高齢 者 コロナ。 高齢者の皆さまへ~新型コロナウイルス予防+元気でいるために~

【高齢者の皆さんへ】新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛生活の中で気を付けたいこと/守口市ホームページ

高齢 者 コロナ

ページ番号1020643 更新日 令和2年5月20日 外出自粛の中でも、お家でフレイル対策を! 新型コロナウイルス感染症の影響で公共施設などが休館になり、地域での体操や趣味活動が中止となっています。 また、国の緊急事態宣言において外出自粛要請が出され、家に閉じこもりがちになり、体力や筋力の低下を招く恐れがあります。 ぜひお家でも取り組めることをしましょう! そもそもフレイルとは フレイルとは、年齢を重ね体力や気力が低下した状態を言います。 いわゆる虚弱を意味する言葉で健康と介護が必要な状態の中間を指します。 ちょっとした衰えなどのフレイルの兆候に早めに気づき、日常生活も見直すなどの正しい対処をすれば、フレイルの進行を抑制したり、健康な状態に戻したりすることができます。 お家でできるフレイル対策 口腔ケア 栄養 日々の活動 睡眠 排泄 運動• いきいき百歳体操 尼崎市では、150グループもの地域の団体がいきいき百歳体操を実践されていますが、今回の新型コロナウイルスの影響で活動を休止せざるを得ない状況が続いています。 そこで、自宅でもいきいき百歳体操ができるよう説明書を添付しましたので、ぜひお家で実践してください!• 【動画】高齢者向けの体操(社会福祉法人 尼崎市社会福祉協議会) 尼崎市社会福祉協議会が作成した『あまりん体操』『あま紡ぎ体操』など、オリジナルの体操を紹介します。 これまで、尼崎市立老人福祉センターの講座教室で実施しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、教室を中止しております。 緊急事態宣言を受け、動画配信を開始します。 配信動画をご覧いただくことで講座教室を体験いただけます。 下記URL(老人福祉センター)を参照し、健康維持に取り組みましょう! 【動画】スマイルレッスン(公益財団法人 尼崎市スポーツ振興事業団) 皆さまの健康維持や生活習慣病の予防などに役立ち、気楽に続けていただけるように、簡単なメニューを紹介しています。 ご自身に合ったレッスンを見つけて、コツコツ毎日続けてください。 下記URLを参照し、健康維持に取り組みましょう!• 他自治体などの取り組み 一般社団法人兵庫県理学療法士会が紹介している自治体などの介護予防・フレイル予防体操です。

次の

高齢者の命を守る!高槻市新型コロナ防衛アクション/高槻市ホームページ

高齢 者 コロナ

まずは手洗い、咳エチケット 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の手洗い、咳エチケットの実施がとても重要です。 感染症対策に努めていただくようお願いいたします。 〔手洗い〕 ドアノブや電車のつり革などさまざまなものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。 正しい手の洗い方は(ポスター)• 身のまわりを清潔にする方法は(ポスター) 〔咳エチケット〕 咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。 咳やくしゃみの飛沫により感染症を他人に感染させないために、咳エチケットをお願いします。 咳エチケットの方法は(ポスター) 「3密」を避けてください 集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に 1. 密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、 2. 密集場所(多くの人が密集している)、 3. 密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる) という3つの条件が同時に重なる場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。 部屋をこまめに換気しましょう。 また、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。 (ポスター) 運動をしよう 「動かない」(生活が不活発な)状態が続くことにより、心身の機能が低下して「動けなくなる」ことが懸念されます。 また、転倒などを予防するためにも、日頃からの運動が大切です。 ・人混みを避けて、一人や限られた人数で散歩する。 ・家の中や庭などでできる運動(ラジオ体操、自治体のオリジナル体操、スクワットなど)を行う。 ・家事(庭いじりや片付け、立位を保持した調理など)や農作業などで身体を動かす。 ・座っている時間を減らし、足踏みをするなど身体を動かす <自宅でできる体操動画> 全国各地の体操動画やリーフレットをでまとめて紹介しています。 (画像をクリックすると動画が開きます。 お役立ち情報 学会や自治体等が作成している周知啓発資料をまとめました。 こちらも参考に、是非健康維持に取り組んでください。 (各画像をクリックするとPDFもしくはリンク先に移動します。 ) <一般社団法人日本老年医学会>• <公益社団法人日本理学療法士協会>• <一般社団法人日本作業療法士協会>• <一般社団法人日本言語聴覚士協会>• <各自治体の取組>• <NHK解説委員室>• 利用する際は、資料に掲載されている出典を明記してください。 通いの場を開催するための留意点 New 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に配慮して通いの場を開催するための留意点についてまとめました。 開催の可否や実施方法については、地域における新型コロナウイルス感染症の流行状況を確認し、市町村の保健師や感染症に詳しい専門職と相談しながら判断しましょう。 運営者・リーダーや参加者向けにリーフレットを作成しましたので、是非ご活用ください。 <運営者・リーダー向けリーフレット>• [PDF形式:982KB]• [PDF形式:892KB] <参加者向けリーフレット>• [PDF形式:941KB]• [PDF形式:826KB] <事務連絡>• [PDF形式:26KB]• [PDF形式:3MB] まずは相談 次の症状がある方は下記を目安に「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 )の他、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあるので、ご活用ください。 [PDF形式:155KB].

