エヴァ マリ 死亡。 エヴァンゲリオンの声優一覧!カヲル・アスカなどの人気キャラクターは?

【碇ユイSS】ゲンドウ「エヴァに乗れ」女装シンジ「ふえぇ…」

エヴァ マリ 死亡

「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズには、アニメ版、コミカライズ版、旧劇場版、そして新劇場版の4つの物語が存在します。 いずれの物語も「公式」とされていて、アニメ版がメインストーリーとすれば、その他の物語がパラレルストーリーと考えられています。 そんなエヴァですが、新劇場版には今まで出てこなかった「真希波・マリ・イラストリアス」と言うパイロットが登場します。 いきなり登場したマリは、とにかくその存在が秘密めいてるんです。 ここでは、 マリに隠された4つの秘密についてご紹介していきます。 マリは何者?マリに隠された4つの秘密とは? マリは、その操縦技術が「素人」とは思えないほど、巧みなものでした。 初めて乗ったはずのエヴァ弐号機を見事に乗りこなして見せた時には、周りの人々も驚嘆していました。 それでいて、メガネをかけたロングヘアで、なぜか時代遅れの歌謡曲を口ずさむ意外性、それでいてナイスバディなこともあって、たちまち多くのファンから人気を集めました。 この話の主人公は、16歳で京都大学に飛び級進学した天才少女 「真希波・マリ」。 スポンサーリンク マリはもともと才能もあったので、年齢も違う学友をしのぐ成績を残していましたが、そんなマリが唯一かなわなかった学友が、後の碇ユイ、つまり碇ゲンドウの妻であり、碇シンジの母であった 「綾波ユイ」です。 はじめはユイに嫉妬していたマリでしたが、その感情はいつしか好意に変わります。 嫉妬が募って、ユイの眼鏡を盗んでしまったマリ。 そのことがユイにばれてしまうと、マリは謝罪することになりました。 そんなマリをユイは快く許したことをきっかけに、2人の間に 友情が芽生えます。 そんなマリがエヴァのパイロットとして、当時の姿のまま登場し、ユイの息子であった碇シンジ、そして碇ゲンドウと再び会いまみえることになるのです。 その証拠に、ゲンドウのことを「ゲンドウ君」と呼んだり、NERVにいるアヤナミレイ(仮称)のことを「モデルよりかわいげない」と、アヤナミレイのモデルである碇ユイと比較してがっかりするシーンなどが新劇場版で登場します。 新劇場版のマリは、アスカや葛城ミサトらとともに反NERV組織「ヴィレ」に所属していて、アスカの事は「姫」と呼んで可愛がっていて、同年代として良好な関係を築いています。 マリの容姿は16歳のままの姿をキープしているようで、ゲンドウはマリの姿を見て凝視するシーンもあります。 エヴァに搭乗することで、パイロットは加齢が止まるなどの副作用が出てくると公式設定では書かれているので、その影響でマリもそのような状態になったのでしょう。 新劇場版では、綾波レイは零号機に搭乗していた時、使徒によって零号機ごと食べられてしまい、生死不明となります。 その時、綾波レイを救おうとシンジが初号機で特攻してくる時、初号機の「シン化」とともに、綾波レイと反応してニアサードインパクトが発生してしまい、その後綾波レイは行方不明となってしまいます。 それから14年後、葛城ミサトをはじめ旧NERVメンバーは、反NERV組織「ヴィレ」を結成し、まだ残存しているNERVのエヴァを滅ぼすために活動していました。 スポンサーリンク この時、NERV側には碇ゲンドウらのNERVメンバー、そして使徒でもありチルドレンでもある渚カヲル、そして綾波レイの初期仕様版クローンである 「アヤナミレイ(仮称)」がいたのです。 ちなみに、アヤナミレイ(仮称)は、(仮称)までが正式名称なのであしからず。 このアヤナミレイ(仮称)とエヴァで対峙することになったマリは、クローンであるアヤナミレイ(仮称)ではなく、モデルとなった女性、 綾波ユイを思い出します。 