イタチ 臭い。 カワウソ・オコジョ・イタチ・フェレット、違いは何だか知っていますか?

臭いに注意:イタチ対策

イタチ 臭い

屋根裏や天井裏でいつもカタカタと音がして、夜も眠れない日々が続いているのではないでしょうか。 もしかすると、イタチやネズミといった小動物が住み着いている可能性があります。 家の中にイタチが入るような余地がないにもかかわらず、イタチが入っていることがよくあります。 一体なぜなのでしょうか? 家の中や外の庭をよく見てみるとイタチらしき動物をよく見かけることはありませんか?もしイタチがいるのであれば、煙や超音波などが有効的だとインターネットによく書いていますが、これは本当なのでしょうか? なるべくイタチに遭遇しないですむ退治方法があれば知りたいと思う人も多いと思います。 今回はそんなイタチの退治方法、撃退法についてご紹介します。 1 イタチがいることのメリット、デメリット イタチは害獣なのか、益獣なのかという論争が未だに交わされていますが、実際にイタチが存在することによってのメリット、デメリットというものはどのようなことがあるのでしょうか? メリット 畑を持っている人からすると、イタチたちは益獣と呼んでもいいのかもしれません。 イタチは肉食で雑食です。 そのため、ネズミや虫、トカゲなどの生き物をことごとく食べてくれます。 デメリット ですがあまりにも雑食のため、植物性のものを食べてしまったり、家から出てくる残飯まで食べてしまうため、ゴミ箱をひっくり返します。 また、畑を荒らすこともありますし、住宅に侵入することもあります。 更に、体から非常に強烈なニオイを出すため、家の中に住まれてしまった場合、イタチのせいで家中が臭いということもあります。 大量にする糞もかなり強烈なニオイですので、 「臭害」はかなりのデメリットです。 そして、何より危険なのが、イタチは感染病を引き起こす雑菌を体内に抱えている場合があります。 噛まれたり、爪で引っかかれると、雑菌が体内に侵入してしまい、 感染症になる可能性も高いです。 2 イタチ駆除の都市伝説 そんなイタチを駆除するために様々な方法が挙げられますが、中には都市伝説的な駆除方法も存在します。 『超音波と煙』です。 イタチ駆除には煙と超音波が有効という情報が、インターネットを中心にまことしやかにささやかれていますが、実際この方法は有効なのでしょうか? 煙は有効なのか? イタチを煙で退治する場合、どのようにするのかというとホームセンターで売っている害虫駆除用の煙発生グッズはもちろんのこと、蚊取り線香でも効果があるようです。 その結果はどうなのかというと、イタチが全くいなくなったという情報が多いのです。 特に害虫駆除用の煙発生グッズは効果抜群でそれを行うことによって、1週間ほどはイタチが全くいなくなったということです。 ですが逆に言うと、 1週間ほどで帰ってきてしまうようで、1時的に居づらくなるようですが、煙の効果がなくなってしまえばイタチをすぐに帰ってきてしまうようです。 そんな煙の効果を持続させるためには、定期的に煙を出し続けて、イタチがここに帰ってきても常に煙があると思わせることが有効のようです。 ちなみに蚊取り線香は実際あまり効果がありません。 超音波は有効なのか? 都市伝説じみた方法の一つとして挙げられるもう一つの方法が、超音波です。 実際にイタチを駆除するための、『専用の超音波が出るセンサー』などが販売されていますが、よくよく調べてみればそれはイタチ専用というものではなく、ネズミ専用だったり、タヌキ専用、コウモリ専用だったりするのです。 そのため、イタチにも使えると思い超音波センサーを使ってみても、 超音波ではイタチを駆除できるということは少ないです。 インターネットの動画などでイタチが嫌がる音波なども、かなりの数が配信されているようですが、それらの効果を及ぼしたという実例は今のところ確認されていません。 3 素人でも出来るイタチ退治法 イタチ退治をするプロというものが実際に存在するのですが、そんなプロに頼まなくても素人でできるイタチ退治の方法はないのでしょうか? 先ほどご紹介したように、 煙は比較的効果的です。 ですが継続的な効果が期待できないため、一度煙を出した後にまた煙を出すという努力を何度も行っていかなければ効果がないようです。 穴という穴、隙間という隙間から入ってくるので、まさに「イタチごっこ状態」になってしまいます。 それ以外の方法だとイタチがよくいるところに、 イタチの嫌がる臭いというものを設置するという方法があります。 イタチがどんな臭いを嫌がるのかというと燻製の匂いやお酢の匂い、また石鹸の匂いをイタチは嫌がります。 これをイタチが巣にしていそうなところに置くと良いでしょう。 ホームセンターなどでイタチなどの小動物が嫌がる臭い剤というものが販売されています。 これらは非常に効果が強く、家の中に置いてしまえば、臭いがきつすぎて一緒に住んでいる人までも気分が悪くなるという可能性があるため、イタチの入り口などになっている外に置くようにしましょう。 まとめ 以上、イタチを退治する方法についてご紹介してきました。 イタチを駆除する際、都市伝説じみた方法というものが実際に存在します。 その内の一つである超音波はあまり効果がないようですが、 煙はそれなりに有効です。 ですが手っ取り早く素人でもイタチを退治するためには、イタチのいそうな場所にイタチが嫌がる匂いを設置するというのが最も効果的です。 イタチ退治に困ってる人はこの方法を試してみてはいかがでしょうか? どうしても自力での対策に限界を感じたら業者に相談してみましょう。 『』では業者のメリットから料金相場を紹介しています。 合わせてお読みください。

次の

イタチが家に出た!中途半端な駆除では、被害が大きくなる?イタチの悪臭を防ぐための正しい駆除とは?

