航空業界に強い資格。 求人情報一覧|航空業界専門の求人サイト「航空人WEB」

専修学校 パシフィックテクノカレッジ学院|空港・航空業界の求人サイト「マイターミナル」

航空業界に強い資格

【就活・業界研究】航空業界分析(空輸業界) こんにちは、皆さんは航空業界を知っていますか? 航空業界は就活生に人気な業界で、パイロットやキャビンアテンダントなどの憧れの強い職種があります。 しかし、空港では普段目にしている華やかな職種だけではなく、様々な職種の方が目に見えないところで活躍していますが、あまり知られていません。 航空業界の業界規模・儲ける仕組み・職種・取り巻く社会情勢・業界の未来についての正しい知識を身に着け、就活を進めていきましょう。 航空業界とは 皆さんも知っているように、航空業界とは飛行機を用いて旅客や貨物の運搬をして利益を得ている業界になります。 飛行機の運航には、パイロット、客室乗務員、グランドスタッフだけでなく、整備士やグランドハンドリングスタッフ、運航管理、ケータリングスタッフなど、さまざまな職種の人たちが関わっています。 航空業界の規模 によると2019年の航空業界の業界規模は以下のようになっています。 業界規模 3. その背景には、国内への外国人旅行客数の増加があげられます。 特にアジア圏の旅行客数の増加が大きく、東京オリンピックを控え非常に伸びている業界になります。 航空業界の会社の種類 航空業界は大きく2つの会社の種類に分けられます。 フルサービスキャリア(Full Service Carrier:FSC:一般航空会社)• ローコストキャリア(Low Cost Carrier:LCC:格安航空会社) 様々な呼び方がありますが、今回の記事ではフルサービスキャリアとローコストキャリアと呼ぶことにします。 ほかにも第3の航空会社と呼ばれるフルサービスキャリアとローコストキャリアの中間の会社の種類もありますが割愛します。 フルサービスキャリア(FSC) フルサービスキャリアとは従来型の旅客サービスを提供している航空会社のことで、基本的には、複数の座席クラス ファースト・ビジネス・エコノミーなど を提供し、機内食や飲料も予め運賃に含めて提供する等の共通点があります。 日本では、日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)といった航空会社が当てはまります。 フルサービスキャリアでは機内の飲み物・食べ物が充実していて、無料なこともあります。 さらに機内に エンタメサービス(映画や音楽など)を利用できる場合が多く、ただ移動するだけではなく快適に過ごすことができます。 快適に移動できる反面、LCC(ローコストキャリア)と比べ価格が高いです。 また、定期運航率(出発予定時刻以降15分以内に出発した便数の割合)や欠航率 運航予定便数に対する欠航便の割合 などのデータはローコストキャリア(LCC)と比べると少しだけ良いです。 各運航指標の具体的な数値は以下です。 会社区分 航空会社名 定期運航率 欠航率 LCC バニラエア 85. 日本ではローコストキャリア(LCC)を「格安航空会社」と呼ぶのが一般的です。 なぜローコストキャリアは格安の運賃を実現できているかというと、極限までコストカットを行っているから安い運賃を実現できています。 コストカットといっても法律で定められたものはクリアしているので安全面は大丈夫です。 どんな部分のコストカットをしているかというと、以下の項目になります。 運航コストの低減• 運航機種を少なくし統一することで訓練や整備コストを削減する。 整備に関しては航空法で定められた最小限の整備のみとし、過剰な部品交換は行わない。 既存の航空会社が乗り入れている大規模空港は混雑し駐機料も高いため、大都市からアクセスが良く混雑していない地方の中小空港に乗り入れる。 人件費の削減• パイロットの操縦資格と訓練コストを最小にする。 乗務員を含めて社員の給与や待遇に掛かるコストを抑える。 機内サービスの簡素化• 機内食や飲料は有料販売にするか簡素化する。 預かり手荷物の無償枠を下げ、有料化を増やす、または完全に有料化する。 座席ごとのビデオや音楽放送、機内誌・新聞・雑誌などの機内エンターテインメントを省く。 航空券販売コストの低減• 乗客自身がインターネット予約やE-チケットによって、直接予約することで航空券販売コストを低減する。 キャンセル時の払い戻しの要件を厳格化する。 これらのコスト削減をすることによって運賃を格安にすることを実現しています。 ローコストキャリアは成長の勢いと利益率の高さから近年非常に勢いがあります。 空港運営会社 国内の空港には、国が管理する空港、国が出資する空港会社が運営する空港、地方自治体が管理する空港などがあります。 それぞれの空港運営会社は、空港の着陸料、空港での物販、飲食の提供などが収入であり、事業の柱である「施設運営」「物販」「飲食」の3点で、空港利用者に快適に過ごしてもらうためのさまざま企画運営を行っている。 主な国内企業一覧 航空会社 売上高 営業利益 説明 ANA 1兆7652億円 1455億円 国内1位。 国内線、国際線とも首位。 13年持ち株会社制に。 JAL 1兆2889億円 1703億円 国内2位。 2010年に経営破綻。 V字回復を遂げて12年再上場。 スカイマーク 755億円 67億円 2015年に経営破綻。 羽田拠点。 ジェットスター・ジャパン 522億円 13億円 JAL・カンタス合弁のLCC。 2016年に悲願の黒字化。 ピーチ・アビエーション 517億円 63億円 関空が拠点。 ユニークな機内食や空港設備が話題になった。 AIR・DO エアドゥ 490億円 19億円 札幌拠点。 北海道路線に強みを持つ。 ソラシドエア 380億円 39億円 宮崎拠点。 6億円 成田に続き台北を拠点にするも、競争激化で再び赤字に将来的な中・長距離路線への進出も視野に入れる。 パイロット不足 航空業界には、飛行機を操縦するパイロットが必要不可欠ですが、不足してしまっています。 特殊な技術や専門性が求められ、免許取得が難しいことから飛行機の便数増加に比べパイロットの供給が足りていません。 国外からの利用客の増加 2020年東京オリンピックを控え国外からの来客数が非常に増加しています。 中でもアジア圏からの来日外客数が増加しており、近距離路線が増加しています。 航空会社も日本の利用客だけではなくアジアの利用客を取りこむためにアジア路線の開拓を進めています。 FSCとLCCの関係 価格は高いがサービスがよいFSCと価格は安いがサービスが簡素化されているLCCの2つがあることを説明してきましたが、近年ではFSCとLCCのさがなくなりつつあります。 FSCのサービスを提供していた航空会社が、LCCにした方が乗客が集まりやすいことから名称やサービスを変更するなど、価格競争は激しいです。 サービス内容もこれまでのLCCよりも座席が広く、預け荷物を無料にするなど、FSCとLCCの中間的な存在の航空会社が増えています。 こうしたLCCとFSCの差がなくなる傾向は今後さらに強まっていきます。 「LCCは低価格、FSCはサービスの質」の公式が崩れていくため、独自の差別化ポイントを打ち出していく必要があるでしょう。 まとめ この記事では航空業界の概要を説明してきましたが、理解できたしょうか? 航空業界はコロナウイルスの影響で非常に厳しい状態にあると思いますが、今後はオリンピックや来日外客数の増加によって需要が高まることは間違いないでしょう。 このように社会背景と密接にかかわってくる業界なので、就活の際はそれらを考えESや面接に臨んでください!.

