米沢線。 米坂線

米坂線とは

米沢線

停車駅一覧• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線.

次の

米坂線国鉄時代豪雪中を走る9600旧客列車昭和の駅情景

米沢線

目次 米坂線の印象と廃駅・玉川口駅 新潟県の坂町駅と山形県の米沢駅を結ぶ米坂線は、未乗だった事もあり一度乗ってみたいと思っていた。 また、鉄道紀行作家の故宮脇俊三氏が、米坂線の今泉駅で終戦を迎えたエピソードはとても印象深い。 その時の状況はこうだ。 正午、玉音放送がラジオから流れる時、氏は父親と今泉駅前にいたという。 天皇陛下が直々に終戦を伝える時、全国民がラジオの前で畏まっている思ったが、普通に汽車がやってきて感心しているという話だった。 米坂線の事を調べている内に、玉川口駅の事を知った。 1936年 昭和11年 年8月31日に、小国駅と越後金丸駅間が開業した事により、米坂線は全通となった。 それと同時に、この区間の中間で、山形県の端っこの新潟県との県境近くに玉川口駅が設置された。 駅舎と交換設備を備える駅だったと言う。 しかし、利用者が極端に少なくなり、1995年 平成7年 12月1日に廃止されてしまった。 晩年は、駅舎は半分の大きさに改修され、交換設備も廃止され、ほとんどの普通列車が通過となるまで落ちぶれていた。 玉川口駅と同じく、坂町駅と越後大島駅間にあった花立駅も廃止されている。 レンタサイクルで廃駅跡へ… ある日の暑い初夏の日、新潟駅から米坂線直通の快速列車に乗り小国駅で降り立った。 5kmで、駅間距離だけを見ると、小国駅からだと5kmちょっとだ。 まあ歩けない距離ではないなと思い徒歩か、または、片道だけタクシーを利用しようと思った。 だが小国駅がレンタサイクルを営業している事を知った。 これを活用しないテは無い。 鉄橋の下には荒川という川が流れているが、その土手にポツリとひとつの慰霊碑が建てられている。 半世紀以上前の1940年 昭和15年 3月5日、雪崩により、ここに掛けられていた鉄橋が崩落した。 不幸にも、その直後に鉄橋を渡ろうとした列車が川に転落し、乗客24名と乗員6名もの命が失われた。 その痛ましい列車事故が起こった場所がまさにここだ。 玉川口駅跡への道から一端外れ、「殉難碑」と書かれた慰霊碑の前に立ち、米坂線の悲しい歴史の1ページに想いを馳せ、静かに手を合わせた。 秘境駅ムードに包まれるかつての駅 鉄橋から数分で、国道は米坂線と交差する跨線橋に差し掛かった。 越後金丸の方を見てみると、目に入るものがほどんど生い茂る緑というむせ返るような山景色の中、ひとすじの鉄路が伸びていた。 先ほど、駅跡と共に眺めた米坂線の県境近くの鉄橋の下を通り、細い道に入り引き返すように進んだ。 そして、信号機室を見た国道沿いの反対側あたりの場所に来た。 つまりは、かつての玉川口駅の駅前だった所だ。 しかし建物はほどんど無く、人の気配は全く感じられない。 これがかつて駅だった所か…、ここがかつて駅前だった所か…。 駅周辺は秘境駅のような人里離れたひっそりとした雰囲気だったのだろう。 末期は停車する列車は少なく、乗降客も少なくて廃止になった駅だ。 元々、住人は少なかったのか?或いはどんどん減っていきこうなってしまったのか?しかし、まさかこれ程だったとは…。 廃駅になるとはこういう事なのだと、ただ唖然とした。 現役時の玉川口駅の写真を見ると、駅舎とホームがあったのは、国道側ではなく、こちら側のようだ。 かつてのホーム跡に上ってみたいが、胸の高さにまで成長した植物に覆われ、どこから入って行けばいいのか戸惑った。 道より少し高くなっているのがプラットホームの名残だろう。 その中から、何とか草の生え方が少ない部分を見つけ、草を手でよけながら中へと分け入った。

