格安 sim iphone 機種 変。 iPhone分割終了!機種変よりも格安SIM乗り換えがおすすめ

格安SIMで機種変更する方法・手順|新しいスマホが購入できる格安SIM会社まとめ

格安 sim iphone 機種 変

iPhoneの分割払いが終わって機種変か格安SIM乗り換えか迷っているサトウです! やっと2年間の分割払いが終わって、 新しいiPhoneに機種変しようか?とお考えの方は多いですよね。 でもサトウ君と同じく、 本当に安くなるなら、これを機にスマホ代を見直してもいいなーと思っている人も沢山いらっしゃるのんじゃないでしょうか? 毎月のスマホ代って、高いですよね。 大体 月々8,000円以上は支払っている人がほとんどです。 私も以前は端末の分割代金を合わせて、1ヶ月で1万円以上支払っていました。 やっと高い端末の支払いが終了したわけです。 実はこれは、 スマホ代を2,000円台に節約するチャンス! 格安SIMに乗り換えると、機種変更と比較した時、 2年間で 約12〜20万円以上の出費を減らす事ができるようになります。 そうなの。 しかも手続きも、事前に必要なものが準備できていれば思ってる以上に簡単でビックリするよ。 ネットからスマホの申込をするって、何だか難しそうに感じますよね。 私も以前はそう思ってました。 でも、実際乗り換えをしてみると、なんと手続きは5分くらい。 事前にいくつか必要なものを準備しておけば、あとは申込フォームに従うだけだからとっても楽なんです。 お店に行って順番を待つよりも全然時間がかかりません。 しかもキャリアの頃に使っていた機能は格安スマホに乗り換えた今も、変わらず使えているんですよ。 単純に料金が安くなっただけなんです。 私たちが使っているスマホ端末は、 中にSIMカードというマイクロチップのようなものが入っているんです。 月々の通話料やパケット代などの契約は、このSIMカードに対して結ばれているんです。 だから月額料金の安いSIMカードを今のiPhoneに入れれば、そのままスマホ代が安くなるんですよ。 例えば・・・ 2年前に契約したiPhone、 まだまだ普通に使える状態という方がほとんどではないでしょうか? 機種変をしても使う機能はほとんど今と変わらないなら、 機種変更ははっきり言って損です! 実際に私は格安スマホに乗り換えをして、 年間9万円スマホ代を節約できるようになりました。 SIMロック解除の操作をすれば、どのSIMカードでも使えるようになるわけです。 だから料金だったり使い心地だけで選べばいいわけですね。 おすすめの格安SIMはこちら! 私がおすすめする というか使っている 格安SIMは、 UQモバイルです。 UQモバイルのおすすめポイントはこちら。 超大手auの完全子会社だから運営も安定感抜群• ネット回線の 速度も、他社と比較して安定している• ショップがあるから、紛失時や故障時に直接相談出来る• パケット+かけ放題で 1980円〜と超安い• わからない事は無料でリモート操作してくれる• 最大1万円のキャッシュバックがついている! 一つずつ説明していきますね。 超大手auの完全子会社だから運営も安定感抜群 ほとんどの格安スマホは、NTTdocomoの電波回線を借りて、各社が独自の運営をしています。 広告費用や人件費を削減する事で、なんとか格安料金のサービスを保っている所も多いんですよね。 しかし、 auが親会社となっているUQモバイルはその点の安定感が抜群。 まるでキャリアと変わらないくらい、TVCMもガンガン流れてますよね。 いきなり潰れる心配も無いので、申し込む側としてもやっぱり安心感があります。 2.ネット回線の速度も、他社と比較して安定している 格安SIMの中には、 ネット速度がかなり遅くなってしまうものもあって、そこはかなり事前リサーチをしました。 その中でも、 UQモバイルのネット回線は、格安スマホの中では抜群に安定しています。 通信速度部門において4期連続で最優秀賞を獲得したほど。 やっぱりauの子会社なので、他社よりも使える回線の割当量が多いのかもしれませんね。 3.ショップがあるから、紛失時や故障時に直接相談出来る 格安スマホには店舗を持たずにネットだけで営業しているブランドが多いなか、 UQは店舗があります。 全国で2700店舗もあるので、何か困った事があった時に直接相談出来る場所があるのは心強かったです。 