ラガマフィン。 ラガマフィンは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ラガマフィンってどんな猫?性格と特徴からわかる飼い方のコツとは?

ラガマフィン

スコティッシュフォールド 199• スコティッシュフォールド 折れ耳 106• スコティッシュフォールド 立ち耳 93• マンチカン 160• マンチカン 長足 83• マンチカン 短足 77• メインクーン 145• ノルウェージャンフォレストキャット 139• エキゾチックショートヘア 107• ブリティッシュショートヘア 89• ラグドール 69• ミヌエット 64• ベンガル 62• ペルシャ 54• アメリカンショートヘア 49• サイベリアン 47• ペルシャ チンチラ 45• ロシアンブルー 29• ラガマフィン 26• セルカークレックス 25• ミックス・その他の猫種 21• ラパーマ 20• シャルトリュー 17• キンカロー 10• ヒマラヤン 8• ソマリ 8• エジプシャンマウ 7• オシキャット 6• アビシニアン 5• アメリカンカール 5• ブリティッシュロングヘア 4• シンガプーラ 4• トイガー 4• ラムキン 3• スコティッシュストレート 3• デボンレックス 2• エルフキャット 2• エキゾチックロングヘア 2• サバンナキャット 2• スフィンクス 2• トンキニーズ 2• ボンベイ 1• トイボブ 1• アビシニアン 5• アメリカンカール 5• アメリカンショートヘア 49• アメリカンバーミーズ 0• アメリカンボブテイル 0• アメリカンリングテイル 0• アメリカンワイヤーヘア 0• エキゾチックショートヘア 107• エキゾチックロングヘア 2• エジプシャンマウ 7• エルフキャット 2• オシキャット 6• オホサスレス 0• オリエンタルショートヘア 0• オリエンタルロングヘア 0• カオマニー 0• キムリック 0• キンカロー 10• コーニッシュレックス 0• コラット 0• サイベリアン 47• サバンナキャット 2• シャム サイアミーズ 0• シャルトリュー 17• シンガプーラ 4• ジャパニーズボブテイル 0• スコティッシュストレート 3• スコティッシュフォールド 折れ耳 106• スコティッシュフォールド 立ち耳 93• スノーシュ 0• スフィンクス 2• セイシェルワ 0• セルカークレックス 25• セレンゲティ 0• ソマリ 8• ターキッシュアンゴラ 0• ターキッシュバン 0• チャイニーズ・リー・ファ 0• デボンレックス 2• トイガー 4• トイボブ 1• トンキニーズ 2• ドウェルフ 0• ドンスコイ 0• ノルウェージャンフォレストキャット 139• ハバナ 0• バーマン 0• バーミラ 0• バリニーズ 0• バンビーノ 0• ヒマラヤン 8• ピクシーボブ 0• ブリティッシュショートヘア 89• ブリティッシュロングヘア 4• ベンガル 62• ペルシャ 54• ペルシャ チンチラ 45• ボンベイ 1• マンクス 0• マンチカン 短足 77• マンチカン 長足 83• ミヌエット 64• ミンスキン 0• メインクーン 145• ヨーロピアンバーミーズ 0• ラガマフィン 26• ラグドール 69• ラパーマ 20• ラムキン 3• ロシアンブルー 29• ミックス・その他の猫種 21 ラグドールを祖先に持つ「ラガマフィン」は、ふわふわの長毛とマズルの詰まった丸顔がかわいらしい大型猫です。 大きな体格に似合わず、人に抱っこされるのが大好きな甘えん坊。 穏やかな性格でとても飼いやすいのもラガマフィンの魅力です。 