ヤマト運輸 ライン。 ヤマト運輸(クロネコヤマト)からのライン!友達登録していないけどこれって本物?まさかフィッシング詐欺!?その時の対応方法をご紹介

ヤマト運輸のお届け予定がLINEトークでくる原因。オフにする方法は?

ヤマト運輸 ライン

ヤマト運輸不正ログインの手口 不正ログインで使われたIDとパスワードはクロネコメンバーズで使われていないものが多く、おそらく他社サービスから流出したIDとパスワードで不正ログインを試す「リスト型攻撃」と呼ばれる手口とみられます。 ヤマト運輸は2014年にも同様の手口による被害があったためセキュリティーを強化し、短時間に大量のアクセスがあれば自動で遮断するシステムを導入していたのですが、今回はこれをかいくぐっての犯行となりました。 ヤマト運輸は「今回の事態を厳粛に受け止め、再発防止に向けてセキュリティの高度化を図る」としています。 また、定期的なパスワードの変更やパスワードの使い回しをしないようにユーザーに呼びかけています。 ヤマト運輸からラインが来た 先日私のラインにクロネコヤマトからメッセージが届きました。 登録した覚えがなかったので、不審に思い調べたところ LINE株式会社の提供する「通知メッセージ」機能の利用に同意されているお客さまを対象に、お客さまがLINEアプリに登録している電話番号情報と、お荷物の送り状に記載の電話番号情報を照合し、ヤマト運輸LINE公式アカウントと友だちになっていないお客さまや、クロネコメンバーズとLINEを連携していないお客さまへも、LINEでお荷物のお届け予定を通知しています。 とのことで、電話番号から私のラインアカウントをつきとめたようです。 とりあえず、なりすましとかではないようなので友達追加しましたが、その流れでクロネコメンバーズにも登録してしまいました。 なので今回の不正ログインは心配だったのですが、不正ログインされた形跡はなく、ヤマト運輸から個別にメールが送られてくることもなく、被害にあうことはありませんでした。 不正ログインされないための防止策 今回の不正ログインは、他社から流出したIDとパスワードで不正ログインを試す「リスト型攻撃」という手口でした。 これの防止策としてはパスワードの使い回しを避けることが一番有効です。 とは言っても、そうするとパスワードの管理が大変になってくるのでどうしても使い回してしまいます。 みなさんはこんなことせず使い回しは避けてくださいね。

