牡羊座 2020年 下半期。 【2020年mer上半期占い】1月〜6月の運勢はどうなる?

【2020年下半期の運勢】12星座の総合運・恋愛運・仕事運を鑑定!

牡羊座 2020年 下半期

2020年も後半戦が始まりますね。 上半期は、世界的にコロナの感染が拡大、未だかつて経験したことのない混乱に陥りました。 変革の年の後半戦、あなたの運勢はどのようになるのでしょうか。 2020年下半期の運勢 牡羊座(おひつじ座) 上半期は、スタートラインで足踏みをしている状態が長く続きました。 今すぐにでも走り出したい牡羊座のあなたにとって、この状況はかなりストレスを感じるものだったでしょう。 7月、8月も、まだまだ我慢が続きそう。 周りも混乱していて、足を引っ張られたり、いさかいが生じたりしそうです。 あともう少し、辛抱してみて。 つらいと感じたら、やりたいことノートを作って書きためておくといいでしょう。 9月に入ったところで、ようやく天からのゴーサインが。 あなたらしく、やりたいことに向かって走り出すことができるでしょう。 走り出したら、めきめきと結果を出し、10月中には達成感を得ることができそうです。 しかも、9月から12月にかけて金運は絶好調。 12星座の中でも断トツの1位です。 くじや懸賞も当たりやすいので、目についたものは手あたり次第応募してみて。 ただし、年末になると、健康運が下降気味。 人間ドックを受けるなら11月中がおすすめです。 2020年下半期の運勢 牡牛座(おうし座) ステイホーム期間も、自分の感性を信じ、のんびりと過ごした牡牛座のあなた。 「豊かに生きる」という人生の命題に向き合うことができたのではないでしょうか。 しかし、自分の感覚には絶対の自信を持っていても、人と関わることが少々苦手な性分。 下半期に入ると厄介な人間関係に巻き込まれることが多くなってしまいそうです。 7月は、まだ自分のペースで過ごすことができそうですが、8月になると、心を固く閉ざすような出来事が。 相手に過剰な期待はせずに、本心は隠していた方がよさそうです。 モヤモヤとした気持ちが続きますが、9月には打開策が見出せそう。 心機一転、引っ越しや転職を考えてみても。 11月になれば、金運、健康運ともにアップします。 11月中に、リフレッシュ旅行を計画してみてください。 自然が多い場所で、朝日を浴びるような旅行を目指しましょう。 12月には仕事が忙しくなり、睡眠不足になりそうなので、健康管理を怠らずに! 2020年下半期の運勢 双子座(ふたご座) 飄々としたスタイルで、我が道をいく双子座のあなた。 周りから見れば絶好調そのものの上半期でしたが、本人的にはいたって普通と感じていたかもしれません。 幸せは受け流さずに、斜に構えずにじっくりと味わう習慣をつけてみて。 下半期になると運気はアップダウンが激しくなりそうです。 7月は、金銭感覚に狂いが生じてしまうでしょう。 目の前の利益に飛びついて、結果的に損をしてしまうなんていうことも。 出費が多くなりますが、のちに帳尻が合えばいいのだと割り切ってください。 9月になると、トラブルとは無縁の幸福な日々が戻ってきます。 結婚や家族のお祝いなど、嬉しい知らせが多くなるでしょう。 共感するのが苦手なあなたも、ここぞとばかりに、家族や友人と喜びを共有してみて。 11月からは運気が下降気味に。 大きな目標よりも、今できる小さなことをひとつずつクリアしましょう。 年末にむけて退職や退学など、大きな決断を迫られることが起きそうです。 2020年下半期の運勢 蟹座(かに座) 人懐っこく、周りの人に安らぎを与えてくれる蟹座のあなた。 実は心にガラスのバリアを張っていますが、それが心地いい距離感を生むのかもしれません。 ただし、下半期は人間関係に波乱が。 人の気持ちの裏の裏を読む必要がでてきそうです。 7月は仕事運が好調です。 集中力が高まり、仕事に没頭できる状況が整いそう。 上半期に身につけた技能が、あなたのキャリアをアップさせてくれるでしょう。 ただし、自分ができることは周りもできて当然と思ってはいけません。 気が付けば誰もついてこないなんてことも。 人の意見には耳を傾けて。 8月になると、健康運に陰りが見えてきます。 体調が悪いと思ったらすぐに対処しないと、長引いてしまいそうです。 11月にむけて、運気は徐々にアップ。 手ごたえを感じて、さらに上を目指したいという野心さえ芽生えてくるでしょう。 臨時収入もありそうです。 12月は、あなたを陥れようとする人、足を引っ張る人が出現しそう。 用心深く接して。