直系の祖先である「ラグドール」は、1960年頃アメリカのブリーダーにより作出された猫です。 作出者はラグドールの繁殖をフランチャイズビジネスの形で独占的に管理しており、他のラグドールブリーダーたちは徐々に反発を強めていきました。 1990年頃に入り、別の愛好家団体を立ち上げたブリーダーらは、ラグドールの基準を変更し、新たな猫種として育種を行う動きを見せます。 ラグドールにペルシャ、ヒマラヤンなどを掛け合わせて誕生したのが、現在のラガマフィンです。 体重はオスが6. 5~9kg程度、メスが4. 5~7kgが標準とされており、なかには10kgを超えるほど大きくなる個体も。 成長スピードは緩やかで、成猫サイズになるまで4年もの時間がかかります。 毛色のバリエーションは非常に豊富で、「カラフルラグドール」の異名を持つことで知られています。 血統登録機関でもありとあらゆるタイプの色が認められています。 毛質はまるでウサギの毛のように柔らかく、シルキー。 他の長毛種と比べて毛がもつれにくく抜けにくいため、お手入れもさほど難しくありません。 また、猫の目の色はもともと持っている色素に左右されるものですが、毛色がカラフルなラガマフィンの目もやっぱりカラフル。 グリーン、ゴールド、アンバーなどと、さまざまな目の個体が存在します。 祖先であるラグドールとは外見・性格ともによく似ていると言われており、見分けが付きにくいこともしばしば。 毛色については、ラグドールの場合シール(こげ茶)、チョコレート、ブルー、ライラックなどが挙げられるのに比べ、ラガマフィンには規定がなくバリエーションがより豊富であるという点で違いがあります。 また、ラガマフィンは育種の経緯において、近親交配による遺伝的疾患のリスクを軽減するためにラグドールをベースにペルシャやヒマラヤンを掛け合わせており、その点でもラグドールと一線を画しています。 ラガマフィンの性格 「ぬいぐるみ」の名を持つラグドールの血を引いていることから、ラガマフィンの性格は、とても穏やかで甘えん坊。 飼い主の側にいることや、静かに抱っこされることを好みます。 温和な性格のため、飼い主を争って他の猫とケンカすることはめったにありません。 先住猫とも仲よくできるため、多頭飼いや他のペットとの暮らしにも向いています。 子どもの相手も苦にせず、ファミリー向けの猫であると言ってよいでしょう。 またラガマフィンはとても賢く、しつけがしやすいという面でも優れています。 子猫の頃からトレーニングすれば、おトイレの失敗や室内を汚すようなイタズラの心配もあまり必要ありません。 猫と言えばキャットタワーや家具によじ登るイメージがありますが、ラガマフィンは運動量が少ない猫です。 激しい運動に興味を示すことは少なく、それよりもゆったりのんびり過ごすのが好きなようです。 子猫のときはやんちゃに動き回ることもありますが、成猫になれば非常に静かで、集合住宅でも飼いやすい猫になるでしょう。 猫の性格には個体差がありますが、オス・メスによっても若干の違いが見られるようです。 オスのラガマフィンはメスより甘えん坊になることが多く、成猫になっても子猫のようにやんちゃな一面を見せることも。 一方のメスは、オスと比べてクールで独立心が強い傾向にあります。 ラガマフィンの飼い方 初心者でも飼いやすいとされるラガマフィン。 飼い方のコツを押さえることで、猫との生活はさらに充実したものとなります。 食事のポイント丈夫でしなやかな身体と美しい被毛を作るのは、日々の食事です。 ラガマフィンのような大型猫は、子猫から成猫になるまでは長い時間がかかります。 フードにはドライタイプとウェットタイプがありますが、子猫のときには、成長期に必要な栄養を含むものを与えましょう。 成猫になってからは運動量が激減するため、肥満に注意する必要があります。 