トーンモバイル 口コミ。 トーンモバイルの評判は悪い?利用者の口コミから真偽を徹底検証!

TONEモバイルの口コミや評判は?キッズスマホで利用するメリット・デメリット【トーンモバイル】

トーンモバイル 口コミ

トーンモバイルは、レンタルショップのTSUTAYAが提供する、格安スマホ・格安SIMサービスです。 安全に通信する機能やサポートサービスが充実しており、 子どもやシニアのご家族にスマホを持ってもらいたい方にオススメです。 離れていても位置を把握できたり、有害なサイトにアクセスできないように設定できたりと安全性が高いことから、 全国子ども会連合会に推奨されています。 また、通信速度は 最大0. 5~0. 6Mbpsと一般的なMVNOの実測値(10Mbps程度)と比べて控えめですが、 データ容量は無制限で使えますよ! この記事では、トーンモバイルが子どもやシニアにオススメである理由や料金プラン、安心の付帯サービス、実際に契約しているご家庭での評判などを詳しく解説します。 子ども会推奨マーク認定商品にも登録されている トーンモバイルは、子ども向けにインターネット通信を制限できる「あんしんインターネット」や、子どもが今いる場所を保護者がすぐに確認できる「居場所確認」など、子どもに持たせても安心ですし、 子どもの安全を守る上で便利な機能が搭載されています。 そのため、トーンモバイルのスマホを子どもに持たせることを推奨する国や自治体、団体もあります。 たとえば、公益社団法人の全国子ども会連合会はにあるとおり、 トーンモバイルのスマホを子ども会推奨マーク認定商品に指定しています。 安全・適切な利用をサポートする機能がついている 子どもや高齢者にスマホを持たせても安全に適切な利用ができるよう、次のようなサポート機能が付いています。 これらの機能があれば、子どものスマホの使い過ぎを防止できますし、子どもが学校から塾に行くとき、高齢者が散歩や買い物に出かけるときなど、安全を確認することも可能です。 ・移動通知 乗り物に乗った時や下りたときに、保護者に通知が届きます。 ・あんしんインターネット 小学生・中学生・高校生のモードを選択することで、アダルトサイトや出会い系サイトなどの有害サイトへのアクセスをブロックできます。 また、除外したいURLを20件まで設定できる、アクセスを禁止しているサイトにアクセスしようとした回数や時間などを確認できる機能もあります。 ・居場所確認 スマホが今ある場所を確認でき、塾や学校、公園などあらかじめ登録した場所を出入りすると、保護者に通知が届く機能もあります。 居場所を常に知ることができる安心の機能です。 ・アプリ制限 アプリをインストールする際には、保護者による承認がないとインストールできないように設定可能です。 ・時間制限 スマホの使用を、1日6時間まで、朝8時から夜の10時までなど、スマホ利用時間を30分単位で設定できます。 子どものスマホの使い過ぎを制限できます。 無料サポートが何回でも受けられる トーンモバイルでは、 電話による無料サポートを何回でも受けられます。 <電話サポート窓口> 電話番号: 受付時間:10:00〜19:00(土日祝日も対応) 必要に応じてスタッフが遠隔操作でサポートもしてくれるため、スマホの操作に慣れていない人や高齢者の方も安心して使えます。 サポート内容には次のようなものがあります。 ・基本操作・設定 画面設定やサウンド設定を変えたい、端末のデータ量の確認をしたいなど ・アプリの基本操作・設定 電話帳ツールやブラウザ操作、カメラ操作、音楽の再生、LINE、Twitterなどの操作方法や設定変更の方法を知りたい ・トーンモバイル提供アプリの基本操作・設定 IP電話やメール、TONEファミリーなどのトーンモバイル提供アプリの操作や設定変更の方法を知りたい ・その他の基本操作・設定 Wi-FiやBluetoothなどのネットワーク設定やプリンタなどの周辺機器との接続設定の方法を知りたい ・初期設定 アカウントの取得、メール設定、Googleアカウントなどの初期設定をしてほしい TSUTAYA・カメラのキタムラの店舗で契約できる トーンモバイルの契約は、全国のTSUTAYAとカメラのキタムラで受け付けています。 ただし、すべての店舗で申込を受け付けているわけではないので、トーンモバイルの公式サイトので取扱店舗を確認してください。 