次の

牡羊座(おひつじ座)の運勢2020年版

牡羊座 2020年 下半期

牡牛座の2020年下半期!全体運 自身の星座に天王星を迎え、まるで重力の制限から脱出するかのように自分を自由に解放できる今。 これまで我慢してきた人間関係のしがらみや納得のいかない就業条件、そういったものを全てかなぐり捨てて新しい世界へと飛び立っていける特別な時間と言えるでしょう。 この流れは2026年まで続いていきますが、2020年後半~2021年にかけては特に背負うものの重さが大きく変わる時。 社会的立場やキャリアに関してスケールの大きな変化が巡ってきますもともと安定志向の強いおうし座さんにとっては戸惑いを隠しきれなくなってしまうかもしれませんね。 しかし、思い切ってその変化を引き受けてしまえば後の結果は自然とついてくるものです。 2020年3月以降、転職・独立など自ら社会的地位を動かすアクションを起こしやすくなります。 イメージとしては、土星がキャリアのハウス(みずがめ座)に入る2020年3月~7月に足元固めをして、木星と土星が同時にみずがめ座に入る12月以降、2021年いっぱいをかけて飛躍的にキャリアアップさせていくという感じ。 今のおうし座さんにとっては「思い切りのよさ」がなにより必要です。 湧き上がる衝動を無理に抑え込んだりしないようにしましょうね。 牡牛座の2020年下半期!恋愛運 木星が第9ハウスに滞在している2020年は、ちょっと意外性のある相手との恋に注目。 遠いところ、特に外国にご縁がある年でもあるので、海外の方と恋が始まる可能性も考えられます。 SNSを通じた出会いなど、意外なキッカケが恋に発展していく予感があるので、一つ一つの出会いを大切に。 あまり「タイプ」「好み」に囚われず、いろんなタイプの異性と接してみることで、思いがけないところに恋の芽を見つけることができるでしょう。 愛のビーナス(金星)を第5ハウスに迎える10月3日~10月23日は愛情が育ちやすい時期。 彼との関係が一気に進展する予感があります。 牡牛座の2020年下半期!結婚運 2019年春におうし座入りした天王星の影響を受け、恋愛観や結婚観も大きく変わりつつあります。 その過渡期にあたる2020年は、シングルさんにとっては今までとはタイプの違う異性との恋が始まる予感。 カップルさんは、価値観のズレが原因で少しずつ気持ちが離れていく・・・というような変化も起こりやすい時期です。 木星がみずがめ座に移動する12月~2021年にかけては、社会において新しい地位や役割を獲得する時期ですから、「結婚」という人生の大きなターニングポイントを迎える方も多くなることでしょう。 牡牛座の2020年下半期!仕事運 2020年は旅と勉強、研究の時間。 その先の2020年に「キャリアアップ」のチャンス年を控えていますので、この1年で専門分野の土台をそれだけ固められるかが大きく飛躍できるかどうかを左右します。 自身の星座に天王星を迎えている今、あなたはあらゆるしがらみから自由な身。 人生の方向性を大きく変えられるチャンスですから、転職や独立起業など大胆なアクションを起こす方もいるでしょう。 2020年はその「準備」期間であり、足元固めの段階。 2021年は自然と多くのチャンスが舞い込んでくる年になりますので、どんなチャンスが転がり込んできても確実にキャッチできるようにコツコツ準備しておきたいところですね。 牡牛座の2020年下半期!金運 キャリアの転換期ですから、連動してお金の流れも変わります。 もともと経済感覚もしっかりしていて保守的なおうし座さんですが、今は手元の貯金額を増やしていくことよりも先行投資にお金をかけるべき時です。 すなわち、専門的な技術についてのスキルアップ講座を受講したり、今までなじみのなかった外国語の習得にチャレンジしてみたり。 できることは色々あると思います。 投資した分、2021年のキャリアップ期では得意を生かしてガツガツ稼いでいって!得意な分野について動画配信したり(例:メイクアップの方法、時短クッキング、タロットリーディングetc)、ワークショップを開くなど副業で稼ぐ道も考えてみると良いでしょう。 保守派のおうし座さんにとっては勇気の要るチャレンジかもしれませんが、逆に言うと今しかできないことなので思いきって動くことをオススメします。 牡牛座の2020年下半期!健康運 「なるべく、現状維持」を望む傾向のあるおうし座さんが、いつになくアクティブな時期。 これまで続けてきた努力が花開き、あっちからもこっちからも引っ張りだこになりそうなので、心身共にハードな年とも言えるでしょう。 急な出張、それも海外からのオファーが多かったりする可能性もあり。 健康管理がいつも以上に大事な年です。 体力だけではなく気力も養っておきたいところですね。 旅に出ることがパワーチャージにつながる運気でもあるので、出張先では時間を見つけて観光名所やパワースポットなど巡ってみてくださいね。 【2021年に向けての課題】プロ意識を身に着けよう 土星がやぎ座からみずがめ座へと移行していく、その過渡期にあたる2020年は公私ともに「責任を引き受ける」ということについて考えさせられる年となるでしょう。 親として、先輩として、リーダーとして。 自分以外の人間の人生を背負うということの重みをひしひしと実感することになりそうです。 マイペースで、人を率いて動くのはもともとあまり得意ではないおうし座さんにとってこのミッションは相当な重荷かもしれませんが、人を率いる立場に立って初めて見える景色もあるでしょう。 なにより仕事に対するプロ意識が育つはず。 それは2021年以降の拡大・発展期に必ずや生かされることでしょう。