食べ過ぎに注意し、フードは1日4~6回に分けて与えます。 猫の消化に優しい「グレインフリー」タイプや、毛玉の飲み込みをケアするために食物繊維を多く含むタイプがおすすめです。 必要な運動量、おすすめの遊ばせ方先ほども説明したように、ラガマフィンはあまり運動を必要としない猫です。 キャットタワーを選ぶときは、天井まで届くような高いものではなく、ラガマフィンの体重をしっかり支えられるような低くて安定感のあるものを探すとよいでしょう。 肥満防止やストレス解消のために、1日短い時間でも猫と遊ぶ時間を作るのがおすすめです。 好奇心旺盛な子猫のうちは、猫じゃらしのようなおもちゃを使って一緒に遊ぶのも大好きです。 ぜひ日常的なコミュニケーションの一環として取り入れてくださいね。 お手入れ方法猫は自分で毛づくろいをする動物ですが、ラガマフィンの豊かな被毛を保つためには、飼い主さんの手でケアすることも重要です。 日常的なお手入れとして、毎日のブラッシングは欠かせません。 長毛種に適したスリッカーブラシで毛のもつれを解いてから、コームや獣毛ブラシで全身の毛流れを整えます。 ラガマフィンの毛は、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)に分かれるダブルコートです。 やわらかなアンダーコートは、換毛期になると大量に抜け落ちて生え変わります。 抜け毛をそのままにしておくと、グルーミングの際に毛を飲み込んでしまったり、家の中が毛だらけになってしまったり…なんてことも。 換毛期には抜け毛専用のブラシを使ってみるのもよいでしょう。 また、抜け毛が多い時期には、シャンプーでさっぱり洗い流すという方法もあります。 洗い過ぎは返って猫の皮膚を傷める恐れがあるため、多い時でも月に1回程度が適切です。 必ず猫用のシャンプーを使い、すすぎ残しや濡れっぱなしには注意してください。 ラガマフィンの寿命 ラガマフィンの平均寿命は、11年から13年ほどと言われています。 一般的な猫の平均寿命は14年前後であることから、ラガマフィンはやや短命傾向であることが分かりますね。 猫と1日でも長く一緒に暮らすためには、猫にとって最適な居住環境を整え、健康に配慮した生活を送らせることが重要です。 適切な食事と運動、ストレスの少ない生活を心掛けましょう。 また、ラガマフィンは遺伝的疾患に配慮して育種された猫ですが、それでもやはり病気のリスクは全くのゼロではありません。 病気については、何よりも早期発見することが大切です。 猫の様子がいつもと違ったり、少しでもおかしいなと思う点があったりするときは、できるだけ早く動物病院に連れていきましょう。 ラガマフィンの気を付けたい病気 「肥大型心筋症」は、遺伝的にかかりやすいとされる病気です。 明確な原因は不明ですが、心筋が肥大することにより、全身の血の巡りが悪くなります。 悪化すると動脈血栓症に発展するリスクが高まることも指摘されています。 同じく「多発性嚢胞腎」も遺伝的に多い病気です。 子猫の頃から徐々に進行し、腎臓に嚢胞と呼ばれる液体などがたまった袋が蓄積していきます。 慢性的な腎不全状態に陥ると、命にかかわる危険も。 初期症状としては、食欲不振や多尿、息切れや疲れやすさが挙げられます。 「尿路結石」は、腎臓や泌尿器系に砂や石のような物質ができる病気です。 尿に血が混じったり、排尿時に痛がるような様子が見られたりするときは、この病気を疑いましょう。 水分や栄養不足、ストレスなどが原因とされていますが、原因ははっきりしていません。 軽度の場合は薬を使って石を散らす治療を行い、重度の場合は手術によって取り除く処置を行います。

次の

【性格・毛色・寿命など】ラガマフィンはどんな猫?

