野ばら ウェルナー。 「野ばら/シューベルト」の歌詞対訳と解説【Heidenröslein/sam.leonardjoel.com.aurt】(ドイツ語/日本語)

野ばら(ウェルナー) : ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

野ばら ウェルナー

概要 [ ] からに逃れてきた一人の少年が、に所属するまでを描いた心温まる物語。 脚本は、本作が遺作となったがの協力のもとで書き下ろしたものである。 マックスは監督も兼任している。 物語の中心となっているは、本作のため作られた「陽の輝く日」「歌声ひびけば」の二曲や、数々の名曲を劇中で合唱している。 ストーリー [ ] ハンガリー動乱からオーストリアに逃げてきたひとりぼっちの少年トニーと愛犬フロッキ。 バスに乗り遅れて途方にくれているところを、元汽船の船長だという老人ブリュメルに出会い救われ、二人と一匹は、楽しい毎日を過ごし始める。 ある日、教会でウィーン少年合唱団の歌うミサを聞いたトニーは、その美しい歌声にたちまち魅せられ、合唱団へ入ることを夢見るようになった。 ブリュメルは、トニーに音楽の才能があることを知り、彼の幸せのためにも、トニーをウィーン少年合唱団に入れる決心をした。 合唱団を訪れたトニーは、親切な団長の計らいで合唱団に入ることができ、誰からも愛される団員の一人になった。 だがしかし、トニーはアメリカ演奏旅行の直前に、寮母マリアの部屋から千シル紙幣を盗んだのではないかと疑われる。 歌唱曲 [ ]• 陽の輝く日• 歌声ひびけば• 私の母さんはウィーン生まれ• (作曲:)• (作曲:)• きれいな兄ちゃん• (作曲:) 出典 [ ].

次の

野ばら(ウェルナー) : ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

野ばら ウェルナー

Schubert】(ドイツ語/日本語) みなさん、こんにちは!声楽家&ブロガーのとらよし()です。 今日はシューベルトが作曲した「野ばら」の歌詞対訳と解説をお送りします。 日本では中学校の教科書にも載っている曲なので、この曲をご存知の人はとても多いと思います。 フランツ・シューベルトはクラシック音楽界では「歌曲王」と呼ばれており、有名な歌曲を数多く作曲しました。 lief er schnell, es nah zu sehn,/彼がすぐに駆け寄り間近で見れば、 sah's mit vielen Freuden. /それは喜びに満ち溢れていた。 /野に咲く小さなバラ。 Knabe sprach: "Ich breche dich,/2. "/それに、私は苦しんだりはしません。 /野に咲く小さなバラ。 Und der wilde Knabe brach/3. /野バラはただ耐えるばかり。 /野に咲く小さなバラ。 「野ばら/シューベルト」の解説 この詩のもとになった 「野ばら」は、ドイツを代表する詩人ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe,1749-1832)の作品です。 彼が1771年にドイツのシュトラスブルク(フランスとの国境沿いにある街)に滞在していた頃作詩されたものと言われています。 この頃、ゲーテは農夫の娘であるフリードリケ・ブリオンという女性に恋をしており、詩はその女性に送られました。 となってくると、もちろんこの 「野ばら」はその女性を表現しており、 子どもはゲーテ自身を表現していると考えられるでしょう。 詩の出版は1799年です。 この詩には、他にもヴェルナーやベートーヴェン、シューマン、ブラームスといった有名なクラシック作曲家が作品を作っており、この詩に付けられたメロディーは150以上と言われています。 シューベルトの歌曲の原調はト長調で作曲されており、拍子は4分の2。 ピアノ伴奏は主和音を右手と左手とで交互に奏するだけの非常にシンプルな作りになっています。 シューベルの作曲した曲の中でも初期の傑作と言えるでしょう。 日本では以下の日本語訳もよくしられており、この日本語で歌われた歌唱も多く存在するようです。 近藤朔風(こんどうさくふう)による日本語歌唱の訳 1. 童(わらべ)はみたり 野なかの薔薇(ばら) 清らに咲ける その色愛(め)でつ 飽かずながむ 紅(くれない)におう 野なかの薔薇 2. 手折(たお)りて往(ゆ)かん 野なかの薔薇 手折らば手折れ 思出ぐさに 君を刺さん 紅におう 野なかの薔薇 3. 童は折りぬ 野なかの薔薇 折られてあわれ 清らの色香 いろか) 永久(とわ)にあせぬ 紅におう 野なかの薔薇 まとめ 日本では、西洋音楽が入って来た戦後の時代に外国の歌曲を日本語で歌う風習がありました。 しかしこれはなにも日本に限ったことではなく、例えばイタリアでドイツ語の歌がイタリア語で歌われたり、ドイツでイタリアオペラがドイツ語で歌われるということが頻繁にありました。 そのため、年輩の方であればこの詩は聴き馴染みがあるのではないかと思います。 シューベルトの歌曲は、シンプルな作りの中で転調をしていくことで少年とバラの心情をよく表現していることで有名です。 是非、楽しみながらこの曲を聴いてみてください!それではまた!.

