新型 コロナ ウイルス 静岡 県。 新型コロナウイルスに関する情報について/静岡県森町

静岡県/経済変動対策貸付(新型コロナウイルス感染症対応枠)

新型 コロナ ウイルス 静岡 県

静岡県調整本部による患者振り分けのイメージ 静岡県内で新型コロナウイルス感染が拡大していることを受け、県は1日、感染者の重症度に応じて収容先を振り分ける調整本部を庁内に設置した。 爆発的な患者急増の事態(オーバーシュート)になっても適切に入院医療体制を確保できるよう備える。 川勝平太知事ら県幹部で構成する対策本部本部員会議が設置を決めた。 県内の感染者は現在、症状の軽重に関わらず第一種、第二種感染症指定医療機関に入院している。 ただ、重症、中等症患者を受け入れられるのは現時点で主に第二種以上の48床を含めた計89床に限られる。 県内で感染者が増加傾向にある中、対応が喫緊の課題となっていた。 調整本部は重症者が優先的に指定医療機関の病床に入ることができるよう調整する。 重症者は症状が軽くなった後も退院までにPCR検査で陰性が2度確認される必要があるなど数週間を要することがあるため、軽症になった場合は指定医療機関以外に転院させるケースも想定している。 軽症者の受け入れ先は自宅のほか、空き学校の活用も選択肢の一つに挙がっている。 調整本部長を務める県健康福祉部の奈良雅文参事(健康危機管理担当)は「対応が後手になってはならない。 関係者と連携を密にしていきたい」と話した。 本部員は感染症や救急、集中治療の各専門家や県病院協会長、県医師会副会長。 ウェブ会議などで患者の転院・搬送の調整を行う。 東中西の各地区に支部を設け、円滑な業務遂行を図る。 関係者によると、静岡市で唯一の第一種、第二種感染症指定医療機関である市立静岡病院は、6床のうち5床で感染者を受け入れている。

次の

静岡県(補助金・助成金・融資情報)

新型 コロナ ウイルス 静岡 県

静岡県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 静岡県(補助金・助成金・融資情報)• 静岡県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 静岡県• 富士宮市• 焼津市• 袋井市• 下田市• 御前崎市• 相談希望日1週間前までに申込書を送付(6月2日のみ5月28日まで)• 南伊豆町• 函南町• 長泉町• 小山町• 川根本町•

次の

静岡県、感染者調整本部を設置 重症度で収容先振り分け|静岡新聞アットエス

新型 コロナ ウイルス 静岡 県

静岡県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 静岡県(補助金・助成金・融資情報)• 静岡県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 静岡県• 富士宮市• 焼津市• 袋井市• 下田市• 御前崎市• 相談希望日1週間前までに申込書を送付(6月2日のみ5月28日まで)• 南伊豆町• 函南町• 長泉町• 小山町• 川根本町•

次の