ラガマフィン

スコティッシュフォールド 199• スコティッシュフォールド 折れ耳 106• スコティッシュフォールド 立ち耳 93• マンチカン 160• マンチカン 長足 83• マンチカン 短足 77• メインクーン 145• ノルウェージャンフォレストキャット 139• エキゾチックショートヘア 107• ブリティッシュショートヘア 89• ラグドール 69• ミヌエット 64• ベンガル 62• ペルシャ 54• アメリカンショートヘア 49• サイベリアン 47• ペルシャ チンチラ 45• ロシアンブルー 29• ラガマフィン 26• セルカークレックス 25• ミックス・その他の猫種 21• ラパーマ 20• シャルトリュー 17• キンカロー 10• ヒマラヤン 8• ソマリ 8• エジプシャンマウ 7• オシキャット 6• アビシニアン 5• アメリカンカール 5• ブリティッシュロングヘア 4• シンガプーラ 4• トイガー 4• ラムキン 3• スコティッシュストレート 3• デボンレックス 2• エルフキャット 2• エキゾチックロングヘア 2• サバンナキャット 2• スフィンクス 2• トンキニーズ 2• ボンベイ 1• トイボブ 1• アビシニアン 5• アメリカンカール 5• アメリカンショートヘア 49• アメリカンバーミーズ 0• アメリカンボブテイル 0• アメリカンリングテイル 0• アメリカンワイヤーヘア 0• エキゾチックショートヘア 107• エキゾチックロングヘア 2• エジプシャンマウ 7• エルフキャット 2• オシキャット 6• オホサスレス 0• オリエンタルショートヘア 0• オリエンタルロングヘア 0• カオマニー 0• キムリック 0• キンカロー 10• コーニッシュレックス 0• コラット 0• サイベリアン 47• サバンナキャット 2• シャム サイアミーズ 0• シャルトリュー 17• シンガプーラ 4• ジャパニーズボブテイル 0• スコティッシュストレート 3• スコティッシュフォールド 折れ耳 106• スコティッシュフォールド 立ち耳 93• スノーシュ 0• スフィンクス 2• セイシェルワ 0• セルカークレックス 25• セレンゲティ 0• ソマリ 8• ターキッシュアンゴラ 0• ターキッシュバン 0• チャイニーズ・リー・ファ 0• デボンレックス 2• トイガー 4• トイボブ 1• トンキニーズ 2• ドウェルフ 0• ドンスコイ 0• ノルウェージャンフォレストキャット 139• ハバナ 0• バーマン 0• バーミラ 0• バリニーズ 0• バンビーノ 0• ヒマラヤン 8• ピクシーボブ 0• ブリティッシュショートヘア 89• ブリティッシュロングヘア 4• ベンガル 62• ペルシャ 54• ペルシャ チンチラ 45• ボンベイ 1• マンクス 0• マンチカン 短足 77• マンチカン 長足 83• ミヌエット 64• ミンスキン 0• メインクーン 145• ヨーロピアンバーミーズ 0• ラガマフィン 26• ラグドール 69• ラパーマ 20• ラムキン 3• ロシアンブルー 29• ミックス・その他の猫種 21 ラグドールを祖先に持つ「ラガマフィン」は、ふわふわの長毛とマズルの詰まった丸顔がかわいらしい大型猫です。 大きな体格に似合わず、人に抱っこされるのが大好きな甘えん坊。 穏やかな性格でとても飼いやすいのもラガマフィンの魅力です。 直系の祖先である「ラグドール」は、1960年頃アメリカのブリーダーにより作出された猫です。 作出者はラグドールの繁殖をフランチャイズビジネスの形で独占的に管理しており、他のラグドールブリーダーたちは徐々に反発を強めていきました。 1990年頃に入り、別の愛好家団体を立ち上げたブリーダーらは、ラグドールの基準を変更し、新たな猫種として育種を行う動きを見せます。 ラグドールにペルシャ、ヒマラヤンなどを掛け合わせて誕生したのが、現在のラガマフィンです。 体重はオスが6. 5~9kg程度、メスが4. 5~7kgが標準とされており、なかには10kgを超えるほど大きくなる個体も。 