TSUTAYAやカメラのキタムラの店舗以外でも、トーンモバイルので申込むことも可能です。 トーンモバイル同士なら通話料無料 トーンモバイル同士なら通話料が無料なので、家族全員のスマホをトーンモバイルに統一すれば、家族間通話が24時間無料で利用できます。 たとえば、お年寄り夫婦で利用する、お父さんお母さんが2代目のスマホでトーンモバイルを契約して、子どもにもトーンモバイルのスマホを持たせるなどという使い方もできます。 データ量を使い過ぎても心配なし! 一般的なスマホには一ヶ月に利用できるデータ量の制限がありますが、トーンモバイルにはありません。 ですから、データ量を使いすぎる心配がないので、安心して子どもや高齢者にも持たせられます。 月間データ量制限がないスマホは月額料金が高くなる場合が多いですが、トーンモバイルは月額1,000円からと比較的安めの設定であることがわかります。 【MVNO各社データ無制限プランの料金比較】 トーンモバイル UQモバイル 楽天モバイル DTI SIM スマモバ 1,000円~1,953円 1,980円~2,680円 1,480円~6,980円 2,200円~2,900円 3,980円 データ量が無制限なのに料金が安い理由は、通信速度がそこまで速くないからです。 普通にWebサイトを見るだけなら問題ない速度ですが、動画を視聴すると待ち時間が発生するため厳しいでしょう。 しかし、これは逆に子どもにスマホを持たせても、動画を見すぎることはないというメリットにもなります。 トーンモバイルはデータ量無制限のかわりに、速度がひかえめ トーンモバイルは月額データ量制限がないかわりに、通信速度がひかえめです。 5~0. 6Mbps(500~600kbps)の「中速」と、あまり速いとはいえません。 Webサイトを閲覧するなら問題ありませんが、動画を視聴する際には1Mbpsが必要とされているため、遅いと感じるでしょう。 もっと通信速度を速くしたいのなら、 高速チケットオプションをつけることで対応できます。 詳しくは、「」の章でご説明します。 トーンモバイルが扱うのは、トーンモバイルオリジナル機種とiPhoneに挿してつかうSIMカードであるTONE SIM(for iPhone)の2種類があります。 トーンモバイルオリジナル機種の最新モデルは「TONE e19」です。 TONE SIM(for iPhone)は、iPhone端末に挿すだけで使えるSIMカードです。 それぞれの月額料金設定について、ご説明します。 一括払い:19,800円(税抜) 分割払い:月々825円(税抜)24回払い 便利なオプションサービスも用意されている トーンモバイルに用意されている便利なオプションについて、詳しくご説明します。 ・TONE電話かけ放題オプション 「TONE電話かけ放題オプション」とは、TONE電話アプリから発信する、番号の先頭に050が付いているIP電話への10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になるオプションで、月額料金は500円です。 通話時間が10分を経過すると、超過分の通話料金が必要なのでご注意ください。 ・090音声オプション 「090音声オプション」とは、090・080・070で始まる番号での通話ができるオプションで、月額料金は950円です。 MNP(ナンバーポータビリティ)で前に使っていた番号でトーンモバイルを使う際に、必須となるオプションです。 つまり、MPNでトーンモバイルに転入する場合には、月額料金1,000円に950円プラスした、1,950円が月額料金になるということです。 このオプションを使う際には、さらに「090おとく電話オプション」をつけることで、通常の通話料18円/30秒が17円/30秒になります。 「090おとく電話オプション」の月額料金は0円なので、MNPをするならつけるべきです。 ・SMSオプション 「SMS オプション」とは、090・080・070で始まる番号同士でSMSメッセージを送受信できるオプションで、月額料金は100円です。 ショートメッセージだけでなく、LINEやTwitter、FacebookなどのSNSサービスを利用するために必要なので、つけた方がいいでしょう。 