第三次世界大戦 2062。 2062 Who: 2024年の大事件

未来人2062の最新予言!的中した歴代地震・正体も総まとめ

第三次世界大戦 2062

今年も残すところあとわずか。 この時期になると気になるのは来年のことだ。 天皇陛下が退位され、平成という一つの時代が終わる2019年は一体どんな年になるのか、早くもインターネット上には来年に関する予言記事で溢れている。 その多くは、大地震や異常気象などの自然災害、世界大戦の勃発など不吉な未来を暗示する過去の予言者の言説を解釈したもの。 一体2019年には何が起こるのか? オカルト界の賢人たちに訊いた。 タイムトラベラーが危惧する第三次世界大戦 「現在アメリカのネットを中心に盛り上がっているのは、未来から来たタイムトラベラーが、近い将来我々が直面する事態を伝える、いわゆるタイムトラベラー予言です。 先駆けとなったのは、2000年11月にアメリカの大手掲示板に出現したジョン・タイターという人物。 2001年以降にローマ法王が変わることや、中国が有人宇宙船を周回起動に乗せるなど、いくつかの予言が的中していたことが後になって判明し注目されました。 その後、自称タイムトラベラーが雨後のタケノコのように発生してしまい、われわれでも全ては追いきれない現状ですが、なかには注目すべき存在もいます」 こう語るのは、来年創刊40年を迎えるオカルト雑誌・月刊『ムー』編集長の三上丈晴氏だ。 三上氏が、 今注目しているタイムトラベラーの一人が、マイケル・フィリップスなる人物だ。 今年2月に公開された動画に登場し、2043年イギリス生まれの軍人だと名乗ったフィリップスは、英国政府機関によってタイムマシンで過去に送られるまでの経緯や、タイムマシンのメカニズムに至るまで事細かに説明している。 「彼が2018年にやってきた目的は非常に明確で、近々勃発する第三次世界大戦を阻止するため。 なんでも、 2019年3月に北朝鮮がハワイのホノルルに向けて核ミサイルを発射し、アメリカが2発の核ミサイルを平壌に向け発射して報復。 北朝鮮は国家としての機能を失うが、この混乱に乗じて中国とロシアが同盟を締結。 2020年にはアメリカ、イギリスとその支持国との間で第三次世界大戦に発展する。 戦争は3年続き、この間に何百万人もの犠牲者が出ることになる。 幸いなことに核兵器は非常に局地的にしか使用されなかったそうですが、彼が元いた未来の世界は戦争のために荒れ果てた荒野が広がっているといいます」(三上氏) 今年6月の米朝首脳会談によって、平和構築のための歩み寄りを見せたかに見えた両国だが、北朝鮮の非核化に向けた交渉は早々に決裂してしまうということだろうか。 新元号は既に決まっている 来年4月30日をもって「平成」が終わる。 インターネットでは新元号予想が盛り上がりを見せており、やはりここにも自称未来人が新元号を「安始」と断言し注目を集めている。 しかしながら、三上氏によるといま話題になっているものではないという。 なんと三上氏はもう既に新元号を知っているというのだ。 「新元号は、一応国会で有識者会議が開かれて決めることになってますが、それは形式上。 前回の『平成』も、実際は学者の安岡正篤氏が独断で決めたと言われていますし、 次の元号も既に決まってます。 私はある筋から聞いてますが……、その元号はもちろん、誰から聞いたかも言えません。 外部に漏れたら変わってしまうので、当然ネットで囁かれてる元号ではありません。 これまでのように古典から引っ張ってきた言葉ですが、当然今まで元号に使われたことのない熟語です。 『ムー』的に読み解けば、ある方面の人たちへのメッセージ、つまりある種の暗号になっていて、正直かなりヤバい印象。 今まで隠されていた、この国の成り立ちにまつわる秘密がどんどん出てくる時代になるでしょう。 これ以上は言えません」(三上氏) 古代日本では、言葉には霊力(言霊)が宿っており、言葉にすることでそれを現実に実現することが可能になると考えられていた。 不吉な出来事が続くと、天皇の代替わりに関わりなく改元していたのはそのためだ。 つまり、その時代を運命付ける力が元号にはあると考えられてきたのだ。 三上氏が「ヤバい」と言う新元号によってどんな時代が到来するのだろうか。 『AKIRA』で描かれた2019年のネオ東京にヒントが 小説や映画、漫画といった創作物に描かれたストーリーがそのまま現実に起こることがある。 作中で未来の社会を描き、それが見事に現実になったのなら、作者には先を読む力があったように思える。 しかし、それらは「予言」とは少し違う。 作家たちは、誰もがアクセスできる情報や知識を元に、未来を「予想」したに過ぎないからだ。 一方で、普通の人間がどんなに考えてもたどり着けないはずの、物語上のちょっとした設定や細かな描写が未来と一致した場合、彼は予言者と呼ばれるかもしれない。 我々は「予言」という言葉に、人知を越えた神秘的な力を期待しているのだ。 『鉄腕アトム』には「9. 11同時多発テロ」を描いたかのような2棟の高層ビルが崩れ落ちるシーンが登場し、『ブラック・ジャック』に至っては、2008年6月14日に発生した「岩手・宮城内陸地震」の日時・場所まで言い当てていた。 その手塚治虫が晩年、あまりの画力に嫉妬したとの逸話が残っている大友克洋が描いた作品にも予言と見られるシーンが登場する。 若者を中心に人気のオカルトメディア『TOCANA』編集長の角由紀子氏は言う。 「1982年に連載が始まった大友克洋さんのSF漫画『AKIRA』の舞台は、失業者が増大し荒涼とした2019年のネオ東京で、翌年に東京オリンピックを控えているんです。 実際に東京オリンピックの開催が決まったときには、未来を予言していると大きな話題になりましたが、あれが現実になるのであれば、 2019年の日本はかなり荒んでいるということ。 今の経済・社会的な状況からは想像しにくいですが、実はこの『AKIRA』の予言を補填するような話があるんです。 今年9月、投資家ジョージ・ソロス氏のビジネスパートナーだったスタンリー・ドッケンミラー氏が投資家向けのメディアで、前回の金融危機を起こした原因である金融緩和を何倍もの規模で行なってしまったために、 近いうちにリーマンショックよりも大きな危機が起こることになるだろうと発言しました。 彼は来るべきバブル崩壊に備えて、空売りを開始したそうです。 他にも、ビル・ゲイツ氏、アメリカのヘッジファンドマネージャーであるケネス・グリフィン氏といった大物たちも同様に金融危機が迫っていると警鐘を鳴らしています。 さらに、『ヘッジファンドの帝王』と呼ばれているレイ・ダリオ氏は、 金融危機は2019年に始まると予測している。 ディストピア的な『AKIRA』の世界が来年現実になる可能性は大いにあると考えていいでしょう。 あくまで私の見解ですが、その結果、東京オリンピックを開催できる状況ではなくなるのではないでしょうか。 ブログ上で3. 11を言い当てた予言者・松原照子さんも『 東京オリンピックは確実に来ない』と明言していますから」(角氏) これまで数々の予言ネタを扱ってきた新旧オカルト界のご意見番に予言を分析してもらった2019年。 外れることを願わずにいられない不吉な話ばかりだが、そう悲観しすぎることはない。 三上氏が語る。 「知っておいてほしいのは、予言とはそもそも確実に当たるものではないということ。 当然、未来も変わる。 予言とは、あくまでも『このまま行ったら』という、前提条件の下で成立するパラドックスを孕んだ警告なんです。 私たちだって、何度ノストラダムスに振り回されたことか(笑)」 取材・文:今川芳郎 写真:アフロ.