成長スピードは緩やかで、成猫サイズになるまで4年もの時間がかかります。 毛色のバリエーションは非常に豊富で、「カラフルラグドール」の異名を持つことで知られています。 血統登録機関でもありとあらゆるタイプの色が認められています。 毛質はまるでウサギの毛のように柔らかく、シルキー。 他の長毛種と比べて毛がもつれにくく抜けにくいため、お手入れもさほど難しくありません。 また、猫の目の色はもともと持っている色素に左右されるものですが、毛色がカラフルなラガマフィンの目もやっぱりカラフル。 グリーン、ゴールド、アンバーなどと、さまざまな目の個体が存在します。 祖先であるラグドールとは外見・性格ともによく似ていると言われており、見分けが付きにくいこともしばしば。 毛色については、ラグドールの場合シール(こげ茶)、チョコレート、ブルー、ライラックなどが挙げられるのに比べ、ラガマフィンには規定がなくバリエーションがより豊富であるという点で違いがあります。 また、ラガマフィンは育種の経緯において、近親交配による遺伝的疾患のリスクを軽減するためにラグドールをベースにペルシャやヒマラヤンを掛け合わせており、その点でもラグドールと一線を画しています。 ラガマフィンの性格 「ぬいぐるみ」の名を持つラグドールの血を引いていることから、ラガマフィンの性格は、とても穏やかで甘えん坊。 飼い主の側にいることや、静かに抱っこされることを好みます。 温和な性格のため、飼い主を争って他の猫とケンカすることはめったにありません。 先住猫とも仲よくできるため、多頭飼いや他のペットとの暮らしにも向いています。 子どもの相手も苦にせず、ファミリー向けの猫であると言ってよいでしょう。 またラガマフィンはとても賢く、しつけがしやすいという面でも優れています。 子猫の頃からトレーニングすれば、おトイレの失敗や室内を汚すようなイタズラの心配もあまり必要ありません。 猫と言えばキャットタワーや家具によじ登るイメージがありますが、ラガマフィンは運動量が少ない猫です。 激しい運動に興味を示すことは少なく、それよりもゆったりのんびり過ごすのが好きなようです。 子猫のときはやんちゃに動き回ることもありますが、成猫になれば非常に静かで、集合住宅でも飼いやすい猫になるでしょう。 猫の性格には個体差がありますが、オス・メスによっても若干の違いが見られるようです。 オスのラガマフィンはメスより甘えん坊になることが多く、成猫になっても子猫のようにやんちゃな一面を見せることも。 一方のメスは、オスと比べてクールで独立心が強い傾向にあります。 ラガマフィンの飼い方 初心者でも飼いやすいとされるラガマフィン。 飼い方のコツを押さえることで、猫との生活はさらに充実したものとなります。 食事のポイント丈夫でしなやかな身体と美しい被毛を作るのは、日々の食事です。 ラガマフィンのような大型猫は、子猫から成猫になるまでは長い時間がかかります。 フードにはドライタイプとウェットタイプがありますが、子猫のときには、成長期に必要な栄養を含むものを与えましょう。 成猫になってからは運動量が激減するため、肥満に注意する必要があります。 食べ過ぎに注意し、フードは1日4~6回に分けて与えます。 猫の消化に優しい「グレインフリー」タイプや、毛玉の飲み込みをケアするために食物繊維を多く含むタイプがおすすめです。 必要な運動量、おすすめの遊ばせ方先ほども説明したように、ラガマフィンはあまり運動を必要としない猫です。 キャットタワーを選ぶときは、天井まで届くような高いものではなく、ラガマフィンの体重をしっかり支えられるような低くて安定感のあるものを探すとよいでしょう。 肥満防止やストレス解消のために、1日短い時間でも猫と遊ぶ時間を作るのがおすすめです。 好奇心旺盛な子猫のうちは、猫じゃらしのようなおもちゃを使って一緒に遊ぶのも大好きです。 ぜひ日常的なコミュニケーションの一環として取り入れてくださいね。 お手入れ方法猫は自分で毛づくろいをする動物ですが、ラガマフィンの豊かな被毛を保つためには、飼い主さんの手でケアすることも重要です。 日常的なお手入れとして、毎日のブラッシングは欠かせません。 