SMSメッセージとは、お互いの電話番号だけがわかっていればできるショートメッセージ機能のことです。 SMSメッセージをやり取りするためには「SMS認証」という機能が必要ですが、このオプションをつければ「SMS認証」を利用できるようになります。 ショートメッセージを送信する際には、月額料金とは別に、トーンモバイル公式サイトのに記載された送信料がかかりますので、ご注意ください。 「SMS認証」は、LINEやTwitter、FacebookなどのSNSを利用する際にも必要です。 また、銀行系のアプリやコンサートやスポーツ観戦などのチケット購入時にも必要になるケースがありますので、これらのサービスを利用したい方は必ず選択しましょう。 なお、「090音声オプション」にはこのSMSオプションが含まれているので、090音声オプションをつけていれば不要です。 ・高速チケットオプション 「高速チケットオプション」とは、動画やアプリを快適に利用できるようにするサービスです。 トーンモバイルの通信速度はそこまで速くないので、より快適に使いたいなら高速チケットオプションをつけるといいでしょう。 利用料金は次のとおりです。 トーンモバイル端末:300円/1GB TONE SIM(for iPhone):445円/1GB 高速チケットオプションは使いたいデータ量に応じてチケットを購入する仕組みで、31日ごとに10回まで、合計10GB分をチャージ可能です。 チケットには31日間の有効期限があり、有効期限が切れると残っているデータ容量は無効ですのでご注意ください。 ・安心オプション 端末の破損や盗難が起きた際に、端末の交換を行えます。 月額料金は500円で、初月は無料です。 端末の交換は1年に最大2回まで可能ですが、1回につき5,000円かかります。 トーンモバイルの申し込み方法 トーンモバイルの申し込み方法と手続きに必要なもの、手続きの注意点について、詳しくご説明します。 【新規申込時に必要なもの】 クレジットカード または、端末購入代金 Web申込の場合は、クレジットカードのみ 有効なメールアドレス 他社から乗り換える場合は、乗り換え前のキャリアメールの使用は不可 MNP予約番号 MPN(他社からの乗り換え)をする場合のみ必要 Tカード 申込時に発行することも可能 同意書・委任状 代理人・18歳以上20歳未満の未成年が申込む場合のみ必要• にある店舗で申込む• 本人限定受取でスマホが自宅に届く• 初期設定が済んでいるので、すぐに利用できる インターネット利用が多いユーザーは他のキャリアを検討しよう トーンモバイルは通信速度が0. 5~0. 6Mbps(500~600Mbps)と遅めであるため、インターネット利用が多いユーザーに適しているとはいえません。 SNSや動画視聴など、普段からインターネットに接続する機会の多い人であれば、ストレスなく利用するには最低でも10Mbpsはほしいところ。 トーンモバイル以外の格安SIM・格安スマホには、10Mbps以上の実測値が期待できる事業者が多く存在します。 ここでは、通信速度で評価の高い格安SIM事業者をご紹介していきます。 使い放題プランが安い!「楽天モバイル」 楽天モバイルなら、プランに応じた高速データ通信が可能です。 (プランSは2GB、プランMは6GBなど) しかも、高層データ通信容量を使い切ってしまった後でも、最大1Mbpsで使い放題です。 1Mbpsは標準画質の動画再生であれば問題ないレベルの速度ですので、楽天モバイルならほぼストレスなく無制限に通信できるといえます。 月額基本料金はプランSが2,980円、プランMが3,980円と、使い放題プランでも安いのが魅力ですよ! 通信スピード最重視ならここ!「UQモバイル」 通信スピードで選ぶなら、UQモバイルがオススメです。 au 4G LTEの高速回線を使った通信が可能で、UQモバイルの通信スピードはY! mobileやBIGLOBEモバイルなどの格安SIMサービス中ではナンバーワンという調査結果もあります。 LINEモバイルでも他キャリアと同様に月間データ通信量が設定されていますが、プランごとに対象のSNSサービスが使い放題になります。 そのため、SNSをよく使う人にオススメです。 トーンモバイルを実際に使っている人の評判は? Twitterで「 トーンモバイル」と検索したところ、100件ほどのツイートが見つかりました。 