キヤノン 小杉 事業 所。 キヤノンメディカルシステムズ,8月20日より事務所移転および連絡先変更

新型コロナ:キヤノン、本社などの部分休業を31日まで延長 :日本経済新聞

キヤノン 小杉 事業 所

【Reporte:たちばな】 武蔵小杉駅東口駅前広場から新設された 「キヤノン玉川事業所」直行バスと、同事業所がある高津区下野毛周辺をご紹介するエントリの後編です。 では直行バスに乗って玉川事業所にやってまいりましたので、 後編では下野毛周辺を巡ってみたいと思います。 ここは 中原区宮内とともに工場が多く、その顔触れは小規模な町工場から大企業までたいへんバラエティに富んでいます。 町工場と住宅が混在した、準工業地域です。 準工業地域とは都市計画法に定められた用途地域のひとつで、騒音などの大きな環境悪化のおそれのない工場の立地が認められています。 「当該地域は準工業地域として発展して来た地域です。 周辺には多数の工場が密集しています。 そのため騒音・振動・塵埃・異臭等の発生することもあります。 『この住宅』に入居される皆様には地域での共存共栄を考慮され、各事業所へのご理解をお願いします。 」 下野毛地区は、 もともと工場が集中して立地していたものが、近年宅地化も進んできました。 工場が撤退して跡地がマンションになっていく流れは、武蔵小杉駅周辺にも類似した部分がありますね。 ただ下野毛地区にはまだまだ工場が密集しており、 「もとからあった工場」と、「新しく入ってきた居住者」との摩擦がないとは言えないのかもしれません。 そんなことをうかがわせる、お断り書きでした。 これはISO国際標準に準拠したもので、「正しい色が再現できる」ことを認証しています。 印刷で色の仕上がりがばらつくことは良くありますから、絵を描く方には有難いことと思います。 ここは富士通のスポーツチームの練習場で、 川崎フロンターレのやアメリカンフットボールの「富士通フロンティアーズ」が地域への普及活動としてスクールも運営しています。 同事業所では、 事前申し込みによる工場見学も受け付けています。 人を集めるのがハードルですが、なかなか楽しそうです。 ここでは工場見学の一般受付はしていませんが、砂糖のクラフト袋などの製造が行われています。 ここは 川崎市の家電リサイクル指定引取場所にもなっています。 川崎市内では、高津区下野毛の同センター1か所のみが指定されています。 で「ヒルバレーポップコーン」の出店を「場所不明」でお伝えしたのですが、 進出した「川崎オフィス」では商品の販売は行われませんでした。 これはおわびのうえ訂正させていただきます。 下野毛では、このほかにもまだまだ多数の町工場などが存在します。 これらを川崎市では 「川崎ものづくりブランド」として位置づけ、PR活動を行ってきているところです。 思わず二度見してしまいましたが、 住所はもちろん「高津区下野毛」です。 新丸子寄りや武蔵中原寄り、元住吉寄りで「武蔵小杉」が名称に入るマンションは多いですが、 「高津区で武蔵小杉」は、初めて見ました。 これは 「北限の武蔵小杉」…かもしれません。 キヤノン玉川事業所行の直行バスに乗って周辺を少し歩いただけでも、下野毛ではいろいろなものが見つかりました。 直行バスで行くと帰りのバスが夕方までありませんので、平日がお休みの朝に 「武蔵小杉に帰りながらウォーキング」を楽しんでみるのも運動になってよいかも?しれません。 これは 多摩川が「暴れ川」としてたびたび氾濫して流れを変えた名残りで、「丸子」「等々力」などのように両岸に同じ地名が残っているものですね。 このあたりにも、ひとつの地域の歴史を感じます。 また、で一度お伝えした通り、 中原区宮内の下野毛寄りから世田谷区玉堤にかけて、多摩川を渡る「等々力大橋(仮称)」が新たに建設される計画があります。 「等々力大橋」は現在府中街道・西下橋の交差点まで完成している4車線道路「宮内新横浜線」を延伸し、目黒通りまで接続させるものとなります。 人や物の流れも、また大きく変わってくるのではないでしょうか。 はつしも: 武蔵小杉ライフ運営委員会代表。 ウェブ構築・渉外・企画を担当し、ブログでは再開発や街ネタ記事を担当。 つごもり: 育児関係やスイーツ・パン・レストランなどグルメ関係の記事を担当。 かれじし: 特別ライター。 はつしも、つごもりとは違った切り口で街の話題をご紹介します。 たちばな: 新メンバー。 他のメンバーが苦手とする分野や、グルメ系を担当します。 ただし、コメント内容に事実でないことを含むもの、荒らしと思われるものなど不適切と当サイトが判断するものは承認いたしませんので、あらかじめご了解ください。 コンテンツの一部及び全部の転載・複製・二次利用、著作権法上認められた範囲を超えた引用は著作権の侵害となりますので禁止といたします。 バーコード.