長毛種に適したスリッカーブラシで毛のもつれを解いてから、コームや獣毛ブラシで全身の毛流れを整えます。 ラガマフィンの毛は、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)に分かれるダブルコートです。 やわらかなアンダーコートは、換毛期になると大量に抜け落ちて生え変わります。 抜け毛をそのままにしておくと、グルーミングの際に毛を飲み込んでしまったり、家の中が毛だらけになってしまったり…なんてことも。 換毛期には抜け毛専用のブラシを使ってみるのもよいでしょう。 また、抜け毛が多い時期には、シャンプーでさっぱり洗い流すという方法もあります。 洗い過ぎは返って猫の皮膚を傷める恐れがあるため、多い時でも月に1回程度が適切です。 必ず猫用のシャンプーを使い、すすぎ残しや濡れっぱなしには注意してください。 ラガマフィンの寿命 ラガマフィンの平均寿命は、11年から13年ほどと言われています。 一般的な猫の平均寿命は14年前後であることから、ラガマフィンはやや短命傾向であることが分かりますね。 猫と1日でも長く一緒に暮らすためには、猫にとって最適な居住環境を整え、健康に配慮した生活を送らせることが重要です。 適切な食事と運動、ストレスの少ない生活を心掛けましょう。 また、ラガマフィンは遺伝的疾患に配慮して育種された猫ですが、それでもやはり病気のリスクは全くのゼロではありません。 病気については、何よりも早期発見することが大切です。 猫の様子がいつもと違ったり、少しでもおかしいなと思う点があったりするときは、できるだけ早く動物病院に連れていきましょう。 ラガマフィンの気を付けたい病気 「肥大型心筋症」は、遺伝的にかかりやすいとされる病気です。 明確な原因は不明ですが、心筋が肥大することにより、全身の血の巡りが悪くなります。 悪化すると動脈血栓症に発展するリスクが高まることも指摘されています。 同じく「多発性嚢胞腎」も遺伝的に多い病気です。 子猫の頃から徐々に進行し、腎臓に嚢胞と呼ばれる液体などがたまった袋が蓄積していきます。 慢性的な腎不全状態に陥ると、命にかかわる危険も。 初期症状としては、食欲不振や多尿、息切れや疲れやすさが挙げられます。 「尿路結石」は、腎臓や泌尿器系に砂や石のような物質ができる病気です。 尿に血が混じったり、排尿時に痛がるような様子が見られたりするときは、この病気を疑いましょう。 水分や栄養不足、ストレスなどが原因とされていますが、原因ははっきりしていません。 軽度の場合は薬を使って石を散らす治療を行い、重度の場合は手術によって取り除く処置を行います。

次の

癒しのラガマフィンブリーダー・キャッテリー|かわいい子猫に出会えるブリーダー直販サイト

ラガマフィン

ラガマフィンの名前の由来 「ラガマフィン」という名は愛好家団体によって付けられ、「いたずらっ子」「ぼろ服をまとった人」という意味があります。 冗談半分で付けられましたが、登録後の名前の変更が不可だったため、この名前のままとなりました。 ラガマフィンの歴史 ラグマフィンは猫を使ったビジネスと愛好家の対立によって生まれました。 1960年、カリフォルニアのペルシャ猫のブリーダーであったベイカーは飼育していたペルシャと地域に住んでいた猫、バーマンかその雑種とを交配し、シールポイントのある長毛の猫を作ります。 生まれた子猫をバーミーズが交配されたとされていますがはっきりとした記録は残っていません。 こうして誕生したラグドールを使って繁殖を希望する人とフランチャイズ契約を行うというビジネスを始めます。 また生まれた子猫の代金の数パーセントを支払わねばならないという契約もあったとされています。 1990年頃、こうしたビジネスに疑問をもった愛好家たちが愛好家団体を作り、ラグドールのスタンダードを変え、新しい名前をつけて育種を続ける試みがされます。 こうして生まれたのがラガマフィンです。 TICAには公認されていませんが、理由としてラグドールとの相似点が多く、はっきりとした差異が認められるまでの観察が現在も続けられていると言われています。 