次の

【就活・業界研究】航空業界分析(空輸業界)│知るナビ

航空業界に強い資格

航空業界完全攻略記事一覧 文系理系問わず、その華やかなイメージから就活生の人気が高い航空業界。 2020年に東京オリンピックを控えていることからも注目を集めている業界でもあります。 そんな航空業界の中でも、リーディングカンパニーである全日本空輸(以下、ANA)や日本航空(以下、JAL)の選考は、毎年かなりの人気で高倍率であり、通過するためには航空業界の深い理解が必要です。 本記事では大手国内航空会社から格安航空会社まで、航空業界の大手企業を徹底的にご紹介します。 本記事の構成• ・ ・• ・ ・ ・ ・• 航空業界の企業 航空業界の企業は主に「メガキャリア」と呼ばれる大規模航空事業者と、「LCC」と呼ばれる格安航空会社に分けることが出来ます。 以下の解説で両社の特徴を押さえましょう。 「メガキャリア」とは 大規模航空事業者、つまり航空業界を代表する巨大企業のことであり、国内ではANAやJAL、海外では、アメリカの「デルタ航空」やシンガポールの「シンガポール航空」などが知られています。 メガキャリアは数多くの運航路線による利便性の高さや高質なサービスを特徴としているためブランド力があります。 「LCC」とは Low Cost Carrierの略であり、日本では『格安航空会社』のイメージが強いです。 航空券は一般的に値段が高いですが、LCCは航空券の価格を格安にすることで顧客を獲得しています。 人件費の削減、機内サービスの簡易化・有料化、路線の限定など、コストを最小限に抑えながら、生産性を上げる工夫をすることで、格安の航空券を実現しています。 以下で主要なメガキャリアとLCCをご紹介します。 それぞれの企業の特徴をしっかり理解して航空業界全体をイメージできるようにしましょう。 メガキャリア ANA 全日本空輸 JAL 日本航空 LCC Low Cost Carrier ピーチアビエーション• 企業名:Peach Aviation 株式会社• 代表者:井上 慎一• 発足:2011年2月10日• 資本金:7,515,050,000円• 従業員数:1650人 2019年11月1日時点 ピーチアビエーションは、関西国際空港を拠点とする日本の格安航空会社です。 ピーチアビエーションは、ANAホールディングス株式会社の連結子会社であり、同じANAホールディングス傘下のバニラ・エアと、2019年度末を目処に統合することが予定されています。 国内線は、東京・福岡・北海道・沖縄などの主要都市を中心に19路線、国際線はバンコク・香港・上海・ソウルなどアジア圏を中心に18路線持っています。 将来的には、成長著しいアジアの需要をターゲットとし、「アジアのかけ橋」となることを目標にしています。 LCC事業のアジア展開については「」でも触れているので参考にしてみてください。 <参考> ジェットスタージャパン• 企業名:ジェットスター・ジャパン株式会社• 代表者:片岡 優• 発足:2011年9月5日• 資本金:120億円• 従業員数:約1,000名(2019年8月1日時点) ジェットスタージャパンは、アジア太平洋地域で成長するジェットスターグループの子会社であり、JALが2011年にカンタス航空らと設立した格安航空会社です。 2012年7月より日本国内線を就航し、2015年2月からは国際線の運航も開始しました。 現在、国内16都市・24路線、国際4都市・7路線を運航しています。 ジェットスター・ジャパンは今後も国内線と短距離国際線をカバーし続ける予定です。 成長著しいアジアのターゲットに関してJALは、成田国際空港を拠点とした「ZIPAIR」という新たな中長距離国際線のLCCを2020年に就航することにしています。 <参考> 春秋航空日本• 企業名:春秋航空日本株式会社• 代表者:樫原 利幸• 発足:2012年9月7日• 資本金:114億• 従業員数:463名(2019年4月1日時点) 春秋航空日本は、春秋航空などが出資する日本の格安航空会社です。 SPRING JAPAN スプリングジャパン という名前でも知られています。 成田国際空港を中心に国内線は北海道・佐賀・広島、国際線は重慶・武漢・天津・寧波・上海など中国への路線を持っています。 社長には日本航空のパイロット出身の樫原利幸氏が2018年3月に就任しており、2019年6月からはJALと整備子会社JALエンジニアリング(JALEC)へ航空機の管理を含む包括的な整備業務委託を始めています。 <参考> エアアジアジャパン• 企業名:エアアジア・ジャパン株式会社• 代表者:ジェニー・マユコ・ワカナ• 発足:2014年7月• 従業員数:約240名 2017年9月1日時点) エアアジア・ジャパンは、2014年に設立された日本の格安航空会社です。 また中部国際空港をベースとした初めての航空会社でもあります。 中部国際空港を中心に国内線は北海道・仙台、国際線は台湾といった国内外合計3路線を持ってます。 台湾の路線は日本から台湾への需要だけではなく、台湾などからの訪日需要を取り込めるといった狙いもあり、2019年2月にエアアジアジャパン初の国際線として就航しました。 今後は、国内線と国際線の新規就航や増便からグループシナジーを高めること目標としています。