作中で「あんたのオリジナルはもっと愛想があった」と吐き捨てる言葉は、モデルである 綾波ユイを知っているからこそ、吐きだせる言葉なんですね。 彼女には破壊衝動でもあるのか?と考えた人も多いでしょう。 実際、マリは大胆不敵な行動でエヴァを巧みに、時に乱暴に使いこなします。 実際、マリの性格はその外観からは想像も付かないほど 好戦的。 エヴァンゲリオンでの戦闘をゲーム感覚で行っているしぐさも見られますし、なにより目の前の使徒の圧倒的なパワーを前にしても、「面白くなってきた!」と、おそれおののくようなことは全くありません。 おまけに、エヴァンゲリオンの限界を超える裏動作モード「ザ・ビースト」を多用するので、マリ自身も身体のダメージを受けることが多いです。 その結果、エヴァが大破するほどのダメージを受けても、なお「まだまだ!」などと、戦闘意欲が衰えないほどのタフさを持ち合わせています。 製作者サイドとしては、今まで展開されてきた「エヴァ」の物語を、意図的に破壊するために登場した、いわゆる 「はちゃめちゃキャラ」の役割をマリにゆだねているようで、実際マリの言動には豪快すぎて、今までのエヴァのキャラクターと比較しても、異質な存在。 ちなみに、マリは見てのとおり 豊満なバストの持ち主なので、スーツを着用する際、自身のバストサイズとうまく合うかが心配なようで、それがうまく合わない時にはスーツを破壊するかのように胸があらわになることもあります。 この手の「破壊」であれば、男性ファンが大喜びするので、まだいいんでしょうけどね。 そもそもニアサードインパクトを引き起こしたのは、綾波レイとシン化してしまった碇シンジのシンクロが原因でした。 スポンサーリンク その後も、碇シンジをトリガーとして、フォースインパクトが起きる危険性はNERV、敵対するヴィレのいずれの組織も理解していました。 自分がフォースインパクトのカギを握っているとも知らないシンジは、ニアサードインパクトを起こした罪人として扱われることに嫌気がさして、ヴィレから逃亡し、アヤナミレイ(仮称)の心の声に導かれるまま、NERVにやってきます。 そこでシンジは再びエヴァ13号機に乗ることを命じられ、サポート役として渚カヲルとコンビを組むことになります。 シンジとカヲルは次第に親密になり、戦闘中に2人とエヴァンゲリオンが共鳴し、ついに フォースインパクトが始まってしまいます。 その時、トリガーとなっていたシンジをエヴァから引きずり出したのは、大胆不敵な行動が得意のマリでした。 マリがいなければ、フォースインパクトは進行し、地球は再び滅びていたでしょう。 フォースインパクトの危険性について、マリがどこまで理解していたかは分かりませんが、マリの 大胆不敵さと豪快さがなければ、フォースインパクトを防げなかったのは事実です。 まとめ マリは、今までのエヴァンゲリオンの登場人物の中で、 葛城ミサトを超える豪快さと大胆さを持っています。 それでいて、メガネっ子と言うルックス、ナイスバディと言うスタイルを兼ね備えているので、特に男性のファンが多かったんです。 アニメで人気の出る女性キャラの法則に「美少女+メカ」と言うものがありますが、マリの場合は「美少女+メカ+メガネ」という法則に、おまけの「+ナイスバディ」と言う修正が加わるので、女性キャラとしては、まさに完璧。 そんなマリが、エヴァンゲリオンを暴走モードで操縦しては使徒を拳で粉砕したり、いじけてプラグに閉じこもっているシンジをプラグこと引きずり出してフォースインパクトを防いでみたりするのですから、その ギャップがおもしろいですよね。 新劇場版に置いてマリは「既存ストーリーの破壊」を目的として登場させられていますが、その活躍があって、よりエヴァと言う作品が面白くなっているのは、まちがいないでしょう!.

