ご尽力いただき。 「ご尽力いただき」の意味/類語・ビジネスメールの例文

尽力いたしますの意味や類語は?使い方や例文と一緒に使える文言も

ご尽力いただき

「ご尽力」は、「ご尽力」「尽力」と使い方が2とおりありますが、意味はどちらも同じ。 相手に対しては「ご尽力」。 自分に対しては「尽力」を使います。 そして具体的な使い方の例文は以下のとおりです。 ・ご尽力を賜り、感謝申し上げます。 ・ご尽力ご尽力の賜物と、深く感謝いたします。 ・尽力いたします。 ・誠心誠意、尽力させていただきます。 「ご尽力」と「尽力」、シーンによって使い方は異なりますが、便利で使いやすい敬語です。 「お力添え」の意味とは? 「お力添え」とは、目上の人に対して使用できる敬語であるとわかりました。 「お力添え」は、「尽力」よりも、より「助ける」という言葉に近いです。 目上の人に何かをお願いするときや、その後のお礼を伝えるときの敬語表現として使用してみましょう。 ・皆様のお力添えがなければ、ここまで前進することは不可能だったはずです。 ・これもひとえに、皆様のお力添えのおかげです。 ・何卒お力添えいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。 「お力添え」も一度覚えてしまえば使い方はむずかしい敬語ではありません。 ぜひビジネスの場で活用しましょう。 ご尽力・お力添え以外の「助ける」の敬語表現 目上の人に助けてもらった際にお礼を述べるなら、「ご支援いただき」「ご協力いただき」などの表現も使用できます。 必ず、「ご」を付けて話すようにしましょう。 「支援いただき」「協力いただき」という言い方を目上の人にすると、失礼にあたります。 具体例は以下のとおりです。 助けてもらったときの敬語表現の例 【助けてもらったときの敬語表現】 「温かいご支援をいただきまして、誠にありがとうございました。 」 「この度は、ご協力いただきありがとうございます」 助ける側の立場のときの敬語表現の例 【助ける側の立場のときの敬語表現】 ・なにか、私にご協力できることがございましたら、なんなりとお申し付けください。 ・ぜひ、お手伝いさせていただきたく存じます。 「ご尽力」「お力添え」よりは、フランクな表現になりますね。 就活のマナーを身につけておこう 就活では、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。 言葉遣いの他にも、身だしなみやメール・電話のマナーなど細かいところでも求められます。 他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。 そこでおすすめなのが「」です。 こちらでは、 就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。 無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。 慇懃無礼という言葉はご存知でしょうか。 慇懃無礼とは言葉や態度が丁寧すぎて、かえって相手が嫌味に感じて、誠意を感じられなくなるさまをさします。 つまり、「ご尽力を賜り、感謝申し上げます。 」や「これもひとえにみなさまのお力添えのお蔭でございます。 」と丁寧に書いたつもりが、相手からすると「それってただの嫌味にしか聞こえない」と思われてしまうかもしれません。 「ご尽力・お力添え」の敬語の意味を覚え場面によって使い分けよう 「ご尽力」「お力添え」の意味は、どちらも「助ける」です。 しかし、双方を比べると微妙に使う場面が異なります。 「ご尽力」は、力を尽くしてもらったり、努力した時に使用する敬語で、「お力添え」は、支援をもらったりお願いする時使用する敬語です。 受け身で使用する場合は「ご」や「お」をなくして話しましょう。