次の

2019年下半期のおひつじ座(牡羊座)の運勢を占いました

牡羊座 2020年 下半期

2020年上半期の総合運 2019年、特にその後半は、自分自身の勢いにも周りの状況にも恵まれて、放っておいても物事が順調に進んでいくような楽しさがあったんじゃないかと思います。 その時周りにいた人々は、あなたのことをとても高く評価していることでしょう。 年初から 2月にかけては、これまでの努力が実り大きな成果を手にするはずです。 これを皮切りに、運気が大きく舵(かじ)を切っていきます。 その評価と実力ゆえに、難しい大仕事を任されたり責任ある立場を与えられたりするのが、 2020年上半期。 ごくプライベート以外は、かなりプレッシャーがかかるようなこともあるかもしれませんが、あなたなら立派に乗り切っていけますよ! 自分だけの力だけではなく、持ち前のリーダーシップを発揮して、適材適所で周りの人の力を借りてください。 また、多忙になりそうですから、健康面でもしっかりとした管理が必要になってきます。 規則正しい生活や体質改善にチャレンジして、活躍のための基礎を整えていきましょう。 2020年上半期の恋愛運はどうなる? 仕事など社会的な活動で忙しくなる分、恋愛の方はお留守になりやすいです。 異性への興味が薄れるわけではないのですが、正直なところ「それどころじゃない」といった感じになるでしょう。 シングルの人は、出会いはそれなりにありますが、恋愛関係に発展するまでには時間がかかります。 かといって何もしなければ色気ゼロの半年間になってしまいそう……。 忙しくても、時には出会いを求めて外に出たり、異性の友人と食事に出かけるなど、異性の目を意識する機会をコンスタントに持ち続けてください。 そうすると、下半期以降、にわかに周囲が華やいできますよ。 カップルの人は、仕事仕事でパートナーの存在をおざなりにしないように気をつけてください。 一つのことに懸命になるあなたをそっと見守ってくれる存在は、あなたの心のオアシスになるはずですから、大切に扱って。 結婚が視野に入っている人は、結婚後の仕事や生活について話し合い、一つの方向性が導き出されそうです。 具体的な進展はもう少し先ですが、精神的な面では安心感が得られるでしょう。 2020年上半期に出会う運命の人はこんな人! 仕事を通じて出会う人の中に、あなたとはまったく異質な考えを持つ人が表れるようです。 たとえば一匹おおかみながらも業界内で強い影響力を持つ人や、風変わりな職人肌の人。 あるいは、華やかでやわらかい印象の反面で驚くべき商才を持つ人、などなど……その人の生き方や価値観を知るにつけ、新鮮な驚きや感動、時には反感も覚えるかもしれません。 そんな人々との触れ合いの中で、葛藤しながらも学ぶべきことがたくさんあるはずです。 それはあなたの経験も人格も豊かにし、ワンランク上の人生へと運んでくれるでしょう。 2020年上半期の仕事運 今まで何となく続けてきたことや「自分にはこれしかない」と自負してきたことに激震が走るかもしれません。 大げさにたとえますが、まったく経験のない部署に配属されたり転職を余儀なくされたりと、自分自身の考えも状況もひっくり返るような出来事が起こりそうです。 特に 4月下旬はその可能性が高いでしょう。 その変化を素直に受け入れてベストを尽くすことで、新たな経験や実力を積み重ね、人脈も広がりを見せていきます。 葛藤もプレッシャーもありますが、すべては周囲に期待されていて、成功が見えているからなのです。 臆せずにチャレンジすることが、大飛躍の一歩になるでしょう。 しし座(獅子座)のあなたにメッセージ 人生の転機(てんき)とも言えるような大きな変化が起こる時ですが、これはあなたが人生の成功をつかむための第一歩。 多少苦労はしますが、一人で乗り越えようとせず周りの人と手を携えることを意識してくださいね。 2020年のあなたは、どんな荒波も乗り越えていける力がちゃんと備わっています。 真剣に取り組むべき時ですが、あまりシリアスになり過ぎないことがポイントですよ。 時に淡々と、時に楽しみながら乗り切ってくださいね。 ライター/ WriterPalm45 他の星座はこちらから 関連記事:.

次の