イメージキャラクターの坂口健太郎くんについて、トーンモバイルで実施中のクイズの回答について、キャンペーン中のアマゾンギフト券プレゼントの報告などのツイートが多かったです。 安い! — Paul神田敏晶 Paul Toshi kanda knnkanda 月額料金に関しては、安いというツイートがよく見られました。 他のキャリアに比べると、月額1,000円からなのはたしかに安いといえます。 ServersMan SIM Unlimitedで速度測定したら500〜600Kbps回線のとき、80. 4Kbpsでした 相変わらずクソ。 このハゲーと言ってみたい。 ストーン!! — ATC ATC240 気になる通信速度ですが、通信速度が80. 4Kbpsだったというツイートがありました。 やはり、通信速度にはあまり期待せず、月額料金が安く子どもやシニア向けと割り切って使った方が良さそうですね。 去年娘にトーンモバイル購入しました!今年の夏は息子に購入予定です。 トーンモバイルなら、子どもにも安心してスマホを持たせられるという保護者の方のツイートがありました。 [お友だち登録するときはパパかママにいうこと。 勝手にゲームなどダウンロードしないこと!] — ココナッツ coconuts0408 子どもにスマホを持たせたときの約束事に関するツイートもありました。 トーンモバイルでは子どものスマホキャンペーンという、子どもにスマホを持たせる際に役立つキャンペーンも実施しています。 キャンペーンに参加するとアマゾンギフトなどが当たるので、ぜひ参加してみてください。 トーンモバイルが一定の運動量でTポイントが貯まるライフログサービスを開始 — asciijpeditors asciijpeditors TSUTAYAが提供しているスマホなので、Tポイントが貯まるというメリットもあります。 一定量運動することでTポイントが貯まるライフログサービスもあるそうです。 健康的な生活を送れそうですね。 まとめ トーンモバイルは、TSUTAYAが提供する格安スマホ・格安SIMサービスです。 月額料金が1,000円からと、他のMVNOと比べても安めに設定されており、子ども・シニア向けの設定が豊富で、無料サポートも充実しています。 普段あまりインターネットを使わないがスマホが欲しい人、安心して子どもにスマホを持たせたい人、高齢のご家族に使ってもらいたい人などにオススメです。 ただし、通信速度はさほど速くないため、動画視聴など重いデータ通信には不向きです。 普段から動画の視聴やゲームをすることが多い人は、他のキャリアを利用するといいでしょう。

次の

格安スマホ「TONEモバイル」口コミ・評価が悪すぎる件!!

トーンモバイル 口コミ

既にスマホのヘビーユーザーである• スマホで、ゲームをしたい• スマホで、動画を見たい• 今の電話番号のままで音声電話も安く使いたい• コンパクトなサイズのスマホがいい トーンモバイルをお勧めするのはこんな人• スマホ初心者• 子供への初めてのスマホ• ガラケーとの2台持ちを考えている• 端末本体の値段を抑えたい 私の場合は、1)3)4)の理由でトーンモバイルを選びました。 初契約後、4年目。 1度機種変更しています。 ようやく、スマホの楽しみ方もわかってきて、次はステップアップしてトーンモバイルから卒業してもいいかなと思い始めています。 とはいえ、2022年の3Gサービス終了までは、ガラケーとスマホの2台持ちでもいいかなと。 トーンスマホは月額1000円! そろそろスマホにしたいなぁと思いつつ、思いきれなかったのはやっぱり料金面です。 今はガラケーで、パケットもつけて月5000円でお釣りがきてます。 でも、 スマホにするとやっぱり料金が高くなってしまいますよね。 それと電池の持ちの悪さです。 けっこう不便な場所にでかけることも多いので、電源の確保を考えると やっぱりガラケーは手放せないし、 ましてや仕事関係の電話を多く受ける人の場合は、電池切れは致命的ですよね。 となると追加購入・・・ ますますスマホが遠くなる・・・フリービット。 それが、 ツタヤのスマホ『トーンモバイル』はなんと1000円と聞いてびっくり! と、これは2014年のことなんですが、時代は変わって今は格安SIMの時代。 安いスマホもたくさん出てきましたね。 