの?」 「そりゃ、俺だって男だからあんまり断りたくないど(断る理由がないけどね)、、ってそうじゃなくて!」 リサ「アハハ、真琴はノリがいいねー」 「全く誰のせいなんだろうね〜」 こんな談笑を話せるなら彼女はもう大丈夫だろう。 俺は本当に安心した。 すると、、 緊張がほぐれたからか俺の腹の虫がなった。 「あっっ、、、、」 リサ「アハハハハ」 「笑いすぎだっての」 リサ「アハハごめんごめん。 アタシの作ったのでよければ夕ご飯食べる?」 「まじ?!、食べる食べる」 リサ「オッケー。 煮物は残りが沢山あるから、足りない分は作るね。 ちょっと待っててね」 「おう、待ってるわ。 楽しみだなー」 人のご飯を食べるのは久しぶりだ。 外食は金がかかるしいちいち出かけるのもめんどいということで自炊をしている。 リサは女子力は高いため絶対にご飯は美味しいと確信できとても楽しみである。 リサ「ごめんねー急だったから簡単なものしかできなかったけど」 夕食は鮭の塩焼き、筑前煮、卵焼き、味噌汁、おひたしに白米 急ごしらえと言っていたがそれを感じさせないほど美味しいそうだった。 「「いただきます」」 冷めないうちに卵焼きから頂く。 出汁の効いた卵焼きは程よい焼き加減 煮物も彼女が好物であるというだけのことがあり、煮汁がしっかりと染み込んだ大根や人参はとても美味だった。 気がつけば容器が空になるほどに食べ進めていた。 お腹も膨れ大満足の夕食だった。 「ご馳走さまでした」 リサ「お粗末様でした。 片付けしている時にふと思ったのだが、これ夫婦みたいだなと冗談で言ったら顔を真っ赤にして怒られました。 その後風呂に入りお話をした。 「リサ、元気になったみたいだな」 リサ「おかげさまでね。 真琴は体調大丈夫?」 「まぁな」 リサ「無理、しないでね」 「こっちのセリフだって、リサこそ無理すんな。 リサはもっと人を頼りにするべきだ」 リサ「うん、わかった」 「さて、夜も遅いし、そろそろ寝る、、か」 ここで気がついた。 リサは自分のベットで寝ればいい。 俺はどこで寝ればいいのだろう 「俺、ここのソファで寝るわ」 リサ「ダメだよ真琴、ちゃんとしたところで寝ないと」 「そうは言ってもどこで寝れば、、ちょっとリサ?!」 リサがいきなり俺にいきなり抱きついてきた。 リサ「真琴に側にいて欲しい。 一緒に寝よ?」 「、、、イヤイヤイヤ何言ってるんだよ。 無理無理(理性が)」 リサ「真琴はアタシと一緒に寝るの、イヤ?」 「いやではないけど、でも俺ら年頃の男女だし、あんまりよくないのでは」 リサ「だめ?」 リサの抱きついたまま上目づかい、瞳を潤ませて本当に泣いているかの表情をしてきた。 「わかった、俺の負けだ。 リサが苦しんでいた過去を聞いたうえであの表情をされたら放っておけなくなってしまった。 (あんな悲しそうな表情されたら、放っておけるわけないよな) 寝れるかわからない夜になりそうだ。 [newpage] リサと寝ることになった俺はいまベットに横になっている。 リサのベットは少し大きめのものだが、1人用のもののため、2人でつかうと少し小さく感じる。 そのため、俺はリサと向き合う形で横になっている。 ベットで横になり、正面にはリサがいるためさっきから心臓がうるさいぐらいドキドキしている。 リサ「ねぇ、真琴」 「ん、どうした?」 リサ「アタシが吸血鬼だと知った時、どう思った?」 「正直すごくびっくりした。 まさか知り合いが吸血鬼だったなんてな」 リサ「そう、だよね」 「でも、辛そうな表情を見たとき、助けたくなった。 人が苦しんでる姿を見ていたら、俺も苦しくなった」 リサ「あの時のアタシ、どうだった?」 「すごく怖かった。 でも助けてあげたいとも思った。 人でも吸血鬼でも関係ない。 俺はリサを助けたいから、血をあげたんだ」 リサ「、、、、、」 「大丈夫、困ってたら相談してくれていい。 