次の

新型コロナ:キヤノン、本社などの部分休業を31日まで延長 :日本経済新聞

キヤノン 小杉 事業 所

ガス橋からのぞむキヤノン本社• 本社・下丸子別館( 、)• 矢向事業所( 塚越)• 川崎事業所(神奈川県 川崎市幸区柳町)• 玉川事業所(神奈川県 川崎市)• 小杉事業所(神奈川県 川崎市)• 平塚事業所(神奈川県 )• 綾瀬事業所(神奈川県 )• 富士裾野リサーチパーク( )• 宇都宮事業所( )• 取手事業所( 白山)• 阿見事業所(茨城県 )• 茂原事業所( 早野)• 溝の口研修センター(神奈川県 川崎市高津区)• Canon Global Management Institute(CGMI)(東京都 中根)• 上里事業所( 児玉郡上里町)• 大分事業所(丹生)• 大分ものづくり人材育成センター(大分県 大分市 角子原) 過去• 新宿本社(東京都西新宿)• 目黒事業所(東京都目黒区中根)• 新川崎事業所(神奈川県川崎市幸区鹿島田)• 中央研究所(神奈川県森の里)• エコロジー研究所(相楽郡木津町) 主な連結子会社 ただし、株式会社に代表されるキヤノン株式会社の孫会社も含む。 製造会社 ・日本• (磁気・事務機コンポーネント、ドキュメントスキャナー、ハンディターミナル)• (マイクロモーター、トナーカートリッジ、光半導体センサー)• キヤノン化成株式会社(トナーカートリッジ、トナーカートリッジ用高分子精密機能部品、光学素子用塗料・接着剤)• (デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、EFレンズほか)• (事務機、事務機周辺機器、インクジェットプリントシステム、光学機器、業務用プリンターなど)• (コンタクトイメージセンサー、プリント配線板、インクジェットカートリッジ、医療機器)• 長浜キヤノン株式会社(レーザープリンター、トナーカートリッジ、a-Siドラム)• (光学結晶(カメラ用・天体用)、蒸着材料)• (複写機・プリンターの化成品)• 上野キヤノンマテリアル株式会社(複写機・プリンターの化成品)• 福島キヤノン株式会社 (業務用フォトプリンター、プリントヘッド、インクタンク、キヤノン製品のソフト評価)• キヤノンセミコンダクターエクィップメント株式会社 (半導体製造装置関連製品、生産装置の設計・製造)• キヤノンエコロジーインダストリー株式会社 (事務機・消耗品などキヤノン製品のリユース・リサイクル)• キヤノンモールド株式会社(精密プラスチック金型の設計・製作)• キヤノントッキ株式会社(有機ELディスプレイ・薄型太陽電池製造装置、真空関連装置)• (デジタルカメラ、ネットワークカメラ)• キヤノンアネルバ株式会社(半導体製造装置、電子部品製造装置、真空機器など)• (先端分野の自動化・省力化装置、半導体製造装置)• 日田キヤノンマテリアル株式会社(トナーカートリッジ用高分子精密機能部品)• キヤノンウィンド株式会社(デジタルカメラ用の部品など)• トップ事務機株式会社(事務機などキヤノン製品のリユース・リサイクル)• 宮崎キヤノン株式会社(デジタルカメラ、実装部品)• (医療機器) ・米州• Canon Virginia, Inc. (トナーカートリッジ、複写機トナー、OEM製品、金型)• Canon Environmental Technologies, Inc. (トナーカートリッジのリサイクル)• (デジタルカメラ)• (屋外・移動広告・店舗装飾などのプロ用大判サインとディスプレイ・プリンターの開発・生産) ・欧州• Canon Giessen GmbH(複写機の再生、カメラの修理、グループ販売会社へのサービス・サポート)• Canon Bretagne S. (複写機・プリンターの化成品、トナーカートリッジのリサイクル、アフターサービスなど)• (業務用大判プリンター・オフィス向け中高速プリンター・デジタルプロダクションプリンティングシステム・ソフトウエア・消耗品などの研究開発・生産・販売およびビジネスサービス)• KG(業務用高速連帳プリンター・ソフトウエア・消耗品などの研究開発・生産・販売) ・アジア• キヤノン大連事務機有限公司(トナーカートリッジ、レーザープリンター、トナーカートリッジのリサイクル)• キヤノン珠海有限公司(デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、コンタクトイメージセンサー、レンズ)• キヤノン(中山)事務機有限公司(レーザープリンター、レーザー複合機)• キヤノン(蘇州)有限公司(カラー複合機、モノクロ複合機)• キヤノンマシナリー(大連)有限公司(自動化・省力化装置の設計・生産、部品加工)• キヤノンファインテックニスカ(深圳)有限公司(事務機、事務機周辺機器、産業用プリンター、光学機器)• 