次の

久方東雲「ゲーテ、シューベルトと野ばら」

野ばら ウェルナー

ご覧いただき、ありがとうございます。 ゲーテの詩、『野ばら』には多くの作曲家(150人以上?)が曲をつけたようですが、 その作曲家を知りたく思い、色んな方法で探してみましたが、数名しか判明せず、 当方に少々必要があり、もっと多くの作曲者を知りたく思っています。 wiki()では、 「この詩にはシューベルトの他、ハインリヒ・ウェルナー、ベートーヴェン、シューマン、ブラームスを始め、 多くの作曲家が曲を付けている。 」 …とされていますが、 ここをご覧の方のご高識にお訊ねいたしたく、ご存じの作曲者をできるだけ多く教えて下さい。 また、リヒャルト・ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)はゲーテの『ファウスト』を題材にした楽曲を作ったようですが、 ワーグナーは『野ばら』の「多くの作曲者」の中に含まれているでしょうか。 以上、難しい質問かもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。 Q 現在高校生の者です。 学校の宿題で洋書「Encyclopedia Brown」を訳す宿題がでました。 学校からだされた2つのお話(The Case of Natty NatとThe Case of the Mysterious Tramp)を訳して、 犯人が誰か、どうして犯人といえるのか・・・など 書かなくてはなりません。 一応訳はなんとか完成させたのですが、 どうにも謎解きができません; 仕方ないので、本を買おうかどうか悩んでいます・・・。 色々検索すると、「Encyclopedia Brown Boy Detective」には 解説書がついているようなのですが、解説書を読めば 謎解きはできるのでしょうか? また、同じシリーズの「Encyclopedia Brown Finds the Clues」にも 解説書はついていますか? もしよければ回答お願い致します。 A ベストアンサー またまた、ただいま。 (笑) 私からの解説をどういう内容にするか悩みましたが、 この際、クラシックの解説は全部やめて、かつ、最近よく耳にするジャンル名だけに絞って、そして・・・・・ 私の主観を大いに交えて!!! 解説することにします。 「ロック」 9割以上が4拍子で、ドラムのリズム(4ビート、8ビート、16ビート)に合わせて、ギターとベースギターが演奏、それにボーカルを加えたのが基本形態。 さわやかにストレートに表現するロックが「ロックンロール」。 これらのバンドは、髪型は概して長髪で、パーマがかかっている。 (長髪だと、リズムに合わせて体や頭を動かしたときの視覚効果もある) 一方、穏やかな大人の男の雰囲気を醸し出すロックは、AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)と呼ぶが、最近あまり使われていない言葉のような気がする。 また、パンクロック(若しくはパンク)と呼ばれるものがあり、これは、能天気でハチャメチャなロックで、ファッションや髪型・色も奇抜である場合が多い。 「ポップ、J-POP」 ポピュラーミュージック。 一言で言ってしまえば「流行歌」。 日本では「歌謡曲」という名称であったが、時代とともにメロディラインやコード進行・アレンジに進化が認められるため、現在の呼称は「J-POP」となっている。 しかし、大昔の曲をカバーするケースが最近特に目立ってきていることからも分かるとおり、決して昔の歌謡曲が現在に比べて劣っているわけではない。 「時代(流行)は繰り返す」 という格言を実証しているとも言える。 個人的には、例えば、石田あゆみの「ブルーライト横浜」や、由紀さおりの「夜明けのスキャット」などは、不朽の名作だと思っている。 なお、CDショップやレンタルCD屋に行くと、日本のアーティストは全部「J-POP」というジャンルの棚に置いてある場合がある。 たぶん、あいうえお順で探すのに便利だからだと思われる。 「ジャズ」 玄人好みの音楽。 拍子に捉われないリズム、時折変態的な和音を交えたコード進行、アドリブをふんだんに加えたメロディーライン・・・・・天馬空を駆るがごとく、自由に展開される音楽形式。 「イージーリスニング」 これは、昔からある音楽であるが、ジャズやクラシックを、老若男女誰でも受け入れられるような聴き易い(=イージーリスニングという名前の由来)音楽として演奏するもの。 ポール・モーリアやリチャード・クレイダーマンが昔から有名。 「フュージョン」 ポピュラー音楽・ロック・イージーリスニングなどとジャズとを足して2で割ったような音楽。 (「フュージョン」とは融合を表す英語。 ) インストルメンタル(ボーカルなしで、楽器のみの演奏)の形態が多い。 (最近は、「フュージョン」と言わず、単に「インストルメンタルバンド」、若しくは略して「インスト」という場合が多い。 ) フジテレビのF1レース中継のテーマ曲で有名な「Tスクエア」が、それ。 「クラブ・ミュージック」、「ユーロビート」等 一言で言えば、ダンスミュージック。 昔、「ディスコミュージック」と呼ばれたものと同じ、とまでは言えないものの、同じリズムを延々と繰り返す点は非常に似ている。 「ヒップホップ」、「ラップ」 メロディ無しで、リズムに乗せて言葉を喋るもの。 (たまに、メロディありの部分がある曲もある。 最近は、キック・ザ・カンクルーなどが有名だが、私としては、古谷一行の息子がボーカルを務めるドラゴンアッシュを推したいところ。 なお、蛇足であるが、 最近人気のお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」は、リズムに合わせて喋ることで有名。 ちなみに、エンタの神様(日テレ)でのキャッチフレーズは「HipHopな武勇伝」。 「スカ」 文字通り、「すっか、すっか、すっか、すっか」というリズムを延々と続ける音楽。 他のジャンルの音楽では、通常、「す」の方にアクセントを置くものだが、スカの場合はむしろ「か」の方にアクセントがあり、このリズムを刻み続けるのには、聴いている側にとっては意外なほど、高度な演奏技術を要する。 トランペット、トロンボーン、サックスなどと言った、ビッグバンドで使われるような楽器を各1~2本程度という最小限のバンド構成で演奏。 スカで唯一有名なバンドが「東京スカパラダイスオーケストラ」(通称スカパラ)であり、CM、テレビ番組でも多用されている。 「ブラックミュージック」(黒人系音楽) ・・・ソウル、ゴスペル、リズム&ブルース等 黒人は、優れた身体能力と、独特の文化・歴史的背景を持つことは勿論であるが、 音楽においても、演奏能力、動きを伴うパフォーマンス能力、力強くて表現豊か声・音域という優れた性質を持っている。 これらを生かした音楽がブラック・ミュージックである。 代表すべきアーティストを挙げるとすれば、やはり、アース・ウィンド&ファイアー。 プリンスやマイケルジャクソンも、ある意味ブラックミュージックに分類されるが、彼らの場合は、手がけている音楽の種類が多岐にわたるので、ここだけに当てはめるのは適当でない。 黒人でなくても、彼らに憧れてブラックミュージックの道へ進んでいるアーティストも多い。 日本では、上田正樹、宇多田ヒカル、鈴木雅之と姉の聖美などがそうである。 「レゲエ」 南国調の2拍子の音楽で、やはり黒人のアーティストが多いが、往年のスターであるUB40のように白人のレゲエバンドもある。 近頃、日本国内でレゲエ人気が高まっているようである。 「ブルース」 渋い感じの曲調。 ジャンルの一つではあるが、他の様々なジャンルのアーティストでも、曲目の中にブルース調の曲をいくつか持っている人は多数。 「バラード」 これは、1つのジャンルの項目というよりは、あらゆるジャンルの音楽において、リズムをスローにしたりして、泣かせる曲調に仕上げているもの、という解釈でよいと思われる。 「泣かせる」とは言っても、短調とは限らず、むしろ、長調のバラードの方が多いような気がする。 以上です。 ほな、しゃいなら!(笑) またまた、ただいま。 (笑) 私からの解説をどういう内容にするか悩みましたが、 この際、クラシックの解説は全部やめて、かつ、最近よく耳にするジャンル名だけに絞って、そして・・・・・ 私の主観を大いに交えて!!! 解説することにします。 「ロック」 9割以上が4拍子で、ドラムのリズム(4ビート、8ビート、16ビート)に合わせて、ギターとベースギターが演奏、それにボーカルを加えたのが基本形態。 さわやかにストレートに表現するロックが「ロックンロール」。 感情表現... A ベストアンサー こんにちは。 赤という色は、喜び、情熱、愛、性愛などのシンボルになります。 「野ばら」の詩の中でバラを折り取るのは男の子(Knabe)となってはいますが、これは寓意で、詩のテーマは、若い男性を魅惑する処女、そして、バラがその処女の象徴です。 また、ゲーテは、この詩を書いた時期(1770年前後)に、エルザス地方の牧師の娘、フリーデリーケ・ブリオンと、短くも激しい恋愛関係にあり、この詩は彼女に向けて書かれたものです。 そういう意味でも愛の詩です。 ヨーロッパで、愛する人に赤いバラを贈ることはよく知られています。 また、ゲーテのこの詩は、パウル・フォン・デア・エルストが1602年に出版した「世俗的でつつましやかな歌と詩」に収められている「彼女はたしかにバラの木のようだ」という歌に基づいたものです。 この歌の中にすでに、「彼女は赤いスカートをはいている」や、「君の赤い口を巣箱に入れてほしい、君、野なかのバラ」などの表現があります。 このように、バラが赤である理由がいくつもあります。 御参考まで。

次の