頼ってくれていい」 リサ「でも、アタシ、人を怖がらせて、その時に近寄らないでって、言われて、」 リサは今にも泣きそうな表情だった。 俺はリサを優しく抱きしめて、頭を撫でながらゆっくりと言った。 「大丈夫、大丈夫。 俺はリサを見捨てない。 俺はリサがいなくなることや、自分一人で苦しむことはして欲しくないからな」 「甘えたいときは甘えていい、泣きたいときは泣いてもいい。 俺はリサの側にいるよ」 リサ「うん、うん、ありがとう。 これからたくさん甘えるし、頼っちゃうよ?」 「いつでもどうぞ」 リサ「ふふ、ありがと、じゃあもう少しこのままでもいい?」 「いいよ、寝るまでこうしててあげるから、ゆっくりおやすみ」 リサ「うん、おやすみ」 リサが寝るまで俺はリサを抱きしめ頭を撫でていた。 すぐに可愛らしい寝息をたてリサは眠りについた。 彼女は自分のことを犠牲にし、周りのことを考える優しい吸血鬼。 そんな彼女を俺は支えよう。 そう決心し、そっと言葉にした。 「ずっと側にいて支えるからな、リサ」 [newpage] 結局翌日の朝まで寝れなかったのは言うまでもなく、朝一番リサの怒られる俺でした。 吸血鬼として血を欲していたリサを助けたのはいいものの貧血を起こしリサの家に泊まることになったおれはまだ動けず仕舞いの状態だった。 いま俺はリビングのソファーでリサと手を繋ぎ座っている。 なぜか恋人繋ぎで、、 俺が動けないと言うのもあれば、リサが離れたくないと言ったため手を繋ぎ側にいてあげると言う意味もある。 リサ「ねぇ、真琴。 体は大丈夫?」 「頭がまだボーっとはしているけど大丈夫そうだ」 リサ「ごめんね、アタシ、加減がわからなくて血を貰いすぎちゃって」 「仕方ないことさ。 人間でも吸血鬼でも理性がなくなれば加減もわからなくなるものだからな」 リサ「でも、アタシがちゃんとしてれば、、」 「リサ、俺は謝罪よりも聞きたい言葉があるけど、」 リサ「そう、だね。 どういたしまして」 リサは嬉しいそうな笑顔を浮かべる。 やっぱり彼女は暗い顔よりも明るい笑顔の方が似合うし可愛い。 それはいいんだが、、 さっきから右腕にリサが抱きついている訳だ。 柔らかい身体や、女性のほのかに甘い香りが鼻腔をくすぐっているため心臓に悪い。 というか腕が幸せな気分。 「あ、あのリサさん?」 リサ「ん、なーに?」 「腕に抱きつくのは、その、なんというか」 リサ「落ち着くんだけどな〜。 あっ、腕がダメなら真琴に抱きつけばいいのかな〜?」 悪戯っ子のような笑みを浮かべている。 あんまり女性とのスキンシップに耐性がないのをわかっていてやっているのだろう。 「そういう問題じゃなくて!」 リサ「じゃあ、抱きしめてってお願いしたら抱きしめてくれるの?」 「そりゃ、俺だって男だからあんまり断りたくないど(断る理由がないけどね)、、ってそうじゃなくて!」 リサ「アハハ、真琴はノリがいいねー」 「全く誰のせいなんだろうね〜」 こんな談笑を話せるなら彼女はもう大丈夫だろう。 俺は本当に安心した。 すると、、 緊張がほぐれたからか俺の腹の虫がなった。 「あっっ、、、、」 リサ「アハハハハ」 「笑いすぎだっての」 リサ「アハハごめんごめん。 アタシの作ったのでよければ夕ご飯食べる?」 「まじ?!、食べる食べる」 リサ「オッケー。 煮物は残りが沢山あるから、足りない分は作るね。 ちょっと待っててね」 「おう、待ってるわ。 楽しみだなー」 人のご飯を食べるのは久しぶりだ。 外食は金がかかるしいちいち出かけるのもめんどいということで自炊をしている。 リサは女子力は高いため絶対にご飯は美味しいと確信できとても楽しみである。 リサ「ごめんねー急だったから簡単なものしかできなかったけど」 夕食は鮭の塩焼き、筑前煮、卵焼き、味噌汁、おひたしに白米 急ごしらえと言っていたがそれを感じさせないほど美味しいそうだった。 