フロートリグ。 おすすめフロートリグの仕掛けやタックルについて[アジング]

メバリング フロートにおすすめなロッド│おたまの釣り日誌

フロートリグ

アジングで使われるフロートリグの2つのパターン アジングで使われるフロートリグは、遊動式とFシステムの2つに分類されます。 まずは、それぞれの全体像と特徴を紹介しておきますね。 遊動式(中通し)• メインライン:PEライン 0. 3~0. 中間リーダー:フロロカーボンライン 3~5lb• 飛ばしウキ• クッションゴムorシモリ玉• スイベル• ショックリーダー:フロロカーボンライン 3~5lb 遊動式が最もオーソドックスなフロートリグです。 その名の通り、遊動式の飛ばしウキからスイベルを経由してジグヘッドがつながる構図となります。 メインラインはPEラインが推奨されますが、フロロカーボンラインでも問題ありません。 (この場合は中間リーダーが不要になります。 スイベルとクッションゴムは別々に揃えてもいいですが、一気に手に入る上記のMキャロ用がおすすめです。 アジングでフロートリグやキャロライナリグといった遠投リグを使うときは、必須となりますので、持っておいて損はありません。 Fシステム(3点フロートリグ)• メインライン:PEライン 0. 3~0. 飛ばしウキ• ショックリーダー:フロロカーボンライン 3~5lb• ジグヘッド&ワーム Fシステム(3点フロートリグ)は釣り具メーカー「アルカジック」が提唱するシステムです。 PEラインとショックリーダーを直結した後、PEの端糸に短いフロロカーボンラインを直結して飛ばしウキを繋げる仕組みとなります。 こっちはこっちで利点があるのですが、遊動式とごっちゃにして解説するとわかりにくいので、Fシステムは別の機会に解説記事を作ろうと思います。 遊動式フロートリグのメリット・デメリット ということで、ここからは遊動式フロートリグにテーマを絞って、特徴を解説していきます。 メリット まずは、遊動式フロートリグのメリット!以下の3つです。 キャストの飛距離が大きく伸びること• 遠投リグなのに感度も良好なこと• 巻かない誘いができる 遠投リグなのでキャストの飛距離が大きく伸びるのは当然っちゃ当然ですが、感度が良いというのは、遊動式フロートリグの大きな強みです。 飛ばしウキが中通しなので、ラインに沿ってスルスル動きます。 ジグヘッドの感覚がほぼ直接的に手に伝わりますので、感度が損なわれません。 また、飛ばしウキが水面に浮いていますので、巻かずに誘えるのも魅力のひとつです。 食いがシブい時やショートバイトが連発する時には、そのエリアで巻くのを止めて、ワームだけをちょんちょんやって誘ってみるのもおすすめですよ。 デメリット 逆に遊動式フロートリグのデメリットはこちらの2つ。 風や波にあおられやすい• 水深のあるフィールドのボトム付近が攻めにくい フロートリグはウキがプカプカ浮いた状態での釣りとなりますので、ウキ自体が波にあおられたり、メインラインが風にあおられたりしやすくなります。 強風時や波が立っているコンディションではリグの制御が難しいです。 また、潮の流れにもガンガン流されますので、流れが速い釣り場でもイマイチ機能しづらくなります。 ウキ下は完全にジグ単状態ですので、仕掛けが沈むスピードも遅めです。 水深のあるフィールドのボトム付近は攻めにくくなります。 ただ、これに関してはジグヘッドの重量を上げることである程度対処できますので、それほど大きなデメリットではありません。

次の

【フロートリグ】アジング・メバリングに有効な飛ばしウキ仕掛けを徹底解説|TSURI HACK[釣りハック]

フロートリグ

こんにちは。 明日届くみたいなので読んでみよっと。 アジング・メバリング超思考法 posted with カエレバ L... 昨晩もスパっとやられたのですが、大阪湾でフロートでアジングをしていると時期的に、どうしてもタチウオカッターにやられる事があるので、やっぱり躊躇してしまいます(タチウオが発光しているフロートに突っ込んでくるみたいで、フロートにタチウオの歯が残っていたこともありました)なので、ラグビーボール型のスーパーボールを使って自作してみようかな〜とも思うのですが、今のところはシャローフリークのFタイプの15gとDタイプの16. 5gをメインに使用しています。 フロートリグ用のタックル 折れたブルーカレント・・・ フロートリグに使用しているロッドですが、私はヤマガブランクスのブルーカレント85TZ NANOを使っています。 ロックフィッシュ狙いや、タチウオワインド、ライトショアジギングなどにも使っているロッドです。 8フィート5インチと長めで適度に張りもあり、〜21gまでの錘負荷に耐えられるので、重ためのフロートリグには最適なスペックとなっています。 ってことで、大体10g〜15g前後の仕掛けが扱いやすい設定になっている8フィートから9フィートぐらいのロッドが適していると思います。 また、アジからのアタリ自体は繊細な場合も多いので感度の良いロッドが釣果に繋がると思います。 こんにちは。 最近流行りのルアーを使ったタコ釣りについ... イカメタルはイカからの繊細なアタリをとって積極的に掛... ハマチやブリ、ヒラマサなどの青物からキジハタ、アカハ... ロックフィッシュ釣りをこれから始めようと考えている人... こんにちは。 こないだ某釣具ブランドのファミリーセール... 明石のタコと言えば高級食材。 そんな美味しいタコを船か... 船のタコ釣り用ロッドを紹介します。 海底の起伏に合わせてタコエ... タコエギにも色々な種類が発売されています。 その中でも個人的に... ジギング(オフショア)に必要なタックルやジグのしゃくり方を紹... こんにちは。 もうすぐイカメタルの時期がやって...