パケット+かけ放題で1980円〜と超安い そして料金に関してもかなりおすすめ。 最安値のプランは、 パケット料金+5分かけ放題で、月々1980円です! 私はパケット利用量が多いので、一つ大きいMプランで契約してます! それでも2980円。 嘘みたいな金額だけど、本当にこれが月々のスマホ代なんです。 5.わからない事は無料でリモート操作してくれる SIMカードが家に届いてからの事が不安な人は結構多いんじゃないでしょうか? 私も同じだったので、これはとても大事なおすすめポイントなんです。 UQモバイルには、 あんしんサポートというオプションサービスがあるんですよね。 これも大手ならでは。 リモート操作だったり、専門スタッフが電話で操作方法を手とり足とり教えてくれるので、• 初期設定• データ移行 などで自信がなくても簡単に操作できるようになっているんです。 しかもこれが 最初の2ヶ月は完全無料。 正直いって、わからない事って最初の設定くらいなので、 終わったら即解約してしまえばお金は全くかかりません。 もうここまでオトクになってくると、他社を選ぶ理由がない! さて、以上がUQモバイルのおすすめポイントです。 MNPするなら MNP予約番号を取得• メールアドレスを作る• クレジットカード 学生さんは親名義でも大丈夫• 身分証明書を用意• 料金プランを決めておく それぞれ詳しく説明していくので、必要な方はチェックしておいて下さい! 1. MNPするなら MNP予約番号を取得 今キャリアでお使いの番号をそのまま引き継ぎたい人は、 MNP予約番号というものを先に取得しておきましょう! それぞれキャリア毎の連絡先をまとめておきましたので、下の番号に電話して下さい。 電話すると「MNPしたら3000円の手数料がかかる」など、色々と 乗り換えを引き止める事を言われましたが、そこは頑固に気にせず解約を申請しましょう。 MNPでお金がかかったとしても、毎月のスマホ代が激減するので、大した事ありません。 ) 番号取得は電話が1番スムーズです。 2.メールアドレスを用意する UQモバイルからの連絡先として、メールアドレスを入力する場面があります。 番号そのままで乗り換える人は、キャリアの頃に使っていたアドレス(〜 ezweb. jpなど)は使えなくなります。 Yahoo! やGmailなどの、無料で作れるアドレスを用意しておいて下さい。 クレジットカード 学生さんは親名義でも大丈夫 クレジットカードを事前に用意しておきましょう。 持っていない申 込者と利用者を別にする事ができるので、親や旦那さんの名義でも大丈夫です。 どうしても自分の名義で申込したい人にとっては、これを機にクレカを作るのも1つだと思います。 ネットショッピングのカード決済も、かなり楽になるし、代引き手数料がかからない分、得する場面も多いですしね。 身分証明書を用意 運転免許やパスポート、住基カード、健康保険証などを床に置いて、スマホで撮影した画像を用意しておきましょう。 パスポート• 住基カード これらは一枚のみで証明になります。 しかし健康保険証だけは一枚で証明書として使う事ができません。 保険証しか無い場合には補助書類が必要です。 補助書類とは、 公共料金の領収書や 住民票のこと。 保険証を使う場合はこちらも忘れずに準備して撮影しておいて下さい。 5.料金プランを決めておく UQモバイルのお得なおすすめプランは2つ。 おしゃべりプラン• ぴったりプラン 2つの違いを説明します。 おしゃべりプラン 5分以内の通話なら回数無制限で無料になるプランです。 S・M・Lの3段階に分かれていて、パケット量が順番に増えていきます。 ぴったりプラン 1ヶ月の合計通話時間、 60分〜180分が無料になるプランです。 連続通話も可能ですが、しゃべっただけ持ち時間が減っていく感じですね。 一回かけたら長くなる人は、 ぴったりプランがおすすめです。 サトウ 13年間の社畜生活を経て2014年独立した広告屋。 Webを中心としたマーケティング全般に携わっています。 IT・Web・ガジェット大好き。 キッズにお金がかかる今は「安くて上質」をモットーに。 女性としてもママとしても楽しい人生を送っていけるよう、節約しつつほどよく消費して、いい感じの30代を送っていけたら幸せです。 カテゴリー• 112• 131•