でも!料金がわかりにくくないですか? 安い!と思ったら、めちゃめちゃ容量が少なくて、結局制限がかかったりして使えない・・・ でも!TONE(トーンモバイル)は、料金体系は1000円! 本当です。 私はauを使っていますが、トーンの1000円スマホを追加購入ってことで、 パケット料金と、助手席ナビの料金がなくなるので、 ガラケーの使用料金は無料通話範囲なら2800円ほどになりそうです。 なので、 トーンとの合算金額は、月額3800円! あとは追加オプションがいろいろあります。 私はWi-Fi接続と盗難や故障を保証してくれる「安心オプション」( 月額500円、初月無料)をつけました。 なので1500円になりましたが、オプションなしなら、 本当に月額1,000円ポッキリなんです!(初期費用3,000円別途) 格安スマホって、なんだかんだでオプションになっていて 気が付いたら結構なお値段になってたりすることも多いのですが、 トーンモバイルは大丈夫。 ガラケーとの2台でも、月額3,800円! ってことで、 「スマホ、高い!」 という問題点はクリア。 そして、こんなサービスも! 2年たって、 最新の機種に機種変更しました!【m15】 旧機種は、内臓メモリが3GBしかなかったので、アプリがあまり入れられなかったのですが、今度は 16GBもあるので余裕です。 端末代金は、29,800円で、一括払いのみの対応でした。 価格は、 19,800円。 さらに、分割払い(月額825円)にも対応しました!• 容量はさらに倍になって 32GB。 バッテリーも 4,000mAhと、ほぼ倍近くの容量。 顏認証や 指紋認証、 ディアルカメラと高性能。 これだけのハイスペックで、1万円台というのは、他の格安スマホではありえない価格帯です! ってか、さらに安くなって性能がアップしているって、ちょっと悔しいくらいです。 そろそろ機種変更しようかな。 さて、次に気になるのがエリアと通信速度 TONE(トーンモバイル)は、 ドコモの回線を使っていますので、エリア的には問題なし。 けっこう不便な山の奥でもつながりました。 あ、ちなみにここ、auのガラケーのほうは圏外でした。 通信速度はというと、遅いという人もあるのでしょうが スマホ初心者の私は、十分満足できるレベルです。 そして機能面 スマホ初心者の私がやりたかったこと。 ネットサーフィン(facebook)• 音声検索• カメラ撮影 簡単な説明書がついているだけなんですが、ツタヤスマホTONEの画面は もちろん通常のスマホと同じ画面も設定できますが、 他にもお子様向けとか、シニア向けとか、視覚的にわかりやすい画面を選べるようになっています。 つまり通信料金はこの通信サービスの会社に支払うことになります。 端末本体は別の会社が製造販売しているので、機器に関する問い合わせは端末の販売先ということになります。 つまり買うときは問題ありませんが、いざ困ったことがあり問い合わせようと思うと、 「あれ?どこに問い合わせたらいいの?」 フリービットは、この【PandA】本体の製造販売、通信サービス、不可サービス、おまけにサポートまですべてが一貫管理となっているので、困ったときにたらいまわしにされることがないのです。 すべてWEBで完結 フリービットのスマホに決めた! と思ったら、即ネットで申し込むだけで手続きは完了です。 本当にわずか1分ほどで終わってしまいます。 公式サイトで申し込みをすると、2〜3日後に「「本人限定受取(特定事項伝達型)郵便物等の到着のお知らせ」というのが届きます。 指定の郵便局にその通知と本人を確認できるもの(免許証、健康保険証など)を、本人限定受取窓口に持っていけばそこで本体を受け取れます。 (直接の配送はできませんのでご注意ください) 現在は、本人限定受け取り便で自宅に届きます。 受け取り時に本人確認書類が必要です。 利用料 1000円• 端末代 825円 合計 1,825円 IP電話かけ放題オプションを付けた場合は 国内宛IP電話は、10分以内ならかけ放題になるサービスです。 利用料 1000円• これは他社でも同じこと。 LINEなどの 無料通話アプリを使えば、追加料金なしでOK。 仕事で使うなら、電話番号が変わると困るけど、友達、家族レベルなら、LINEやメッセンジャーを使えば0円だし、050のIP電話でも全然問題ないですよね。 