台湾キヤノン股份有限公司(デジタルカメラ、ネットワークカメラ、EFレンズ、カメラ用アクセサリー、精密金型など)• キヤノン電産香港有限公司(パーソナル情報機器など)• Canon Opto Malaysia Sdn. Bhd. (EFレンズ、光学用レンズ )• Canon Electronics Malaysia Sdn. Bhd. (磁気コンポーネント)• Canon Machinery Malaysia Sdn. Bhd. (ダイボンダー)• Canon Hi-Tech Thailand Ltd. (インクジェットプリンター)• Canon Prachinburi Thailand Ltd. (デジタル複合機、サービスパーツ)• Canon Business Machines Philippines , Inc. (レーザープリンター)• Canon Vietnam Co. , Ltd. (インクジェットプリンター、レーザープリンター、スキャナー)• Canon Electronics Vietnam Co. , Ltd. (電子機器など) 販売会社 ・日本• (キヤノン製品・関連ソリューションの国内マーケティング)• (キヤノン製品・関連ソリューションのコンサルティング・販売・サポート・保守)• キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社(プロダクション印刷機器・消耗品の販売、保守サービスなど)• (医療用機器・健康機器・医療関連消耗品・医療画像システムの販売)• 株式会社AZE(3D医療画像解析システムなどの開発・製造・販売)• キヤノン電子ビジネスシステムズ株式会社(事務機の販売・保険代理業) ・米州• Canon U. , Inc. (全事業製品)• Canon Solutions America, Inc. (キヤノン製品および関係ソリューション)• Canon BioMedical, Inc. (ライフサイエンスと遺伝子検査装置事業)• Canon Financial Services, Inc. (全事業製品のファイナンスリース)• Virtual Imaging Inc. (デジタルイメージングソリューション、医療用システムインテグレーター)• Canon Information and Imaging Solutions, Inc. (業務プロセスの最適化、映像・記録管理、セキュリティーサービス)• Canon Business Process Services, Inc. (デジタルドキュメントマネジメントおよびコンサルタントサービス)• Canon Canada Inc. (全事業製品)• Canon Panama, S. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Chile, S. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Mexicana, S. de R. de C. (全事業製品(一部製品を除く)) ・欧州• Canon Europe Ltd. (全事業製品)• Canon Europa N. (全事業製品)• Canon UK Ltd. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Ireland Business Equipment Ltd. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon France S. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Deutschland GmbH(全事業製品(一部製品を除く))• Canon Italia S. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Nederland N. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Belgium N. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Luxembourg S. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Austria GmbH(全事業製品(一部製品を除く))• Canon CEE GmbH(全事業製品(一部製品を除く))• Canon Schweiz A. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Hungaria Kereskedelmi Kft. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Polska Sp. z o. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon CZ spol s. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Slovakia s. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Norge AS(全事業製品(一部製品を除く))• Canon Svenska AB(全事業製品(一部製品を除く))• Canon Oy(全事業製品(一部製品を除く))• Canon ADRIA d. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Bulgaria EOOD(全事業製品(一部製品を除く))• Canon Croatia d. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Ukraine LLC(全事業製品(一部製品を除く))• Canon Ru LLC(全事業製品(一部製品を除く))• (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Portugal S. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Eurasia A. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Middle East FZ-LLC(全事業製品(一部製品を除く))• Canon Emirates LLC(事務機、ソリューション)• Canon Office Imaging Solutions Doha LLC(事務機、ソリューション)• Canon South Africa Pty Ltd. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Kenya Limited(全事業製品(一部製品を除く)) ・アジア• キヤノン(中国)有限公司(全事業製品)• キヤノン香港有限公司(全事業製品)• キヤノンマーケティング(台湾)股份有限公司(全事業製品)• Canon Singapore Pte. Ltd. (全事業製品)• Canon Marketing Malaysia Sdn. Bhd. (全事業製品)• Canon Marketing Thailand Co. , Ltd. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Marketing Philippines , Inc. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon India Pvt. Ltd. (全事業製品)• Canon Marketing Vietnam Co. , Ltd. (全事業製品(一部製品を除く))• Canon Korea Consumer Imaging Inc. (デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、EFレンズなど)• Canon Semiconductor Engineering Korea Inc. (半導体機器、FPD機器、ダイボンダー、コンポーネント)• キヤノン光学設備(上海)有限公司(半導体機器、FPD機器、コンポーネント)• キヤノン半導体設備股份有限公司(半導体機器、FPD機器、真空装置、コンポーネント)• 台湾キヤノン先進科技股份有限公司(半導体製造関連機器などの販売・サービス)• Canon Korea Business Solutions Inc. (事務機、電子機器、ソリューション、産業・医療機器、ネットワークカメラ) ・オセアニア• Canon Australia Pty. Ltd. (全事業製品)• Canon New Zealand Ltd. (全事業製品) 研究開発・ソフトウエア会社 ・日本• キヤノンアイテック株式会社(キヤノン製品の開発支援(集積回路、複合機、画像、通信))• (SIおよびコンサルティング、ITサービス、各種ソフトウエアの開発・販売)• (SI事業、パッケージソフトの販売)• (コンピューターソフトウエア・システムの設計・開発・運用・保守・販売) ・米州• Canon U. Life Sciences, Inc. (遺伝子検査機器・試薬カートリッジの研究開発)• Canon Nanotechnologies, Inc. (ナノインプリント装置の研究開発) ・欧州• Canon Research Centre France S. (AVネットワーク、映像コネクティビティ、音響・ウェブ関連技術)• Canon Ophthalmic Technologies Sp. z