次の

伝説のタイムトラベラーが帰還後に予言した第三次世界大戦

第三次世界大戦 2062

第三次世界大戦では両勢力がを主要な兵器として使用することが予想されている。 冷戦期 [ ] 一般的には、・のような列強の対立による全面戦争を指し、超大国同士が直接対決し、その周辺諸国を巻き込むような大きな(アメリカ合衆国とソビエト連邦の直接対決など)を仮想して呼ばれた。 米ソは全人類を滅ぼしてもあまりある数のを持ち、「冷戦」という形で1945年から1989年までにらみ合っていたため、第三次世界大戦は核兵器による全面になると想像されることが多かった。 またのにおいても同様の意味で使われることがある。 特にや、など米ソの対立が頂点に達した時期には、識者の間でも勃発の可能性や、回避対策について真剣に論じられた。 また、必ずしもの全面使用のみが想定されていたわけではなく、が(NATO)より優位にあったで西欧に侵攻し、その過程でが限定使用されるシナリオも想定されていた。 冷戦後の2005年に政府が公開した1979年時点での侵攻計画では、・・・に戦術核を投下して7日間でワルシャワ条約機構の地上軍をまで進めることとなっており、その際にはNATO側がポーランドに戦術核を投下することが織り込まれていた。 冷戦後 [ ] 特定の書籍においては、既存の冷戦やアメリカ同時多発テロ事件以降の戦闘・戦争を世界大戦とするものが存在する。 文脈によっては冷戦自体を一つの戦争とみなし、「第三の世界戦争」と表現することもある。 また別の文脈では、アメリカ同時多発テロ事件以降、アメリカの主導によって行なわれた「対テロ戦争」のことを、「第三次世界大戦」と呼ぶ場合もある。 は、に放送されたので、対テロ戦争を「第三次世界大戦」と初めて表現した。 また、ブッシュはので「が核武装すれば第三次世界大戦を引き起こし兼ねない」と述べた。 2009年時点で、はイランの核兵器保有阻止のためにイランへの攻撃を検討しているとされていた。 初頭にはやなどとの「」が戦争の主流となりつつある。 非対称戦における戦時と平時の区別は曖昧である。 にはがでのスピーチの比喩として、すでに第三次世界大戦は始まっていると懸念を示したこともある。 第三次世界大戦に発展する可能性があった事件 [ ] ワルシャワ条約機構軍が西ドイツに侵攻した場合の攻勢主軸想定 様々な事件が、第三次世界大戦を引き起こした可能性が述べられている。 以下にその可能性が述べられている事件を列挙する。 - 司令官が実質的参戦国である領内への侵攻と核兵器使用を主張した。 当時の中国はソ連と軍事同盟を結んでいたため、中国領内への侵攻はソ連の参戦を招く可能性があった。 それを望まない米国がマッカーサーを更迭したことによりエスカレーションは回避された。 エイド・メモワール(ソ連がアメリカに占領の終了を要求)• - (ソ連がアメリカにの中立化を要求)• - 米軍の監視がで故障。 ソ連の妨害と誤認して攻撃を準備。 - NORAD に誤ってソ連による総攻撃が表示される。 - アメリカ・ので、ICBMが訓練中に誤って発射に入る。 による核戦争回避事件(ソ連の監視衛星が米国からの核ミサイル攻撃を誤検出)• (ソ連がの核ミサイル発射演習を本物の核攻撃の偽装と誤解)• - (が発した事件)• - (、の気象観測ロケットをアメリカの核ミサイルと誤認し、被弾前報復核攻撃を検討)• - ()• - () 上記の内、もっとも危険が高かったとされるキューバ危機では、実際に誤って核攻撃命令が出され、現場の判断(レベルが戦闘時ではなく、それより低い準戦闘時のまま核攻撃命令が下された他など)から、核ミサイル発射が水際で停止されていた。 非公式ながら米軍および旧ソ連軍共に、事故・誤命令による核兵器発射シーケンス開始は実際に起こっている。 核兵器や核弾頭搭載が可能なは、、、、なども保有しており、偶発的核戦争(第三次世界大戦)の可能性は拭い去れていない。 第三次世界大戦に波及する恐れがある発言 [ ] 少将のが、核戦争こそが増えすぎた人類を減らし環境を守る最速の手段だとして、核戦争を賛美する発言を行った。 第三次世界大戦(核戦争)は、絶対に起こると持論を述べ、積極的先制核攻撃により味方よりも敵人口を減らして大戦後の優位を保つべきだとの持論を展開している。 また、この様な危険な発言は、たびたび行われており、朱成虎は2015年4月現在も中国国防大学の教授職にあり、後に中国軍のエリート・幹部となる若手士官の育成を続けている。 [ ] また、以降は、地域紛争にを投入する可能性について度々言及を行っている。 2015年放送の「クリミア、祖国への道」の中で、に端を発する()に際して、欧米諸国が武力介入による併合阻止に踏み切った場合に備え、に対して核兵器使用の準備を指示していた事を明らかにした。 ロシア連邦軍は同年3月の軍事演習においても、仮想敵がを含む方面より攻撃を開始する戦闘状態に突入した場合には、限定的ながらも先制核攻撃の可能性も想定した訓練を行っていた事が明らかになっており、ロシア近傍での地域紛争に端を発する核戦争勃発の危機が懸念されている。 その他 [ ] は「第三次世界大戦でどのような兵器が使われるのか私は知らない。 だが、第四次世界大戦はとによって戦われるだろう。 」という言葉を残し、次に世界大戦が起きればの崩壊は免れ得ないと警鐘を鳴らしている。 この言葉での第三、四次世界大戦は上記で定義された内容ではなく、単純に、発展した軍事技術のぶつかり合いを意味する。 また、アメリカ第34代大統領であるは「第三次世界大戦に勝つ唯一の方法は、それ(第三次世界大戦)を防ぐことだ。 」という言葉を残している。 2020年1月3日にアメリカ軍がイランのコッズ部隊の司令官をイラクのバグダッドにて空爆で殺害した直後にはのトレンドで第三次世界大戦を指す「WWIII」「worldwar3」が上位となった。 フィクションの第三次世界大戦 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2013年10月) 20世紀に発生すると設定 [ ] 第二次世界大戦がの一人勝ちに終わった後、に政権を立てたや第二次世界大戦に積極的には参加しなかったを中心とすると、ドイツを中心とするの間でからにかけて第三次世界大戦が戦われる。 アメリカ合衆国は開戦初日にドイツの(核)攻撃を受け、本土が戦場となったあげく東西に分裂する。 枢軸国優勢で終戦を迎えた後、戦後の日独冷戦時代を経て、には日独間の第四次世界大戦も起きる。 欲せざる原爆下の第三次大戦 『』臨時増刊。 、ソ連と軍の介入から第三次大戦が勃発。 原爆の保有数が少ないソ連は最終的に敗北してに占領される。 アメリカの雑誌『 ()』第三次世界大戦特集の邦訳。 小説版(原作)と漫画版によって展開は異なるが、どちらの場合も最終的に連合軍の勝利によって終戦を迎える。 、核弾頭を搭載したアメリカ空軍の輸送機が上空でに撃墜されたことをきっかけに第三次世界大戦が勃発する。 との交戦、付近での中の衝突などの紛争を経て、核ミサイルを用いた米ソ間の全面戦争へ発展。 世界各地の都市が破壊され、日本も各地の米軍基地や東京に水爆攻撃を受ける。 死者は20億名に達した。 、同盟国と連邦国の対立の中、北大西洋の同盟国軍演習海域に侵入した連邦国海軍のミサイル潜水艦が鹵獲されたことや、沿岸での軍用機の撃墜などを発端として第三次大戦が勃発。 38度線付近での戦闘で小型の核弾頭弾が使用された後、一次は停戦協定が成立するが上空で生じた戦闘機同士の戦闘で再度核弾頭が用いられ、遂に全面戦争に発展。 両陣営によって爆撃機やICBM、SLBMによる核攻撃が行われ、人類はほぼ滅亡する。 連邦陣営に属する日本も東京などにミサイル攻撃を受ける。 、から発生したアメリカによるキューバ空爆をきっかけに米ソ間の第三次世界大戦が勃発。 ソ連はアメリカと西欧および中国に対して核攻撃を行うが、アメリカは十分な報復を行えず終わる。 開戦初日で5億人が死亡、アメリカは崩壊し、ソ連も大きな打撃を受けた。 幸運にもを除き直接被害を免れた日本は、いずれ起きるかもしれない第四次世界大戦から生き延びるため、脱出を目的とした開発に邁進する。 () 1962年、アメリカなどとソ連・中国の間で全面戦争が勃発。 過去20年の間に欧州各国はソ連に占領されており、アメリカも大陸間弾道弾の攻撃に曝されるとともに、で艦隊が全滅したためソ連・中国陸上部隊の本土上陸を許し、に両国に対し降伏。 その後、アメリカは「北アメリカ人民民主共和国」としてソ連軍政府による占領下に置かれるが、同年にアメリカ内の反逆者が秘匿されていた爆撃用人工衛星を用いて、ソ中に北アメリカからの占領軍の撤退を要求する。 1962年、第二次世界大戦に参加しなかったとアメリカとの間で日米間核戦争(第三次大戦)が勃発する。 各主要都市に核攻撃を受け、東京消滅などの甚大な被害を被った日本は敗北。 敗戦後の日本は日本民主人民共和国(北日本)と日本共和国(南日本)、列強各国領、そして国連日本管理委員会統治下の近畿特別区に分断される。 に第三次世界大戦が勃発。 を欲したソ連が占領のために中国全土を核攻撃し、同時に行われたやなどによる西側諸国への爆撃をソ連によるものと誤認した西側諸国がソ連を核攻撃。 戦闘は37日で終結する。 これによって生じたでが全滅し、残されたも徐々にに汚染されていく。 リメイクテレビ映画『』(米)では、侵攻がきっかけとなりアメリカがを発射し、第三次世界大戦が勃発する。 ただしこちらでは開戦日時は明示されていない。 () 、中国が「Sデー作戦」を実行したことで第三次世界大戦が勃発する。 