次の

【エヴァ 鈴原トウジ】大怪我する結末 vs 死亡する結末、どっちが魅力?人気投票!

エヴァ マリ 死亡

シンではこの娘が何のために出てきたのか分かるの? -- 名無しさん 2013-11-27 23:09:24• 14年も一緒にいちゃアスカと何回かは「しちゃってる」だろうな -- 名無しさん 2013-11-28 04:05:26• ANIMAでは、ネコミミ幼女。 -- 名無しさん 2014-01-04 17:48:41• 第三次スパロボZ 時獄編では彼女の出番はあるのだろうか? -- 名無しさん 2014-01-27 17:03:04• ぶっちゃけ、完全にアスカとポジションを入れ替えたら旧世紀版との違いを強調できたかもしれない -- 名無しさん 2014-02-19 14:35:46• 原作通りアスカと入れ替わりで参戦するけど、全然絡まない。 AGがエースになって祝福する時もほとんど会話なし 更には選択肢次第でアスカが残留した場合、参加しない。 それでも、アスカよりは強いから特に思い入れがなければマリ一択。 -- 名無しさん 2014-04-28 20:30:35• エヴァ初前向きでやる気マンマンな女性。 個人的にはレイやアスカよりすき。 -- 名無しさん 2014-04-28 21:32:21• 年齢不詳というかゲンドウ辺りと年齢が近い可能性すらあるよな……… -- 名無しさん 2014-05-02 14:12:06• 実はネルフオリジナルメンバーだったりして… -- 名無しさん 2014-05-02 15:33:50• ロリババァ疑惑!? -- 名無しさん 2014-05-02 17:30:13• キョウコさんとか -- 名無しさん 2014-05-02 17:32:16• あのチチどうにかならんか。 エロ過ぎる。 -- 名無しさん 2014-08-28 00:52:43• ぶっちゃけ新劇のアスカはマリとくっついていいと思う。 …ってか14年も一緒にいて何もなかったという方が変だよなぁ 笑 -- 名無しさん 2014-08-28 01:00:00• エヴァ2号機と関わりあってアスカと仲良くしてるってことで、まずアスカのママのキョウコさんが浮かんだのだが… -- 名無しさん 2014-08-28 01:03:21• アスカもそうなんだが、フルネームどういう順番になってんの? 真ん中 ミドルネームの部分? を呼んでるけど -- 名無しさん 2014-08-30 20:26:18• シンジのことを「ネルフのわんこ君」といっているがLCLの匂いをかぎ分けられるところをみると彼女のほうがわんこっぽい。 -- 名無しさん 2014-08-30 21:48:33• 今だに正確な目的が不明ってのも珍しい。 -- 名無しさん 2014-08-31 01:20:38• 彼女が一番しっかりしている気がするな。 Qの最後あの子どうなったんだ? -- 名無しさん 2014-09-05 23:16:58• また空から落ちてくるんじゃない? -- 名無しさん 2014-09-05 23:21:26• 序も破も見ずにQだけ見たけどマリ可愛いじゃないか。 わけはわからんかったけど -- 名無しさん 2014-09-05 23:37:19• シンジをおっぱいで窒息させかけた -- 名無しさん 2014-09-05 23:38:21• 破だけ見てみるわ -- 名無しさん 2014-09-05 23:44:28• クレイジーヒロインは良い!!! -- 名無しさん 2014-09-06 22:36:33• Qで冬月さんが見せてくれた幼少期シンジの写真に、明らかにマリっぽい人いたよな。 -- 名無しさん 2014-09-07 07:32:59• 破の冒頭のバトルで独り言多い&歌&「面白いから、イイ!」などの狙いすぎたキャラ、無駄なお色気演出などいかにもな感じで萌えを狙ってて気持ち悪いと思ってたのに…Q観たらもうなんだこの娘かわいいじゃないかすっかりマリちゃん大好きだよもう -- 名無しさん 2014-09-07 10:31:35• 結局何者なのやら…… -- 名無しさん 2014-09-07 10:49:53• 最終章では彼女も旧のようにパシャるのだろうか? -- 名無しさん 2014-09-08 11:22:16• 綾波の話じゃないだろ… -- 名無しさん 2014-09-08 11:47:19• -- 名無しさん 2014-09-08 13:34:19• 漫画版のアレは新劇と繋がるのかね -- 名無しさん 2014-11-21 03:34:10• まさかのガチレズだった件について -- 名無しさん 2014-11-23 00:41:04• まさか漫画版で先にネタバラシするとは -- 名無しさん 2014-12-02 17:15:26• 漫画最終巻の特別編にいた方が -- 名無しさん 2014-12-02 17:22:21• ユイの姓も碇だし、新劇とは別世界だけどね -- 名無しさん 2014-12-08 17:02:46• ババアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!? -- 名無しさん 2014-12-08 18:01:40• マンガ版にてまさかの事実。 