次の

航空業界のホンネ!実際に働く人に聞いた業界の裏側

航空業界に強い資格

各社の採用試験を受験する 社員として働くには、各航空会社が実施する社員採用試験を受け、採用される必要があります。 日本の航空会社としては、大手2社「全日空(ANA)」「日本航空(JAL)」が有名ですが、どちらも新卒の場合、基本的には毎年定期採用を行っています。 また、新卒での航空会社社員の募集は、おもに以下の区分ごとに行われることが一般的です。 ・総合職(地上職)事務職 ・総合職(地上職)技術職 ・客室乗務職 ・自社養成 上記の通り、「 (CA)」と「パイロット」を目指す人は、総合職とは別の試験を受験することになります。 どちらも特別な素養や身体条件などが求められる仕事となるため、試験内容にも特色があります。 「総合職(地上職)」については、事務職であれば、営業、 、市場調査、運航管理、安全管理、経営管理、調達、 ・宣伝、人事、財務・ など、フライトを裏方としてサポートしたり、新しいサービスを企画したり、事業運営に必要な仕事に携わったりと、多岐に渡る仕事を任されます。 技術職であれば、 、生産計画、整備技術、運航技術、整備などに携わるエンジニアとして、航空機整備業務の全般を担当します。 どちらの区分で入社しても、入社後に研修などを受けて、本人の適性や希望などを踏まえたうえで各部門へ配属となります。 また、数年でジョブローテーションが行われることも多いです。 なお、航空会社は自社の業績などによって採用活動を実施しない年度もあります。 必要な学歴は? 総合職(地上職)の場合、基本的には「大卒以上」の学歴が求められます。 すべての学部・学科を対象とした募集がなされます。 自社養成パイロットについても同様、「大卒以上」の学歴が求められるケースが大半ですが、学部・学科はとくに問われません。 客室乗務職については、専門学校・高等専門学校・短期大学・4年制大学または大学院を出ていれば応募できることが多いです。 人気がある職種であるため、客室乗務員を目指すための専門学校やスクールで学んでから応募する人もいます。 航空会社への就職で特別に有利になる学部・学科はありませんが、大手航空会社は人気が高く、難関といわれる大学の学生も多数応募しています。 外資系航空会社に就職するには 航空会社への就職を目指すのであれば、日系の航空会社のほか、外資系航空会社で働くことを視野に入れてみてもよいかもしれません。 航空会社によりますが、新卒・既卒のどちらをも対象とした採用活動を行っている企業と、基本的に既卒者を対象とした採用のみを行っている企業に分かれます。 既卒者を対象とする場合は、前職での業務経験が求められることが一般的です。 なお、航空会社によっては、まず正社員ではなく契約社員として採用され、一定期間働いた後あるいは勤務態度や成果などが認められると正社員になれるというシステムをとっているところもあります。

次の