中国の前線組織が米本土に持ち込んだ核爆弾を起爆させるなどの偽装工作を行い、これをソ連の攻撃と誤認したアメリカがソ連へとICBMによる限定的な核報復を行ったことで全面戦争へと発展。 とによる核攻撃の収束後には、双方ともに相手を全滅させるために細菌兵器を使用する。 また、黒幕であった中国も米ソの集中攻撃を受けている。 、米英とアジア諸国の間で核戦争「九日間のトランキライザー」が勃発する。 戦後も疫病や飢饉が10年間に渡って世界中で発生し、工業国の人口はいちじるしく減少。 これによる人手不足を補うためにロボットの実用化が押し進められたほか、国家の概念も放棄される。 実録第三次世界大戦 『』昭和38年7月号に掲載。 、アメリカの実験用をソ連がミサイルと誤認したことにより、第三次世界大戦が勃発。 ソ連の水爆弾頭ICBM、IRBMによってアメリカや日本の各都市が攻撃されるが、ソ連ミサイル基地に対する潜水艦の攻撃によってソ連も継戦能力を失い、戦闘は終息する。 、・汎米連邦・欧弗同盟の間で第三次世界大戦が勃発。 当初は汎米連邦と欧弗同盟が両国間の戦争と擬装して日本を挟撃する計画だったが、金星人X大使の介入により汎米連邦艦隊が欧弗同盟軍を攻撃し、実際に両国間の全面戦争となる。 (映画版では)、4年前に発生したMM-八八ウイルスのによって以外の地球全域の人類が死滅した世界。 で発生した8. 6から9のによって、無人のまま機能を維持していたアメリカの全自動報復装置(ARS)が作動して、核ミサイルを発射。 これに反応してソ連側のARSも反撃を指示し、を中心とした数千発に達する双方の核弾頭ICBMが自動発射され、全世界に大量のが放出されることになる。 1973年かに第三次世界大戦が勃発したとされている。 約1200年後の世界の登場人物が発見した記録から判明。 勃発の経緯については触れられていない。 () 20世紀後半に米ソの間で核兵器を用いた全世界規模の戦争が勃発。 にはすでに開戦しており、に終戦を迎える。 米本土でも水爆が使用されており、その結果として多くの亜人類や変種人類、畸人が生まれることになる。 、アメリカとソ連・中国・・からなるの間で第三次世界大戦が勃発。 に「最後の世界大戦」が終結。 具体的な戦闘の内容は不明だが、これによって国家主義が終焉を迎え、戦後には国家が「地区」へと統合され始める。 (原作では1982年、映画版では)、での人型兵器「アキラ」の大覚醒による大爆発が引き金となり、第三次世界大戦が勃発。 これによって東京を始めとする世界各地の都市が破壊される。 () に東西陣営間で第三次世界大戦が勃発。 国境へのの奇襲攻撃によって戦端が開かれ、にで生じた副長官のによって終結する。 戦闘地域はが中心となり、核兵器の使用はソ連がへ放った1発と、報復として米英がに対して用いた4発に限定された。 戦後にソ連は崩壊する。 主著者は元軍司令官。 実際の防衛計画と想定に基づいた「戦況」を克明に描いた本で、他の仮想戦記とは一線を画す。 日本語版はの刊行。 に露英米連合と中国ヘゲモニーの間で全面戦争が勃発。 戦後に現在のは崩壊した。 その後、復員軍人たちの手によってが建国され、兵役経験者のみがを持つ新たなが確立される。 1987年、食糧禁輸措置を取られたソ連がアラスカの石油基地を急襲・爆破して、米ソの戦争に発展する。 () 、ソ連のが訪問を終えて帰国した直後に病気を理由として退任したが、「実は幽閉された」という噂も流れる。 書記長が交代してから両陣営の関係は悪化し、東西ドイツ間でNATO軍と軍が武力衝突する。 一方、では戦争反対のと核施設の廃絶運動が起き、一度はが結ばれるも、ついに全面核戦争が勃発してしまう。 、1発の軌道レーザーの攻撃を核攻撃と誤認し、第三次世界大戦が勃発。 40分で終結するが、全世界が壊滅状態となる。 () 、実戦配置にあったミサイルがのボネヴィル粒子加速研究機関で発生した大惨事に巻き込まれたことを発端として、数十時間に及ぶ全世界規模の核戦争が勃発。 この「零日」は生物圏や気候サイクルの変動を招き、地球の人口は大きく減少する。 に第三次世界大戦「終末戦争」が勃発。 参戦したのはアメリカと「復活したスラヴ」などで、復活したスラヴの内部崩壊によって終結した。 核兵器は数十発が使用されるのみに止まったが、アメリカは水爆によるや戦後の「三年間の冬」の際に発生したなどによると凶作による大飢饉、さらには暴力的なサヴァイヴァリストらの活動によって荒廃し、通信網も寸断され、各地に生じた小規模な共同体の多くはなものとなり、暗黒時代が訪れた。 に偶然にも郵便局員の制服を手に入れた男性が、秩序を取り戻そうと活躍する。 () 午後6時47分、での米ソ両軍の小規模な交戦を経て、アメリカ側の宣戦布告によって米ソ間の第三次世界大戦が勃発。 両軍の潜水艦が放った核ミサイル計5発がアラスカおよび東シベリアの無人地帯で起爆した後、午後6時51分には米ソ間で停戦が合意される。 この際、アメリカでは3期目に入った大統領が風邪に罹患しており、その健康状態に関する報道によって大戦についての報道が埋もれてしまっている。 、改革失敗とアメリカのによって追いつめられたソ連は西ドイツへ侵攻し、NATO軍と全面衝突する。 、による短編集(ボム・コミックス、1988年刊)。 2月、ソ連と米国・間で第三次核大戦が勃発。 多数の核兵器が使用され、戦闘は一瞬で終了した。 前年にソ連が中東へ軍事介入し、イスラエルを抑えてへ進攻したことが引き金となっている。 また、には諸国とEC間の経済摩擦を発端とした第四次非核大戦が勃発しているが、こちらは第三次核大戦とは対照的に長期化し、にアジア諸国の勝利によって終結している。 、アメリカの核戦略コンピュータシステム「」が自我を獲得。 人類を滅ぼすべくソ連へ核攻撃を行ったことによって全面核戦争が勃発し、人類の大半が死滅した。 その後はわずかに生き残った人間も、スカイネットの操る殺人機械群との戦いを余儀なくされる。 シリーズ3作目『』では、前作『』で主人公達が未来を変えるべく奔走したことによって歴史が変わったため、スカイネット誕生と核戦争勃発がになっている。 戦闘宇宙艇SRV-4B シャングリラ作戦 1997年11月、米ソによる上への戦略レーザー砲の配備と、ソ連の軍用宇宙ステーションに対するアメリカの強制査察飛行「シャングリラ作戦」を発端として、米ソ間の全面戦争が勃発する。 であるため複数の開戦経緯が存在し、戦争が回避される結末も存在する(、1986年刊)。 1997年末、東西両陣営での人型兵器「FLAME」の普及による冷戦構造のバランスの変化を原因として、世界各地を戦場とする東西間の全面戦争「米ソ紛争」が勃発。 核兵器は使用されず、FLAME同士の戦闘が主になった。 アメリカを中心とする西側が優勢となる中、とを互いのFLAMEが襲撃し、大統領と書記長が殺害されたことを機に、に講和が行われる。 人類の闘争本能指針が第二次大戦以来最大となったに第三次世界大戦が勃発。 反転電磁界爆弾などのの使用によって全世界が壊滅し、終戦後の8月には人類は南の島々とアマゾン源流付近に僅かな生存者を残すのみとなる。 ただし、これは作中()から複数分岐している未来の1つでの出来事とされている。 1999年7月、アメリカとECの支援を受けたイスラエルとソ連の支援を受けたアラブ連合軍がを戦う中、鋼鉄の鎧に身を包んだ謎の巨人がに突如現れ、巨人の一撃によりアラブ欧米両軍の半数以上が壊滅。 この機に乗じて日本アジア連合軍が両軍を攻撃し、戦闘は第3次世界大戦へと拡大する。 全世界での核ミサイルの使用により地球環境が再生不可能な大ダメージを受けた後、一部の人類はへ移住する。 1999年、東西陣営による第三次世界大戦が勃発。 双方の核ミサイル攻撃によって地球上の文明は滅亡する。 1999年7の月、局地戦での核兵器使用の影響で遂に全世界は核戦争に発展。 A・B・Cの各陣営のICBMの核ミサイルが世界の都市みならずICBMの発射基地をも攻撃する。 やがて発射基地は全滅し、人類は滅亡したとしても機械が自動的に核ミサイルを発射し続け、地球は死の星と化する。 1999年にの存在から、宇宙で発生しているに対する地球規模の防衛機構が必要と判断され、6月に主導下で地球上全ての国家・体制を解体し、惑星統一政体を発足させる地球統合政府作成案が公表される。 これを受けて急激な変化との独占に反対する反統合勢力が世界中で決起し、2000年7月に中東で発生した紛争を口火に、地球各地および宇宙空間を戦場とする「」が勃発した。 反統合同盟と1月に発足した地球統合政府は双方ともに反応兵器(核爆弾)を使用。 統合政府の勝利によって1月に終戦を迎えるが、その後もののような局地戦が発生する。 に発生したによる混乱の影響で、同月に印パ国境で発生した武力衝突を皮切りに、世界各地で同時多発的に紛争が勃発。 には新型爆弾の投下によって東京が壊滅している。 その後、に調印されたバレンタイン休戦臨時条約によって戦闘は終結した。 これによる犠牲者は世界人口の半分に達している。 ()シリーズ からの下、様々な状況での東西陣営の衝突を想定した。 21世紀に発生すると設定 [ ] 、人類と知能を得た類との間の争いがに発展する。 猿類が勝利し、僅かな人類もとなって、をするコミュニティのみとなる。 そこに恒星間探索に赴いていた探査船が不時着し、「人と猿が逆転した世界」へ投げ出される。 () にを中心に勃発した東西陣営間による偶発的な限定核戦争「小破滅」を経て、に東西陣営間の全面核戦争「大破滅」が勃発。 などで発生した大規模海戦に始まり、世界各地での核兵器の応酬がそれに続いた。 