他社の格安SIMの料金と比べてみます。 各社とも音声対応SIMの料金です。 1GB 2GB 3GB DMM mobile 1260円 1380円 1500円 mineo(Aプラン) 1410円 1510円 mineo(Dプラン) 1500円 1600円 IIJmio 1600円 OCN モバイル ONE 1800円 BIGLOBE SIM 1600円 楽天モバイル 1600円(3. 最新の情報は各HPでご確認ください。 トーンモバイル 使えないという口コミについて 決してツタヤの回し者ではないんですが、私はとっても満足しているツタヤのトーンモバイル。 でも、『全然使えない、後悔した』という口コミも存在します。 何が使えないのか?• 何が気に入らないのか? このあたりの真相を見極めていきたいと思います。 参考にしたのは価格. comでのトーンの評価です。 期間満了前の解約は9800円かかります。 確かに他社の格安SIMだと12ヶ月縛りなので、さらに1年長いことになりますね。 と、かなり辛口な評判なんですが、逆にこういう口コミも。 私も子どもの為にこの機種を選び利用しています。 そもそも何を求めているのでしょう?通話品質?GPS機能?価格? 1000円で全てを賄うのは贅沢ではないでしょうか?私も一般消費者ですが割り切って使わせています。 小学生と中学生に使わせていますが、電話を利用するシチュエーションはそもそもそんなに多くないので、LINEの通話で十分と思って使っています。 また塾帰りの確認にGPSのジオフェンス機能を利用していますが制度的には必要十分だと思います。 子どものためとTONEm15導入した親ですが、当方、不自由を感じません。 GPSは、時間はかかりますが検索してくれます。 バスの移動中も拾ってくれました。 通話もIPは使えます。 音声はこもる感じなのは仕方ないでしょう。 一応、ショッピングセンター等で通話確認できました。 普段はSkype使いです。 正直設定がめんどくさかったけど、こんなもんかな、と思ってます。 トーンモバイルは使えないのか? まとめ 結局1000円でどこまで求めるかってことなんですよね。 TOMEモバイルに限らず、IP電話は制限があります。 それでも、無料通話アプリで十分賄えます。 それが嫌なら、音声通話オプションをつけることになるわけで、それは他社格安スマホでも同じことです。 もちろん通話料金は別になるので、その分もプラスになります。 基本料金 1000円• 090音声通話オプション 953円 合計金額で1953円 本体分割をプラスして、 3453円。 それでもキャリアのスマホよりもはるかに安くすみますよね。 50代主婦です。 前からスマホはほしいなと思っていましたが、やっぱり高くて手がでなかったんです。 それに使っている友達に聞くと、やっぱりメールなんかはスマホよりガラケーのほうが楽ちん。 初めてのスマホで、近くにスマホを使っている人もいなくて使えるかな?と、不安でしたがサポートに電話してみたら、電話もすぐにつながるし、丁寧におしえてもらえて、さらには遠隔操作までしていただけるサポート付で至れり尽くせり。 スマホのデメリットは、• 電池の持ちが悪い• 文字入力が面倒(メールはガラケーのほうが楽)• 料金が高い• 操作が難しい なので、音声電話とメールはガラケー、ネットとアプリはスマホ。 それがベストだなと思っていましたが、なかなか料金的に主婦には手が届かない領域だったんですよね。 トーンスマホを追加したことで、ガラケーのパケット料金がいらなくなりましたから、実質電話料金は前より安くなり、すっかりfacebookにはまってしまいました。 トーンは遅いといわれているけど、フェイスブックを使っていての不便さは感じません。 また、アプリで今いる場所の天気予報が時間単位で見れるのも気に入っています。 私がフリービットの時代からTONEを使い始めて2年が過ぎました。 スマホ初心者から、中級者になってきて、やりたいことも増えてきてちょっと物足りないと思い始めたところで、高性能の新機種が発売されました! ますます、充実してきたトーンモバイル。 しかも、 料金はそのまま変わらず1000円! TONEスマホ 現行機種について 現在のTUTAYA TONEスマホは「TONE m17」になります。 