引越し 見積もり 電話 しつこい。 引越し侍の電話は本当にしつこいのか?体験談を語ります!

引越し一括見積もりサイトで、電話勧誘がうざい・しつこいと思ったら

引越し 見積もり 電話 しつこい

みんな どのくらい電話が来てる ネットのオンライン引越し見積もりサイトに登録したら、引越し屋からの電話が凄いんだが。。 引越し屋的には時間勝負とか思ってるのんだろうか。 普通全社に訪問見積もりしてもらってから決めるよね。 んで朝8時2分頃からずっと電話鳴り止まんかったさ…。 毎回さ…? 「本日お伺い出来ればと思いましてー?? 」 ここまでは別に良いんよな?— 貧? 月末や急な引越しで急いで業者を決定したいときはかけてもらうとありがたいのですが。 電話不要のSUUMO、単身が安いライフルに申し込んでおけば、安い見積もりが取れるでしょう! 電話はもう不要であれば、無視して大丈夫 引越し業者を決定したあと、他の業者は決定したことを知りませんので、電話がかかってくることがあります。 その際、電話に出なくても大丈夫です。 引越し業者も分かっています、お客さんがウチを検討してくれるならかかってくることを。 電話に出なければ自然とかかってこなくなりますので、ご心配なく。 一括見積もりならメールで訪問見積もりが取れる 訪問見積もりなら申し込む段階で、「〇月〇日訪問見積もり希望です」と書きましょう。 引越し業者によっては、メールだけで訪問見積もりの予約を取れます。 サカイの訪問見積もりの予約。 これでしたら、とてもラクですよね!! 訪問見積もりならば、メールで約束の日時を決めるだけ!営業マンに部屋を見てもらえば荷物量の説明は不要。 とても楽です! 訪問見積もりしないで電話見積もりの場合 かかってきた電話を取って、荷物量を説明したほうが楽です。 しかし、家電家具がある場合(目安:1LDK以上の広さ)、2トンショートに積み切れるかどうかの分岐点です。 当日、積み切れない!ことになると大変ですので、1LDK以上の広さの場合、訪問見積もりしてもらったほうが良いです。 一人暮らしの引越しで荷物がダンボール箱30箱しかないという場合は、電話見積もりで足ります。 引越し業者が忙しい場合、「メールでお願いします」と書いておいても連絡が来ない 3月〜4月前半の引越し、ゴールデンウィーク、土日、月末のような引越し業者が忙しい時期に「メールで連絡ください」と書いておいても連絡が来ません。 急ぎの引越しの場合、すぐに業者を決定したいものですが、引越し業者も同様で、メールを何度もやり取りするのは面倒と考えます。 引越し業者は忙しいとき、電話でパパッと連絡を取れるお客さんを好みます。 月末の訪問見積もりは営業がみんな出払っているので、訪問見積もりの予約さえ取りにくい現象が起こります。 3月20日祝日、3月21日土曜、3月28日土曜辺り(しかも月末が重なる)の引越しはトラック自体がもう空いていない可能性が高いので、引越し業者と連絡さえ取りにくいです。 2月、3月は連絡がほしい場合は引越し業者の都合に合わせないと連絡が取れません。 その際は電話番号を書いておいて引越し業者から電話をもらうほうがおすすめです。 引越し業者の多くは忙しいので、鬼電がかかってくる心配はありません。 かかってきても数社です。 引越し業者から連絡が欲しくても連絡が来ない場合もある!忙しいから! 3月の忙しい時期 「転勤」が好まれる 引越しの理由:転勤(引越し費用 会社負担)が好まれます。 会社負担の引越しだと、お客さんとしてはそれほど値切りません。 お客さんは値切るよりも引越し業者をさっさと決定して、引越し準備をしたいと思っています。 自分都合の引越しだと引越し費用を比較して安い業者に頼むのが通例です。 引越し業者が訪問見積もりをして即決することは少ないです。 引越し業者はこれを知っています。 会社負担の引越し案件は積極的に取りたがります。 一括見積もりを申し込むとき「引越しの理由は転勤です。 費用は会社が出してくれます」と書いておきましょう。 引越し業者が好んで積極的に連絡をくれますので、見積もりを取りやすくなり、結果として、引越し業者の選択の幅が広がります。