犠牲者は25億人以上に達し、戦闘による被害と戦後の「長い冬」によって文明も大打撃を受けたが、にまでは至っていない。 2005年11月(改訂版では11月)、地球で全面戦争が勃発。 核爆発によっては粉砕された。 その後、地球環境は荒廃したようだが、2026年時点でも戦闘は未だに続いている。 2008年7月、第三次世界大戦「大変動」が勃発。 核兵器を遥かに上回る威力を持つ「超磁力兵器」の投入により、人類の大半が死滅。 地球の五大陸のほぼ全域が海中へ水没し、文明が崩壊した。 原作の『残された人々』はをモチーフにしているが、子供向けアニメとして制作された事情から設定に差異が多い。 前年の「バニシング事件」によってが冷え込む中、米軍による日本国ハワイ県への奇襲攻撃を発端として、2008年に「第二次日米戦争」が勃発し、同時に世界各地で局地戦が発生。 マシーン兵器の投入によって第二次日米戦争はに日本の勝利に終わり、翌に日本主導のが建国されたことにより、戦乱は終結する。 2008年に世界核戦争「The Third」が勃発。 これにより人類社会は壊滅するが、参戦国などの詳細は語られていない。 戦後、戦時中に開発が進められていた人工兵士の遺伝子が残留放射能によって変異し、人類に敵対的な「妖獣」を生み出すことになる。 () 、大衆による扇動を原因として西部民主圏と太平洋人民圏の間で第三次世界大戦が勃発。 戦端は植民が行われていた火星で開かれ、戦火が地球に達するまでの1年の間に両陣営の全大衆が地下共同生活タンクへと避難させられる。 数年後、両陣営が用いる思考力を持つ兵器「レディ」が双方の最高司令官の協力を受けつつ実際の戦闘を停止させ、地下の大衆には戦争が続いていると偽装しつつ一部のエリート「ヤンスマン」のみが地上で生活するようになる。 初頭、を原因として、核軍縮会議でのトラブルをきっかけにアメリカ、ソ連、ヨーロッパ連邦からなる枢軸国と、全アフリカ連邦を中心とする南半球諸国の間で第三次世界大戦が勃発。 永久平和宣言を発していたインドは参戦せず、中国、日本もそれに同調した。 にスーパー・によってからの信号を受信したことを受け、これの来訪に備えるためのボンベイ講和会議により戦闘は終結する。 () 2012年6月、の影響下に置かれたアジア連合が、アメリカへの爆撃と侵攻を行ったことで全世界規模の戦争が勃発する。 9月までにに拠点を築いたアジア連合軍は、続いてを経て中東への西進を開始し、その後ヨーロッパも戦闘に参加。 核兵器の使用は限定的なものに止まる。 これと平行して対ヴァイトン戦を行っていたアメリカが偏光波発射装置でヴァイトンを撃退し始めたことで、戦闘は終結に向かう。 2012年、主人公・の兄・が発明したを巡り勃発。 2年後のには世界は壊滅状態となっている。 ただしこれはでの出来事なため、本編では直接的な関係性はない。 2013年に「最終戦争」と呼ばれる核戦争が勃発。 これによって地上は放射能で汚染され、戦後には「黒き者(チョルヌイ)」を始めとするモンスターが発生する。 参戦国の1つであるロシアでは戦略施設に隣接する地域が「敵」の核攻撃を受け、モスクワにおいては一部の市民がのメトロ網に逃げ込み、やがて各駅が自治政府を持つ生活の場所となる。 2月、世界的な食料危機やエネルギー危機などを原因として、アジア太平洋共同体(APC)と汎ヨーロッパ連合(PEU)の間で第三次世界大戦が勃発。 戦火はからウクライナ、東部、オーストラリアへと拡大するが、アメリカ自由貿易地域(AFTA)の軍事介入を受け、APC、PEUはともにAFTAに全面降伏。 その後、PEU軍内のがウラル山脈の旧戦略ミサイル基地を占領し、世界各地のAFTA占領地を解放するよう要求するが、各国のエースパイロットからなる部隊によって鎮圧され、2015年に大戦は終結する。 の予言 2015年、ロシアがアメリカ連邦帝国・中国・ヨーロッパの各国に行った核攻撃を発端として第三次世界大戦が勃発。 その後アメリカ・ヨーロッパ諸国・オーストラリアとロシア、更には日本を含む周辺諸国を吸収した中国による三つ巴の戦いが繰り広げられ、最終的にはにロシアの勝利によって戦争は終結する。 、中東での核兵器テロを受けてそれまでのミサイル防衛技術が極度に発展し、大陸間弾道ミサイルによる核兵器の脅威が消え去った時代が訪れる。 しかし、アメリカが衛星軌道上に軍事基地を設置した事により、軍事バランスが崩れ開戦に至る。 2016年、超国家主義派によるロシアの空港テロに工作員が参加していたことにより、アメリカによるテロへの報復戦争という名分のもとロシアがアメリカ各地に奇襲を行い第三次世界大戦が勃発。 続編『』ではヨーロッパ各地にまで戦火が拡大する。 、多国籍宇宙連合軍の攻撃によって破壊された月面の基地から発見されたの所有権を巡り、全世界規模の全面核戦争が勃発。 各国が放ったICBMによって地球人類は滅亡し、ナチス基地の生存者のみが生き残る。 戦後には大災禍の反動からの医療合意共同体「生府」による政治形態への移行と、放射能汚染やそれにより突然変異したウイルスに対応するための、恒常的体内監視システム「WatchMe」及び個人用医療薬精製システム「メディケア」の普及が行われる。 2019年、人口爆発や環境破壊などによる世界的な食糧危機がきっかけとなり、第三次世界大戦が勃発。 この戦争で世界人口の約80%が死亡し、アメリカや中国も消滅した。 に終結。 戦後の文明は大きく後退し、ディストピア的な体制国家が支配している。 、資源・経済的問題に起因しない各国家間の不和を主因として第三次世界大戦が勃発。 戦闘によって大陸とヨーロッパ全域が荒廃した。 その後、戦後10年の間に世界はアメリカ新秩序、大ヨーロッパ、東亜連邦の三大勢力によって平定される。 からにかけて、アメリカ合衆国とECON(東側連合)が、大規模な核攻撃を伴う第三次世界大戦を戦った。 都市の大部分が破壊されて死者は6億人にのぼり、地球は事実上の無政府状態となる。 ECONの詳細は不明だが、初期の稿ではアメリカ対中国(China)だったと脚本家が明かしている。 なお、詳細な設定が決まったのは『』()においてである。 また、では、からの間に「優生戦争」という世界規模の戦争があったという設定がある。 、エネルギー危機を受けて中国軍が中近東に進軍したことを原因として、日米ソなどからなる太平洋安全保障条約軍と、EUや中国などからなるユーラシア同盟の間で第三次世界大戦が勃発。 中国の内部崩壊と参戦各国の疲弊によってに終結する。 核兵器の使用は中国とイスラエルの間での戦術核の応酬のみに止まった。 、中部ヨーロッパでの多国間紛争を発端として第三次世界大戦が勃発。 に核兵器が完全廃止され、核抑止力が失われたことを遠因としている。 戦闘は主に通常兵器を用いるロボットによって行われ、8年間の戦いののちにロボット側が演出した人間社会全体の窮乏を要因として終結する。 死者の数は全世界で2億人に達した。 2037年、東西共同の調査船団が消息を絶ったことを遠因として、東西大国およびその同盟国の間で第三次世界大戦「地球大戦」が勃発。 までの3年に渡る戦闘は全面核戦争の様相を呈し、地球の環境は荒廃。 地球外の惑星でも混乱が生じた。 戦後のに復興のためとして設立された地球再整備機構が、後の監察庁に繋がる。 、との間で「」と呼ばれる熱核戦争が勃発。 無関係な他国をも巻き込んだ13日間の戦闘の末に両大国は壊滅したが、その後もが続き、の発足によってに終結を迎えるまでに、人類の総人口は10億人にまで減少した。 2039年に第三次世界大戦が勃発。 当初は全面核戦争として始まったが、核兵器や航空機が消滅した2279年の時点でも手段を退行させつつ戦闘は継続されている。 ただし、これは作中で複数登場する未来の1つでの出来事となっている。 2040年に「地球戦争」と呼ばれる全面戦争が勃発。 詳細は不明だが衛星軌道を含む地球全域が戦場となり、この戦争の影響によって原子力技術は衰退した。 中東での紛争のためにに発生したエネルギー危機を発端として、2040年に欧米連合とアジア諸国連合の間で第三次世界大戦「斉天大戦」が勃発。 中国大陸が戦場となる。 に発生した「シリコンカビ」による電子・コンピューター技術の崩壊を契機として、それらの技術への依存度が少ないアジアの超大国がアジア及び西ヨーロッパ各国への侵略戦争を開始し、第三次世界大戦が勃発。 超大国は新兵器「」を投入するも戦争は泥沼化し、には超大国側からの提案によって停戦協定が締結される。 その後、超大国を中心とする「」が新たに設立された。 、世界を二分する形で「三年戦争」(第二次統合戦争)と呼ばれる大規模戦争が勃発する。 終戦は。 参戦国の詳細などは不明だが、最終段階で軌道周回国家・日本の地上遠征軍による介入が行われている。 この戦争により地球上のあらゆる文明が滅亡した。 2030年の「北蘭島事件」によって全世界に拡散したコーラップス液による汚染を原因として、2045年に残された土地や食料を巡る第三次世界大戦が勃発。 緒戦で核兵器が使用された後に陸戦を中心とする有視界戦闘に移行し、に終結する。 この大戦中に「戦術人形」が各国で実戦投入された。 また、戦後に低下した国家の統治能力は(PMC)によって補われることになる。 ごろから始まった世界的な寒冷化の中、寒冷化と砂漠化が進んだ華北地域の住民によるロシア領内への不法入国を発端として、2045年にエネルギー資源を巡る第三次世界大戦が勃発。 まで続いたことから「二十年世界群発戦争」とも呼ばれる。 各陣営の勢力範囲も大きく変化した。 2047年1月、異星人ヲルラの襲来により第三次世界大戦「接触戦争」が勃発する。 