初期、フリービット時代にスマホデビューをして今年で3年目。 ようやくスマホの便利さにスマホを手放せなくなってきた管理人ですが、使いこなせるようになって、格安スマホならではの不便な点もいくつかありましたが、ツタヤトーンスマホになってからは、それが改善されてきています。 私が使っている初期のフリービットでは、本体容量はわずか3GBでしたが、最新機種はなんと16GBとなっています。 3GBでも、SDカードの利用で容量を増やすことはできるのですが、アプリは本体インストールとなるため、沢山のアプリをインストールすることができません。 仕方なく、他のアプリを捨てては新しいサプリをインストールするという方法しかないのです。 でも、新機種は内臓記憶領域が16GBあるので、それは問題ありません。 管理人は現在、機種変更を検討中です。 新機種のm17からは分割できるようになりました。 分割の場合は、 端末代は月額1500円です。 音声通話オプション(500円)をつけても、トータル3000円! 3000円と聞くと、他の格安SIMより高い気がしちゃいますが、なにせ容量制限がないのがお勧めのポイント。 分割に目くらましされていますが、ドコモやau、ソフトバンクのスマホだと、機種本体の価格は4〜5万円が相場ですから、トーンのスマホが激安だというのは間違いないですね。 TONEスマホ まとめ スマホなんか高いし、難しいし無理! と決めつけてた固定概念が「TONEスマホ」で変わりました。 とはいえ、管理人が購入したのは、「TONEスマホ」になるまえの世代の「Freebitモバイル」で、購入から既に2年が過ぎました。 ツタヤと提携して、「トーンスマホ」に代わってからは、ますます内容もサービスも充実してきています。 値段はそのままなのに、サービス面やシステム、機種はぐっと向上。 私が紹介している以上に優れている点が多くなってきています。 従来のユーザーは今まで通りのサービスが受けられますし、新規の場合も、従来通りのサービス内容が提供されますのでご安心ください。

次の

トーンモバイルの口コミ・評判 | みん評

トーンモバイル 口コミ

月額1,000円からの格安スマホとして大手キャリアとの差別化を図る「トーンモバイル」が話題となっています。 次々と登場する格安スマホキャリアの中で「トーンモバイル」の評判はどうなのでしょうか? 利用者の口コミから真偽を徹底検証していきます! トーンモバイルの料金・サービス 「トーンモバイル」の料金はデータ容量無制限で月額1,000円、ドコモ回線を利用しているサービスとなります。 TONE電話という専用通話サービスを利用すると、トーンモバイル同士の通話料は0円で、ほかのキャリアへの通話や、通常の携帯電話番号を利用した通話は別途料金が発生します。 料金は以下の表をご覧ください。 なお、090音声通話を利用するためには「090音声オプション」が必要で、月額950円となっています。 トーンモバイルの機種紹介 トーンモバイルでは「TONE端末」というオリジナルの端末があり、SIMの契約以外ではこちらの端末を選択することになります。 こちらでは「TONE端末」を3種類解説していきます。 ・e20 TONE端末「e20」は超広角レンズ搭載のトリプルカメラと、指紋認証、顔認証のダブル生体認証を搭載しているハイスペックなモデルとなります。 内蔵ストレージは64GBですがmicroSDカードに対応しており、256GBを追加することができます。 バッテリーは3,900mAhと大容量で、長時間スマートフォンを利用するユーザーに向いています。 本体料金は税抜19,800円となっています。 html ・e19 TONE端末「e19」はe20の1つ前世代のモデルとなります。 デュアルカメラで暗所撮影などに向いていて、こちらも指紋認証、顔認証のダブル生体認証を搭載しています。 内蔵ストレージは32GBと「e20」には劣りますが、microSDカードに対応しており、256GBを追加することが可能です。 バッテリー容量は最新の「e20」よりも少量ながら多く4,000mAhとなっており非常に大容量です。 本体料金は「e20」と同じく税抜19,800円となっていますが、2020年2月20日をもって「e19」への機種変更は終了となっています。 