次の

メバリングのフロートリグの使い方とオススメのフロートリグ

フロートリグ

その時の釣り方に合わせてスナップに固定したり、リーダー部分を誘動させたりしてます。 フロートリグに不慣れな方は、慣れるまでは固定した方がライントラブルが減り、楽しめると思います。 ハリス ハリスは、ぶっこ抜く際5lb(1. 2号)のハリスでは何度もラインブレイクしたので、フロロカーボンの8lb(2号)を用いてます。 ジグヘッド ジグヘッドは軽めが基本ですが、素早く沈めたいときやフロートもろとも沈めたいときは、あえて重めを選択する事もあります。 ジグ単とは少し原理が異なるので、整理 個人的に整理したので、思い切り間違えている可能性があります。 真面目に読んで真に受けないようご注意下さい。 フロートリグには大きく二種類 用いるフロートが浮くか浮かないかで大別されます。 この記事の中では浮くものはフロートタイプ、浮かないものはシンキングタイプと呼びます。 二種類の使い分け ワタクシなりの使い分けるかを簡単にまとめると・・・ フロートタイプ シンキングタイプ 表層から1. 5メートル以内を狙いたい フロートタイプより深いレンジを狙いたい 一定のレンジをゆっくりとルアーを通したい 積極的に縦のアクションをかけたい 根掛かりを避けたい 強風の中での操作感を確保したい アクションは? リフトアンドフォール ルアーに縦の動きを与えて、落ちてくる餌に反応する魚に口を使わせる釣り方 フロートタイプの場合、リフトさせるときは素早く大きくフロートを引く必要があるのでロッドアクションは大きめとなるが、その割にリフト量は限定的。 軽めのジグヘッドで漂わせるようなアクションをさせたり、ある程度重さのあるジグヘッドでリトリーブ気味に動かす時はやり易い。 シンキングタイプの場合はフロート自体がリフトするので、リフトは容易。 同様にフロートもフォールするので、 フロートとジグヘッドのフォール速度差を踏まえて、フロートを軸としてジグヘッドを上下に操る感じである程度フォールをコントロールできる(気がする) フォール中のラインコントロール次第で穏やかなフォールにしたり、より深いレンジまでフォールさせたりと、アクションの幅が広い。 但し直接操作してるのはフロート。 その先のジグヘッドの動きをイメージする事が大切。 ストップアンドゴー 横に動くルアーの動きに静かな変化を与えて、リアクションで口を使わせる釣り方 フロートタイプの場合は、スローリトリーブさせれば穏やかにリフトし、ジグ単のスローリトリーブに近い動きとなります。 リトリーブの仕方やフロートを動かすことでジグヘッドに変化を与えて、誘う事も出来ます。 当たりはストップしてルアーを見せる間に来ることが大半です。 フロートのおかげで一定のレンジをキープするのは簡単になるので、根のすぐ上をゆっくりと通したい時などは多用します。 シンキングタイプの場合、ジグ単でのストップアンドゴーと操作感は似てきますが、フロートとジグヘッドがストップするタイミングにズレが生じる点が異なります。 とはいえフロートの存在を感じ易い分、無用な糸ふけが減り、当たりは捉えやすいはずです。 ドリフト 潮や風の動きに乗せてリグを流し、流れ着く餌を狙っている魚の口を使わせる釣り方。 フロートタイプの場合、風や潮の流れでフロートが動くのに合わせてラインテンションを保つのが主な仕事。 フロートを揺するように動かしルアーに気付かせる事でヒットに繋がる事もある。 シンキングタイプの場合、流れと水深があればラインを送り込むような流し方も出来なくないですが条件が整わないと難しいうえ、根が多い場所では、投げる方向が限定されます。 ステイ 他の釣り方との組み合わせとして、ルアーを一点に留まらせて、魚がじっくりと見てから口を使うような状況を打破する釣り方。 フロートタイプの場合、風や潮の流れでフロートが動くので、位置を一定に保ち続けるのに意外に神経を使います。 シンキングタイプの場合、フロートが沈み続けるので、長時間一定の場所をキープさせるには潮の流れと浮力が拮抗する等の条件が必要。

次の