「「いただきます」」 冷めないうちに卵焼きから頂く。 出汁の効いた卵焼きは程よい焼き加減 煮物も彼女が好物であるというだけのことがあり、煮汁がしっかりと染み込んだ大根や人参はとても美味だった。 気がつけば容器が空になるほどに食べ進めていた。 お腹も膨れ大満足の夕食だった。 「ご馳走さまでした」 リサ「お粗末様でした。 片付けしている時にふと思ったのだが、これ夫婦みたいだなと冗談で言ったら顔を真っ赤にして怒られました。 その後風呂に入りお話をした。 「リサ、元気になったみたいだな」 リサ「おかげさまでね。 真琴は体調大丈夫?」 「まぁな」 リサ「無理、しないでね」 「こっちのセリフだって、リサこそ無理すんな。 リサはもっと人を頼りにするべきだ」 リサ「うん、わかった」 「さて、夜も遅いし、そろそろ寝る、、か」 ここで気がついた。 リサは自分のベットで寝ればいい。 俺はどこで寝ればいいのだろう 「俺、ここのソファで寝るわ」 リサ「ダメだよ真琴、ちゃんとしたところで寝ないと」 「そうは言ってもどこで寝れば、、ちょっとリサ?!」 リサがいきなり俺にいきなり抱きついてきた。 リサ「真琴に側にいて欲しい。 一緒に寝よ?」 「、、、イヤイヤイヤ何言ってるんだよ。 無理無理(理性が)」 リサ「真琴はアタシと一緒に寝るの、イヤ?」 「いやではないけど、でも俺ら年頃の男女だし、あんまりよくないのでは」 リサ「だめ?」 リサの抱きついたまま上目づかい、瞳を潤ませて本当に泣いているかの表情をしてきた。 「わかった、俺の負けだ。 リサが苦しんでいた過去を聞いたうえであの表情をされたら放っておけなくなってしまった。 (あんな悲しそうな表情されたら、放っておけるわけないよな) 寝れるかわからない夜になりそうだ。 [newpage] リサと寝ることになった俺はいまベットに横になっている。 リサのベットは少し大きめのものだが、1人用のもののため、2人でつかうと少し小さく感じる。 そのため、俺はリサと向き合う形で横になっている。 ベットで横になり、正面にはリサがいるためさっきから心臓がうるさいぐらいドキドキしている。 リサ「ねぇ、真琴」 「ん、どうした?」 リサ「アタシが吸血鬼だと知った時、どう思った?」 「正直すごくびっくりした。 まさか知り合いが吸血鬼だったなんてな」 リサ「そう、だよね」 「でも、辛そうな表情を見たとき、助けたくなった。 人が苦しんでる姿を見ていたら、俺も苦しくなった」 リサ「あの時のアタシ、どうだった?」 「すごく怖かった。 でも助けてあげたいとも思った。 人でも吸血鬼でも関係ない。 俺はリサを助けたいから、血をあげたんだ」 リサ「、、、、、」 「大丈夫、困ってたら相談してくれていい。 頼ってくれていい」 リサ「でも、アタシ、人を怖がらせて、その時に近寄らないでって、言われて、」 リサは今にも泣きそうな表情だった。 俺はリサを優しく抱きしめて、頭を撫でながらゆっくりと言った。 「大丈夫、大丈夫。 俺はリサを見捨てない。 俺はリサがいなくなることや、自分一人で苦しむことはして欲しくないからな」 「甘えたいときは甘えていい、泣きたいときは泣いてもいい。 俺はリサの側にいるよ」 リサ「うん、うん、ありがとう。 これからたくさん甘えるし、頼っちゃうよ?」 「いつでもどうぞ」 リサ「ふふ、ありがと、じゃあもう少しこのままでもいい?」 「いいよ、寝るまでこうしててあげるから、ゆっくりおやすみ」 リサ「うん、おやすみ」 リサが寝るまで俺はリサを抱きしめ頭を撫でていた。 すぐに可愛らしい寝息をたてリサは眠りについた。 彼女は自分のことを犠牲にし、周りのことを考える優しい吸血鬼。 そんな彼女を俺は支えよう。 そう決心し、そっと言葉にした。 「ずっと側にいて支えるからな、リサ」 [newpage] 結局翌日の朝まで寝れなかったのは言うまでもなく、朝一番リサの怒られる俺でした。