当初はヲルラ対地球人の戦争であったが、途中から地球側が日英米連合を中核・前身とする地球連邦と中国やインドなどを中心とする国際連合に分裂。 ヲルラが地球連邦に対して降伏した後には、地球連邦によるヲルラの科学技術の独占を国連側が恐れたことから、地球人同士で反応兵器(核兵器)を撃ち合うことになる。 地球連邦の勝利によって2049年末に終戦を迎えた。 経済的な破局への直面を一因として、2049年(フォード紀元141年)に「九年戦争」と呼ばれる全世界規模の戦争が勃発。 多種多様な化学兵器や細菌兵器、火薬とからなる新型爆弾などが使用された。 戦後、再度の戦争を防ぐため安定を最優先とした大量生産と大量消費を主軸とする社会体制が構築され、その過程で文化人や簡素生活主義者はの対象となり、過去の歴史資料はすべて抹消され、民主主義やは消滅した。 なお、本作が発表されたのは第二次大戦前のである。 () 、中国が対策のための硫黄散布試験をアメリカ領空内で強行したことを発端として、アメリカと日中同盟の間で「最終戦争」が勃発。 2052年末に戦闘に投入された伝染病菌によって、翌年までに地球上ほぼすべてが居住不可能になる。 () 、地球に侵入した異星の宇宙船隊によって海中へと投下された生物「スウォーマー」への対処を巡る混乱の中、中国海岸沖で中国と米ソ、さらには日本とブラジルによる核兵器を用いた軍事衝突が発生する。 戦闘は対スウォーマー戦と平行しつつ主要列強すべてを巻き込みながら拡大し、ついには四大国による全面核戦争へと発展。 北アメリカ大陸は焦土と化し、アジア大陸も多数の核兵器による攻撃を受ける。 、世界共和国連邦と対立する諸国の情報戦が激化し、混乱による破壊兵器の誤射から第三次世界大戦が勃発する。 わずか2週間で停戦協定が締結されるが、大量破壊兵器の使用による環境の悪化によって人口は大幅に減少する。 、地球資源を巡った争いが続く中、中国軍がアラスカを侵略し、アメリカがを併合したことに端を発し、に全てのが全面核戦争に突入。 開戦から2時間で世界の文明は崩壊する。 月面から発掘された異星人の宇宙船から回収されたプラズマ兵器のデータの奪い合いを発端として、に東西陣営による第三次世界大戦が勃発し、同年中に終結。 核兵器を越える威力を持つ「S. 弾頭」や、宇宙船内のデータを基に作られた殺戮機械兵団「M. E」などが投入され、世界中の都市が壊滅した。 戦後には生き残った人類と大戦中に反乱を起こしたM. Eの間で戦闘が始まったが、東西陣営間の軋轢もいまだ存在している。 初の宇宙空間での全面戦争となり、新兵器「アサルトスーツ」の投入なども行われたが、両国は宇宙戦闘にかかる莫大なコストを理由にに和平協定を締結する。 また、には連邦軍による合衆国軍への誤射事件「グラハム号事件」を発端に第四次世界大戦が勃発。 戦闘は第三次大戦のそれを上回るものとなり、最終的には合衆国側が勝利している。 22世紀以降に発生すると設定 [ ] 2142年、初頭に始まった氷河期によって激減した土地と資源を巡って、(EU)とアジア連合(PAC)の二大勢力の間で全地球規模の戦争が勃発する。 終末思想に染まったが行ったを発端として、2135年に大規模な限定核戦争が勃発。 停戦後の2140年に核使用禁止条約が締結されたものの、恒常化した紛争へのアンデッド兵器の投入に伴うモラルの低下などを要因として、核使用禁止条約破棄後の2155年に南北アメリカ大陸を火種とした全面核戦争「最終戦争」が勃発し、人類文明は壊滅状態に陥る。 () 2177年、アメリカ帝国と東方連邦の間で全面戦争が勃発する。 戦端は宣戦布告直後に東方連邦が行ったミサイルによる先制攻撃によって開かれ、これにより帝国宮殿は蒸発。 その後は双方が無制限の報復を行うことになる。 2186年、大気制御衛星の暴走で遮光性の気体が地球を覆い、エネルギーをに頼っていた人類は致命的な打撃を受ける。 そこから発生したエネルギーと資源の奪い合いで第三次世界大戦が勃発。 複数の核融合炉の同時暴走によってが文字通り消し飛んだことにより終戦を迎えたが、2048箇所もあった完全自給自足の閉鎖型積層都市「シティ」も僅か7つにまで減少し、変わり果てた永い冬の世界で人類は絶滅の危機に瀕する事になる。 宇宙暦209年(2202年)に、「ぶちこわしの一週間」と呼ばれる全面核戦争が勃発。 複数の大陸が消滅し、人類は約5000年の間、放射能で汚染された地球からの「疎開」を余儀なくされる事になる。 米ソ非侵略条約締結直後の2296年午前0時、東西両連合国による直接原因不明の「最終戦争」が勃発。 地核変動兵器メビュースによる無差別攻撃によって大陸の形が大きく変わるほどの地震・津波・洪水が生じたほか、破壊された原子力発電所や細菌研究所などからの汚染の広がりもあり、ほぼすべての人類が死滅。 戦後に残存したのは20箇所の都市のみとなる。 『』より。 2565年の未来都市に住まう猫と鼠の争いは、最終的に高性能爆弾の誤爆に発展し文明が崩壊する。 前述のアインシュタインの発言を風刺した内容になっている。 3404年、メガロポリス・ヤマトとメガロポリス・レングードそれぞれを支配する電子頭脳の対立によって、両メガロポリスの間で戦争が勃発。 開戦直後に互いのスパイがしかけた超水爆によってヤマトとレングードは壊滅し、その他3つすべてのメガロポリスも経緯は不明ながら同時に核爆発を起こす。 これによりほばすべての地球人は滅亡する。 なお、これ以前にも21世紀から25世紀にかけて幾度か核戦争が勃発しているが、それが世界大戦規模のものだったかは語られていない。 おおよその時期が設定されているもの [ ] に勃発した核戦争を経て、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの三大国家によって分割統治される。 それぞれの国はの崩壊を防ぐため半永久的な領土紛争を続けており、市民は徹底的な監視社会に置かれている。 半ばに「六週間戦争」が起こり、アメリカではの主要都市は核攻撃を受けて内陸のが首都になった。 勝敗は不明だが、は戦後衰退する。 戦時中になどの新技術が実用化された。 以降に全面核戦争「最終戦争」が勃発する。 中国から韓国と日本の米軍基地およびに対し核ミサイルが誤射されたことを発端として、ウラジオストクへの核攻撃を米国によるものと誤認したソ連がを核攻撃し、米ソ間での核の「」に発展。 中国も米ソ双方の攻撃を受ける。 東京や南半球は直接の被害を免れるが、戦闘終結後にによって人類は絶滅する。 ソ連および中国の核弾頭ICBMによる先制攻撃によって戦端が開かれ、アメリカもソ連ICBMの本土到達前にICBMやSLBM、爆撃機などを用いて全面報復攻撃を実施。 米ソ中およびヨーロッパ各国の主要都市は壊滅し、日本でも各地の米軍基地が中国の核攻撃を受ける。 死者は1日で2億人に達し、さらに核爆発の二次被害として世界各地で生物化学兵器の流出が発生する。 197X年7月末、ソ連および中国の「義勇軍」による侵入を発端として第三次世界大戦が勃発。 核弾頭ICBMによるソ連からアメリカへの先制攻撃によって米本土は全滅するが、ソ連にも生き残ったミサイル基地および爆撃機による核報復が行われる。 また、同時に中国によるヨーロッパへの攻撃も行われるが、中国もその後壊滅する。 その後、とに敷設された核機雷によって米国は定期的に放射能汚染に見舞われることになる。 197X年、艦長が暴走した米軍の原子力潜水艦がソ連ICBM基地に核弾頭を発射したことを皮切りに、米中ソ間の偶発水爆戦争という形で第三次世界大戦が勃発し、これによって米ソやヨーロッパの各国は壊滅。 巻き込まれた日本も東京をはじめとする関東地方が全滅する被害を受ける。 終戦後、戦災者救援および治安維持のため、国連の要請を受けてがアメリカ太平洋岸地帯へと派遣される。 開戦から5ヶ月の間で参戦国はS連邦や日本を含む10ヶ国以上に増加し、戦闘手段も他国領土内へのゴミの置き逃げから糞尿ミサイルの実戦投入に至り、最終的には対というところまで戦闘が拡大する。 () 以降、ハムナー・ブラウン彗星の地球への落下と、それに伴う巨大なやの発生によって生じた混乱の中、中国とソ連が核弾頭ICBMの応酬を開始し、ソ連の要請を受けたアメリカもこれに加わる。 この核戦争は落下による地球環境および文明の破壊を促進。 核攻撃の終息後には、超大国の抑えを失った世界各地で局地的紛争が勃発する。 () 1983年以降、アメリカによる人工衛星からの「偉大な無差別爆弾(GOB)」の投下を皮切りに、アメリカと中国の間で第三次世界大戦「大破滅」が勃発。 死者はGOBによるものだけで10億名に達し、アメリカ側も中国のミサイルなどによって多大な被害を受ける。 また、神経ガスや有毒薬品なども多用された。 戦後、アメリカでは放射能汚染によって多くのミュータントが発生する。 以降、ゲリラにの施設を爆破されたソ連の軍部は、石油を求めて侵攻を計画。 (NATO)による妨害を防ぐため、西ドイツによるテロ事件をでっち上げて、まず西欧を攻撃する。 198X年、NATOとソ連の間で偶発的な第3次世界大戦が勃発。 両陣営の全自動反撃システムが24時間に渡って核弾頭ICBMの応酬を繰り返し、中立国に対しても予防攻撃として核兵器が使用される。 この核戦争から最終的に生き残った人類は開戦前の20〜30パーセントに止まったが、その後もや二足歩行機などが用いられる地上戦が続き、33年後に西側の機動歩兵部隊がの最高指揮所で「ソ連最高指導部」と接触したことにより終結する。 