トップ ハム ハット 狂 princess。 moraのご利用について

トップハムハット狂 Princess♂ 歌詞

トップ ハム ハット 狂 princess

オタサーの姫を描いたようなMVとどんどん中毒にはまっていく歌詞と曲。 中毒性の塊みたいな曲ですよね。 曲を書いて歌っている「トップハムハット狂」は以前「FAKE TYPE」としても活動しています。 どんどん崩壊していく人と関係性、裏の顔が浮き彫りになっていきます。 また、歌詞に「まるでオタサーの姫」とあることからも オタサーの姫状態を表していると考察できます。 "オタサーの姫"とは 一般的には、男性の割合が高い文化系サークルに存在する数少ない女性を意味します。 文化系サークルにはいわゆるオタクっぽい男性が多くいるため、美人でなくとも男性メンバーに姫扱いされることから「オタサーの姫」と言われているそうです。 登場人物 主役ともなる「ハムプリンセス」 場所を荒らしていく張本人「ハムプリンセス」です。 ハムプリンセスという名前は、MVの製作者の「」さんが自身のTwitterでおっしゃっていました。 ハムプリンセスには3つの顔があります。 My original ideas for Ham Princess and the Gentlemen! 赤:オタク 黄色:バンド 紫:ギャンブル 上に貼ったツイートよりオタクとバンドマンとギャンブラーに手を出していた事がわかります。 豚さんたち 名前不明 なんども出てくるハムプリンセスの近くにいる豚さんたち... 足に踏まれているシーンもあることから「下僕」だと考えられます それでは場面ごとに考察していきます。 最初は天国だった ハムプリンセスが登場する前の男の子たちの状況です。 各々が好きなことを一緒にして楽しんでいる状況が描かれていて皆幸せそうです。 そしてバンドメンバー以外 「天使の輪」のようなものが頭の上に浮かんでいる事がわかります。 これは ハムプリンセスがくる前は「天国」のような状況だったことを示唆しているのではないでしょうか? 実際にMVでは足元に雲が敷き詰められています。 ハマったばっかりは良いけれど... ハムプリンセスは、グループに顔を出し魅了していきます。 その様子について歌詞では 「奔放」「自由気まま」「お転婆少女」と表現されています。 まだハムプリンセスの裏の顔を知らずに純粋に好きになっている状況です。 しかし、ヨダレを垂らして這いつくばっていたり、鼻血を吹き出す様子がある事から 中毒的にハマり始めている事がわかります。 サイコパスが見え隠れする:家畜以下の扱い? サイコパスモードへ突入するハムプリンセス。 写真を見ていただければわかるように、 一人一人に値札が貼られて人以下の扱いをされている事がわかります。 ハムプリンセスにとって商品のように扱われ、これが彼女の本心だという事がわかります。 乱される人間関係 魅了された男の子たちは、自分の趣味をほっとくほどにハムプリンセスにのめり込んでしまっている状況が表現されています。 歌詞には「魔性」「コントロールしないで」「噂と悲鳴」の表現があります。 MVではメンバー内部で彼女を奪い合い喧嘩をしているため既に手遅れだという事が考察できます。 歌詞でも理解しているのに、どんどん沼にハマっていきます。 "自分だけは本当に愛されているからあとちょっとで落とす事ができる"と個々人が思い込んでいると推測できます。 仕上げは「ホラ吹き」 仕上げにハムプリンセスは嘘の情報をばら撒き、グループ内を混乱させます。 男の子達は聞いた後に落ち込んでいくことから「プリンセスが別の人と付き合った」「乱暴された」などの言葉を吹き込まれたと考えられます。 まさにオタサーの姫。 完全に男の子達は操られています。 陥れられ豚にされる 最後、喧嘩をしあって 弱り切ったところをハムプリンセスに豚に変えられてしまいます。 弱い生き物 獲物 でも、群れているときは個体数が多いから手を出せない。 だから、内部から女の武器を使って破壊させて弱らしたところに付け込んだと考察できます。 女の子にのめり込みすぎるとよくない事がわかりますね。 仲間は大事にしましょう... ハムプリンセスの本性 ハムプリンセスには頭の後ろにひものようなものが着いているのをご存知でしたでしょうか? この紐は「仮面の紐」だったという事が最後のシーンで判明します。 最後のシーンに紐が取れている事が一瞬だけ見えます。 02:50 仮面が取れたということは、この悪魔が本性だったという事になります。 恐ろしい女性の本性が見え隠れする一曲でした。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