次の

【ヤマト運輸】クロネコメンバーズのLINE(ライン)連携が便利すぎる|しば太さんちの生活知恵袋

ヤマト運輸 ライン

ヤマト運輸からラインが来た!友達登録していないけどこれは詐欺!?クロネコヤマトからラインが来た時の対応をご紹介 ヤマト運輸から友達登録もしていないのにline ライン が来ました。 宅急便のお届け予定とのそですがみなさんはこんなラインが来たことありますか??これまでもかなりヤマト運輸さんにはお世話になっていましたが初めてだったんです。 ラインが来たのは。 そのラインのスクリーンショットがこちらです! しかもですよ!このラインの上にはこのような文言が表示されていました! えっなにこれ・・・こわっ!! まさかフィッシング詐欺では!? これが私の率直な感想です。 以前、フィッシング詐欺についての記事も書きましたが、最近巷では様々な詐欺行為が発生しているようで私も少々過敏になっているのです。 <関連記事> 目次• もしもタップして先へ進んで、カード番号等を入力して何も起こらなかった場合などは確実に情報を吸い上げられたといってよいでしょう。 ですから、まずはネットなどで、同じような状況にあった人がいないかを調べることが大切です。 <1通目> <2通目> 一通目は 『宅急便お届け予定のお知らせ』、二通目は 『お届け予定日時と配送担当店のお知らせ』が来ました。 私はフィッシング詐欺についてはかなり警戒しているので、文言を読めば読むほど怪しく感じてしまいます笑 配送担当店については具体的に『〇〇〇〇センター』と書かれていました。 このセンターは私への宅急便をいつも届けてくれているセンターです。 『いやっ待て。 それすらもこちらを信用させるための作戦かもしれない・・』 と邪推しながらまだ何も触りませんでした。 このメール二点には 『送り状番号の下4桁』と 『配送日時』と 『配送担当のセンター』しか書かれていません。 要するに 『誰から送られてきてる荷物なの!?』 ということが全く分からないので、余計に怪しさが倍増してしまったのです。 参照: どうやらこういうサービスが始まっていたらしいです。 私は全く知りませんでした笑 ここで少し、本物のような気がして安心してきました。 お心あたりのないお客様はメッセージの削除をお願いします。 とのこと。 この文言を読む限り ・ 私はどうやら 『ラインのサービス向上のための情報利用』に同意していたらしい。 (全然覚えていない笑) ・ この 通知は、電話番号をもとにヤマト運輸から直接きているらしい。 ・ 通知メッセージをオフにしていたらこないらしい。 ということがわかりました。 本当にヤマト運輸の公式から来ているのかを確かめる方法 とにかく疑り深い私やそのような方がこのラインのアカウント自体が本物かどうかを確認する方法がないかなと考えてみました。 公式アカウントを取得するにはかなりの費用と審査が必要なようです。 今回のラインを見てみると、 この公式アカウントのマークがついていますね。 また一つ安心材料です! ちなみに 下のマークは公式ではないので注意です!!! 何かの審査を通過したわけではなくとも作成することができるアカウントのようです。 この画像のユーザー数を確認しておいて、次に下記ホームページ内にある画像を見て下さい。 参照 ここにヤマト運輸公式のラインのIDがかかれています。 こちらを、お持ちのスマートフォンのライン内の友達追加部分で検索にかけてみましょう! この検索結果から出てきたアカウントをタップして、自分に来ているメールのアカウントとユーザー数が同じくらいであれば、本物と判断してよいと思います! 以上のことから私は、自分自身に来たメールを本物だと判断して友達に追加をして利用してみることにしました。 入力すると、希望時間帯を質問されます! というやり取りの結果、日時変更を完了しました。 そこからの操作は一切していませんが、昨日5月11日の20時半ごろ、 無事に荷物が到着しました。 上の記事で書いた、宮崎県都農町へのふるさと納税の返礼品であるうなぎでした。 無事に届いてよかったです!! スポンサー・リンク 追記:ヤマトさんやはり荷物の送り主を提示してくれませんかね? <7月24日追記> 先日またクロネコヤマトからラインがきました。 (送り主が分からない点以外) そしてやはり日中に受けとることは不可能なので受け取り時間変更をしようと思い『荷物を確認する』をタップしました。 ここで入力するのは名前と郵便番号です。 何も考えずに入力してみました。 入力内容に誤りがある!との警告。 この時私は『もしかしたら、郵便番号を入力する時点でミスしていてのかな?』と思い、再度やってみました。 そしたら、また警告・・・・。 『二回くらいミスすることもあるかな?』と再度入力・・・・。 結局、ヤマト運輸のラインが本物であれば7月11日には届くはずなので。 日時変更をかけることもできずに、配送者の方には不在で迷惑をかけるかもと思いながら待つことに。 そしたら荷物が届いたんです。 来たのがこれ!GOPRO7! 私は、これをアメリカから個人輸入で買っていたのです。 もちろん 差出人はアメリカの企業なので私への宛名はローマ字表記!私が必死に入力していたのは、もちろん漢字表記。 アメリカからの荷物は到着予定よりも早く来たのでそれが届いてくるなんて夢にも思わず・・・。 やっぱり、クロネコヤマトさん!! 送り主を表示してください本当にお願いいたします。 送り主を表記することで受け取る側もより納得できると思います。 今回みたいなことはイレギュラーかもしれませんが、それでクロネコメンバーの登録がもしもロックされたりしたらたまりません・・・。 という愚痴を追記しました笑 本日のまとめ 今回は私に初めて届いたクロネコヤマトからのラインについて書きました。 公式であろうとは思いながらも、フィッシング詐欺が横行している今の時代には警戒して損はありません。 ヤマト運輸からしてもスピーディーに配達情報を得られるのでいいってことなのでしょう! とはいえ、やはりいきなり通知が来て 『どこの誰から送られてきているかもわからないもの』の配達日時指定というのはユーザーにとっては漠然とした不安が付きまとうのは必然ではないでしょうか。 特に最初の段階では、友達登録するまでは送り状番号すらわかりませんので誰からの荷物かどうかがわかりません。 でももしも、友達登録をしてそれがフィッシング詐欺だったらと思うとやはり二の足を踏むユーザーもいる のではないかと思われます。

次の

マスタパックとは何ですか?