次の

格安SIMで機種変更する方法・手順|新しいスマホが購入できる格安SIM会社まとめ

格安 sim iphone 機種 変

iPhoneの分割払いが終わって機種変か格安SIM乗り換えか迷っているサトウです! やっと2年間の分割払いが終わって、 新しいiPhoneに機種変しようか?とお考えの方は多いですよね。 でもサトウ君と同じく、 本当に安くなるなら、これを機にスマホ代を見直してもいいなーと思っている人も沢山いらっしゃるのんじゃないでしょうか? 毎月のスマホ代って、高いですよね。 大体 月々8,000円以上は支払っている人がほとんどです。 私も以前は端末の分割代金を合わせて、1ヶ月で1万円以上支払っていました。 やっと高い端末の支払いが終了したわけです。 実はこれは、 スマホ代を2,000円台に節約するチャンス! 格安SIMに乗り換えると、機種変更と比較した時、 2年間で 約12〜20万円以上の出費を減らす事ができるようになります。 そうなの。 しかも手続きも、事前に必要なものが準備できていれば思ってる以上に簡単でビックリするよ。 ネットからスマホの申込をするって、何だか難しそうに感じますよね。 私も以前はそう思ってました。 でも、実際乗り換えをしてみると、なんと手続きは5分くらい。 事前にいくつか必要なものを準備しておけば、あとは申込フォームに従うだけだからとっても楽なんです。 お店に行って順番を待つよりも全然時間がかかりません。 しかもキャリアの頃に使っていた機能は格安スマホに乗り換えた今も、変わらず使えているんですよ。 単純に料金が安くなっただけなんです。 私たちが使っているスマホ端末は、 中にSIMカードというマイクロチップのようなものが入っているんです。 月々の通話料やパケット代などの契約は、このSIMカードに対して結ばれているんです。 だから月額料金の安いSIMカードを今のiPhoneに入れれば、そのままスマホ代が安くなるんですよ。 例えば・・・ 2年前に契約したiPhone、 まだまだ普通に使える状態という方がほとんどではないでしょうか? 機種変をしても使う機能はほとんど今と変わらないなら、 機種変更ははっきり言って損です! 実際に私は格安スマホに乗り換えをして、 年間9万円スマホ代を節約できるようになりました。 SIMロック解除の操作をすれば、どのSIMカードでも使えるようになるわけです。 だから料金だったり使い心地だけで選べばいいわけですね。 おすすめの格安SIMはこちら! 私がおすすめする というか使っている 格安SIMは、 UQモバイルです。 UQモバイルのおすすめポイントはこちら。 超大手auの完全子会社だから運営も安定感抜群• ネット回線の 速度も、他社と比較して安定している• ショップがあるから、紛失時や故障時に直接相談出来る• パケット+かけ放題で 1980円〜と超安い• わからない事は無料でリモート操作してくれる• 最大1万円のキャッシュバックがついている! 一つずつ説明していきますね。 超大手auの完全子会社だから運営も安定感抜群 ほとんどの格安スマホは、NTTdocomoの電波回線を借りて、各社が独自の運営をしています。 広告費用や人件費を削減する事で、なんとか格安料金のサービスを保っている所も多いんですよね。 しかし、 auが親会社となっているUQモバイルはその点の安定感が抜群。 まるでキャリアと変わらないくらい、TVCMもガンガン流れてますよね。 いきなり潰れる心配も無いので、申し込む側としてもやっぱり安心感があります。 2.ネット回線の速度も、他社と比較して安定している 格安SIMの中には、 ネット速度がかなり遅くなってしまうものもあって、そこはかなり事前リサーチをしました。 その中でも、 UQモバイルのネット回線は、格安スマホの中では抜群に安定しています。 通信速度部門において4期連続で最優秀賞を獲得したほど。 やっぱりauの子会社なので、他社よりも使える回線の割当量が多いのかもしれませんね。 3.ショップがあるから、紛失時や故障時に直接相談出来る 格安スマホには店舗を持たずにネットだけで営業しているブランドが多いなか、 UQは店舗があります。 全国で2700店舗もあるので、何か困った事があった時に直接相談出来る場所があるのは心強かったです。 