次の

尽力いたしますの意味や類語は?使い方や例文と一緒に使える文言も

ご尽力いただき

「尽力」とは? ビジネスシーンでよく目にする「尽力」というワード。 まずはその読みと意味から紹介します。 読み方は「じんりょく」 「尽力」は「じんりょく」と読みます。 「尽」「力」ともに音読みで、「尽」は訓読みにすると「つ(くす)」となります。 「力」には同じ音読みで「りき」もありますが、「尽力」は「じんりき」ではなく「じんりょく」となるのがポイントです。 最大限努力すること・精一杯対応すること 「尽力」は「力を尽くす」と書き、「何かのために最大限努力すること」「精一杯対応すること」といった意味になります。 そもそも、「尽くす」には、全部費やす・すべて出すといった意味があり、「尽力」は力をすべて費やす、というニュアンスを持ちます。 「尽力」は他人に対する努力・対応に使う 「尽力」は何かのために最大限努力するという意味ですが、自分の事には使わないのがポイントです。 たとえば、自己啓発のために勉強するのは「尽力」とは言いません。 自分のために勉強する場合には「努力」を使います。 「尽力」は誰かのために行動する際に使う言葉です。 「尽力」の使い方と例文 力を出し切る、という意味の「尽力」は、実際にはどのような表現で使われているのでしょう。 例文を紹介します。 「尽力いたします」が一般的 「尽力」は決意表明などで、「尽力いたします」という表現で使われるのが一般的です。 ビジネスの改まった場で「頑張ります」と言ってしまうと、幼稚で頼りない印象を与えてしまうことがあります。 そのような場合に「尽力いたします」とするとスマートな印象になるのでおすすめの表現です。 「尽力いたします」とすることで、誰かのために力を尽くす・継続して努力するといったニュアンスも加わり、好印象につながります。 「尽力して参ります」という表現も 「尽力いたします」以外にも、「尽力して参ります(まいります)」という表現も使われています。 「まいります」とは、行く・来るの謙譲語で、相手に対してへりくだった(自分を低く見た)表現です。 意味は同じでも、「尽力してまいります」のほうが相手への尊敬の念を込めた表現になります。 「尽力させていただきます」も丁寧 同じく丁寧な表現では、「尽力させていただきます」という表現もあります。 「させていただきます」は「させてもらう」の謙譲表現のひとつで、「微力ながら尽力させていただきます」とすると、より謙虚な姿勢が伝わります。 ほかにも、「尽力させていただく所存です」とすることもあります。 既に行ったことに対し「尽力した」とはしない 「尽力」はこれから起こることに対して使う表現で、すでに努力したことに関して「尽力した」という言い方はしません。 誰かのために努力する、という意味を持つので、過去形で「あなたのために頑張った!」としてしまうと、押しつけがましい印象を与えてしまう懸念もあります。 済んだことに対しては、「ご協力いたしました」や「お手伝いさせていただきました」といった謙虚な表現がベターです。 「尽力を尽くす」「尽力を注ぐ」は誤用 「尽力」は、「尽力する」という言い方が適切です。 「尽力を尽くす」は、漢字からも分かるように「尽くす」という意味が重複しています。 「尽力」という単語には「尽くす」という意味が含まれていますので、誤用表現になるのです。 また、「力を注ぐ」という意味で「尽力を注ぐ」とされることもありますが、こちらも誤用です。 「尽くす」と「注ぐ」は似た意味の言葉なので意味が重複してしまいます。 「尽力」の敬語表現は? 「尽力」は、自分が努力する場合だけでなく、相手の行為に対しても使うことができます。 相手の行為に使う際の敬語表現について解説します。 相手に使う場合には「ご尽力」 相手の行動に使う場合には、尊敬の「ご」をつけて、「ご尽力」とします。 