次の

引越し侍の評判と口コミはクレーム三昧?電話がしつこいのは真実なのか

引越し 見積もり 電話 しつこい

電話勧誘を抑えるため、ネット見積もり入力時の備考欄に「メールでの連絡でお願いします」と記入しておきます。 これで少なくとも電話が鳴り続いて悩まされるという状態からは開放されますので、あとは電話で連絡してくる引っ越し業者をいかにして省くかだけに注力してください。 しかし、「メールでの連絡でお願いします」と書いているにも関わらず、電話をしてくる引っ越し業者もいます。 そういった引っ越し業者は、コメント欄をしっかりと見ていないか、見ていても要望を無視するような引っ越し業者ということになります。 こういった引っ越し業者は、引っ越し当日でもトラブルが予想されますので、電話があった時点で引っ越しの選択肢から外してください。 「あなたの会社には依頼できない」ときちんと伝えることが重要です。 注意しつこい電話に嫌気が差して、フリーダイヤルからかかってきた電話や電話帳の登録外からの電話に対して、会話もせずに切ったという人もいるようですが、この方法では電話が鳴り止むわけではありません。 着信拒否設定をする 「メールでの連絡のみ」を依頼しているのに電話してきて断っても何度もかけてくる、そんな引っ越し業者の電話番号は悩むことなく 着信拒否にしてしまいましょう。 各携帯電話会社のサービスに迷惑電話の着信拒否の設定がありますので、そこに対象となる電話番号を入力しておきましょう。 自宅の電話でも同様のサービスがありますが、携帯電話に比べて手続きが面倒ですので、迷惑電話を見越して引っ越し一括見積もりサイトでは 携帯電話の番号を入力しておきましょう。 相手が電話番号を変えてくるようでしたら、その電話番号も追加してもいいのですが、そこまでして連絡してくる場合は、強めの口調で断ることも必要になります。 強めの断り方何度も断っているのにしつこく電話をかけてくるような悪質な業者には、会社名や担当者の名前を留めといて「消費者センターに相談しますよ」と告げてください。 電話入力の必要のない一括見積もりサイトを利用する 引っ越し一括見積もりサイトによって、電話番号の入力が「必要」か「不要」かのサイトがあります。 電話番号を入力しない 引っ越し一括見積もりサイトなら、引っ越し業者はメールなどで連絡してくるしか選択肢がなくなります。 ここで、電話番号入力不要の引っ越し一括見積もりサイトを紹介します。 引越し侍の「ネット料金比較&予約」 大手の引っ越し一括見積もりサイトである「引越し侍」は、営業電話がかかってくるサービスのみと思われがちですが、実は 電話番号もメールアドレスも入力不要「ネット料金比較&予約」サービスも提供しています。 「ネット料金比較&予約」は、見積もりに必要な情報を入力するだけで、対応可能な引っ越し業者からの提案を一覧で見ることができ、そこから引っ越しの依頼をすることができます。 最短で引っ越し見積もりを出してもらえる• 家の中に入られない• 自分の都合のいい時間に見積もりしてもらえる 1. 最短で引っ越し見積もりを出してもらえる 電話見積もりはとにかくスピーディーです。 荷物が少ない単身者の場合はあっという間に見積もりが完了します。 すぐにでも引っ越しをしたいという人や、複数の引っ越し業者の見積もりをすぐに揃えたいというときは電話で見積もりを進めてください。 家の中に入られない 訪問見積もりの場合は、やはりそれなりに部屋は片付けておきたくなります。 面倒ですが、洗濯物や荷物が散らばった状態の部屋は見られたくないので、掃除することになるのですが、電話見積もりであれば、部屋の荒れ具合を気にする必要はありません。 電話見積もりなら女性一人でも安心 女性の一人暮らしのように、誰かを部屋に招き入れるのが怖いという場合も、電話見積もりであればその心配も不要になります。 