次の

外出自粛による高齢者の健康被害|日本総研

高齢 者 コロナ

心血管(心臓)疾患のある人の死亡率は10. 5%、糖尿病の場合は7. 3%です。 慢性呼吸器疾患(喘息や慢性閉塞性肺疾患など)の死亡率は6. 3%、高血圧(高血圧)は6. 0%、がんは5. 6%となっています。 なぜ高齢者はリスクが高いのか? 高齢になると、慢性疾患を持つ可能性が著しく高くなります。 65歳以上のオーストラリア人の5人に4人が、少なくとも1つの慢性疾患を持っています。 しかし、慢性疾患の存在は、高齢者の死亡率の高さを部分的に説明しているにすぎません。 年齢を重ねると、私たちの免疫システムは弱くなります。 そのため、あらゆる種類の感染症にかかりやすくなります。 そして、身体へのあらゆる種類の挑戦は、より多くのダメージを与える可能性があります。 高齢者の免疫システムが強化されると、サイトカインの嵐と呼ばれる現象が起こる可能性が高くなります。 これは、免疫系が過剰に反応して、感染症と戦うための化学物質を過剰に生成する現象です。 そのため、重度の炎症反応を起こし、臓器不全などの重大な損傷を引き起こす可能性があります。 具体的な慢性疾患は? 脆弱なグループに陥ったり、そのような人と密接に接触したりした場合は、衛生面での警戒を怠らないようにしましょう。 政府は次のことを推奨しています。 建物への出入りを含め、可能な限り手を消毒する。 タップアンドペイ 人混みを避けて静かに旅をする 窓を開けるようにお願いする 定期的に掃除をしたり、触ることの多い表面を消毒したりしましょう。 また、公共交通機関の利用や必要のない旅行を制限して、ウイルスに接触する可能性を減らすこともできます。 また、家族や友人が病気の時には面会に来ないようにお願いするのも理にかなっています。 若くて健康で、特にコロナウイルスのリスクを感じていなくても、より脆弱な人々へのウイルスの拡散を食い止めるために重要な役割を果たしていることを忘れないでください。 政府は何ができるか? いくつかの政府は、高齢者の感染リスクを減らすための追加対策を実施しています。 米国ではドナルド・トランプ大統領が、高齢のアメリカ人に今後15日間は自宅で過ごすよう促している。 オーストラリアでは、政府は居住用介護施設への訪問を制限することを推奨しており、明日には新たな措置を発表するようだ。 今のところは、地域の高齢者に予防措置をとるように求めるのが賢明なアドバイスであり、物流的・社会的な結果をもたらす自己隔離のルールを課すよりも、むしろ賢明なアドバイスであるように見える。 以上 出典元 The マイコメント 日本ではなかなかこのような記事はほとんどないし、書かれてもいない。 これは暗に国民に真実を知らせず、不安要素だけあおるためだろうと思います。 この記事にあるように持病がない場合の死亡率は1%以下です。 だから、メディアが報じている ような感染すると即危険という図式は当てはまらないということです。 何らかの持病や基礎疾患として心血管疾患、高血圧、慢性の呼吸器疾患(喘息、気管支炎、煙草に よる肺疾患など)、ガンなどの持病がある人が死亡しやすいということです。 それでもすべての人が死ぬかというとそうでもないということで、私たちがテレビや新聞・雑誌 などの情報に振り回されないという姿勢が大事なことです。 どうかこの記事を参考に多大な不安だけを持つことは控えて欲しいと思います。 志村けんさんが亡くなったのは彼が芸能人であり夜の界隈と親しかったこともあり、コロナウイ ルス感染による営業自粛が続くなじみの店にお金を入れるために頻繁に繰り出していたことで 感染してしまったようです。 もちろん、持病もありました。 彼の人を思いやる気持ちが感染を 自らが受ける結果になってしまったものです。 もし、それがなければ今でもテレビでその姿を見ることが出来たでしょう。 アシュタールが語るように死ぬときは死ぬし、死なないときは死なないのです。 死んだとしても、元の世界に戻るだけです。 不安と恐怖は自分の予期しない現実を引き寄せる大きな要因になりますので、少なくとも 自分が楽しくいられる環境づくりの方が大事なことと思います。

次の