ソ連の原潜によるアメリカのの拉致、ソ連の新型戦闘機の西ドイツへの亡命などを引き金に、198X年に第三次世界大戦が勃発。 軍の西ドイツへの侵攻を発端として、中東での東西両軍の武力衝突やによる日本への攻撃が発生。 東西ドイツ国境でNATO軍が戦術核を使用した事を受け、東西双方が発射したICBMやSWBMが各国の主要都市へ降り注ぐ事になる。 その後、ソ連の指導者が射殺された事で戦争は終結へと向かい、最後に放たれたソ連の第二波ICBMもアメリカの有人戦闘衛星によって撃墜される。 から刊行された一連の小説。 198X年から198Y年が舞台。 『日本篇』ではソ連軍の上陸・侵攻・東京陥落、『続・日本篇』では日本亡命政府軍とアメリカ軍による・上陸戦が描かれる。 1980年代以降、アメリカと敵国の間で「大衝撃時代」とも呼ばれる「大戦」が勃発。 核兵器や細菌兵器を用いた全面戦争となったほか、アメリカにおいては精神医学者による一般市民の統制が行われる。 戦闘によってヨーロッパ、アジア、南米などの全世界の4分の3が汚染され、勝利したアメリカでも、残存者は各地に建設されたドーム内での居住を余儀なくされる。 第三次世界大戦(最終世界大戦)後のサンフランシスコを舞台にした作品。 1990年以前に勃発した大戦によって地球は放射能灰に汚染され、生きた動物はごくわずかになっているため、生きた動物を所有することが地位の象徴となっている。 また、この大戦の際に兵器としてアンドロイド(自由の合成戦士)が開発された。 戦後は人類の大半は火星に移住している。 199X年、世界規模の核戦争によって人類の大半が死滅する。 戦後、文明社会は完全に崩壊し、法や秩序が通用しない弱肉強食の世界になっている。 貨幣は用をなさず、ガソリンや銃などが貴重品として扱われる。 19XX年5月、A国とC国が第三次世界大戦に突入。 地球上の生物の3分の2が死滅する。 、放射能によって変異した生物たちに脅かされながら生き残っていた人類はで100万年前へ移民し、人類の祖先となる。 アメリカによる中国への最初の核攻撃の後にソ連も核戦争に参戦し、欧米枢要部は開戦から十数分で壊滅する。 その後、戦闘の場はアジア、アフリカ、南アメリカに移り、が決戦場となる。 19XX年、複数の大国による全面核戦争が勃発。 戦闘は一時間ほどで終結したが、核ミサイルの起爆によって生じたプラトニウム灰によって全人類は死滅し、に展示されていた宇宙旅行用ユニット・カプセル内にいた乳児2名のみが生き残る。 後半 に、Y国による水爆ミサイルの発射を発端として、世界規模の水爆戦争が勃発。 地球環境はほとんどの人間が生存不可能なほどに汚染され、わずかな生存者は軌道上ので暮らすことになる。 その後、多くの宇宙人が無人となった地球の侵略を開始する。 () 20世紀後半、ソ連によるアメリカ本土へのミサイル攻撃を皮切りに「東西戦争」(第三次世界大戦)が勃発。 核兵器や神経ガスなどを用いた大量報復が続き、戦後に流行した疫病の影響もあって、北アメリカとヨーロッパ、さらにインドを除くアジア全域が壊滅する。 その後2世紀にわたって続いた「混乱」とその後の「大変化」を経て、東西戦争での被害が軽微だった黒人種が支配階級となった文明が勃興する。 () 20世紀後半にアメリカと「敵」との間で全世界規模の核戦争「大破壊」が勃発。 最終的にはアメリカが勝利するが、その過程でアメリカ側も複数の大都市に核爆撃を受ける。 戦後、アメリカでは都市や高度な科学技術が放棄され、文明は程度まで後退する。 20世紀に全面核戦争「火焔異変」(第三次世界大戦)が勃発した。 戦闘は数日から数週間で終結。 戦後、知識人を大戦の原因とし、彼らを殺戮する「単純化運動」が行われる中、へ逃げ込んだ技術者がより密命を受け、付近の砂漠にリーボウィッツ修道院を創始し、人類の知識を「大記録」として隠して密かに保存した。 頃から「大記録」による文明の復興が始まるが、文明がかつての水準以上にまで回復したに再び核戦争が勃発。 ニュー・は、ケンタウルス座アルファの植民地に「大記録」のコピーと聖職者の一団を載せた星船を送り、第二のへと旅立っていった。 () 年代は20世紀後半だが、詳しくは触れられていない。 ソビエト連邦は崩壊していない。 1999年以前の20世紀末、魔神ネヴセシブの目覚めの前兆である世界同時地震によってが壊滅したことを受け、ソ連戦略防衛司令部のタカ派将官がアメリカ本土への核攻撃を指示したことにより第三次世界戦争が勃発。 米ソ双方の核ミサイルに対する軍事衛星による迎撃の他、地球軌道および月軌道でも米ソの宇宙艦による交戦が発生する。 太陽系に飛来したラルーサ人の星間船によって核ミサイルが飛行中に停止されたため、戦闘は終息する。 1998年以後の20世紀末に、米ソの二大勢力の経済支配圏の衝突に起因する第三次世界大戦が勃発。 地球上の各地で無数の戦闘が独立して進行する「全面局地戦争」と形容される状態が20年間に渡って続き、前半に終戦を迎えたのちも10年間は散発的な戦闘がたびたび発生している。 なお、開戦前の1998年にを宣言した月を初めとする地球外の植民都市は、第三次大戦から23世紀に勃発する「第二次統合戦争」以前までの地球上での大規模戦争には関与せずに宇宙開発を推進している。 20世紀末に「原子戦争」が勃発。 その後、21世紀には再び「世界復興戦争」という戦争が勃発している。 これらの戦争によっては二度に渡って破壊されている。 A国とS連邦の間で第三次世界大戦が勃発。 戦闘は20XX年まで続き、首都へ侵攻されるまでに追いつめられたS連邦がA国首都に新兵器「氷素爆弾」を投下したことによって、地球の半分が凍り付いてしまう。 ロシアと中国は即座にこれに対する報復核攻撃を開始し、続いて他の核保有国もこれに加わる。 これにより欧米は壊滅し、「核の冬」が発生。 その後、発端となった誤射は怪物「GOO」がに変身し、核戦略コンピュータに侵入したため発生したことが判明する。 1985年から2012年の間(からの改元後)に、アメリカとソ連・中国の間で核兵器が用いられた第三次世界大戦が勃発。 日本も参戦したとされるが、どちらの陣営についたのかは語られていない。 2012年の直後には日本、アラブ聯合、ドイツの主導による第四次世界大戦も勃発。 世界総人口の半数が死亡し、生き残ったほとんどの人々も放射能障害を発することになる。 その後、25世紀以前に惑星の領有権を巡る第五次世界大戦も行われ、この際に地球環境が崩壊した。 ただし、22世紀を舞台とする続編『』では、第四次世界大戦が勃発した描写は見られない。 2015年以前に世界大戦が勃発・終結。 戦争自体の詳細は不明だが、終戦後に太陽系政府が設立されている。 天使の徹甲弾 『』の一編。 21世紀初頭に全世界的な戦争が勃発し、舞台となる2020年には戦争終結が近づいている。 作中では「奇妙な戦乱」と形容されているのみで、参戦国などの詳細は語られていない。 前線では戦が行われている。 2015年前後に発生したオーバーロードによる地球人類のマインドリセットと異星人アロイスによるリフトアップ開始、それに伴って行われた国家の地球連邦への統合に対し、や、宗教的狂信などから生じた反発を原因として、2020年前後に世界的な「統合化戦争」と呼ばれる大規模戦争が勃発。 終戦後も世界各地でリフトアップに反対するテロが頻発することとなる。 シリーズ 詳細は不明だが、2020年頃に「前大戦」と呼ばれる戦争が勃発している。 また、『メタルスラッグ2』以降では第一作『メタルスラッグ』で描かれた、20XX年に発生したモーデン元帥配下の反逆軍による全世界的な軍事クーデターと元正規軍のレジスタンスによる反抗も「前大戦」と呼ばれているが、これが先程の前大戦と同一の戦争なのかは語られていない。 頃に全世界規模での戦争が勃発。 参戦国などの詳細は不明だが、この戦争によって人類はほぼ滅亡する。 対人機械歩兵などの戦闘用ロボットが大量に投入されており、多くの個体が戦争後も活動を続けている。 20XX年に第三次世界大戦が勃発。 その際に使用されたの影響によって、東京を始めとする日本各地に「BS(ブラック・スポット)」と呼ばれる汚染区域が生じている。 惑星間航行技術を巡り、21世紀初頭に世界大戦が勃発。 戦闘によって地球の生態系が大ダメージを被ったため、人類は地球外への脱出を余儀なくされ、新たに「星歴」という紀年法が制定される。 21世紀初頭に全世界的な核戦争が勃発。 その後、各地で再興された小国家群からなる「統一国家」が築かれる。 21世紀初頭にとを原因として、IPとの争奪を目的とした暗黒メガコーポ(巨大企業)主導の全世界的戦争「電子戦争」が勃発。 この戦争によって軌道上を含む地球環境は「」と形容されるほどに汚染されてしまう。 初頭に、「情報震」による情報システムの崩壊に端を発する同時多発的な〈戦争〉が世界各地で勃発。 2020年時点では戦闘こそ沈静化しているが、明確な敵が存在しなかったため、終戦に至っている訳ではない。 に起きた能力の科学的発見を発端として、21世紀前半にPK能力者と一般人の対立を主因とする無秩序な戦争が全世界で発生した。 一時は能力者狩りを行った一般人側が有利に立ったが、能力者側が反撃に転じ地球上のあらゆる政府と文明が崩壊。 戦闘には核兵器やそれを上回る威力のPKが使用され、世界の総人口は戦前の3%にまで減少した。 その後、500年間におよぶ暗黒時代が始まる。 以前に勃発した核戦争によって文明が崩壊し、荒廃した社会を舞台としている。 、平行世界の地球のトミコローツ(巨大ロボット)《大烏》が散布した未知のウィルスによって汚染されたアメリカに対し、ウィルスの感染拡大を阻止するために中国が核弾道ミサイルを発射。 