イタチ 臭い

この記事の目次• イタチの生態 意外と獰猛 イタチは日本全国に分布しています。 見た目のかわいらしさに反して性格は 獰猛で、小型のネズミや鳥はもちろん、自分より体の大きな生物を狙って捕食することもあります。 基本的に夜行性ですが、昼間から活発に活動する場合もあります。 運動神経がよく 木登りが得意で壁も垂直に登ることができます。 イタチの種類 人間に被害を及ぼすイタチは 二ホンイタチとチョウセンイタチの2種類ですが、特にチョウセンイタチによる被害が大半を占めています。 現在西日本のイタチ被害の殆どがチョウセンイタチによるもので、二ホンイタチは県によっては絶滅危惧種に指定されているところもあります。 チョウセンイタチは外来種で、船の積み荷に混じって朝鮮半島から持ち込まれた説や、毛皮業者により持ち込まれたイタチが逃亡して野生化したという説などがあります。 日本生態学会が定めた日本の 侵略的外来種ワースト100にも指定されています。 自分でできるイタチ対策って? イタチ対策 イタチは嗅覚が鋭い動物なので、強い臭いを嫌います。 そのため 強い臭いを発する忌避剤を使用することはイタチ対策にとても有効です。 侵入口から一番遠い場所に忌避剤を置き、徐々に入口に向かうように設置します。 屋外に設置する場合は、入ってほしくない場所を取り囲むようにして設置しましょう。 またイタチは 夜行性なので強い光を恐れる傾向があります。 イタチが接近するとセンサーが反応して強い光を放つ撃退グッズもあるので、併せて活用するとより効果が期待できるでしょう。 イタチを侵入させない イタチは 3センチの隙間があれば簡単に侵入してしまいます。 イタチの侵入できそうな穴は金属製のネットを使って塞ぐようにしましょう。 また糞尿が残っているとイタチは自分の縄張りだと勘違いして何度も侵入を試みようとします。 糞尿は速やかに片づけ、イタチがいなくなった後も 何度も忌避剤を使用するようにしましょう。 イタチの被害と注意点 イタチによる被害 家の中に侵入した場合、生ごみやその他の食品を食い荒らすこともあります。 都市部での営巣被害が増えていて、天井裏を走り回る音が聞こえたり、糞尿が天井から染み出てきたりなど、騒音や衛生面の問題だけでなく、精神的にも追い詰められてしまいます。 また見た目が可愛いので思わず近づきたくなってしまうかもしれませんが、迂闊に手を出すと「キッ、キッ、キッ」と甲高い声を上げて威嚇しながら、噛みついたり引っ掻いたりなどといった攻撃を仕掛けてくることがあるので注意しましょう。 また肉食傾向があるとはいえ、雑食なので 農作物も食い荒らすことがあり、農家を営む人たちにとって悩みの種であります。 臭いに注意! 「鼬の最後っ屁」という諺どおり、敵に追い詰められたり危険を察知したりすると 肛門付近の臭腺から悪臭を放ち、敵が臭いにひるんでいるうちに逃げます。 その悪臭は取れるまでに時間がかかります。 雑食性ですが肉食傾向にあり、排泄物には動物の骨や甲殻類の殻などが混じることがあり、ハクビシンなどの排泄物よりも臭いがきつくなる傾向があります。 まとめ イタチ対策についてまとめてみました。 イタチは一度繁殖をすると同じ場所で繁殖をすることが多く、居心地がよくなるとその場所から離れなくなってしまいます。 イタチの痕跡を見つけたら速やかに対処することが求められます。