あれが新劇にも適用されるならゲンドウと5、6才しか変わらない…だと…? -- 名無しさん 2014-12-09 13:01:46• 1982年生まれみたいだが…? -- 名無しさん 2015-02-22 12:39:16• ORASのヒガナのセリフがまんまこの人で脳内再生されるんだが・・・ロリババア疑惑があるのも共通してるね。 -- 名無しさん 2015-04-01 02:03:37• 「破」時点ではアスカと顔を合わせてないんだよな確か。 14年の間に何があったのか気になる…!! -- 名無しさん 2015-11-14 06:16:11• 漫画版の事実が適用されてたら目的はユイサルベージか?とも思うがユイの後追って科学者ならユイの目的理解してそうだから同じところに上るのが目的の可能性も・・・、そして母親似のシンジはどう映ってるんだろう・・・冬月先生が女装させたいレベルのシンジ君w -- 名無しさん 2015-11-18 11:48:22• もし新劇が並行世界モノだった場合、式波アスカ・惣流アスカのどちらかの母が弐号機コアに入っており、もう片方の母がマリ……という可能性は無いか? -- 名無しさん 2016-03-17 15:55:06• 原作でのカミングアウト以降、公式でも完全にアスカLOVEのレズキャラとして扱われてる模様。 -- 名無しさん 2016-07-16 11:45:00• エロ同人のせいでシンジを搾り取る役としか思ってなかった -- 名無しさん 2016-09-05 17:23:37• 「破」でのあのシーンも実はL. L…つまりユイの匂いに欲情してたんだよな -- 名無しさん 2016-09-05 18:54:22• ゴジラ対エヴァンゲリオンのノートで、エヴァパイロットとゴジラ怪獣の人形の組み合わせイラスト中に、この子はいなかったんだよな…もしあったとしたら、キングギドラ人形でも持ってたのかな -- 名無しさん 2016-10-01 20:10:18• なにげにQでカヲルの次にシンジに優しかったのは彼女かもしれない(他が酷すぎるだけだが) -- 名無しさん 2016-10-01 20:32:03• 弐号機動かせたのはアスカの母親の魂が入ってるからか…? -- 名無しさん 2016-10-27 17:43:50• アスカの母親のクローンだからだろう。 -- 名無しさん 2016-10-27 18:10:54• 実際吹っ切れたアスカにとって2号機は愛機 notママ としての認識だし。 -- 名無しさん 2016-12-13 18:36:42• だからワンコくんがやらかして姫が悲しめばしっかり叱りつけるし -- 名無しさん 2017-01-14 22:56:32• この記事の最後で名字が旧日本海軍の〜って言ってるけど、どちらかというと海上自衛隊のあやなみ型護衛艦が由来じゃないかな。 理由としてはあやなみ、しきなみ(式波)、まきなみが同型艦っていうことだけしかないけど。 あとイラストリアスはイギリスの空母が由来だと思う。 -- 名無しさん 2017-07-28 02:08:34• アレ?漫画版だとアスカの母親は男性と結婚してたよね?その男性との間に子供が出来なくて、男性は他の女性と浮気して子供を作った為に離婚。 その後「精子バンク」で提供された精子でアスカが産まれたけど実験中に精神崩壊を起こして育てられなくなったので、母親の元夫と浮気相手に引き取られたはず。 まあ、漫画版と映画版は別物と云われればそれまでだけど -- 名無しさん 2018-03-26 21:53:12• ユイに振られてヤケを起こしたか、単純に子供が欲しかった故の偽装結婚だったんじゃない? -- 名無しさん 2018-05-03 23:26:41• メンタルボロクソのシンジに男なら姫を守れーなんてほざいちゃうようなのがシンジに優しい・・・だって? -- 名無しさん 2018-08-17 19:00:10• ユイの子供だからシンジにも思い入れ有るけどアスカとシンジならアスカが大切ってことだろう -- 名無しさん 2019-07-25 13:14:54• ぶっちゃけこいつの場合シンジの存在はアスカを喜ばせるための道具でしかないから2位どころか10本の指に入るとも到底思えんし、もうシンジはそっとしといてやってアスカとしっぽりやっててくださいとしか -- 名無しさん 2020-05-19 22:33:04.