次の

緋弾のアリア・AAのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

バンドリssオリ主

評価:A 原作:BanG Dream! 、やはり俺の青春ラブコメは間違っている ジャンル:クロスオーバー 主人公:比企谷八幡 投稿サイト:pixiv 天才と言われたほどの腕前 総武高校に通う比企谷八幡は、奇妙な女と出会った。 彼女は、やたらとハイテンションで周囲を巻き込むほどパワフルだ。 名前は、戸山香澄。 彼女の全力で取り組んでいる姿勢に衝撃を受けた八幡は、かつてのバンドメンバーとの面影をかさねつつ、しぶしぶと彼女に付き合うことになる。 しだいに集まるバンドメンバーに、総武高校の面々を思い出す八幡。 』二次小説作品です。 かつてバンドグループの一員だった比企谷八幡は、バンドを抜けました。 八幡は、刺激のない毎日を送っていたのです。 しかし、彼はガールズバンドに魅了し、バンドの音楽に憧れる少女に出会いました。 戸山香澄は、ランダムスターを抱え、その横で戸惑っている市ヶ谷有咲。 徐々にバンドを形成していく中で、彼女の台風のような周囲を巻き込むパワーは、八幡も翻弄します。 ただのクロスオーバーではなく、総武高校のメンバーがバンドをしていたりと、物語に深い役割を担っています。 八幡は、再びバンドに戻るのでしょうか? その他の物語は、から.

次の

俺ガイル×BanG Dream!