次の

イタチ対策で車の場合はこれ!必要な道具などもくわしく紹介

イタチ 臭い

キッチンの横のゴミ服を、イタチらしき小動物があさっていたのを見つけてしまった!そんな経験ありませんか?イタチがあさったゴミ袋が破けてしまい、新しいゴミ袋に変えてるうちに悪臭で家中が臭くなってしまうこともあるでしょう。 お母さんが妊娠中だったりすると、この悪臭が赤ちゃんに影響があるかもしれないと不安になる人も少なくないと思います。 また夜中にカタカタと足音がして、屋根裏、天井裏にイタチが住んでいるのではないかと不快に感じている人もいるでしょう。 イタチがいるかもしれないので、我流で様々な対策を講じたものの、いまだにイタチが住み着いてるかもしれないという家も少なくないでしょう。 それはそのはず。 イタチは、 わずか3cmほどの隙間があるだけで侵入してくる恐ろしい動物です。 侵入経路をふさいだ!と思っていても、スルリスルリと侵入されていまいます。 イタチについての撃退法を色々と調べてみたけども、なかなかうまくいかないという人も多いと思います。 そんな人のために、今回はイタチの生態と、生態にマッチした殺さずにイタチを撃退する方法について詳しく紹介してきます。 1 イタチの生態 イタチは全世界に20種類ほど存在しており、日本には5種類いるといわれています。 とくにニホンイタチとシベリアイタチの2種類が生息しており、都会に生息しているイタチはシベリアイタチといわれています。 イタチが食べるものとして挙げられるのは、ネズミ、魚、昆虫、人間の食べた残飯などかなりの肉食かつ雑食です。 基本的には夜行性で夜になると活発な動きをし始めます。 嗅覚 イタチの特徴として挙げられるのは、 嗅覚がものすごく発達しているということです。 他の動物に比べてもイタチの嗅覚は非常に発達しており、どんな匂いでも嗅ぎ分ける能力を持っています。 イタチを害獣として捉え、排除する時はこの嗅覚を逆手に利用することも多いのです。 つまりはイタチが嫌いな匂いというものを巣を作りやすい屋根裏などに置いておき、その屋根裏にもう来ないようにしむけるということを出来るのです。 嫌いな匂いとしては燻製の匂いやお酢の匂い、石鹸の匂いなどが苦手な匂いの代表として挙げられます。 視力 イタチの視力はあまりよくありません。 他の動物に比べて、目の力があまり発達していないため、遠くのものを確認することができません。 ですが、日が暮れたら夜中であれば話は別です。 イタチは夜行性でもあることから、暗い中だと視力というものは高くなるのです。 夜だけはとってもよく周りが見えるため、イタチだけはきちんと状況把握していると言うことが可能になるのです。 凶暴性 イタチは見た目はとても可愛いですが、そんな見た目とは裏腹に非常に凶暴な性格を持っています。 イタチを見つけて 不用意に近づいてしまえば攻撃されてしまうこともあるでしょう。 イタチは鋭い牙や爪を持っています。 普通ならばイタチを発見した時、イタチは即座に逃げてしまうことが多いのですが、繁殖期を迎えていたり警戒している時に、イタチと遭遇すると攻撃的になり、積極的に近づいてくるイタチもいます。 実際にイタチを独自で駆除しようと思い、噛み付かれたり引っかかれたりした人は多くいるのです。 イタチの爪や牙には雑菌が非常にくっついており、傷から雑菌が入り感染症が起こったという実例も多く報告されています。 2 殺さないためのイタチ撃退方法 そんなイタチをどうすれば撃退できるのでしょうか?死体の処理は大変なためイタチを殺すことはおすすめできません。 また、イタチは「鳥獣保護法」という法律で許可なく捕獲、駆除することは禁止されています。 鳥獣保護法 鳥獣の保護及び狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資すること 基本的は殺さずに撃退しなければならないのです。 (1)イタチの侵入口を防ぐ 最も簡単にできるのは、イタチの侵入口をふさいでしまうということです。 明らかに達が入っていそうな入り口があれば、その部分に目の細かい金属で作られたネットや網などを設置することによって、イタチが侵入するのを防ぐことができるでしょう。 また、イタチはその家に餌がないと分かると中に侵入してきたりはしません。 餌になりそうなものは全て排除しましょう。 イタチは雑食です。 平気で残飯を食べるためゴミの処理に気をつけなければなりません。 これらの方法を行ったとしても、イタチが侵入してきて悪さをするということは大いにあります。 (2)奥の手!イタチの嗅覚を利用する! そうなった場合、 奥の手としては先ほどご紹介したように、イタチの発達した嗅覚を利用してイタチが嫌がる臭いを設置して回るということです。 イタチは嫌がるにおいは燻製の臭いや酢の臭い、石鹸の臭いです。 これらを準備して、イタチがいそうな場所におくのが良いでしょう。 屋根裏、天井裏、畑などもいいですね。 同時にタヌキなどの動物も寄せ付けなくなるので、オススメです。 また、小動物を排除するための専用の匂い剤というものが発売されています。 それを使うと更に効果的です。 ただし、小動物用の匂い剤を使う場合は、室内に使うことは避けましょう。 あまりにも臭いがきつすぎるため、家の中に住んでいる人たちも気分が悪くなってしまう可能性があります。 屋外で進入口の近くに設置するのが最もベターです。 まとめ 以上、イタチの生態と殺さないためのイタチ撃退方法について詳しくご紹介してきました。 イタチはその可愛い見た目と裏腹に住んでいる人たちに害を及ぼす、いわいる害獣です。 殺してしまうと死体の処理なのが大変ですし、不用意に接近しても、鋭い爪や牙で体に感染症を残される可能性もあります。 最も適切なのはイタチが嫌がる臭いを家または外に配置するということです。 一緒に進入口を金網で塞いだりとさまざまな対策を併用していけば、自分の家にイタチを侵入すること極力避けることができるでしょう。 ぜひお試しください。

次の