トップハムハット狂 Princess♂ 歌詞

トップ ハム ハット 狂 princess

オタサーの姫を描いたようなMVとどんどん中毒にはまっていく歌詞と曲。 中毒性の塊みたいな曲ですよね。 曲を書いて歌っている「トップハムハット狂」は以前「FAKE TYPE」としても活動しています。 どんどん崩壊していく人と関係性、裏の顔が浮き彫りになっていきます。 また、歌詞に「まるでオタサーの姫」とあることからも オタサーの姫状態を表していると考察できます。 "オタサーの姫"とは 一般的には、男性の割合が高い文化系サークルに存在する数少ない女性を意味します。 文化系サークルにはいわゆるオタクっぽい男性が多くいるため、美人でなくとも男性メンバーに姫扱いされることから「オタサーの姫」と言われているそうです。 登場人物 主役ともなる「ハムプリンセス」 場所を荒らしていく張本人「ハムプリンセス」です。 ハムプリンセスという名前は、MVの製作者の「」さんが自身のTwitterでおっしゃっていました。 ハムプリンセスには3つの顔があります。 My original ideas for Ham Princess and the Gentlemen! 赤:オタク 黄色:バンド 紫:ギャンブル 上に貼ったツイートよりオタクとバンドマンとギャンブラーに手を出していた事がわかります。 豚さんたち 名前不明 なんども出てくるハムプリンセスの近くにいる豚さんたち... 足に踏まれているシーンもあることから「下僕」だと考えられます それでは場面ごとに考察していきます。 最初は天国だった ハムプリンセスが登場する前の男の子たちの状況です。 各々が好きなことを一緒にして楽しんでいる状況が描かれていて皆幸せそうです。 そしてバンドメンバー以外 「天使の輪」のようなものが頭の上に浮かんでいる事がわかります。 これは ハムプリンセスがくる前は「天国」のような状況だったことを示唆しているのではないでしょうか? 実際にMVでは足元に雲が敷き詰められています。 ハマったばっかりは良いけれど... ハムプリンセスは、グループに顔を出し魅了していきます。 その様子について歌詞では 「奔放」「自由気まま」「お転婆少女」と表現されています。 まだハムプリンセスの裏の顔を知らずに純粋に好きになっている状況です。 しかし、ヨダレを垂らして這いつくばっていたり、鼻血を吹き出す様子がある事から 中毒的にハマり始めている事がわかります。 サイコパスが見え隠れする:家畜以下の扱い? サイコパスモードへ突入するハムプリンセス。 写真を見ていただければわかるように、 一人一人に値札が貼られて人以下の扱いをされている事がわかります。 ハムプリンセスにとって商品のように扱われ、これが彼女の本心だという事がわかります。 乱される人間関係 魅了された男の子たちは、自分の趣味をほっとくほどにハムプリンセスにのめり込んでしまっている状況が表現されています。 歌詞には「魔性」「コントロールしないで」「噂と悲鳴」の表現があります。 MVではメンバー内部で彼女を奪い合い喧嘩をしているため既に手遅れだという事が考察できます。 歌詞でも理解しているのに、どんどん沼にハマっていきます。 "自分だけは本当に愛されているからあとちょっとで落とす事ができる"と個々人が思い込んでいると推測できます。 仕上げは「ホラ吹き」 仕上げにハムプリンセスは嘘の情報をばら撒き、グループ内を混乱させます。 男の子達は聞いた後に落ち込んでいくことから「プリンセスが別の人と付き合った」「乱暴された」などの言葉を吹き込まれたと考えられます。 まさにオタサーの姫。 完全に男の子達は操られています。 陥れられ豚にされる 最後、喧嘩をしあって 弱り切ったところをハムプリンセスに豚に変えられてしまいます。 弱い生き物 獲物 でも、群れているときは個体数が多いから手を出せない。 だから、内部から女の武器を使って破壊させて弱らしたところに付け込んだと考察できます。 女の子にのめり込みすぎるとよくない事がわかりますね。 仲間は大事にしましょう... ハムプリンセスの本性 ハムプリンセスには頭の後ろにひものようなものが着いているのをご存知でしたでしょうか? この紐は「仮面の紐」だったという事が最後のシーンで判明します。 最後のシーンに紐が取れている事が一瞬だけ見えます。 02:50 仮面が取れたということは、この悪魔が本性だったという事になります。 恐ろしい女性の本性が見え隠れする一曲でした。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

moraのご利用について

トップ ハム ハット 狂 princess

前作「Sakuraful Palette」に続き トップハムハット狂の四季EPシリーズ第二弾。 嫌気さす暑さを忘れた頃、すぐそこまで来ている寒さを前に 「Watery Autumoon」堂々完成! 乾いた空に羊雲、眺めてゆったりまったりと。 日も短くなってきたせいか、夜が気になるお年頃。 カラスが鳴いても続けてた、見失いがちな季節とのかくれんぼ。 耳を澄ませて聞いて欲しい、その目を凝らして見つけて欲しい。 水面に浮かんだお月様こそ、秋を司る二つめのピース。 【収録曲】 01. ESKRRRP 3:40 作詞:トップハムハット狂・作曲:トップハムハット狂 , Johngarabushi 02. Ghosty 3:12 作詞:作曲 トップハムハット狂 04. かくれんぼ feat. 雨天決行, ill. bell RainyBlueBell 3:30 作詞:トップハムハット狂, 雨天決行, ill. bell・作曲:トップハムハット狂 05. Sale of memories 3:12 作詞:作曲 トップハムハット狂 06. Candy 3:20 作詞:作曲 トップハムハット狂 07. Watery Autumoon 3:47 作詞:作曲 トップハムハット狂 08. Someday 4:25 作詞:トップハムハット狂・作曲:トップハムハット狂 , Johngarabushi 09. Dreamy Toy Rocket 4:12 作詞:作曲 トップハムハット狂 10. Dreamy Toy Rocket Instrumental 4:12 作曲 トップハムハット狂•

次の