o. (眼科機器のソフトウエアおよび基礎技術の研究開発) ・アジア• キヤノンインフォメーションテクノロジー(北京)有限公司(言語、文書、画像処理技術、ソフトウエア・マニュアルのアジア言語化、ソフトウエア開発)• キヤノン(蘇州)システムソフトウェア有限公司(映像事務機関連ソフトウエア)• Canon Information Technologies Philippines, Inc. (組込み・アプリケーションソフトウエアの開発・評価、ハードウエアの設計・検証) ・オセアニア• Canon Information Systems Research Australia Pty. Ltd. (デジタルイメージング技術、関連アプリケーション、ソリューション) その他関係会社等 ・日本• キヤノン技術情報サービス株式会社(特許調査、技術情報分析、特許および一般文書翻訳)• (企業向けIT研修・マネジメント研修事業)• (コンタクトセンター、コンシューマ製品サービス業務、フォトビジネス支援)• (キヤノンMJグループのファシリティーマネジメント、不動産サービス、オフィスサービス)• 、も同様の理由。 個人向けの複写機については、印刷方式は異なるが現在はPIXUSのオールインワンモデルに複写機能が備わっており、事実上これらが後継モデルとなっている。 このときの田中宏、丸島儀一を中心とした攻防が「」()、「キヤノン特許部隊」(・丸島儀一(著))で紹介された。 なお、2014年11月は番組編成の都合上テレビ朝日系の場合「世界の街道を行く」以外の2番組のレギュラー提供を見合わせその代わりに「」(2014年11月2日放送)と「フィギュアスケートグランプリシリーズ2014第3戦中国大会・女子ショート・男子ショート」(2014年11月7日放送)に振り替える他BS朝日で編成する特番などに振替。 キヤノン株式会社 2016年3月30日. 2016年5月22日閲覧。 キヤノン公式ページ 09-10-17閲覧• キヤノン公式ページ 09-10-17閲覧• キヤノン公式ページ 09-10-17閲覧• 日本取引所グループ. 2015年4月20日閲覧。 キヤノン公式ページ 09-10-17閲覧• キヤノン株式会社、2014年8月19日• キヤノン株式会社• 、提供英和辞典• 高橋書店編集部『思わず話したくなる ロゴの秘密』• 2014年10月1日閲覧。 キヤノン株式会社• キヤノン公式ページ 09-10-17閲覧• キヤノン公式ページ 09-10-17閲覧• 日本経済新聞、2016年1月27日• 朝日新聞、2006年7月31日• 朝日新聞、2006年10月18日• 「『抜け殻』正社員:派遣・請負依存経営のツケ」日経ビジネス2007年4月2日号• 「「偽装請負」労働が製造業で横行」朝日新聞、2006年7月31日• 「偽装請負への思い、国会で訴えへ キヤノン工場の男性」朝日新聞、2007年2月21日• 「キヤノン請負労働者「生身の人間。 正社員と同じ賃金を」朝日新聞、2007年2月22日• デジカメwatch. 2019年10月15日閲覧。 デジカメwatch. 2019年10月15日閲覧。 2019年10月15日閲覧。 2016年3月17日• 2005年3月7日時点のよりアーカイブ。 2013年5月30日閲覧。 2005年3月6日時点のよりアーカイブ。 2013年5月30日閲覧。 『国産カメラ開発物語』p. 株式の投資判断とされるR&D比率とは、売上高のR&Dの割合をパーセンテージで表したものです。 R&D比率は、売上高研究開発費比率ともいいます。 R&D比率のR&Dとは研究開発費のことです。 一般的にR&D比... 株式の投資基準とされるROAとは、総資本の経常利益の割合をパーセンテージで表したものです。 ROAは、Return on Assetの略で、総資本経常利益率といいます。 ROAは次の計算式で求めることがで... 株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。 自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。 自己資本比率は、次の計算式で求めることができます... 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。 有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換... 東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。 その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。 大型株... 株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。 株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