次の

米坂線

米沢線

名産品はリンゴ・米沢牛・コイ。 これら 3 つはそれぞれの頭文字から「 米沢のABC 」と呼ばれています。 米沢牛と言えば「 牛肉どまんなか 」という駅弁が 1 番人気で 東京駅でも売られている醤油ベースの他に 米沢駅では みそ・塩・カレー味が売られています。 観光地としては上杉神社や小野川温泉が有名で、 冬は蔵王山と並んで人気の「天元台スキー場」があり、 それぞれ米沢駅が最寄となっています。 米坂線は下り 1 番線ホームの南側にある 4 ・ 5 番線から発着します。 米坂線は奥羽本線とは線路の幅が違う関係から、 米沢駅から先へ乗り入る事が出来ないので全列車は米沢駅を起点にしています。 列車は米沢駅を発車すると大きく西へ曲がり、田園の中を走ります。 羽前小松駅 山形県川西町の駅で住宅街が近く学生の利用が多い駅です。 そんな羽前小松駅は 10 月 12 日付で駅長に就任した猫の「しょこら」がいます。 駅長ニャります 迷い猫しょこら、町の人に愛され大抜擢 山形県川西町のJR米坂線・羽前小松駅で保護されていた迷い猫。 6月に開設したツイッターのフォロワー数は徐々に増え、700人近くに。 しょこらに会おうと列車で駅を訪れる人も出始めた。 — 朝日新聞デジタル編集部 asahicom しょこらは半年前に駅に迷い込んできた猫で 地域住民から可愛いと評判になり 駅長に大抜擢されたシンデレラキャット なのです。 Twitter の公式アカウントは早くも 1200 人を突破 米坂線のために今日も駅長業務を頑張っています。 今泉駅 山形県長井市の中核駅 引用:がまの湯温泉 いいで旅館より 個人的におすすめなのがお土産コーナーで売られている イメージ 「 馬肉チャーシュー 」です。 飯豊町は馬肉の産地でもあって馬刺しが安く手に入ります。 この馬肉チャーシューは甘辛く煮込むことで食感が柔らかくなります。 また脂身が少ないのでしつこくなく、 つまみやおかずにピッタリ合うので良く買っていってました。 駅から徒歩 10 分なので気軽に立ち寄ってみてください 列車は田園から山あいへと進み、県境に向かって進んでいきます。 沿線にはブナやカエデの木が茂り、秋には紅葉できれいなスポットになります。 小国駅 米坂線内で 3 番目くらいの中核駅で、 このあたりから街として建物が目立ち始めます。 小国駅周辺の紅葉スポットとしておススメするのが 「 赤芝峡 」です。 このように周りの紅葉と列車のオレンジ色が合った写真が撮影できます。 車窓からもほんの数秒ですが赤芝峡の紅葉を眺める事が出来るほか、駅から車やレンタサイクルでアクセスが出来ます。 この付近では 平日休日問わず多くのカメラマンが写真撮影に訪れます。 小国駅はえちごワンデーパス・ツーデーパスのフリーエリア内に入っています。 なので新潟駅から小国駅までは最短で 1 時間で行ける紅葉スポットとしてオススメします!! また 1 日 500 円 でレンタサイクルを使用できます。 ただし、えちごワンデーパス・ツーデーパス利用者は 無料 でレンタルできる特典がついているのでお得です。 東京駅からアクセスする方は新潟経由でフリーパスとレンタサイクルを 利用するのが良いかと思います。 列車は小国駅を出るといよいよ新潟県です。 再び森林の中や川に沿って走ります。 赤芝峡アクセス 小国駅からの所要時間 備考 車 7分 駐車スペースあり レンタサイクル 24分 小国駅にあり、1日500円 徒歩 50分 坂町駅 新潟県村上市の駅 羽越線と接続し、観光列車の 快速「海里」 が停車します。 特急いなほも停車するので新潟方面へのアクセスは良好です。 ただし乗り継ぎ以外の要素は薄く、駅前にはロータリー程度しかありません。

次の