パケット+かけ放題で1980円〜と超安い そして料金に関してもかなりおすすめ。 最安値のプランは、 パケット料金+5分かけ放題で、月々1980円です! 私はパケット利用量が多いので、一つ大きいMプランで契約してます! それでも2980円。 嘘みたいな金額だけど、本当にこれが月々のスマホ代なんです。 5.わからない事は無料でリモート操作してくれる SIMカードが家に届いてからの事が不安な人は結構多いんじゃないでしょうか? 私も同じだったので、これはとても大事なおすすめポイントなんです。 UQモバイルには、 あんしんサポートというオプションサービスがあるんですよね。 これも大手ならでは。 リモート操作だったり、専門スタッフが電話で操作方法を手とり足とり教えてくれるので、• 初期設定• データ移行 などで自信がなくても簡単に操作できるようになっているんです。 しかもこれが 最初の2ヶ月は完全無料。 正直いって、わからない事って最初の設定くらいなので、 終わったら即解約してしまえばお金は全くかかりません。 もうここまでオトクになってくると、他社を選ぶ理由がない! さて、以上がUQモバイルのおすすめポイントです。 MNPするなら MNP予約番号を取得• メールアドレスを作る• クレジットカード 学生さんは親名義でも大丈夫• 身分証明書を用意• 料金プランを決めておく それぞれ詳しく説明していくので、必要な方はチェックしておいて下さい! 1. MNPするなら MNP予約番号を取得 今キャリアでお使いの番号をそのまま引き継ぎたい人は、 MNP予約番号というものを先に取得しておきましょう! それぞれキャリア毎の連絡先をまとめておきましたので、下の番号に電話して下さい。 電話すると「MNPしたら3000円の手数料がかかる」など、色々と 乗り換えを引き止める事を言われましたが、そこは頑固に気にせず解約を申請しましょう。 MNPでお金がかかったとしても、毎月のスマホ代が激減するので、大した事ありません。 ) 番号取得は電話が1番スムーズです。 2.メールアドレスを用意する UQモバイルからの連絡先として、メールアドレスを入力する場面があります。 番号そのままで乗り換える人は、キャリアの頃に使っていたアドレス(〜 ezweb. jpなど)は使えなくなります。 Yahoo! やGmailなどの、無料で作れるアドレスを用意しておいて下さい。 クレジットカード 学生さんは親名義でも大丈夫 クレジットカードを事前に用意しておきましょう。 持っていない申 込者と利用者を別にする事ができるので、親や旦那さんの名義でも大丈夫です。 どうしても自分の名義で申込したい人にとっては、これを機にクレカを作るのも1つだと思います。 ネットショッピングのカード決済も、かなり楽になるし、代引き手数料がかからない分、得する場面も多いですしね。 身分証明書を用意 運転免許やパスポート、住基カード、健康保険証などを床に置いて、スマホで撮影した画像を用意しておきましょう。 パスポート• 住基カード これらは一枚のみで証明になります。 しかし健康保険証だけは一枚で証明書として使う事ができません。 保険証しか無い場合には補助書類が必要です。 補助書類とは、 公共料金の領収書や 住民票のこと。 保険証を使う場合はこちらも忘れずに準備して撮影しておいて下さい。 5.料金プランを決めておく UQモバイルのお得なおすすめプランは2つ。 おしゃべりプラン• ぴったりプラン 2つの違いを説明します。 おしゃべりプラン 5分以内の通話なら回数無制限で無料になるプランです。 S・M・Lの3段階に分かれていて、パケット量が順番に増えていきます。 ぴったりプラン 1ヶ月の合計通話時間、 60分〜180分が無料になるプランです。 連続通話も可能ですが、しゃべっただけ持ち時間が減っていく感じですね。 一回かけたら長くなる人は、 ぴったりプランがおすすめです。 サトウ 13年間の社畜生活を経て2014年独立した広告屋。 Webを中心としたマーケティング全般に携わっています。 IT・Web・ガジェット大好き。 キッズにお金がかかる今は「安くて上質」をモットーに。 女性としてもママとしても楽しい人生を送っていけるよう、節約しつつほどよく消費して、いい感じの30代を送っていけたら幸せです。 カテゴリー• 112• 131•