次の

漫画『新世紀エヴァンゲリオン』のあらすじや感想・考察!(ネタバレ有)旧劇やアニメとの違いも検証

エヴァ マリ 死亡

その謎の中でも、物語の終盤に出てきた「人類補完計画」とは一体何なのか?ゼーレが行おうとしたものとゲンドウが行おうとしたものは違うの?などと思う人も多かったと思います。 そんなエヴァの 謎の根源とも言える存在が碇ユイです。 女性の科学者でありながらエヴァとは深く関わっている人物のひとりですが、本編ではほんの僅かの登場しかありません。 碇ユイがいたからこそ、「人類補完計画」にかなり深く関わっていくことは事実なので、詳しく紹介していきます。 碇ゲンドウの相方でお馴染みの 冬月は、元々大学の教授で碇ユイとゲンドウとは教え子の関係でした。 そんな2人が出会って結ばれるまでにそう時間は掛かりませんでした。 冬月にも結婚したことを話すのですが冬月は 何かを企んでいるゲンドウを嫌っていました。 ゲンドウは六分儀ゲンドウが本名で、ユイの実家である碇家へ婿養子で入ったのです。 それは 自らの保身のためにユイの力を利用しているのではないか?と思わせる感じでした。 それからすぐに息子のシンジが生まれて、三人家族で過ごす時間が数年続くことになります。 碇ユイとは?その2:実験で起こった悲劇 碇ユイは、赤城リツコの母親である赤城ナオコたちとエヴァの研究を行っていて、最終段階にまでこぎつけることができました。 エヴァに搭乗するところをシンジにも見せたくて研究所へと連れていきます。 実験が開始されしばらくすると警告音が鳴り響きます。 そして碇ユイは息子シンジの目の前でエヴァの中から忽然と姿を消してしまっていたのです。 肉体がLCL化してしまい、彼女の体は消失してしまいました。 これには碇ゲンドウも予想外という形で動揺を隠すことができませんでした。 それ以降 サルベージ計画が行われてユイを引き戻すことを試みたのですが、ユイは初号機に留まることを選択したようで成功しませんでした。 人が生きた証を残すということを第一に考えていたユイは、 どんな場所でも自らが選択したところならそこは天国になると話しています。 彼女は、エヴァの中でも生き続けられるという自信もあったのです。 しかしそれを他者に強要する考えはなかったようで、 自分の未来は自分で切り開くという考えさえあればどこで生き続けても良いとすら思っていました。 そのためシンジが初号機に取り込まれた時も自らの選択で決めなさいという感じで、サルベージ計画か行われた時にここに留まるのか?それとも現実に還るのか?を選択させました。 結果、 シンジは還ることを選んで肉体は戻ることになったのですが、ユイはある意味初号機の中でどの世界を選ぶのかという番人のような感じになっています。 碇ユイとは?その4:サルベージとレイの誕生 今日は綾波レイと碇ユイの誕生日!! おめでとうございます!! そして碇ユイを取り戻すための計画として 初号機に取り込まれたユイのサルベージから綾波レイを誕生させました。 綾波レイはいわゆる人造人間でアダムから作られています。 半分は碇ユイで半分はアダムという遺伝子構造になっていて、魂はリリスのものを注入されました。 そして替えの肉体がいくつも存在して、以前の記憶もしっかりと次の肉体に引き継がせることができています。 そもそも綾波レイは何のために必要か、それは、 ゲンドウがリリスの魂を持つレイと融合を果たすためです。 そうすることで 神と同等の存在になれたのですが、結果はレイに拒絶されて自らの目的が未遂に終わってしまいました。 関連記事をご紹介! 碇ユイとは?その5:マリとの関係とは? 君、いい匂い、LCLの香りがする…君、面白いね。 【真希波• イラストリアス】 — エヴァbot takatanien10 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』では、真希波マリが登場しています。 碇ユイは、マリと意外な関係がありました。 それは 漫画版の方で描かれていた、 「夏色のエデン」というストーリーにあります。 マリは16歳で京都大学に飛び級した天才少女で、ユイとゲンドウの同級生となりました。 