ヤマト運輸 ライン

ヤマト運輸からラインが来た!友達登録していないけどこれは詐欺!?クロネコヤマトからラインが来た時の対応をご紹介 ヤマト運輸から友達登録もしていないのにline ライン が来ました。 宅急便のお届け予定とのそですがみなさんはこんなラインが来たことありますか??これまでもかなりヤマト運輸さんにはお世話になっていましたが初めてだったんです。 ラインが来たのは。 そのラインのスクリーンショットがこちらです! しかもですよ!このラインの上にはこのような文言が表示されていました! えっなにこれ・・・こわっ!! まさかフィッシング詐欺では!? これが私の率直な感想です。 以前、フィッシング詐欺についての記事も書きましたが、最近巷では様々な詐欺行為が発生しているようで私も少々過敏になっているのです。 <関連記事> 目次• もしもタップして先へ進んで、カード番号等を入力して何も起こらなかった場合などは確実に情報を吸い上げられたといってよいでしょう。 ですから、まずはネットなどで、同じような状況にあった人がいないかを調べることが大切です。 <1通目> <2通目> 一通目は 『宅急便お届け予定のお知らせ』、二通目は 『お届け予定日時と配送担当店のお知らせ』が来ました。 私はフィッシング詐欺についてはかなり警戒しているので、文言を読めば読むほど怪しく感じてしまいます笑 配送担当店については具体的に『〇〇〇〇センター』と書かれていました。 このセンターは私への宅急便をいつも届けてくれているセンターです。 『いやっ待て。 それすらもこちらを信用させるための作戦かもしれない・・』 と邪推しながらまだ何も触りませんでした。 このメール二点には 『送り状番号の下4桁』と 『配送日時』と 『配送担当のセンター』しか書かれていません。 要するに 『誰から送られてきてる荷物なの!?』 ということが全く分からないので、余計に怪しさが倍増してしまったのです。 参照: どうやらこういうサービスが始まっていたらしいです。 私は全く知りませんでした笑 ここで少し、本物のような気がして安心してきました。 お心あたりのないお客様はメッセージの削除をお願いします。 とのこと。 この文言を読む限り ・ 私はどうやら 『ラインのサービス向上のための情報利用』に同意していたらしい。 (全然覚えていない笑) ・ この 通知は、電話番号をもとにヤマト運輸から直接きているらしい。 ・ 通知メッセージをオフにしていたらこないらしい。 ということがわかりました。 本当にヤマト運輸の公式から来ているのかを確かめる方法 とにかく疑り深い私やそのような方がこのラインのアカウント自体が本物かどうかを確認する方法がないかなと考えてみました。 公式アカウントを取得するにはかなりの費用と審査が必要なようです。 今回のラインを見てみると、 この公式アカウントのマークがついていますね。 また一つ安心材料です! ちなみに 下のマークは公式ではないので注意です!!! 何かの審査を通過したわけではなくとも作成することができるアカウントのようです。 この画像のユーザー数を確認しておいて、次に下記ホームページ内にある画像を見て下さい。 参照 ここにヤマト運輸公式のラインのIDがかかれています。 こちらを、お持ちのスマートフォンのライン内の友達追加部分で検索にかけてみましょう! この検索結果から出てきたアカウントをタップして、自分に来ているメールのアカウントとユーザー数が同じくらいであれば、本物と判断してよいと思います! 以上のことから私は、自分自身に来たメールを本物だと判断して友達に追加をして利用してみることにしました。 入力すると、希望時間帯を質問されます! というやり取りの結果、日時変更を完了しました。 そこからの操作は一切していませんが、昨日5月11日の20時半ごろ、 無事に荷物が到着しました。 上の記事で書いた、宮崎県都農町へのふるさと納税の返礼品であるうなぎでした。 無事に届いてよかったです!! スポンサー・リンク 追記:ヤマトさんやはり荷物の送り主を提示してくれませんかね? <7月24日追記> 先日またクロネコヤマトからラインがきました。 (送り主が分からない点以外) そしてやはり日中に受けとることは不可能なので受け取り時間変更をしようと思い『荷物を確認する』をタップしました。 ここで入力するのは名前と郵便番号です。 何も考えずに入力してみました。 入力内容に誤りがある!との警告。 この時私は『もしかしたら、郵便番号を入力する時点でミスしていてのかな?』と思い、再度やってみました。 そしたら、また警告・・・・。 『二回くらいミスすることもあるかな?』と再度入力・・・・。 結局、ヤマト運輸のラインが本物であれば7月11日には届くはずなので。 日時変更をかけることもできずに、配送者の方には不在で迷惑をかけるかもと思いながら待つことに。 そしたら荷物が届いたんです。 来たのがこれ!GOPRO7! 私は、これをアメリカから個人輸入で買っていたのです。 もちろん 差出人はアメリカの企業なので私への宛名はローマ字表記!私が必死に入力していたのは、もちろん漢字表記。 アメリカからの荷物は到着予定よりも早く来たのでそれが届いてくるなんて夢にも思わず・・・。 やっぱり、クロネコヤマトさん!! 送り主を表示してください本当にお願いいたします。 送り主を表記することで受け取る側もより納得できると思います。 今回みたいなことはイレギュラーかもしれませんが、それでクロネコメンバーの登録がもしもロックされたりしたらたまりません・・・。 という愚痴を追記しました笑 本日のまとめ 今回は私に初めて届いたクロネコヤマトからのラインについて書きました。 公式であろうとは思いながらも、フィッシング詐欺が横行している今の時代には警戒して損はありません。 ヤマト運輸からしてもスピーディーに配達情報を得られるのでいいってことなのでしょう! とはいえ、やはりいきなり通知が来て 『どこの誰から送られてきているかもわからないもの』の配達日時指定というのはユーザーにとっては漠然とした不安が付きまとうのは必然ではないでしょうか。 特に最初の段階では、友達登録するまでは送り状番号すらわかりませんので誰からの荷物かどうかがわかりません。 でももしも、友達登録をしてそれがフィッシング詐欺だったらと思うとやはり二の足を踏むユーザーもいる のではないかと思われます。

次の