たとえば、「ご尽力されている環境活動について伺う」という風に使うことができます。 主に感謝を伝える際に使う 「ご尽力」は何かをしてもらったという感謝の気持ちを伝える際によく使う表現です。 たとえば、「ご尽力いただきありがとうございました」や「ご尽力、感謝申し上げます」などという使い方をします。 成果を伴う場合には「ご尽力の賜物」 同じく、感謝を伝える言葉としては、「山田様のご尽力の賜物です」という言い方もあります。 「ご尽力の賜物」とすることで、相手が力を尽くしてくれたおかげで、何らかの成果が得られたという意味になります。 「ご尽力の賜物と深く感謝申し上げます」とすると一層丁寧です。 また、「ご尽力のおかげ」という表現も便利で、「部長のご尽力のおかげで、無事に契約の運びとなりました。 ありがとうございます。 」などとすることもできます。 「尽力」は謝罪で使うこともある 感謝だけでなく、謝罪シーンでも「ご尽力」は使うことができます。 たとえば、「ご尽力いただいたにもかかわらず、残念な結果となり申し訳ございません」という風に、相手に助けてもらったのに期待された成果が得られなかった場合などに使用します。 「尽力」は何かをお願いする際には使えない 相手に助けてもらった際に使える「ご尽力」ですが、こちらからお願いする場合には使用できません。 そのため、「ご尽力いただけませんか」という表現は不適切です。 「尽力」には全力で対応する、という意味がありますので、相手に「ご尽力」してくれるようにお願いするのは厚かましいのです。 手伝ってほしい、対応してほしいという場合には、「お力をお貸しいただけませんか?」というような表現がベターです。 「尽力」の類語とその違い 「尽力」の類語として、「努力」や「注力」という言葉があり、相手の行動・対応に対して使う類語としては、ご協力・ご支援・お力添えなどがあります。 中でも使い方に気をつけたい「お力添え」との違いについて解説します。 「尽力」と「注力」の使い方の違い 「尽力」と似た言葉には「注力」もあります。 「注力」は読んで字のごとく、力を注ぐことを言います。 「尽力」と同様に、何かに対して努力したり、対応したりする際に使える表現ですが、「尽力」と「注力」では力の度合いが異なります。 「尽力」は、力を出し尽くすというニュアンスがあり、100%全力のパワーで対応します。 一方、「注力」は力を集中させるような意味はあるものの、必ずしも全力とは限りません。 そのため、「全力で頑張ります!」というような場合には「尽力」が適切です。 些細なことの場合には「お力添え」に言い換える 「お力添え」は力を添えるという字のごとく、手を貸してもらう・援助してもらう場合に使う言葉です。 「お力添えいただきありがとうございました」と感謝を示す際などに使います。 この「お力添え」は、どんなに些細なことであっても援助や手助けを受けた場合に使えるのがポイントです。 一方「尽力」には「全力」とうニュアンスがあり、相手が自分のために使う力の度合いが異なります。 「お力添え」は他人からの援助 「お力添え」は、尊敬の「お」を除いても、自分の行為に使う言葉ではありません。 ほかの人からの援助・手助けのみに使用する言葉です。 一方で、誰かに援助をお願いする場合には「お力添えいただけますでしょうか」「お力添えの程、よろしくお願いいたします」という言い方ができる点が「尽力」とは異なります。 まとめ 「尽力」は、自分が力を尽くして対応するという意味で使用できる言葉で、ビジネスでは「頑張ります!」ではなく「尽力いたします」というのが通例です。 また、してもらったことに対して感謝を示す際にも使うことができ、その場合は精一杯やっていただいたというニュアンスになります。 ビジネスシーンでのコミュニケーションに欠かせない言葉ですので、ぜひ覚えておきましょう。

