阿部寛 借金。 阿部寛の若い頃がイケメン【画像】現在と昔の出演作の比較まとめ!

阿部寛の若い頃がイケメン【画像】現在と昔の出演作の比較まとめ!

阿部寛 借金

(C)まいじつ 俳優・が思わぬところで話題になっている。 現在、阿部は10月スタートのドラマ『まだできない男』()の撮影中。 7月下旬、東京・目黒川で梅雨空の中、季節外れのニット姿で撮影している様子が『FRIDAY』に報じられた。 人気ドラマの続編なだけに期待も大きく、阿部本人は「13年前よりも、さらに結婚しない人が増えていると聞きます。 世の結婚していない男性を癒うなドラマにしたいです」と意気込みを語っている。 そんな阿部が話題になったのは、とあるツイッターユーザーの書き込み。 自宅のネット回線が遅いのでスピード確認をしようと阿部の公式ホームページを読み込んだところ、写真が途中で止まったとツイートしたのがバズったのだ。 このツイートには「それはやばい」「これは遅過ぎる」「おじいちゃんの徒歩の方が早いレベル」「速度制限中の携帯でももう少し速いぞ」など、多くの反応が投稿された。 それもそのはずで、阿部のホームページはシンプルかつ昔ながらのデザイン。 まるで90年代を思わせる作り。 画像が本人の写真と背景画像のみでサイズも小さいため、すぐに読み込みが完了していまうのだ。 「阿部のホームページは、阿部のファンがインターネットが普及し始めたころに作ったもので、それを所属事務所が協力という形でそのまま情報発信に使用しだしたものだそうですよ」(芸能記者) 通信状態の良し悪しの原因はさまざまだが、思わぬ形で注目を浴びることとなった阿部本人は苦笑いだろう。 ただ、これを機にリニューアルなんてことになったら、それはそれで反対の意見が殺到しそうだ。 あわせて読みたい•

次の

阿部寛「投資失敗で大借金」「役作りで苦悩」の知られざるドン底時代

阿部寛 借金

確かに投資の引き上げのタイミングが良かった人は、大金を苦労なくせしめてバブルがはじけるのを見ていられたでしょう。 しかし、 多くの人は投資の知識もなく無為に「土地を転がして」いただけで引き上げ時を間違えてしまった人ばかりなのです。 阿部さんも知人の勧めで不動産投資を始め、利益を上げていましたが当然投資の素人ですから、更なる儲けのために借金をしてまで投資をしてしまいました。 そして、多くの人と同じく悪いタイミングでバブルが弾けて数億円の借金だけを残して全てを失うことになります。 更に悪いことには、バブル崩壊と同時に「醤油顔」ブームが起きます。 つまり日本的でのっぺりした顔つきです。 cocolog-nifty. モデルとしても需要がなくなった為に、俳優に転向しようとするものの、高身長と時代に逆らう濃い顔がネックになりオファーがありませんでした。 そうして阿部さんは芸能界から遠ざかっていきます。 この時、 阿部さんはパチプロまがいの生活を送り、日々パチンコで稼いだお金で生活していました。 運が良かったのは、勝率が良かったと言う事でしょう。 そんなある時、いわゆる「あの人は今」的な番組のオファーが阿部さんの下へ舞い込んできました。 しかし、阿部さんは小銭を稼ぐために番組出演するのではなく、 過去の人扱いをされることに深い自省の念を抱き、一念発起するのです。 再び、俳優の道を目指し、エキストラ的なものでも台詞があってもなくても、どんな役でも来たものを全て受けると言うスタンスで復活したのです。 type. 役者としてのポリシーは 「役者として認められた時が怖い。 それで守りに入ってしまって仕事を選ぶようになると、面白くも何ともない」と語っています。 仕事は「脚本を読んでから決める」と言う役者が多い中で、ストイックなチャレンジ精神は、むしろ真の実力の裏付けからくるのでしょう。 また 「人から見て見た目も生き方も格好良いと言われる人は、決して格好良くないと思う。 自分はそういう罠にはまらないようにしたい」と話しています。 これは、表面上で評価される人は、表面を飾っているからで、表向きにそれらが見えてしまっている人には中身がないと言うことでしょう。 年齢を重ねると倍速で早くなっていくため、30代から華が開くので色々チャレンジして欲しい」と自身の体験からの教訓を語りました。 どんな仕事でもやったことに関しては生活の為ではなく、どんな仕事でも肥やしになる土産を絶対に持ち帰って身にしてやろうと思っていたそうです。 ストイックでありながら、キチンとした人生観を持っている阿部寛さんの言葉には重みがあります。 失敗を糧に生きてきたことが、今の阿部寛さんを象っているのでしょう。 まとめ 今回は 俳優・阿部寛の若手時代の意外な借金と職業! ストイックな人生観が凄い! などに注目しました。 今や押しも押されぬ人気俳優の阿部寛さんに、苦労した時代や借金があったとはにわかに信じられない話です。 ですが、バブル時代の名残の借金ですから実際には生半可な額ではない借金を抱えてきたことになります。 今は大成功している阿部さんにもそんな時代があったことや、失敗もあったと聞くと先の光が見えてきますね。

次の

阿部寛のホームページがダサい?結婚相手も調べてみた

阿部寛 借金

後半に入っても高視聴率を続ける「下町ロケット」(TBS系)。 11月29日に放送された第7話は、視聴率17. 9%と好調をキープ。 最終回での20%超えを目指して、TBSも鼻息が荒いという。 その主演を務めるのが、今やすっかり大物俳優の貫録が付いてきたと言われる阿部寛。 「『天地人』『坂の上の雲』といった大河ドラマでの活躍。 当たり役となった『トリック』、そして映画『テルマエ・ロマエ』では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた、今や日本映画界に欠かせない演技派の俳優です。 でも、ここまで来る道のりは、苦労の連続だったようです」(女性誌記者) 大学在学中に、集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞に応募して優勝。 カリスマモデルとして活躍後に俳優デビューを飾り、このまま順風満帆な芸能生活を送るのかと思いきや、 「演技の経験もないためしだいに仕事がなくなり、バブル崩壊で投資用のマンションの大借金を抱え、パチンコで生計を立てていた時期もあったと聞いています」(前出・女性誌記者) そんなどん底時代に出会ったのが、つかこうへい作・演出の舞台「熱海殺人事件」だ。 この作品の中で阿部が演じたのは、なんと元棒高跳びの選手でバイセクシャルな部長刑事という役どころ。 本人も出演するかどうか相当悩んだと、以前出演したTBSの番組「Aスタジオ」で告白している。 「チャイナドレスを着ているバイセクシャルの部長刑事役。 稽古初日、心の整理がつかず、30分くらい廊下をウロウロしてから、腹を決めて稽古場に入りました。 舞台が終わって、つかさんから『俺の芝居の中でベスト3に入る出来だった。 絶対にお前はこのままでいけるぞ!』と言われたことが、今でも支えになっています」 つかマジックで才能が開花したのか、実際にこの年から、演技派俳優として開花。 50歳を迎え、ますます円熟味がますばかりである。

次の