アメリカも核弾道ミサイルでこれに報復したことが引き金となり、全世界を巻き込んだ全面核戦争が勃発する。 この「怒りの日」から1日で世界の主要都市は消滅し、放射能汚染と核の冬の到来、さらにはウィルスの感染拡大によって文明は壊滅寸前となる。 1983年からにタイムスリップしてきた主人公が、第三次世界大戦後に建造された「ネオトキオ」と呼ばれるで犯罪組織「ネクライム」と対峙する。 「ネオトキオ」の郊外には荒廃した大地が広がっている。 () 21世紀前半、60年間続いたから移行する形で、アメリカと中国などによる世界戦争が勃発。 当初は月面での戦いが主になると見られていたが、実際には地球上でコバルト弾頭が使用されるに至る。 その後、戦争は参戦諸国の協力関係を変えながら断続的に4000年に渡って続き、黒人種が人種戦争に勝利する形で終結する。 () 21世紀前半、ソ連やの支援を受けた中国とアメリカの間で地球全域を巻き込んだ「大戦」が勃発。 この際に中国の軍事衛星から発射された「ヒンケル放射線」の作用によって、人類の出生率が著しく低下する。 () 21世紀前半、米英などと東方陣営の間で全面的な戦争が勃発。 16年間の戦争の間に核兵器によっては破壊されている。 アメリカでは石油が枯渇しつつあり、東方陣営のにある貯蔵所に対して潜水曳航艦による石油の略奪が行われている。 21世紀中盤、全世界を巻き込んだ大規模戦争が勃発。 戦闘にはあらゆる兵器が投入され、印パ間での使用を皮切りに大量使用された核兵器によって現代文明は崩壊し、放射能汚染や核の冬が発生。 戦闘が終結した22世紀中盤には地球の総人口は8000万人にまで減少、文明は中世レベルにまで後退した。 ただし、これは無数に存在するパラレルワールドの1つでの出来事とされている。 21世紀中盤、アメリカを中核とする自由連邦と、環太平洋地域やアフリカなどからなる解放同盟の間で「大戦」が勃発する。 自由連邦による解放同盟への生物兵器攻撃によって戦端が開かれ、その後の報復核攻撃によって北米やユーラシアも壊滅。 戦闘によって地球の総人口は戦前の100億人から5億人以下へ減少し、気候も大きく変動する。 また、戦場では多くの自立戦闘機械が使用された。 21世紀後半に欧米と中華人民最高社会国(FSSC)の間で第三次世界大戦「一分間戦争」が勃発する。 戦端は妨害制御プログラムを用いたFSSCによる欧米の防衛網への攻撃によって開かれ、双方の核ミサイル発射に発展。 その後、勝者のない休戦を迎える。 軍事施設が電子的傘に防備されていたため多くのミサイルが都市の民間施設を攻撃し、死者は75万人を越えることになる。 21世紀末に大規模な核戦争が勃発。 これによって地球での生物の生存は不可能となり、人類は火星や木星を経て太陽系外への植民を開始する。 21世紀のうちに「前大戦」と呼ばれる全地球および大気圏外を戦場とした大規模戦争が勃発。 人工的な戦闘用亜人類「アンゲル・2194」の実戦投入と、大気圏外の「アウレナリーズ軌道」上への大量物体の打ち上げによって13年におよぶ戦闘は終息する。 この大戦によって都市文明は失われ、世界の総人口は戦前の12%である約14億人にまで減少した。 21世紀、中小国による潜水艦搭載中距離核ミサイルを用いた米ソへの攻撃を原因として、米ソ間での戦争が勃発。 アメリカが待機する間にソ連がアメリカ本土の軍事施設へICBMによる攻撃を行い、アメリカ側の軌道上防衛機構を突破した10パーセントのうち核弾頭が核の冬を、細菌戦用弾頭が伝染病を発生させる。 また、ソ連もアメリカの核攻撃を受けている。 戦闘は2時間で終結し、和平交渉が開始された。 シリーズ 21世紀以降に「六十分戦争」が勃発。 アメリカ帝国などが参戦し、対地表軌道上原子爆弾や変性ウィルス爆弾、量子ビームなどのエネルギー兵器が投入される。 この戦争によって環境は汚染され、戦後にはを皮切りに、破壊された都市が「移動都市」として再生され始める。 () 詳細は不明だが、2180年頃に第三次世界大戦が勃発する。 その後も第四次世界大戦が勃発するほか、57世紀には精神を攻撃する兵器が広く用いられた世界規模の戦争「精神戦争」が行われ、この際に20世紀から続く国家はほぼ全てが消滅。 その後にアイスランド帝国が台頭することになる。 、ヨーロッパ共同会議およびアメリカとユーラシア連邦が対立する中で「南半球戦争」が勃発。 これは地球全体の疲弊をもたらすほどの規模のものとなる。 以前に、多数の核兵器などが使用された「最終戦争」が勃発。 この戦争などを原因として地球で環境破壊や生態系の崩壊などが生じたことから、都市宇宙船を用いた地球からの人類の一時排除を伴う、地球連邦政府主導による「地球再生計画」が2331年に開始される。 頃、世界の権力中枢によって安全なゲーム化していた戦争に対し合理的割合制が施行されたことにより、のちに「古代戦争」と呼ばれることになる全世界規模の「現実となった戦争」が勃発。 アメリカや第六ドイツ帝国などが参戦し、中国を除くあらゆる国家が解体される結果に終わった。 その後、地球のほぼ全域に匍匐植物や人間狩猟機、突然変異を起こし知性を獲得した動物などが蔓延し、人類は都市群に孤立することになる。 前半に第四次世界大戦が勃発しているため、それ以前に生じていると見られるが詳細は不明。 なお、第四次大戦では地球環境が極めて汚染されたため、地球に住む人類は数十年の間他の天体への移住を余儀なくされる。 から1000年以上後、高度に発達した巨大産業文明による「火の7日間」と呼ばれる最終戦争が勃発する。 その技術体系が生んだなどの兵器が戦闘に投入され、都市群は有毒物質をまき散らして崩壊。 ほとんどの地表は不毛の地と化し、複雑化していた技術体系も戦闘によって失われ、人類は絶滅寸前まで追いやられた。 物語の本編はその約1000年後という設定。 時期を明示しないもの [ ] 両国の原子力委員の不仲を原因として、スター国とウラン連邦の二大国の間で全面戦争が勃発。 戦闘はスター国による北氷洋上への核攻撃を皮切りに世界各地で行われるが、新生物フウムーンの戦闘への介入と、によって生じた暗黒ガス雲の地球への接近を受け、戦闘は終息する。 パン・アジア連合と欧米連合との間で全面戦争が勃発し、10年以上戦闘が続いている。 日本もアジア連合軍に参加しており、都市部に度重なる空襲を受けている。 () 米ソの間で全面戦争が勃発。 緒戦で核兵器が使用された後、両陣営とも地上での戦闘はロボットの手に委ね、人間は放射能汚染が届かない地下シェルターで武器の製造に専念する形を取る。 そのため、双方のロボットは実際の戦闘を停止し、戦争が続いているかのような虚報を地下に8年間送り続けることになる。 アメリカを中心とする国連軍とソ連の間で全面戦争が勃発。 戦端はソ連による北アメリカへの攻撃によって開かれ、ヨーロッパも壊滅。 アメリカは爆撃機によるソ連本土への報復を行うとともに政府を「月基地」へ移動させる。 開戦から6年後、国連軍のロボット兵器「クロー」の変種がソ連軍を襲撃したことを受け、ソ連側から国連軍へ討議の開始が申し込まれる。 核兵器の使用を伴う全世界規模での戦争が勃発。 に対してが使用されたためで疎開を行った少年たちが、何らかの原因によって墜落し太平洋上の無人島に不時着する。 イギリスの他には敵として「」が参戦しており、太平洋上でも空中戦が行われている。 () 作中年代の数千年前に「試練」が発生。 これによって多くの土地は汚染された「悪地」となり、多数の生物に偏倚が起こるようになる。 人類のほとんどは一度は未開野蛮な状態まで後退する。 「わが国」に対して「敵の国」の技術的過失によって水爆ロケットによる攻撃が行われたことを受け、「わが国」が自動的に2000発の水爆ロケットによる報復攻撃を実行。 その後も約3時間に渡って報復の応酬が行われる全面核戦争へと発展する。 これによって中立国を含む全世界が放射能に汚染される。 () アメリカとアジアの間で第三次世界大戦が勃発する。 核兵器や生物兵器などが使用され、双方の陣営に挟まれたヨーロッパは完全に壊滅。 参戦国のほかロシアなども大きな打撃を被る。 戦後、アメリカでは放射能汚染によるが発生し始める。 作中年代の約20年前に、地球上の問題を原因とする第三次世界大戦が勃発。 この影響を受けて、2度目の火星探検は1度目から四半世紀のブランクを経ることになる。 ソ連によるアラスカおよびカナダへの核ミサイルを用いた不意打ちを発端として、米ソ間の全面核戦争が勃発。 互いの主要都市や西欧の米軍基地などが核ミサイルによる報復の対象となった結果、両国による戦争終結の申し入れまでの約40分の間にユーラシア大陸と北米大陸の全土が壊滅するが、日本は被害を免れる。 原水爆やニュートロン爆弾といった核兵器が用いられた最終戦争が勃発し、世界は壊滅。 生存者はへと逃れるための移動装置を開発し、無限に存在する次元を放浪する「次元ジプシー」となる。 ただし、これは作品の舞台となる次元(D-15世界)とは別の次元での出来事とされている。 () 作中年代の数十年前に「三日戦争」が勃発し、世界中の大都市がなどを搭載したミサイルの攻撃を受けて壊滅。 戦後、多くの地域が放射能に汚染されたアメリカでは巨大化した生物が出現し、また、世界中で高度200フィート以上では恒常的に強風が吹き荒れるようになる。 作中年代の約30年前に、東西大国とその同盟国による第三次世界大戦が勃発。 戦闘には原水爆や中性子爆弾が使用された。 未来世界、かつて勃発した戦争によってほとんどの人間は死に絶えたが、破壊を免れた自動兵器によって戦争は継続されている。 