ラガマフィンの性格や特徴 猫ちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになります。 また、性格や猫種の特徴を知る事で適切なしつけ方が見えてきたり、病期の前兆に気づきやすくなり寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。 ラガマフィンの特徴や性格にはどんなものがある? ラガマフィンは甘えん坊で温和、非常におとなしい性格をしており、人懐こいので人のそばにいたり抱っこが大好きです。 温厚で従順、非常に頭がよく環境に対する適応力が高いので他のペットや子供とも上手に付き合うことができます。 ただし、「いたずらっ子」の名の通りイタズラが大好きという面があります。 ラガマフィンは大きな体にがっしりとした筋肉質のロング&サブスタンシャルタイプです。 被毛はミディアムロングで、柔らかなダブルコート、ラグドールとの違いの一つとして毛色にパターンがなく様々な毛色が認められています。 大きめのくさび型の頭に短くがっしりとした首、丸い頬をしています。 ラグドールとの違いは目がクルミ型であることです。 ラガマフィンのオスとメスの違い 猫種以外にオス・メスでもそれぞれの性格の違いや行動が違います。 オス:メスに比べて活発で甘えん坊です。 メス:オスに比べて神経質な傾向があり、気分屋な性格をしています。 Sponsored Link ラガマフィンの特徴 猫種によって色や柄、外見はそれぞれ違いがあります。 またそのような外見の特徴を掛け合わせたミックス猫も今人気が高くなっています。 ラガマフィンの毛色やミックス猫にはどのような子がいるのか、見ていきましょう。 ラガマフィンの毛色にはどんなものがある? ラガマフィンの毛の色や柄にはどんなものがあるのでしょうか? ブラック&ホワイト、ブルーリンクスポイント、トーティシェルなどすべての毛色が認められています。 ラガマフィンに似た猫種 うちの子の種類は本当にラガマフィン?そんな疑問を持ったことはありませんか? 交配の段階で枝分かれした同じ血を分かち合っているかもしれない似ている猫種がこちら ラガマフィンの飼い方としつけ方 頭がよく扱いやすいのでしつけは難しくありません。 リードをつけての散歩が可能だと言われています。 イタズラが大好きな猫ですので壊されて困るものはラガマフィンの行動範囲に置かないようにします。 また、イタズラをしたときにはしっかりと駄目だと教えます。 ただし、優しく争いを好まない性格なのでしつけの際にはきつく怒らないようにします。 きつく怒りすぎでしまうと飼い主に近づいてこなくなることがありますので注意が必要です。 体が大きいので運動したり遊べるような環境づくりをしてあげます。 遊んでいる時にケガをしないように家具の配置にも気を配ります。 ラガマフィンは遊び好きですがハンティングのような遊びよりも小さなおもちゃで遊ぶことを好みます。 広い空間で毎日遊んであげて、甘えてきたら満足するまで撫でてあげます。 ラガマフィンは室内飼いが鉄則! ラガマフィンは、室外で飼うことはおすすめしません。 寄生虫に感染したりや病気になったり事故にあう可能性があり、寿命が短くなるかもしれないからです。 人懐こく警戒心が少ないので人の家に上がり込み、そのまま暮らしてしまうこともあるため室内飼いが理想です。 昔は室外で飼う事が猫本来の自由のためと言われていましたが、不運な事故や病気・怪我を防ぐため必ず室内飼いしてあげるようにしましょう。 寿命を延ばしてあげるためにも、飼い方や環境は適切なものを選んであげてください 関連記事 ラガマフィンにおすすめのエサ 猫の餌は、体重や年齢、毛の長さや猫種ごとにも販売されています。 ラガマフィンの体質に合ったキャットフードを選んであげましょう。 ラガマフィンは筋肉質でがっちりとしたボディのサブスタンシャルタイプです。 一般的な猫と比べると運動量が少ないですがその大きな体を支える筋肉を保つためにも良質なたんぱく質が多く含まれているものを選びます。 添加物は消化・吸収の妨げになりますので人工の香料、保存料、着色料などが使われていないものを選びます。 猫はもともと肉食動物なので穀物の消化が苦手です。 