自分の都合のいい時間に見積もりしてもらえる 訪問見積もりの場合は時間の調整が必要になるケースがありますが、電話見積もりの場合は、自分の空いた時間に行うことができます。 多くの引っ越し業者が20時過ぎまで見積もりを行ってくれますので、平日の仕事が終わったあとに見積もりしてもらうことも可能です。 「いま見積もりがほしい」電話見積もりなら、そんなタイミングで見積依頼が可能です。 ここまで読んで、電話がない見積もりよりも電話でやりとりしたいと思うのであればおすすめの引っ越し一括見積もりサイトは「 LIFULL引っ越し」です。 LIFULL引っ越しの最大の特徴は引っ越し見積もりをする業者を自分で選ぶという店。 住所や名前、引っ越し先を記入するまではどこの引っ越し見積もりサイトも一緒ですが、LIFULL引っ越しだと、必要事項を入力後に引っ越し業者の大まかな見積もりが表示されます。 そこから詳しい見積もりをもらいたい業者を選び詳しい見積もりをお願いするだけです。 もちろ電話はきますが、自分で選んだ業者のみからの電話なのでストレスもたまらないのではないでしょうか。 やっぱりしつこい!引っ越し見積もりを電話で行う3つのデメリット 電話での見積もりにはメリットがあるのと同時にデメリットもあります。 電話見積もりのデメリットについて見ていきましょう。 複数の引っ越し業者に依頼するとストレスが溜まる• 引っ越し料金が安くなりにくい• 大量の荷物がある場合は電話見積もりできない 1. 複数の引っ越し業者に依頼するとストレスが溜まる 訪問引っ越しでも結局は時間がかかるのですが、顔の見えない引っ越し業者と30分近く電話をすることもありますので、想像以上にストレスがかかります。 ほとんどの人が3社目ぐらいで音を上げて、そこで引っ越し業者を決めてしまうことになります。 引っ越し料金が安くなりにくい 実際に荷物を確認しない電話見積もりは、「念のため」高めの値段設定になってしまいます。 想定していたものと違ったということを最初から織り込んでおくのです。 トラックの大きさも、一回り大きめのものを用意することもありますので、どうしても割高な価格での引っ越しになりがちです。 大量の荷物がある場合は電話見積もりできない 電話見積もりは基本的に荷物が少なめの人でないと利用できません。 荷物が増えれば増えるほど詳細な情報が必要になり、ちゃんと確認しないと判断できないことが多いためです。 引っ越し料金を高く設定してリスク回避するにしても限度がありますので、大荷物の場合は、そもそも手軽でスピーディーな電話見積もりができないと断られてしまうことがあります。 上手に活用するコツは「はっきりと断る」 引っ越し一括見積もりサイトはとても便利なのですが、便利さだけでなく電話攻勢のようなありがた迷惑な面もついてきます。 しかし、引っ越し一括見積もりサイト側でも、この迷惑電話状態になってしまうことへの対策を行っていく傾向にあります。 電話が嫌な場合は、メールやネット見積もりのみのサイトを利用し、引っ越しまでに時間がない場合などは、電話見積もりで早めに引っ越し予約を取るようにするなど、それらのサービスを上手に使い分けるようにしてください。 少なくとも情報入力時の備考欄に「メールでの対応のみ」としておくことで、しつこい電話は大幅に減ることになりますので、必ず記載することを忘れないでください。 どうしても電話入力が嫌な場合は、電話入力が不要な LIFULL引っ越しか SUUMO引っ越し見積もりなどネットのみで見積もりが出来るサイトを利用しましょう。 それでも電話してくる引っ越し業者はその場でお断りの意思を伝えて下さい。

次の

しつこい営業電話をなんとかしたい!円滑に引越しの見積りをするには?