次の

格安SIMで機種変更するにはどうしたらいい?|BIC SIM コラム|ビックカメラの格安SIM・BIC SIM(ビックシム)

格安 sim iphone 機種 変

iPhone歴6年、現在は3台目のiPhoneを利用している卯野ハンナです。 本日は格安SIMカードはそのままで、iPhone本体を自分で機種変更した体験談をお伝えします。 SIMカードはそのままで、新iPhoneに機種変更したいと思っている方• 格安SIMが気になっているけど、格安SIMカードに変えてからの機種変更に不安を感じる方 今回はお勧めする購入先と、実際にやってみた格安SIMカードの差し替え方法までを記事にします。 体験談なので、新しいiPhoneを選ぶ際の検討内容なども書くので、結果だけを知りたい方は目次を頼りに読み飛ばしてください。 利用している格安SIMカード【mineo】 現在利用している格安SIMカードはmineoです。 mineoを選んだ理由は、私の購入した2代目のiPhone6で、本体を変えずに格安SIMカードの入れ替えだけで利用できる格安SIM会社(MVNO)はmineoしかなかったからです。 実際mineoを丸2年近く使っていますが、特に困った事はなく快適です。 今回はアップルストアでiPhone7の32Gをクレジットカード一括払いで 54,864円で購入しました。 購入からSIMカードの差し替え、初期設定まですべて自分でやったので、もちろん手数料はなく、本体価格のみの金額です。 スマホは消耗品であると思う• 動画は見ない• ゲームはやらない• メインで使っている機能:メール、電話、ネット、カメラ、ネットバンクの認証、子どものGPSを見守り・・・ 明らかに新型のiPhoneじゃなくても事足りるので金額が下がっているiPhone7を選びました。 新しいiPhoneに復元するための旧iPhoneのバックアップデータ(iTunesかiCloudで作成)• 2ファクタ認証を受けることができる電話番号• パスコード• Wi-Fi環境• 新しいiPhone本体 これですべて自分で機種変更が完了できました。 iPhone本体はどこで買うのが安心? 迷った結果、最終的にアップルストアで本体だけ購入しました。 楽天市場でiPhone本体だけ購入する• SIMカードを契約しているmineoでiPhone本体だけ購入する• 楽天モバイルにMNP転入し、本体と格安SIMカードの両方を新規契約する• アップルストアでiPhone本体だけ購入する 楽天市場での購入は安いものもありますが、白ロム・赤ロム・SIM解除した本体・・・自信が持てず断念。 mineo、楽天モバイルは購入を検討した時点でiPhone6が6万円以上で断念 これらの結果から、 アップルストアで販売されているiPhoneは全てSIMフリーで迷う事がないので、最終的にはアップルストアで購入する事を決めました。 本家本元の安心感は絶大です(苦笑) アップルストアでは新型が発売された事でiPhone7、8が安くなっています。 今回選んだのは、旧型iPhoneの中で一番安い、iPhone7の32Gに決定。 早速ネットで注文し、2日で自宅につきました。 私が行った格安SIMカードの差し替え手順 実際に行った格安SIMカードの差し替え手順です。 これが正しいとは限りませんので、一例としてご覧ください。 1、旧iPhoneのデータ整理 旧iPhoneの写真や動画のデータを、パソコンやオンラインストレージ(インターネット上でファイルを共有するサービス)に移して、本体から消す 私は新iPhoneが旧iPhoneより小さいGB数を選んだのでデータ量を少なくするために削除しました。 新iPhoneで復元した時に、写真や動画のデータ、メールの内容も復元されます。 旧iPhoneにたくさんデータが残ったままバックアップをとり、新iPhoneで復元したら、あっという間にデータで埋まってしまうので、iTunesやiCloudでバックアップを取る前にデータを減らしました。 2、旧iPhoneのデータのバックアップ 新iPhoneで使いたいと思う写真や動画のデータ、アプリだけを残し、iTunesかiCloudで旧iPhoneのバックアップをとります。 私は日頃からバックアップにiTunesを利用しています。 バックアップを暗号化してパスワードを設定している方は忘れないように気を付けましょう。 3、SIMカードの入れ替え(差し替えのタイミング) 旧iPhoneの電源を落とし、側面の穴にピンをさして、SIMカードスロットを出したら、向きを確認して、新iPhoneのスロットにSIMカードを入れます。 新iPhoneを実際にmineoで契約していた通りに使い始めるには設定が必要です。 それについては次の記事で書きます。 旧iPhoneの方は、電源を入れると「SIMなし」と左上に表示されました。 この状態でもWi-Fi環境ならネットが使えます。 