そこでユイには実力において、何も敵わないことを知ったマリが嫉妬をして眼鏡を隠してしまいます。 しかし、そんな出来事もユイは快く許してくれたので、2人の間には友情が芽生えることにもなりました。 マリは変わらない姿でエヴァのパイロットして劇場版で活躍していますが、それは エヴァに乗ることで年齢が止まるという副作用があるからだと思われます。 碇ユイとは?その6:全ての元凶だと思われる理由 エヴァの碇ユイが京都大学の研究者だったという設定はかなり嬉しかったりする。 よく使うのはどこの食堂だったんだろなあとか考えたりする。 「人類補完計画」とは、 全ての人類を1つの生命体にすることで完璧な世界を作り上げるというものです。 しかしゲンドウは全てを取り仕切っていたゼーレの考えている「人類補完計画」とは別の方向へ進んでいました。 それは自らの体にアダムとリリスを取り込むことによって神になろうとしたのです。 そして 自らの手でサードインパクトを起こし碇ユイとの再会を果たそうとします。 碇ユイのためならという考えがあらゆる原因を生んでいたことも事実です。 もしもユイがいなかったらどうなっていたか?ゲンドウは碇ユイ消失からすぐに「人類補完計画」を立案していたので、この計画そのものがなくなっていた可能性があるのです。 他にも 碇シンジが他者と生きることを選択したのもユイの言動が大きかったので、シンジの心に絶望しかなかったのならあっさりと人類は新たな進化と言える1つの生命体になったことでしょう。 様々な点から考えても元凶とも言うべき存在には違いありません。 そんな言葉を紹介していきます。 シンジが ゼルエルとの戦いで初号機に取り込まれそうになった時に碇ユイが現れます。 そしてシンジが初号機に取り込まれるのは自らの意思なのか?という意味でこの言葉を口にするのですが、こういった形でシンジをサポートするためでもあったのですね。 シンジは何度も現実から目を背けようとして逃げてしまう性格でした。 しかしこの母親の言葉によって現実に還ることができたのです。 旧劇場版で全ての選択を迫られることになったシンジでしたが、 誰も自分を傷つけない世界を選ぶのではなく、傷つけられても他者と一緒に過ごす世界を選びました。 ミサトやアスカの影響も大きいのですが、碇ユイの言葉も反映されていたのかもしれませんね。 赤ちゃんのシンジを目の前にしてユイはつぶやくのですが、ユイの望んだ明るい未来とは一体何か?と思います。 いずれにしても 人類は亡びる運命にあるかもしれないのですが、何かしらの方法が絶対にあるはずだとずっと模索していたのです。 それが研究にも反映されていたことも事実です。 そして自らが初号機に取り込まれたことで、 初号機と融合して永遠に生きるという選択をすれば回避できるとも考えました。 そのため還ることを選択しなかったのですが、こんな形の未来もあると確信していました。 碇ユイはどのような形であれ、人として生きたという証を残したかったのです。 碇ユイは確実にストーリーの最深部に関わっている! 碇ユイは「ネルフ」の前身の研究施設「ゲヒルン」の研究者で碇ゲンドウの妻となる人物です。 ゲンドウとの結婚の後にシンジが誕生することになりましたが、常に子どもたちの未来のために研究していました。 そして エヴァ初号機とのシンクロ実験の最中に初号機に取り込まれるという事故が起こります。 その出来事によって全ての歯車は崩れてしまったのです。 そこからゲンドウは「人類補完計画」を打ち出し、 ゼーレとは異なった結末で計画を進めていました。 碇ユイは初号機の中で 永遠に生き続けられることを知ったので、それを望む者はそれに従えばいいし、望まない者は別の生き方を持てばいいと考えていました。 そのためジンシが一度初号機に取り込まれた時に すぐに受け入れるのではなく、選択肢を与えていました。 その後は「人類補完計画」が発動してしまい、結果全人類はLCL化してしまうのですが、 他者と1つの生命体になることを拒んだシンジは現実の世界へと還ることになりました。 もしも碇ユイが存在しなければ、ゲンドウが壊れることなく違った結末になっていたのは事実です。 関連記事をご紹介!.

次の