次の

「ご尽力いただき」の意味と使い方・例文・類語|相手別/メール

ご尽力いただき

「尽力」の読み方・意味・語源 「尽力」は「じんりょく」と読む 「尽力」は <じんりょく>と読みます。 「盡力」と書くこともできますが、一般的に「尽力」を使うことが多いです。 「尽力」の意味は「あることのために力を尽くすこと」 「尽力」は 「あることのために力を尽くすこと」「骨を折ること」を意味します。 「努力」と似ていますが、ニュアンスが異なります。 例えば、「成績を上げるために努力する」とは言いますが、「成績を上げるために尽力する」とは言いません。 「尽力」の漢字の語源 「尽」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「つくす」「つきる」と読みます。 「尽」は「全部出しつくす」「全て費やす」を意味します。 「力」は音読みだと「リョク」「リキ」、訓読みだと「ちから」と読みます。 「力」は「肉体的・精神的なちから」「つとめる」を意味します。 それらが組み合わさり「力を全て出して尽くすこと」といった意味になりました。 「尽力」の使い方と例文 「尽力」は自分自身が全力を尽くすときに使う 自分自身が力を尽くすことに対して 「尽力」と使います。 「目標達成のために尽力する」「問題解決のために尽力する」「町の復興のため尽力する」などと言います。 このように、相手に対して「頑張ります」「努めていきます」という意欲を伝える場合に「尽力」を使います。 「努力します」と言うこともできますが、 「尽力します」と言った方が、「ただの努力ではなく、全身全霊で頑張っていく」という強い気持ちを伝えられます。 「尽力」の主な言い回し 「尽力」を使う場合の主な言い回しは ・精一杯尽力いたします ・尽力してまいります ・誠心誠意尽力してまいりたいと存じます ・尽力させていただく所存です ・尽力を惜しまない などとなります。 また「尽力」を使うときは、 「微力ながら」「及ばずながら」とクッション言葉を前におくことで、謙虚な気持ちを表します。 「力不足ではありますが」「十分ではありませんが」という意味なので、自分の力を謙遜した表現できます。 クッション言葉がないと、やや謙虚さに欠けるように印象になってしまいます。 「尽力を尽くす」「尽力を注ぐ」は重語にあたり誤用 「尽力を尽くす」や「尽力を注ぐ」という使い方は誤用になります。 「尽力」という言葉自体が「力を尽くす」を意味しているので、「尽力を尽くす」では「力を尽くすことを尽くす」となってしまいます。 また「尽力を注ぐ」とすると「力を尽くすことを注ぐ」と意味が重複しますので、重語にあたります。 重語自体は一概に間違いであるとは言い切れませんが、少なくともビジネスメールなどでは推奨されません。 「尽くす」や「注ぐ」を用いる場合は「誠意を尽くす」「力を注ぐ」「全力を注ぐ」などです。 「ご尽力」にすると敬語表現 「ご尽力」は目上の人に対して感謝の気持ちを表すときに使う 「尽力」を目上の人に対して使うには、 「ご尽力」という形にします。 基本的に、「ご尽力」という言葉は、目上の人に感謝の気持ちを表すときに使います。 相手に、「(何かを成し遂げるために)かなりの労力をかけ、助けてくれてありがとうございます」と深く感謝を示したい場合は、「ご尽力」を使うのが良いでしょう。 主に、相手が自分を助けてくれた、協力してくれた際に用います。 感謝の言い回しとしては、 ・ご尽力のおかげ ・ご尽力の賜物 ・ご尽力されている ・発展に尽力する ・ご尽力いただきありがとうございます ・ご尽力いただき、心から感謝申し上げます ・ご尽力賜り、感謝申し上げます ・ご尽力の賜物と深く感謝いたします などとなります。 例えば、「ご尽力の賜物」は「相手が力を尽くしてくれたおかげで成果を得た」という意味です。 「ご尽力」はお詫びや謝罪をする時にも使う また、 「ご尽力」は感謝を述べるときだけでなく、お詫び・謝罪をするときにも使います。 相手が労力をかけて、助けてくれたにも関わらず、成果がや結果が出なかった時に用います。 この場合は、「ご尽力いただいたにも関わらず、申し訳ありません」などと謝ります。 「ご尽力」はお願いをするときには使わない 「ご尽力」は相手に何かをお願いするときは使いません。 「ご尽力いただけませんか」などと依頼すると、「(私のために)力を尽くして助けてくれませんか」というニュアンスで、非常に厚かましい印象となってしまいます。 注意しましょう。 「ご尽力」を用いた例文 ・これもひとえに、皆様のご尽力のおかげです。 誠に感謝申し上げます。 ・この度は、プロジェクト実施において、皆様より多大なるご尽力を賜りましたことに厚くお礼申し上げます。 ・貴社におかれましては、日頃より町の発展のためご尽力され、誠にありがとうございます。 ・イベントの開催に当たりまして、会場設備をはじめ多方面にわたりご尽力いただきまして、深く感謝いたします。 ・この度、御社の長年にわたるご尽力が実を結ばれましたことは、感激の至りでございます。 ・この度はご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。 「添」は「加える」「足す」という意味なので、「力添え」は助けるといったイメージになります。 「お力添え」の使い方としては、 ・お力添えいただく〜 ・お力添えのほど〜 ・お力添え賜る〜 などとなります。 感謝・お詫び・お願いをするときに使います。 「お力添え」はどんなに些細なことであっても、相手から援助や手助けを得た場合には使うことができます。 また、「ご尽力」はお願いする時に使いませんが、「お力添え」は「お力添えいただけますか」などと使えます。 「お力添え」と「ご尽力」の違いはどうなるのでしょうか? ・この度は、弊社にご尽力いただきありがとうございます。 ・この度は、弊社にお力添えいただきありがとうございます。 このように、比べてみてもそんなに違いはないように思いますが、ニュアンスが少し異なります。 また、「尽力」と違い、 「お力添え」は「他人からの援助」を意味しているので、自分の行いに対しては使用できません。 「力添えできずに申し訳ありません」「力添えさせていただきます」などは誤用です。 使い方を間違ってしまうと相手に誤解を招いてしまうこともあるので、違いについてしっかり理解しておきましょう。 ・どうかますますのご指導とお力添えを賜りますよう、お願いいたします。 ・お力添えを頂いたにも関わらずこのような結果となってしまい、誠に申し訳ありません。 「尽力」と「貢献」の違い 「尽力」・・・あることのために力を尽くすこと 「貢献」・・・会社やある物事のために力を尽くすこと、役に立ったり良い結果をもたらすこと 「尽力」も「貢献」も会社や物事に対して力を尽くすことを意味します。 ただ「貢献」は元々「貢ぎ物を奉ること」といった意味ですので、相手にものを捧げることを意味します。 そのため今でも「貢献」は会社や物事にとって良い結果や利益をもたらすなど、役に立った場合に使われることが多くなっています。 それに対して「尽力」は結果など関係なく、力を尽くすこと全般に使われています。 また、ビジネスシーンだけでなく日常会話でもよく使われていて、 「ご尽力」に比べて堅苦しさもなく気軽に使いやすい言葉です。 「ご尽力」はこれよりもより丁寧な言い方になるため、相手によってはかえって嫌味っぽいと思われてしまう場合があります。 立場や使う相手によってうまく使い分けられると良いでしょう。

次の