また、この戦争によるものかは不明だが、世界中が不毛の砂漠と化している。 大国に後押しされた後進国同士の領土紛争を発端として、第三次世界大戦が勃発する。 世界のほぼすべての国を巻き込んだ核戦争となり、78億人に達していた世界人口は終戦までに10万人に、日本の人口は322人にまで減少。 戦後には、放射能による遺伝子汚染によって新生児のほとんどが奇形児か白痴となる。 その後、大戦終結の年が「新暦」元年と定められる。 シリーズ 2大国の間で世界中を戦場とする戦争が勃発。 この戦争によって都会や燃料は失われる。 戦後に国家や文明は崩壊し、暴走族が荒野でガソリンを争奪する状況になる。 ソ連の西ドイツ侵攻をきっかけに、米・ソ連の全面戦争が始まる。 不安を感じながらも、普段通りの日常を送っていたの人々の頭上で核が炸裂する。 アメリカに対し、ソ連及びその後押しを受けたキューバ・等の諸国が侵攻。 主人公らの学ぶカリュメットの高校グラウンドにもソ連空挺部隊が降下する。 抵抗する者は射殺され、街は占領される。 落ち延びた生徒達による解放戦が展開される。 年不明、「モン・ムーブメント」が世界を席巻する中、米英仏などの各国軍に対して同時多発的に発生したサイバーテロと、それと同時に全米の各都市で発生した核テロにより、制御不能に陥った自動報復システムによる第三次世界大戦が自動的に勃発。 アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国、インド、パキスタンの核ミサイルが発射され、迎撃戦闘システムがサイバーテロによって操作不能に陥っていたことも影響して、世界は滅亡する。 「科学」と「魔術」が対立する現代世界において、科学サイドの主導的立場にある日本のおよび魔術サイドだが学園都市とは協調路線をとるの陣営と、成教・陣営との間で「」が始まる。 にロシアが学園都市に宣戦布告し、に開戦、に終結。 実際の戦闘はロシア国内でのロシア対学園都市、でのイギリス対のみ。 は今回の戦争は学園都市の独走とし、ロシアとの交戦の意思を否定している。 実質的にはロシアと国家承認されていない勢力との戦闘であり、他勢力も国家ではない。 近未来、第三次世界大戦によってかつてのアメリカが事実上崩壊し、独裁国家となったイギリスが舞台。 近未来、第三次世界大戦後の放射能で荒廃したで、地下に生き延びる人類を描く。 第三次世界大戦終結後に建国された・リブリアが舞台。 主人公が使う戦闘術も、第三次世界大戦までの戦闘データからの統計を利用しているという設定がなされている。 本編の1000年前に「マッシュルーム戦争」と呼ばれる全世界的な核戦争が勃発。 この際に使用された「マッシュルーム爆弾」の影響によって誕生した魔物によって、現代から連なる文明とほとんどの人類は滅亡。 その後、魔法が復活する。 シリーズ 西暦末期、民族および宗教紛争や不況、石油の枯渇や環境汚染などを原因として第三次世界大戦が勃発。 この大戦によって国家の統合・再編による世界のブロック化が行われたことから「再構築戦争」とも呼ばれる。 終戦後、中央アジア戦線で「最後の核」が使用された終戦の8年前を元年として、国連によって新紀年法「」が制定される。 西暦末期、複数の大国の間で「冬戦争」と呼ばれる連続的かつ大規模な戦争が勃発。 開戦経緯や参戦国の詳細は不明だが、「連合」という勢力に組する形で日本も参戦している。 衛星兵器や重力兵器などによって主要都市は壊滅し、勃発から数百年後に化石燃料の枯渇によって終息した。 日本ではこの戦争の際に「JR統合知性体」が開発されている。 と世界観を共有する作品群 先進国と発展途上国の経済格差や環境破壊などを原因として、地球歴106年(西暦換算年不明)に「」と呼ばれる全世界的戦争が勃発。 これによって地上の自然環境は壊滅。 生き延びた人類は地下都市での生活を余儀なくされ、既存の国家は消滅した。 なお、『』を中心とする作品群の世界観でも過去に同名の災厄が発生しているが、それが戦争であるかは語られていない。 と世界観を共有する作品群 作中における過去にて、統治能力を喪失した国家群に対して6つの巨大企業グループが宣戦を布告し「国家解体戦争」と呼ばれる全世界的戦争が勃発。 企業グループ群が投入した新兵器「」によって、開戦から一ヶ月後に企業グループ側の勝利によって戦争は終結。 これによって国家という概念は消滅し、企業が統治権を握るようになった。 星歴1024年(西暦換算年不明)、地球で第三次世界大戦が勃発。 その際に人類の歴史やその遺産がすべて失われる。 ドクターが第五次世界大戦を見てきたと言っているため、それ以前に起こったものと思われる。 また、旧シリーズでは第三次世界大戦を原因としてに地球が侵略されたというエピソードもあった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• (2005年11月26日)• "Bush likens 'war on terror' to WWIII". ABC News Online — Abc. net. [ ]• 時事通信. 2016年8月13日. 日本語. 2005年12月24日. 2019年7月19日閲覧。 2015年3月16日• 2015年4月2日• Calaprice, Alice 2005. The new quotable Einstein. Princeton University Press. 173. 英文:"I know not with what weapons World War III will be fought, but World War IV will be fought with sticks and stones. 英文:"The only way to win World War III is to prevent it. ウェスリー・ドカリー 2020年1月8日. ニューズウィーク日本版. 2020年1月10日閲覧。 J-CASTニュース 2020年1月4日. 2020年1月10日閲覧。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録』第20巻、アスキー・メディアワークス、2010年、10-12, 34, 201, 370頁。 関連項目 [ ]• 第三次世界大戦の想定• - 各種災害対策に取り組んでいる人.

次の

第三次世界大戦の未来人の予言!2020年に日本にも被害が・・?

第三次世界大戦 2062

株式会社サンボーンジャパンは、スマホ向け戦略型シミュレーションゲーム『ドールズフロントライン 以下、『ドルフロ』 』において7月24日(金)より過去に行った大型イベント「特異点」を常設化することを先行してお知らせいたします。 さらに、新たに人形製造に追加される新人形5名についても、合わせてお知らせいたします。 『ドールズフロントライン』公式 Twitter アカウント GirlsFrontline• 陰謀と混沌渦巻く真世界 再び! 大型イベント「特異点」が常設化。 第十戦役からつながる物語が描かれた、大型イベント「特異点」が7月24日 金 メンテナンス後より常設化されます。 2020年1月に開催された時とは、一部報酬内容やドロップ内容は異なりますが、まだ遊んだことがない方や、前回クリアできなかったステージがある方はぜひ挑んでみてください! 「特異点」の限定ドロップ人形になっていた「Gr MP7」「と「Thunder」も、同日より大型製造に追加されるのでこちらもお見逃しなく。 人形製造に新たに 5 名が 追加 ! 7月24日 金 メンテナンス後より人形製造へ新たに5名の人形が追加されます。 Link数と同じ数の榴弾を発射し、半径1ヤード以内の敵に4倍のダメージを与える「K11」や、3つの銃種に陣形効果範囲をもつ「Gr MG36」などが登場します。 , Ltd. 料金:基本無料 アプリ内課金あり• 『ドールズフロントライン』 基本情報 『ドールズフロントライン』は、第三次世界大戦後を舞台とした、ダークかつシリアスな世界観が魅力のスマホ向け戦略型シミュレーションゲーム。 第三次世界大戦後の2062年。 民間軍事会社「グリフィン」の指揮官であるプレイヤーは、戦術人形たちと共に数多戦場を駆け抜けることとなります。 人類に仇なす「鉄血」の人形たち、そして戦場の影に潜む謎がアナタの着任を待っています。 AR小隊に所属し、指揮官がいなくても部隊の指揮が執れる特別な戦術人形。 ある事件が起き、「鉄血」の人形、全てが暴走。 人類の敵としてプレイヤーの前に立ちふさがる。 キャラクターを「製造」して入手!部隊を編成しよう! 戦術人形は「人力」「弾薬」「配給」「部品」の数を組み合わせて製造することが可能! 戦術人形は銃器の種類による得手不得手があるだけでなく、個々で様々なスキルを持っています。 戦術人形同士の組み合わせを考え、部隊を編成しましょう。 デイリーミッションをクリアすると入手できる為、積極的にミッションをこなしていこう。 「陣形設定」でスキルの効果範囲を見ながら、戦闘中の立ち位置を設定しておこう マスを占領して敵を撃破!任務達成を目指せ! 『ドルフロ』の戦闘はボードゲーム方式。 マップ戦闘中は毎ターン、行動ポイントを消費しながら移動。 敵と同じマスへ移動することで銃撃戦へ移行します。 配置されているマスには様々なギミックがある。 部隊を編成する際に 陣形をしっかり考えることが勝利への鍵となる。 戦闘は基本的にオートで進行する。 部隊を編成する際に 陣形をしっかり考えることが勝利への鍵となる。

次の