イム ジヨン。 韓国ドラマ「テバク〜運命の瞬間(とき)〜日本スペシャル版」ノーカット字幕版|韓流|TBS CS[TBSチャンネル]

イムジヨンの熱愛彼氏はパクヒョンシク?出演作「人間中毒」やプロフィールも総まとめ

イム ジヨン

出演した短編映画を紹介します。 ・「災難映画」(短編18分) ・「ポーカーフェイスガール」(短編20分) ・「上に」(短編) ・「9月が過ぎれば」(短編23分) ・「冗談」(短編12分) 短編映画とは、この短い時間内で物語の「起・承・転・結」を完成しないといけません。 確かに台本と俳優の演技力の技量が試される作品になるでしょう。 イム・ジヨンは短編映画の監督らの間では、個性のある顔と演技力で注目されているそうです。。 その他、長編の映画、演劇の舞台も数回経験しています。 ソン・スンホンとのベッドシーンで話題となり19禁の指定をされた映画です。 イム・ジヨンは本格的な長編映画初出演ながら「夫日映画賞新人女性演技賞」「韓国映画評論家協会賞新人女優賞」「大鐘新人女優賞」を受賞。 出演した韓国ドラマの本数は少ないですが、今後注目するべき女優だと思います。 2015年のバラエティ番組で、イム・ジヨンは「彼氏は4~5年いない」と話しています。 また、「最近したキスはいつ?」という質問には「半年前に映画の撮影です」と回答。 プライベートでのキスはないみたいですね。 母親がミュージカルが好きで、イム・ジヨンは小さい時から母とミュージカルを見て育ちます。 そんな環境で育ったイム・ジヨンは俳優になりたい夢を持ちます。 小学生の時に夢を語ると警察官の父は強く反対して中学、高校と普通の学校に通ったそうです。 大学だけは自分の好きな所に行きたい!と父を説得してと「韓国芸術総合学校 演技科」に進学。 その休学中にイム・ジヨンは自分のプロフィールを持参し、好きな俳優がたくさん所属していた今の事務所を訪ねます。 事務所代表への面談を直談判し、面談してもらい、翌日には両親との面談も成功し契約できたという根性の持ち主。 大学在学中から舞台や短編映画に数多く出演していました。 ですが、ソン・スンホンの映画「人間中毒」で相手役をした女優ということで顔は見覚えがあったと思い出しました。 韓国ドラマのベッドシーンは規制が多いですが、映画になると結構ハードなシーンが長回しでしつこいくらいあります。 そんな韓国内でも「ソン・スンホンが過激なベッドシーンを撮った」と随分話題になりました。 当然、相手役にも同様の要求をされたでしょう。 それでもイム・ジヨンは「演技のためならR18の演技も気にならない」と語っています。 今後どんな女優に育っていくか楽しみな人です。

次の

韓国女優・イムジヨンのプロフィール!熱愛彼氏はパクヒョンシク!?

イム ジヨン

パク・ヒョンシクとソンジュン、2人の人気イケメン俳優が豪華競演!恋愛は遊びと考えている財閥の御曹司チャンスにヒョンシクが、愛と野望の間で葛藤する青年ジュンギにソンジュンが扮し、華やかな上流階級を舞台に2組のカップルが胸キュンラブロマンスを繰り広げる。 チャンスから猛アタックを受ける貧しい家柄の娘ジイをイム・ジヨンが、ジュンギに惹かれていく財閥の令嬢ユナをユイが好演。 それぞれが抱える複雑な環境の中、4人の想いがからみ合っていき…。 ソンジュンのシャワーシーンや、シャツが破れて腹筋が露わになったヒョンシクの肉体美など、目が離せないシーンが盛りだくさん。 また、涙のキスや不意打ちキスといったドキドキのキスシーンも!ときめきいっぱいの恋愛ドラマをどうぞお楽しみに。 2015年作品。 曲がったことが嫌いな性格で、客ともめ事を起こすこともしばしばだが、友人のジイ(イム・ジヨン)に助けられながら楽しく過ごしていた。 そんなある日、ユナは親の用意した見合いの席でアルバイト先の本部長チャンス(パク・ヒョンシク)とお見合いをすることに。 お見合いを破談にしたいユナは、用意された服を脱ぎ捨て、破れたGパンとTシャツで約束の席に行く。 一方、ジイはバイト先の上司ジュンギ(ソンジュン)に片思い中。 勇気を出して告白しようとするが、ジュンギの友人でもあるチャンスにことある毎にちょっかいを出され、なかなか上手くいかない。

次の

韓国ドラマ「上流社会」ノーカット字幕版|韓流|TBS CS[TBSチャンネル]

イム ジヨン

年 ドラマ名 話数 2015年 上流社会 全21話 2016年 テバク 全24話 2016年 ドクターズ~恋する気持ち 全20話 2016年 全53話 イム・ジヨンのプロフィール イム・ジヨンは、1990年6月23日生まれの現在27歳。 27歳とは思えないような落ち着きと、どこか神秘的な雰囲気が漂う女優さんです。 顔立ちやメイクも古風な感じで、同年代の女優さんたちのなかでも個性が際立っています。 演劇好きの母親の影響もあり、子どものころから演劇を見たり、人前に立つことが好きだったといいます。 大学在学中から演劇や短編映画などで活躍してきました。 その後、映画監督のキム・デウに発掘され、映画「人間中毒」のヒロインに大抜擢されます! これまで短編映画には出演していましたが、本格的なスクリーンデビューとなる作品でいきなりヒロインに抜擢され、しかも相手役はソン・スンホン!さらに大胆な露出シーンにも果敢に挑んでいます。 演劇で鍛え上げられた新人とは思えない堂々とした演技で、大鐘賞新人女優賞をはじめとする、数々の映画賞で新人賞を総なめにしました。 2015年からはドラマ界にも進出し、「上流社会」や「テバク」、「吹けよ、ミプン」などに出演。 演技派女優として活躍しています イム・ジヨンの性格は? 映画「人間中毒」での役柄の印象もあり、神秘的で謎に包まれたイメージのイム・ジヨンですが、実際の性格はどうなのでしょうか? 本人いわく、愛嬌も多く、とてもおしゃべりなんだそうです。 今まで演じてきた役のなかでは、ドラマ「上流社会」のジイが一番自身の性格に近いと話していました。 バラエティー番組「ジャングルの法則 in インドシナ」では、過酷なジャングルでの生活に挑戦し、現地の人たちに交じって、なんとネズミやカエルまで食べたというから驚きです! 「もともと好奇心が旺盛で、滅多に食べられないと思って食べた」と本人はさらりと語っていますが、こんな女優さん見たことないです! イム・ジヨンの熱愛彼氏は? デビューしてから今のところ熱愛説はありません。 「上流社会」とパクヒョンシクをカップルでしたが、「上流社会」のドラマの中だけみたいですね。 本人もテレビ番組のなかで、最後の出会いは6年くらい前だったと話していました。 現在、恋人はいないそうです。 まとめ 今回は期待の新鋭イム・ジヨンを紹介しました! まだ27歳ですが、神秘的で色っぽい雰囲気の女優さんですね~! ジャングルでのエピソードはビックリです!イメージとは違い、実際の彼女は好奇心旺盛で明るい性格のようですね。 演技派女優として、映画やドラマでどんどん活躍していってほしいです!.

次の