大量の穀物を消化すると消化器官に負担がかかり猫によっては嘔吐や下痢をしたりします。 腸でうまくご飯を消化できないと栄養不足に陥ります。 その点グレインフリーのキャットフードは穀物を使用していないので消化に負担の少ない食事と言えます。 また、一度病気をしてしまったことがある子は予防に効果的な餌や体調に合わせて適切な餌を与えることが重要です。 猫ちゃんの好みの味を理解してあげてその子に合った餌を用意するようにしましょう。 ラガマフィンの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均 ラガマフィンの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約5200円前後程です。 ラガマフィンのお風呂のペース ラガマフィンのお風呂のペースは、猫はもともと体臭が少なく自分で毛繕いをするのでシャンプーの必要がないです。 しかし、ラガマフィンは被毛が厚いので月1回を目安に行います。 ブラッシングとコーミングは朝と晩の2回行うのが理想的です。 ラガマフィンにおすすめのグッズ ラガマフィンを飼うにあたっておすすめのグッズを紹介します。 運動不足解消にキャットタワーが必要です。 ラガマフィンは高いところを好む性質ではありません。 体が大きく体重もあるので低めで重量に耐えられるもの、乗った時に倒れたりしないようなものを選びます。 ブラシとコームも子猫の時に用意します。 セミロングでマメなブラッシングが必要な猫種ですが、子猫の時からブラッシングに慣らしておかないとのちのちブラッシング嫌いの猫になってしまいます。 また、ラガマフィンは体が大きいので猫用トイレも大きめなものを選びます。 場合によってはしつけ用スプレーがあると良いです。 ラガマフィンの平均寿命とかかりやすい病気 猫種の体質によって、かかりやすい病気や平均寿命は様々です。 愛猫のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。 スキンシップや、ご飯の食べるスピード・おトイレの状態など、猫ちゃんの健康状態を確認できるタイミングは多数あります。 動物は言葉を離せませんし、猫という生き物は痛みを我慢できてしまう動物です。 普段の生活に気を配り、少しでも体調が悪そうと感じたらすぐに病院へ行くようにしましょう。 ラガマフィンの平均寿命 2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した猫全体の平均寿命は14. 85歳でした。 ラガマフィンの平均寿命は 13年前後と言われています。 ラガマフィンがかかりやすい病気 ラガマフィンがかかりやすい病気はこのようなものがあります。 肥大性心筋症、多発性のう胞腎、膀胱炎、尿結石、毛球症 ラガマフィンのよく使う薬・サプリ 毛艶、毛並み改善のために「アミノ酸」、腸内毛玉に有効な「流動パラフィン」「白色ワセリン」「植物油」などのオイル、食物繊維、乳酸菌、酵素などが含まれているサプリメントを用いることがあります。 ラガマフィンの治療平均的な値段 最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。 治療費など値段を確認し満足に払えるか吟味した上でねこちゃんをお迎えするようにしましょう。 多発性のう胞腎は治療法がありません。 ラガマフィンが肥大型心筋症になった場合、治療は内科療法で様々な症状が起こるため対症療法を行います。 初診の場合、診察料(初診料)1,000円、検査代金(エコー)4,000円、レントゲン検査4,500円、血液検査12,000円、心電図3,500円、内服薬(7日分)3,000円の合計28,000円前後、心不全を起こして入院をした場合、診察料(再診料)500円、入院費用(約7日分)50,000円、血液検査などの検査料金10,000円、内服薬(1週間分)3,000円の合計63,500円前後かかります。 血栓閉塞症をおこした場合は治療費は2倍以上になります。 また、診断が下りた場合は生涯治療が必要で治ることのない病気です。

次の