今の設定ではWi-Fi環境だとメールを受信できてしまうため、メールのアカウントを削除しました。 4、機種変更はWi-Fi環境で行った方がスムーズ 機種変更はWi-Fi環境で作業することをおすすめします。 個人のお宅でもWi-Fiを入れている方が多いので、当たり前に思うかもしれませんが、我が家はWi-Fiを入れていません。 バックアップのデータがあるのは有線環境の自宅のパソコン、しかし2ファクタ認証に決めたメールはSIMカードを抜いてしまった旧iPhone。 私の場合はクイックスタートを使わず、はじめからiTunesのバックアップを復元するつもりだったこともあり、自宅からWi-Fi環境まで移動するはめになりました。 はじめからバックアップをWi-Fi環境に持ち込んで作業すればよかったと後悔しました。 iTunesという無料ソフトでパソコン内に保存• iCloudでオンライン上に保存 我が家はWi-Fiを家に入れていないので、通常のiPhoneのバックアップはパソコンでiTunesを利用して保存するようにしています。 iOS11から「クイックスタート」という機能ができました。 アプリなどの全部のデータを新iPhoneにコピーしてくれるわけではないので、私は初めからiTunesで保存したバックアップからデータを復元する事にしました。 新iPhoneを起動して「こんにちは」が表示されたら、国名を日本に設定するとネットワークを選ぶ画面に進み、Wi-Fiが無いので「別のネットワーク選択」をタップすると、「iTunesに接続」が出ました。 パソコンでiTunesを起動した状態でケーブルを指すと、iTunesから「復元しますか?」と表示されるから復元を進めます。 バックアップをとるときに「バックアップの暗号化」をしているので、パスワードをここで入力しました。 旧iPhoneのデータを必要最小限にしていたせか、スムーズに復元できました。 さあ、これで使えるのかしら?と思ったら、Apple IDを求められるので、入力。 さらに2ファクタ認証を求められました。 旧iPhoneで2ファクタ認証のコードを確認し、無事に新iPhoneに入力して使えるようになりました! アプリはそのまま、メールのデータ、連絡先も入っています! 6、2ファクタ認証は本体の電話番号以外を登録するか、機種変更の時は解除した方がスムーズ 2ファクタ認証はセキュリティ上とても大切ですが、次回自分でiPhoneを機種変更するときは• 2ファクタ認証を受け取る端末を本体以外に設定する• 機種変更の際は一時的に2ファクタ認証を解除する といったような対策をとるとスムーズに機種変更できそうです。 現在は2ファクタ認証を受け取る端末を本体以外にしています。 2ファクタ認証を解除するにはiPhone本体の「設定」アプリではできず、ブラウザからApple IDにログインして行わないと解除できないので、手間がかかりますね(汗) 7、プロファイルが復元されず、インストール 2ファクタ認証をクリアして、新iPhoneにサインインでき、晴れて機種変更が完了したかと思いきや、 写真のデータや連絡帳はしっかり復元できているのにメールが旧iPhoneしかできません。 私の場合はmineoのauプランのプロファイルが入っていました。 新iPhoneにはプロファイルが入っていないので、この項目がありません。 mineoに加入したさいにもらった、「mineoご利用ガイド」を見ながらmineoのプロファイルをインストール! プロファイルをインストールしたら、メールも使えるようになり、Wi-Fi以外でもネットがつながるようになりました。 この他にアプリによってログインが必要なものがありましたが、やっとiPhoneの機種変更が完了です! プロファイルのインストール方法は、各キャリアやMVNO(格安SIMを販売する会社)によって違うのでホームページなどで確認した方がいいですね。 最後に 書き出すと山あり谷ありのようですが、時間にしたら3時間ほどです。 感想としては「意外とやってみれば何とかなるな!」といったところです。 Wi-Fi環境のご自宅で、SIMカードの差し替えや設定をすれば、1時間ほどで終わる作業だと思います。 iCloudでバックアップをとればiPhoneだけで作業もおわりますね。 なんせうちの場合はWi-Fiがある場所まで移動していたので多少時間がかかりました(笑) トラブルが起きても、間に人の手が入らない分、どこでつまづいているかがわかりやすく、自分でやった方が楽だったので「自分で端末を購入して機種変更」はとてもおすすめです。 今回機種変更するにあたり、ネットでやり方などを検索しましたが、一部のデータのみ復元が失敗するケースも多々あるようです。 自己責任とはいえ、失敗した時は痛いですね(苦笑) 以上が格安SIMカードはそのままで、iPhone本体を自分で機種変更した体験談です。 本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の