html トーンモバイルの口コミ・評判を徹底検証 トーンモバイルの口コミ・評判はどうなのでしょうか。 格安スマホは大手キャリアと比較ぢして通信速度や端末の性能などがどう違うのか気になりますよね!実際のトーンモバイルを利用しているユーザーの口コミを中心に徹底検証していきます。 トーンモバイルの悪い口コミ・評判 ここではトーンモバイルの悪い口コミ・評判をご紹介していきます。 格安なのはうれしいですが、あまり良くない口コミも多いので参考にしてみてください。 ひどい 機種がひどい 画面は汚い、容量が少ないから写真とアプリを全然保存できない。 スマートフォンは性質上発熱しやすい機器ではありますが、異常に発熱してしまうのは心配ですね。 ただし本体の異常な発熱があり、不具合として本体の交換対応をしてくれたというレビューもありますので、トーンモバイルに問い合わせをすれば解決する場合もあるようです。 通信速度が遅く、動画が見れない >通信速度は500kbps~600kbpsなので これ。 この速度で常時使えると思ったら大間違い。 実際にトーンモバイルでは「高速チケットオプション」という動画視聴やアプリ使用などを快適に利用するためのオプションが用意されています。 オプションに加入していないと非常に低速となっているようで、動画などを視聴する方はオプション加入しないとストレスになってしまうことが多いようです。 トーンモバイルの良い口コミ・評判 トーンモバイルの良い口コミ・評判をご紹介していきます。 主に他格安スマホキャリアとの比較や、TONE端末についての口コミが多く見られました。 ぜひ参考にしてみてください。 安い すごく安くて、主婦の私は3年目も続けようかと思っています。 設定によってはカンタンスマホのような表示設定もできるそうなので、スマートフォン初心者の方にも優しい端末となっています。 トーンモバイルのおためしレンタル トーンモバイルではトーンモバイルのおためしレンタルというサービスがあります。 大手キャリアなどから格安スマホに乗り換えた場合に通信速度などを気にされる方が、実際に使って試せるサービスとなっています。 乗り換えの前に、実際に使用感を確認することができるのは安心ですよね! 全国のTSUTAYAなどのトーンモバイル取り扱い店舗で利用することができるようです。 tone. html トーンモバイルでLINEを使う方法 トーンモバイルではSMSが標準プランだと利用できないため通常のLINEアカウント登録をすることができません。 SMS認証を使わずにLINEの登録をする方法としては、Facebookアカウントからラインのアカウント登録をすることで問題なくLINEアカウントを作成できます。 また月額100円の「SMSオプション」を付けることによってSMS認証が可能となるので、一般的な方法でLINEを登録することができます。 最近はさまざまなコンテンツのアカウント認証にSMS認証が使われているので「SMSオプション」を有効にしておくと便利です。 トーンモバイルの故障時の修理について トーンモバイルの端末が故障してしまった場合、トーンモバイルの「つながる端末保証 for TONE SIM」を利用することで修理を受けることができます。 ここでは、どのような条件で保証が受けられるのか、料金はどのくらいかかるのかをご紹介していきます。 つながる端末保証 for TONE SIMとは 「つながる端末保証 for TONE SIM」は月額500円で無償の修理を受けることのできる保証となります。 故障は年間2回まで無償修理が可能となっていますが、修理ができない場合は交換端末負担金が発生することもあるようです。 html トーンモバイルは子供・シニアにおすすめ トーンモバイルはスマホ初心者の方に非常に優しいプランや機種が用意されているため、子供やシニアの方におすすめのキャリアとなっています。 ここでは学割やシニア割、おすすめのケース・カバーについてご紹介します。 学割、シニア割もある トーンモバイルの「学割・シニア割」は、3か月のプランで月額500円の割引を受けることができます。 対象は19歳以下の方または50歳以上の方となっており、学生やシニアの方が割引が受けやすくなっています。 トーンモバイルの新規お申込み時点で19歳以下もしくは50歳以上であれば、誕生日を迎えても3か月間は割引を受けることができるようです。

次の