引越し 見積もり 電話 しつこい

突然ですが、あなたは• 引越し見積もりの電話がしつこい!• うざい電話の対処法が知りたい• そもそも電話をかけてこさせないためには? といった不満や疑問を持っていませんか? これらの悩みを、元引越し業者のへのへのもへじが、すべて解決します! 引越し見積もりの電話がうざい! 引越し料金を少しでも安く抑えるためには、複数の業者に見積もりを依頼してその金額を比較することが欠かせません。 しかし同時に複数社に見積もりを依頼するということは、依頼した業者の数だけ電話がかかってくるということでもあります。 特に見積もりをもらった後には早急に契約・キャンセルの意思を全業者に伝えない限り、各業者から「どうしますか?」という連絡がかなりの頻度で来てしまいます。 この点にかなりの煩わしさを感じる人は少なくないはずです。 見積もりから引越し作業まで一社とのみ連絡を取るのであればこのような問題は起こりません。 しかし複数社を比較することによって条件次第では半額近くまで引越し料金を安く出来ることもあります。 今回は複数社と比較することのメリットを活かしながら、しつこい電話を避けるための対処法、そしてそもそも電話がかかってこない見積もり比較の方法をご紹介します。 しつこい電話の対処法 しつこい電話をシャットアウトするための究極の方法は着信拒否ですが、そこまでいかずとも解決する方法はあります。 まっとうな業者であれば一回キャンセルを伝えればそれ以上電話がかかってくることはありません。 ひとつひとつ番号を着信拒否する前に、以下のような方法を試してみてください。 業者の代表電話にキャンセルを伝える 電話で依頼者の窓口となるのはほとんどの場合、営業担当者です。 彼らはいわばトークや商談のプロであることから、対等に渡り合うのはどうしても難しいという場合があるはずです。 せっかく断りの電話を入れたのに、さらに食い下がられて余計に不快な思いをしたというのはよく聞く話です。 この場合はお客様の連絡用番号ではなく、会社の代表番号に直接電話をかけてしまうという方法があります。 ここでは営業担当者と自分の名前を伝え、今回の話をなかったことに(キャンセル)したいという旨の伝言をお願いしましょう。 正攻法ではありませんが、効果的な方法のひとつです。 「引越しがなくなった」と言ってしまう 「別の業者にお願いすることにした」などのように断ると、担当者によっては「もっと安くするから契約してほしい」と食い下がることもあります。 もちろん最終的に断れればいいのですが、どうでもいい話を延々と切り上げられないのは大きなストレスです。 これを避けるためには、はじめから「引越しがなくなった」と言ってしまうといいでしょう。 相手には一切食い下がる余地を与えない、取り付く島もないような方法であるため、非常に効果的です。 キャンセルはいつまでできる? 契約を押し切られてしまった後でも業者の対応などに疑問があり、キャンセルを検討することもあるはずです。 業者によっては「この時期にはもうキャンセルできない」とか「今キャンセルすると高額なキャンセル料がかかる」などと言ってくることがあります。 しかし契約後、たとえ引越し当日であっても作業開始前ならキャンセルが可能です。 また引越しのキャンセル料は国によって以下のように定められています。 これにのっとると、• 引越し当日でもキャンセルは可能(作業前)• 引越し2日前まではキャンセル料は不要 となっています。 キャンセル料は国の規定によって上限と日数が定められているため、これに反するようなキャンセル料などは無効です。 電話がかかってこない見積もり方法 一括見積もりサービスの中には、見積もりの際に電話番号が不要なものがあります。 一括見積もりサービスといえば、これまでは見積もりの比較は出来るけれどとにかく業者からの電話がしつこいという大きなデメリットがありました。 しかし例えばのように、比較的新しい一括見積もりサービスでは電話番号が不要なものも増えてきました。 電話番号がいらない見積もりサービスを利用することで、複数社の見積もりを比較して安いところを探すというメリットは活かしつつ、見積もりを依頼した分だけ電話がかかってくるというデメリットを解消することができます。 もちろん契約した業者との連絡のために電話を使うことはありますが、見積もりの段階で複数の業者からひっきりなしに電話が来るという事態は避けることができます。

次の