バンドリssオリ主

バンドリ好き必見! 現在Amazonプライムビデオでアニメ版「BanG Dream! 」を配信中! 今なら30日間の無料体験ができるようになっています。 シーズン1作品が見放題。 過去作品をもう一度振り返りたい人に打ってつけです。 アニメ版でしか観れない迫力もあります。 その他特典 ・ ・HD画質 ・100万曲以上の音楽も聴ける いつ終わるかわからないキャンペーン。 この機会に是非利用してみましょう。 バンドりおすすめss BanG Dream! こちらもおすすめです! バンドリとは一体何? 知っている人も知らない人も改めて見ていきましょう。 原作はブシロードが出しているポップな内容。 バンドリはガールズバンドパーティーってやつで、主にバンドからなるリズムとか、アドベンチャー色が強いものとなっています。 漫画もありますし、アニメ、小説もあります。 また人気なことにゲームアプリでも威を通して登場しています。 印象深いのが漫画とかアニメでしょうかね。 2015年くらいからどんどん知名度を上げていき今じゃマイナーなんて言われない超の付く人気。 バンドと言ったら似たような作品でけいおん!とかありましたよね。 バンドマンからすれば明るい話ですし、これから音楽の舞台で戦っていく人にとっても面白いものだと思います。 目的は「ライブ活動をする」ですからね。 ストーリーも考えられて作っていますね。 個々のキャラに個性を施したり、好きな趣味や食べ物とか感情移入させるためのテクニックというか、単純に入りやすいんですよね。 では次に二次小説を。 二次小説 恋したあの子は ~僕に、好きな人はできないと思っていたけど ある日…とある少女に恋をした… その、少女がカッコイイを求める少女でも僕は可愛いと思う オリ主もあり。 君と見た夕焼けとのクロスオーバー。 そして恋愛小説のような歯痒い恋愛さをモチーフにしていますね。 感動をおぼえるというより、ラブコメ系に近いと思います。 笑いもあるしで。 結婚までの道のりはどのタイミングなのか。 とあうかまだ先走りすぎですかね。 まだ話が短いってのと、話のボリュームを注いでいるところなだそう。 これから先の話に期待できる内容になっています。 夏に恋愛って暑さを吹き飛ばしてくれますね。 逆に捉えるなら熱くなりすぎちゃうって感じ。 ーWind- あの日の笑顔を、もう一度 ~白鷺千聖を目標に追いかけ、追いついた元子役の帰国子女・朝霧亮太。 彼が日本で見つけた面白いことは、『世界中を笑顔にする』という目標を掲げるバンドのマネジメントだった。 胸あつですねー。 スケールのデカさというか一人を相手にするのではなく世界です。 世界進出にどこまで貢献していくのかがこの小説の一番の見所なのかもしれません。 弦巻こころもこの機会に登場。 エクゼティブに、シンプルにこの物語が始まっていきます。 既にかなりの勢いで話がまとまっており、現在は8話もあります。 友情から愛情へと進化していくのか。 キャラクター同士の感情がどう動いていくのか見物ですね。 【彼女との1年】 ~美竹蘭は孤独だった。 幼馴染とは離れ離れになり、家柄ゆえに誰にも話をかけられず。 しかし、そんな蘭にも話し相手ができた。 中学生の青春。 部活とか日々の人間関係そのものを表していますね。 青春ラブコメに近いような潤いある物語。 クラスに必ず一人はいるであろう浮いている人とかその面影を表舞台にさらけ出すというか、最初は芯のない所からスタート。 その行く先を一人の少年が支えてくれたり共感してくれたりする。 君の名は!を思い出してしまいますね。 オリジナル展開。 デジモンストーリー ~BanG Dream~ ~青年は目が覚めたら、シャイングレイモンになっていた!? デジモンの姿と人間の姿を使い分け、 降り立った世界は、バンドリの世界 この世界に何が待ち受けているのか!? こちらはかなり異種というか特殊な部類だと思います。 デジモンのクロスオーバーなのでデジモンの中身、ハウツーを知っている人でないとストーリー構成が理解出来ないかもしれません。 シャイングレイモンの名称さえ知っていれば入りやすそう。 にしても初代デジモンから勢いを何処かで落としたはずですが、未だに歴史は語り継がれているようです。 アグモン、ガブモン世代の人にはうっはうはな、内容ですね。 ムーンライト辺りの世代もきっとわかるはず。 デジモンの小説ってなかなかないのよ。 【幼馴染アイドルに苦労をかけさせられています。 】 ~彼、井之上秋 いのうえ しゅう には、幼馴染が居る。 アイドルらしからぬ面白いバンドリ。 丸山彩がヒロインというが、普通にこの展開誰が予測できたのか。 ツンデレってよりもデレ要素が100パーセント。 ちょいと幼馴染みと親友になっちゃいました。 うはうはな気分でしかないような友好関係を築く物語。 日常のあるあるなので見ていて「ハッ」とすることはありませんが、余暇を楽しむのには丁度いいい。 バンドリからは話がずれています。 バンドリ!〜輝く星と白い球〜 ~4年前…1組のバンドが解散した… 小学生の男子ながら美声と卓越した技術で、プロをも魅了した、野球少年達のバンドは、それぞれの道を進む為に解散に踏み切った… バンドと野球が絡んでいるんですが、野球やっている人ってかなりハイスペな方多いよねって話。 元野球部でしたとか、経験がありますよって方におすすめかも。 いやどっち移ってもバンドリベースです。 友情を司る絆とかライブハウスでの活動シーン、バイトとか若い頃の思い出作りを基盤とした面白い作品。 BanG Dream! 交差する世界 ~東京のとある場所。 不動遊星はライディングデュエルの大会に向けて、Dホイールの整備を行っていた。 そんなある日、妹の友希那からバンドグループのメンバーのアンプを点検して欲しいと頼まれる。 ライディングデュエルとか懐かしい。 1990年代の子供は絶対知っているであろうあの遊戯王です。 海馬瀬戸とかモクバとかいましたよね。 そして孔雀枚とかダイナソー竜崎もいましたね。 今は環境が変わってデッキのレパートリーが増えています。 とまあ過去の遊戯シリーズはおいといて、バンドラと遊技がコラボと決してあり得ないので面白そう。 原作とはかなり変化あって崩壊しています。 Roseliaのメンツで構成されています。 今井リサとか登場。 クロスではないので、バンドラのサイドストーリーな感じでハマるかも。 僕の彼女達は可愛い ~ 皆さん、ハーレムって存在すると思いますか? 僕は存在すると思います。 何故なら、僕が実現しているのだから。 おっとり系ハーレム。 うる星やつらとかハーレムアニメでしたが、これはまた別格。 月の少年とRoselia ~いつの日か幻の歌姫と呼ばれた人物がいました。 ところが…… シナリオ構成が神ってる。 鋭いところを突いているというか、思惑だらけのような、 ラブライブとのクロス。 近いうちにデレステとか出てもおかしくなさそうですね。 Amazonプライムビデオでアニメ版バンドリが観れる! アニメ版のBanG Dream! がAmazonプライムビデオにて観れるようになっています。 通常月額400円で見放題ですが、今なら30日間の無料体験ができるようになっています。 無料期間中の解約でもお金はいっさい発生しません。 ・4Kの高画質 一部動画 ・6000本の動画数 ・お家でも外でも楽しめる。 まだ使っていない方はこの機会に是非活用していきましょう。

次の