次の

お知らせ 2020年5月1日|キヤノン電子管デバイス株式会社

キヤノン 小杉 事業 所

【Reporte:たちばな】 武蔵小杉駅東口駅前広場から新設された 「キヤノン玉川事業所」直行バスと、同事業所がある高津区下野毛周辺をご紹介するエントリの後編です。 では直行バスに乗って玉川事業所にやってまいりましたので、 後編では下野毛周辺を巡ってみたいと思います。 ここは 中原区宮内とともに工場が多く、その顔触れは小規模な町工場から大企業までたいへんバラエティに富んでいます。 町工場と住宅が混在した、準工業地域です。 準工業地域とは都市計画法に定められた用途地域のひとつで、騒音などの大きな環境悪化のおそれのない工場の立地が認められています。 「当該地域は準工業地域として発展して来た地域です。 周辺には多数の工場が密集しています。 そのため騒音・振動・塵埃・異臭等の発生することもあります。 『この住宅』に入居される皆様には地域での共存共栄を考慮され、各事業所へのご理解をお願いします。 」 下野毛地区は、 もともと工場が集中して立地していたものが、近年宅地化も進んできました。 工場が撤退して跡地がマンションになっていく流れは、武蔵小杉駅周辺にも類似した部分がありますね。 ただ下野毛地区にはまだまだ工場が密集しており、 「もとからあった工場」と、「新しく入ってきた居住者」との摩擦がないとは言えないのかもしれません。 そんなことをうかがわせる、お断り書きでした。 これはISO国際標準に準拠したもので、「正しい色が再現できる」ことを認証しています。 印刷で色の仕上がりがばらつくことは良くありますから、絵を描く方には有難いことと思います。 ここは富士通のスポーツチームの練習場で、 川崎フロンターレのやアメリカンフットボールの「富士通フロンティアーズ」が地域への普及活動としてスクールも運営しています。 同事業所では、 事前申し込みによる工場見学も受け付けています。 人を集めるのがハードルですが、なかなか楽しそうです。 ここでは工場見学の一般受付はしていませんが、砂糖のクラフト袋などの製造が行われています。 ここは 川崎市の家電リサイクル指定引取場所にもなっています。 川崎市内では、高津区下野毛の同センター1か所のみが指定されています。 で「ヒルバレーポップコーン」の出店を「場所不明」でお伝えしたのですが、 進出した「川崎オフィス」では商品の販売は行われませんでした。 これはおわびのうえ訂正させていただきます。 下野毛では、このほかにもまだまだ多数の町工場などが存在します。 これらを川崎市では 「川崎ものづくりブランド」として位置づけ、PR活動を行ってきているところです。 思わず二度見してしまいましたが、 住所はもちろん「高津区下野毛」です。 新丸子寄りや武蔵中原寄り、元住吉寄りで「武蔵小杉」が名称に入るマンションは多いですが、 「高津区で武蔵小杉」は、初めて見ました。 これは 「北限の武蔵小杉」…かもしれません。 キヤノン玉川事業所行の直行バスに乗って周辺を少し歩いただけでも、下野毛ではいろいろなものが見つかりました。 直行バスで行くと帰りのバスが夕方までありませんので、平日がお休みの朝に 「武蔵小杉に帰りながらウォーキング」を楽しんでみるのも運動になってよいかも?しれません。 これは 多摩川が「暴れ川」としてたびたび氾濫して流れを変えた名残りで、「丸子」「等々力」などのように両岸に同じ地名が残っているものですね。 このあたりにも、ひとつの地域の歴史を感じます。 また、で一度お伝えした通り、 中原区宮内の下野毛寄りから世田谷区玉堤にかけて、多摩川を渡る「等々力大橋(仮称)」が新たに建設される計画があります。 「等々力大橋」は現在府中街道・西下橋の交差点まで完成している4車線道路「宮内新横浜線」を延伸し、目黒通りまで接続させるものとなります。 人や物の流れも、また大きく変わってくるのではないでしょうか。 はつしも: 武蔵小杉ライフ運営委員会代表。 ウェブ構築・渉外・企画を担当し、ブログでは再開発や街ネタ記事を担当。 つごもり: 育児関係やスイーツ・パン・レストランなどグルメ関係の記事を担当。 かれじし: 特別ライター。 はつしも、つごもりとは違った切り口で街の話題をご紹介します。 たちばな: 新メンバー。 他のメンバーが苦手とする分野や、グルメ系を担当します。 ただし、コメント内容に事実でないことを含むもの、荒らしと思われるものなど不適切と当サイトが判断するものは承認いたしませんので、あらかじめご了解ください。 コンテンツの一部及び全部の転載・複製・二次利用、著作権法上認められた範囲を超えた引用は著作権の侵害となりますので禁止といたします。 バーコード.

次の